• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

いかさま師~タチャ9・10話

9話
ナンシクは金庫から裏帳簿を調達。しかし、パク社長はガードがゆるゆるすぎるわ。これで最後の仕事・・・。ヨンミンと最後にカードを。「カードは続けるか辞めるかが大事。人生もカードだ。もう一歩近付いたら幸運か?失敗か?」と聞くけど、答えは分かってるみたい。コニからもらった指輪をしてるんだもん。それでも「3年一緒にいた。コニにお前は理解できない」というヨンミンに、「コニは私に刺さった棘を抜いて癒してくれる。悲しいことを考えずに済む」とナンシク。単に、能天気馬鹿なだけじゃって気もするぜ。

アグゥイは「デボがハウスに現れた」っていうんで緊張します。ドンチュンを連れてプサンに向かうアグゥイ。

父親の墓参りを母として、「負けるな」って言われたよと想い出話しをするコニに、「賭け事で負けてすべて失った日に事故で負けたのよ。花札はやらないで」と母。
でも、荷物を取りに行った師匠の家で、チリ山のチャットウことカン・テホの写真を見てしまう。テホおじさんがタチャ・・・。テホをおびき出すために、父親が殺された・・・。
テホおじさんのところに向かうコニ。「なぜ父さんは死んだ?事故を起こしたのは誰だ?」そこに、アグゥイがやってきた。「父さんを殺したのは誰だ??」と問われて、「お前に似た奴をはねた気がするな」なんてアグゥイ。「消えろ」というテホに「借りを返さないと帰れない。その坊主だってそうだ。テホがいたからコニ父は死んだんだ」とアグゥイ。悪いな~。キム・ガプス氏いい感じだ。
テホは「忘れろ。それが悪縁を断ち切る唯一の方法だ。死んだ父より生きてる母を考えろ」とコニを説得。しかし、「父さんを殺し、母さんの金を奪い、俺を3年もどぶの底で腐らせたやつだ」なコニ。うーん、お父さんもあんたも、自業自得の面が多分にあると思うんだよなあ

アグゥイをつぶすために、コニがパク社長の部下になった。師匠は「約束はどうなった」と怒ってる。「復讐は復讐を呼ぶ」と言われても止まらないコニ。
テホは師匠のところに行って、コニの様子を聞き、アグゥイもコニも止めないとって相談。

チャ将軍の説得はヨンミンにまかされます。裏帳簿を渡してる時に、パク社長がやってきて、「これは偽物」と言い出した。ヤバい・・・。青年実業家ではなくアグゥイの部下だということもばらされた。しかし「実直なだけな人間がいますか?利益が欲しいなら失望させない」と説得。
結局、チャ将軍は、チョンマダムが体で味方につけたけど、「まだ中立を保て」って言ってる。

ヨンミンは、ばれたからカジノには行くなとナンシクを止めて、「スパイがいるかも」と危険を告知。そして、手は切れなくなってしまいます。
でも、カジノに行かなくて済んだから、コニには会えると思ったのに、「出張だから当分会えない」というコニ。「待ってるから」というナンシク。でも、カジノでバイトしてるんだし、すぐばれるよなあ。

コニは、ハウスに出入りして稼ぎまくり。ヨンミンに「お前がつぶせ」といわれた。仕掛けるまでもなく、コニがヨンミンの仕切るハウスにやってきた。しばらく様子を見ているヨンミンに「見逃すのか?」とプレッシャーが。仕方なく登場するヨンミン。コニはびっくりだよな。
プルゴムの手下vsアグゥイの手下という立場になった二人。俺と戦うことになるぞっていうコニだけど、コニの言い分は勝手すぎるじゃん。そうじゃなきゃ自分が生きられないヨンミンと、父ちゃんの復讐とかいうコニが次元が違うわ。「アグゥイは倒せない」と心配するヨンミンに、「師匠と仲間を捨てた男。部下だって捨てるぞ」って、そんなの知ってるわ。知ってても逃げたら殺されるがな・・・。コニは、勝ってる花札で負けたふりして席を立った。
しかし、チャン・ヒョクさんは、こういう自分に都合の良い正義を押し通そうとする役が多いよね。あんたも十分に悪いのに、何言っちゃってんの?って思ってしまう。私は、ちゃんと悪いヨンミンの方が好きなキャラだ。

