• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ありふれた奇跡 11(最終)話

良かったです。人間関係のきしみをここまでじっくり書いた上で、殻を破って行こうとする勇気みたいなのがチャンとかけてると思われる。


捨て子問題がどうなるかと思ったんだけど、「きっとくる」と信じて待ってる所が、とっても二人らしかった。で、警察と言っても、自殺騒動の時の駐在さんに頼ることにしたんだけど、お母さんが戻って来てくれた。「いいんだろうか?」という母親を励ますのも、この人たちらしかった。何気に、翔太が頼りになってたしさあ。
で、二人でホテルに泊まるんだけど、疲れて寝てしまってる可奈。朝になってしまってたよ~。

翔太母と可奈母の面会面白かったね。性格違いすぎ。
しのぶとシルヴァーナは分かり会っちゃってさあ・・・。まあ、趣味が一緒だからねえ~。根底には通じるものがあるんだな、シルヴァーナさんも女装復活してたしねえ。「隠しごとだから面白い」ってのは分かるなあ。

職人の神部さんが、「上京して来たいんだけど、済むところもないし、同居したいなあ」って相談をしてきた。でも、お爺ちゃんの「俺の家族じゃなくて、お前の家になっちゃうよ」ってのも分かるんだ。出て行った息子が帰ってくる場所を空けておきたいって気持ちもあるだろうし。
神部さんは、お爺ちゃんが好きなんだけどねえ。「人間は怖い。一人で生きてきたんだ」というお爺ちゃんを、「他人じゃないじゃないか。信じたら信じてくれるんじゃないの?ずっと一人で生きるってこと?神部さんに謝れ」な翔太君。

お爺ちゃんが一同を集めて、「半人前の翔太と加奈で良いのか?」と思ってたけど、「用心のし過ぎだ。人生が広がらないよ」って言った翔太をみて、気が変わったという。孤独に殻に閉じこもってた翔太だから、可奈の殻を破ろうとする勇気が翔太には助けになってるんだね。普通に元気なだけじゃなくて、可奈も分厚い殻をかぶってるからこそ、翔太にあってるんだろうねえ。
おじいちゃんの「どん底ってのはこんなもんじゃない」というのは重みのある言葉だったと思う。
お爺ちゃんの「どん底だからこその用心」ってのは、可奈のお父さんが社会競争の中で持ってる用心でもあるんだよね。でも、シルヴァーナとして「用心しない自分」を持ってるひとでもあるから、コレが理解できるんだな。

藤本さんも仕事しっかりしてるみたいだし、元気になって良かったよ。神部さんもお爺ちゃんと同居だし、可奈の母と姑は一緒に人形作ったりしてる。翔太も可奈も仕事頑張ってるしね。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| ありふれた奇跡 | 18:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡10話

しんみり、ほっこりしながら見てても、しっかり「えー」って驚く展開があるのがこのドラマ。捨て子が出てくるとは思わなかった。捨て猫のエピソードとか、人形が捨てられるとか、モチーフとして提示はされてたんですけど、直球だなあ。捨てた母親は、突発的に行動して子供を持つ可能性を失った加奈にも重なる存在になるし、上手く出来てますね。

シルヴァーナさん再登場で、超キンチョーしちゃったよ~。

このドラマ、「銭」への迫り方に関しては、センセーショナルな銭ゲバ以上に、エグイ部分をグイグイとやってるんじゃないかとすら思う。客と店という金銭授受関係にある人間の関係とか、藤本さんのあまりにも金ない暮らしとか、お母ちゃんが顔合わせれば「金」って子供にねだるのとか・・・。それが主題じゃないんだろうけど、現実に生きるときには「金」が必要なわけで、そこがしっかりと枝葉の部分で書き込まれてる。


可奈はケルトの妖精の人形作りを始めました。お母さんの設定がココに生きてくるとは。

重夫ちゃんに連れられて、母親の家の方に行った翔太。なんとなく居場所がないっす。ポンポンと喧嘩する両親見て、びっくりしてる。お母ちゃんの愚痴を聞かされて、「優しいお爺ちゃん」にもセクハラ舅だったりする面が見えてきたり、お母ちゃんなりの苦労もあって・・・。

仕事ない藤本さんと翔太は、キャッチボールとかして、和むなあ。
藤本さんは加奈と話し相手にもなってくれます。加奈は死のうとしたときに止めてくれた人が居たような気がして、翔太に会ったときに「この人だ」って思ったんだね。

