• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

風のガーデン 11(最終)話

風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc)風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc)
(2008/11/28)
趣味

商品詳細を見る

美しい自然の映像が目を楽しませてくれました。ドラマとしては食い足りないというか、奇麗ごとすぎる気もします。白鳥は、優しく迎えられ、愛されて、静かに旅立って行きました。まるで、ホントに天使だったかのような、存在の軽さでした。ふわふわした白鳥のありかたが、倉本聡の理想の死なのかな~。さりげなく、風のように去りたいってのは、確かに一つの理想的ではあるのかもしれない。
あと、内山さんや氷室や元妻との関係は、なんだかホッタラカシに感じました。でも、その割に親子関係も書き込めてるかっていうと割とあっさり。節度ある距離感は構わないんだけど、関係性の緊張や弛緩をもう少し見たかったか?


内山看護師への別れの手紙という形で、白鳥のモノローグで語られるルイの結婚式。奇麗だったね。そして、白鳥は実家に戻った。ガクが暮らし、母の遺した押し花に囲まれた部屋。
内山看護師が会いにきたけど、父親が会って状態を説明。娘に介護されて幸せそうなんだと、やんわりと断った。

誰とも会いたくないという白鳥は、すでに麻薬の量を増やしていて、たまに目覚めたら冗談をいう。「負ける方が難しい人間もいるんです。僕は誘惑に負け続けた人生です」とかいう。「家庭って良いですね。僕は何も知らなかった。何もしてやれなかった。」という白鳥。「自分の個室にテレビが来たとき、凄い寂しさが込み上げた。あれが家庭を捨てた日だった気がします。」というのは、倉本さんらしいかなあ。言いようのない寂しさっていうのを、切実に響かせることができるのは中井喜一のよいところだな。
麻酔科医は病気を治すんじゃないと思ってた時期があったけど、苦しみを和らげるという治療だったんだと今ならわかる・・・。「ガブリエルさんにあったら、”あのよ~”って(話しかける)」・・・と、白鳥らしい冗談を言って、麻薬で眠る白鳥。「闘う姿を見せて勇気を教えてやるんだ」と父親。

白鳥、永眠。冬になった。
やっと、ルイが恋人の氷室茜に連絡取った。白鳥の託したカンパニュラの押し花を手渡した。

春。ガクは白鳥の植えたルイの好きな花が、キャンピングカーの周囲に咲いているのを発見。キャンピングカーの形に空地になってるのが泣けた。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 10話

次回が最終話。何よりも、このドラマが終わったら、緒形拳さんが亡くなったことを実感するんだろうな。それだけで、寂しい。
ガクとの関係をどうするかっていうのは、懸念点だったんだけど、天使ガブリエルとして別れることに。ガクと穏やかな関係を築いてきた白鳥だけど、環境の変化に動揺するガクを抱きしめたシーンは、流石に泣きました。


自宅に受け入れて、岳が暮らす(もと白鳥の)部屋で過ごしてもらうというお爺ちゃん。でも「天使が苦しんで死ぬってのは・・・」と困ってしまう。今さら父が生きていて、また死ぬなんて残酷だ。ガク君には、旭川に緊急の仕事ができたということで、旭川に行ってもらうことに。

白鳥が「ルイの結婚式がしたかった」というのを聞いて、偽装結婚式をあげよう!という計画を立てる。で、シュウに相手を頼む。お爺ちゃん、反対してたけど、シナリオ考え出したら乗り気!!
で、シュウはハチを追いかけて移動するから早くしたいこと、ガクはルイが居なくなるのを受け入れるのに時間がかかるから、ゆっくりさりげなく去ることを告げます。「さりげなく去って」というのが、白鳥が去る時への願いでもあるようで・・・。茶番だと気がついても、気がつかないふりの白鳥。痛みが出ないようにって、硬膜外ブロックの準備をする。

「カンパニュラの恋」が町のラジオから流れてくる。大ブレイクだって・・・。

ガクがガーデンを去る。急なことでイライラしてるガク君に、「天国に帰るんです。お父さんにも許可が出たみたいです。お母さんに伝えることは?」と訪ねた。おばあちゃんに渡してって、好きな花をたくさん刈り取るガク。
お父さんが好きな花はしらないというガクに、黄色いユ―フォルビアを教えてあげる。ガクがパニックに。抱きしめてなだめてあげる白鳥。出来なかったこと、逃げてしまったことを、やっとできた。

「ガク君。もう一度、ピアノを弾いて。母さんが好きだった乙女の祈り・・・。」この乙女の祈りは、ユーフォルビアの花言葉でもあって・・・。
ガクが旭川に行くのを見送る白鳥。これが、最後の予定なんだよね。だって、ガクには苦しむ姿を見せられないから・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 9話

