• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

2007-11-08

古い記事を移植したので、話数や日付がゴチャゴチャになってます
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム24

24話まできた。長いけどあきない。今日は切ない恋愛話も。ジョンホ様がチャングムかばうもんだから、ますます袋小路にはいっていくのが悲しいわ。ジョンホ様はカッコよすぎ。女社会にいる女官なんかイチコロだってのがわかってない。清廉潔白男ってほんと罪作りだわ。そして、チャングムの母親の秘密がハン尚官に伝わりました。駆け寄る二人は親子っていうより恋人同士に見える。互いに互いだけが頼りっていう状況だからな。

 

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム

今回はジョンホ様出番少なくてさみしい。でもチャングムは面白い。明国の使節に認められて一勝一敗だから、盛り上がってます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 15:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム

技に奢ったために寺に出されたら、そこにジョンホさまがいるってのはご都合主義的。それも海で遊ぶのかよ!!チ・ジニは台詞が硬かったりと、まだ未熟な点もあるけど、温かく見守るというポジションにはまっていて、おいしい役。声が良い。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム 52-54話

52話
大君の痘瘡を治したことで、医局の信頼も得て、医者として医局員に受け入れられたチャングム。官僚には反対が残っていたが、ジョンホ様が強引に発令をしようとする。しかし王母が自ら罪をかぶる+ハンストでの強硬な反対に出ます。これを聞き入れ主治医は断念した王。それに乗じてジョンホ様弾劾の声が。
王は医局にきてチャングムと語り合い、心を慰められます。チャングムにとっては医術の一つなんだけど、王にとっては初めての安らぎ。ヤバイですなあ。
ジョンホが王とチャングムの件で語り合います。なぜか、俺の方がチャングムと縁がある!対決状態に。ジョンホ様はちょっと、いやーな気分で、チャングムに注意を・・・。
王母は、チャングムに会うのであれば後宮に迎えろと言いだします。
うむむむむ・・・。チャングム悪気はないんだろうけど、予測されたことだよねえ。自分でやらずに、王妃様にお願いすれば良かったんだよ。ま、そうしないのがチャングムらしい。
医局はチャングムに医者として医局を支えてほしいという意向。王妃も分かっているとチャングムを慰める。しかし、官僚はチャングムを主治医にしないための良策と、後宮入りを後押し。さらに王母が頑強に主張するので、王妃も断りきれない。
チャングムがジョンホをしたって居るから、彼女の思いを大事にしてやってくれと願うヨンセン。だけど~。それが王の嫉妬心に火をつけてしまったよ。
荒れるジョンホ様が怪我をして、それをチャングムが治療するシーンは良かったね。

53話
正直にジョンホへの思いを王に告げたチャングム。ジョンホの身は危なくなる可能性が高く、浅はかだったとチャングムは公開するが、ジョンホは「その気持ちが嬉しい」と述べてくれます。でも、その二人を見た王は完全に嫉妬。呼び出しをかけます。
ジョンホと王は弓対決。ジョンホに「私はチャングムに惚れている」と宣言する王。どうしようもない窮地に・・・。
しかし、ジョンホ様の大きな愛を見て、後宮にあげることは王が断念し、チャングムを主治医にすることを決定。しかし、反発した官僚が強硬にジョンホ罷免を主張。嫉妬が消えない王は、ジョンホを罷免&流罪に。追いかけるチャングムに、あなたのすべきことをしてくださいというジョンホ様。
黙々と医者としての務めをこなすチャングム。しかし、どこか寂しげで、ふと後ろを振り返ることがある。
時を経て、王は年を取ったことで、腸閉そくが酷くなる。外科手術が必要だというチャングム。うーん、無茶!そりゃあ無茶すぎる。

54話
最終回やっとキター。なんか、見終わったということに充実感が・・・。ヨンエさんが、とにかくキツクて泣いてお願いして80話への延長を断ったけど、あとから、やっぱ王とジョンホとの三角関係をもっと濃くかいたらよかったと後悔したそうです。確かに、ちょっと緩い。そこまでの濃さとは違う。でも、この状態での54話は厳しいと思うわ。日本の大河ドラマみたいに脇キャラで時間使うとかもないから、本当に厳しい撮影だと思う。

なんと、外科手術を主張するチャングム。針を打つことで麻酔をかけるという技を習得してるみたい。今、魚の保存で針を打って麻酔かけた状態にして輸送するってのがあるけど、あれを再現してた。でも、当然ながら反対が強く、チャングムの罷免、流罪を主張。
王は最終的に、チャングムを拉致し王宮の外に出す決断を。チャングムとジョンホ様に、明への船が用意されています。王の最後を看取らねばというチャングムですが、帰ろうとするチャングムに崩御の知らせが。
ジョンホ必死の説得で、二人で逃げる。
8年後、厳しい母親になったチャングムと優しい父親のジョンホ。追われる身だから、厳しくしつけてるんだね。でも、ヨンセンの願いもあって、復権の連絡が。しかし、二人とも宮中の外で生きることを選びます。いつまでも仲の良い二人。相変わらず頑固なチャングム、小さい頃のチャングムそっくりの娘、温かく理性的なジョンホ。良かった良かった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム50-51話

