• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

漢城別曲ー正 7・8話

漢城別曲 [DVD]最後まで、官職と名前が覚えきれなかった。レビュー中で右相と書いてるけど違うかも。王の側近官僚で若い感じの人のことを、右相と書いてます。
それでも、凄い面白かったです~。叶わぬ夢を見ながら、それが正しいのかと迷う人物たちが、魅力的でした。


7話
旅立つサンギュに「連れて行って」というウォルヒャン。寄り添って旅に出て幸せそうだが、行き先も決まってないのか。

ナヨンは、王へ八角を使うように言われて取りに行った。そこに、毒薬かないかのチェックが入って危機に。しかし、サンギュ父が「こんな高価な薬をゾンザイに扱って」と誤魔化して回収し、尚官に手渡した。

王の治療は始まったが症状は悪化し、気を失いそうに。ナヨンは王に八角を煎じた薬を運んだ。「父の恨みを捨てられない。」というナヨンに、「私もだ。お前の父が夢見た世の中を見せてやりたかった。お前の父は、妻と娘を一緒の墓に埋めてくれと頼んだ。あの墓は、お前の父の墓だ・・・。煎じ薬を疑ったが、もう手遅れた。お前の父のように、信念のために俺は死ぬ。お前の父が私に託したように、私もお前に夢を託す・・・」そうして死ぬと分かってる薬を飲んだ王。
「いいか、生き残れ。新しい朝鮮を創る夢を・・・」というのが絶命の言葉。

崩御。王の側近は太子を守ろうとするが、軍が攻撃してきて政権が奪回される危険が。

ナヨン。「自室で待て」とわれたが、危険を感じて逃げ出した。マノの手下が門を押さえて迎えに来てた。しかし、尚官に見つかってしまう。

尚官の協力者が集められた。黒幕はやっぱり大妃。「階級制度を徹底し、王の権力を強め、反乱を抑える・・・」と宣言。官に頼らずに、商売の力で冠位の撤廃をしたかったマノは呆然。

王と親しかったカン大監は、危険な宮殿にかけつけてでも、王のおそばに・・・という。王の命令なしに軍を動かそうとしていると知って、「王は理由のない出兵で民が傷つくのを恐れて、粛清はしなかった」と主張。
官僚たちが「暗殺では?犯人は?」と相談している所に大妃が登場。犯人捜しでなく、即位式をして、院政を引けという。そこにナヨンが駆け込んできて「王は暗殺された。私が王に・・・。命令したものが居る」と宣言。

しかし、官の中にも一派が居て「あんな女の言うことを認めるのか?」なんて揉める。しかし、大妃は「命令したのは誰か?死んでもらう」と強気の発言。ナヨンは「今は言えない・・・」という。官僚たちが「まずは調査を・・・」と主張し、即位式と同時進行で調査が行われることに。ひとまず、進軍は中止された。

ナヨンは隔離されることになる。これで、尚官も手が出せない。賢いな~。
マノは「拷問をうけてばらされたら、尚官も私も危ない・・・」と尚官にナヨンを脱獄させるように訴える。出来ないと知ると、自分が罪を申し出て、牢獄に入るマノ。

大妃が黒幕と知った官僚も、「あの場で事実が明かされたら、私たちは殺されてた。ナヨンに救われた」と感じているし、大妃が強権を振るい官を蔑ろにするのをけん制したい。王派も事実を知りたい・・・。
調査官選びから、各派で権力争いが始まる。そんななか、王反対派がサンギュを調査官に選定。王に親しいものであっても、とにかく調査官が選べないと両派ともつぶされてしまうから、譲歩したんだね。サンギュには急所もあるし・・・。

調査官が任命できなければ、ナヨンは処刑される。マノが馬を駆ってサンギュに会いにきた。「私は死んだ身だ」というサンギュに、膝をついて「人として身捨てるのは酷すぎる。世の中のせいにして逃げるな」と説得。ウォルヒャンが「戻るべき。彼女を救うべき。彼女はあなたを救うために仮死状態にしたのだ。」と背を押した。

