• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に9話

まずは社長の悲しい過去と同時に社長がウンソを好きになる決定的シーンが。優しくて面倒見が良いから、惚れられちゃうのも仕方ない。で、ヒョヌとはみんなと親睦会に行って仲良くなった。誤解もとけて、チャンホの話題も出て、石投げやったり、石焼きイモ買ってもらったり。でも、ヒョヌが思い出したくないっていう+婚約者に優しい声で電話したりするのを見て、もうチャンホは死んだとか言っちゃうんだな。気持ちはわかるけどなあ。言った方が良かったのか、言わなかったことで???と興味を惹いたから結果的に良かったのか。酔って介抱してもらって、松の木の下の近いもヒョヌはみました。でも昔は思い出さない。だれかヒョヌの頭を一発ぶん殴れば思い出すのか??でも、ヒョヌはどうやら気になってるみたいで、涙をぬぐってやったり、手を握ってあげたり、車で家まで送ってあげたり、大事にしてあげてるんですよ。これがチャンホと全く同じなので、泣けますね。前途多難だけど、頑張れ。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に7

やっと会えたのに、当時の話しないもんだから、思いだしてももらえないし、もしや記憶喪失の間の?とも思ってもらえない。イライラする!でも、ウンスはチャンホが記憶喪失だとなんとか気がついた。ホッとした。予告ではまた仲良くしてるシーンもあるので、それを楽しみに見続けよう。でも、婚約を決めちゃってるし、前途多難。今、7話だけど、2話から5話前半までのラブラブな二人が好きだった。展開速かったのでイライラしなかったしさ。ここからは複雑になる一方でスカっとするのは先なんだろうな~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは 1-3

これは、1-3話で記憶喪失男と居候先の女性の恋愛まで一気に来た。結構速いかな。二人がかわいい感じなので、ドキドキ楽しく見れた。チソンは顔整ってるけど、ちょっと気を抜いてだれた顔すると、一気にお笑い芸人みたいに見える。それが演技力ってことな気もするから、ま、いっか。

 

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に20話(最終話)

最終話。てんこ盛りの急展開っす。ハッピーエンドで良かったね。
テミンの裏工作が警察に通報され、テミン失脚。ヒョヌはテミンに追及して、親に関連することだと聞かされます。ヒョヌは会社を取り戻したことを父に報告。そして、母と姉にウンスが記憶をうしなったヒョヌを助けた命の恩人だと事情説明。「信じられないだろうけど、ひとつづつ理解して。今の自分の命はウンスにすくわれた」ヒョヌ母はヒョヌが大事だから、これはかなり効果ありそう。ヒョヌはグローバルの社長に就任。
テミンは潜伏先のホテルで大荒れ。新聞にも記事が出ちゃうし、もう駄目っぽい。高跳びの準備をしてきた仲間をおいて、ウンスの処へ。(警察がウンスを張ってないのが不思議)ウンスはヒョヌを傷つけたテミンと話すことなどないと拒否するが、テミンは食い下がる。「僕が独りになったら味方になるいったじゃん」みたいにすがります。ウンスは自主を進め、ヒョヌ殺害計画はなかったことにするとヒョヌも言っていると・・・。でも、まだテミンは頑張る「全てを失ったのは俺なのに。思い知らせたかっただけなのに。もうウンスだけいればよい。」ウンスは「私にとってはヒョヌだけが奇跡。切実で怖くなるほど」と宣言、テミンは「ヒョヌになにするか分からないぞ!」と言い捨てます。耐えてきたことを考えるとたまらないテミンは、父と母の墓にやりかえしてやる!と決意。(てか、墓も立ち寄りそうな場所なのに、警察はいないんだな・・・)
