• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 9(最終)話神隠し

ミステリとしては微妙なんですよね~。元ネタが「トンデモ系」な特命リサーチなんだから当たり前なんだけど。
作り手がそこを自覚して、キイナというほんわかキャラを配置、塚地演じる真一郎さんというナイスキャラもあって、嫌みなく見せてたと思います。
あと、「とか?」「かも?」という沢山の推論から、普通の捜査にシフトさせたりする展開も、出来るだけ違和感をなくす効果を発揮してたと思います。


今回は、真一郎さんの娘・リコちゃんの同級生の話。ある住宅地の友人ばかりが欠席してて連絡取れない。風見団地に行ってみると人の気配がない。

翌日、警察が調べると、団地の全ての住民が姿を消していることが分かった。(って、気がつくの遅い)行方不明者は、約300人。

テレビ局には、『風見団地の人たちの命は預かった』との犯行声明が書かれた手紙が届けられ、テロや組織犯罪の可能性も取りざたされ、特別捜査本部が設置された。

犯行声明の手紙に付着していた指紋から、差出人は、風見団地に住む、後藤栄一(八十田勇一)だと判明。後藤には、傷害の前科があり、住民の話しによると、かなりのトラブルメーカーだったのだ。 

早速、後藤を重要参考人として追跡がはじまった。しかし、キイナだけは後藤は犯人じゃないような気がする。後藤の勤務先の大学の講義を偶然聞いて、心理学の小早川教授に相談してみるキイナ。後藤が教授の本を持ってたのを、軽い現場検証でバッチリ記憶してるキイナ(流石だなあ~)。

キイナの画像認識と記憶能力が発揮されまくりです。後藤さんの靴底と、自然発火事件の被害者の靴底の減り方が一緒と思いだした。で、放置状態だった後藤の事件を調べて、男が火をつけてる監視カメラ映像と、衣服に燃焼促進剤が使われてることを突き止めた。

後藤は金のために利用されて、犯人に仕立てられたのではないか?という推測に。
キイナは、火をつけた犯人の立ち姿が小早川教授に似てる気がする。それに「大勢の人の心をコントロール出来たら、拉致しなくてもよいか?」と考えつつも「そんなこと無理か・・・」なキイナ。
キイナは、団地の住人で開いた「ビデオ鑑賞会」に注目して、映像を見てみます。またまた映像認識力が発揮され、居場所特定するキイナ。サブリミナル効果だろうね~。キイナの映像分析力だと普通は見えないコマが見えるんだな。

キイナは、被害者保護は放っておいて、原因究明の調査の方に。実は、彼等は「自信が来るから避難しろ」という情報のサブリミナル効果のせいで、倉庫に避難してたのね。全員無事で発見されたのか。集団心理もあるしなあ。

キイナは首班を小早川だと推理。しかし、監視カメラから小早川を特定できない。じゃあ、どうするか?ってことになる。捜査本部あげての証拠集めが始まります。

キイナ、ジーンズの縫い目のところの皺が指紋みたいに特性があることを使って、小早川を特定。キイナが、めずらしく大きな事件を解決。成長したなあ~。

事件解決後の真一郎さんとキイナ。事件後のほのぼの会話。イイ感じじゃないか~。上手くいってほしいぜ。
「軌跡などどこにもないという考え方と、あらゆることが奇跡何だという考え方がある。」というアインシュタインの言葉を引いて、「後者の方が楽しいから」っていうキイナちゃん。キイナらしいなあ。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 8話

無駄にかっこいい雅係長の懸案の事件の話でしたね。実際の事件のきっかけは、わりと普通の事件捜査が主軸になっていて、そこをキイナがフォローするって展開。

被害者・宮内真理子”。当時の現場の状況や血痕の量から見て、真理子が殺されたのは間違いないが、死体は今だ見つからず、犯人も特定されていない。15年前の失踪事件。
雅係長が、トンネルで、宮内真理子の幽霊を見た。実は、彼女は係長の幼馴染。

山中で女の変死体が発見された。その死体がなんと宮内真理子だったのだ。真理子の死体は事件から15年も経過したにもかかわらず、美しく、まるで生きているような姿だった。 死蝋化現象で腐敗が進んでなかったみたいだね。
時効が近づく中でキイナ達も捜査に参加。

キイナ達が調べてみると、遺体発見現場が有名な心霊スポットで、15年前から幽霊が出るとの噂が流れ始めたと聞きつけた。原因は、磁気の乱れの影響じゃないか?ってことになる。

