• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 8話 張り巡らされた罠

司寇が天琴に会いに、呪奴の館に。燕を追ってやってきたのか?と問う天琴。美玉候=南天心だけでなく、多くの人物が西方に集まってきそう。

藍彫(ランディアオ)が逍遥客桟(シャオヤオ・きゃくさん)に現れた。沙鶏(シャージー)は、シャードーと名乗っていた衛兵時代の罪深い秘密を守るため、ランディアオに言われるがまま燕の酒に毒薬を入れる。
夜半、酒を飲み始めた燕。「下女と出来てるのがバレて衛兵から逃げだして隠れ住んできたが、それをランディアオに知られた・・・。毒を入れろと言われた・・・」と告白するシャージー。
そこに再び現れたランディアオ。「銀龍(インロン)はどこにいる?」と問うが、シャージーは燕に協力し、ランディアオを捕らえる。ランディアオに手を組まないか?という燕。しかし、「タオイエが死んだら、商隊は壊滅し、西方に住む漢人は行き場所を失う」というランディアオ。「タオイエは西方の王を目指し、孔雀刀と引き換えに呪奴に今回の謀略を働かせている。砂漠に出たとたん呪奴が襲ってきた。タオイエと呪奴は組んでいる。」という燕。
しかし、シャージーがまだ裏切ってた。実はシャージーは呪奴の教義に身を捧げていたのだ。呪奴の毒に倒れる燕と、手足の自由を奪われたランディアオは天琴(テンチン)の手に落ちる。

意識のない燕は地獄へと送られ、ランディアオは裏切りを強要される。代わりに「シャージーを殺せ」というランディアオ。教義というか天琴のために死のうとするシャージーに「心だけで良い」という天琴。ランディアオは、天琴に忠誠を誓う。
燕は「マーナオは殺さないでくれ。なぜ、罪のないものを傷つける?」と天琴に頼む。燕を連れ帰った天琴は、百花に「私を試したいのだろう?教派に反しなければ、彼を好きにして良い」と燕を百花に託す。マーナオが、「あなたたちに敵対はしていない・・・」と説明するが、マーナオは燕から離されてしまう。百花は、「自分で殺せ、出来ないの?」と天琴を煽る。
天琴は「昔のことは忘れて。それがお互いのため。私の名で呼ばれて騙されてしまった。中原に戻って」と燕に告げる。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 7話朽ちかけた客桟

燕逍遥(イェン・シャオヤオ)の部屋にはパイ・フーユーの死体、そして裸で眠る女は、飛駝(フェイト)商隊の金鳳(ジンフォン)だった。
そこに柳銀龍(リュウ・インロン)がやってくる。ジンフォンが目覚める。
インロンは、兄貴分であるユーフーの死体と、思いを寄せていたジンフォンの要請を受けてて、燕に決闘を申し込む。

残されたジンフォンは、フェイト商隊の葉亀(イエグイ)、藍彫(ランディアオ)を呼びに行く。彼等はジンフォンの宿に死体が転がっているのを発見したところだった。
とりあへすフーユーの殺された燕の宿に戻ってみると、フーユーの死体が消えていた。ジンフォンは、燕がやったのだと主張するが、ランディアオは「本当に燕なのか?落ち着いて考えてみよう。」となだめる。
イエグイは「ジンフォンが私を見送りに出た間に薬を仕込んだ。そしてジンフォンを攫った。燕と自分たちを対立させるのが目的では?」といい、ランディアオもそれに同調。

城壁へ燕を連れて行き、「なぜ、ダオイエを狙う」と問うインロン。金では寝返らないという燕の回答に、撃ちかかるインロン。燕とイエロンは城壁で戦うが、すぐに燕が勝利を収める。イエロンは殺さずに同伴させる燕。
謎の馬車が到着し、燕、インロン、瑪瑙(マー・ナオ)を城外の沙鶏客桟(シャージー・きゃくさん)へ運ぶ。朽ちかけた客桟の宿主は沙鶏という男。燕は沙鶏に、マーナオをこの客桟の宿主にするよう迫り、「逍遥客桟」という看板に掛けかえさせた。
燕は、沙鶏の意図を問うた。「3年前人を殺し、逃げた。主人が拾ってくれ、世の中のことを探れと言われた」という。

