• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

飛天舞 24話最後の決戦、故郷へ・・・

飛天舞 BOX-I [DVD]飛天舞 BOX-I [DVD]
(2009/01/09)
チュ・ジンモパク・チユン

商品詳細を見る

終わりました。ひたすら持ち上げられるチャハランは、顔がカッコイイのと武芸が優れているという点以外に、まったく魅力を感じなかったなあ・・・。とにかく性格が暗い。その割に、頭悪すぎるしさあ・・・。
ソルリにいたっては、ワガママすぎてまったく共感できず。
馬鹿なりに明るく生きてるチャンリョンが、とっても魅力的に見えた。やっぱり、イ・ジョンヒョクはおいしい所をもっていく俳優だ。
あと、家族と部族のために戦うヤフライのカッコよさは、もっと見たかったな~。


サンメに到着したチャハランは思い出の川辺でジュングァンと出会う。
ジュングァンはチャハランとすぐに決着をつけようとするが、チャハランにその意思はない。娘、父を殺され、妻と息子を奪われたジュングンに対して、「お前と争いたくない」とか今更言ってもなあ・・・。訝しがるジュングァンにチャハランはソルリが危ないことを告げる・・・。

ソルリが囚われている廃屋に現れた無抵抗のチャハランに、サジュンたちは剣を突きつける。そこに遅れてジュングァンが駆けつけ、ソルリとチャハランを助ける・・・。爆弾を投げつけたサジュンを見て、二人を押しだして、自分を犠牲にしたジュングン。ソルリ、ジュングンの愛を理解したか?と思ったら、ジナにすがって泣くのかよ。ジュングンが気の毒すぎるだろ・・・。
あの人が可哀そうと言った直後に「全て終わったのよね?ソンと3人で暮らせるのよね?」って、この女はデリカシーってもんがないのかよ・・・。ソンが、チャハランを受け入れると思い込んでるのも不思議だわ・・・。

サジュンは「斬れ」とチャハランに言うけど、「ヨジンのためだ」と言って切れないチャハラン。うーん、ココは切ってやるのが武士の情けって気がするけどねえ。結局、ヨジンに会いたくて投身自殺・・・。

翌日、チャハランはソルリにまだ戦いは終わっておらず、最後に高麗の流民たちを故郷に帰すための蒙古軍との戦いがあることを話す。ソルリはチャハランについてゆこうとするが、どう見たって邪魔だから、大人しくしてろよ・・・。チャハランはソルリを眠らせて一人出掛けてゆく・・・。

チャハランが一人平原でチャンリョンと朱元璋軍を待っていると、復讐に燃えるソンが目の前に現れる。ソンは既に飛天神技を習得しており、チャハランと互角の戦いになる。しかし、勢いは若いソンにあり、チャハランは首を刎ねられる寸前まで追い詰められてしまう。
そしてソンがとどめを刺そうとした瞬間アリスが止めに入り、チャハランが本当の父親であることを告げる・・・。産みの父でも、育ての父を殺した敵には違いない。でも、アリスの頼みを聞くと約束したし、抵抗しないチャハランが、母の持っている号碑を身につけているのに気がついた。チャハランを切れないソン。「すまない。母上を守れ」と言い残して去るチャハラン。

そんなソンを遠くに見詰めて、「あの人を一人に出来ないわ」とか戦場へ追いかけて行くソルリ。だから、邪魔だっつーの。

チャンリョンと合流したチャハランだが、また腕の痛みが・・・。チャンリョンに、蒙古軍との決戦の朝、敵をひきつける囮となるというチャハラン。チャンリョンは反対するけど「最後の頼みだ」なんて言い張られちゃう。
「剣鬼となって怒りと悲しみにまかせて剣をふるってきた。その忌まわしい気が体をむしばんでいる。」と、もう長くないことを告げる。それでも、ついていきたいのがチャンリョンなんだよ。総監って呼ぶ声に涙が交じってる。
説得されて、軍を率いることになるチャンリョン。チャハランは一人で出陣する。で、そこにソルリが・・・。邪魔だぜ・・・。
さらに、チャンリョンもやってきた。「命令に背くのは最初で最後」って・・・。生き残って、アジンの遺品を高麗に持って行ってほしい気もするなあ・・・。ま、弱ってるチャハラン一人よりは、チャンリョンもいた方が陽動作戦には適してるかもしれん。もともと速攻重視の少数精鋭隊だしね・・・。
で、ソルリは兄と戦うことになるのか~。やっぱ邪魔だなあ~。