現場の山の所有者は代議士でもある桑島泰蔵。雅によると泰蔵の息子の常男は、なんと、当時真理子の恋人だったという。
真理子の爪から、犯人のものと思われる皮膚の一部が検出された。泰蔵のDNAと比較したが一致せず・・・。他にめぼしい容疑者が居ないため、行き詰る。

キイナは「DNAが取れたのは奇跡的なこと。それは真理子さんの声かもしれない。それは幽霊の声みたいなものかも?」と励まします。体験したことをどうやって受け止めるか?意味があるかないかは、受け止める方なんじゃ?というのがキイナの考え方。でも、「生意気ですみません」っていうのが入り、キイナなりの励ましだっていうフォローが入り、「霊がいるかどうか」とちょっとズラして見せるのは上手いなあと思います。
そこで、幽霊が出たからじゃないけど、結局は現場に戻ろうって方向で捜査を進めることに。キイナは、あの天才的な画像認識力を活用して、現場で探しだした古ーい遺留品をすばやく認識するという形で活躍。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 7話

・・・・とか?・・・・かも?が癖になってきた。っていうか、今クール推理ドラマが多いじゃないですか。見ながら自分なりに推理してるときに、脳内で再生される。なんか「う・・・。ちょっと苦しい推理?」みたいな時に、凄い有効なんだよね。

しかし、その軽い口調が合わない身内の話だった。キイナちゃんも少し抑え目だった。それでもふわふわしてるけど。


津田刑事の奥さんが男・田所をバットでめった打ちで逮捕。奥さんは、架空の投資話に騙されたから・・・と言ってるけど、そんな事実はない。その上、いるはずがない沖縄にいたと話してる奥さん。

苦手な飛行機を克服しようと、メンタルクリニックにかとってた奥さん。津田さんと旅行がしたかったんだって・・・。
津田さんが「とても信じられない」という気持に乗っかってみるというキイナ。津田さんは「妻を信じてる。刑事としては失格です」と辞表を提出。こういう人がチャンといるだけで、「身内だからって簡単に信じるな」って批判をかわす役目をしてくれて、かなり見やすくなるね。

荻野目慶子が医師として出てきて、「催眠」と言ったときにラストまでは見えちゃったんだけど、楽しく見れました。キイナも割とすぐに催眠の可能性に気がついたんで、イライラしなかったし・・・。
で、催眠とは何か?の真一郎さんの講義でーす。そこで、「倫理感を破る行動はさせられない。犯罪を起こさせることは難しい」って説明があった。
でも「記憶に何かがある」とキイナは情報検索。嘘の記憶を植え付けられた・・・という話を展開。でも「倫理観に縛られるはず」という疑問が・・・。自分の命が危ないという状況になれば、その倫理感も外れるのか・・・。
逮捕に行ったら、催眠をかけてきた医師・・・。掛かりにくくなるように「痛み」を感じるように、手を傷つけてたキイナちゃん。

ま、催眠ってそんなんじゃないだろ~ってのはあるけどネ。所詮は、特命リサーチがモトネタだからなあ。
甘いものは別腹問題とか、テレポーテーション問題とか、関係ない部分がくだらなくて楽しくて好き。

あと、結婚に憧れるキイナちゃん。真一郎さんと結婚したら??「リコちゃんがお気に入り~」みたいな話もキイナ聞いてないし・・・。で、新人のヤマザキ君と恋愛に持っていくのかなあ~と思ったんだけど、真一郎さんと「キイナさんって、困った人ですね~」って気持ちを共有していく感じになるみたいですね。なんか、良い距離間でほほえましい。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 6話

真一郎さん(塚地)子持ちかよ~。で、すげー、いいパパなんだもん。ビックリしたよ~。リコちゃん「キイナさんだったらイイな」とか言い出すし、まだこの関係は引っ張るのか~。
今回は、「マスクの花子さん」がぼんやり見えてる段階で、同僚女教師にちょっと似てるのが、上手いなあと思いました。こっちが犯人かなあとちょっとだけ思ったし・・・。ただ、終盤で出てきた人間が犯人っていうのは反則だし、被害者の人間関係から当たれよキイナ!


呪い殺したって小学生リコちゃんが相談にやってきた。死んだ牧野先生の生徒か・・・。事故死じゃないか?って言うことになってた案件だけど、牧野先生の方も、怪しげなグッズが満載の家だったよ??丑の刻参りの釘を打つ音と藁人形が送られてきて牧野先生はかなりまいってたみたい。

母は亡くなってて、父は忙しいっていう子ども。父親として出てきたのは、なんと真一郎さん。子持ちだったのか!それも3人も????すげー驚いた上に、一人はちょい似てて笑った。
っていうか、キイナと真一郎さん同棲してなかった??「荷物持って帰ります」とか言ってたのはキイナの家だったっけ?部屋デートのために鍵を預けてただけで、泊まってはなかったのかな?
結局、リコちゃんが怪我で、キイナとの約束に行けなかったことがあった。リコちゃんへ眼が言ってなかったと反省して、別れることにしたらしい。キイナは、やっぱ真一郎さんは優しくていい人だし、嫌われてなくて良かった~って、かわいい性格だなあ。

真一郎さんに拗ねてるリコちゃんを預かったキイナ。リコちゃんは「パパには私より大事な人がいた。別れたみたいだけど。コックリさんが言ってた」とか言うんで、キイナどきーん!!