沙鶏客桟へ燕が入ったという情報がランディアオに。彼は仲間を集合させます。始めについたジンフォンが燕に戦いを挑むが、燕に打ちすえられた。
ランディアオは「燕はなぜジンフォンを殺さないか」を考えている。ジンフォンは動かないランディアオに苛立つ。

酒飲んで暮らしてる燕に苛立つマーナオ。しかし、燕に天琴から「恐れぬのであれば会いに来てほしい」と伝言がもたらされる。ためらうことなく天琴を訪問する燕だが、そこに居たのは百花。また戦いになりますが、あっさり勝利。百花は、「私を試したんでしょう?」と天琴に怒られた。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 6話疑惑の一夜

金鳳(ジンフォン)に呼び寄せられた白玉虎(バイ・ユーフー)は、呪奴の手に落ちる。この金鳳は、百花(バイホァ)の変装だったのだ。
定遠候によって作られたフェイト商隊の基礎。隊の発展のためにチービャオの父を殺した。燕が私を狙っている。皆の意見を聞きたいと問うた。
呪奴や朝廷の差し金では?という旗主たちだが、すでに呪奴が入れ替わりを果たしてるものもいるよね。

燕には瑪瑙(マーナオ)がしっかりとつき従い、食事の世話や毒のチェックを怠らない。「主人と従者ではない。そして妻はめとらない。一緒にいれば傷つく。どうするかは自由だ」と燕は告げた。それでも付いてくるマーナオを、南天心のところへでも行け?と言って去らせた。
南天星は、西域に来た真の目的が、呪奴とダオイェの西域独立の動向を探ることだとマーナオに明かす。「燕の目的は何なのか?が分からないが、南天心に協力してくれれば、燕を傷つけることもなく、その剣の力を活かせる」とマーナオに吹き込む南天心。

バイ・ユーフーにばけた呪奴が燕に接触し、「タオイエ暗殺を思いとどまらせるのにいくら必要か?」と問う。燕はバイ・フーユーと争いになるが、そこに南天心が現われて、フェイト商隊のものを殺したら大変なことになると止めた。そして、手を組んで西域に漢民族の基盤を作らないか?と持ちかけたが、アッサリ断られた。マーナオが南天心を信じろと説得するが、信じられないと燕はいう。

ジンフォン(呪奴が変装済み)は、葡萄城で酒を飲んで待っている。父のパイ・フーユーが燕に襲われたあと失踪していると聞いて、イエグイが探しに行くという・・・。
その相談の間、ジンフォンの酒に薬が入れられた。倒れたところを、侍女と共に切った刺客。

リュウ・インロンは酒場にいるマーナオを見かけるがスルー。藍彫(ランディアオ)の所に来るようにジンフォンにことづけて、立ち去った。
マーナオはそれを見て宿へ。そこに女が寝ていた・・・。外出した燕が戻るとマーナオはなく女が寝ている・・・。燕はマーナオを探しに行き、「女が嫌なら去れ」という。
その隙に、百花は燕の宿へ、パイフーユーに化けたワンジン公子を伴って訪問し、彼を殺害。

宿に帰って燕逍遥の部屋で目にしたのは、横たわる裸の女と、パイ・ユーフーの死体。これは変装した呪奴の一味であることを、燕もマーナオも知らない。燕は「俺の力になりたいなら、南天心のところへ。足手まといだ」とマーナオに繰り返す。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 5話南天星の褒美

玉羅殺 金鳳(シンフォン)は男に喧嘩を仕掛けられたが、強い。そこ第三旗主の柳銀龍(リュウ・インロン)、が登場。タオイエの召集に集まってきたのね・・・。第九旗主の藍彫(ランディアオ)らと、ダオイエと池彪(チーピャオ)父の間にあったことは何か?、燕や南天心の動きについて警戒。

謎の老人に助けられた燕。毒消しも水も得て復活。マーナオと葡萄城を目指す。道中2人は飛駝商隊第二旗旗主・白玉虎(バイ・ユーフー)と出くわし。水をもらう。燕は城内で酒を飲む約束を交わす。
酒場で名を明かした燕とユーフーは、剣を戦わせるが、燕が一方的に攻め立てる。
南天星は、無事救出を果たした燕に、謝礼としてマーナオを譲ると宣言。固辞する燕だが、一途に付き従うマーナオに折れ、主従関係を約束する。
また、葡萄城入りした謝司寇(シェ・シコウ)は城内の役人たちに燕の似顔絵を差し出し、監視を申し付けた。

