• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 11(最終)話

学生さんたちの空気は嫌いじゃなかったけど、大己の妄想だけは最後まで受け入れられなかったなあ~。優しい視点なんだろうけど、時に無神経に見える部分があって、ムカムカすることがあった。大己が警察か探偵になる結論なら、すべてをチャラにしようかとも思ったけどね~。


どうでもよいんだけど、ゼミって言うのは一年じゃないの?劇中では一年たってるってこと?どうみてもひと冬しか立ってないよね。留学行くって話が出てから時間たってないしなあ。ま、いーか。
ゼミ終了を目前に、それぞれに今後の道を探るって展開なんだけど、まだ医者になるまで2年あるからなあ・・・。

あと、今さら教授に「想像するだけじゃダメだ」って言わせてたのはずっこけた。遅すぎるだろ。このドラマのすべては妄想で出来上がっているというのに。


正当防衛で殺してしまったと主張されてる案件。始めての殺人事件だね~。ご遺体は強姦未遂で逮捕されたことがある。
教授は、襲われそうになった女の子の怪我の方を見たりして、「正当防衛とは言い切れない」と判断。理事長の関係者だったこともあり、他所の大学に再鑑定されて「正当防衛の可能性が高い」ということになり大騒ぎに。転出を決意して、ゼミ終了と同時で教室を閉めるという教授。玲子さんがあとを引き受けることに。

大己は現場に行って、花をたむけてる同僚から話を聞くことに。「心を入れ替えて頑張ってた。奥さんも知ってる」とかいうだけで、正当防衛じゃないという心証を強める。ホント、甘いっていうか偏っているというか・・・。
遺体の起こした事件に関連があるんじゃないか?と言い出すけど、教授が求められてるのは、あくまでも法医学的見解だよね。

出来が悪いなりに、とりあへず法医学を極めてみたいというチンピラ君。亮介は辞めて父親のあとを継ぐという決断。オタク君は分析にハマったのもあって、科警研を目指して見ることに。っていうかCSIじゃん。アキは留学。

教授以外の人に教えられる気になれないといいつつ、当時の事情を調べてみる大己。珍しく、正当防衛を立証する方法を調べてみたり、学生らしいことをする。で、教授との話し合いの場に乗り込んで「正当防衛じゃない。殺意があった。殺意がなかったらあんな位置にナイフは刺さらない」と主張。

そもそもさあ・・・。教授はなんで診断基準を語らないの?いや、学生には自分で考えろってことかもしれないけど、自分はご遺体と女の子の傷だけで判断してる訳で、それをできるように学生に教えるのも仕事じゃね?
教授をやめさせられる原因は、あまりにも放任主義だってのが主要因。「自分は間違ってない」と思うから、やめるんだね。ご遺体を向き合うことからはみ出してしまうのは、声を拾おうとする情熱のあまりだから、それを信じたいっていう教授。うーん・・・。どうなのかなあ・・・。それで学生たちは失礼なことをしまくってて、「本当に声を拾うことってなんだろう?」って思うんだよなあ。学生が成長するためには、誰を傷つけても良いってことか??

大己は「助けを呼ばなかったのは死を受け入れたんではないか?」と語る。これは女の子の自供で補完された。それに「想像だけじゃダメ」と教授。確かにね~。
あと、ここで扱ってるのは、みんなが死を受け入れてるんですよ。そうじゃないと残された遺族が恨みを持つ形になったりして、「良い話」に落ちないからなんだろうけどさあ・・・。そんな都合良い話ないだろ~って思うね。

迷ってる大己に「そうやって考えてるってことは好きなんじゃないの?」とアキ。
で、大己の幼少時の話はなんだったんだろう~って思ってたら、最後にとって付けたように教授から話があったね。で「失われた命にも医学がある」とか言うんだけど、あんたは「医学」をほとんど使ってねーだろ。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 10話

亮介の病院の患者さんの解剖。抗がん剤が使われてるけど、量が間違えてると断定できない。適切なのかどうかっていうのは、医師の判断の領域でもあり、担当医の協力が必要。
「法医学ですべての事実が分かるわけではない」と亮介父が言っていたが、そういう結果に。
落ち込む亮介を見て「彼の気持ちを分かってほしい」という大己だけど、今の遺族にとって亮介の気持ちなんて関係ないだろう~。ホント、自分の半径50cmしか見えない男だな~。