人数の差で、囲まれた鉄騎軍の兵士は次々に倒れる。チャンリョンも壮絶死・・・。泣けた。明るいチャンリョンが好きだったのに~。
味方全滅で、飛天神記のマックスぱわーで、襲ってくる歩兵を一気になぎ倒したチャハラン。だけど、すぐに次の攻撃が・・・。結局、ジナとソルリも討ち死に・・・。ソンが残された号碑を受け取り、剣を引き継いだ・・・。そして、アリスとともに高麗の土地へ・・・。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞23話サンメへ、未完の愛

また、最初の15分くらいが「これまでのあらすじ」だった。長いぜ・・・。

チャハランに会おうと江西城に向ったソルリだが、既にチャハランは平江へ張士誠討伐に向っていたため会うことが出来なかった。
ソルリはすぐに後を追おうとするが、それをフクメが押し止める。フクメは張士誠に仕えるジュングァンが、チャハランとソルリが一緒にるのを知って心を痛めることを心配していたのだ・・・。

一方、徐達率いる朱元璋軍と対峙したジュングァンの部隊は大敗する。ファンボとともに逃げたジュングァンはもはや生きる気力を喪失していたが、ファンボが必死に慰める。
そこへ二人を追う朱元璋軍が現れ、ファンボはジュングァンの身代わりになって死んでしまう・・・。必死に救おうとするジュングァンと、自分を犠牲にするために、あえてジュングンが掴んだ自分の手を切り落としたファンボ。すげー信頼関係だな。ジュングンが、ファンボに如何に支えられていたかを感じるシーンだった。私は、ジュングン嫌いになれないんですよね。家長としての役目とか、背負っているものから逃げたりはしない男なので。
帰還したら、張は「諦める。明日、開門する。お前は逃げるべきだ。そして、今夜は一人にしてくれ」という。死ぬ気なのね。この主君もカッコイイ人だよなあ~。

平江へ向っていたチャハランの部隊は、平原の中でヤフライが率いる蒙古軍と出会う。ヤフライは昔の借りを必ず返すことをチャハランに語り、二人は互いの武運を祈ってすれ違ってゆく・・・。いやあ、渋い対面だなあ。
チャンリョンの「今、殺っとかなくていいんですか?」ってのは、分かりやすくて良いねえ。ジュングンに対しても「次は逃がすわけにはいきませんよ」とアッサリ。朱を主君としたんだから・・・って感じで割り切ってる。
朱は、元との対決が迫っている。戦法を申し出る代わりに、高麗人を高麗に戻すという約束をしたチャハラン。既に流民は国境に集まってきている。チャンリョンは「故郷に戻れるのか?」と決意を新たにする。

紹興にいるソンはとうとう「飛天神技」を習得する。そしてチャハランに復讐するために一人出掛けようとするが、アリスも一緒についてゆくことになる・・・。

チャハランを追うことを思い止めたソルリはサンメ県に到着する。
それを知ったサジュンはソルリを人質にしようとして襲い掛かる。フクメはソルリを守ろうと奮闘するが、ソルリを狙った矢を防ぐために身を挺して死んでしまう。フクメはかっこよかったなあ・・・。「旦那さまを忘れないでほしい」と言い残した。

サジュンはソルリを捕らえ、チャハランへ一人でサンメ県へ来るように手紙で伝える。また、戦場をほったらかしで駆けつけるチャハラン。こんなのが将軍って、強くても嫌だなあ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 22話進軍、ヨジンの死

全24話なので、もう大詰めなんですよね~。。結構、話は展開してるんだけど、主人公周りのドラマが薄い。設定的にはかなり切ない三角関係なんだけど、ジナとソルリって自分で選んだ癖に運命を呪ってるような所があって、どうも感情移入しにくいんですよね~。超ジコチュウなのは、やっぱ韓国ドラマの主人公だな~と思うんだけど、感情表現はぼやーんとしてるので、韓国ドラマ見てる時の「振り切れすぎだろ!!」なキャラクタではない。なんか、悪役になる覚悟もないってのが、どうも好きになれない。

ところで、徐達ってどんな関係の人だっけ??ジナとは旧知の仲っぽいんだけど、前半見たのは相当昔のことなので、思い出せない・・・。序盤のジナが放浪してたあたりで知り合った人かなあ??