羅漢はタオイエの狙いが読めず、何が目的か探っている。フェイト商隊が呪奴を攻撃してくるのか?
ワンジン公子を部下に化けさせた。この化ける技術を使って、旗主たちを一人づつ襲撃し、入れ替わってしまっている・・・。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 4話去りし女との対決

今回も、砂漠の中をさまよう燕。特に、毒に倒れて徒歩移動のシーンは、すっごい雄大な砂漠の中に、ポツンって感じの絵があって、ロケの威力すごーいって思いました。


天琴の思い出。男どもに襲われそうになった時、助けてくれた通りすがりの人が燕なのか~。それが縁で、琴の弾き手と客としての交流があり、恋人関係になったようですね。しかし、ある日帰ってみると、家には誰も居なかった。髪飾りが一つ落ちていた・・・。

葡萄城に着いた燕逍遥(イェン・シャオヤオ)は、失った自分の馬に乗る呪奴(じゅど)の霊山聖女・百花(バイホァ)に出会い、酒席を共にする。
パンヨンの件の調査でやってきた南天星(ナン・テンシン)が通りがかり、問い質された百花は、「あなたの目的は知ってるわ。飛駝商隊と関係を築きたくて、旗主と接触してる。でも、西域を離れなさい」と正体を現した。燕逍遥と南天星一行に襲いかかる百花。形勢不利と見て、百花は南天星の侍女・瑪瑙(マー・ナオ)を連れ去った。百花カッコイイじゃんなあ。
南天星に頼まれ、燕逍遥は百花らを追った。襲ってくる雑魚どもは倒しまくったけど、やってきた天琴(テンチン)の放った毒刃に倒れる。「なぜ、そなたが・・・」という燕に、「これが本当の姿。もう毒がまわっている。考えなおして去るなら命は助ける」という天琴。「決意は固まっている」という燕を、瑪瑙とともに解放した天琴。

そんな天琴に対し部下ダーカらは不信感をあらわす。百花は、天琴と燕逍遥の関係を疑い始める。天琴は「どうせ、毒で死ぬ」と仲間をなだめ、飛駝商隊第2旗主白天虎(パイ・フーユー)の入場に備えなければと、百花にも任務を与えた。
葡萄城へ戻る燕逍遥と瑪瑙。毒が回った燕逍遥と、そんな彼を見捨てられない瑪瑙。瑪瑙だけを馬で行かせようとする燕だが、瑪瑙は馬を放し「二人で行くか、ここで死ぬか」と迫る。2人は徒歩で移動するが、ついに砂漠の中で意識を失う。瀕死の燕逍遥を救ったのは、やはり謎の老人だった。
三万両を返すという燕に、「金は惜しくない」という老人。狙いは、南天心なのか、燕なのか?

南天心は、「先帝に呪奴をさぐるように言われたのだ」と安順にかたる。

謝司寇は、司法長官となり、燕を指名手配。葡萄城にいると言うが、捕まえるのでなく、観察して報告せよと部下に命令。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 3話砂漠を越えて

砂漠を移動するときの音楽がとても良いですよね。ゆったりとした映像とともに、見てて気持ちがよい。物語の進みが遅くても、この絵を見てるだけで得した気分。


燕逍遥(イェン・シャオヤオ)は単独砂漠を行き、西域のチョウズ国の都・葡萄城を目指し玉門関を越えた。
燕逍遥を待ち受ける呪奴(じゅど)。西域で呪奴を率いるのは護法・天琴(テンチン)という美女。護法は燕逍遥を殺さずに西域から追い払うようダーカに指示する。西方のクーモーへ向かう。敵をしるために、燕逍遥に依頼をした老人について知るのが先だという考え。
天琴の方法に疑問を持ち、燕逍遥殺害を主張する西域の呪奴ナンバー2の本教派の霊山聖女・百花(バイホァ)。百花は飛彪旗(フェイピャオ・き)を襲った謎の女ですね。百花は羅漢に昇格された。

玉門関で呪奴に待ち伏せされ、多数に襲われる。剣では勝利したが、毒に倒れた燕逍遥を助けたのは、刀爺(ダオイェ)殺害を依頼した老人だった。刀爺の金牌を見せ、15年前、刀爺に雇われていたが、妻の美貌に悪心を起こした刀爺によって妻子を失ったという老人。燕逍遥は、その理由を聞き、「金は返す」と決意を新たにする。