ヒョヌはテミンの事情を知ります。ヒョヌ父が意識を回復し「セジン化学はチュ社長(テミンと手を組んでいた人)の為にひどい事になった」と伝えます。テミンも結局はチェ社長のあやつり人形だった。ヒョヌは証拠資料もチュ社長の刺しがねと判断。テミンを救わねば!と探しに行きます。でも、テミンは気が付いてない。テミンはヒョヌを滅茶苦茶にしてやる目的で、ヒョヌをよびだしてくれと仲間に依頼。テミンの仲間はウンスに会い、テミンがヒョヌに危害を加えるのでは?という不安を訴えます。今のテミンは狂っている、止められるのはウンスだけだから、テミンのためにもヒョヌのためにも会いに行ってくれ願う。テミンと別れ際の発言が気になり、ウンスはテミンに会いに行きます。待ち合わせ場所の倉庫近くまで連れてきた、テミン仲間のセリフが泣かせます。「テミンに伝えてくれ。お前は俺の自慢の友達だったと・・・」彼は、少年院仲間。ずっと影の存在だったのにね。テミンには「お前の待っていた人物をつれてきた(たしかにテミンが会いたいのはヒョヌじゃなくてウンスだもんね)必ず話から聞け」と電話を入れて別れます。雨の中、傘をさして倉庫に向かうウンスに、ヒョヌから電話がかかる。でもウンスをヒョヌと見間違えた(傘さしてても分かるんじゃ?と思うけど、テミンの精神状態は異常だからしかたないかな。殺害から目をそむけたい気持ちがあったと思うし)テミンは、ウンスに向かって車を全速力で走らせる。通話中にぶつかる音と途切れた電話。すぐ掛けなおすけど当然つながらない。ヒョヌの動揺はMAXに。
で、シーン変更(引っ張らないんだな)。ジャンミを呼び出して事情を聞くパク課長とチーム長(こんなときだが、この二人くっついたみたい)で、3週間たってもウンスが行方不明というのが語られる。ヒョヌは抜けがら状態でウンスを探しまくり。病院を一つ一つ当たっているみたい。簡単にあきらめるヒョヌじゃないけど、目が完全にいっちゃってます。
シーン変わって病院のベンチに座るウンス(どうやら入院中)とコート姿の弱ったテミン。ウンスは「無理なお願いをいってごめん」どうやら、ヒョヌに連絡しないように頼んだみたい。テミンは「ねじけた復讐で大事な女性を傷つけた俺が悪いんだ。ヒョヌに連絡しよう。どうして隠れる必要がある」と泣きながら懇願。でもウンスは哀しい顔でも決意が固く、「私がイヤなんです。思い出があるからもう辛くない」と。えーって感じ。黙ってさったらヒョヌは苦しむよ~。そこへ、車いすをもった看護婦登場。どうやら。足が不自由になったみたい。テミンに優しい言葉をかけて去るウンス「幸せでいて、私もそうするから」うーん。やっぱウンスの言葉ってあったかいし奇麗。テミンは自主してたみたいで、警察に静かに連れて行かれます。「このまま帰っても、彼は愛してくれると分かっている。だからこそ帰れない。羽ばたこうとする彼の重い足かせになりそうで。馬鹿みたいに私の横で、どこにも行けず、心配ばかりしそうで」うーん。確かに、新たな会社の社長となり、新製品も投入し、失敗を経験して経営者として一歩成長したヒョヌ。タイミング的に、羽ばたこうとしてる時ではあるんだけど、ウンスを失った傷はヒョヌの翼につくんじゃないかな?
テミンに会いに行っても面会拒否(テミンはウンスの意思を尊重して何も言わない)。ヒョヌは最後の糸口すらうしなってペンションに・・・。すべて終わったのに、お前がいない。どこへいったんだ。

で、一年後。(韓国ドラマはこれが本当に好きね)会社は軌道に乗ってますが、ヒョヌの顔はイマイチさえないっていうか、表情が硬い。元気になったらしいヒョヌ父が、アメリカ販路拡大のために、2年ほどアメリカに行けと指示。母親も気分転換だと強く勧めますが、ヒョヌは考えてみるとしか言わずに席をたってしまいます。母親によると週末ごとの撮影旅行と言い訳して、韓国のあちこちを訪ねてウンスを探しているみたい。
ヒョヌ姉だが、まだテミンが好きみたいで、面会できる日をまってるみたい。おおー、わがままだけど、正直で素直な姉さんだ。
ヒョヌは仕事場でパク課長と会話。パク課長はヒョヌの思惑を分ってるみたいで、きづかいの言葉を。で、どうやらチーム長と結婚してる!と思ったら、ジャンミと妊娠中のチーム長登場!。ジャンミは恋に破れたけど、チーム長みたいと言われてたから、チーム長みたいに良い恋みつかるだろう。ペンションは閉めたみたい。ヒョヌは江領にウンスを探しに、海を見つけて黄昏ます。シーボトルに願いを。「二人でやりたいことが沢山あるのに。お前を待たせた間、どれほどお前を苦しめたかやっとわかった。十分、罰されたから帰ってきてくれ。頼む。ウンス」ヒョヌ泣いてます。
車椅子のウンスは、障害者も受け入れる児童養護施設で働いているみたい。夢見る林の話をしてげたら、子どもたちがそれを絵に書いてくれた。ソウルのチャリティー絵画展に出品することに。悩む時にペンダントを触る癖のあるウンス。まだヒョヌを想ってる。外出でみた海はヒョヌがいたのと同じ海(時間がちょっとずれてるんだよ。おしい)に。ヒョヌのシーボトルをみかけるんだけど、車いすで動けなくて取れない。まだまだ焦らされる視聴者。