ソンはチャハランへの復讐を誓う。
ジュングンは、ファンボに「出兵は難しい」と言われるが、「敵が来るのに黙って見ていられない」と語る。

夜、人気がない望郷団の村の前まで来たソルリは聞き覚えのある笛の音を聞く。笛を吹いているのはまさしくチャハラン(ジナ)であった。ソルリは感極まってチャハランに抱きつき、突然の再会に驚くチャハランには言葉もない。「どこにも行かないと誓って」なソルリだが・・・。
翌朝置手紙とともにチャハランはいなくなっていた・・・。

一方、朱元璋の城では主君である朱元璋が陳友諒と張士誠を討つために兵士たちへ檄を飛ばしていた。張士誠を討つのは徐達、陳友諒を討つのはチャハランであった・・・。

朱元璋軍が国境を越えて進軍をしてきた知らせを受けた張士誠陣営の足並みは揃っていない。古参の家臣は城で迎え撃つつもりで兵を出さないと主張をしていたが、ジュングァンは出兵するべきだと張士誠に進言していた。ジュングァンの意見が正しいと判断した張士誠は、ジュングァンを先鋒隊長に任命して出兵の準備させる。

陳友諒陣営では、サジュンが戦局を読み違っていた。「兵を休ませるために、船を使ってくるだろう」という意見に耳を貸した陳友諒は、準備を怠っていた・・・。

弱り切ったヨジンを心配するサジュン。ヨジンは「ごめんなさい」とサジュンに。「悪いと思うなら、薬を飲め。必ず助ける」というサジュン。いやあ、私はサジュン好き。やってることも軍師として当然のことで、チャハランが信用ならないのも、チャハランの行動が将軍として主君のためになるわけじゃないのも、正解だしねえ・・・。

口を割らないアジンへの拷問は苛烈を極め。「ならば苦しんで死ね」と命令するサジュン。

そしてヨジンとサジュンが婚礼を挙げた夜。チャハラン率いる朱元璋軍が陳友諒の城を奇襲する。チャハランはまっすぐ陳友諒の寝室へ向い、瞬く間に陳友諒を殺してしまう。鉄騎十組、カッコよすぎ。チャンリョンの「久々に思い切り暴れたぜ!」なニヤリ顔が、超元気な顔。このドラマ、カッコつけて悩んでる人は多いけど、こういう分かりやすく生き生きした人が少ないんですよねえ。韓国ドラマのキャラって、悪役でもなんでもメチャ元気でパワフルで、悩むにしたってイチイチ大騒ぎってのが多いので、やっぱりこのドラマは韓国ドラマっぽくない感じがします。

城内の混乱を見たサジュンは、ヨジンを馬車に乗せて逃げ出そうとするが、チャハランがその前に現れる。チャハランは自害の機会を与えようとするがサジュンは聞かない。二人は斬り合いになりチャハランがサジュンの首を刎ねようとした時にヨジンが命乞いをする。コレは泣けた。「この人は、私の夫なの」と涙するヨジン。やっとサジュンの愛の深さに気がついたか・・・。サジュンがチャハランに勝利した瞬間だな。
去るチャハラン。サジュンは武将としての意地で、チャハランに飛びかかろうとするけど、ヨジンが止めて剣を受けてしまう。息絶えるヨジンは「生まれ変わってあなたに会えたら、あなただけを愛する」と言って亡くなった。
信じられずに、医者のもとに運び込んで「助けてくれ」なサジュン。サンメにすむチョムンなら、死者を蘇らせるという噂があるとい言われて、必死でサンメ県へ・・・。でも、「もう死んでいる。死者を生き返らせるなどと言うのは所詮噂だ」と言われてしまう。膝をついて「助けてくれ」と泣くサジュン。何かやってあげたいんだよね。奇跡が起きないか?という希望を捨てられないサジュンの心のために、針をしてくれる医師。なんと、生き返ったよ!!どういうことだ!!「可愛そうな人。もう止めましょう。私を綺麗な川にまいて。お願いね」とヨジンは言って息絶えた。これは、妄想だったのか??夢か??やっと、ヨジンの死を受け入れたか?まだ「ウソだ」と叫びながらも、火葬にして、灰を川にまくサジュンです。