馬を失い、徒歩で進んでいた燕逍遥は、南天星(ナン・テンシン)一行と出会う。両者とも警戒しつつも酒を酌み交わす。呪奴について質問に、南天心は、数百年前、孔雀刀の話を始めるカピラバストゥの王子が出家して仏になった。王から贈られた刀。その国に仕えるのが呪奴だという。
互いの西行の目的を探り合う二人。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 2話

洛陽。資金をだして孤児たちの面倒を見る燕逍遥(イェン・シャオヤオ)。鬼火燕八(クイフォイエンバ)という鬼火とともに現れる男にあとをつけられた。戦いに勝った燕に、謎の老人が声をかけた。父の敵を討ち、血に染まった人生をおくりながら、それを後悔しているような燕。

金三万両という破格の報酬で刀爺(ダオイェ)暗殺を依頼。立派な人物だという噂があるために断る燕に、池千里(チー・チェンリ)という義兄弟を匈奴に売った男だと告げた。これで、燕逍遥は依頼を引き受けることになった。

洛陽で見かけたファン・イータオに声をかける刑部の謝司寇(シェ・シコウ)。過去に恥をかかされたとファンを切り殺した。いやあ、すげー強いんじゃん!でも、こいつに燕の情報を流した男に、「裏切ったな!」なといいつつ、「子供たちを頼んだぞ」と言い残した燕。

謝司寇(シェ・シコウ)は、班勇の一件の黒幕魔剣玉候・南天星(ナン・テンシン)であると睨んでる。パンヤンを嵌めたシャンランの妹が南天星の妻なのね。和帝に「フェイト商団が褒章を受け取らないのは、パンヨンを王にする思惑があるためだが、今処罰するとフェイトは暴れて手につけられぬ。今は投獄することで手綱をとるべき。自らが西域に赴き調査に乗り出す」と進言。
パンヨンは王に「功をあせったものが犯した失敗をなすりつけられた」と訴える。
一方、南天星も、疑惑を晴らすべく西域を目指し旅立つ。

燕逍遥が西域に旅立った直後、その孤児院から、子供達の姿が消えた。呪奴(じゅど)、謝司寇、飛駝商隊(フェイトしょうたい)が、燕逍遥の動きを追い始めた。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 1話

BS日テレ公式
とにかくロケがすげ~。雄大な西方の自然!それを堪能しつつの陰謀うずまく全20話。たのしみ

手にした者が覇権を握るといわれる伝説の刀、ブッダの血をあびたという「孔雀刀」が、後漢・和帝期、西域に流れ着いた。西域では30年前にこの地を治めた定遠候(テイエンコウ)が作った飛駝商隊(フェイトしょうたい)が勢力を誇っていた。定遠候の息子・班勇(バンヨン)が朝廷で戦術を問われ投獄される。戦功がありすぎて、王擁立を狙っていると思われて、南天星(ナンテンシン)を後ろ盾とする敦煌太守張朗(シャンラン)らの弾劾に大臣が追従してしまった。
謝司寇はパンヨンの冤罪を晴らそうとする。南天星の要求は孔雀刀だろうという。
これを機に飛駝商隊と朝廷の溝は深まる。同時に西域に勢力を広げる呪奴(じゅど)、匈奴(きょうど)などが不穏な動きを見せ始める。

5堂12旗を擁する飛駝商隊を率いるのは高格の士として知られる刀爺(ダオイェ)。商隊の飛彪旗(フェイピャオ・き)は生き倒れた謎の女を助け、同伴させる。しかし、水に仕込まれた毒で隊員は倒れ、呪奴の奇襲を受けて壊滅状態に。
朦朧とする旗主・池彪(チーピャオ)は、天琴(テンチン)という女性が「父親が刀爺に謀殺された」と天眼によって伝える夢を見る。
チービャオは、兄の敵を打とうとする玉門八玉らや、仲間のフェイト商隊・猛子堂のものを蹴散らしながら帰還。猛子堂は、周辺を調査して、クーチュエンで商隊が消えうせていることを知ります。
殺したのか?と詰め寄ったチービャオに「そうだ」と答えた刀爺。チービャオは取り押さえられてしまう。ダオイェは「義に反することはしていない」と説明したが、これで納得できるのか~?

都・洛陽に「超一流の刺客」を求めて怪しい老人が現れた。推挙されたのは燕逍遥(イェン・シャオヤオ)という侠客だった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。