コニはナンシクとデート。ナンシクは海外脱出を夢見てる。コニは後を考えずにOKしてるけど、ホント、ダメ男だな。

ヨンミンはナンシクに会いたくてぼんやり家の外で待ってたけど、帰ってきたのはチョンマダムの方だった。大人の魅力だよなあ。「ラインに入って残酷なことをするたびに、下っ端だからだと思ってきた。いつまで続くんですか?」とヨンミン。「人間らしく生きたいなら、この世界に入っちゃダメなのよ」と。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いかさま師~タチャ7・8話

7話
コニとナンシク再会!でも、ナンシクは「ジナ」として働いてるからなあ。連れて行かれて「何を調べてた」と追及される。何も盗んでなかったから、「誤解です。帳簿を探してらしたので探しに入っただけ」と言い訳。仲間の女性の方が疑われて、盗んだものが見つかってしまいました。ナンスクは何とか疑いを逃れたか?

コニ達は、このハウスのオーナー「プルゴム」という男の怖い噂にビクビク。ラインは?と聞かれて「特にないけどピョン師匠の弟子」と言ったら、「俺のもとで働け」なプルゴム。断ったらあっさり釈放してくれたけど、また会わざるを得なくなるんだろうなあ・・・。

基地を出たところで待っててくれたコニと再会したナンスク。さっそく遊園地デートです。コニのおかげでプサン時代の友人たちにも会えた。でも、これは危ないよね。「いとこの姉さんに世話になってる」というナンスクと「就職した」というコニは、互いに嘘をつきあってる。
チョアンマダムに見られて「今は大事な時」と釘をさされたけど、「心まで売ったつもりはない」とナンシク。

ピョン師匠は、娘のユラを出産中で危険だったのにデカイ賭けのために出かけてしまって、それで奥さんを失った。賭けの怖さを知っていて、でも、家族のために稼ぎたいというクァンヨルの気持ちも分かってて・・・。「野たれ死ぬ前に戻って来い」とか優しいんだ。

ヨンミンは、チョンマダムに「ジナが好きか?兄さんへの罪悪感か?」と問われた。小さなハウスを攻撃してラインに吸収したり、黙々と働くヨンミン。
しかし、アグゥイが彼を優遇するから、チョンマダムやドンチュンの反感が募る。

ヨンミンがジナと組んでプルゴムのカジノで暴れる予定の日。コニが遊びに来ちゃう・・・。「仕事場なの。帰って・・」なナンスクだけど、タイミング悪くヨンミンが来ちゃったよ。慌てて隠れたヨンミンだけど、動揺しまくり。
ナンスクがカードすり替え&ヨンミンが特殊メガネでカードの見るという協力で勝ちまくりのヨンミン。すると「換金は一週間後」とか言い出して、支給金が足りないのがうかがわれる。アグゥイの手先だろ?と言われてモメそうになったところに、チェ将軍の圧力で憲兵がやってきてプルゴムは連れて行かれる・・・。

コニは、プルゴムに「アグゥイが仕掛けてきてる。ラインに入れ」と誘われたけど断った。そんなコニに近づくマダム。
ナンスクとジナのことで荒れるヨンミンをマダムが上手くフォローして手なづけようとしてる。

クァンヨルがドンチュンを見つけてきて、ハウスに確認に遊びに行くコニ。そのハウスにヨンミン登場・・・。コニは気がつかなかったけど、ヨンミンはオットケー。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いかさま師~タチャ 5・6話