そんなこと聞いたら黙ってられない藤本さん。翔太のお爺ちゃんの所に、「助けてくれた二人だから、上手くいってほしい」って話に行ったりしてしまう藤本さん。「血筋をたどれば、みんな親戚みたいなもんじゃない」とかムチャクチャっす。でも、翔太は「仕事もないのに結婚とかないよなあ・・・」モードなので、「好き合ってるのに金がないとか言ってるんですよ!励ましてくださいよ!」と一生懸命。
お爺ちゃんは「結局は、仕事か金が欲しくてまとわりついてるんだろ?五万やろうか?」と厳しい一言を。藤本さんホントに苦しいから、本音を漏らしちゃうんだけど、「じゃあ、五千円ね」とか言ったので、「騙したな~」って藤本さんは傷ついちゃったよ。こういう汚さも含めて、藤本さんなんだよね。醜いけど、愛おしいなあ。
藤本さん、加奈の父親にもチャンと話しに行ったんだけど、こっちでも金で追い払われちゃう。確かに、ちょっと変は変で、親として警戒したい気持ちは分かるけどさあ。

加奈と翔太は、それぞれに藤本さんを心配してる。会おうってことになる加奈と翔太だけど、気持ちがすれ違ってしまう。加奈が「ケルトの昔話をして」ってねだるのが、凄く切実で泣けた。ケルトの話で、「どこを見ても現実ばかりだと息が苦しい」ということを弱さだという翔太に、「現実じゃないものを想像するのは強さじゃないかなあ」って言う加奈。
その喫茶店にシルヴァーナさんが???まさに、現実じゃないシルヴァーナとして行動する勇気!娘の言うことを父は実現してるぞ~!!しかし、後姿なんだけど、ドキドキしたよ~。バレなかったねえ~。
翔太はちょっと逃げ越しになってるけど、やっぱり加奈を逃したくない気持ちもあって、その衝動とずーっと向き合ってる感じだね。それが収まったところで、改めてプロポーズしたいのかな。

藤本さんの呼び出しで料亭に招待された加奈と翔太。???どうしたの?急に羽振りが良いじゃん。「もともとやり手の不動産屋やってて、紹介で日雇いで販売の手伝いしたら、金が入った」とか言ってるけど、なんだか痛々しいって言うか、これは自殺の前にムチャしてるようにしか見えないんだけど・・・。大丈夫か~。
藤本さんは、「自分のせいで死んだ」って思おうとして、状況が悪いのを「罰なんだ」と思ってきたんだね。だけど、大金を手にしてみたら、色んな「ダメだ」って気持ちから吹っ切れたって言う。分かるような気もするけど、ちょっと元気すぎて不安だ。「無理して生かして苦しめたんじゃないか?」という不安をかけてた加奈と翔太は、「良かった」と気持ちが先にあるみたいだね。

藤本さんの「二人が別れてしまいそうなのが嫌だった。勝手な都合だけど。他人は、そうやって色々思うんだよ」って気持ちに押されるように、いろんなシガラミを脱ぎ去って自由に生きようとする加奈。翔太も、やっとホテルに行く気になったなあ・・・。それで終わりじゃないって分かったからね。

で、その時に「具合悪くてトイレ行きたいから」って赤ちゃんを抱いててほしいってお願いしされた加奈。断れないよねえ。そのまま帰ってこない・・・。二人で母親を探すことになるのかな?これを通して、「子供」ってものを二人で見直す形になって、結婚につながっていくのかなあ?次回、最終回。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| ありふれた奇跡 | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡9話

重夫がナイス・キャラだよね。爺ちゃんの思いを伝える重夫なんだけど、翔太はカーッとなってしまってる。喧嘩売っちゃうし・・・。「知らん顔はしない。言うことは言う」というお爺ちゃん。「喧嘩が出来るだけ子供が出いるのはいいもんなんだ。だから、全面戦争だ」って・・・。
どうして家族を巻き込んでしまうのか・・・。一人っ子だからなのか。

加奈は混乱してきた。「理屈を言わないで」というお婆ちゃんのアドバイスは悪くない。

翔太は失業しちゃったよ。で、またまた藤本さんに相談に。なんつーか、こういう第3者がいるのが、良い息抜きになってるよねえ。「明日にはひっくり返るかもしれないのに。将来ばかり見て」というのは、いきなり仕事がなくなってしまったり、今を生きるしかない藤本さんらしい言葉。

