• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

バラ色の人生 24(最終)話

バラ色の人生 DVD-BOX1バラ色の人生 DVD-BOX1
(2007/08/31)
チェ・ジンシル ;ソン・ヒョンジュ ;イ・テラン ;チャン・ドンジク ;クォン・ヘヒョ ;チョ・ウンスク ;ナ・ムニ ;キム・ジヨン ;アン・ソニョン ;ナムグン・ミン

商品詳細を見る



泣けました~。死を受け入れながらも、苦しみ・残していく子どもたちへの想いに揺れるスニ。最後に倒れた時まで、ダメ夫の留守電に最後の言葉を残して・・・。
馬鹿夫は馬鹿すぎたけど、でも最後はとっても尽くして・・・。
スニが「良い思い出だけを覚えていて欲しい」と言っていたけど、スニも良い思い出を胸に逝ってくれたと思いたい・・・。


あらすじ(公式から)
スニは新婚旅行で訪れた江原道の田舎が、空気が澄んでいて水がきれいだったことを思い出していた。自分が死んでいく姿を子供たちに見せたくなかったスニは、療養のためではなく死に場所を求めて江原道へ向かう。江原道での療養中、激痛に耐えかね、大量に薬を飲むようになっていたスニ。ある日、カルビタンを買いに行ったソンムンが家に戻ると大量の血を吐き倒れていたスニを発見する…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 22・23話

22話
生まれ変わった僕ともう一度結婚してほしい。スニは一度でもうんざりよと口では言いながら、すごくうれしそう。
無駄使いしてって心配してるけど、妹ヨンイの援助もあるし、なんとかなるって。体力の有り余ってる子供たちは、ヨンイとヒョヌが受け持ってくれる。

自分が死んだあとのことを心配して、愛人と分かれなければ良かったというスニ。でも、ソンムンは「夫婦は単なる男女関係ではない。いつかは妻のところに戻ると彼女も思ってた」といいます。

強いスニに比べて、ソンムンは泣き虫なんだよね。「私は大丈夫」というスニに、「俺は大丈夫じゃないよ~」と泣き出してしまいます。まだ見送る準備ができてないよ~って、やっぱり息子みたいな夫なんだよな。

あらすじ(公式から)
ソンムンはかつてスニにプロポーズした思い出の店“バラ色の人生”で、再びスニにプロポーズをした。結婚写真を取り直し、新婚旅行で済州島へ。子供たちと楽しいときを過ごし、スニはソンムンと日の入りを眺めていた。二人はまるで時間が止まったかのような静かなときを過ごした。心に平穏を取り戻したスニは、見るもの全てが美しく、自分の人生はまんざらでもなかったと打ち明ける…。



23話
「やっぱり生きたい。分かれが信じられない」といいつつも、治療でお金や時間を使う気はないスニ。母親に会いに行きます。

ヒョヌとヨンイは良い感じになってきたね。というか、ヒョヌがなんでも受け入れるし、明るいしね。ヨンイが「日取りを決めましょ」って言い出して、え??それってプロポーズ??なの面白かった。ヒョヌの実家が金持ちで、ちょっともめたけど、まあ良いでしょ。

スニ、家で苦しむ姿を子供たちに見せたくないといってホスピスに入ることを決めました。「治しに行く」といって子供たちに話をします。

あらすじ(公式から)
再び母のもとを訪れたスニ。母の手料理を食べ語り合ううちに、スニは母に抱いていたわだかまりが消えていくのを感じていた。素直に“母さん”という言葉を口にするスニ。二人は抱き合って涙を流した。別れ際、もう来られないかもしれないと話すスニの手を、母は名残惜しそうに握ることしか出来なかった。ソンムンの懸命の看護にも関わらず、スニの病状は更に悪化、鎮痛剤も効かなくなり始めていた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 20・21話

20話
激しい痛みに襲われたスニは、バクサによって病院に運ばれていた。一方のソンムンは詐欺事件の首謀者たちを相手に大立ち回りをしたことで警察に捕まっていた。命をもてあそぶ詐欺師たちに怒り心頭のソンムンは、示談には応じないと頑なだった。ところがスニが病院に入院していることを知り、しぶしぶ示談に応じることにする。

また、看病の日々。子どもの時の味が出ないというスニに、お母さんのおかゆを食べさせるソンムン。「この味だ」というスニに、「お母さんが作ったんだ」と話をする。まだ簡単に心を開けないけど、気持ちは伝わったんじゃないかな??

