• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

どなたですか?17(最終)話

最終回。17話は長すぎたという印象もあるけど、イルゴン・スンヒョ・ヨンインの関係は本当に良かった。イルゴンによって次第に変わっていくスンヒョを演じたユン・ゲサン君は、本当に良い役者さんですね。ヨンインも本当に可愛くて健気。終盤は泣いてばかりだったけど、かなり彼女に泣かされました。


アメリカに戻る準備を進めていらスンヒョだが、アメリカには戻れないと辞表を提出。イルゴンは迷惑をかけすぎたと感じ、「今すぐ去るから」と死神に交渉。しかし、死神は「ほんとは死ぬはずだったが、君との縁で生命力を取り戻した。彼の運命は死神の手を離れた」と言いだした。

ホジュンは父に「本当にお前がやったのか?」と問い詰められた。逃げろという父だけど、「おれはやってない」なホジュン。

ジェハは「君に償いたい。」と言いに来たけど、それは無理・・・。会いたくないとハッキリのヨンイン。

イルゴンは「娘のためにホジュンのことは忘れる。お前の手と心から弟を自由にしてやれ。お前の父親はずっと苦しんでお前を待ってきた。そんな父に弟を捕まえるお前を見せたくない」とスンヒョに。スンヒョは父に会いに行って「弁護士を用意するから自首させてくれ。アメリカに戻る。このあとはときどき思い出す。思ったより体が小さくて驚いた。元気で長生きしてください。時間をくれるのなら、息子になります」と告げて別れた。いつか、受け入れて再会する約束をしたスンヒョ。スンヒョが成長したよねえ。良かったよかった。

しかし、スンヒョ倒れちゃったよ。連絡受けたヨンインが駆け付けた。不安で泣いてばかりのヨンインに、聞こえないけど子守唄を歌ってあげるイルゴンです。ヨンインにイルゴンの姿が見えた・・・。泣けたよ~。でも、見えるってことはお別れなんだよね・・・。

ヨンウンは意識不明のままのスンヒョを献身的に看病してる。イルゴンは「ありがとう。お前が好きになった。最後にそれだけいわせてくれ。ヨンインを守ってやってくれ。お前にやるから、目を開けろ」と語る。そしたら、スンヒョが目覚めた。良かった。

スンヒョはヨンインとイルゴンと幼稚園に。イルゴンは「ヨンインを大事に元気にしてやて」と細々と注意事項を・・・。そして、イルゴンが埋めたタイムカプセルを掘り起こす。そこには、ヨンインとイルゴンの夢が。ヨンインのは「パパみたいな王子様と結婚する。」パパのは「ヨンインが優しく明るい子に育つこと」スンヒョが「夢がかないましたね」って・・・。で、ヨンインと二人にしてあげるんだね。「ここが故郷だから」って、ここを別れの場所に選んだんだね。ヨンインが「ありがとう。生まれ変わってもアッパの娘になる」って何度も言う。ここでお別れと去っていくイルゴン。ヨンインをそっと支えるスンヒョ。いやあ、泣けた~。

ジェハは自首したんだね。ヨンインはヨンエにもお礼と報告に行って、イルゴンが渡せなかった指輪を・・・。ヨンインはスンヒョにたくさん愛されて、ホントに幸せになりそう。スンヒョが凄く変わったよね。良かった~。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか?15・16話

15話
ジェハがスンヒョのトラックに追い付いて「このトラックに絵があるはず。盗んだのでは?警察を呼びましょう」という。撮影するなという
しかし、トラックの中は空で、「幼稚園に本を届けただけ」というスンヒョ。ジェハは「うちの絵をイルゴンと幼稚園が隠したんだ」とスンヒョを責めるけど、スンヒョも負けてません。「窃盗なんて、殺人に比べれば・・・」とやり返した。しかし、「弟に聞いてみろ。ヨンインに負い目があるのはお前も一緒だ」とジェハ。

