• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

太陽と海の教室 10(最終)話

何を伝えたいのかってのが定まってないから、メッセージ性がある程度要求される学園物としては、ホントにグダグダでしたね。「学校じゃ教えられない!」という、凄いB級だけど書きたいことや思想が突き抜けてる学園ドラマがあったことで、グダグダさが際立ってしまった。


いまさら履修問題が発覚。補習をすればフォロー出来るのかいな!しかし、校長は突っぱねて「問題を大きくすることは望んでないだろう。未履修授業のレポート提出で認めてもらった」という。織田ちゃんは「不正を見逃してもらった」という立場に生徒を追い込むのか?っていう。
「世界史などの勉強してない科目がある。世界史は無駄じゃない!」と訴えるんだけど、だったら授業でじゃなくて自分で勉強すれば??って気もするが・・・。そもそも、補習したって、内職するだけじゃ?「不正をしてしまうと、一生嫌な思い出として残る」っていうのは、分からなくはないんだけど、そもそも今まで国語の良さを伝えてきたわけじゃないしなあ・・・。
しかし、受験勉強にかける時間が!と生徒は騒ぐけど、今まで真面目に勉強してた人居ないから、あまり説得力ない。だから、生徒が「補習受ける」という流れにも、全く感動なし。
自分に誇りを持てって言うのも、「誇りとは何か」っていう掘り下げや、心の問題の扱いが浅いんで・・・。「心」ってもっと多様なものだと思うんだよな~。「心」って言えば何でもOKになるんかい!!って感じが。
ハチが見れなかった未来のために、自分の将来を考えたという子供たちだけど、それぞれの夢が凄い唐突でした。「色んな勉強をしたから、これを選ぶ」っていうのも、え?って感じだった。「夢のために専門性の高い大学を選ぶ」「夢のために受験にまい進する」っていう決断をしちゃってるのに、「広く無駄に思える授業を受ける」ということの間のズレについても、非常に雑に扱っている気がする。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 9話

ハチ死亡。あっさり処理した感じがしますね。ハチの命の分まで行きなければ!とか、泣いてよいんだ!とかベタベタの台詞が、フッツーになんの捻りもなく出てくる感じでした。灯里がハチの話し方を非常に良く捕らえて、彼の口調を真似して思い出すところは、とても良かったです。
この話、「変わりたくない」でも、「変わってしまう」ということを書きながら、それをどこに着地させるか?ってことをハッキリさせられませんでしたね。
次原さんが学校を変わるのは「逃げる」ことかな?ずっと覚えてて、両親と一緒に「生きよう」とすれば、それは逃げではないと思うんだけどな~。一人暮らししてまで湘南に残る必要があるんだろうか?自殺の兆候を見逃した織田ちゃんを信頼して、娘を湘南に一人残していけってのは無理じゃね??
さて、次週最終回。いまさら履修問題。どうやら「責任を取って自殺」からみで、ハチの死亡問題は少し引っ張られそうです。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 8話

次原さんみたいな人に必要なのは「特別な思い出」ではなくて、日常を思い出にすることじゃないかなって思うんだよね。わかり易い思い出を作るって所に行っちゃうのが、坂元脚本の限界か・・・。織田ちゃんが「祝祭が必要だ。それが感情を呼び起こす」って
前に言ってたけど、次原さんは「祝祭から戻れなくなってる」気がするんだ。
そして、親と新しい生活を選ぶのに反対する織田ちゃん・・・。なんつー独り善がり。校長が極端に書かれてるから、なんとか成立してるけど、流石にウンザリ。フォローしつづけるのは良いと思うけどね。

ハチと灯里のキャラクタはナイスで、それで何とか持ったか?死ぬ死ぬ詐欺は、次原さんがまだ死にたいと思いつづけていて、ハチに連絡して来て事故が起きる形で継続。引っ張りますね。ハチはあたりアイスを追いかけて船から落ち死亡。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 7話

もう何が何だか・・・。高校生くらいで「死にたいな」って考える女の子がいることは、まあ別に珍しくもないことだと思うんですよね。でも、あんなにあからさまに信号出してる子なのに、物凄く生徒思いの設定の織田ちゃんがまったく気がつかないもんですかね~。そう言われてみると、今までもメイン生徒ばかりと関わってたかな~とか思えてきちゃいました。

ま、綺麗な死なんてないということや、教師はスタートラインで背を押してやる仕事だという正論。確かに正論ではあるけれど、正論を裏付けるものが弱いかな~。
で、織田ちゃん事故?ってところで、パーマ君に自殺願望が伝染しちゃったのかな?
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 6話

えーっと、まだ夏休みじゃなかったのか!補習してるのかと思ってた。
で、施設から引き取られた不思議少女。誕生日を祝ってやるというそれだけで解決か~。あの程度のこと、今まで言われなかったのかな~?ご両親、とてもよい人っぽかったしさ・・・。
履修問題はこれで終わりじゃないだろうな~。「正々堂々と戦ったと思わせてやらないと!生徒のためというのは、周りの人間では決められない!」とか言ってるけどなあ・・・。生徒全体が否応なく巻き込まれて「生徒個人が決められる」という問題ではなくなる訳で、その辺への突っ込み方が甘い気がします。
で、次は「死ぬ死ぬ詐欺ですか?」夏休みはすっ飛ばすのか~。せっかく受験校なんだから、夏休みならではの「受験テク」を教える補習授業とかやれば、また違った切り口があった気がするんだけどなあ・・・。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 5話