チャンリョンはまっすぐにアジンを助けに行っていた。でも、すでに息絶えかけている・・。舌を噛み切って、もう話せないアジン。総監に危険が及ばないようにと、自分が拷問に耐えきれなかった時のことを考えたのね・・・。息絶えたアジン。チャンリョンが・・・。埋葬してあげるんだけど、すげー辛そうだ。望郷団が全焼したことをチャンリョンに告げるチャハラン。むごすぎると泣くチャンリョン。遺品を故郷へ・・・とチャハランは言う。でも、アジンの故郷って??

張士誠に仕えるジュングァン。張は半ばあきらめていて、「動くのが遅すぎた。私の不徳だ。無理をして死地に挑むな。武運を祈っている」という。しかし、ジュングンは民にまで文字を広め文化を創出しようとした主君を信頼してる。

徐達率いる朱元璋軍と対峙したジュングァンの部隊。

ソルリは、「待てというけど、会いに行く。サンメに。出会った土地、始まりの土地だ」という。っていうか、また都合よくフクメが戻ってきてるよ・・・。

チャハランに会おうと江西城に向ったソルリだが、既にチャハランは平江へ張士誠討伐に向っていたため会うことが出来なかった。ソルリはすぐに後を追おうとするが、それをフクメが押し止める。フクメは張士誠に仕えるジュングァンが、チャハランとソルリが一緒にるのを知って心を痛めることを心配していた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 21話 朱元璋、決戦への序幕

チャンリョンは「私はどうすれば?」と今後の行動に迷っている。

ヨジンが施した「太陰大法」の治療により体力を持ち直したチャハランは、ヨジンのささやかな「行かないで」という願いを振り払い、吉安の寺院を後にする。チャハランは、ヨジンが密かに用意してくれていた馬を飛ばしながら、決してヨジンのことを忘れまいと思う・・・。
っていうか、何かいってやれよチャハラン・・・。散々に世話になっておきながら・・・。「私には生きる理由があるから助けられる」とか勝手な脳内変換を、まだやっているのか?「傍にいてくれるのに、満足できなかった。愛し方を知っていれば」とかいうけど、チャハランもソルリも単なるワガママな執着をしてて、愛し方をしらないヨジンの同類にしか見えないんだよなあ・・・。

ソルリはしっかりフクメの世話になって、チャハランを探している。ジュングンに感謝しろよ~。フクメからチャハランの居場所を聞いたソルリは早速そこへ向かうが、チャハランは既に出た後だった。
治療によって弱ってしまっているヨジン。薬も飲まないでいる・・・。ヨジンはソルリの姿を見ても力なくチャハランがどこに行ったか分からないと告げる。それを聞いたソルリはヨジンにジナ(チャハラン)を助けてくれた礼だけを言ってそこから立ち去る・・・。
フクメは「旦那様はあなただけを愛してきたのに、どうしてチャハランを探し求めるのか?ジュングンはどうなる?と聞く。ソルリは「すべてを元に戻したい。チャハランも息子も・・・。ジュングンのことは、私にはどうもできない」と言う。っていうか、ソンの気持ち無視してやり直すとかさあ・・・。で、散々にフクメを利用しておいて、目的地の傍だからって「私が憎いならもう去ってもいいのよ。」って、なんつー女だよ・・・。ホント、ソルリって魅力ないなあ。

ソンとアリスは紹興を目指してます。無事に送り届けるのが役目だから、着いたら別れると言うアリスに「今度は僕が君を守る」とほのぼの恋愛な二人。
しかし、紹興では、使用人に暇が出されて父ジュングンは出征。一人残っていた爺が、状況を教えてくれる。「母上は父と一緒なの?」と浮き立つソンは、母が父のもとから去ったと知ってショックを・・・。
祖父と妹の墓参りをして、一緒に過ごした楽しい時間を思い出す。優しい祖父と可愛い妹。チャハランのかたき討ちを誓うソン。でも、アリスは・・・。

