• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

あんぱん 25・26(最終)話

終わりました~。楽しかったな~。見始めたら止まらなくて、一気に見てしまった。

チェ・ガンヒさんは、やっぱり可愛いっすね~。表情がココロ変わってイキイキしてる。ナムジュンも、いつもニコニコ楽しそうで、可愛い二人でした。


25話幸せになるために
グァンハは、「ナムジュンと居る時のあなたは輝いてる」っていって、ガランの背中をおしてくれましたね。それでもやっぱり罪悪感のあるガランだけど、ナムジュンも一緒にそういう気持ちを共有してくれて、いい感じです。
ナムジュンにも「怒らせても良いけど、出来れば笑わせてあげて」といってくれました。

しかーし、招待状のことを思い出したガランは、ナムジュンを縛り上げて怒ります。ナミもやってきて怒ろうとするんだけど、ガランに「とっちめてやって」と譲ってくれましたね。
ナムジュンは「一秒でも離れてたくない。お互い適齢期だし、周囲も祝福してるし・・・。だから200日の記念に」とか言ってるけど、ガランが「婿に来るんだよね?じゃ、日取りは私が決める」と言い渡しました。それでも、あとで「日取り教えてくれたら、修正ペンで治すよ~」とか懲りないナムジュン。

翌朝、呼び出したナムジュンに「今度は何事?」なガラン。カウントダウンコンサートのお誘いでした。目やにまで可愛いとか言ってるナムジュン浮かれてるなあ。

さて、コンサート前に「二人で毎日1000ウォン貯金して結婚費用にしよう!」って口座を作るナムジュン。
でも、ソニのことで相談が・・・と、イ次長、ドクジンから連絡が来ちゃってデートは中断。
やっとコンサート!と思ったら、直前にソニから連絡が。「ソニのことなら仕方ないね」って理解してくれるナムジュン。
結局、家に戻って3人で新年を迎えました。ナムジュンはソニに、「どっちを選んでも、お前の味方だし、振られた方は面倒みるから、自分のおもうようにしな」って言ってあげる。
ナムジュン、頼れる男じゃん!!ってソニに言われて、ガランも嬉しそう。恋愛問題じゃ、ガランはあまりアドバイスできないもんね。

新年なのでそれぞれ親戚や実家へ!二日会えないだけで、寂しいよ~なナムジュン。ガランも帰ってくるなり「三日分3000ウォンの徴収だ」とかいってデートして楽しそう。会えない時のためにも写真が欲しい~なナムジュン。ガランが、食べてた漬物で目を作ったりして写真撮って、可愛かった。

ソニは、結局自分を一番見てくれるイ次長を選んだんだね~。ドクジンかっこいいのに。

シンヒョクは春川に・・・。出発の日に聞かされたガランは、教会に駆けつけます。「辛いことがあったら、僕じゃなくて彼を頼りなさい」というシンヒョク。お別れを言ったガランだけど、涙が止まらない。グァンハから聞いたナムジュンもやってきました。シンヒョクは、ナムジュンにガランを託しました。
泣いてるガランを抱きしめてあげるナムジュン。おお!キスしたね~。まともなキスは初めてだな!!

今回のインタビューは、ナムジュン(大人)です。ガランが昔の恋に縛られてるのがまるで鏡をみるようで、ガランが笑えば自分も笑えそうな気がしたから、100日付き合ってみようと思ったんだね。



26(最終)話愛の言葉
立ち去って行ったシンヒョク。どうしても泣いてしまうガラン。「もう会えないかも。あんぱんのせいだ」というガランに、「今日よりも明日。もっと愛してあげる」っていって、涙をぬぐって真面目なキスしたナムジュン。ガランも今度は逃げなかったね。でも、腰が抜けてたけど(笑)
「ありがとう。傍に居させてくれて」なナムジュンに、「それは私の方だ」なガラン。先輩のことなんかよりも、ナムジュンのキスのことで頭がいっぱいになってるな!!ガランが、本当にナムジュンを好きになってるな~って感じがした。ナムジュンもめちゃくちゃ幸せそうだねえ。

ナムジュンの浮かれ具合を見た姉ナミさんも、「こりゃ、とっとと結婚させよう」という気持ちになったね。朝からサウナにガランを誘って、「ナムジュンをもらってやって」なんていう。二人は似てるし、結構仲良くやれるでしょ!!
グァンハにも「子供っぽくみえるけど、頼りがいのある男でしょ」って言われたがらんは、ナムジュンのことを見直します。一緒にいれば楽しく遊ぶことが多くて、いつまでも子供の時のイメージで見ちゃうガランだけど、いつも助けてくれたもんね。

