• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

英雄時代 69・70話

最終回とは思えぬ尻切れトンボぶり!!驚いた。
少年期は情熱的ですんだテサンも、年をとるにつれてその無軌道ぶりに呆れかえらせてくれた。テホも、子どもたちに対する態度が怖すぎた。でも、普通じゃない人を観察するって意味では、怖い~って感じで見れました。

車は修理が頻繁に必要で、そのせいで代金を払わない客が続出。整備サービス会社を設立して、顧客に答えることに。さらに、自分の所で設計生産する方法を模索。イギリスに渡って人材をスカウト。

イグクのマンション分譲。実績が上がったことで、不正な優遇があったと新聞に叩かれた。売上がイマイチだったので、会社の利益を抑えて高級仕様に間取りを変えたらヒットして、値段が上がって行った。コレを転売して儲けた官僚が居て、不正だと問題になったのね。
法的な過失はないけど、政府へ批判が広がることを不安視する政府の建設部とモメごとになり、帳簿やらなにやらを調べて、税務上のミスを追求して逮捕すると言ってくる。イグクは拘束されちゃった。
政府へのグループ全体にも影響が及びそう。マンション建設会社の営業免許を返上するか?ってところにまで追い込まれる。さらに、砂礫ダムとしたことも「日本の実績を無視するのか?」と言われちゃう。
だが、閣下が、最前線で砲撃された場合は砂礫の方が強いと判断。また、マンション問題も違法性がないことが確認され、問題解決。テサンは、粘り強く交渉したテチョルを世紀建設の社長にするって言いだした。親族はちょっとビミョ~ながらも、テサンには逆らえない。
身の潔白が証明されて、イグクは刑務所から出てきた。母と奥さんが出迎え。

閣下に造船所を作らないか?と言われたテサン。戸惑うテサンを閣下は叱責!!

チョルミンは精神病院に送られることに、しかし、逃げ出したチョルミンをハン室長は追いはしなかった。プサンの警察にいる友人にヘルプを頼んだら、「プサンにも身柄確保の連絡が来てるぞ」と言われた。とにかく彼を頼ってプサンに。ハン室長は「逃がした。もう野心はない」と説明するが、テホは言うこと聞かず・・・。
後継ぎを指名されたチョルギュ。いくら父親に似ているからと言われても、自分には無理!!と思う。

チョルスンは任された会社を殊勝にこなしてる。しかし、お前には辛い思いをさせたが、お前に会社を任せられないのだってハッキリ・・・。散々に煽っておいて、体調が悪いと息子たちに知れたら、「仲の良い兄弟に」ってチョルギュに説教。さらに、政略的な縁談を進めます。メンドクセー親父だぜ。
チョルスンはハン室長から事情を聞かされて、兄さんに何の罪が??と激怒。チョルミンも捕まえにくる会社のまわし者を蹴散らして、自由に狩りを楽しんでる。
そこに、チョルスンが父親の病状を伝えにやってきて、「今度は僕たちが父さんを思いやらないと」と説得。チョルギュの会長就任式に出る兄二人。

組合運動勃発。焼身自殺で訴える若者まで出る始末。苦しい労働条件にさらされる労働者たちだが、テサンは「今は経済発展が先」だと。テチョルが、共栄の道をと進言。
テホは、「一つ与えれば二つ欲しがる」とか言って反対。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 67・68話

工期が守れなければ死んでもらうっていう軍部。テチョルは「どうせ死ぬなら完成させて死のう」と工事費を無視した早く固まるセメントでの短縮工事を提案。さらに両側がら掘って、ギリギリ間に合わせた。
テチョル君は開通式の日に結婚式。遅刻するかと思ったよ。
自動車の試作品が完成。しかし、ジェネレータの欠陥で返品デモが起きちゃう。
ダム建設は、勝手にコンクリートを砂礫に変更しようとしてて、まずい感じ。
マンションは好調だが、新聞社に「政府関係者に優遇しただろう?うちにもよこせ」と脅されちゃう。