うーん。一応、賢いし勉強できる生徒なんだよね。そういう子って、勉強そのものが楽しいタイプが多いと思うんだよね。学ぶ楽しみって、純粋にあるものだと思うし・・・。

ガリ勉カップルがキスして、両思い。しかし大和は「これでスッキリした。合格までは勉強がんばろ!」だと。
羽菜は学生代表で、受験必勝法の発表を。文章を「このまま読め」と言われたけど、「どうして勉強しないといけないか?何の役にたつんですか?」って問いかけた。「教科書面白くない。勉強キライになる。不満があるんじゃなくて、意味が分からない。今してる勉強は不正解です。」って興奮。「したいことをする。勉強はしない」という羽菜を応援する織田ちゃん。

「役に立つ立たないではない。全力を尽くすことが大事なんだ。宝探しだから、見つかるまでは無駄だらけ」という話をする織田ちゃん。まあ、正解なんだけど、その宝探しの地図になるのが教師であって、織田ちゃんの授業はちゃんと面白いんだろうか?正直、あんな低レベルのなぞなぞやられても・・・。

あと、神谷先生が極端なキャラすぎて・・・。生徒番号覚えるより、名前覚える方が簡単だろう~。

あと、ヤバいって言ってたのは履修科目問題でしたね~。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 4話

またベタな話だな~。っていうか、著名な人の推薦が得られるほどの才能なら、普通に受験できるんじゃないの~?って気が。
リクに、「できません」っていうせん=線を作るなっていう説教を前フリしてるけど、彼女のは「本気」で望んでるんじゃないから「できません」って簡単に言えるんじゃないの?って例だよね。だから、「逃げたって良い。他人や自分を傷つけるために戦う必要はない。でも、可能性からは逃げるな。生きていくことは可能性を信じること」って話を、本気でピアノが好きであろう三崎にしても、説得力がなく感じるな~。

リクを好きだという男の子・三崎(ピアニスト志望)が現れて、洋貴はマジでイライラモード。白石君は、リクとビートバレーに一緒に出ると言ったけど、怪我したフリして大会出場を諦めた。結局は、推薦のためのピアノ演奏も、バレー大会も、幼なじみの女の子優菜が積極的になったのも、ぜーんぶ逃げたくてやったんだ。それは分かってる優菜は、三崎にそこを追及。
ピアノそのものが嫌になったという三崎のために、海辺にピアノを持って行って弾かせる織田ちゃん。「褒められようと思わなくて良い」ていうのが、まあキッカケなのか?うーん、なんか陳腐!!

三崎が現れたことで、リクと洋貴の間が変化したのは悪くなかったというか、「おせっかい体質」なリクを上手く仕えてた回ではあると思います。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

太陽と海の教室 3話

コメディでもないんで、超展開が笑えないんだよ~。織田ちゃんマンセーすぎるしさああ。多分、今回でリタイアします。織田ちゃんの過去という謎も消えたしな。


川辺英二は急激に成績が悪化。父親が亡くなって、母親は入院。幼い子供達の世話に追われてる。
理事長から手紙を預かって自宅を訪問した若葉。その家庭の惨状にびっくり。理事長からの期待を感じ取った英二は、児童相談所に相談して、一番下の子供は伯父さんに預けたという。残りの2兄弟が学校にやってきちゃった。
織田ちゃんは子供をてなづけて、「ホントにそれでよいのか?」と英二に問う。このままじゃ、弟たちを嫌いになっちゃいそうだという英二。
子供たちに授業しろっていう織田ちゃん・・・。数学勉強してるのに、「何計算してるの?答えられないの?変だね」なんていう子供、このベタベタ感!!坂本脚本だな~。微積分の意味を説明できないなんて、ある程度優秀な設定なのが崩れちゃうだろ?高校生なら、その位はできて当然。アホ??

織田ちゃんと洋樹たちが英二の家を訪問して、勝手に世話してる・・・。児童相談所の人が来てるのに、何度も問い詰められて、英二は預けないと決断を変えて子どもたち連れて逃げだした。たぶん母親の所だろうってことで、交通手段の船へ!教師が予測して追いかけたんだけど、織田ちゃんは「追い詰めてどうする!」って、フォローに。追いかけられて船の立ち入り禁止地区に逃げ込んだ英二。織田ちゃんは教師たちに上手いこと言って別の場所にやって、自分と生徒たちで船の中の英二を探す。
しかし、英二は事故に遭ってた・・・。動かすと大量出血する状況。医療的な知識のある織田ちゃんは、その場にあった釣針で手術しようとし始める。「そんな出来もしないことやって、何かあった時に判断に責任取れるのか?」と問う若葉に、「責任は何かあってからとるもんじゃない。何かが起こる前に取るものだ!誰もやりたがらないことは、誰かがやらなきゃならない」とか言ってるけどさ~。「それをやることが正しい判断なのか?」って部分がおざなりなんだよね。
で、結局は「あの子たちはチャンと分かってる。自信がついたら迎えに行け。一人で頑張ってる人は沢山いる」と説教・・・。あのさ~、そんなことは「手離そう」と決めた段階で考えてたと思うんだよね~。なんつーか、織田ちゃんが活躍するために、織田ちゃんがトラブル引き起こして、なんか自己満足っていうの??「俺が責任を引き受ける!」とかいって、「周りの人も考えてる」ってことを無視してしまってないか?

元エリート商社マンが、アフリカの内戦地帯で急に教師に転職。ありがとうという言葉を気にいってくれた男の子が、海の向こうの言葉を知ってると、遠くに行けた気がすると言った。それが学ぶってことなのかと気がついて、教師に転職したんだって。でも、その男の子が亡くなった。その時の写真を携帯カメラで撮ってる18歳の日本人が居た。それを見て、心が貧しい彼を哀れだと思って戻ってきた・・・。(うーん。内戦激しいキャンプに、その高校生はどうして居たんだ??)
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太陽と海の教室 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。