• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

スマイル・アゲイン 19・20話

19話
「君を苦しめるあいつがどうして良いんだ?」というジェミョンに「大切な人だから苦しむんだ」というダンヒ。「君の知るハジンが全てじゃない」とかいうジェミョン。
ハジンは地道に調香師として頑張ってます。サラに「ダンヒとの関係は?」と聞かれて、「僕の好きな人です」と答えたハジン。サラは「この間失礼なことを言ったから、お詫びに食事に誘いたい」だって。
ハジンは薄々感づいて、ダンヒを食事に招待。ダンヒは「娘さんには会えました?」なんて無邪気に聞いて~。ダンヒの生い立ちを聞いたりしてサラは感動して涙。ダンヒは「娘さんを思い出しちゃった?」って感じて、ハンカチかしてあげた。
母親が生き返ったら?とダンヒに話してみるハジンだけど、「パパが悲しむから母親の話はしたくない」なダンヒ。

調香師として「韓国の四季を盛り込みたい」と発言したハジンに、ジェミョンは「海外展開も狙う商品だ」と反発。「見張ってるぞ!本当のお前を俺は知ってる」とかジョミョンは露骨過ぎるわ~。
ユガンもサラの心が離れていることに焦りを隠せません。
サラは「もう無理しないで。あなたの嘘の理由を考えてみた。でも分からなかった。娘だと思ってきた。あなたの真心は分かっているから悪気があったとは思いたくなかった」と問いかけてきた。ユガンは「先生がショックを受けるかと思った」と泣き落とすけど「前の関係には戻れない」なサラ。

ハジンは、ダンヒを家に招待してパスタを作ってあげたり、仲良くつきあってますね~。でも、後をつけてる奴が居るよ~。ユガン父の手下。「俺は変わろうとしている。あなたに近づかれると困る」とユガンと交渉するダンヒ。ユガン父は「別の奴と組むけどいいのか?恋愛に忙しいんだって?」と、ダンヒに危害が及ぶことをほのめかされる。
ユン会長に「本気で好きなのか?それなら、僕にも対抗手段があるな」と言われたハジン。「あなたとユガン父の関係は忘れました。こんなことしても無駄ですよ」と言い渡した。でも立ち聞きしたジェミョンが「父に言われてダンヒに近づいた」と勘違い。(っていうか、願望にしたがって妄想してるだけじゃんなジェミョン。自分の父親のやばい関係は聞かなかったことかよ!)

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイル・アゲイン 18話

ひとりピッチング練習するダンヒをこっそり見守るしかないハジン。バスに乗って帰る時もこっそりあとをつけたり。おもいっきりストーカー状態ですよ。
元気のない父親をはげまそうと外出にさそったダンヒ。父に会いに来たサラは、それをこっそり見てハジンが娘だとしって、「なぜ気がつかなかった」と大ショック。

アッパは「悩みは解決したか?」と訪ねるけど、「とりあへず考えないことにした」というハジン。「人を許すのにどれだけの時間がかかるか?」というハジン。アッパはサラを今でも許せないでいるから、キツイよね~。

ジェミョン父はユガン父に「魂胆はなんだ?ハジンとの関係は?虎と言うのはあいつか?」と問いただした。「あいつは母親の死後、何も知らずに育ったのだ」って、ジェミョン父が父親なのか?面倒だな~。

サラは、ユガンに冷たく当たるようになる。ユガンは「身を引いたのに分かれるなんて」とダンヒにイヤミ言いまくり。

ハジンはジェミョンを夕食に誘って、指輪を返して断った。「好きだけど愛しては居ない。受け取れない」だと。
ショックなジェミョンは、やっぱり振られ虫なユガンを呼び出して酒を飲みます。
ユガンは「ハジンは私にとっては家族同然です。全てを失っても彼だけは奪われたくなかった。あなたを利用して彼を取り戻したかった」とか涙する。

ダンヒに会いたくて家に向かったハジン。酔ったハジン父とバッタリして送っていきます。「ダンヒを傷つけたら許さないぞ!」なダンヒ父。
ダンヒの家で、サラの家でも見た昔の写真を見たハジン。サラの娘=ダンヒ?と気がついたね。
帰ってきたダンヒは「私の前から消えて」とか言って、ハジンの話を聞いてくれません。
ずっと待ってても「帰って。笑うことがあっても、あんたに向けたものじゃない」とかいうダンヒだけど、抱きしめられたら抵抗できないわけで・・・。