イ次長はソニにプロポーズ!焼き肉屋でサンチュの間に指輪を隠したのに、ガランが食べちゃった上に、「間違って入ってるよ~」とか言っちゃうし!!プロポーズだと分かったソニは、ちゃんと受け取って「愛してるわギドンさん」なんて言ったよ!!いやあ、意外だわ。

ナムジュンは、「名前を呼んで、愛してるって言うなんて、ソニを見習えよ~」と拗ねちゃった。口で言えなくて、ハートマーク作ってあげたガラン。それだけで嬉しくて「気絶しそう~」なナムジュン。「愛を表現してくれたから、一年は待てる~」とか浮かれすぎ。

その嬉しそうな様子を見たガラン。ソニにも「ガランにナムジュンは勿体なさすぎ。受け身ばかりじゃなくて、ガランも愛してあげなきゃ」と言われた。ガランなりに一生懸命表現したら、それだけで喜んでくれたナムジュン。いつもいつもガランを大切にして、愛を表現してくれたナムジュンのことを思い返して、決意を固めました!!
「私の名前は??」みたいな簡単な三択クイズを出しつづけ、「ガランとナムジュンは恋愛してて、愛してるから毎日一緒に歯磨きを使う。それをはじめるのに最適な日は2/18。その日はタキシード来て式場にくれば?」ということを伝えました。わかりづれえ・・・。でも、ガランらしいな。「春休みになって早いうちにしちゃおう。お金と時間の無駄だ」なんて照れ隠ししちゃって~。
嬉しくてガランを抱きしめたナムジュン。ガランも初めて抱きしめかえしてましたね。ホント、ナムジュンおめでとう!!

結婚式か?と思ったら、ソニのだったね~。ガランたちのは来週。ナムジュンは「どうして結婚決めたの?」ときくけどガランは答えません。ナムジュンは何度も「愛してる」っていって、「お前も言って」というんだけど、ガランは言えないの。「愛してるって言われて、「(その言葉を)跳ね返したから受け取って」だって。じれったいなあ。

最後のインタビューはガラン。
グァンハはシンヒョクを思い出させる人だったのか。優しくて、大人でって感じだもんね。ナムジュンはシンヒョクとは違ったのが良かったんだろうね。
結婚を決めた理由を、名前を呼んだだけで喜んでくれたナムジュン。ナムジュンに何かしてあげたくなって、結婚するっていったら喜んでくれるかな~と思ったって。ナムジュンが喜ぶ姿を想像したら嬉しくなって、これが愛なのかな~って思ったと・・・。
でも、これからも「あんぱん」って呼ぶんだって。そうだよね!「あんぱん」ってよべるのはガランだけだもん!!
いやあ、本当にかわいい二人でした。一緒にいると、いつもニコニコしてて、楽しそうだな~と思った。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 23・24話

23話彼にしてあげられること
校内放送で「あいしてるよ」なナムジュン。で、「結婚しよ」だって、照れて逃げ出しちゃったガランに、「今すぐとはいってないじゃん。気持ちを伝えただけ」なナムジュン。「徹夜で考えたプロポーズを断られた」なんて拗ねて見せるもんだから、ガランはちょっと心配に・・・。ナムジュン、ガランの操縦法を覚えたねえ~。
「勝手なことしないで」なガランに、「無視しても良いよ。自分の気持ち言えて満足。100年たっても変わらないからね」とナムジュン。
照れながらも嬉しそうにソニに報告したガラン。「がっかりしたんじゃない?いつも支えてもらってるのに」と言われて、大目に見てあげればよかったと思う。そして、100日間のことを思い出します。ナムジュンと居ると楽しいことばっかり。

電話かけてきて「子守唄うたってあげようか?」とかナムジュンはいつも優しいよね~。アホだけど。

ヘジャンが元気ないのが気になるガラン。「会って慰めてあげて」とナムジュンに頼むガラン。そういう優しい子だから、ナミもガランを認める気になってきたかな?っていうか、ナムジュンがガラン好きすぎだから、譲るしかないと思ったか??