テホは肺の状態が悪い。それでチョルスンとは和解したが、チョルミンはまだダメ。高校時代を過ごしたプサンで遊び、「俺は廃嫡された王子の役割を演じる」と拗ねてる。テホは流石に「おれはダメな父親だな」と実感。それなのに、会社を守るためって、チョルミンを精神病棟に押し込むなんて、酷過ぎる。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 65・66話

イルグク事故死。末期で朦朧としてる妻に「お前と一緒に行くよ」なんて夢で語りかけて綺麗なシーンになってるが、テサンの子供たちは不幸過ぎるよな~。テサンの強引すぎな性格の犠牲者って感じ。実家で事故死の連絡受けた頃、時を同じくしてイルグク妻もなくなってしまう・・・。さらに、サムグクが行方不明。
連絡受けても、苦労してとった自動車会社の会議を優先するテサン。でも泣き出しちゃったよ。帰宅したテサンを責める妻。両親を一度に失くした孫が不憫だよね。

テホ、チョルミンが副社長をしている会社17社から物産会社以外を取り上げた。「手に余ってるみたいだから」とか怖い~。
チョルミンは混乱してるけど、ハン室長は「サインは出てたよ」とあっさり。休職扱いにしてくれと言い出すチョルミン。父親のシナリオに利用されてるだけだ・・・。と実感。
しかし、テホはあっさりOKだして、チョルギュンに電子産業を任せちゃう。半導体が狙い目だという先見性を買ってるのね。

テサンはフォードと業務提携。でも、単なる組み立て工場の扱い。負けないぞ!って早速勉強させるテサン。
テチョルはマンション建設に邁進。ずっと待ってた女性と結婚話が進みます。そんななか、イルグクを失ってがっくりのテサンに「息子にならないか?」と誘われた。テサン・・・。ホント、まだ息子たちがいるのに、傷つくだろ~。テチョルは、息子でなく同志として頑張りたいと断った。
テチョルは高速が出来て物流が増すから自動車だ。次は船を作って海外へ輸出だろうと考えて、イグクと調査を始めます。

高速道路の工事は赤字も凄いし、遅延すると目を付けられるしで大変。作業員も不満がたまってる。地盤が悪く落盤が続出。危険すぎて工事出来ないのに、政府の監督官はうるさく言ってくる。亡くなった作業員も出てるのに、銃で脅して作業させようとする軍人を、「俺と二人で働こう」と静止したテサン。工賃を3倍にしても作業員が集まらない。

テホはチョルギュンが電子産業を上手くやってるのにご満悦。でも、兄さんたちを許してほしいと言われてムッとしてるな。チョルスンはアメリカにわたって音信不通。チョルミンは狩り三昧で遊んでる。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 63・64話

テサンはイルグク妻・サムグクの病気に、「俺が厳しくし過ぎたせいか?」と当惑。

イルグク妻。アメリカでイルグクと出会ったのね。一緒にバイトしてたクリーニング店の思い出が、一番の幸せだなんてなあ。病院より家が良いと、家で姑と睦みあいながら暮らしている。
イルグクは妻を励まそうと、毎日を仕事と看病に必死に暮らしてます。妻と約束したからって、今度こそって前向きにドンドン取り組んでます。「失敗はいいんだ。失敗にへこたれたら、努力する機会が失われる」という父親の言葉を胸に、頑張ってる。しかし、無理し過ぎ。雪の中出張に行って交通事故死?

サムグクはマジでヤバくなって療養に。好きな絵を久しぶりに書き始めます。でも、もう手遅れだったんだな。「愛してます。でも、行きたい所に行きます」と置き手紙を残して・・・。

テチョルは、管理台帳問題で揉めに揉めます。無知すぎるってことで技術者にも相手にされない。でも、自分で一台分解してみたりして、その心意気をテサンは大いに買います。社長の一言で、部品は英語で呼び、台帳問題もクリア。さらに、勤務を早めて、皆で体操するとか、キッチリ管理するように。さらに、隣の粉じん問題。相手にされないんで、相手の工場につづく自分所の土地にある道を掘り返してやる!って無茶苦茶なテチョル。
大問題になるも、「高速道路は閣下の命令だろが」と説得して収めた。
理事に昇進。自動車工場を作るぞ!っていうテサン。テチョルはマンション建設をしてみないか?と提案。