ずっと別のフィールドで、それぞれに医療を向き合ってきた父息子で再会しました。高潔には生きられない白鳥と、息子に義を要求する父親。それぞれに言い分もあると思うのですが、息子が先に行くという運命の中で、静かに語り合うシーンは素晴らしかったです。
大人になった親子だからこそ、踏み込めない部分があり、遠慮もある。シュウがルイに求婚したとしって、オヤジに「この身の程知らず」って怒られるシーンなどを見るととても対照的に思えます。
そして、ルイも岳も大人になってしまったから、一度逃げた白鳥はひっそりとしか愛情を示すことができません。ルイが好きだという花の球根。ガクを手伝って掘り起こした球根をキャンピングカーの周りに植えていきます。
一方、ルイも白鳥の病気を知ってしまいます。クールなルイが生前葬ごっこのことを聞いて号泣するシーンは非常に印象的でした。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 8話

いやあ、同級生のあつまり、しゃれになってね~。白鳥の病気を知らないもんだから、白鳥の葬式で集まったって設定で、同級生の寺で。仏だからお前は話すな!とか言われて、皆が好き勝手噂するのを聞いてるのね。殆どが女好きな話・・・。

さて、地元の病院に「麻酔科医が居なくて」とヘルプを頼まれた。でも、直後にかなり厳しい睡魔と痛みに襲われる。
やっとキャンピングカーに帰ったら、今度はルイが姪っ子と一緒に訪ねてくるわ、シュウが「ガブリエルって誰だよ!」とか訪ねてくるし。「診察をしてまわる車だ」ってごまかしたけど、ばれそうだな~。

治療した病院の看護師がおじいちゃんの知人で「息子さんに会いました」とかばれた~。
「あなたたちが父親に会いたいように、私も息子に会いたい。私は多分、先に逝くことになるが、きっと悔いが残るだろう」というおじいちゃんに、居場所を伝えたルイ。仲直りに行くんだと出かけたおじいちゃんだけど、白鳥は点滴で眠ってて、麻酔薬が・・・。
在宅での終末医療を仕事にしてるおじいちゃんが、息子を看取ることになっちゃうんだな~。コレは辛い。

投げ捨てられた、同級生たちのおふざけの弔辞が・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 7話

ガクと演奏してるのをルイに見られちゃったよ。「天使ガブリエルです」って紹介するガク。それに乗っかる白鳥。「ルイに謝って置いてください。調子に乗りすぎました。私は駄目な天使です。これ以上、追ってはいけません」と言って去りました。
ガクの話し方が、おじいさんソックリの話し方になっているのが面白い。他と殆ど話さないからね。

ルイはシュウに手伝ってもらってキャンピングカーを発見するも、白鳥は東京に一時帰って、部屋の片付け&病院を辞めることに決めたみたい。そして、内山夫妻に今後のことをお願いする。

そして富良野に戻った白鳥。ルイが会いに来る。彼女自身が家族のある男性と恋をして、だから、父親にもむやみに反発するのでもなく、許すのでもなく、一定の距離をもって穏やかに対応するのが印象的。これが理想なのか?家族としてもっとぶつかっても良いのではないか?とおもいつつも、あのおじいさん、この父親。激しい感情よりも、冗談で逃げてしまうような所のある男性。それは優しさでもあり、弱さでもあるけど、この人の娘なんだな~と思わせるところは感じました。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 6話

宮本江里子の演出が光った回だった。光と影の使い方が秀逸。今回、東京のシーンが無くなり、都会と田舎の対比が消えたわけですが、この光と影が富良野の土地の上で、上手く対比していたのではないかと思います・

天使ガブリエルという不倫に関するお話が、この数回引っ張られるわけですが、父を知らないガクとガーデンで出会い、「ガブリエルです」と名乗って交流していくさまが描かれました。
過去にはガクから逃げ出した父親が、息子との時間を取り戻す。それは贖罪ではあっても、あくまでも「自分のための」時間のように思えます。
幼少期の大変なときは逃げていて、かなり落ち着いて付き合いやすくなり、とっても良い子なガクと都合よく付き合う。その自分勝手さを踏まえたうえで、それでもそうせずに居られない甘さが白鳥らしい気がします。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 5話

蜂蜜つくってるシュウ。もと暴走族の明るい男。なんか、重かったドラマに活力が出てきたよ。演技は上手くないけど、起爆剤にはなったと思う。
おじいちゃんは、在宅での死を望む老人や家族に、「家で死ぬ」ことについて語る。