ヒョヌは夢見る林に。ウンスが今にも飛び出してきそう。ウンスの部屋でカメラを発見(これ、ヒョヌと誓いを交わす予定の日に、ウンスがヒョヌにプレゼントするつもりで用意したものなんだよね。一枚、写真を撮ったみたい?(これは前にジャンミ母がうっかりシャッター押しちゃったやつ。ウンスが映ってるはず)現像すると、そこにはウンスの姿が。(この写真、めっちゃかわいい。ユジンは西田ひかる似の美人です)
ソウルに戻って仕事するヒョヌのところにスジンから電話が。すっかり元気でNYで芸術家として頑張っているらしい。未練をすてたら世界が広がったわとか言っちゃって、元気そう。本来のかわいい妹になったスジンにホッとした様子のヒョヌ。ウンスについて「彼女のした思いを考えたら、このくらい。必ず帰ってくると信じてる」と悲しくても笑顔のヒョヌ。スジン企画の美術展に招待される。
その美術展は、どうやらウンスの施設の子どもたちが出品してるやつ。みんなで見に行くけど、ウンスはソウルを避けているので一人で留守番。
でも、美術展にきたヒョヌは絵を発見。それは思い出の夢見る林。呆然とするヒョヌ。見つけたー。(でもリアクションは殆ど見せてくれません)
一人で仕事をするウンスの所に、施設の先生が道中で困ったことがあるから呼んでいると使いが。でも、連れてこられたのは夢見る林。使いの人は、指示されただけですって言って去ってしまう。仕方ないなと近づくと、家に電飾が灯る。キレー。で、建物の階段も車いす用にスロープになってる。急すぎだけど・・・。上ろうとしたときに、家のドアが開いて出てくるヒョヌ。毎度ながら演出好きの気障おとこ。その為に不安になるウンスが気の毒。
驚くウンス「同情ならやめて。なにも変わらないのよ。平気よ」と強がってみせる。ヒョヌ、ちょっと怒ってる?「今日、特別な絵を見たよ。僕に希望を与えた家が。そして、注ぐ愛の美しさを教えてくれた俺の命より愛した人が笑っていた。となりには、一生涯彼女を守るとお父さんに約束した男が、その手を取っていた」そうだよね。ヒョヌの望みはウンスを守り、ウンスに守られること。「馬鹿だな、こんなことで俺が君を忘れられると?傷ついた君を放っておけると?」ウンスは「なんて馬鹿なのよ。かえがえのないひとだから身を引いたのに、なんでもどるの」ヒョヌ「チャンホはウンスの影だから、一生この手を離せないのさ」と言って抱きしめます。ウンスは車いすだから、ヒョヌの態勢がちょっと辛いです。
エンドロールでは、夢見る林であるく訓練をするウンスとヒョヌ。相変わらず仲好さそう。

いやー、ハッピーエンドで良かった。ここに来て、もう一度離れちゃうってのがびっくりだ。
この一話だけでも、薄く延ばせば10話くらいのドラマになりそうな位。背景や性格が分かってるから、怒涛の展開も一気に見せつつ、盛り上がりました。
序盤のチャンホとしての紆余曲折に、話数をたっぷり使って丁寧に書いたことで、その後の展開ではささいなフレーズが効果的に使えたと思う。展開の早さが面白かった作品だから、Gyaoの配信が月~金でドンドン見れたのも嵌った要因かな。最後は有料にまで手を出してしまいました。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に19話

ラス前の回なのに、すごい急展開。ちゃんと終わることができるのか。
テミンはウンスに電話して、ウンスがソウルに向かったことを知り、スジンから情報を引き出そうと呼び出します。でも、その前にあっていた仲間との会話を立ち聞きされて、スジンはテミンが何もかも知っていたこと、ヒョヌが全てを思い出すことを恐れていることを知る。(これ、ちょっと疑問。前、知っててウンスをヒョヌに近づけたのね!とか責めてたような。でも、内容がやばそうだからか、吹っ切れたからか)スジンはヒョヌが思い出したことは伏せて、私から別れようといったからヒョヌはウンスのもとにすっ飛んでいったと言いますが、スジンの動揺はテミンに見破られてしまいます。
ヒョヌは父のもとへ。母に責められますが、ちゃんと説明すると宣言。パク課長と会談するヒョヌ。厳しい仕事ぶりなんだけど、昨日までと全然違う表情っていうか、充実してるって感じ。テミンのことは辛いけど、生きてるのが楽しそうだし。でも、新会社設立はどうなのよ?そんな簡単か?グローバルでの仕事をもちこすのなんて許されるの?財力あるからOK?その日のうちに事務所借りて、社員も集めてって無理だろうー。
ウンスはジャンミに報告。すっごい嬉しそうで惚気てる。ウンスも仕事するかな?と思ったけど、さすがに2度辞表をだした手前、今回はおとなしくしとくみたい。