ナヨン処刑のギリギリで、サンギュ登場~。ナヨンは、サンギュに「王の命をうけた」と告げる。”ナヨンの持ち物の一つが王の密旨。それを王の意志を継ぐ者に渡せ・・・。”という王の言葉を受けて、ナヨンは行動している。
ナヨンは「夢はかなわないと思う。それでも諦めない。希望を失うのが怖いから。協力してほしい。密旨を探して」というが、「私は取引をしてもナヨンを救う。そのために戻ってきた」というサンギュ。

軍を動かして反対勢力を制圧使用する王派だが、「王の命令=勅旨がないと軍は動かせない」と主張。

サンギュは、居場所を失った父に叱責された。「お前や家族を守るために、権力を守ってきた」という父の主張に、「守るものが違うのだ」というサンギュ。

ナヨンは「御助けを。私の口を封じたという噂や疑惑が晴らせる」と大妃に訴えるが、「下々のもののいることなど気にしない」な大妃。「命令したのは、右相だ」って、ええ???

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 漢城別曲-正 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

漢城別曲ー正 5・6話

面白い~。相変わらず、官吏の皆さんの名前が分らないんだけど、それでも面白い。
5話
ジュピルが危ない!サンギュは追いかけたけど間に合わず。落馬。ジュピルは武術に優れ、なかなか倒れない。サンチュンと対峙。マノも加勢して、やっと倒した。サンギュが駆け付けた時には、虫の息のジョンピル。「だから話せなかったのだな。お前一人で辛かったろう。あきらめるな」と泣かせることをいうジョンピル。

譲位をほのめかす王に、過去の例をあげて反対する官吏。大妃までが「失望した」と宮殿を出ようとする。

サンギュは、なぜジュンピョの現場にいたか?と問い詰められる。サンギュは、マノを逮捕。マノは「後悔するぞ」と騒ぐが、サンギュも目が据わってる。「お前に学んだ」と脅しつけるサンギュに、「私が死んだら、あなたの母も父も、あなたも終わりだ。お城様は救えない。勝ちたければ、権力か金を手に入れろ」とマノ。サンギュは激しい拷問を行い、口を割らせようとするが、横やりが入ってしまう。
マノは、「サンギュの父も、私も危なかった。そして、ナヨンを操る人間も殺しを指令したはず・・・」と、自分が先回りして殺したことを正当化。「お嬢様も人殺しなんですよ?」という言葉を浴びせて、サンギュを打ちのめす。

ナヨンは、同じく殺し屋の医女とおつかいに。「やめたいなら、代わりの者があらわれるのを待つしかない」と言われた。
チョ尚官の橋渡しで、ナヨンと会ったマノ。「ファンを殺したのもあなたか?」と問われ、「アガシが強要されていると思ってしまい・・・」と弁明。「王を殺せば、命が危ない」と、必死に止めるマノだが、ナヨンの心は変わらない。マノは、ナヨンを昔の家に連れて行った。「わたしは変わってしまった」というナヨンに、「私が取り戻す。私と共に生きてください」と訴えるマノ。しかし、「関わらないで」と言われてしまう。

ナヨンの推薦は、一年以上前のことだと判明。それを指示した人間が黒幕・・・。しかし、サンギュはジュピルの犯人として逮捕されてしまう。サンギュは「王の命を受けたんだぞ」と刀をちらつかせて、逮捕から逃げた。嫌っていた権力を使ってしまった。サンギュは、チェ尚官に直接ぶつかった。「なぜ、禁府にいかない?」とナヨンや父のために動けない立場を嘲笑うチェ尚官。笑顔が怖っ!!

サンギュは「二日の猶予を」と告げた。目をそむけた自分を「私は人間ではない」と激しく責めるサンギュ。
父は「母の実家に・・・」と言う。「大監さまもここを出よ。そうしなければ、私が命じる・・・」というサンギュ。

マノは、チェ尚官にとらえられてしまう。「疑われてるから殺して、トップを入れ替える」という考えなのね。マノは「命は捧げる。譲位において生き残るために、私が盾となる」と交渉して、取り上えず釈放された。
「すでに気付かれている。医女を巻き込むな・・・」というマノの言葉を受けた尚官は、ナヨンにすでに利用価値はないないと見て、宮殿から彼女たちを脱出させます。ナヨンは、今後の身の振り方で迷い、動けない・・・。行くあてがないと立ち尽くし、引き返した。もう一人の脱出した医女は、郊外で殺されてしまった・・・。「命拾いしたな。用済みだが、身元を知ったものを殺せば良い。サンギュを殺せ・・・」と命じる尚官。怖い~。