父の結婚を身内だけで祝う。その席にパクサがきたからヨンイは怒りまくり。でも、ソンムンが「ちょっと距離を置くのが作戦だ」と耳打ち。見合いするとかいう情報を流したりします。

そんなある日、スニはソンムンが看病のためにあまりに長い休日を取っていることを気にしていた。ひょんなことでソンムンが銀行をクビになっていたことを知り、義弟ウォンマンを問い詰めると“奇跡の水”が詐欺だったことまでも知ってしまう。自分が死ぬことを確信したスニは、静かに逝かせてほしいと泣き叫び、部屋に閉じこもってしまうのだった。
子どもにもばれそうになるし大変だ。

なんとか連れ出そうと、弟をアメリカから呼ぶか??と連絡とるけど、帰れないという。妹のヨンイはショックを受ける・・・。そして、パクサに会いに行った。こっちはちゃんと幸せになってくれ~。

「お前のためにしてやれることが何もない」と泣くソンムンに、スニも心穏やかになっていく。


21話
死を受け入れたことで、スニは穏やかな心を取り戻していた。「受け入れて、残りの人生を穏やかに、誰も恨まずに生きたい。もし、自棄になったときは私をなだめて、楽しく生きられるように助けてね」というスニ。泣けるぜ。

「何か良いことをして、生きたあかしを立てたい」自分の死後、角膜を提供したいという彼女の真剣な思いに心を打たれ、ソンムンもスニと一緒に臓器提供を申し出る。

そんな中、誕生日を迎えたスニは隣家に招かれる。そこには義母が用意したご馳走が並べられていた。結婚以来、スニに辛くあたることが多かった彼女だったが、今ではそんな仕打ちを悔い、心からスニの回復を願っていたのだ。この先ずっと、スニの誕生日の料理は自分が準備すると宣言し、子どもたちのためにも長生きしてと励ます。

腐ったにおいがするといって、歯磨きばかりするスニを心配して、「匂わないよ」とキスとするソンムン。

ある日、ヨンイに促され、おしゃれをして出かけたスニは一軒の店の前で、ひとり車を降ろされる。思い出の店“バラ色の人生”。その中で彼女を待っていたのはソンムンでした。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 18・19話

中断してたけど、KBSWORLDで放送始まったので、見直しました。ソル薬局ではやさしい優柔不断男ジンプンを演じてるソン・ヒョンジュさんが、だめだめな夫を演じてます。もう後半に入って改心はしてるけどね。

18話自暴自棄になったスニだったが、ソンムンの思いやりに心を打たれ前向きに生きていこうとする。

薬もないのに痛みを訴え始めたスニ。ソンムンは必死に病院に連れて行きます。必死なソンムンの姿が悲しいなあ。もっと早くこうなってくれればよかったのに。スニは「その性格直してよ。単純すぎる」というけど、「お前は一人じゃない。俺も子供たちもいるのに。イライラしたら俺を殴って鬱憤をはらせ。でも体力使うと悪いから、俺が自分で頭を壁にぶつけるから」とソンムン。文句言いつつも、ソンムンの薬を飲む気になったスニ。
やっぱり、子供たちの成長をもう少しだけみたいという気持ちが強いんだね。

ソンムンは、同じ病気の家族から色々と教えてもらって、看病を続けます。ヨンイとチ・パクサ先生も協力してくれるし、心強いな。何も知らないチパクサたちが、夫が妻を看病するなんて珍しいというのが、ヨンイには腹立たしいみたいだが・・・。
しかし、スンイはチパクサとヨンイがくっつくかどうかばっかり気にしてるな~。自分のことを心配してくれよって感じ。

一方のソンムンは、リストラされたことをスニに隠していた。
息子ソンムンが無職だと知ったクッスンは、スニの治療費のためにもお金を稼ぐことにする。ミス・ポンと一日中仕事を探して歩くが、二人の年齢ではどこも雇ってくれなかった。
姑さん、占い師に「長生きする」って言ってもらって楽天的になってたけど、「よい夫婦仲」って占った占い師は待ったう信用ならんだろ!!