ヤフライかっこいいなあ~。兵たちも集まってきて、拠点を築きつつあります。

ヨジンのもとを離れたチャハランはまだ完全に快復しておらず途中で気を失ってしまう。
そこに朱元璋に仕える徐達が現れてチャハランを城まで運ぶ。朱元璋はチャハランに会い、世の中を救う最後の戦いをするために力を貸して欲しいと頼む。悩んだチャハランは戦いを終わりにするために、朱元璋に仕えることにする。(って、自分たちの利のために戦っておいて、戦いを終えるために・・・ってのはなあ。ちょっと胡散臭い)

そこに、あらたな主君をもとめてやってきたチャンリョンが・・・。チャハランに再会したチャンリョンの満面の笑み。可愛いねえ・・・。アジンが捕らわれたことを報告し、サジュンとの戦いを決意する彼ら・・・。

チャンリョンにソルリの居場所を聞いて、村に駆けつける。焼き払われた村には、生き残ったものが墓を造り、「ココを去る」と手紙を残していた・・・。

意気消沈しているヨジンはサジュンの妻になることを約束して、チャハランの追跡を止める。が、サジュンと一緒に床に入ることは拒絶する。理由がわからないままサジュンは怒ってヨジンの部屋を飛び出すが、そこで使用人からヨジンの命が長くないことを告げられる。

ヨジンがチャハランを救うために「太陰大法」の治療を行なったことを知ったサジュンの怒りは絶頂に達し、囚われているアシンへの拷問をより一層エスカレートさせる。これで、チャハランをおびき寄せるのかあ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 20話秘密牢獄、チャハランへの愛

街の茶屋で休んでいたソルリはチャハランが謀反を起こして死んだという噂を耳にする。驚いたソルリは真偽を確かめるためにヨジンの屋敷を訪ねるが、ヨジンはチャハランの生死をはっきりと語ろうとしない。しかし、そのヨジンの態度からソルリはチャハランの存命を確信する。
ソルリは「感情表現が苦手な人だが、あなたを友人として好きだったし、頼っていたはず。だから離れなかった。そういう人だ。」と語る。うーん・・・。こういう訳知り顔する女、嫌いだなあ・・・。ヨジンは、チャハランの愛を初めて知って泣き始める・・・。

そのソルリのあとをつけてるフクメ・・・。なんだかんだ、ジュングンに守られてるよなあ。それを「つけられてる」と思うのは、ソルリがかたくな過ぎ。

チャンリョンはチャハランを救出するために鉄騎十組とともに秘密牢獄へ向かう。すっかりリーダーな顔のかっこいいチャンリョン。笑ってほしいなあ~。渋くなってしまって寂しいわあ・・・。
でも、既にチャハランはヨジンが助け出し、別の場所へ移送されていて、チャンリョンはチャハランに会えなかった。
チャンリョンはチャハランが肌身離さず持っていた「号牌」を見つけ、生存を確信。その場から撤収しようとしたその時にサジュンが目の前に現れる。総監に謀反の罪を着せるなど期待ないやつ!!と怒りをあらわにするチャンリョン。いい部下だねえ。圧倒的強さでサジュンを囲むが、向こうには追加の兵が来たので、撤収・・・。

撤退したチャンリョンは、ソルリと再会・・・。生存を確信しているもの同士情報交換。チャンリョンは、村全滅をしらないから帰るつもりなんだね。きっとチャハランはそこに戻ってくるということで、同行を促すけど、ソルリは探しに行きたいということで、別れる。っていうか、ヨジンが馬車で何処かに向かったという情報をチャンリョンにあげなよ・・・。この馬鹿女・・・。
村に戻ったチャンリョンは、全焼してるのをみて呆然。

牢獄のアシンは、チャハラン脱走を聞いて希望を盛り返す。サジュンはヨジンとチャハランを追っているが、なかなか見つからない。

隠れ家である吉安の寺院で、ヨジンは意識のないチャハランを医者に診察させる。医者の診断はチャハランの外傷がひどく、毒も身体にまわっているので快復は無理だという残酷なものだった。ただし「太陰大法」という方法が解毒に使えるかもしれないというアドバイスする。