へジャンに会ったナムジュン。へジャンにしたら「心配するくらいなら、あんんたことしなきゃ良いのに」だよね。「気持ちは分かったからもう待たない」と平気な顔のへジャン。一緒に最後のお酒を飲んでお別れしました。

グァンハと学校であったガラン。仕事相手に対する礼儀正しい態度をとるガラン。気まずいけど、仕方ないよなあ。

ナムジュンは一人で酔ってしまいます。迎えに行ったガランは、可愛いナムジュンの寝顔を写真にとって嬉しそう。「名前を呼んで~」なナムジュンが可愛い。ガランも「呼ぶぞ」と決意。

翌朝、自分から電話して「酔いざましスープおごってあげる」なガラン。幸せそうなナムジュンだけど、ガランは照れてなかなか「ナムジュン」って呼べません。へジャンにも「私はあきらめるけど、あなたはもっとナムジュンを大事にしろ」って言われて、ガランのやる気だけはアップするんだけどね。

ナムジュンは、グァンハの様子がちょっと心配。でも、生徒のために頑張るグァンハをみて「ガランの熱心さが移ったね」と笑う。

カップルリングを買ってはしゃぐナムジュン。かわいいねえ。一生懸命「ナムジュン」って呼んだガラン。ビックリして超嬉しそうなナムジュン。良かったね~。

ソニ、ドクジンまでが家に会いに来て、「どうしよう~」ってなってますね。いい友達のままでいたいのに・・・。私はドクジンの方が好みだし、小学生時代の二人の仲良しなのを見てるからドクジンがいいなあ~。でも、ソニはイ次長に押されてそっちに傾いてるね。

今回のインタビューは小学生ガラン。クリスマスプレゼントのことで仲良くなってきたガランとナムジュン。いい子にしてないとプレゼントがもらえない・・・。そう思った二人は、お掃除してみたりとお手伝いでいい子になります。でも、そこでも縄張り争いが・・・。でも、「喧嘩する子は悪い子」ってことで、「仲直り」することに。そのおかげでプレゼントもらえた!なガランは、ナムジュンと友達になりました。



24話メリークリスマス!!
ペアリングが嬉しくてみせびらかすナムジュンが可愛い。ニヤケ顔が止まらない!って感じです。ガランも幸せそう。

クリスマスイブ、ナムジュンは、ガランの生徒のクリスマ飾り作りを手伝いに。子供たちに呼ばれたグァンハが来ちゃった。仲良くしてる二人を見て帰ってしまう・・・。ガランが見送りに行っている間に、小学生時代のガランの「ヤクザ」アダ名をばらしたりして、すっかり子供たちと仲良くなるナムジュン。

イブはどこも込んでるからって家で食事しようとしたら、ナムジュンは「俺の家で」とひっぱっていった。「ガランが一緒に過ごしたいって」といったり、一応大人な感じでナミを懐柔してますね。ナミの下手な料理もニコニコ食べるガラン。ナミも見直したみたいね。

深夜、「出てきて~」なナムジュン。初雪を一緒に見たかったんだ。「へジャンには出来なかったけど、ガランにはしたいことが出来る。自分らしく入れる」というナムジュン。ガランも、「一緒にいると楽で楽しい」と答えます。

ナムジュン。勝手にガランの実家に言って挨拶しちゃってるよ!!そりゃ、おこられるだろう~って感じ。でも、「育ててくれたお礼を言ってきたの。素適な家族だったよ~」とか言われると、ガランも嬉しいよね。

しかし、ナムジュン勝手に結婚式の招待状を作って校長先生や義兄にくばってるよ!!おいおいおい!!いいかげんにしろ!って感じ。校長先生から「おめでとう」言われてガランはびっくり。怒って「とにかく話しあいだ」となるけど、イ次長がガランを連れて行ってしまいました。最後のチャンスをグァンハに!ってことみたいだね。ナムジュン、不安そう・・・。だけど、ちょっと反省せよ!

ヘジャンは、任期が終わって学校を去ることに。シンヒョクも春川の教会に移るかも?だし、年の終わりって感じですね。
ソニは、クリスマスにドクシンも、イ次長もふっちゃっいましたね。めんどくせ~って感じ。

今日のインタビューは社長だね。今までのガランとの思い出を振り返ってました。延長になったのかな?後二回ってところなんですけど、ちょっと引き延ばしっていうか、回想シーンが増えてる気がしますね。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 21・22話

21話心を開いて
自分の心の隙間を埋めてくれたのがガランだったから離れられない。でもガランは心の隙間に気がついて不安みたいだ」というナムジュンに。「ガランが男の人の相談をしてきたのは初めてでした。隙間をうめようとしないで、満たしてあげてください。ゆっくり見守って」というシンヒョク。
ナムジュンはグァンハとも停戦を約束して、少し距離をとって見守ることに。ガランにも「いおれは別れない。追いまわさずに見守ってる。お前が合いに来るまで待ってる」と壁こしに伝えるだけ。ガラン、会いたい気持ちになるでしょ??