亮介は、担当医を説得して投与の経緯を確認する。「過剰投与だったかもしれないのに、カルテを書きなおしたのでは?」というけど、「処置は正しかった」と担当医。

亮介は、転院してくる前の病院に行ってみることに。そこでは「その投与剤はありえない」と言われた。そこで、亮介は「真実こそが人を救う」と父親に訴えて医療ミスを認めるようにお願いする。で、亮介父は医療ミスを認める会見を。

テッペイ君は着々と分析にハマってますねえ。モルヒネが大量投与されてることをつきとめた。

大己とアキは作家の故人の経歴を調べていて亮介父と故人が同郷なのを知って、「まだなにかある」と当時を知る寮長に話を聞きに行った。
さらに、故人の愛用のボールペンを持っている亮介父。でもなあ・・・。それが可笑しいってのは変じゃね?故人への悔恨も込めて、そのボールペンを胸に刺して会見するっていうのもアリだと思うのよ。妄想で推理を展開するわけだから、その根拠にこういう荒っぽい部分を入れてしまうと萎える。ただ、今回は「当事者」が居るから、妄想が正しいかどうかはハッキリするパターンで、それは少しだけ良かった。

で、「尊厳死を認めてくれって故人に頼まれたのではないか?」という大己。しかし、亮介父の語るところによると、ガンの進行よりも早く腎臓の病気の症状を速めて自然死に近い形で亡くなったということ?で、遺族は「故人のわがままに付き合っていただいて感謝してます」と泣いてたけど、それで良いのか~。

亮介父は、罪を認めて警察に出頭。亮介は「最高の親父だと思ってる」と父に告げた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 9話

どうでも良いんだけど、真面目に法医学やってるのは真面目なオタクのテッペイ君だけなんだよねえ。アキちゃんなんて、留学してもやって行けるんですかね?


睡眠薬飲んでたことが分かって、防御そうもないことから自殺と判断されたケース。「あなたたちに関係ないじゃない。なんで事故死じゃダメなの?借金もあって、保険金がないと生きられない。私たちのために命を絶ったのに、死は無駄なんでしょうか?」」という遺族の訴え。

遺族のためにならない結果が出ることもある。大己は、「亡くなった人の声は聞いてたけど、遺族のためにやってるんじゃなくて、亡くなった人の声を聞くため」と大演説。そうかなあ?大己って「遺族に都合のよい話」をでっち上げてるだけだったじゃない?そんな大己にそんなこと言われると、はあ???って気持ちになるんだよな。っていうか、大己に挫折はないんだろうなあ。この自信満々加減じゃ・・・。

で、結局、自殺美化っていうか、家族への思いが読み取れるから遺族も頑張って生きろって形で落着してしまった。本当は単に苦しくて死んだのかもしれないし、凄い勝手に「遺族に都合のよい話」を読み取ってる気がするんだけど。それに、事故死だとしても、凄い頑張って働いていたから苦しんでてミスをしたってストーリーも組める訳で・・・。家族への思いは自殺したからとかじゃなくて、それまでの日常にこそあふれていて、遺族はそれを感じるものなんじゃないかなあ。
遺族が事実から何を読み取るのかってのは、それぞれ違って良いと思うんですよ。でも、学問的には立証できない妄想ストーリーに、「法医学」っていう裏付けがあるかのようにふるまうのは本当に正しいんだろうか?実際には、自殺の可能性が高いっていう事実だけが導かれている訳で、その先は妄想なんだよね・・・。

お父さんの素晴らしさや自殺は悪いなんてこと、赤の他人に語られたくないだろ~。無神経だよなあ。まだ、そんな話を聞ける状態じゃない訳でしょ?
心の準備ができたときに、お父さんを良く知る社員や結果報告書から知った方が、遺族にとっては良いと思うんだよなあ。だから、報告書を書いて〆るって形式にしてほしい・・・。これは最後まで変わらなかったですね。

今回、次回に向けての医療ミス問題とかまで挟んでて、かなり散漫な印象を受けました。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 8話

毎回、ゲストがホントに上手い人なんですよねえ。今回は、平田満さん。それで酷い脚本がいくらか救われてるとは思うけど、でも、やっぱり酷いものは酷い。
火災現場で、子供がカーペットに包まれてて、隣には警備員の今成さんという男性。両方が一酸化中毒死。放火か?ってなるけど、ストーブが原因。なんでカーペットで包んだ?ってのが気になる大己。結局、すでに死亡してる子供の遺体が黒焦げにならないように保護したって話。