翌朝から、会社に一緒に行こう!って迎えに来るハジン。悲しませないように、何も言わないことにしたんだね。二人が一緒に居るのを見て、愛弟子と娘が良い仲なのが嬉しいサラ。

しかし、ジェミョンは祝福できないみたいですね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイル・アゲイン 17話

ジェミョンが庇ってくれなかったけど、諦めないっていうダンヒ。でも、会長が営業部教育をしてくれることに。ジェミョンがダンヒを切ることで、会長が折れたのか?
英語を覚えろと言われたダンヒ。教室でハジンを見かけて、ついついジーっと眺めちゃう。エレベータで鉢合わせ&ジェミョンと食事の約束の電話してるのにバッタリ・・・。思わず引き止めてエレベータ閉じるハジン。「君への思いだけは真実だった。負担はかけない。違う自分になって君に許しを請う。そのときまで、どこにも行くな」って、そりゃダンヒはハジンを好きだから信じたいよな~。
二人が一緒にいるのを見たジェミョンは、ダンヒがウルウルしてるのを見て、動揺しつつも、食事の席で指輪を差し出してプロポーズ。

サラは町でダンヒ父を見かけて追いかけて、話を。ダンヒについて訪ねるサラ。「生きてるよね?」と聞いても「君に関係ないだろ?ダンヒの前に現れるな。死んだと思ってる。捨てられたと知ったら不幸になる」とか言われちゃう。でも、生きてるって分かっただけで嬉しいよね。

サラの誕生日だからってユガンに誘われたハジン。サラの家で娘のように振舞うユガンと、ダンヒの幼少時の写真を見たハジンは、「嘘のにおいを感じる」とユガンに告げる。

しかし、ユガン父がまたもハジンの前に現れ、「ユン会長の出資で事業をやるからパートナーにならないか?」と言ってくる。
ユガン父は、昔、会長のひき逃げを見て、それでゆすってるんだね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイルアゲイン 15・16話

15話
ボコボコなハジンを助けたユガンだけど、意識が戻ったハジンは「これが最後だ。だから、生き残れ」と言葉を残して去ってしまう。

会長に「ダンヒをジェミョンに近づけるな」という提案を受けたハジン。

ジェミョンは「練習に専念させるように」と会長に依頼。それは無理じゃね?実業団なんだし・・・。ハジンが気になるのは分かるけど、もうちょっと別の提案の仕方があるんじゃないかと・・・。体を動かしつつ会社の利益にもなる形を提案するとかさ~。

ダンヒは「またハジンに騙されたんだ。忘れよう」と決心しようとしてる。そんなところに、ジェミョンの優しさが沁み込んで来る。
前より心の余裕はない。君が原因だ」とか言いながら、「たくましい君に戻るまで」tってダンヒが渡したボールを渡します。でも、そのボールは、ダンヒにとってはハジンを思い出す品なのよね~。

ハジンが贈ったネックレスを、屋上の手すりに結びつけて捨てたダンヒ。それを見たハジンは、「また君から追い出されるのは嫌だ」と決心。

ユガンは父に金を渡して、何とか遠ざけようとしてる。ユガン父ガンドゥを見かけて後をつけたハジン。ガンドゥが会長と会ってるのをみてしまいます。それを、会長にぶつけるハジン。やばいっしょ。

ダンヒとジェミョンが一緒に帰ってきたのを、待ってたハジンが引き留めた。
ジェミョンとハジンで話し合い。
どっちが悪いのか?とか甘いことをいうジェミョンが「もうフェアプレーは無理だ」とか言い出す。あんたは、フェアプレーとかより、ハジンへの心配りの仕方を考えろ。

気合いの入ってないプレーで起こられたダンヒ。「好きで悩んでるんじゃない」って開き直りかよ。頭冷やしてから来いってチームメイトが正しいわ。

ジェミョンはダンヒを教会に連れて行って、「ハジンを好きなダンヒでも愛する」と抱きしめた。涙するダンヒ。愛の誓いを。またまた、ハジンがそれを見ちゃうのか~。「母を思い出すからハジンが好きだ」と泣くハジン。やっぱ兄妹ってやつ?