で、忘れて「今だけ」見てみようって加奈。初めて会って初めてのデートってことで・・・。急に積極的になって、翔太はまた振り回されてるな。そんな器用なことが出来ない翔太君。全然関係ない、ケルトの話をせがむ加奈ちゃん。
翔太君の、「寂しい色、悲しい色も見える。自分だけが寂しいと思わなくてすむ」っていうのは、翔太君らしいね。今は、「そんなこと考えてない。自分を憐れんだりしない」って少し大人になっている。

「ホテルとってある」という加奈だけど、「もう終わり」と思ってるのを感じた翔太は「それは嫌」って。
そして加奈母と一緒にホテルに泊まることにした加奈。加奈はある程度ちゃんと受け止めてるけど、お母さんはまだなんだよね。で、自分の傷をさらそうと不倫の話をするお母さん。

藤本さんが翔太の家を訪ねた。仲良くしてたのに、、「諦めちゃダメ」とか言ったとたんに「てめー、ふざけるな」なお爺ちゃん。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 8話

しのぶママに腹抱えてわらい、四朗お爺ちゃんに泣かされました。やっぱり今期、一番のお気に入り。


加奈は話し相手がほしくて、藤本が駐車場係するモデルハウスに。子供部屋や、捨て猫との触れあい。そして「何も考えずに前に動いてしまった」と反省している加奈が、子猫を抱きあげたいという衝動に動かされて後を考えずに子猫を抱き上げてしまう。それは母性の発露でもある。
それでも、「私みたいな人間が、他人の子を育てて幸せになって良いのか?」というのが、加奈の逡巡なのね。

翔太はやっぱり凹んでるみたいで心配で、加奈父の朋也を呼び出した。
重夫がしのぶママ姿でシルバーナを呼び出したシーンで笑いこけてしまった。それもご近所。
しかし、「翔太は子供を持てない。養子を考えてるみたい」と言われてショック。おじいちゃん四朗さんは「翔太に確認しろ」とうるさい。
結局は翔太の母・律子に「聞きに行け」って行かせたんだ。翔太は「そんなこと調べるわけないじゃん」って少し考えて話そうよ・・・。馬鹿ー。

重夫は、加奈を呼び出して「翔太、なにも言わなくて。しょんぼりしてるので、どうなってるのかしりたい。結婚の見込みはあるか?」と直球で聞いてみた。加奈は「ありません」と即答。「翔太の体のことで誤解があるのでは?子供が産めないって思ってます?」な重夫・・・。「そんなこと思ってないです。」という加奈に、父が誤解してるようだって告げた重夫。加奈は居たたまれなくて「私が原因なんです」と言ってしまった。

翌朝、会社に行く前に、両親にも「子供産めないのは私なの」と言った。翔太を責めてほしくないんだろうし、加奈の真面目すぎる所だねえ・・・。「どういうこと?」となってる所におばあちゃんが。「お婆ちゃんだけには知られたくなかった。」な加奈さん。

重夫は「お前を責めてとんでもない。でも、あの子を手放すな」と翔太を応援。
翔太は、「時間をかけて気持ちを伝えたかったけど、父が聞き出しちゃったんだね」とメール。加奈は「家族に話した。仕事するのが精いっぱい」です。翔太のアーって声がリアルだった。

加奈の両親は割とドライに受け止めて対策を考えて、希望を持ってるけど、おばあちゃんの静江さんはショックを受けてしまってる。四朗さんに謝らないとって反省してる。でも、四朗さんは知らないの~。黙ってて・・・。
結局、検査しても結果は変わらず。中絶のことは言わなかったけど、子供が出来ないってことを静江さんが四朗さんに話した。意外に穏やかに受け入れてくれたけど、「俺は戦争孤児で・・・」っていう話をする四朗さん。この話の先に「やっぱり孤児の妻と結婚して子供が生まれて、死んだ兄弟の分までの血が詰まってる気がした。幸せだった」というのが来るのを知ってるから、やっぱり来て「こっちがお断りです」と四朗さんが言った時は、辛かったし泣けたなあ。年を取ってるからこそ「何かを残していきたい。子孫を残したい」という気持ちなんだろうなあ。

静江さん、倒れてしまって運ばれた。加奈に連絡が入って迎えに。貧血だったのか、良かった。四朗さんは「これが最後かもしれないから謝りたくて。あなたは立派なお嬢さんだが、私の気持ちは変わらない。済まない・・・。これは私の気持ちで翔太じゃない」と言い添えるけど、加奈は会えなくなるよなあ・・・。どっちの気持ちも分かるだけに、泣いてしまった。
お婆ちゃん、お母さん、加奈の女3人のシーンが凄く良かった。なんでもないシーンだけど、加奈の苦しみが分かるのは、やっぱりこの人たちなんだろうなあって思ってしまった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 7話

