• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

あの青い草原の上で 52(最終)話

終わりました。テウンさんがとっても凄く良い人で、苦労を学びの場として捕えている。イイヒトすぎて困ったことになったり、迷惑かけたりするけど、チャンと見ててくれる人もいる。
そして、テウンさんが凄く良い人なのは、彼自身が過去に人を傷つけたという悔恨があるからなんですね。テウンさん本人の語りでしかなかったけど、若い時は悪くて、父親にとても迷惑かけたっていう後悔がある。
そして、彼の生きざまが、テウンさんの母オッキや、ハラボジの大きな罪の問題にかかってきます。罪を犯した人間の苦しみ、恨み続けて生きることの苦しみ、赦すことで再発見される美しい思い出。オッキさんが、テウンさんから赦されても自分で自分が許せず、だからこそハラボジも許せないという気持ちを持っている。でも、テウンの赦しをとおして、ハラボジを赦そうという気持ちになる経緯はとても良かったです。
復活」「魔王」のキム・ジウ脚本×パク・チャンホン監督作品。ホームドラマなんですが、根底に流れる「赦し」の過程を描く姿勢は共通したものを感じました。

テマン×スノのパートは、ちょっと詰まらなかったかなあ。献身的な愛が恨みを溶かすというパートなんですが、スノがちょっとしつこすぎた。


ハラボジ死去。娘二人は、父親を苦しめたと大泣き。エランさんなんて、事情を聴いた後にじっくり話す時間もなくて。謝罪する機会を与えれば良かったという悔恨が残ります。
オッキさんがジョンナンに「一緒に荷を下ろそう。あなたも重荷だった。私も恨んでいるのは辛い。楽になりたい。もっと前に許すべきだった。」と語ります。ジョンナンは何も言えなくて、ただ謝罪するばかり。オッキは「ヨノをテウンにくれた。ヨノはお金には変えられない子。それだけでありがたい」と語る。

テウンさん、「一緒に生きる」という意味でヨノの子供にハンギョルという名前をつけました。生きようとしてくれるようになって本当に良かった。

テウンさん手術。本当は入院前に皆で食事でもって思ってたけど、倒れちゃって緊急入院。手術の前に、自分の鼓動を聞かせて「心配しないで」って言うテウンと、「心配なんかしてない」と言いながらポロっとなくヨノ。

しかし、手術前日まで新人社員のためのスピーチを行ったりして、「約束だから」とか言ってる場合かあ~。でも、いい話なんだ。「働くことの意味を教えてくれた市場の人(って、一話で見せてたな)などとの触れ合いを通して、豊かな人生のあり方を知った。辛いこともあるとおもうけど、人に対する希望を失わないでほしい。自分に対する希望を失わなければ、奇跡は起きる。この世に理由なく生まれたものはない。辛いことに出会っても堂々と歩いてほしい。皆さんを待つ人がどこかに必ずいる。私も希望を持って歩む」と・・・。がんばれテウンさん。

その場で倒れちゃったりして、どうなる事かと思ったよ~。ヨノが、プレゼントした夢の家のジオラマを持って行って励まそうとするんだけど、ジオラマにはテウンさんの手紙が。「君に出会ってから、僕の人生は喜びに満ちていた。こんな奇跡があるなんて。ありがとう」と。
手術室に向かうテウンに、ヨノが「愛してる」の手話をやって、それは流石に泣けたね~。

スンミンとエラン。「大丈夫。父が亡くなっても何も変わらない。」と言ってるエランだけど、泣いてしまう。後悔しないように素直に生きるって言って、エランからスンミンにプロポーズ。可愛いねえ。

テマンは仕事も決めて、「大丈夫だから留学しろ」ってスノを送り出します。

で、後日談。ヨノは病院から帰宅。息子のハンギョルは大きくなって、スノは留学から帰国。家族も仲良くやってる様子。エランとスンミンは結婚してエランは出産です。お似合いだね~。
で、テウンさんはどうなったんだ~と気を持たせたところで、最後に「あの青い草原の上」の家でテウンさんとヨノ。絵にかいたような幸せで、ホント良かったよ~。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で 51話