テミンはウンスの家に会いに来ますが、ウンスははっきり拒否。「ウンスが戻ったことでヒョヌの希望は潰えた。」とテミンはウンスを責めますが、脅すようなことをいうテミンをウンスは責めます。そこにヒョヌ登場。めずらしくタイミングが良いヒョヌ。ヒョヌはテミンと二人で直接対決。テミンは「ヒョヌはウンスの重荷だ。お前が泣かせた日、俺は彼女を笑顔にさせると約束した。」と責めます。でも、ヒョヌは「してやれることより負担が多いし、もう泣かせないとは言えない。でも、ありのままで彼女の前に立つ。変わったり嘘をついたりしない。どんなときも寄り添うんだ」とテミンの裏の部分を暗に責めます。
スジンはテミンのことをヒョヌに伝えようとしますが、やっぱ会いづらい。ウンスを呼び出して、テミンのことを頼みます。3人仲良かったのに、結局バラバラだもんなあ。ヒョヌは傷つくし隠そうとするけど、テミンはヒョヌを攻撃するから守ってあげて・・・。憑き物がおちたなスジン。あんたがいままでヒョヌを傷つけてきたわけだが・・・。ま、改心して良かった良かった。
テミンは協力者のチェ社長に報酬を。(でも、こいつがテミン父を崩壊に追いやった。会社の吸収だけでなく、テミンの家まで破産させた)テミンは関与を確認しますが、否定されます。
ヒョヌの仕事は製品の差別化のところで行き詰まりぎみ。ご飯はしっかりウンスと食べてるヒョヌ。楽しそう。ちょっとしたウンスのひとことでアイデアが!開発とかの仕事は好きなんだろうね。嬉々として仕事に向かうヒョヌ。ウンスはヒョヌが気がかりでなりません。
テミンの裏行動が調査会社から判明します。ヒョヌは確認したいことがあると外出。そしたら、車でウンスが待ってます。心配みたい。で、くっついてきます。サムチョク(ヒョヌが記憶喪失の間すごしたとテミンが言った食堂がある)に行くことに。行ってみると、食堂のあるじはソウルの金持ちをだまして大金を得て引っ越したと言われる。テミンの策略を確信するヒョヌに、スジンから聞いたことをウンスは告げます。テミンの真意が分からず、テミンを許せなさそうな自分が怖いヒョヌは浮かぬ顔。ヒョヌは「ウンスの嫌がるような酷い仕打ちをテミンにするかも。君に愛想をつかされそうだ」と告白。ウンスは海デートにさそって元気づけます。「チャンホとできなかったことをしよう」とヒョヌが言ったときに、ウンスが行きたいといって実現できてなかったもんね。この二人は二人でいるとじゃれすぎ。子供が二人いるって感じ。楽しそう。シーボトルの話もします。ヒョヌは「もう別れないからこんなもの必要ない」とか言います。そんなこというと、また引き裂かれるぞー。
仕事の方は好調です。時間経過がどうなってるのか分からんけど、アイデアが出てから、まだ何日もたってないような・・・。たったのか?ま、ドラマだからな。日本企業と提携して、製品化を目指します。生産ラインがないじゃんと断られますが、協力してくれたらグローバルを取り返せると提案。ホワイトナイトになってくれと頼む。(しかし、チソンの日本語はやっぱ聞きづらい。字幕付けてくれ。日本語じゃなくて英語じゃだめなのか。)そこへ、テミンのやったことに関する密告の資料が。違法行為もたんまり。
テミンの方は骨抜きにしたグローバルを日本企業が買ってくれるのでラッキーとばかりに株売却。しかし、経営陣交代が要請され、そこへヒョヌが前に協力を断られた株主と共に登場。ヒョヌ側が優勢になります。ま、骨抜きにされて会社が傾いてるから、株主としては正しい判断。さらに、テミンに業務上背任の罪を告発したことを宣言。テミンを解任。おおー。お見事。たんなる坊ちゃんじゃなかった。警察もきてテミンは逃げます。ヒョヌは何故なんだ?と責めます。俺を殺してまでも欲しかったのか?という質問に、「この会社は俺の両親の血で血ぬられている」と復讐を誓ってテミンは去ります。
で、次回予告なんだけど、どうもウンス消えたみたい。事故にあったのか?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に18話