リコちゃんは大好きだった先生が女性教師と付き合ってショックで、思わず流行ってる呪いをやってしまったのね。キイナが「呪いのせいじゃないと証明するからね」ってほんわか言うの良かったよ。
子供達は呪いとか、マスクの花子さんにあうとさらわれるとか言う噂が好きなんだよね~。

キイナは「呪いは古代から世界中でやられてきた」。呪いをかけられると体調を崩すケースは多いけど、逆プラシーボ効果みたいなものって説明。でも、牧野先生のケースとは結び付けられない。死体検案ではハチのアナフィラキシーショックということが判明。事故死ということで決着。

しかし、リコちゃんは「その事故死すら呪いのせいと思うんじゃ?それにハチは冬眠中」って思ってもうちょっと調べてみるために学校に。
犯人を見つけようとした子供たちはコックリさんをしてて、「マスクの花子さん」という答えが出て、ショックでパニック状態になって倒れた子が・・・。これは子供の深層心理で、マスクした女の人を見て「マスクの花子さんのせい」と思ったんだね。似顔絵作成→キイナの画像認識力であっという間に、そのマスクの女性は、ストーカー規制法で問題になった女性だったのでは?と表明。

でも、リコちゃんが「マスクの花子さん見た」って連絡してきて追いかけちゃう。連絡受けた真一郎さん急行で、全身でリコちゃんを守ってたすけた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 5話

しかし、ヴォイスとゲスト俳優がかぶり過ぎじゃないですか?良く知っている俳優さんだと、顔を見ただけでキャラが予測できるんで、ゲスト俳優の背景をある程度省略できるっていうメリットはあるのかなあ。でも、他に俳優いるだろうって感じちゃうな。

キイナがとんでもドラマなりに見やすいのは、キイナがいくつかの案や発想を提案しながら、そこから比較的ありそうな案を選び取っていくという形になっているからなんでしょうね。
「それはねーよ・・・」っていうことも、もっとアリエナイ案を並べられると、「アレよりは可能性ある?」って見えるもんね、それに、キイナが自分の考えに懐疑的ってのも示せてるし。お化け話の結末は別に驚くほどのことじゃないけど、良く考えたら特命リサーチってそういうバラエティ番組だったよな~。

今回は証拠がないと言われて悩みつつもしっかり証拠を発見。その上で、段階を踏んで犯人を追い詰めて、「あなただけはちゃんと名前を覚えていて」というキイナのほんわか説教で〆るという、一話完結刑事ドラマの王道パターンでした。別に目新しくはないけど、ちゃんと楽しめました。

平岡君がなかなか良いキャラだ。正統派美男子でキャラが薄いし演技は特別上手くないけど、その薄さが厭味がなくて。ドラマの邪魔をしなくてよい感じ。今回はお化けが怖いというボケたところを見せつつも、キイナが自分の感じたことを聞いてくれることで、彼女への信頼をまた少しアップさせましたね。

課長の気にする過去の事件が匂わされましたね。課長、とにかくカッコエエ。

真一郎さん(塚地)がキイナをふったつもりはなかったことも分かった。けど、キイナ、聞いてね~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 4話

キイナちゃんはバレンタインデーが気になる。まだまだ塚地が・・・。キイナはロジカルすぎないし、クールすぎないところがいいですよねえ。

しかし、今回はメインが微妙だった。タロット占いじゃなくてマジックなんだろうなあってのは、すぐ分かってしまった。
で、指紋が付いてるから尋ねなくちゃならなくて、占いで殺人予告をした理由が良く分からなかった。もし、ターゲットの夫が途中退席してなければ、その時に妻は助かる→占い師は訪問していたこと&ワインを持ってきたのは占い師だとばれるよね。指紋問題はクリアされるけど、疑われる。殺しの目的
は達してるから構わないの?
トラブルで夫が死ななかったのは騒ぎが起きないことで気が付く→で、捕まらないで夫を殺すチャンスを探るために工作したってこと???うーん。ぼんやり見てたせいか?納得いかない。