翔太は二コール・キッドマンが好きなのか。キツい美人が好きなのね。そして、今回の加奈はとっても厳しくて奇麗だった。

翔太は不器用すぎるよなあ。加奈は凄く思いつめるタイプなんだから、衝動的にアプローチしてもダメなのにね。
「簡単すぎるよ。結婚なんかしない」という加奈だけど、翔太はどんどんと動いてしまう。加奈のいないときに自宅を訪問したりして・・・。泥沼だ。
「子供がいらない」っていうのは本心じゃないというけど、翔太の過去のことで父親はガンガン責めてくる。これは発作出ちゃうんじゃないの?っていう責め方で、ドキドキしてしまうよ。「理由があるはずだ」って責めたてられてしまって、上手く答えられない。でも、可奈の母親が「そうやって人を責めて出世してきたの?」って父親に反論してくれたし、お祖母さんもフォローしてくれるけど、翔太は逃げ出しちゃった。がんばれ~って言いたくなるよね。
でも、あらためて自分の客観的事実を並べられると凹んじゃう。加奈は「仕事が向いてなかっただけ」とメールをしてくる。

加奈母は「死のうとした人なんて反対」と加奈に言う。父親が調べたって聞いて加奈は怒ってる。

メールでやり取りしてる間に、「馬鹿野郎」なんて言葉が出てきて、少し変わってきたかなあ。

加奈のお祖母さんが翔太の祖父を呼び出した。いいやつ何ですって言うお爺ちゃんの売り込みが愛情たっぷりでさあ。いい人だけど、結婚相手には頼りないっていうお婆さんの気持ちも分かる。

藤本さんは、養子縁組について調べたりして、凄くいい人だ。でも、その資料を加奈の部屋で見つけたお婆ちゃんが、「翔太は無精子症?」なんて言い出して・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 6話

引っ張ったわりに、驚くような内容ではなかった加奈の秘密。でも、そのことで翔太が「子供って見えてなかったんだな。でも、意識するとたくさんいる」といったように、今まで書いてきた親子の形、親の姿が別の色を帯びてくる。中盤まで引っ張った意味は十分にあったと思います。


あんなことがあったのに、藤本さんちに翔太も集合かける加奈。面目ないっていう藤本さんに、「平気」っていう加奈だけど、手を出そうとしたって聞いたら翔太は複雑だよなあ。それで「片がつくことは片がついた」って、そんな簡単なことじゃないだろう。簡単にしちゃいたいんだろうけど。
で、藤本さん経由で事情を話したかったという加奈。翔太の気持は、あとで藤本さんから聞くから、事情だけ黙って聞いてほしいという。「私の気持ちは考えないで、自分本位で考えて」と前置きして話し始めた。元彼は二人。一人目の彼の子供を妊娠したけど、二股掛けられてた。相手の女性も中絶したばかりだったから何もなかったふりをしたくて、海外でこっそり中絶した。そのせいで不妊に・・・。若くてカッとなって間違ったことをした。

ゆっくり考えろっていう加奈の気持ちを思うと、翔太も冷静にならないとダメなのに、全然冷静になれなくて、電話に出ない加奈を心配して加奈の家を訪ねちゃう。土壁の左官の仕事が施された家・・・。おばあちゃんがアッサリ受け入れてお茶を出した。
ひ孫が欲しいわあなんていうおばあちゃんに「そんなこと加奈さんに言わない方が・・・。、僕は子供作る気ないですから」な翔太。帰ってきた加奈に「すぐ言いたくて。子供なんていらないよ。子供のために結婚するんじゃない」な翔太だけど、「私は子供が欲しい。すぐ決めたことはすぐ変わる。簡単に言わないで」な加奈。もうグダグダ。

ママと藤本は子供を失ってしまったけど、可奈は自分で殺したんだよね・・・。その違いがあるから、可奈は自分を責めてしまうよなあ。だからこそ、「よく考えて」という加奈。

「祖母には”欲しいけどできなかった”ということにするつもりだった。怒ってるけど、かばってくれたのが分かるから怒ってない」とメール。翔太もまじめに考え始めました。子供ができたら嬉しいという父や祖父を思うとねえ。

神部(松重)さんの出稼ぎ設定が、ココにきて凄く効いてきました。寡黙だったのに、娘の書いた絵を自慢して饒舌になるんだもん。見せたくないのかと思ったら、「見せてって言えよ」とか笑っちゃった。