5話
伝説のピョン巡査部長と組んだコニだけど、本物のピョン巡査部長に行きあってしまった。嘘だったのかよ~。「ドンチュンを知ってるというのも嘘か?」と怒るコニ。しかし「黒幕はアグィだ。危ない。アグィの師匠はピョンだ。彼に師匠になってもらおう」というおっちゃんクァンヨル。コニも考えた末で、土下座して弟子志願。
で、実力を見せるために女性を引っかけろと言われた。でも、ミエミエの誘いは失敗。それでも、移動するピョンに必死にくっついていく二人。「家族のためとか言って、結局は博打中毒になるんだ。手遅れになる前に帰れ」とピョン。
家まで押し掛けたら、あの女性はピョンの娘ユラか~。娘は花札やる父に反対で怒りまくってる。
しつこい二人に、とりあへず花札やってみろというピョン。町の人が集まってやってる所に連れていかれて他の人とやってみるけど、すごく強い・・・。
それでも食い下がって、勘の良さをみせたコニは食事に誘われた。「母さんの金さえ取り返したらきっぱりやめる。出来なければ指を落としても・・・」と必死で訴える。しかし、相手も厳しい世を生きてきたから「博打は自分だけでなく他人も傷つける」と厳しい。それでも、涙ながらに訴えるコニに「おれを恨むなよ」と受け入れてくれた。
しかし、弟子をとるのに反対のユニは住み込む二人を家事でこき使って追い出そうとするし、技のための訓練もなかなか大変。でも、師匠の教えは楽しく、ユニも次第に親切になってくる。
師匠の教えは「時には穏便に、時には無慈悲に。野獣になれ」だって。

ヨンミンはアグィの片腕としてドンチュンも飛び越して、チョン議員とのゴルフに随行する立場になった。組織の中で狙われるようになりそうだ。
アグィはカジノ建設の噂を聞きつけて、議員に便宜を図って貰おうとしてるのね。ナンスクが捕まえようとしてるアン・セフンだけじゃダメなのね。

アン・セフン(ポンダルヒに医者役で出てた人だね)は、すっかりナンスクに引っ掛かってる。彼にポーカーに誘われたナンスク。
ナンスクの高校時代の同級生としてセフンに紹介されるヨンミン。だんだんと彼に近づいていきます。二人で、コンビうちでセフンをはめた。そのあとに、アグィで出て行って「嵌めた」とネタばらし。「手を組みたい。切りたい相手がいたら、うちの刀を」というアグィ。力を見せるデモンストレーションだったのね。(ここで録画切れちゃった)


6話
コニは感覚をつかみかけた。師匠は「期末テストでかけをするぞ」と地方を回って実践することに。
知らない人の葬式に出て、そこでカモを探る。人が集まるとなんとなく花札が始まるんだね・・・。ホント、韓国ドラマでは割と普通に花札出てくるし、一般的な負娯楽なのかもね。
カモにする相手に、すっかり負けてしまう二人。実はピョンの弟子。「心を読まないと、ざ技だけではだめ」と言われてしまう。

コニはこっそり母親を見に行って、一人働く母を見て涙ぐむ。プレゼントを託しておいた。
たまたま旧友のノブチにあったコニ。大学生になってる皆。ナンスクもソウルで女子大に通っていると聞いて会いに行ってみる。しかし、ナンスクには会えなかった。
ナンスクはヨンミンに迎えに来てもらって、兄の面会に。保釈金のおかげで刑期は短縮されてもうすぐ出られる兄さんだが、「おれを嵌めた奴に復讐してやる」というけど、「また私を売ることになるわよ」とナンスク。ヨンミンは自分がはめたってのを内緒にしてるけど、ずっと心に残っててツライ思いをしてる。ナンスクは、辛い気持を「湖に囲まれたスイスで何も考えずに暮らしたい。早く時が過ぎれば良いのに」と吐露する。

クァンヨル兄貴が、娘の治療費が必要だというので、師匠に無断で米軍のカジノに潜り込む二人。しかし、いかさまにやられてる素人みて、助けようとテーブルについてしまうコニ。そこにプロが出てきちゃったよ。捕まってしまう。そこに、やっぱり捕まったナンスクが!!