婚約式前日。告白をした思い出のベンチでウンスを想うヒョヌ。暗い!ウンスも自然にそこへ足が向いて、二人は出会ってしまう。ウンスは避けようとするけど、ヒョヌは腕を掴んで怒りをぶつけます。(ヒョヌってウンスに振り向いてもらえないと怒るんだよね。いつも。チャンホの時も)ウンスがしているネックレスを見て「なぜ取らないんだ。テミンだけじゃ不満で次の獲物をひっかけるためか?死んだ男を思う女に同情する馬鹿は俺一人で十分だ!中の詩に騙された」と訴えます。(ま、自分が描いた詩だ。こころに響いて当然)ウンスは頑張って背を向けて「結婚おめでとう。騙されやすいひとだけど、これからは、スジンが守ってくれる」と・・・。(これ、まえはウンスがやるといってた役目)ヒョヌは背を向けたウンスを見てる目が泣いてて、行かないでって顔してるし、ウンスも本当につらそう。ヒョヌは去っていきます。喧嘩しちゃって殴られるヒョヌ。あれ?なんか思い出した?おぼろげだけど・・・。ペアのペンダントを買うカップル見て、松の木の下でペンダントをプレゼントしたシーンが浮かぶ。夢でも、おなじシーンを見る。(でも、半信半疑っていうか、もともとペンダントにこだわってたから、妄想かな?とか思ってるのかな?家族に発見されたときペンダント持ってなかったかきいたりしてる)フラッシュバックみたいに、何度も思い出す。
そのころ、スジンは嬉しそうに明日つける宝石を眺めちゃったり。あんたは楽しそうだが、ヒョヌを毎日一回笑顔にさせるって約束、全然守れてないぞ。
婚約式当日。手違いであのペンダントの入った宝石箱を持ってきてしまったスジン。スジンが居ない時に、ヒョヌがうっかりその宝石箱をひっくりかえしてしまい。ペンダントを発見する。一気に思い出すヒョヌ、ペンダントの中には誓いの言葉。事情が飲み込めた所にスジンが帰ってくる。「知っていて隠してたのか。とんでもないことをしたんだぞ。お前がなんと言おうと、記憶を失ったヒョヌを助け、愛することを教え、生きる希望を与えたのはウンスで、いまの俺は彼女がいなかったら居ない」と言いきって、「彼女は身を引いたんだから、追っても誰も幸せにならない」とすがるスジンを振り切って飛び出す。
ウンスはペンションに到着し、おばさんと話す間もなく、早速お客を送りに行きます。おばさんが一人で作業してる間に、ヒョヌというかチャンホがやっとペンションに!!ウンスが帰ってくると、おばさんから「ポストにプレゼントがあるよ」と置き手紙。ウンスは行ってみるけど、ポストの中には大量の手紙があるだけ、帰ろうとするところで、「プレゼントいらないの?」とヒョヌ登場。ウンスは「何やってるの。追いかけられても困る。」と言いますが、ヒョヌは「ペンダントをとったから、君に永遠に服従する」へ?と思って見ると、ヒョヌの胸にはペンダントが。「記憶が戻らなくても、いや、戻ったとしても、永遠に共に生きる」という松の木の下の誓いを唱えます。ヒョヌに記憶が戻ったことを知るウンス。ヒョヌはウンスを抱きしめ、「馬鹿だな、なんで言わなかった。はやく思い出せと、どうして言わなかったんだ。もう大丈夫。思い出したから、君が言わなくても全部俺が覚えている」と。良かったねー二人。ウンスは無理に思い出させるのに抵抗あったんだよね。その気持ちも分かる。どうして言わずに一人で泣くんだっていうのは、ウンスが傷つくのが嫌で心配ばかりしてるヒョヌの気持ちとしても納得できる。しかし、ヒョヌ=チャンホって気障な男だよね。こんな時でも演出するんだもん。待ってる間、隠れてた姿とか考えると、ちょい間抜け。ヒョヌの魅力はちょい間抜けな所だけどねえ。
二人でハンモックでデート。思い出話をする二人。「話すことがありすぎて、今すぐ話さなきゃどうにかなりそうで夢中で飛んできたが、いざとなると何から話せばよいのか」とヒョヌ。ヒョヌは「何てひどい事をしたんだろう。一体、ひとりでどれだけ泣いたのか。すごく怖かった、もうチャンホなんかいらないといわれそうで」ウンスは「愛を返したかっただけ。見ていられるだけで良かった」と優しくフォロー。ウンスはいい子だよねえ。家に戻って、ウンス父に挨拶するヒョヌ。すでに軽口モードでじゃれてる。「暴れ馬は僕に任せて」とか、チャンホかヒョヌか、どっちでも要望の方になるよ。どっちも未熟だからウンスに補ってね?やっぱ、ヒョヌとウンスはよいコンビ。そのまま眠っちゃったウンスをベッドに。ベッドサイドに置いてあった手紙の山を読むヒョヌ。やりたいことが沢山かいてるある手紙。これが、本当に、不安な気持ちを抑えて、ヒョヌを想う愛があふれてて良い手紙だった。
で、ひとりで家の前にでたヒョヌ、テミンが来たときのことを思い出します。ウンスのことで一杯だったから、ほかの思い出は後回しだったのね。でも、気がついちゃったみたい。パク課長に調査以来の電話。