王は腫瘍が広がっている・・・。しかし、「私はある男によって復讐のむなしさを教わり、未来に希望を抱いた。私の師であり、私を殺そうとした。大切な人の墓だ」と、墓参りをして決意を新たにする。

大妃に、「宮殿に戻られよ。対話が成立しないなら、軍を呼ぶ。やるべきことをやる。歴史が私を評価する」と告げる王。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 漢城別曲-正 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

漢城別曲ー正 4話

母妃、苦しむも死ななかった。「苦手なニンジンを使ったから」ということになったみたい。ナヨンは、チョ尚官に「くれた実を入れた」と報告するが、席を外した時に同僚のハンシムにすり替えられたか?ってことに。

王は、チェ大監を復帰させ、派閥争いを禁止し、実力主義にする法案を出す。いろんな人が新たな任についたけど、覚えられなかった!副堤調になったイ・ジェハンって人は、サンギュに「相談に乗る」って声掛けてた人だね。

サンギュ父パク・インビンは「なぜ勝手なことを?」とマノに問われて、「貧しいものを救わねばならぬという法でもあるのか?」と反論。チェ大監が司憲府に復帰して、風向きが変わったことで、サンギュ父パク・インビンは焦ったのね。「党派の存続もあやしくなる。市塵の崩壊も黙って見るしかない」と語る。官吏は、市塵から市場に商売を移せといって、商人を取り締まってる。マノは、「貧しいものに利を配る自分たちが流通を独占する」と思ってるけど、王は「王宮の市場で管理する」って立場なのね。

マノは、パク大監と王殺害を試みたカンをつなぐ書類をパク大観に示した。八角を密輸した時から、パク大監とは一蓮托生の身であるマノ。この証拠と引き換えに「市人を救いたい。相手は高級官僚。あわせてくれれば、私か八角を宮殿に持ち込む」と依頼。パクは、チェ尚官に面会を申し入れた。

チェの急進的な改革は「民のため。両班にも兵役を務めてもらう」というもので、貴族の反発も凄い。
マノは、対抗策として、貴族を苦しめるために市場操作をしようとするけど、「それじゃ弱い民へも影響が出るのでは?」と、周囲も戸惑いながら進んでいる。

ジュピルは、賄賂を差し出す商人をどんどんと逮捕して、厳しく法を守らせようとしている。ファン殺害の手刀が、市塵の人間(マノの腹心サンチョンですな。かっこいい)のものではないかと掴んだ。マノには、八角の保管場所を探るために尾行がつきます。

ナヨンは見張られている。割り当ての薬を煎じる仕事が取り上げられ、自分が煎じたものではない薬を届けさせられるナヨン。「大妃からの指示で・・・」と王へ薬をお持ちする。しかし、王の側近が薬を疑って、それを下げさせて、毒見。
ナヨンが暗殺者だと聞かされたサンギュは、ナヨンに会いに行き、薬を届けているところだと聞いて猛ダッシュ。王が薬を飲んでるところに駆け込んだ。何事もなかったんだね。すれ違うナヨンとサンギュ・・・。サンギュは「ナヨンとの幸せな時を回想する」
サンギュ、「なぜ、駆け込んだか」を説明できない。「王の命を受けました・・・」って、そうか、新たな官を任じられてたんだな。それを「傷が感知してない」と辞退するサンギュ。でも、「吏曾判書殺害事件の調査」を命じられた。父が、そしてナヨンがかかわっていると思われる事件・・・。

パク大監は、チェ尚官から仕入れた情報で、新しい吏曾判書チェ大監の細かな不正を暴露。王はかばいつつも、仲間のふがいなさに怒りをあらわにする。そして、反対勢力との対決を決意する王。
でも、チェ大監を解任したのは失敗だったと反対勢力の長も思ってるんだ。大妃の存在が面倒なのね。