そんな中、ソンムンは箪笥の引き出しからスニの遺影を見つけてしまう…。こんなことを、一人でさせていたと思うと泣けて仕方ないソンムン。スニも子供たちのために生きたいと祈り続けてる。

家族で旅行とか、幸せそうな分、病気が辛いな。

19話
スニの体に巣食ったガンは、広範囲に転移し悪化の一途を辿っていた。
しかしソンムンは、病状は回復していると話し、スニを元気づける。「お前の命は俺のものだ。絶対に助ける」というソンムン。
ソンムンは「心の準備をしろ」といわれたことをヨンイにだけ話します。「食べたいものを食べて、会いたい人にあって、準備をさせてやれと医者は言う。でも、俺に助けてくれというスニにいえないよ」と泣いちゃう。本当に、相変わらずダメ男だな。
なんとか、スニに幸せな時間を作ろうと、家族みんなで寝たり、さりげなく食べたいものない?と聴いてみたりする。

父が病気のことを知って、仕事も始めたし結婚も決めたと知ったスニ。後の心配を減らすようにあれこれ気を使うスニがかなしい。

スニの母はこっそりとがんに聞くという薬を届けたりしてます。

そんな中、ソンムンはガンを治す“奇跡の水”の存在を知る。わらにもすがる思いで手に入れた“奇跡の水”の効果か、スニの病状は一時持ち直し、ボランティア活動に参加できるまでになった…。「いいことをたくさんしたら、神様が許してくれるかも」なんていうスニ。悲しいよ。
この水、絶対に詐欺なんだろうな~と思ったらやっぱり詐欺・・・。相手を探しにいって大暴れしているとき、スニは具合が悪くなってヘルプの電話。でも、気がつかないんだよ。早く戻って~。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 17話

スニは気が付いて、医師から自分の病状を聞き出した。漢方医パクサの診察も受けたけど、彼の問診にも、、ろくに答えない。あきらめてる。パクサは気が付いて、ヨンイにそれを告げる。

甥の誕生日。家事を手伝えっていう姑、小姑と喧嘩になるスニ。帰宅したソンムンがかばってくれる。「俺を信じて来たのに家政婦あつかいするの?」っていうセリフ、もうちょっと早く言ってほしかったよなあ。それでも気持ちがおさまらない姑。それで、ソンムンは「スニはガンだ」と告げた。流石に、がっくりくる姑。

スニ生母は、ヨンイから話を聞いて、民間療法についてアレコレと聞いてきて、教える。その話を元に、薬草を探しに行くソンムン。必死です。でもスニは薬を拒否して、「私が死ぬのを待ってるのか?」と大暴れ。でも、そうやって当たれる人がいるのが、せめてもの救いかなあ。今まで、じっと一人で抱え込んでたからね。サンドバックでも何でも、ソンムンが役目を果たしてやれ!

父は、「スニが望んでいた」と再婚を決めました。自分の世話に、スニが追われていたことを後悔しているのかな?

何かと不安で、スニのことをパクサに相談するヨンイ。「頼るのは、好きだからでしょう?好きな気持ちは尊い。隠す必要ないです。」とヨンイにいうパクサ。
そんなヨンイの所に、妻に捨てられて寄ってきた元愛人ジョンド。ヨンイは、彼を抱きしめながら、「私たちの縁はここ迄だ」と告げる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 16話

鎮痛剤がなければ痛みに耐えられないスニは、ソンムンに自分の病気のことを問いただす。しかしソンムンは、手術は成功し痛みは術後の後遺症だと言い張る。再び人生に希望を見出したスニは、第2の人生の目標を掲げ、美容師の免許を取ることにする。
必死に尽くし、スニの気持を励まそうと模様替えをしてバラを飾るソンムン。「ベッドカバーよりも、一緒にいる人も変えてほしいわ」なスニ。
そして、そんな姉を見てられない妹のヨンイ。父のことが気になったスニは様子を見に行くが、突然倒れてしまった。ヨンイが我慢できずに、父親に手術したことを話す。

