• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]
特殊捜査日誌 -1号館事件- DVD BOX風呂敷広げた割りに、あわただしく畳みましたね~。でも、ユン・テヨンさんとソ・イヒョンちゃんの刑事は嵌ってました。ユン・テヨンさんは、やっぱ面白い素材だと思うな~。こういうスットボケも似会うし、カッコいいのもソコソコいける男くさいタイプは、韓国では映画では良く見るけど、ドラマには少ない気がします。日本に入ってくるのが、そういうドラマばっかりなのかな~。


ハンスは毒物の結果を聞いている。その人が、青瓦台にしか納入されない缶詰を食べているのを見て、自分が担当したトラック事故が、青瓦台の印のついたものだと気がついた。事故記録を確認し、海産物の配送車だと気がついた。さらに、血液の分析結果が出た。イノシシの血が検出された。
一方、ヒヨンは警護室長のなまりを思い出して、彼が黒幕では?と気がついた。両親を殺されて脱北してきた人物で、大統領の政治に恨みがある。ハンスを伴って青瓦台へ。しかし、警護室長を逮捕と聞いたハンスは「証拠がないのにあんな大物を?」と言う。しかし、「父も課長も大統領も狙うんだから、大物でしょ。命令よ」と突っぱねられた。銃を構えて警護室長室に。警護室長は、「軍人がくると思ってたよ。大統領はおかしい。正気とは思えない。もちろん私もだが・・・。パク警部はカントリークラブ事件に深入りしすぎた。三部グループの会長を殺して暗殺者を雇いカントリークラブで襲撃した。こんな面倒な方法を取ったのは、私は軍人だからだ。しかし、青瓦台の殺人は私ではない」と言って、自殺。

ハンスは、「大統領がヤバイ」と食事中の大統領室に駆け込んだ。そして、料理長に銃を向けて「こいつが連続殺人犯で狙いは大統領だ」と説明。密室は、先に睡眠薬で眠らせて首に縄をかけておき、アリバイを作ってから自分の部屋からウィンチで引き上げた。その後、自分で発見して縄をはさみで切って処理。二つ目も、眠らせておいてイノシシの血を秘書官に見せて死んだと思わせて、死亡時刻の操作。3つ目は、歯ブラシに毒を仕込んだ。彼しか使えないトリカブトとフグ毒で!

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 11:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 3話新たなる真実

大統領は襲われたんじゃなくて倒れたんだ。調印を控えた大事な行事続きで、休めない大統領。重病説を否定し、過労だと説明するが、実は胃がん・・・。
しかし、治療を拒否する大統領は、政府運営に集中。チェ主任秘書官の事情聴取を聞き「ホテルの裏金問題をチャンと処理しろ」と命令。
翌日、クァク警護室長に命令して早朝ジョギングで健康をアピールする大統領。しかし、第2チームリーダーのイ・ジェヒョンが出てこない。宿直室のベッドで眠るように死亡していた。
ヒヨンは警護室長に呼ばれ「早く犯人を挙げろ」と圧力をかけられ、ついでにチェ首席秘書官のポステルの裏金問題を示唆される。
ハンスは捜査を始める。また遺書が・・・。「人生を台無しにしたやつを許せない」というもの。借金があった様子。非常に整理されて、潔癖症らしい被害者。ゴミ箱には薬。しかし、コップを使った様子も、水差しの水も減ってないと気がついたハンスは、「薬を飲んではいない」と判断。洗面台から歯ブラシと歯磨き粉をチョイスして分析を依頼。
ビンゴ!午前2:00にアコチニン中毒したと判明。口から摂取したと思われ、歯茎の腫れから、歯に塗りつけたと思うと言う検視官の判断。
ヒヨンは「あなたの経験を無視した。ごめんなさい」とハンスにお茶しよと誘った。尊敬してきた父が組長の女と関係し捜査に利用したのが一番辛い。というヒヨンに、自分が左遷された事情を話すハンス。サッカーを怪我で諦めて刑事になったのに3ヶ月で収賄で左遷。周りは俺を白い目で見るけど、誰にでも人に言えない事情はある。お父さんにも何か事情があると思うから、信じてあげて。自分も信じるという。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 2話青瓦台の陰謀

チュ・ヒョヌク医師殺害。ためらい傷がなく自殺だろうとなる。ハンスは血の乾き具合が二段になっていることに疑問を持ち。なぜ、水が流れっぱなしなのか?とヒヨンに問う。

首席秘書官が「イ・ジョンヒョン警護官と2号館前で会ったが、自分は緊急連絡で引き返した」というが、警護官は「囲碁をしていた。秘書官のほうが疑わしい。会ったとき時間を聞いたら11:55と答えた」という。

死亡推定時刻が0-1と判明。首席秘書官に同行を願ったヒヨン。だが、「すでに死んでいた。巻き込まれたくなかった。医師との話は大統領の健康で国家機密だ」という秘書官。強気なヒヨンの手にそっと触れて、尋問をひきついだハンスが、医師からの呼び出しメールを見せろというが、そこで「失礼だ!」と怒る秘書官。取調べは中断。

睡眠薬が出て出血多量と検視報告が。遺書の「あの者が許せなかった」という文章から、一つ目の事件と同じく憎悪を感じるというハンス。偽装したアドレスからのメール送信など、共通点が多く、連続殺人だろう睨む二人。
ハンスは「現場は危ない。俺の番号を短縮登録しておいてください」とヒヨンに・・・。経験不足を非難してるのか?といいつつ、しっかり2番に登録するヒヨン。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 1話密室の謎

特殊捜査日誌 -1号館事件- DVD BOX
BS-i公式ページ
太王四神記でホゲを演じてるユン・テヨンと、声がかわいくて好きなソ・イヒョンちゃんのドラマです。光の使い方が独特でロケっぽさが強調されてます。韓国刑事ものは一話完結ってのは殆どないですね。これも連続もの。
★スタッフ
監督:クォン・ゲホン
脚本:ユ・スンヨル
★あらすじ
南北平和協定首脳会談に全てが集中しているところに、大統領官邸で連続殺人事件が起こる。犯人はいったい誰なのか?軍と警察の配備の中で、どうやって犯行を行ったのか?そしてその目的は?夢は食堂の経営という元刑事課所属の敏腕刑事ハンス。ワケあって交通課に飛ばされた彼が事件の核心に迫っていく。
★登場人物
【キム・ハンス】ユン・テヨン:交通課・指導係の警官。元は暴力団対策の警官。
【パク・ヒヨン】ソ・イヒョン:市警の係長。
【チェ・ジュン】アン・ソクファン:首席秘書官
【チュ・ヒョヌク】クォン・ビョンギル:副主治医
【ムン・インス課長】パク・クァンジョン
【大統領(チャン・ヒョンソク)】パク・グンヒョン
【キム・ホイル編集長】オ・ヨン
【ハ・ドギィル】イ・ソンミン

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。