マノは、ナヨンの昔の家を購入。そこで、三人が理想の国を語りあった回想が入ります。「改革などしても民の生活は悪くなるばかり。両班には任せられない」と反発するマノに、「改革しようという姿勢だけで、未来に希望が持てる」というナヨンと、「互いに理解し合わねば」というサンギュ。
マノは、「宮殿でのナヨンの様子」をサンギュから聞き出そうとする。ナヨンは希望だというサンギュに、「彼女をお前と一緒にするな。侮辱だ」というサンギュ。マノはマノで「何でばかりのお前より、彼女を救う俺の方がマシだ」と宣言する。

サンギュは、宮殿を調べる権利も得たし、ナヨンが医女になった経緯を調べます。捕庁での部下に頼んで、誰がナヨンを推薦したか調べます。なんとかナヨンの命だけでも救おうとしている。
サンギュは、直接ナヨンに「あなたが殺したのか?針が見つかった。なぜ?」とぶつかってみた。「世の中は理想と違っていた。私の進む道は一つ。罪があるなら、縄をかけて」と語るナヨン。ナヨンは、サンギュにつかまってしまいたい気持ちもあるんだろうね。
サンギュは、酔い潰れる。「金で戸籍も名前も変える。でも、金で心を癒せるか?」そう語りながら、金のための任務に戻るサンギュ。

王、倒れる。意識を失ったままの王に、脳に障害が残る恐れもある針を刺すナヨン。王は意識を取り戻した。これで、王の信頼を得たナヨン。

マノは、宮殿の人物が、新王即位の際にきる大礼服を作ったという情報を得ます。
この情報を得たパク大監たちは、譲位をきっかけに反対派を廃すのだろう。遷都も、そこにいる精鋭部隊で反対派を一掃するためではないかと推測。
王は、母后に譲位して、太上王として政治を行いたいという意志を告げる。

八角の出所を探っていたジュピルの部下が殺された。サンチョン逮捕に動くジュピルだが居場所がつかめない。尋問結果を受けて、サンチョンを追うジュピルと部下たち。しかし、サンギュは「これは罠」と気がついて追いかける・・・。間に合わず・・・。サンギュも落馬してしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 漢城別曲-正 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

漢城別曲ー正 3話

1・2話は人物の関係がうまくつかめなくて、ストーリー追うのに必死だったんだけど、3話になって急に面白くなってきた。


サンギュとジュピルがファンの死体を検分すると、針の位置が記されている。自分の体を使ったのか!女がいたという目撃証言。
ナヨンは宮殿に移動し医女として登録された。親がいないことを問われたけど、「技術が一番」って感じでチョ尚官が庇ってくれて、なんとか通過。さっそくハリ治療をして腕を示した。

サンギュは、「調査は漢城府に任せて手を引け」と言われて上司に掛け合ってる。甘えたり、懇願したり。このシーン面白かった。

王は、体調が優れぬのに、民の意見を聞くために門にたち、民を積極的に採用してる。母后はそれに反対なんだね。サンギュは、王が民の声を聞く場の警備に。イエパン大監の息子か?と声をかけてくれたとある大鑑に、「私も納得してない。何かあれば、相談にこい」と言われた。

忠州のカンが意見を申し出る。謀反で殺された父を持つ男で、王への恨みを述べる。サンギュは、「見た顔だ・・・」と思う。取り押さえようとする警備の者たちだが、刀を奪って追うに斬りかかる。とっさに庇ったサンギュ、背中を斬られた。カンも刺殺されたが、血を浴びたサンギュも倒れる。
倒れたサンギュが思うのはナヨンのこと。
医女のナヨンは、運び込まれたサンギュを見て呆然。駆け寄って瀕死のサンギュを救いました。
意識のないサンギュをいとおしそうに眺めるナヨン。「体に気を付けると約束したのに・・。」そして、彼の将来を寿ぐ。それだけで、「夢がかなった」というナヨン。サンギュ、うっすらとした意識の中でナヨンを見てるけど気がつかない・・・。

官は責任を問おうとするけど、王は「今は民のために尽くすとき」と言う。しかし母后がそえに反対し、内通者とカンをチェックできなかった間の責任をと主張する。
でも、サンギュは呼ぶんだね。前にあったときの無礼を「王とは知らずに」とひたすら謝るサンギュ。王は「なぜ、奴を殺さずに、私を庇った。誰であれ、殺したくないということか??そのせいで、死傷者が多く出た」と問う。確かにね・・・。