テホはチョルスンが閣下に不正を訴えため、窮地に。しかし、閣下は「家族のことに巻き込まれたくない」とテホに報告。チョルスン失脚。
チョルスンの「なぜ、私だけが悪者に?父さんに身捨てられるのが怖かったのだ」という訴えもむなしく、勘当。
しかし、チョルミンの見る目のなさも不満で、チョルギュを自分に付けて勉強させます。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 61・62話

テソンに言われて、イルグクは企画室で高速道路を担当してみることに。閣下も自分で現地視察し、勉強してる。国のためになるって嬉しそう。でも、資金がないから「赤字覚悟でやって」とテサンにお願い。節約のために、軍を投入するとか言ってる。
イルグクは計画立案して、しっかり管理をこなしてる。しかし、テサンはイルグクをテチョルの下に預けて、重機工場に。テチョル君は、ここでもアメリカ式の管理体制を提案して、たたき上げの技術者の重鎮パク君と対立。イルグクが間に挟まって、喧嘩を抑えてる。

ベトナムで入札を狙うけど、妨害もあって取れるか厳しい状況。しかし、特殊部隊を投入することで、戦線の厳しいベトナムでの工事を取った。

チョルミンの電子事業。チョルスンの義父のファソン電子が新聞を使って攻撃してきた。
チョルスンはクーデターだと言ってチョルミンの問題を洗い出しにかかった。
しかし、テホの狙いは三男チョルギュにある。チョルミンは電子産業でも日本でなくアメリカと組むと言って、「事業を見る目がない」と思われちゃったのね。結局、テホが日本に行くという。

北のゲリラが攻め入ってきたり、閣下も大変です。高速道路の工事は先行きが暗く。

そして、病状の悪いサムグクは転地療養を勧められ、イルグク妻は倒れるという事態に。イルグク妻はガン。転移しまくってて手おくれ。そうとう我慢してた筈だという医者。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 59・60話

テチョル君の活躍でタイは軌道に乗った。
しかし、人材が大事だというテサンの号令で、古株のインギョンは「俺は引退する」といいだすし、サムグクのうつは悪化。
タイから帰ってきたテスル叔父さんが、イルグクに辛く当るって怒りだした。イルグクは長男だからというテサンに対して、母親が違うからか?と詰め寄るテスル。現場向きじゃないからとサムグクは本社勤務で、イルグクは現場だもんね。
テスルが自分の企画部に引き取って、穏やかなやり方でイルグクを教育し始めた。こういう「システム」を担当するのは得意で、力を発揮してる。サムグクは羨ましい。病気もバレそうになっちゃって、サムグクも大変そうだ。でも、3兄弟で食事に行ったりして、兄弟は仲良しなんだよね~。
これが上手く行って、テサンもイルグクと酒を交わし、「お前の思って厳しくした」と。その時にパンソリが流れてて、ソソンの話を始めてしたテサン。イルグクにとっては、この実母のことが色々とうっ屈の要因にもなってたみたいです。また歌がなけるんだ。

テサンは、閣下に高速道路建設を相談された。さらに、タイでの更なる工事受注を目指して大胆戦略。テチョル君のアイデアで、現地法人から情報を得ることに。

テホは政界進出をもくろんでる。政治家に一矢報いたいのね。でも、政治家になると、金も理想も捨てることになると、新聞社社長に説得されている。
で、「暇だから、レジャーランド作ったり、新しい事業やるか」って、引退したんじゃなかったのか??
チョルミンは、社長として君臨。追従するものがでてきたが、チョルスン釈放。体裁が悪いと迎えに行けなかったせいで、チョルスンは完全に怒っちゃった。
電子事業を立ち上げるので手伝ってと言っても、無視。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 57・58話