その「太陰大法」は解毒する者がその毒を受ける危険な方法である。ヨジンはその危険を承知の上でチャハランの毒を抜くために彼と寝る「太陰大法」を実行に移す。体力を持ち直したチャハラン。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 19話吹き荒れる逆風、望郷団全滅

ソンは武芸を磨く日々。長老が真剣を与えました。そこに、チャハランが死んだと思い込んだアシンが戻ってくる。「おじけづいて何もできなかった。殺してください」となげくアシン。

ホ元帥からチャハランの謀反の疑いと嘘の死亡報告を受けたチャンリョン。(この時のチャンリョンが、すげー中村トオル。やっぱ、イ・ジョンヒョクさんは目のあたりが中村トオルなんだな)チャンリョンは、江州に行った理由をかたろうとして、「離脱を知ってたな」と拘束されそうになり鉄騎十組とともにホ元帥を殺害する。って、首飛んでたが・・・。怖いっす。でも、「私が仕えるのは総監だけ」って、馬鹿だけどカッコよすぎですよ、チャンリョン。しかし、これでチャハランはやばくなるよね。チャンリョンはやっぱ馬鹿。
そのまま、鉄騎十組とともに謀反人として追われることに。総監を助けるために江州へ行くと決断。「死ぬわけがない」って、ホント、総監を信じ切ってるんだね。

実際チャハランはサジュンの罠によって囚われていた。でも、将軍が個人的事情で戦線離脱は責められても仕方ないよなあ・・・。
牢獄で拷問を受けるチャハラン。「なすべきことがあると思ったが、夢だったな」というチャハランに、「13年前に死ぬべきだった。お前を取り巻く人のためにも」とサジュン。サジュンの目的は「飛天神記」にあり、その所在を望郷団の村に向ける。謀反の拠点だと言って、全滅を指示するサジュン。

一方、フクメから息子ソンが望郷団の村にいることを知らされたジュングァンは、兵を率いて村を襲う。
大軍が襲ってくるのを聞いた村長イ・ファスはソンとアリスを先に逃がし、帰っていたアシンに二人と「飛天神記」を守るように託す。村長はフクメにやられちまったか?
でも、この村って橋だけが村に行く道みたいなのに、エライ大軍が村を襲ってたよね。橋を落とせばよいんじゃ?って気が・・・。

ソンは逃げる途中に「戻って村を守らないと」とか言い出すが、アシンが「アリスを守れ」と言い残して、自分だけ残ろうとする。アシンは、アリスにだけ「大兄の子供だ。」とつげてソンを逃がすように指示。残ったアシンはフクメと戦って斬られてしまう。追い詰められたソンとアシンは断崖絶壁から川へ身を投じて何とか逃げ切る。←もう次世代のジナとソルリって感じですねえ。
ソン、信頼する父が自分を探してやってきたとは思ってないんだよなあ・・・。ジュングンも息子を奪われたとしか思えないわけだし・・・。切ないことだ。
ソンは、アリスと生まれ育った紹興を目指すことに。旅費がないんで大変だ。金持ちの家の下働きに雇ってもらって、旅費をためます。しかし、ソンは「チャハランに復讐する」ために紹興に戻るんだよね。アリスは迷うよなあ。

結局ソンを見つけることが出来なかったジュングァンは全滅した村を焼き払ってしまう。
翌朝サジュンの部隊が「飛天神記」を探そうと村に到着するが、焼き払われた村の前に何も出来ず、生き延びて戻ってきたアシンを捕らえて帰る・・・。アシンは「俺を殺せ」と自分を責めてしまっている上に、負傷してぶっ倒れた。
アシンは連れ帰られて拷問を受けます。