ヨノ、オッキにテウンの病気を告白。大泣きのオッキさん。
テウンさんが仕事から戻ったころには落ち着いていて、「私が捨てたから苦労して、病気になってしまったのね。私のせいなのに」と静かに泣く。そんな自分をテウンは許してくれたってことが、ハラボジを許す心につながっていくみたいだね。
ハラボジに会いに行って「死ぬほどの苦しみが罪の代償かも。でも、私は許せない。テウンも苦労しなかったし、こんなことにならなかった。あまりに不公平だ。ハラボジは健康で裕福なのに、テウンは病気なんて」と話します。

ヨノは「テウンを助けたい。生きていてさえいれば」という思いで、病院を休んでフォローすることに。お母さんは「過去の罪のことで怒ってる」と思ったみたいだけど、ヨノは「それどころじゃない」と病気の説明。

それなのに、テウンはなかなか休暇も取れない状況で。でも、仕事を休んで「行きたい所がある」ってヨノとドライブへ。大きな木を見て「誰にも知られずに、ずっと生きてきてる。世の中のどんなものにも意味がある。辛くても、生きていることが美しいことだ。僕はヨノさんの気になりたかった。君に日陰を作ってあげたかった。ヨノさんを一人にさせるかも。」と語るテウンに、「もしもそうなっても後悔しない。あなたの思い出があるからそれだけで良い。だけど、まだ私の手を放さないで。」とヨノは語る。テウンはやっと手術を決意したんだね。

そして「手術の前に重荷を下ろしたい。恨むのは辛いことだ」と母親を説得。「もともとはオッキのものだから受け取って欲しい。全財産を使ってもテウンを救いたい」というハラボジだけど、オッキは「こんな汚いお金は受け取りたくない」という。しかし、ハラボジはまた発作を起こしてしまいます。「すまない」と言い続けるハラボジが、「生きてる方が辛いこともあるが、生きてくれ」とテウンに語る。
オッキさんも流石にハラボジと和解。もともとは可愛がってもらってたんだもんなあ。ハラボジは、そのまま逝ってしまいました。最後に和解できて良かったね。

エランが荒れてるのを見て心配してるスンミンさん。イイ人だよなあ。エラン、不安だったのもあって「抱き締めてほしい」とか言って。これで丸く収まるなら、それはそれで良いのかもなあ。

テマンはスノと一緒に帰って、両親に頭を下げた。でも「これから頑張ります」はダメだよねえ。まずはチャンと真面目に生きるのを見てほしいってテマンも言ってたし、頑張ってからだな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で 46-50話

いつのまにかシーズン3になってた。この話からかなあ?

46話
ヨノとテウンは相変わらずのラブラブ夫婦。オッキさんから、ヨノに「父から貰った指輪なの」ってプレゼントがあったりして、嫁姑関係も良好。ヨノと結婚してから、テウンの仕事も上手く言ってるし、彼女が家族やテウンに明るく尽くしてくれてるもんねえ。オッキさんも、テウンの真面目な姿を見て、今までの自分を反省したみたいだし・・・・。

会社では顧客支援チームを拡大することになり、テウンに室長を売らないか?って話が来る。しかし、テウンは「今の仕事が好きだし、まだ未熟だから」って、固辞。

それなのに~。テウンの検査結果は悪性の特殊な肺ガン。手術にもリスクがあるし、とにかく検査入院しろと言われてしまう。手術しなければ余命は平均1年。「誤診だ」と思うけど、再検査の結果だからなあ・・・。
テウンさん、とっとと入院して~。なんだけど、一人で抱え込んじゃうみたいなんだよね。可愛くて、守ってあげたいヨノのことを思うと、苦しめたくないんだろうけど。
ヨノとのデートの待ち合わせ場所で、近くまで行って苦しくてへたり込んでしまってるテウンさん。
落ち着いてから、ヨノの好きなこと何でもするってデート。テウンの切ない顔が・・・。ヨノは「来年、二人で旅行に行こうね」なんて言ってます。またチェリムが可愛いのよ~。「見ていたい」っていうテウンの気持ちが分かるなあ。何も知らないヨノは「死ぬ時は1番幸せだった瞬間に戻るんだって。テウンさんはいつ?私はまだ分からないなあ。天国で会えるように、一緒の瞬間を選ぼうね」なんて無邪気に言ってる。テウンは「父さんが死ぬ時、すまないと言った気持が分かった。先に逝く人は忘れるが、残された人は思い出を抱いて悲しみながら生きていく・・・」と、涙してしまいます。ヨノは、父親を思い出したんだとしか思って「次のお休みにお墓参りしてお父さんに会いに行こう」とか言ってるよ。気が付いてあげて~。忙しくなったからだと思ってるのね。