テミンはヒョヌが婚約式を放り出したのを知って、ウンスに走ったのでは?と気が気でない。(この時、すぐ実家に追いかけなかったのは、やっぱ前日こっぴどくふられてるから?)スジンは母親に「私が抜けがらのヒョヌはいやと断ったの・・・」といいます。最後の最後で、スジンはヒョヌのことを思いやった発言した。よかったよ。
翌朝、起こしに行ったらもう居ないヒョヌ?あれ?と思うと洗濯してるヒョヌ。チャンホの時と同じように振舞います。ウンスは「あまり無理してチャンホにならないで、どっちも私を愛してくれる人で私が愛している人。」と。感動したチャンホが抱きついたら洗濯物が・・・。ま、この二人にはこういうのが似合ってる。二人でソウルに帰ります。運転するヒョヌをじーっと見るウンスがかわいい。会社も取り戻す!と強気のヒョヌ。ウンス取り返して気力倍増!って感じ。記憶を取り戻したことを内緒にしておいてというヒョヌ。真面目な話をしつつも、可愛いから小さく畳んでポケットに入れたいなとか、あいかわらずのジャレジャレぶりです。
テミンは、やっと決心してウンスに電話を!というところで終わり。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に17話

経営権剥奪されたヒョヌ。でも社員ではあるから失業した訳じゃないのね。テミンは「心配するな、株を集めて対処する」と表面的には味方になります。でもパク課長はちょっと疑ってるみたい。テミンは乗っ取るだけじゃなく会社をつぶすところまでやりたいみたい。社員可愛そう。テミンはなかまも会社に引き入れます。彼、ヒョヌの殺人計画実行者だから、ヒョヌにあると拙いのに、案の上ヒョヌとぶつかって、あれ?って顔されてるし・・・。
テミンはその足でウンスの働く職場に。無理やりつれだして、「君が辛いときに助けたいんだ・・・。」テミン、すっごい嬉しそうな笑顔で、つい応援したくなるんだよなあ。スケート場でコケまくってウンスを笑わせるテミン。かわいい。でも、ヒョヌの真似してるんじゃないか?って思うところもある。軽口の叩き方とか似てる。逆なのかな?ヒョヌの性格にテミンじゃ大きく影響与えてそうだもんね。「一つ一つ思い出をつくりたい、そうしてヒョヌを忘れてほしい」って、今はまだ早い。あせるなテミン。ウンスの心にはヒョヌだけだよ。ネックレスが語ってます。
ヒョヌは父に謝罪を。「黙ってひきさがらない」と強気のヒョヌ。新製品での巻き返しや株主の取り込みにも動きます。クールで的確な仕事ぶりだけど、沈んでる感じがありあり。
スジン来訪。父の看病などの例はいうけど、スジンは拒否するヒョヌ。「株を売るなんて思わなかった。思ってたらあんなことしなかった。私が悪いの」ってスジンさんよー。あなた「わたしを振ったら父が何するか」って脅してたじゃんかよ。あれ、ウンスがどうこう別として、「かわいくて性格のよい優しい妹」と思ってたヒョヌにはショックだったろう。「すんだことだ。お前のせいじゃない。」ってヒョヌは負い目があるからって優しすぎ。
テミンはウンスが眺めてたヒョヌとの思い出の「美女と野獣」の看板を見て、さっそくデートをごりおし。その公演に大株主がくるってことで、ヒョヌは公演に出向く。面識のあるスジンも同席を希望。ウンスは熱心に協力を乞うが材料が少なすぎると拒否される。その後ロビーで出会ってしまうヒョヌ&スジンとテミン&ウンス。テミンは彼女がみたいと言ったんだとか大嘘。話したいというヒョヌ。二人で話を。ウンスは「チャンホが死んだっていう話の始めから嘘だった。」と冷たく言い放つ。ヒョヌは「全部説明しろ。納得できない」と食い下がるけど、ウンスも「お金目的だったから、会長の申し出に乗った」と頑張ります。ヒョヌは「なぜ、俺に言わない。お金なら俺があげられたのに。涙も笑顔も嘘だったのか?」と頑張りますが、ウンスは「ごめんなさい」とひとこと言って消える。スジンはウンスにこの偶然のようなミスはもう無いようにと釘を指します。公演後、ウンスはヒョヌの元気が無かったことを心配してテミンに尋ねます。ヒョヌを忘れることはないであろうウンス。いつもいつも心で語りかけてます。心配でジャンミに電話してしまうウンス。本当に好きなんだね。
スジンは父親にすぐヒョヌと結婚させてと頼み込みます。彼じゃなきゃ駄目、死んじゃうってなあ。助けたいなら、結婚じゃなくて援助を頼みなよー。
ヒョヌが動いていることをしったテミンはヒョヌの担当する商品開発チームを解散。ヒョヌの立場は益々悪くなります。テミンは「ひとます決定に従って、株主をあつめろ」と味方のふり。ヒョヌはテミンに「ウンスのことで何かあるのでは?」と疑いをむけますが、仕事と個人は別と言われてしまいます。