ヨンインは、理事さんたちが移動させたバンの中で絵と対面。しかし、弟君ホジュンがヨンインのあとをつけててさあ、警報器ならして警備を巻いて、ヨンイン気絶させて、ヨンイン乗せたまま逃走。
そして、スンヒョに電話をかけてきた。駆け付けたスンヒョを挑発するホジュン。殴り合いの喧嘩で、「母さんを侮辱したことを謝れ」なホジュンに、「だったらまともに生きろ。父親と同じ人生をいきることになるぞ」とスンヒョ。しかし、「この事件から手を引け」というホジュンに、「何をした?」と問うスンヒョ。しかし、まずはヨンインの安全第一。絵からは手を引かざるを得ない。ヨンインだけ引き取って、絵はホジュンに渡した。

スンヒョの家に連れ帰ったけど、ヨンインは目覚めない。起きた時に怖がるかもしれないから、そばにいてやってくれというイルゴンには泣けた。
目覚めたヨンインが、涙ぐんでるスンヒョに「一緒に泣けてうれしいわ。涙は心のシートベルトなの。悲しみすぎないように」っていうヨンイン。良いシーンだった。愛と信頼にみちていた。
怪我したスンヒョの手当をしてあげるヨンイン。「彼氏がから当然じゃん」なヨンインかわいいなあ。

絵はジェハのところにあると知って、「始めからだましてたの?間違いだわ」というヨンイン。さらに、ホジュンのことを話そうとするけど、言いだせなかったスンヒョ。
イルゴンは死神に「こんなの酷すぎる。娘が傷つくだけだ。知ってたんだろ?」と責める。死神は「何かをしてやろうとするな。ただ、一緒に時間を過ごせ」とイルゴンを諭す。

カメに「私たちみたいに幸せになるように」って、サッカーボールと奇跡という名前を付けるヨンイン。愛おしくて、スンヒョはキスをしました。初期のスンヒョ知ってるから、すげー進歩だよね。

絵が手に入り喜ぶが、ヨンインを誘拐したと知って怒るジェハ。「イルゴンの事故現場から通報したお前の声を分析したらしいぞ」と忠告する。

翌日、ヨンインはジェハに会いに行きます。「アッパの絵を持っている?絵のために近付いたの?」と問うヨンイン。認めたジェハに「絵は全部あげるからパパを返して」と泣くヨンイン。

スンヒョ父が会いにやってきた、「幸せにやっていると思ってたのに」って身勝手だよな。ホジュンの吸殻を持ってきたのかと思いきや、「私のだ。私が代わりに刑務所に入る」という。イヤイヤ・・・。親子だから何割かは一致するけど、本人じゃないとは分かるんで、それは無理。アホだけど、でも、親の愛ではあるよな。

スンヒョとジェハが直接話し合い。「再捜査をやめろ、あなたの弟は実刑を受ける。それに、あなたも絵画を盗んだ。そして、ヨンインが事実を知れば苦しむ」とジェハ。

「戻ってこなければ、スンヒョもヨンインも傷つけなかった」というイルゴン。「会えて良かった」というスンヒョ。「なんで会いに来たとヨンインに言わないか?」と尋ねるスンヒョに、「また別れてしまうから」というイルゴン。そして、「父親のことを考えてみろ。あと、俺の許可なくヨンインに近づくな」だって。

イルゴンに会いたくて、スンヒョをおっかけるヨンエ。でも、スンヒョ=イルゴンはバイト中のヨンインをこっそり見てる。ヨンエが話しかけた。「イルゴンさんとして会ってほしい。時間がないのは分かってる。コーヒーくらいは飲みたい。」といって、一緒に待ってくれる。「いつ消えるのか教えてほしい」というけど、それ
は言えないよね。

そんな二人を見たヨンイン。嫉妬しちゃって、見せつけるようにキスしたよ。でも、中身はイルゴンだからな・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 14話

やっぱり週2回で放送するごとを想定されたドラマだから、週一だと進展が遅く感じる。それでも、今回はすごく良かった。スンヒョの表情がリラックスしてきて、この変化はユン・ゲサン君らしいと思いました。


ジュハを殴りつけちゃったスンヒョ=イルゴン。理由をしらないヨンインはジェハを心配。
契約書一枚で娘をだましてる!と思ってイルゴンは怒ってるけど、ヨンインは反発しまくり。「やきもち焼いてくれたの?」とか、期待しちゃうヨンインが切ないじゃん。