テッペイ、素手でシャーレも酷いし、落として割ったからって手で拾うなよ・・・。悪いはどっからどこまでテッペイなのに、アキは凹み過ぎ。もう一寸、テッペイとアキを絡めておくべきだよなあ~。今まで、法医学を多少なりとも真面目にやろうとしてたのはこの二人だけなので、そこを上手く絡めておけばよかったんだよね。

テッペイが「人が死ぬってことを他人事だと思ってた。死んだ側になって考えた。」って辞めると言い出すけど、結論早すぎるだろ~。辞めるにしても上っ面しか考えてないじゃないか。

あと、大己が「亡くなった人の声を」という度に、妄想を繰り広げてるって意識ないんだな~ってビックリしちゃう。今までのも「最後の声を拾った」って思っちゃってるんだ・・・。そっちが気になって、リスクのことをちゃんと考えてみようともしない大己にガックリだよ。あんたは、そもそも探偵やりたいだけだから、法医学への覚悟なんて必要ないっすか?

今回は死んだ子供の方の背景は完全無視。あんたご遺体を差別しすぎじゃね??そっちの方は、両親が子供一人置き去りっていうイヤーな話になるから、そんなことを見たくない温ーい大己ちゃんとしては避けたんじゃんって思ってしまう。

アキちゃんが、とにかく法医学に没頭することにしたのは良かったね。

大己は、今成さんがCSIマニアってのを聞き出してきてて、それで説得。「人様にの死に首を突っ込む以上、覚悟は必要だ。ちゃんと覚悟してる」って今成さんはカッコよかった。
プロだった!って話なんだけど、どーも腑に落ちない。だって、法医学まじめにやってない大己に言われても・・・。っていうか、大己君は、法医学じゃなくて科捜研か警察に行った方が良いと思うんだよな~。最終回までに方向転換してくれたら納得するんだが!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 7話

スーパーはあんなにしっかり調べてるのに、もうひとつの買い物先である電気店には聞き込みもしてないのかよ警察。無能だなあ。ま、このドラマではそうなんだけど、今回は中途半端に調べてたので気になった。

あと、学生たちの無神経さは相変わらず気になります。皆、それなりに優しい良いことして書かれているので、「どうして遺族に対してこんなに配慮がないんだろう?」って思ってしまうんですよね。彼らが遺族にかかわる部分を、もうちょっと上手く理由付けできると良いと思うんだよなあ。

アキちゃんの思いは分かるけど、自分の気持ちの押し付けで、遺族になって一番辛い人の気持ちを考えてないよなあ。今までの妄想話を「遺族のためになるなら、裏付けがなくても助けにはなるからダメじゃないのかあ」ということで、自分を納得させながら見てたので、「遺族が納得しててもダメ」って路線を許容するのに、ちょっと自分の中でハードルがあった。
結果的に、解剖して末期がんだったと分かったから良かったようなものの、それを解き明かすことが亡き人の希望だったろうか?とも思ってしまう。あんなに死後の準備しておきながら、手紙一つ残してないってことは、よっぽど知られたくなかったんじゃないかなあとか、末期まで放っておいたのは手術でメスを体に入れるのが嫌だったからじゃないか?とか、色んなことを妄想してしまった。

ただ、妄想される奥さんの思いそのものは、夫への思いに満ちた感動的なものでした。ゲスト俳優さんも相変わらず渋いところを持って来てて安定してます。それだけに、大己にはあまりしゃべらせすぎないのが良いと思う。事実を語る→ゲストが故人の人柄から妄想する→それを事実で補強するという会話の形にしたら、もっともっと感動的で、なおかつ「他人が分かったような口を・・・」ってのがなくなるので。

ダメダメじゃなくて「ほんと惜しいよなあ」ってドラマだからこそ、消化不良感が強くて、ついつい愚痴ってしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 6話