ヨノの方は妊娠!まずは母親のジョンナンさんに報告。そして、テウンにも早速報告。凄くうれしそうなヨノと、ビックリのテウン。喜ぶよりも「残していく者」のことに思えて泣きそうになってしまってるテウン。「家族が居るんです。死ぬわけにいかない」と医者に訴えるテウンさんです。

テマンは結局は社長と別れることにしました。ヨノに「スノが心配だから、姉さんからってことにしてお金を渡してほしい」とお願いするテマン。「お金じゃなくてテマンさんが必要とされてるのに」とヨノは言うけど、「迷惑かけるから」ってテマン。
ヨノは「テマンから」と言って渡した。

スンミンさんは「僕が好きでしょ。素直になって。時間の無駄」とかエランに言ってる。エランも気が強いんで、しっかり反撃。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で 45話

助けた人が社長の母親で助かったテウン。家族そろって、あの社長の家に招待された。テマンのことはあるけれど、幸せな一時。誰かを休ませる大きな木のようなテウンさん。テウンを休ませる気にになりたいというヨノ。良い夫婦だなあ。

ジョンナンさんも「テウンさん痩せてない?」って心配してるし・・・。テウンさん会社の病院行ってみたんだね。「何でもない」って言ってるけど、大丈夫かあ。

で、チョさんの問題。ヨノ父が対応を始めたけど、なかなか難しいよね。ヨノが離婚になっても良いのか?って言われるとなあ・・・。で、「何があってもヨノを守ってくれるか?」とかテウンに聞いちゃうんだな。
で「すべてを打ち明けよう。そうしなければ、苦しみ続ける」とハラボジを説得。

エランとスンミンさん。エラン、見合いが気になるんじゃん~。素直になれ。

スノとテマン。スノは出発の準備も終えてしまった。逃げらられると思ったんで、女社長に「別れよう」とか言い出したテマン。「スノにしてやれるのは手放すことだけ」とか言うなら、今は大人しくしてろよ。女社長が、そんなの許さんだろう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で44話

テウンさん、ボケたハルモニの世話で遅刻しそうに、交番に連れてったら「行かないで・・・」とか言われちゃって、「すぐ帰ってくるからね」だって。
頑張って走ったけど遅刻。っていうか、食事させてる時間が無駄だったよな~。とっとと交番に行けよ・・・。そしたら、探しまわってる家族だって早く安心できたのにね。イイ人なんだけどなあ・・・。

遅刻したら、相手にされなくて仕方ない。始まってるプレゼンを遮るのも失礼だよ。テウンさん一人でやってる仕事じゃないから、そこも考えてほしいよ。スンミンさんが「事情があったのだろう」って防波堤になってあげてるけど・・・。始末書に。期待を裏切ってしまった・・・とテウンも反省。
事情を「個人的なこと」としか言わないテウン。ますます問題が大きくなって、スンミンも庇いきれなくなる。
会長の呼び出しを受けたテウンさん、「認知症の人の面倒を見てて。再び同じことをします。会社に迷惑をかけたことは申し訳ない。」っていうけどさあ・・・。トットと交番に連れて行かなかった所を反省しようよ・・・。それを黙ってるのはどうなのよ?
会長は、テウンさんの強い意志に感激してくれたみたい。それも「感謝してる」って、あのハルモニの息子だったりするか?