50話
チャングムを主治医にすると言い出す王。せっかく二人で静かに暮らすことにしてたのに。宮中は大揺れ。王がそういう以上、辞退は許されない。そして、主治医ってことは、毎日王の体に触れるってこと。やっぱ不味いよねえ。
ジョンホ様は辞表は人づてに出して、二人で逃げるっていう決断。チャングムはジョンホ様を思って遠慮してるけど、なんどもあなたのためなら嬉しいのですよと言われて、二人仲良く逃避行です。50話も引っ張ってきた恋愛ですから、ちょっと仲良しなだけで、良かったねえって思います。子供みたいに仲良しな二人。
ジョンホ様の同僚&部下、さらに右議長様までがやってきて、王宮につれもどされてしまいます。「王の主治医となる女を連れ出してはならん」情に溺れて目をくらましていると諭されます。沢山の仲間が窮地に立たされる。すぐ帰れば間に合うと言われると、どうしようもありません。チャングムと別れの時を持つ時間だけをもらったジョンホ様。それでも、二人で逃げようっていうけど、チャングムは王宮に帰る決断を。ジョンホ様は王に逆らわず、自分の可能性を追求せよと指示。
王宮に戻ったチャングムに、王妃は私の到密尚官になれと言います。でも、それは手を汚すこと。それが嫌で逃げたってことを分かってない王妃。官も主治医になるのは反対だが、王はしつこい。なんか、王族のわがままが爆発です。チャングムはジョンホ様の指示に従って、主治医の王命に従うと宣言。官の反対が強く、右議長やジョンホ様の権威は落ちて行きます。さらに、医官が辞表を出すという事態に。筋を通すチャングムや師匠だが、その為に崩れていく宮中の組織。組織というのは、一人の天才によって崩れてしまうものなんですね。チャングムがいる間は良いけど、チャングムがいなくなったら、この宮中は駄目になるだろうな。
ヨンセン=スクウォン様はチャングムと王を引き合わせたことを責められて、その後に破水。まだ8か月だけどお産となります。なんとか姫君を出産したが、ヨンセンは危篤。チャングム必死の看病で、なんとか一命を取り留めました。ヨンセンを失うなら我は通さない。周りを傷つけてまで出来ることではない。それは医者としての務めに反するとチャングムはジョンホに訴えます。王にも、王命の取り下げを願い出ます。
そこに、王妃の息子が危篤という情報が。もう、めっちゃくちゃ。っていうか、王族は病弱すぎ。
51話
王妃の息子は風邪と思ってたのに、気絶しちゃったのね。王妃はそのことで王と言い合いを。王妃や王妃の息子を脅かすものがいると訴え、チャングムを至密尚官にしたのは、そのためだと言い訳を。うーん。結構、政争にたけたお方ですねえ。チャングムも駒のように思っているような・・・。
ジョンホ様は辞退したことを怒ってる。宮中に戻った覚悟は何だったのか、私を拒んで戻った以上、上り詰めてほしいのかねえ。活人署にもどるチャングム。
チャングムの主治医を支持したことで、ジョンホ様に罰を与えるべきという上訴が。王がジョンホに対面。優れた医官であるのだから、チャングムを主治医とすべきだと、ジョンホ様は訴えます。どうなのかなあ。では、ジョンホの役目は何か?と問われ、才能を発掘することだと進言。しかし、これで王に気に入られると、奸臣と言われることになってしまいます。なんでもやりすぎなんだよね。チャングムと似てる。
天然痘が活人署でも発生。王妃の息子も天然痘のようです。
民の天然痘患者は活人署に隔離され、少しでも可能性のあるかぎりと可能性のある簡易な治療法を広めています。予防の方も色々と試して、成果が少しづつ出ています。
王妃様は息子が治らないのに業を煮やして、チャングムを呼び寄せます。しかし、対処療法で、人によって療法が違う。でも、なんとか治りました。息子の病を見て、王妃様も心を入れ替えました。医術を使って政争をすることの愚かさに気が付いてくれました。
実績を積んたチャングムに、王はためらいもなく主治医の発令+官職を与えます。でも、チャングムにとっては、要らぬ昇格は立場を苦しくする。ジョンホ様も立場が苦しくなる。しかし、反対があればあるほど、チャングムの官位を挙げるよう指示する王。無茶やりすぎ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム 48・49話