校長先生から、「相手に合わせる必要はない。難しく考えるな」と言われたガラン。
シンヒョクにも「人はそれぞれ違う。誰も俺の代わりにはなれない。比べたりしないで、その人のありのままを見て、心を開いて」と言われます。シンヒョクは、離れていくガランが寂しいと同時に、幸せになってほしいんだろうね。ガランが初めて真剣に男性のことを考え、悩んでいるんだもんね。

雨がふってきて、「雨の音が好き」といったガランを思い出して聞いてみるナムジュン。足の指でものをつかむのもやってみて・・・。で、報告のメール。「違う」からこそ楽しいというか、嫌いなものが違って見えるのって素敵だよね。「つまんない。でも一緒だったら楽しいだろうね。一緒にいることが大事なんだよ。喧嘩になってもコレが俺。シンヒョクにはなれない。」だって。
ナムジュンも待ってるのは辛いよねえ。眠れないみたいだし・・・。いつものベンチでぼんやりしてるし。自分もへジャンのことでは苦しんだから、気持ちは理解してるんだろうど・・・。

ガランも悩んで眠れない。ソニは「難しく考えないでイ次長にあう。今、傍にいるのはイ次長だしね」なんて言ってて、考えすぎ??ってガランも思うよねえ。たそがれてるナムジュンを見たら、やっぱり心配だしね。

ガランの誕生日だとイ次長から聞いたグァンハ。どうしよう?って考えているうちに、何にも出来ないことが情けなくなってしまった。シンヒョクには「ガランの気持ちを優先したいから、協力はできない」って言われちゃったしね。

ナムジュンは、ソニから「ガランが誕生日で実家に帰る前に仲直りして」と言われて、ガランがかえって来る前にソニと誕生日祝いの飾り付けとケーキの準備だけをして、帰ります。手紙に「先輩の場所に入るつもりはない。その隣に俺の居場所を作る」と書いてあった。シンヒョクと同じことを言ってる・・・。
ガランは帰ったナムジュンを追いかけて、一緒にケーキ食べよって誘ったよ。仲直りして、ソニと三人で楽しくパーティ。

ソニは、ドクジンも「ソニが好き」と言い出して大変なことになったね~。

インタビューは校長先生。小学生の頃も、ガランがナムジュンに手を差し伸べたことがある。スピーチ大会の代表になったガラン。風邪で代表になれなかったナムジュンだけど、去年は優勝した。「教えて」というガランに、厳しく指導するナムジュン。腹が立っても、言うこと聞いて頑張るガラン。見事に優勝。ガランは「シンヒョクオッパが書いてくれた原稿のおかげ」なんていうんだよね。ナムジュンは「あんな原稿。俺のおかげだろ?なんていったから、オッパのこと悪く言うな!なガランと喧嘩に。さすがに「ナムジュンが協力してくれた」と思ったガランは、トロフィー持ってナムジュンに会いに行って「ごめん」って仲直り。



22話100日記念
ナムジュンは「自分のやり方で付き合う。意見が違ったら怒って喧嘩して、仲直りする。」とガランに話します。ガランは「まだシンヒョクオッパがいるよ」というだけど、「比べないで俺を見てほしい」なナムジュンに、ガランも「分かった」と答えました。「もう一度やり直してみる。ありのままのあんパンを見る」というガラン。嬉しそうで、やっぱり好きなんだな~と思った。喧嘩するから深く知りあえるんだし、それでよいよね。

ずっと落ち込んでたナムジュンが心配なナミ。慰めようとしたのに、「もう一度付き合う」と聞くと、なんだよ!!です。ガランといると飾らずに怒ったり笑ったりできる」なナムジュンに、「俺たち夫婦みたいに喧嘩しては仲直りだね~」な義兄。なにげに、含蓄のあることを言う人だよね。上手に尻に敷かれてる感じ。

グァンハが会いたいと言ってきても、ガランはちゃんと断る。でも、罪悪感が・・・。ガランを心配したナムジュンが「まかせろ。男同士で話をつける」なんていう。以外に頼りがいのあるナムジュン。