離れの火事からヤフライによって助け出されていたソルリはヤフライのもとから出てゆく。黙って見守るヤフライは、本当にカッコイイ男だよなあ。
そしてソルリはジュングァンの前に現れる。生きていて良かったと感激するジュングン。しかし、ソルリは別れを告げる。ソルリは自分にはチャハランしかいないことと、息子ソンがチャハランとの子供だという事実をジュングァンに告げる・・・。ジュングンは「分かってた。でも俺の子だ」という。そうだよねえ。
ソルリ勝手すぎるだろ。あんたにとって、ソンはジナの子でもさあ。ジュングンはが育てたんだし、ソンも父としてジュングンを慕ってきたような・・・。それを無視スンの?って感じ。今更だよなあ。ジュングンとの娘は死んだから、もういいってこと?好きになれないわ。美人だけど・・・。

街の茶屋で休んでいたソルリはチャハランが謀反を起こして死んだという噂を耳にする。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 18話果し状、迫る罠

出兵当日、チャハランはアシンから張士誠軍を率いる大将がナムグン・ジュングァンということを知らされる。
張士誠軍は一万もの兵力を持ち、対するチャハラン率いる陳友諒軍は一線の兵力しかない。まともに戦えば負けることは確実だが、チャハランはソルリのためにどんな相手でも必ず勝って無事に帰ることを決意する・・・。

一方、江州ではソルリがチャハランを待っている。そして、ソンを心配してる。そうなのよねえ・・・。チャハランを選んだら、ソンは確実に苦しむことになるんだけど・・・。
ソルリ住む離れを見張っているのはジュングンの部下フクメ。
ソルリの離れで夜中に火災が起こり、下女のソソンが炎に巻かれ、ソルリも最早これまでと思われた。しかし、覆面をしたヤフライがソルリを救出する。ヤフライかっこよすぎ。
助け出して「あいつは父の敵だ。可愛そうな妹よ」と声をかけるヤフライ。うーん、この人はカッコイイねえ。

翌日、サジュンは離れが全焼したことをヨジンに伝え、ソルリという頭痛の種が消えたのだから昔のヨジンに戻れと言う・・・。

戦いを前にしたチャハランはジュングァンに書状を送る。その書状の中身は果し状であった。ジュングァンはチャハランの兵を守ろうとする意思を理解してそれを受けて立つ。そしてチャハランとジュングァンは自身にもしものことがあったら兵を撤収させることをそれぞれ言い残して決闘に向かう・・・。これ、数で勝るジュングンは、せっかくの有利を捨てることなんだよね。それでも、プライドあるから断れない。
決闘は圧倒的にチャハランの剣術が上だったが、チャハランはジュングァンを殺そうとはしない。チャハランはジュングァンとの戦いの決着は既に着いたものと感じていたが、ジュングァンは引き下がることなく殺せと言う。
ソルリをいま以上傷つけたくないチャハランが剣を投げ出した時、張士誠の陣営から黒い旗が振られる。それを見たジュングァンは崩れ落ちる。ソルリがチャハランを選んだということか?と思ったけど、ソルリ焼死の連絡が入ったのね。

ホ将軍が援軍だとやってくる。総帥権を返還せよというホ元帥に「誰が従うか」と反発しまくりのチャンリョン。チャハランが刀を突き付けて制して、場を収めた。「大兄を困らせた?」とアシンに聞くチャンリョンかわええ。「俺は役立たずだ。後先考えずに出を出してしまう馬鹿だ」というチャンリョンに、アシンは「俺も言いたかったぞ」と慰めます。「俺はお前みたいに誰かのために自分の命は投げ出せない。お前も大兄も俺より強くてよかった。俺が守らなくても大丈夫だ」とかいうアシン。「こざかしいやつ」「認めるよ」って会話が微笑ましい。こういうフツーの友情とか、このドラマには貴重。

ソルリ死亡を聞いて愕然のチャハラン。罰してくださいとやってきたチャンリョンに、江州に言ってくる。留守を頼む。」とチャハラン。「お供したい」というチョンリョンに「コレは罰だ」なチャハランです。
一人で行かせたと聞いてアシンは「危ないじゃん」と叱る。「俺だって止めたけど」なチャンリョンに「罠じゃないの?一緒に行ってくる」と追いかけるアシン。でも、ホ将軍が「軍を勝手に離れるとは軍務違反だな」とニヤリ。やばい。