イルゴンが体から出た後のスンヒョは、「殴ったって?俺は崖っぷちだ。おとなしくしててくれ」と怒る。確かに、会社にばれたらな・・・。でも、イルゴンの頼みをきいて、ヨンインのバイト終わりを待って、傘を貸してあげる。でもヨンインガ怒ったままで「乗らない」とか言うもんだから、黙って車であとをつけて見守る。ヨンインを見守ってるスンヒョの顔がすごく穏やかで、良いなあ~って思ったよ。

友人ヨンドクが、「お前が初恋だって言ってたぞ~」とか話しちゃって、ヨンウンは元気100倍。電話して、”何かを始めるときの自分が一番臆病で、一番勇敢だ”という言葉をスンヒョに送ります。そして、レオンのセリフを・・・。「私たちは絶対にハッピーエンドよ」と言えるヨンウンの若さが、この恋愛を保つんだろうな~。
そう思ったら、なんと、スンヒョがびしょぬれで会いに来て、抱きしめたよ。いやあ、やっぱりユン・ゲサンは良い表情するね~。決して美男ではないと思うんだけど、いい表情だった!!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 13話

スンピョは実父を訪ねて、ホジュンが弟だと知った。(しかし、似てないなあ・・・)
実父に、「DNA的な父ではあっても、父親ではない」と告げた。あなたを待ったこともないから、罪悪感を感じることもないと冷淡。妻が「金持ちだからペコペコするのか?」と夫に怒り、スンヒョにも悪態付いた。しかし、「虫けらには興味ない。近づくな」とかキッツイことを。これを聞いたホジュンは暴走するな。
ホジュンは、父親に「あいつは俺達に二度と会わないよ。」と責める。そしてスンヒョに会いに会社へ。

イルゴンさんが、お前を殴ったのはホジュンだと教えた。スンヒョは殴られたし、ハッキリとは顔を見てなかったけど、イルゴンさんは見てたのね。
イルゴンさんは、「お前の弟が、俺を殺した犯人なら、ヨンインが傷つく。だから近づくな」とスンヒョに。
スンヒョは、酔ってヨンインのいるヨンドクの家を訪ねる。ヨンインが居なくて、「ダメだと伝えろ。人間よりカメが良い」と伝言を頼む。ヨンドクが「俺の初恋相手だ」とか言う話をしたら、「俺だって初恋だ」って、酔ったスンヒョは面白いな。
ヨンインが帰ってきたとき、すでに酔っ払いのスンヒョ。可愛くて笑っちゃうヨンインに、「笑うな、泣くな、俺の前で何もするな。」って、惚れちゃうからなのに、それは言えないんだな・・・。「お前よりカメが好き」とか言っちゃって~。
でも、酔い潰れたスンヒョは、「ボール。おれとサッカーしよう」とか言って抱きついて眠てしまった。

スンヒョは、仕事の方は諦めてしまってて、「損害を与えたし、いずれ退任になる。その分かりやすさが好きでこの道を選んだから」とあっさりしてる。理事が凄く心配してる。

絵のことについて、ジュヒに訪ねるヨンイン。「契約したけど絵を辞めるというので諦めていたが、まだ書いていて他のギャラリーにあった。それで、再度絵を集めて展覧会をしようと提案して約束したたけど、他のギャラリーからも誘われて、迷って絵を渡さなかったんじゃ?」とジュヒ。そして、ドキュメンタリー撮影を提案。

ジュヒは微妙に罪悪感で揺れてるね。ハヨンが悩みを聞いてくれる。「慣れよ。毎日悩みを抱えてれば悩みと仲良く出来るようになる。聞いてあげる」と・・・。「自分が怖いよ。自分にあきれた。生まれつき悪人だと思ってた。でも彼女の顔をまっすぐ見られない。悲しいし、辛い。」だって。しかし、ハヨンにそれを言うのは残酷っすね。

ハヨンは取材陣にヨンインのことを話してしまう。ジュヒには「クルーが調べたみたい」と言い訳してる。ま、調べれば分かることだよね。
テレビ局は、ヨンインに直撃取材。そうすることで、生の声を引き出したいんだね。話を聞いたジュヒが、駆けつけて止めてくれた。クルーに、「ハヨンさんから聞いた」と言われて、ハヨンがヨンインを売ったのか・・・なジュヒ。