ヨノ達家族が温かく迎えてくれる。足のマッサージしてくれたり、良い嫁だなあ。明るいから良いよねえ。まあ、実家に頼れば食うには困らないからってのもあるどろうけど。

テウンがジョンナンを、ヨノがテウンとオッキを気遣うから、両方の親は「うちの子は困ったもんだ。相手がいい人で助かってる」って感じになって、だんだんとシコリもとれてきた。

チョさんがハラボジに接触。ハラボジはヨノ父に「話す勇気がなかった。騙して生きてきた。私は泥棒なんだ」と告白。怖くて逃げて、正気に戻って病院に行ったら、もう死んでたって言うけど、金は奪ったままなんじゃん・・・。

スノの留学。「心が収まるまで離れた方が・・・」って感じで両親もしぶしぶ送り出す方向に。
でも、敵の組がテマンに「お前が捨てた女をもらってもいいか?」なんてスノに接触することを匂わせて脅してくる。「早く留学しろ」というテマンに、「そんなに邪魔?」なスノ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で 43話

テウンの昇進を喜ぶ家族。久々に嬉しい話で、ドラマも明るくなったよ。スンミンさんもバックアップして、新たな大口顧客の公開入札の準備が始まります。
ヨノは、テウンさんの夢の「草原の上の家」の模型を作ってプレゼント。ホントに素晴らしい嫁だなあ。テウンが感激するのが、良く分かる。

結婚後の初めてのデート。家を買いたいから節約デート。それに、テウンさんは「行きたい所が」ってヨノの実家に。気がきくねえ~。それに、食事代が浮くし!ヨノが幸せそうで、ジョンナンさんも一安心。

それなのに~。テウンさん、疲れてるみたいだし、あの秘密を知るチャさんが姿を現しそうだし・・・。不幸の影が・・・。

スンミンさんとエランのデート。スンミンさんの遠慮ないところに、エランはあきれてるな。一方、「見合い話があるんですけど~」とか、スンミンさん楽しんでるな。

テマンとスノは暗いねえ~。どっちも暗すぎる。
テマンがやっと実家に顔を出した。末っ子のテヤンが号泣してた。寂しかったんだね。スノの体調がずっと悪いと聞いても「時間がないし、結婚する」と行ってしまおうとするテマン。
スノ両親は「謝れ~」ってテマンに言うけど、「何もなかったし、好きでもない」とテマン。スノ母は「あんな奴お断りだ~」って怒って当たり前だな。
スノが追いかけてきた。テマンは結婚すると告げます。スノは「その方が幸せかも。あたしに出来ることは何もない。でも人生を諦めないで。怖いのは良○子じゃなく諦めること。」と・・・。テマンは、追い打ち掛けるように「お前に出来ることはない。人生に正解なんかない。好きなように生きて、自分の道を走るだけだ。」とカッコつける。スノは「どんなに好きかあなたが知らないようで不安になる。少しで良いから覚えていて、思い出したら呼んで。呼ばれたらいつでも会いに行く」と、しつこいなあ・・・。
スノは留学するからって言い出した。両親は心配して反対。

テウンさん、大口の入札に向かう途中に、ボケで徘徊してるハルモニの面倒見て、どうやら遅刻してしまうみたい・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で41・42話

41話
テマンは「巻き込まれただけのはず」って言ってるけど、自分から飛び込んで行った面もあるよなあ・・・。オッキさんは「すべて私のせいなんです」と女じゃ長に泣きついた。

ヨノは、テウンを励まそうと、契約とれたことを祝おうとそっと連れ出してケーキでお祝い。「テマンさんだって喜ぶよ。家族を代表して祝う。ね?」って良い嫁だなあ・・・・。家事は出来ないけど。

テウン、病気か???やーめーてー。ヨノは心配してるのに、「ヨノさんみたいら元気にある」とか言ってさあ。そんな場合じゃないって、体を大事にして。

スノは「情状酌量だってある。帰ろう」というけど、「信じてもらえない」とテマン。でもなあ・・・。「殺人犯になるかも?」と思うなら、無事を祈るくらいしようよ・・・。
スノは一緒にいられるだけで幸せっぽいし、テマンも愛情を感じてるみたいだけど、それでいいのか??電話だけしたテマンに、テウンが「正当防衛と証明してやる」と説得してるけど・・・。
女社長が見つけ出して「罰金で済むように手を回してあげる。取引する」と言いにきた。条件は、彼女の元に戻る事。でも、「何をたくらんでる??」なテマン。社長は「利用しようとしたのはお互い様。あなたを渡すのは嫌。使い捨てたら惜しくなった」だって。はあ?だよね。
でも、家族もスノにも迷惑掛かると言われたら、テマンは飲むしかないよね。置手紙して消えちゃった。