メインは志田ちゃんだし。秋ちゃんの弟くんも印象的な登場したし、ゲストを豪華に使って、兄弟の関係についてはエピソードもベタながら満載で丁寧に書けたと思います。

だからこそ、やっぱり大己が踏み込まなかった方が、兄妹がちゃんと向き合って互いに語り合って、ドラマは盛り上がるだろうなあと思う。妹は知ってた・・・って部分は、きっとお兄ちゃんを守るために直ぐに言ったはずで、そこを大己が謎解きする必要はないんだよね・・・。
いっそのこと、秋ちゃんが向かい合うほうがマシだった気がする。大己が主役だから仕方ないのかもしれないけど・・・。ホント「大己のドラマにおける存在価値って何?」って気がしちゃうんですよねえ。

あと、せっかく「生者にかかわる」法医学を書くのであれば、やっぱり「死者の医学」って部分をここまでにしっかり書いてないと効果が薄いんだよねえ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 5話

学校の課題(引っかけ問題)で、「一人じゃないと凍死までの時間が長くなる」というのが、「一人じゃないから頑張れた」という結論になって、多少学生生活とのリンクが作れたのは良かったけど、脚本はもうこれ以上良くならないんだろうなあ。今回は、視聴者の多くが感じるであろう突っ込み所に対する言い訳台詞がいくつか入って、修正して行こうっていう意思は感じた。


エコノミー症候群が死因のカメラマン。同じ姿勢を続けてた・・・。
そっから先は刑事の仕事だよねえ。足取り調査っていうの?彼らがやるのは学生だからなのかもしれないし、教授は時間がある時に故人の人生に触れろって主義みたいで、「大学から連絡を入れて遺族の了解をとってる」というセリフが入ってたけど、でもなあ・・・。
大己は「何で?」キャラだし、他人の考えかたを「意味ない」と断じる性格だから、他人を思いやって死因を調べてるっていうドラマの中での書き方に違和感がある。

法医学をがんばってるCSIマニア君だけはマトモだな。なのに、なぜ亮介は「大己はすごい。法医学に向いてる」みたいに言うんだか・・・。

無理やり、「親を失った空白を埋めてあげるため」って言ってるけど、ほとんど会った時のない親の声なら、死んだ時の声よりも、「会えないときの日常の声」が大事じゃない?「事故死」だから、故人は「最後の日」と思って特別な思いを持って行動してるわけじゃないし・・・。元妻が遺品でもちゃんと調べれば、子供への思いが残ってる訳で、そっちの方が大事な気がする。
エコノミー症候群になるほど、仕事に頑張ってたって伝えれば、元妻も理解するよね。母親から、お父さんの思いを伝えられた方が、子供の心もほぐれるよね。「お母さんが面会を禁じた」っていうのも心の傷な訳で・・・。彼らが出しゃばることで、そういう可能性がつぶされてるのに、「ちょっとイイ話」的に語られるのが、どうも引っかかるんだよねえ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声 4話

うーん。もやもやする。脱落するかも。

冒頭で教授が「法医学は遺族のためにある」と言ってました。これが大事なのは分かるんだけど、このドラマって「遺族に都合のよい。遺族が納得しやすい話をでっちあげてる」印象が強い。推理に穴がありすぎて・・・。それを「遺族のため」ってOKにして良いんだろうか?「作り話」だって、だれも思ってないみたいなのが不思議だ。

若者の成長ドラマだから、そういう浅はかさがあっても良いという意見も分かるけど、成長を描くためにも「壁にぶつかる」「過ちに気がつく」という過程を描いてないし、未熟さを未熟さとして描けてない。

聞き込みが結局は真相(というか妄想)を引き出すって形で、「法医学なんて、たいしたことは分からない。」ってなってしまってる気がするし・・・。一応、アナフィラキシーショックや、大麻の摂取量は法医学で調べてるんだけど、その結果からは「大麻やって、自分で食べた」という遺族にとって辛い現実しか出てこない。それを、ミラクル妄想力で、かなり無理な「きれいなストーリー」を被害者の人物像から妄想。
だから、「法医学辞めない」っていう決断にも、なんで?って思ってしまって感動も何もない。刑事になったら?それとも三流小説家か?とか思ってしまう。

それに、死ぬと可能性の高いエビを食べるのを「プライド」とか言われても・・・。そんなのがプライドか??大して知りもしない人間の心情を好き勝手に解釈し、根拠のない妄想をのは、本当に亡き人に失礼だよ~。「疑って悪かった」とか言ってるけど、大麻やってたんだぞ~。

あと、殺人の容疑掛けて、「サイテー男」呼ばわりしてた男には「疑って悪かった」って言わなくてよいのか~。放置??
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。