政府からの圧力で、テホは経営から引いた上に、調味料工場の株を51%政府に渡し経営権を渡す上に、工場完成はテホが担当することに。チョルミンが全権を握ったと聞いて、投獄で「借り」があるチョルミンが引くと考えていたチョルスンはガックリ。しかし、テホの気持は3男にあるみたいです。

一方、イルグクは完全に酒びたり、サムグクもうつ状態でひそかに薬を服用するなど、テサンとの相性の悪さをフル発揮。イルグクの妻などは、アメリカに行って親子3人で暮らしたいとまで言い出す始末。しかし、「長男の役目」からは逃げられないというイルグク。
サムグクは友人の妹と恋におちウキウキ。

テチョル君からの報告を受けたテサンは「工事中断」の危機を知ってタイへ。「指導員の言うことなんか聞いてられん!聞いてたら、赤字が拡大するばかりだ」という幹部。袖の下を掴ませて、甘くしてもらおうっていう韓国式は効果ない。
赤字が拡大するばかりなので、もう諦めようという幹部に「間違いを認めて、最初からやり直そう」というテサン。テチョル君に「われわれが無知で経験がなさすぎた。ごり押しでなんとかなるという考え方が間違っていた。発注を取ろうと無茶な見積もりを出した。その見積もりも他社に頼んだ。しかし、ここでダメなら他でもダメだ。信用は金で買えない。会社を売り払ってでも、工事はやるべきだ。失敗ではなく、授業料と思ってやりとおすべき」とテサンに。テサンだと、やりとおすにしても「ゴリ押し」でやるんだろうけど、テチョル君はもうちょっと合理的にやれそうだな。
労賃が払えなくて、襲ってきた労働者たちとも対峙し、治めにきた警察からも守ってやるテチョル。テサンは「これぞリーダーの姿だ。彼から学べ」と幹部を叱責。タイの現場はテチョルに任せると大胆決定。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 55・56話

閣下。経済が多少上向いてきた。経験不足でミスもしたが、今後も試行錯誤しながら問題を解決すべきと、第2経済計画を設立。

密輸を指摘され脅されたテホ。キム副社長に連絡すると「密輸ではなく免税だ」というが、相手との交渉は決裂。チョルスンのやることを黙って見てたとチョルミンを叱責するも、「政府も認めたこと」と反論。キム副社長は政府に相談。テホは「外部に洩らすな」と厳命。
政府は「国のためになるものを」と言ったのに、儲けを出そうと買った商品が悪すぎる。中央情報部が処理するというが、ハン室長は「政府は都合が悪くなると手を引く」と心配してる。チョルミンは、お前が主導したんだろう!と厳しく叱責される。
しかし、荷降ろしのところに、警察連れて記者がやってきた。チョルスン逮捕。サッカリン密輸で朝刊にすっぱ抜かれた。
テホは閣下に膝をついて救済を求めるが、なかなか認められない。テホは「何も知らなかった。間違いを犯したと認めるのだ。監獄に入る覚悟を」とチョルスンに犠牲になるように指示。
テホは、政治家はもう信じないと決断しつつ、政府の関与にはふれず、謝罪&肥料工場奉納で決着つけた。

イルグクは失踪先から電話してきて「私は会社勤めに向いてない」とか言ってる。おばさんに「お母さんや奥さんのことを考えろ。帰って来い」と怒られちゃった。サムグクは、体が弱く頭が良いので、現場はなしで本社業務ばかり。彼がイルグクについて進言したけど、イルグクは本社から外されてブロック工場へ。

テサンは、タイの気候に機械が合わないのでは?って意見を貰って、「焦って捨てられた中古を買ったのが失敗か・・・」という決断を。金は使っても工期短縮に懸命。
テチョル君は、なかなか独創的なやりかたながら、現場の人間を上手いことまとめてます。テサン式の怒鳴りまくる方法とははチト違う。これを認められてタイ入り。分析、整理によって問題点を洗い出し、能率アップのための施策を打ち出します。まずは停滞しても技術者教育をやるべきだと主張。さらに、工事費の再見積もりで計画の見直しを!と進言。でも、「工事に関してはベテランだぞ!」って怒られちゃう。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。