スノの家族は「男らしくない。逃げ回ってるなんて」と怒って心配してる。


42話
テマンはソウルに戻り「解決できそうだ。スノを頼む」とテウンに電話して、スノの居場所を連絡。
しかし、スノはテマンの家にやって来てる。女社長と一緒のテマンは、スノを撥ねつけるけど「無事で良かった。一緒に家に帰ろう」と。粘るなあ。

結局、スノは自宅に戻りました。スノ母の嘆きは凄かったね。何もなかったと聞いて安心してたけど、スノが本当に辛そう。

テウンは「あの社長は心配だ。俺が示談金を出すから。スノはどうするんだ?」とテマンに。心配だけど、素直じゃない。

テウンは仕事の方は順調。この前の大口顧客の人が次の仕事を紹介してくれたりして、仕事の幅が広がって来てる。でも、「コネなら・・・」とか硬いよなあ。ヨノ実家の紹介もあるしね。友達にも仕事回したり、いい人だ。支店長代理にもなったよ。しかし、忙しいのは良いことだけど、体調が・・・。

暗ーい展開の中、スンミンさんとエランのパートは普通に恋愛してますな。スンミンがオペラに誘ったりして・・・。エランは全然、その気がないみたいだけど。まんざらでもないでしょ??
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あの青い草原の上で 40話

テマンに逮捕状が出て実家に刑事が・・・。暴力団抗争で相手に重傷を負わせた罪。オッキさんは騒いでテウンに「あんたがヨノにかまけてるから~」って言うけど、テマンのグレグレはずっと失踪してたオッキさんへの思いが要因だよね。テマン本人が悪いんだけど、テウンのせいではないぜ。
ヨノが「スノが何か知ってる」と言い、泣く下の子たちをフォローしてる。

テマンのところにはスノが探し当ててきたけど「帰れ」の一点張りで、俺は逃げるって行ってしまう。スノ「連れて行け」って絶対に足手まといだろ~。でも、身を呈して迫ってくるし、グダグダもめてる場合じゃないし、連れて行くしかないよなあ。
とりあへず離れてから「帰れ」と説得するけど、スノはしつこいっすよ~。「何も言わないからそばに居させて」って、あんたは絶対に説教しちゃうって・・・。
しかたなく、旅館に泊まることに。怪我も治療して穏やかな時間を過ごす。「母さんが出ていく前の日」の話をしながらも、「弱い人を恨んでも仕方ない」というテマン。
スノは、二人だけでいられて幸せみたいだけど・・・。

テウンは、テマンの家に行って「結婚するといってた。信じられない。」と訴えるも、「弟さんはいつも暴力をふるってましたよ」と言われてしまう。
がっくりのテウン。自分が荒れてた時に父親が救ってくれたわけだし、今度は自分がテマンを救う番だと思ってただろうからなあ。無力感で押しつぶされそう。

スノ家では、スノが帰ってこないのを見て、叔父さんが「テマンと居るに違いない」と言って大騒ぎに。当然、オッキさんに「どうしてくれる」ってなるよなあ。

ヨノ実家では、知人の検察やら記者やらに働きかけて、示談で済ませてもらう方向やらも探ってくれてます。

そんななかでもテウンは仕事もしないと。会いに行った会長は、前に「役員用エレベーターなんて」と批判しちゃった相手だった。アチャー。でも、内容も評価されたし、室長さんは新婚旅行の時に偶然に前に助けた人だったりして、信頼も得ましたよ。こんなときでも、大口よりも先の顧客との約束を大事にするテウン。テウンは、いつもいつも顧客第一で超いいひとで一貫してるから、優しくした人の一部と偶然に会うことになっても、不思議じゃない。単純に良かったね~って思える。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。