ヨンインは、ヨンエに展覧会の話を聞いてないかと聞きに行く。アッパが約束を破ったのなら、絵を返さなきゃならない?と迷ってるけど、ヨンエは「お父さんのん決定を尊重したら?」という。ヨンエが、ヨンエをデッサンしたアッパの絵を見せてくれる。「私じゃないのかよ」と怒りながらも、なみだぐむ。

イルゴンさんが「疲れてるみたいだから、俺が仕事変わってやる」と乗り移った。で、スンヒョの姿で、ヨンインのアルバイト先に様子を見に行った。でも、ジュヒがヨンインを訪ねているのを見て、殴っちゃったよ!!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 12話

泣きながら告白したヨンインに、ごまかそうとするスンピョ。イルゴンは「愛に飢えたお前に他人は愛せない!」とか横から余計な説教を。スンヒョは「2時にまでに帰る。」とか言いだす。しぶしぶ一緒に幼稚園に行くヨンイン。

幼稚園で元気にボール遊びをする子供たちに「楽しそうでよかった」というヨンインと、「寂しさを忘れるために遊んでるのかもしれないだろ」というスンピョ。「あなたのボールになりたい」というヨンインに、「毎日振られたいのか!女の癖にプライドないのか!」なスンピョ。ヨンインは「毎日会ってくれるの?女の癖にって私は女に見える?」と嬉しそう。
そのとき、ジェハの手先ホジュンが絵のありかをチェックして帰るところ・・・。

ヨンインは、子供たちの世話をします。イルゴンが乗り移ったスンヒョは子供たちと楽しく遊ぶ。ヨンエに「スンヒョはイルゴンに似てる」って言われて、そういう目で見てみると「奇跡なんじゃないか?」という気がしてくるヨンイン。「自分の領域を侵されたくない」というスンヒョの言葉の意味が、「イルゴンに領域を侵されてる」って意味に捕らえられたかな?ヨンエさんは「失ってしまいそうで、私は怖くて確認できない。でも、あの人はあなたに会いに来たのよ」と言ってくれる。
子供たちと眠ってるスンヒョの姿。まだ「ありえない」と思うヨンインは逃げちゃった。目覚めたときはすでにスンヒョに戻ってる。抱きついてた子供を見て、自分の子供時代を思い出すスンヒョ。しつけのときに「綺麗にしてたらオンマとアッパが来てくれる」って、つい言っちゃったんだね。迎えに来て欲しくて、それでドンドンと潔癖症になっちゃったのか~。

スンヒョは幼稚園の園長に、「イルゴンのことをヨンインに話してあげて」ってお願い。イルゴンの愛を知って泣きじゃくるヨンイン。慰めに来たスンヒョに「アッパなの?」というヨンイン。「何言ってる?」というスンヒョに、「私にも奇跡が起こる。あなたが私の奇跡だと信じたかった」とヨンイン。「君の奇跡になる。君はボールに、僕は奇跡なら、俺は損しない」と言ってあげるスンヒョ。奇跡を待ち続けた子供時代を持ってる人だけにな・・・。

スンヒョは園長と相談して、幼稚園を襲撃した3人組と自分を襲った奴を突き合わせ。そして、警察にも相談。

ジェハは、ハヨンが辞表提出。「展覧会が終わるまでいてキャリアを積め。探す過程をドキュメントにしよう。契約書は美しいものを作り直す」と引き止めた。これも策略なんだろうな~。
チンピラたちにも「さっさと逃げろ」と指示。しかし、ホジュンは「俺は知られてない。絵か大金を手に入れるまで」と粘ります。

ホジュンはスンヒョの調査情報を得ようと探っているうちに、スンヒョの実の親=自分の親と気がついてしまいます。

スンヒョは会社の方がかなりヤバイ状況に。イラつくところに、親子であるというDNA鑑定結果が。「このままの、ひとりの俺が良い」というスンヒョ。しかし、イルゴンに「逃げるな」と言われて、ジムを訪問。そのころ、ホジュンが父親に「スンヒョって誰だ」と問い詰めているところだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 11話