ナンスク達がどうしてたかというと・・・。
セフンは「あなた方とは組まない。切りたい相手はいない」とアグィと拒否。ヨンミンは、アグィに「考えすぎるな。お前に計画を隠したのには理由がある」と諭される。

チョンマダムのハウスに手入れが。警察にはわいろを渡してあったのに、セフンが手をまわしたのね。「こちらの札を知りたいのでは?」と問うヨンミンに、「社長は何を望んでる?」という。「米軍カジノの経営権だ。かなえてくれたら、あなたの野望・テグァンの後継者をかなえる・・・」とヨンミン。
しかし、さらにライバルパク社長の情報も欲しい・・・。ジナ=ナンスクをさらに使おうとするマダムに「彼女を外してくれ」とヨンミン。でも、すでに計画は動いてて、パク社長のカジノにディーラーとしてもぐりこむナンスク。これで借金完済としてくれるとマダムは約束してるけど・・・。

アグィは、ヨンミンに「奪い取れ」ということをたびたび言って、彼をけしかけるが、金を奪い取られる苦しさを知っているから、気持ちを抑えて歪んで行ってしまってるような・・・。

セフンの紹介で、チェ将軍と接触したヨンミン。
マダムは従姉のジヨンとしてジナ=ナンスクの紹介で、パクのパーティに潜り込んで、チェ将軍にも紹介してもらう。
ナンスクは色々と米軍カジノの裏を探ってる。他のディーラーが協力者って名乗り出てフォローしてくれて、帳簿をチェックしようとするナンスク。そこに社長が・・・。罠だったのか。
つかまったナンスクだが、そこにコニが!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いかさま師~タチャ 3・4話

3話
ヨンミンの祖母の手術費を稼ぐためアグィとの対決が始まるが、ヨンミンが「ストップ」の指示だしたのにゴーしちゃったコニは窮地に。彼を救おうおと、相手がイカサマしてるって感じの芝居を打ったヨンミン。自分が持ってた札を相手のポケットから出したみたいに見せたのね。
でも、アグィはお見通し。手首を切断される危機に遭う。どっちの手首を切るか、花札で決めるっていうアグィ。散々に脅しつけたところで、「なんでストップをかけた?」と問うアグィ。「嫌な予感がしたから」と答えるヨンミン。なぜゴーした?という問いに「あれで手術代が稼げた。」と答えたコニ。アグィは「違う。金が欲しかっただけだ。今日は貸しておいてやる・・・」と解放。
しかし、キム・ガプスさんはかっこええねえ。ヤクザが似合うったら。

ヨンミンに迷惑かけたって落ち込んでると、「友達だから分かってくれる」と慰めるナンスク。一緒に見舞いにも言ってくれる。

ヨンミンの祖母が亡くなるが、病院の支払いを済ませないと死体を渡すことができないといわれる。コニやナンスクも金を集めようとするけど無理・・・。ナンスクは兄の知り合いの店を借りて一日喫茶店にして稼ぎ始めた。しかし、コニは「やっぱ花札しかないか?」と思ってる。ギャンブルにハマったね。

ヨンミンは誘われてた暴力団をたずねて工面を頼むが、任された任務はアグィを殺すことだった。襲撃に加わるヨンミン。強い~。アグイは敵とはいえ、気に入ったんだね。
ピンチになったヨンミンを助けにきたコニ。こっちも強い~。

ヨンミンが目の前に来ても平気な顔のアグイ。殴るだけだったつもりのヨンミンにナイフでさせという暴力団。アグイは金を渡して、「お前は使い捨てされるぞ」とヨンミンを懐柔。迷うところにコニが走りこんできた。「友達が大事なら、お前が俺を刺すか?」と挑発のアグイ。そこに警察がやってきた逮捕。
コニは両親が身元引受人になったけど、ヤクザと関係あるヨンミンはそのまま・・・。ナンスクは「生きていると理由もなく悪いことが起きる。それで自分を責めても無駄よ」というけど、「悪いことには理由がある。原因をつくったら責任を取らなきゃ。」とコニ。で、アグイに「ヨンミンを助けろ。ナイフを持って立ってただけだ。証言して」とお願いし。アグイは「代わりに何をくれる?あいつから借金二千万を回収しろ」と指示。相手が体が悪いのを見ると出来なかったコニ。「お前の友情なんてハッタリだ・・・」というアグィに膝をついて頼み込むコニ。アグイは「代わりに二千万を持ってきたら考えてやる」と。
で、コニは、ギャンブルをやってしまいます。っていうか。完全にギャンブルにハマってるよね。一人じゃカモにしかならないから、丸裸にされた。家に帰るに帰れないコニ。