ソンムン、リストラに。ま、仕事してなかったもんな。愛人ミジャに市場でバッタリ。「あなたは情に脆いから、いつか家庭に帰ると不安だった」という彼女に、幸せならいいんだというソンムン。

ヨンイは、元愛人ジョンドにまた迫られたけどキッパリ拒否。漢方医のパクサ君に相談してるところにやってきて、またまた迫るジョンドがウザい!!何、勘違いしちゃってんの???って感じ。

スニがまた倒れて、ヨンイとソンムンは、余命のことを話すべきかどうかが揉める。それをスニが聞いてしまった!!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生15話

やっと、病気を知って駆け付けた夫ソンムン。「俺は酷いけど、ヨンイの保護者は俺なのに知らせないなんて」って、あんた聞いても仮病だとか言ってたじゃないか。それに、メールや電話は愛人が勝手に消去してたからねえ。遺書で知ったと聞いた妹ヨンイも、姉の思いにショックを受ける。
「絶対に逝かせられない」というソンムンだけど、医者は3カ月の余命宣告をして自宅で余生を充実させたほうがと勧める。しかし「言えないよ」なヨンムン。
ミス・ボンが子供たちに「お母さんは再婚してあんたたちほったらかしなのよ」とか言ってしまって、おお泣きさせちゃう。ソンムンは、家族にスニの悪口禁止!!と。
スニが「治ってから話す」というから、父親は何も知らずに「スニに見合いさせて再婚させたい」とかいう。ヨンイは複雑です。
ソンムンは「俺に思う存分復讐する時間をやりたい。そのあとにヨンイを手離す」という。そして、休職して看病することを誓う。
ヨンイちゃんは、元彼が迫ってきてもはねつける。パクサ君にも「私に興味持つな!!」だって。
スニの母が見舞いに来て、ソンムンにこれまでどうやって生きてきたかと語る。幸せな結婚のことしか話さないソンムンに、「私には母親の資格もない。よろしくお願いします」と言う。でも、ソンムンも「資格のない」夫だよなあ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

バラ色の人生 14話

スニは、妹ヨンイの付き添いも断って「仕事を頑張って。子供たちが頼れるように稼いでよ」なんていって、励ます。ヨンイは、母にきついことを言ったと反省していたスニが可哀そうで、母に「姉は明日手術だ。苦労したせいで」と告げる。
ソンムンはミジャと連絡が取れなくなっていた。昼休みに会社を抜け出して彼女のアパートを訪れるが、すでに引っ越したあとだった。必死に彼女を探すが、ミジャが別の男と結婚することを知る。彼女の裏切りを責めるソンムンだったが、ミジャには「借金があったら再婚できない。あのくらいはもらって当然」とか開き直られてしまう。まあ、ざまあみろなんだけど、子供たちのことを考えると、金を取られたのは痛いなあ。
しかし、ミジャを追いかけるのに金がなくて、子供の貯金箱は壊すわ、おいていったスニの金の指輪を換金しちゃうわで・・・。最悪だよ・・・。

一方、入院していたスニは、手術の日を迎えていた。開腹したところ腹膜への転移が確認され、手の施しようがなかった。
しかし、母は手術中に来たけど夫に「どこにいってる」と脅されて帰宅して、医師は話が出来なかった。
出張から帰ったヨンイを「恋人なんだから、迎えに来たよ」とふざけるチ・パクサ。しかし、ヨンイは上の空で病院へ・・・と語る。

そんな中、自宅に戻ったソンムンはスニの遺書を発見する。こっそりためてた定期や教育資金。子供たちの心配をして、「二人の子供なのに最後まで面倒見れなくてごめん。あなたが初恋で最後の恋だけど、裏切ったことは許せない。長生きして復讐したかったのに。さようなら」と泣かせる内容が。愕然のソンムン。死ね!とか酷いこと言ってたもんな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| バラ色の人生 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。