追い詰められたヒョヌにスジン父から、結婚するなら援助するという申し出が。ヒョヌ、ここでも拒否をします。いくらスジンが良いと言っても、スジンを傷つけるだけの結婚だから、道理は通ってる。でも、ヒョヌ母に根回しもしてるスジン。家族や会社のことを考えろと母親に責められます。やけ酒飲んで、「なぜ、最初から嘘だといわない。二度と笑顔には戻れそうにない。生涯にくむかも。去ってしまったから」と、まだ好きだから嘘でも傍にいてほしいヒョヌ。ヒョヌの帰りをつかまえたスジンに、「生涯こころはやれない。空っぽでも欲しいのか?なら、望みどおりくれてやる」と訴えます。スジンは「抜けがらでもよいからほしい。傷つけたから責任取るわ。彼女だって愛を取引につかった。あなたもそうして」と説得。これ、酷いよね。いくらウンスの望みと言っても、ウンスを悪者にしちゃってる。ヒョヌ「俺たちはイカレてる。」といいつつ、結婚の決心を。やけですな。でも、スジンはちょっと「やったー」って顔なのよ。ヒョヌは苦しんでるんだぞ!こういう所がスジン嫌よ。思いやってるふりしてるだけって感じ。母親は大喜びだが、ヒョヌは浮かぬ顔。
噂を聞いたジャンミはウンスに電話を。今度の土曜日。ウンスはこれでペンションに帰れるわ・・・と寂しくいいます。
テミンがウンスを訪ねてきて、傍にいてくれと頑張りますが、ウンスは実家に帰りますと宣言。最初からそこだけが私の場所だ。苦しみぬいて「愛は望んで手に入るものじゃない」と知ったというウンス。テミンも頑張るけど、相手にされず。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストダンスは私と一緒に16話

待ちきれなくなって、とうとうブロッコリの配信で先に全部見ました。16-18話はありえないほど泣きました。ま、突っ込みどころは満載なんだけどねえ。涙腺がゆるいんで、泣く=良いドラマとは思わないけど、展開はやくって感情のアップダウンが激しくなるように作ってあると思う。

16話
ウンスが心に決めた最後のスケート場デート。「その笑顔忘れないで、失った記憶は忘れてね」という独り言は哀しい。ヒョヌすんごく楽しそう。昨日のしょんぼりヒョヌとは大違い。ヒョヌは昨日あったことを言おうとするんだけど、ウンスはうまくかわす。ウンスって、けっこう口が立つっていうか、相手をいやにさせないように会話wp誘導するのが上手いよね。ヒョヌは「今日すごく奇麗だったけど、他の男にみせたくない」とか惚気ちゃってさあ。のんき者!
スジンはまだヒョヌに電話してくるし。ずーずーしいわ。
ウンスは一人で泣いてます。ジャンミはまだ帰ってないみたい。「ネックレスのせいであなたを苦しめたのね。あなたに懸った呪文を解いてあげる。だから幸せになって。」哀しい決断です。でも、その呪文はチャンホが望んだものなんだよウンス。
次の朝、株買い占めで集まるヒョヌ父、ヒョヌ、テミン。やばいけどテミンが味方するから大丈夫ってことになる。テミンは信じきられてる。その後、ヒョヌ父とヒョヌの会談。「経営の問題だけでなく、道義的にもスジンを放っておくことはできない。縁とはままならぬもので、意志ではどうにもならない。ヒョヌの縁はスジンなのでは。」と諭すヒョヌ父。ヒョヌは「ウンスと別れられない。」と宣言。ここではまだヒョヌ父はウンスが消えること言わないのね。なんとか、自分から離れてほしかったんだろう。ウンスを悪者にすることに抵抗あるみたい。
でも、職場にいけばウンスは辞職+行方知れず。探しまわるヒョヌ。ちょっと怒ってます。こんなヒョヌ初めてみるかな、前にウンスが消えようとしたときに仕事関連の人に当たってた時みたい。二人でいった場所など、夜遅くまでさがしまわる。スケート場で呆然とするヒョヌ。泣いてないけど目が泣いてる。降ってきた雪。ウンスも寂しくてスケート場に向かってたけど、遠くにヒョヌの姿を見て、そっと隠れてしまった。そして電話をスジンに。「約束守りました。もう2度と会いません。だから、あなたも私と約束して。一日一回は笑顔にする。晴れた日はバスケットをして。上手くないけど喜ぶわ。それと記憶がないことを気にしないようにしてあげて、(これって、初めに仲良くなった親睦会でヒョヌが言ってたことだな)、思いだす日が来たら”それは夢だったのよ”と言ってあげて」スジンは「ありがとう、約束は守るわ」 泣ける台詞です。スジンはありがとうだけじゃなくて、ごめんなさいを言え!!