ヨンインに会いに言って、ジュヒと出かけようとしているヨンインに「食事するぞ」なスンピョ。「もしかして告白?」って言われて、「そんな訳ね~」って素直じゃないなあ。ヨンインはジェヒと警察に行ってしまった。
取り残されたスンピョのもとに、イルゴンが登場。「突然、犯罪者の親が現れて困ってる」という話から、「なんで今更、娘に会って混乱させようとする?」と問うスンピョ。イルゴンさんは「伝えたいことがある」というけど、スンピョには理解できないよなあ。イルゴンさんは、スンピョがヨンインに惚れた?と察知して「娘に手を出すな~」モードです。
ヨンインの方は、警察でスンピョの部下の理事さんに会いました。再捜査の依頼をしてくれてたというスンピョにびっくり。理事さんが「子供のときに捨てられて、孤独をよく知っている人なので、あなたが放っておけないんでしょう」と聞かされて、ジェヒとのデートを断って、スンピョのところに戻ってきたよ~。
ヨンインのまっすぐな目に見つめられて、少しだけ素直になるスンピョ。でも、ヨンインには見えないイルゴンの妨害に対抗して、ドンドンとヨンインと仲良しなのを見せ付けようとするスンピョ。お陰でキスしそうになったけど、潔癖症にはこれはハードル高くて回避した。そしたらヨンインが「たぶらかさないで。おじさんは遊びでも、私には意識しちゃうよ」だって。カワイイ!
スンピョにペットが亀の理由を尋ねたヨンイン。「手間がかからないし、静かだし、俺より長生きするし、逃げ足が遅いし、逃げても海にいると分かるからどっち向いて待てばよいか分かる」って、なんか悲しいじゃないか~。ヨンインが思わず告白しそうになったけど、スンピョの方が「僕は君が気になる。そして、それが煩わしい。それに11歳も年上だ」とヨンインを拒否するスンピョ。ストレートな言い方だなあ・・・。好かれてるって分かったら、ヨンインだって諦めないよね。

すっかりスンピョ=イルゴンと思ってるヨンエが、ピクニックに誘ってきた。イルゴンの頼みで、ヨンインと3人で初春幼稚園に行こうってことになる。でも、スンピョと二人でデートだと思ってたヨンインは、ヨンエがいるのを見て誤解しちゃう。パパだけじゃなくて、スンピョもこの女性と取り合うのか~とおもちゃったのね。反発しまくりで、「私は彼が好きになっちゃったの。もうヨンエさんと男性を取り合いたくない!」とまっすぐに告白。ホント、若いってかわいいねえ~。

ジュヒの方は、絵は見つからないし、母親は勝手に展覧会のことを発表しちゃうしで、追い込まれてます。特に、画家に振りすぎる専属契約内容や、近づく期限切れまでに絵を見つけて売ろうとしてることは、知られると困る。そんななか、ハヨンがその証拠をもとに迫ってきた。彼女を侮辱したからなんだけど、ジュヒは冷たく「お前の作ったギャラリーを捨てる覚悟があるんだな。別れるぞ」とか脅し返してくるし・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 10話

バスは酔うし車がないから乗せろってジュヒの車に乗った上で「ウェットティッシュを!」だって。スンヒョよ、笑った。

ジュヒは「再調査の依頼に、あした警察にヨンインと行く」とか行ってる。その後に海に行くとかいうもんだから、スンヒョは気が気じゃない。タバコくださいってお願いしたら、「友達のです」って黒いタバコを渡された。ジュヒ、ヨンインが向かってるジスク宅の近くに例のチンピラ・ホジュンを待たせて襲わせ&ジュヒが助けて、家に戻ってもらう予定なのか・・・。スンヒョもいるからヤバイんで、さりげなく「チョッと待て」の指示を出したね。
ジュヒがヨンインをジンスの家の中に送っていったのを、外で待ってるスンヒョ。チンピラは「火を貸してください・・・」とスンヒョに声をかけ、車の火を・・・と言って車の中に入ってタバコを回収。でも、スンヒョは??と気がついたね。た。黒いタバコを見たスンヒョは、この男に不振を持ちます。
ヨンインは、何も知らないで友人とおしゃべり。優しく気遣ってくれるジュヒとちょっと良い感じなんだよね~。ジュヒは、男としてのアプローチでヨンインを取り込もうとしてるしねえ。