加奈パパは翔太のいない時に話したいって、翔太の家を訪ねる。重夫どぎまぎしすぎ。「はじめまして」の挨拶がしらじらしいぜ。笑ってしまったぜ。
で、「子供を作る気はないと息子さんは言ってるみたいですが・・・。結婚とかの話しになってるみたいで・・・」と話しをしてしまう。アチャー。「結婚なんてできないでしょう。環境が違いすぎる」なんていうから、反発するおじいちゃん。怒った重夫が「シルバナさん」とかさりげなく言うのには爆笑した。流石、風間杜夫。絶妙の間だった。上手いねえ。
で、重夫から「おまえのせい」と言われた翔太の母が翔太に会いに来る。こんな母親でも、翔太にとっては愛しい母で・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 5話

ありふれてないけど、ありふれてる。そんなドラマですよねえ。このじんわりと壊れていく感じ。
翔太が自分家の駐車場にコンクリ塗って修繕するシーンがありましたよね。アレを見て、翔太は「修復する人」なのかなあってぼんやりと思いました。流されてしまう弱さだと翔太は思っていても、加奈には誰かを救う強さに見える。

まずはお父さんコンビの女装問題。最後にするからって外に出てみた二人ですが、注目をあびる快感を覚えてしまった重夫は「やっぱり止められない」だって。「約束したじゃない」っていうときの一徳さんの顔が怖ええ・・・・。

加奈が、あのトラぶった喫茶店に行って謝りました。「片がつくことは付けておきたい」彼女の真面目で、融通が利かない性格は随所に見られていて、母のうつ状態に対しても「とにかく動いて解決しなきゃ」って前のめりなんですよね。疲れるだろうな~って思う。そして、人形にのめりこむ母親に似てるな~なんて思いました。サラっと祖母が「自分も恋したわ~」なんて話してましたねえ。

加奈の秘密は「子供が産めない。自分のせいで」ってことでした。どうしてなのかまでは語らなかった加奈。「今日はもう精一杯」という加奈の表情が凄く良かったですね。「前のめりに行動する」キャラクタであると同時に、「簡単に答えないで」と翔太をけん制するところなども、可奈らしいなあと思いました。翔太が「エイズとか?」と聞いて、誰もが簡単に思いつく理由は否定されたけど、本当の理由は何なんでしょうね。

そして、藤本さん。加奈と待ち合わせたバーのママの息子が交通事故に。自分の家族を失った経験がある藤本は、これに大きく揺れてしまいます。加奈が「突然何かを失った」人間であり、だから「理解してくれる」と感じている藤本。思わず加奈に抱きつきそうになったけど、モップで反撃。「抱きつける人間が誰もいない」「めずらしくない」「どうしたらいい」「生きていくしかない」のシーンは、陣内さんも仲間さんも素晴らしかったです。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 4話

翔太父・重夫と祖父・四朗の漫才には声出して笑った。今期一番面白いコメディだと個人的に思っております。

翔太の家庭訪問があって、彼の内面がかなり語られた。死のうとした理由を語ったことで、彼は少し解放されたんでしょうね。禁じられても下半身だけで踊るアイリッシュダンスが好きだという翔太。だけど、「みんなそうだよ」って口癖のように言う翔太は、まだ何かを恐れてる。
しかし、キスシーン奇麗だったね。トラックで加奈を送って行った翔太だけど、「少しスピードを緩めよう。恋愛、怖いんでしょ?」って。でも、近所の人に見られて、顔を上げられなかった翔太。

互いに環境が違うことで、相手の現実の世界を「夢の世界」と感じるというのは、辛い現実を生きる彼らが惹き合う理由を端的に語っていたと思う。

藤本は相変わらずですね~。拗ねちゃってますね。ウザいけど、憎めない感じになってきた。

加奈の母・桂が「やる気が出ない」となってしまう。「話さないと」っていう加奈。何かを話せないでいる加奈だからこその言葉。抱きついてきた母を抱く仲間さんの表情は良かった。
桂の落ち込みは、先生と呼んでる浮気相手がウィーンに行ってしまうから。訪ねたアトリエ。あの作品を買ってとったという先生から、人形を買い戻そうとする桂だけど、何もかもがうまくいかない。古新聞にくるまれて、輝きを失ってしまった人形。

加奈、「子供のいない近所の人に可愛がってもらった」という話に、微妙に反応してたね。

加奈が翔太の家族と撮った写真を見つけたお祖母ちゃん。それを見た加奈の父・朋也はびっくり。なんと、重夫と顔見知りなのか~。なんで?「バレタクナイ」って、どんな秘密??って、予告で女装してた~!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。