セクシー部長は今日もカッコ良かった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 3話

セクシー部長こと沢村さん。かっこいい役ですよね。
キイナが披露した「生き帰り」に、「それって死んでないじゃん」っていう突っ込みが入り、キイナも「そうなんですよね~」ってところとか、トンデモな事件の扱い方が上手い。(っていうか、トンデモだという自覚があって取り扱ってる)
新人君の妄想炸裂な仮説を、「~~かも?」って妄想じゃんという態度をとりながら、チャンと調べる指示を出すあたり、「妄想」を「仮説」にしていく段階の追い方とかもちゃんと手順通り出来てるんですよね。同じ妄想でも、ヴォイスとはそこが違う。

夢見る大人なキイナちゃんと塚地のやりとりも可愛いっすね。

落ちは、毒物で殺されそうになった男だが、代わりにそれを口にしてしまった人間を自分に偽装してただけというもの。運悪く毒物を飲んだ上に、死体を偽装するために爆発事故起こしてしまうなんて大胆だな。
目の見えない妻の手術費用を出したかったんだね。落ちそのものは、アリキタリ。

妻の気持ちを、その場にいる妻ではなくキイナが代弁するんですが、キイナの口調の穏やかさと、妻の控え目なキャラクタで、「あえてキイナが語る」ことにも一定の説得力があった。実際は「主役にしゃべらせる」という要求からきてるんだろうけど・・・。
日本の刑事ドラマの一つに、最後に「説教」が入るという定型がある。今回は、そういう形だったんだけど、多くは語らない&キイナの優しい声で、説教色を薄めて耳障り良く処理したと思う。キイナのキャラクタの柔らかさが上手く効果を上げていると思う。

こういう「ドラマが要求する制約」の処理の仕方が、割と丁寧に出来てる。特別は良くはないし、粗もあるんだけど、ソコソコやるべきケアはしてある。
そういう部分が酷すぎるヴォイスが同じクールにあるので、実際より良く見えてる気がします。が、フツーに楽しめるって実は凄いことなのかもしれません。と、今クールを見ていると思います。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

キイナ~不可能犯罪捜査官 2話

相棒も今週はとんでもな事件だったので、続けて「変な事件」だった。ゆるーい作りだと思うけど、きっちり定番の型のなかで、上手くストーリーを転がしてるんじゃないかと思います。
キイナのキャラクタも、係長も、そして新人君も、ベタベタながら良いキャラクタになってると思う。キイナが「なんで?なんで?」なタイプってのが嫌みなく上手く表現されてて、その辺は管野美穂は上手いなあ~と思う。
泣かせの要素にしても、事件関係者とキイナが比較的ちゃんと時間をかけて関わっていることもあって、すんなり泣けるシーンになっている。
で、塚地シーンで、不思議が起きるメカニズムもちゃんと視覚的に見せてるしね。
「おいしい要素のごった煮」感はあるけど、パーツを極力丁寧に扱うことで、かなり救われてる部分はあると思う。


少女が襲われるという事件が発生。
その家では、地震じゃないけど家が揺れる。若くして亡くなった息子が背景にあることで、ポルターガイストじゃ?と思ってしまう家族の気持ちがうまく書けていた。娘が、夜中に兄に憑依されたようになって「お前が殺した」と母を指さして暴れた。息子の事件の洗い直しが始まる。母が封印した息子の部屋に入ってみたら、娘は「自分が殺した」と泣き叫び始めた。
しかし、過去の事件を再チェックしても問題がなく、捜査は打ち切り。でも、娘が家出したと連絡が。事情を聞いたら、娘さんの帽子を拾おうとして足を滑らして湖に落ちた。それで、自分を責めてるんだね。心因性記憶喪失で、事故のことを忘れてしまった娘。
キイナは、ポルターガイストを理由に、娘が恐怖を増幅させていると気がついて、ポルターガイストの説明に取り組む。この解説は、できればあの家で説明してほしいかなあ~。でも、あの捜査会議での説明が「特命リサーチ」っぽさか?
「そんな理屈じゃ、罪悪感は消えないだろ」という課長の言い分がビシリ!と決まってたね。「守ると約束した」と刑事以上のことをしようとするキイナに、新人君が「僕らは刑事でしょ??」と言ってくれるので、見てて安心感がある。
本に張られたシールをヒントに本を並べ替えることで、文章が出来ることに気がついた。パラパラ漫画が、連載されている・・・。妹と大冒険を描いた漫画。
キイナが「お兄さんがどう思っているか、それは誰にも分からない」と前置きしておいたことで、この感動も上手く増幅されてると思う。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| キイナ不可能犯罪捜査官 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。