ジュヒが帰った後に、ジンスの家を訪ねてくるスンヒョ。「男の家かよ!」と怒るスンヒョだけど、「女友達みたいなもんですよ~」と事情説明なヨンウン。ジャンクフードにも顔をしかめるスンヒョ。「バイトの件は俺のせいではない。ジュヒには気をつけろ。明日は海に行くな。君の父親俺にだけ見える。君の言うことなら聞くと思うから、あの男を何とかしてくれ」とか言う。父親のことを持ち出されて、怒ってしまいます。ヨンインの投げつけたピザで服が汚れちゃったスンヒョ。こんな汚い洗面所で!とかいいながら、しぶしぶ風呂に。洗い立てのタオルをくれ!とか着替えは?とか、面倒な男だな~。スウェット借りたスンヒョ、かわいいじゃないか。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 9話

ヨンインのことで相談が・・・とヨンエに会いに行ったイルゴン=スンヒョ。そこにヨンエに会いに来たヨンインが・・。ヨンエに迫るために自分に近づいたんだ!と誤解して拗ねちゃうけど、ヨンインがスンヒョをすきなんだなと気がついたヨンエがフォローして、3人で話すことに。イルゴン=スンヒョは「女の子1人じゃ危ないし、ヨンエとヨンインで暮らして欲しい」と申し出。
イルゴン=スンヒョはヨンインのバイト先まで来て、苦手なはずの汚い皿洗いまで変わってくれる。優しいから、スンヒョは自分を好きなんだと思ってうれしいヨンイン。
だけど、時間が来てイルゴンが体から出たら、とたんに「皿洗いなんて~」なスンヒョ。スンヒョはイルゴンが見えるようになったし、「3時間後に会おう」と言われてた通りになってるから、????が拡大。イルゴンがヨンインたちには見えてないってのも混乱を拡大させる。パニック状態でヨンインに「お前たち、俺に何をしたー!!」と言ってしまう。
しかし、会社に戻って、冷静にイルゴンと話し合い。どうやら事態を理解し始めたみたい。
で、イルゴンが殺された場所にあったというタバコ=盗まれた証拠品について調べたり、警備の強化を指示。昨日襲われたときに、コーヒーの香りがしたというスンヒョは、黒いタバコを買い集めて、銘柄を特定。

ジェヒは雇った男ホジュンに感づかれたみたいで、色々とたかられそうになってます。絵の場所が分からなくて、ヨンインの思うで箱をあさって、初春=初春幼稚園のことと気がついた。
ところで、ホジュンはスンヒョの実父の今の息子・・・。刑務所に入りそうだったのを、示談金で出てきたっていう奴ね。ここにも因縁が・・・。

ヨンエさんは、生前に「取立てやが絵で返しても良いといってる」と言ってた事を思い出し、イルゴンは殺されたのでは?と思い始めた。またスンヒョ=イルゴンってことも疑い始めた。ゴーストの映画を見て、やっぱ幽霊がスンヒョの姿でやってきてる!と確信。会社のスンヒョに会いに行って「イルゴンさんでしょ?」と訴える。「私はスンヒョだ」というスンヒョだけど、傍に居るイルゴンの悲しそうな顔とヨンエさんの涙の訴えで、優しくなだめてあげます。

ヨンインは、優しく抱きしめてくれた(中身はイルゴンだけど)スンヒョと、冷たいスンヒョに振り回された気持ち。でも、辛いバイトをさせたくないと、見せに手を回して辞めさせ+バイト代出すということをスンヒョがしてくれてたのを知って、スンヒョに会いに行きます。しかし、またまたヨンエさんをなだめているところでショック。
逃げ出したヨンインをスンヒョは追いかけました。乗ったことないバスも乗って、苦手な最近だらけのつり革も握って・・・。
それでも、ヨンインは心を開いてくれません。でも、「あの家だけは出ろ」という助言は聞いて、友達のところに行けるように、荷物は持って出てきた。
でも、ジュヒは送っていくという・・・。俺が・・・とスンヒョは言うけど、ヨンインは拗ねちゃってます。押し問答してるうちに、ジュヒの車に黒いタバコを発見したスンヒョ。犯人ジャン!と思うけど、ヨンインは車を降りない。で、仕方なくジュヒの車に乗り込むスンヒョ。ぴったりくっついていくのか~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。