一方、テミンに追われた前社長がテミンの裏をしらべてヒョヌ父に報告。テミンを呼び出し激しく叱責するヒョヌ父。テミンは認めて、強気に反撃にでます。父親の会社セジン化学のことも宣言。ヒョヌ父はそうとうショックで、首謀者が誰だったかを言おうとしますが、ショックが強すぎたのか倒れてしまいます。
ペンションまで探しにいこうとするヒョヌに、父親倒れるの一報が。枕元にたつテミン(悪い顔)は、過労+ヒョヌのことで心労と、さりげなーくヒョヌを責めます。興奮したヒョヌ母が、「ウンスはお父様に金を要求した。金目当ての女」とヒョヌを責めます。ヒョヌ認めたくなくて落ち込んでいる。留守番電話にウンスのメッセージが「ごめんなさい。始めから嘘だったの。貴公子みたいなあなたに見染められたくて、嘘をついた。交際が始まってからは揺れたけど(ちょっとだけ好きな気持ちが漏れちゃってるのがかなしい)、このあたりが潮時ね。騙すのも飽きてきちゃった。二度と私みたいな女に騙されないで。」(騙す、騙されないってのは、デートで「あ、猫!」という騙しに引っかかったヒョヌに、騙されやすいけどウンスがしっかりもので補ってくれるからっていうシーンがあって、それに掛ってる)ヒョヌ泣いてるけど、怒りが強そう。
そうはいっても父親の容態が気になります。ヒョヌ姉に「あなたが生まれたから、私の人生も狂ったし、母も苦しんで死んだのよ」と責められるヒョヌ。ヒョヌ辛すぎる。
ウンスは住み込みバイトでソウルに残ってます。ペンションはヒョヌが追いかけてくるからね。ウンスの行き先はテミンが手下使ってこっそりフォローされてます。
テミンは秘密を隠すため、前社長を拉致。ヒョヌは寂しさを隠して仕事をしてます。ジャンミにウンスの行方をきくヒョヌ。「嘘だなんて信じられない。理由もわからないから忘れられない」ジャンミは「彼女にはそうするしかない理由があったはず。そっとしておくのが思いやり」と諭すけど、「本当に嘘だったとしても、理由を聞くまであきらめない」とがんばるヒョヌ。
スジンはヒョヌ父の見舞いにきて、しっかりヒョヌの家にアピール。優しさなのか計算なのか。ヒョヌ母は「会社が大変だから、ウンスにはもう気が配れないから、待ってあげて」とか言ってますが、その頃ヒョヌはしっかりペンションに向けて出発してる。でも、ヒョヌ父の意識が少し戻り、ヒョヌはまたも病院に後戻り。(ペンションにどうしても行けないヒョヌ。もう3回目)ヒョヌ父、言語障害が残ってテミンの裏切りを知らせられない。ヒョヌの父を想う表情がとても良い。ヒョヌは荒れ気味でテミンと飲む。テミンにウンスについて聞かれ、「ウンスを見誤ったとは思ってない」とまだウンスを信じる発言をするヒョヌ。テミンはチャンホのことを持ち出して、ヒョヌを揺さぶります。ヒョヌはもともとチャンホ気にしてたから、ちょっとショックみたい。でも、まだ信じたい。ウンスっていうかジャンミの家の前で立ち尽くし泣くヒョヌ。マジ泣き。
テミンはヒョヌ父に勝利宣言を。株主総会、経営権はく奪の動議が出されます。ヒョヌは筆頭株主の権利をもつものとして、経営計画や実績をあげつつ対抗。テミンは自分の持ち株はヒョヌ側につくことを宣言しながら、丸めこんだ理事会などを使って、経営権はく奪を決定。(この過程は盛り上がったね。ドキドキした)でも、社長のテミンは残れちゃう。社長なのに・・・。これにパク課長は不信を・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラストダンスは私と一緒に | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。