ハジンは、調香師になることを決心しました。あなたを最初の最後の弟子にというサラ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイルアゲイン 13・14話

13話
ハジンに「会いたい」ってメール貰って駆け出して行ったダンヒ。混乱してるといいつつ、「君はハッキリしてるから、混乱しないで分かるよね?俺達こうして始まるんだよな?」なハジン。
結局、付き合うことになった二人。楽しすぎて、「コレじゃ困る。毎日、遊んでる訳には・・・」なダンヒ。ハジンは「サラに誘われたけど、何かをやり遂げたことないからな~」と相談。「好きになれば良いのよ!」なダンヒ。
サラに、まずは知人の調香師の仕事場見学をしろと言われたハジン。

ハジンとジェミョンの関係は緊迫したまま。社長のコネだってのも周りにばれ始めてるし、ハジン大変だな。社長が2人を呼んで会食。

ユガンは、サラの依頼した娘探しを勝手に引き継いで、娘がダンヒであることを知ります。ハジンがサラに見込まれて、自分から離れ、自分の地位さえも脅かすと感じたユガン、ジェミョンに「あなたに近づいたのは計算。ダンヒを愛してるなら、彼から守れ」とハジンの正体をばらしてしまいます。

ジェミョンはダンヒを家に呼び出した。そして、ハジンが帰ってきた所で、二人を紹介した。ジェミョンの言っていた男がハジンだと知って驚くダンヒ。逃げ出したダンヒを捕まえたハジンに「また、私をだました。大事なことを軽く考えてる。人をゲームだと思ってる」と厳しく責めるダンヒ。黙ってただけだというハジンに「もう信じない」というダンヒ。
ハジンは、結局はジェミョンとも殴り合いのケンカに・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイル・アゲイン 11・12話

なんか、ダラダラやってる間に、すでに全20話の折り返しに来たんですね~。
11話
営業部になって、化粧品の街頭アピールなどをするハジン。営業に駆り出されてるダンヒをモデルにして、化粧させるハジン。普段しないから、しっかりメイクすると大変身なダンヒ。本来の敏感な嗅覚を生かして、香水もしっかり良いものをチョイスして、ダンヒにプレゼント。サラ・チョンが娘を思って作った香水・・・。
ダンヒは、やっぱりハジンが好きだから付き合いたいんだよね。迷ってるハジンに「心の温かい。辛い過去のない人間と付き合ってほしい」というアッパ。ハジンは「この香水を作ったのは、トップレベルの調香師だけど、別れた娘という痛みがある。辛い過去のない人間なんていないわ」とか言い出して、アッパはオットケーです。

ダンヒは「今日は初めての試合なので、できれば見に来てほしい」とジェミョンを誘いに行った。初勝利!ジェミョンは物陰からこっそり見守りました。ハジンの方は応援に来て、打ち上げにも参加~。でも、ジェミョンが来なかったので、ハジンをはじめとする部員は落ち込み気味。酔い潰れたダンヒをハジンが連れて帰ってるところを、ハジンの家の近くに来たジェミョンが目撃してしまいます。

家に帰りついたダンヒ「愛してるわ~」なんて酔って騒いでて、アッパの前で気まず~ハジン。ダンヒが好きなのはジェミョンなのか?って気もしてきたな~。っていうか、ダンヒ&ハジンは兄妹の可能性が出てきたから、ココはジェミョンとくっつく線を作っておかないとヤバいって気もするもんな~。

ジェミョンは、ハジンが知ってて黙ってたと分かって、大ショック。「見たよ。僕たちは本当に友達か?考えてみたら、お前のことを何も知らない」というジェミョン。「不幸な人生だから、嫌な過去は思い出したくないんだよ。」とはぐらかすハジンだけど、ジェミョンはそっけないまま。

弟分ヨンギとハジンが会ってるのを、社長が見ちゃったよ~。ヤバいな~。呼び出されて、「君は詰めが甘いな~。出来ると思って期待したのに。何かをやる時は周りの目があることを忘れるな。会長の息子の命を救ったのだから、チャンスをやる。でも、今後は男としてでなく、会長の息子として救え」と釘を刺した。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイル・アゲイン 9・10話

9話
運転代行でトラぶった父。警察に駆けつけたダンヒ。若い人が良いと言われて、球場をやめさせられてたアッパ。父を泥棒だと言われて、ダンヒが切れた。ハジンに「騒いだら、こじれるだけだ」と止められた。で、影でコソっと脅しつけて、話しを付けてあげるハジン。
悔しいことなんて世の中に沢山あるって、自分の例を話すハジンだけど、ダンヒは「だからって誤ったことをしちゃダメだって言ってくれる。「君は母さんと同じ匂いがする。歪んでる僕が心配で、母さんが真っ直ぐな君に合わせてくれたのかな?母さんと同じ匂いがする」なハジン。あれ?兄妹ってのもありだったりするの?定番すぎる?