ナヨンは、父が謀反人であるという噂が広がってしまい、医女達に捕まって閉じ込められてしまう。それに、手配の似顔絵に似てるってことで、水攻めにされて拷問。死んでしまった?(っていうか、仮死状態に自分でした?)相手は「殺すのもいとわない。女官の一人二人」って態度だからなあ・・・。

妓楼では、ヤン・マノの直属の手下(手裏剣使い)が「手下が3人も死んだ」と責められていた。ヤンが庇うが、部下の間に亀裂が走ってる。
ヤン・マノは商人たちを集めて、「金持ちに高値で、民には安値で売り、商人の信用をあげて、地位を上げていこう」と訴えている。
マノは鋳銭所の官吏に接触。「保管してほしい」という名目で絵のわいろを渡す。

マノは、パク大鑑に渡した権利書が、王に斬りかかったカンに渡っていたことを掴む。黒幕はパク大監か??(サンギュ父)
サンギュも、父のパク大監とカンの接触を思い出し、父に「なんてことを」と訴えていた。しかし、父は「弱肉強食だ。民に何ができる。力がなくては何も出来ない」と言う。
そのパク大監「早すぎる。母后が許さない。王を殺しても意味がないのだ」と上の人間に怒られて、「母后を殺しますか?」って、軽率だなあ。

ナヨンは生還。チェ尚官に新たな使命を授けられます。そんなナヨンに、サンギュがこっそり会いにきた。返したくてとハンカチを差し出したけど、でも、「そんな方は知らない」というナヨン。
サンギュは、ファヨンに愚痴を聞いてもらう。そんあサンギュに会いにきたマノは「ナヨンの居場所を教えろ。教えたら、殺害犯人の女を教える」という。それで「ナヨンは宮殿で安全に暮らしてる」というサンギュ。マノは「犯人はナヨンです」と告げた。信じられないサンギュ。
高利貸しに刺した針の証拠を借り出して、墓を掘り起こして死体と照合。そして、自分に売ってくれたナヨンの針と比較。一致してる・・・。
ジュピルが「誰なんだ」というけど、サンギュは「今は聞かないでくれ」と一点張り。結果的に「尋問する」と逮捕されてしまう。しkし、「王のお呼び出しだ。昇進だ」という連絡が入り、上司が庇って連行は免れた。しかし、サンギュの悩みは深い。

ナヨンは、上司に八角を見せられて、効能を問われた。それを煮だしたものをチェ尚官の命令で持って行ったのは母后のところ・・・。飲むかどうか、ハラハラしたけど、飲んだよ~。死ぬか?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 漢城別曲-正 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

漢城別曲-正1・2話

漢城別曲 [DVD]한성별곡-正)2007年 8話
結構評判が良いミニシリーズなので見始めました。しかし、役職と顔の判別が難しい。
KBSWORLD公式
【出演】イ・チョンヒ チン・イハン ド・ジウォン キム・ハウン アン・ネサン チョン・エリ チャン・ヒョンソン
【演出】クァク・ジョンファン【脚本】パク・ジヌ

混乱をきわめる政治と前代未聞の殺人事件、そして運命的愛までを盛り込んだフュージョン時代劇
■タイトル由来 : 漢成別曲-正
強力な改革政策で中興を夢見る王と保守政治勢力たちが正面衝突するという政治的激変期の中で何が正しく、まことの人生なのか問う3人の若者たち。

【あらすじ】立て続けに発生する疑問死を調査していた左捕廳パク・サンギュは密輸犯オ・チョンドゥから花の実を押収する。
漢城府ソ・ジュピルは無色無臭の実が都城で発生した連続殺人事件の唯一の証拠であることを発見する。市場の行商人ヤン・マノは競争勢力の米屋ホン・ヘンスを捕廳に告発し影響力を拡大する。
そんな中、商店街で高利賃金業者の死体が発見されサンギュとジュピルは花の実で被害者を実験対象とし殺したことを知るのだが・・・