ナンスク達の地域は「再開発で保証金が出る」と浮かれる人が多い。ナンスク兄も貯金を担保にチョン・マダムの店での博打につぎ込んでる。ナンスクが、金を使わないようにって、印鑑を隠したりしてるけど、学校まで来てナンスクをたたいたり、ひどすぎる兄ちゃん。帰ってこない兄を呼びに、ハウスを尋ねるナンスク。兄ちゃんはナンスクを担保にさらに借金だと・・・。

ヨンミンは一時外出が許されて、ハラボジの葬儀を・・・。資金を出したのはアグイか・・。「コニには家族があるが、お前の後ろには何もない。だから踏みつけられる。恨まれないからだ。だから、お前だけ出られない。俺を後ろにつけないか?俺の手にならないか?」だって・・・。アグイは古いタイプのヤクザさんなんだな。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いかさま師~タチャ 1・2話

公式
チャン・ヒョク(コニ役)幼少時は明るくて温厚。賭博に天性の素質がある。父が賭博で破滅したため、意図的に避けてきた。高校時代、初恋の人だったナンスク(ハン・イェスル)と再会。友達ヨンミン(キム・ミンジュン)の祖母の手術費のために、賭博をして敗北。放浪の旅に。
キム・ミンジュン(ヨンミン役)鋭い目つき、素早い身のこなし、鋭い拳。孤高のたリスマ。組織に誘われるが祖母のために断っていた。祖母の死後、冷酷なイカサマ師の道を選択し、コアグィのもとで冷徹ないかさま師になるための訓練を受け、コニと対立。ナンスク(ハン・イェスル)を賭博場に招き入れ、コニにとって父親のような存在だったテホを死に追いやる。
ハン・イェスル(ナンスク/ジナ役)冷たいながらも神秘的な魅力を持つ女。またコニ(チャン・ヒョク)とヨンミン(キム・ミンジュン)の初恋の人。兄クァンテがアグィの賭博場にかかわったせいで、ケ・ドンチュンに売られる。チョンマダム(カン・ソンヨン)に気に入られ、昼は学校に通い、夜はミナとしてチョンマダムが経営するハウス兼ルームサロンで働きながら花札を学ぶ。ナンスクは自分の不幸の背後にアグィとヨンミンがいるという事を知り、コニのため、そして歪んだ自分の幸せを取り戻すための緻密な復讐を始める。
カン・ソンヨン(チョンマダム役)20代後半に見えるが、実は35歳。華やかで悩殺的な美女。


1話
感情的でプライドの高い男はカモだと言い切るコニ。賭博天国の韓国。ハウスでは、タチャと女がカモを調理する。勝ちすぎて刃物で脅されたり・・・。抗争に巻き込まれたり。しかし、チャン・ヒョクさんはチンピラがはまり役ですよね。

子供時代のコニ。適当に嘘をついて金持ちからビー玉をせしめるなどのチャッカリした子。集めてるビー玉を落としちゃって凹んでると、ナンスクが探すのを手伝ってくれる。
テホ叔父さんという優しい叔父さんがが、優しいが酒好き、ギャンブル好きな父から庇ってくれる。テホ叔父さんは、過去に一緒にギャンブルを習ったアグィの手下ドンチョンに追われている。
アグィは、テホを追い込むために、コニ父をカモにしてボロボロにする。すがった父は交通事故で死亡。最後に、テホに家族のことを頼み、コニに「負けるな」と言い残した。
コニは「負けるな」という言葉にこたえるように、友人との「眼隠しかけっこ勝負」で勝利。
テホは、アグィのアジトに殴りこみに。自分の手首をかけての花札。怖い~。テホ勝利。「そんなはずない」と叫ぶアグィだが、テホも負けてない。「やめたかったのに」と言って、テホの手首を切りつけた。怖い怖い怖い。(こんなのがフツーに流れてるんだね韓国。裏番組に押されて低視聴率だったらしいけど)
コニは母と引っ越して行った。最後に、ナンスクにビー玉をあげて「今度会ったら首飾りを作ってあげる」と約束して・・・。

高校生になった皆。コニには、クンミョン派のビリヤード場でヨンミンという友人ができた。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。