戻ってきたチャハランに「お前が?」と問われたヨジン。「あの女への恨みは捨てた。最後に一度だけ言う。私と逃げて」なヨジンだけど、チャハランが応じるわけもなく。
そして、サジュンにつかまってしまう。ソンを逃したこと、軍務放棄の件を言われるとなあ・・・。「忠誠を尽くしてきたのに・・・。謀反など考えたことがない」って、そうかあ??って感じするけど。サジュンは「陛下が自分より優れた臣下を放っておくか?」と説明。正直、サジュンにも理があるよねえ。チャハランが強いから勝つんだけど・・・。今回は相手が多すぎた。負傷して、つかまってしまう。アシンが物陰から見てるけど助けようがない・・・。何か策略をめぐらせないとな・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

飛天舞 17話サジュンの企み、呑み込む濁流

アシンとチャハランは、明日には杭州へ戻ることにする。チャハランは「陳友諒が領地を暮れるというが、私は恨みを買っているようだ。ソルリを連れてきたのはせいかだったろうか?」とアシンに不安を打ち明ける。アシンは「この状況でもあの方の心配を?大兄の方が心配ですよ」と笑う。

嫉妬に燃えたヨジンが毒を盛った料理を食べてソルリは倒れてしまう。チャンリョンが何事?と心配するが、原因が分からない。
サジンはヨジンだと察知して「そんなことしてチャハランがお前に振り向くか?」というけど、「これでだめなら忘れる」とヨジン。うーん、絶対に粘着しそう。ヨジンはソルリが臥している部屋へ見舞いに行き、ソルリに「チャハランに近づくなと警告したはずだ」と嘲笑う。

帰還したチャハランとアシンを迎えたチャンリョン嬉しそう~。副総監・軍師と呼び合ってからかいあうアシンとのシーンでチョイ和んだ。このドラマ、和みシーンが少ないんで・・・。
ソルリが倒れたことを聞いたチャハランはヨジンに解毒剤を出すように迫るが、ヨジンはすんなりと出そうとしない。業を煮やしたチャハランはソルリに盛った毒を見つけ、その毒を飲み干してしまう。
それを知ったアシンとチャンリョンはビックリ。チャハランって、将軍としてどうなのよって行動が多いよなあ。
驚いたヨジンは解毒剤を持って城外へ逃げてゆく。チャンリョンはあわててヨジンを探索に。いやあ、かっこええじゃんなあ。が、結局はヨジンが戻って解毒剤をアシンに渡す・・・。散々、探し回ってるチャンリョン気の毒っす・・・。怒るよなあ・・・。この単純さが好きだ。

一方、杭州にいるジュングァンは張士誠の軍を率いて紹興へ進軍を始める。そしてかつてのナムグン家の屋敷に来たジュングァンは、ソルリだけは必ず取り戻そうと決意を新たにする・・・。

チャハランは、ソルリを遠くから見守っている。じれったいチャンリョンだけど、アシンに「複雑な関係だから、配慮してるんだ」と諭される。

アリスとソンは、かわいい初恋を育んでます。

チャハランを陥れようとするサジュンは、陳友諒にチャハランに不利な報告を上げ、反乱をおこすかもと吹き込む。確かに、チャハランは陳を利用してるだけで私怨だからなあ。サジュンの言ってることには真実があるから、そりゃ信じるよね。
サジュンは、「仲互いの火種をまくだけでよい。人間は弱い。」とか言ってるけど、単純に軍を預かる者としてチャハランに不信を持ってるのもあると思うよ~。
陳友諒は、チャハランに直々に会いに行き、ヨンチョンジの無謀な防衛線への出征を命じる。機動部隊で防御には向かないというチャハランだが命令は変わらない。信じられないにしても、もうちょっと上手い使い方があると思うんだけどねえ。陳は武将じゃないのかな?

出征前夜、チャハランはソルリの部屋の前で笛を吹く。それを耳にしたソルリは部屋から出てきてチャハランに「ありがとう」と語る。チャハランは「紹興に戻れるよう手配しておく」というが、ソルリは「待っているわ。帰ってきて」という。

出兵当日、チャハランはアシンから張士誠軍を率いる大将がナムグン・ジュングァンということを知らされる。ジャングンの白い鎧派手やなあ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 飛天舞 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。