白鳥の方は、複雑な事情の絡んだ同僚で親友の・内山がカナダから帰国。看護士で妻で、白鳥と愛人関係にあった内山妙子から事情を聞いている。白鳥を心配してくれる内山の良い人ぶりに、自分の罪をより強く感じてしまう白鳥。
一週間ほど休むという白鳥に付きそうという内山に、「これ以上、罪を犯させないで」という白鳥。

二神が急変するも緊急処置で事なきを得た。付きそう娘の姿が、白鳥を揺れ動かします。麻薬パッチで激痛を抑えながらの生活。
二神の娘が、医療器具を備えた簡易病室に改造したキャンピングカーを見せて、「父は白鳥さんに使ってほしいと言っています。」という。娘は「父のような患者を外で見るときに役立ててほしいのでは?」といいつつ、「父が変わった。父に何をいいましたか?」と疑問をぶつけてくる。
この二神と娘のパート。ほぼ、娘を演じる国仲涼子ちゃんが白鳥に語るという形で構成されてます。が、これがナカナカ良いのです。彼女のキャラクタにあっていることもあると思うのですが、迫力で押すのでも、雰囲気で流すのでもなく、着実な演技をすることで、演技巧者の中井貴一の心に沁み込んでいくような演技をしてると思う。
日本尊厳死協会の申込書を記入する貞美は、静かに死への準備を始め出した。。

白鳥は、恋人の氷室茜に「出張に行ってくるから会えない」と告げる。未来への希望を語る茜が眩しくて、とても悲しい。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風のガーデン 4話

そろそろ、親子の展開を真面目にやってほしいかな~。一応近づいてはいるんだけど、もう一押し欲しいっていうか・・・。例えば「大天使ガブリエルの過ち」というキーワードの件も、連続して白鳥・岳と見せているけど、そのキーワードを同じ日に親子が口にした理由を、もうちょっと突っ込んで欲しいかなあ。赤ひげ先生が語ったことがあるんだろうけど、それが、どうして「今」思い出されるのか?特に岳の側を掘り下げてほしい。


6月。ヨサコイ祭りに来た白鳥。これは、流石に黒木メイサちゃん。沖縄アクターズ→つか舞台という経歴にたがわず。カッコ良かった。
ついでに、旧友に神経ブロックをやってもらった白鳥。でもルイは「約束がある」って会ってくれなかった。ルイは、不倫相手が転勤で、これが最後なんだよね。最後に別れの挨拶をしたかったのに、相手は来なかった・・・。
祭りの熱気が残る夜、一人で歩くだけのルイ。帰ってきたルイに「本当はお父さんが来てる」と告げたけど、「お父さんには会いたくない」というルイ。

白鳥は富良野に帰ってみることにしました。亡き妻冴子に手向ける花を買うにも、旧知の人に顔を見られたくない白鳥。ガーデンに行ってみると、そこはルイの育てた花たちが、初夏の装いを見せている。でも、岳の姿を見ると隠れてしまう白鳥。
ところで、岳の花紹介はモノローグにしないで、彼に呟いてもらった方が良い気がするんですが・・・。岳の成長を、白鳥が感じられると思うんだよね。
結局、白鳥は、さっき見られちゃった花屋の同級生の所に。「大天使ガブリエルの過ちは赦してもらえない」という白鳥。浮気の罪なのね。

東京に戻った白鳥。二神の事情聴取が行われたと聞いて、かなり心配に。病院内でも、記者が入り込んで二神の写真撮影を・・・。
白鳥が謝罪に行って語り合います。二神にだけ、すい臓がんであることを告げて、理解を示した白鳥。病院に言わないのは「カッコつけて生きてきて。敵も多い。最後までカッコつけたいのかな?」という白鳥は、二神のカッコつけた生き方に対する共感がある。

白鳥の自宅に、看護士長・内山がやってきた。薬を差し出され、麻薬パッチを確認された。「どうして、私に隠すのか?規則を犯したって、私がいくらでも協力するのに・・・」と泣く内山。病状を聞いたとたん、院長との面談を取り付ける内山。そのまま、今日はソファで眠りますから・・・って、完全に主導権握られてる。

内山に流されるように、淡々と院長に報告し、検査も治療も拒否して、辞表を提出した白鳥。「ギリギリまで勤めたい。危ないと思ったら、すぐ辞めます。院長も監視して、私の判断をしてください。」って冷静な中に滲む苦渋が~。

ルイには新たな出会いが。ガッツの息子シュウがルイに一目ぼれ。美人だもんね~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風のガーデン | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。