【登場人物】
★パク・サンギュ役(チン・イハン どなたですか?のジェハ):両班と奴婢の間に生まれたサンギュは、庶子に対する差別と世の中の不公平を骨身にしみて感じ心を閉ざして生きてきた。そんな彼の唯一の喜びはイ・ナヨン。ナヨンとともに実学思想に心酔しナヨンの勧めで先進文明を学ぶために清への留学を決心する。清へ行ったサンギュは百姓の生活と密着した医学と法学を学ぶ。だが4年にわたる留学を終え漢陽に戻った時ナヨンの家は、謀反でお家取りつぶしとなっていた。消えたナヨンを必死に探すが見つからず全てをあきらめ捕庁下級軍官になったサンギュは、自分にあたえられた仕事だけに専念して生きていく
★イ・ナヨン役(キム・ハウン):夢も理想も高い両班李参判の一人娘。サンギュを教化し閉ざした心を開くために努力しながら、彼に対する憐みの心はいつしか愛情に変わる。そしてサンギュが清へ旅立つことを喜んで送り出す。サンギュが帰国したら彼の妻になりそして母になり今よりもっと良い人生を歩んでいこうとしていたナヨン。だが、サンギュと別れた直後父は謀反の首謀として流罪され命を落としナヨンは官奴となる。耐えられない重労働の日々はナヨンの体から過去の記憶も夢も希望も喜怒哀楽の感情すらも奪い去っていく。そんなナヨンの前にファン・ジプサが現れ、ジプサはナヨンに都城へ帰ろうと手を差し伸べる。都城へ戻ったナヨンは親の仇打ちをしようとジプサに鍼術と薬剤の使用法に関する訓練を受け、感情のない冷酷な殺し屋に育てられる。
★ヤン・マノ役(イ・チョン):父のように両班にこびて生きることが嫌で、温かく接してくれるナヨンに新しい思想を吹き込まれたマノは世の中の中心に立つには刀ではなくお金の力が必要だということを悟る。血のにじむような努力で歴官になったマノは、数回に及ぶ清との密貿易で高額の資産を手にし、財が増えるごとにナヨンに対する愛を感じるようになる。だがどんなにお金があっても変わらないのは身分の差だ。マノは自分の思いを拒絶したナヨンを後に、清に向かう。だが清から帰国した時、ナヨンは官奴になり消えていた。人脈を動員してナヨンの免賤を頼むが、力不足でマノは大金だけが彼女を助けることができる手段だと考え歴官を辞職し商売を習い始める。莫大な資産と生まれつきの手腕、そして目的の為なら手段をいとわない性格のマノは、商売を学び始めて数年で一流商人になり、遂にはナヨンを助けられる力をつけたが、その時ナヨンが消えていた。
★パク・インビン役(キム・ウンス):曹判書兼平市署(市廛を管理していた官庁)の役人。新しいものより古いものを守りその中で国家の安定を図ることが最優先だと考える保守派。新権主義者でありながらのちに生き残りと出世のために王大妃と結託したりもする二面性見せる。
★オムシ役(イ・ミジ)パク・インビンの奴婢だったがサンギュを生む。重労働と暗澹たる現実に酒浸りの毎日だが息子サンギュにだけは深い愛情を持つ。特に息子がインビンの視野から外れてしまうのではないかと気がかりで仕方がない。
★ウォルヒャン役(ト・ジウォン):梅香樓を運営する退妓(芸妓の名簿から外された妓生)。都城内に流れる様々な情報を知りつくしておりそれなりに世の中を見る目も持っているが所詮妓生の身分。サンギュに忘れられない女がいることを知っているが、いつかは自分に目を向けるだろうと信じている。
★王(正祖)役(アン・ネサン):戦で父を亡くし苦労の末王の座に就く。急速な経済成長にも関わらず飢えに苦しむ百姓たちは増えつづけそれに伴う各種社会問題が修復不能な状態まで陥ると、これを打開するための策で遷都、軍役制度の改革などあらゆる政策を導入しようとする。だが集権後も絶えない謀反と牽制でその志を十分果たせない。
★大妃役(チョン・エリ):強力な王室の存在だけが物事を正し百姓を楽にできると考える。剛直なだけの王に対する不満があるが、そんな王の反対勢力には誰よりも先に立ち王の立場を守ろうとする。
★イ・ジェハン役(チャン・ヒョンソン):王が実学派を初めて登用した時、管吏の道を歩み始める。王に対する盲目的忠誠心で王の革新政策を主導し政策の速度調節を王に建議したりもする。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 漢城別曲-正 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。