48話
内医正生きてたんか~。それも罪を償う心構えのために、匿ってもらってたとか言っちゃって。内医正は右相とチェ一族両方が、アヒル事件の黒幕だと証言。関係者は処罰されます。知らなかったと主張する右相は、本当に見苦しいっす。
そのとき、スラッカンに居なかったことで逮捕を免れたチェ尚官。隠れて王母に嘆願しようとしたりして、ジタバタしてます。尚官が自首しなければ、クムヨンが全責任を負う。この事態を回避するために、チャングムは尚官に直訴。クムヨンとの二人三脚でやってきたチェ尚官は自首を決意しました。
これで、いままで引っ張ってきた両親の復讐はひとまず完了。これでおわっても良い気がしますが、その後のチャングムもまだまだ波乱含みです。
49話
民のための治療をしたいと活人署への移動を願い出るチャングム。ジョンホ様が見に来るけど、すごーくそっけない。どうやら嫉妬させたかったようです。なんだ、このイキナリのラブコメ展開。前回までの、怒涛の政治劇はふっとびました
王妃は自分の立場が不安で、チャングムを引き入れようとしてます。でも、やることは陰謀。世子は病弱なんだけど、一度でも王位につくと勢力図が入れ替わる。だから、やすらかに早く遅れ。恩はあるけど、チャングムには無理だわ。
とりあへず宮殿にもどり、世子様の治療を始めるチャングム。活人署でこっそりデート。二人で寺子屋と薬局をやりませんか?とプロポーズ。さらに、大事なものをプレゼント。
結局、チャングムは「命はお返ししますので、これは出来ません」と訴えます。そこへ王登場!王妃付きの尚官になれということになってしまいます。でも、話しの一部を聞いていたらしい王様。チャングムを問い詰めます。
せっぱつまったチャングム。ジョンホ様に私を連れて逃げて!大望を果たしたチャングムは、もう普通の弱い女性なんだよねえ。黙って「明日辞職願を出します」と言ってくれるジョンホ様。かっこいー。
ところが、王がぶちきれて「チャングムを余の主治医にする」と騒ぎ出した。ヤバイ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

チャングム 46-47話

46話
チャングム王を必死の看病。眼も治って万歳!でも、コワク病という診断のまちがいではなく、病因が違うという判断。ヒ素中毒という診断。温泉に微量のヒソ+温泉の水を飲んでいる牛の牛乳を常に飲んだため蓄積したってことらしい。解毒によって改善。王がチャングムを認識。
命をかけてチャングムを支持してくれたジョンホ様と涙の再会。ジョンホ様美味しい役。二人で逃げればよかった!って愛の告白。抱き合っちゃったよ。ヤバイんじゃねー?
でも、謀反事件の問題が残ってます。右相たちは不法に銀を掘ってるらしい。ジョンホ様はそちらから切り崩しを図ってます。
内医院では、王妃がチャングムに密命を託したのが問題に。
王はヨンセンを訪問。優しい心根のヨンセンに感動。ヨンセンがチャングムのお願いを聞いてほしいと橋渡しをして、会見の場を設けます。ハン尚官の汚名を晴らすと嘆願しました。しかし、王は「それをすれば血が流れる。宮中の勢力図が変わる。」と諭します。
チャングムは内医官の長に、真実を明らかにしてくれと直訴。チャングムはなんでも追い詰めすぎだよねえ。正義とはいえ、間違ってることもたくさんあるのがチャングムの面白さではあるけど・・・。ヤバいと思ったのか自殺しちゃったよ。これ、チャングムヤバいだろう。
チャングムはクムヨンとチェ尚官に素性をばらし「長官の遺書がある」と嘘を伝えます。自白すれば助けると脅す。でも、計略だって思われてるよ。
クムヨンにも二人で話をして、一族よりプライドを大事にして、憎むのは愛するより辛いことと訴えます。良い会話だったねえ。
右相はチェ一族を切るために、ヨンノを切り崩しにかかりました。

47話
ヨンノはどちらも裏切って、証拠をチャングムに。協力するから私を支援しろ。しかし、チャングムは「私は裏取引はしない」と宣言。
チェ尚官もチャングムに土下座しますが、法廷であきらかにしろと突っぱねます。クムヨンはチェ一族と右相派の間で取り合われる結果に。ヨンノが危ない。
女官時代を思い返し、ヨンノのために涙を流すヨンセン。優しいのう。ま、喧嘩しつつもナイスコンビだったからねえ。
この政争で血が流れそうなのを見て、ヨンセンは王に事態の収拾を直訴。証拠の遺書が必要だって言われちゃいます。遺書なんて本当はないよねえ。ヤバイわあ。
そのころ、チャングムは王母の大妃様(チェ一族が近寄って入れ知恵してる)からの呼び出しで、遺書の提出を求められる。でも、無いって正直に言っちゃったよ。信じてもらえるか?さらに王にも遺書提出を求められて、王妃に申し開きをする決断をするチャングム。
チェ一族を裏切っていたことがバレたヨルイが、チェ一族へ。
結局、王が関係者を集めて事情聴取。巧妙に事態を調整してきたチェ尚官は攻撃しまくりです。そこに、死んだと思っていた内医官の長官出現。生きとったんか~。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 宮廷女官チャングムの誓い | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。