配属されたハジン。先輩のチョルギュに早速目を付けられてる。(チョルギュはコン・ユの20歳で主役やってた眉毛君だ)
ユガンが、彼ですってハジンをサラに紹介。知らなかったハジンは気に入らないみたいだね。でも、サラはハジンが匂いに敏感なのに気がついたね。

ソフト部は合宿へ。御曹司が決めた合宿先だからと期待したけど、ジェミョン自らバンを運転しての移動~。テント張ってのキャンプだし・・・。そして、厳しい練習です。
電話禁止!なのに、ハジンからの電話は実は嬉しいダンヒ。
ダンヒは誕生日なので、仲間が鳥料理にろうそく刺して祝ってくれます。誕生日だと知ったジェミョンは、ハジンに連絡して「なにかプレゼントあげなきゃ!」とヘルプ。ハジンは、ダンヒのためにプレゼントを選んで持って行ってこっそりジェミョンに渡します。プレゼントを渡すタイミングを計ってると、ダンヒの方が「2年前の今日は、監督が怪我した日」って、思い出すだろうけどってお菓子を重ねて蝋燭立てて持って来てくれた。でジェミョンもプレゼントを渡せました。でも、ハジンもお祝いだって呼び出すんだね、

弟分ヨンギがユガンの父チェ・ガンドゥと会った。チンピラ同士で、親分が知人なのね。娘ユガンを探してるらしい・・・。驚いてハジンに連絡するけど、ハジンは仕事中で電話取れず。で、ユガンに連絡しちゃう・・・。「どうなってる!」なヨンギに「ハジンには連絡しないで」なユガン。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイルアゲイン 8話

現れるな!とハジンを拒絶しながら、暗い顔してるダンヒ。「本当に好きになったんだ」と言い訳するハジンだけど、「逃げた。残って金を受け取ることも、非難されることもしなかった」というダンヒ。逃げるしかなかった事情があるといいつつ、その事情は言えないハジン。「嘘だ」って思っちゃうよね。「許さなくても良いから、消えろと言わないで」ってハジン切ないね~。

ユガンが「会ってくれない」とハジンを攻め立てる。気持が変ったのか?というユガンに「気持なんかない。意志だったから続いてるんだ。俺のために父親を殺したお前を守ると決めたんだ」って、厳しいことを言うハジン。ユガンが「気持を和ませて」ってミントを・・・。

ハジンは「病院に居る。会いたい」とメールしてきた。迷いながらも病院に行ってみたガンヒ。呼び出すための口実だと分かって、ダンヒは怒る。(そりゃそうだ)怪我してるのはヨンギだったのね。

ハジンも、事故の件を処理して報告に行った。念書もとってきて、なかなかしっかり者だけど、偶然?ってちょっと疑われてるな~。でも、手間賃の代わりに、仕事を学ぶ機会をくれと交渉した。

ソフト部は酷い状態。合宿しようにもバイトで忙しくて出来ない。「全国大会で優勝しなかったら廃部」って社長は言いだした。自分で大丈夫かな?なジェミョンに、「期待してみてくれる人がいるから、選手はヤル気になってますよ。選手に弱い姿を見せないで」なダンヒ。ジェミョンは「君には弱い所を見せるから、一緒に悩んで」とお願い。
二人でいるところに、ハジンから電話が。ハッキリしないのは嫌だから会いに行くっていうダンヒに、「恋愛なんかしてる暇あるの?」って嫉妬するジェミョン。色々と言い訳して、待ち合わせ場所まで送って行って、こっそり相手を確認しちゃいます。

相手はハジンかよ?ってハッキリしない。ハジンは、ジェミョンに見られないように、無理やりバスに乗って逃げた。ハジンは、思い出のある菜の花をプレゼントしてくれるんだけど、ダンヒは「振りまわさないで」って逃げちゃう。一晩じゅう、花を渡したくて、家の前でまってるハジン。

世界的調香師サラ・チョンの記事を見て驚愕のダンヒ父。やっぱダンヒの母親だったか~。これで荒れ気味のお父さんは、運転代行の仕事で客と喧嘩しちゃった。連絡受けて飛び出すダンヒを、待ってたハジンが追っかける。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル・アゲイン | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。