やっとデート!!なんの映画見るかでじゃんけん勝負。ガランの誘導にやすやすのって、ホラー見ることになっちゃうナムジュンが可愛い。

グァンハから電話があって、ちょっと話してくるというナムジュン。で、「今はガランは不安定で、俺は少し優勢なだけ。本気の愛を得られなかったら諦める。」と話をして、ガランを苦しめないでとお願いしました。

さらにヘジャンからも電話。ナムジュンは「一緒に言って交際再会の話をする」というけど、ガランは逃げちゃった。会いに行ったナムジュンは、ハッキリ「ガランは不器用で恋愛になると迷ってしまう。でも、ガランを愛してる。もう待たないで。苦しまずに、忘れてほしい」と言いました。最後まで優しいナムジュン。へジャンも、失ったものに気がついただろうね。次は良い人見つけてくれ!!

で、報告に来たナムジュンに「辛いね。元気出して」なガラン。「いつかシンヒョクを忘れられる日が来るまで、俺が支えるよ」と言ってくれるナムジュン。「あんたが私を思うほどに、好きになれなくてごめんね」なガランにも、「傍にいてくれるだけで良い」なナムジュン。ガランの事情も込みで好きになってくれるなんて、最高だよね~。

ガランもちゃんとグァンハと話をしました。でも罪悪感はどうしても残るなあ。

ガランとナムジュンの100日記念。何か特別なことがしたい!なナムジュン。放課後校長に頼んで校内放送を貸してもらいます。「暗闇の中で太陽の光を感じた。」みたいな詩を朗読して「愛してるよガラン」とか愛のメッセージ!ナミもへジャンも聞いてるのに~。あわてて止めに来たガランに、笑顔で「嫁にこい。結婚しよう。嫌なら、俺が婿に行く」ってプロポーズ。早い!早すぎでしょ!!ぽかーんなガラン。

今日のインタビュー。小学生のナムジュン。「それほど嫌いじゃない。この間も楽しいって言ったんだ!」な小学生ナムジュン。
賢く見えそうで、嘘ついてメガネを買ってもらったナムジュンだけど、度があってなくて気分が悪くなっちゃった。ガランが仮病使って、付き合って保健室で休んでくれます。一緒にこっそり漫画を読んだりする二人。楽しそう~。ガランも「あんぱんと遊ぶの楽しいな」なんて思ってるし、ナムジュンも「ガランと毎日遊びたいな。へジャンと遊ぶより楽しい」と言うんだけど、嫉妬したへジャンがガランと入れ替わってベッドに寝てたんだよね・・・。「へジャンが許せば3人で遊べるけど、でもへジャンを一人に出来ない」なナムジュン。かわいいねえ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん19・20話

19話 彼を好きな理由
ヘジャンに、「ナムジュンのどこが好き?ナムジュンの何を知ってるの?あなたには勿体ない取り返す」って聞かれて、ガランは本当にナムジュンが好きなんだろうか・・・って悩み始めちゃいます。再会した時からのことを思い出すけど、始めは嫌いで、いつの間にか会いたくなって、好きになってた・・・」と考えるほどに、あんぱんってどんなひと??と思い始めちゃう。ガランも言ってたように、「好きになるのに理由はない」と思うんだけどね~。

ナムジュンが電話してきても、考え込んでて反応が薄い。「一緒に解決しよう」っていってくれるナムジュンに、「私のどこが好き??」なガラン。ナムジュンは「りゆうなんかないよ」とアッサリ。そんなガランが心配なナムジュン。ふざけて笑わせようとしてくれたり、本当にいい人だ。

デートで元気付けようとします。まずは映画!!でも怖がりナムジュンはホラーがダメだし、ガランは恋愛映画は嫌。スルメを買う買わないとかでも、一々違う。それにまた過剰反応しちゃうガラン。「帰りたい」って言うガランを元気付けようと、高いレストランでステーキ食わせようとするナムジュンだけど、ガランが「そんな気分じゃないのに」って怒ってしまいます。ナムジュンにしたら「楽しみにしてたのに~」だよね。喧嘩になって、ガランは「喧嘩ばかりなのに何でつきあってんの??」と感じてしまう。

イ次長は、ソニがドクジンと恋人のフリしたので、ガックリ来てます。グァンハは「イ次長が飲まず食わずです。チャンスを与えてあげて」ってソニに話に来ます。
そんなグァンハをお酒に誘ったガラン。酒の勢いで罪悪感を打ち消して、「私たち会うのやめましょう」って言いました。でも、「あんぱんと居ると楽しいし、居ないとさみしいんです。でも、何か足りなくて。胸を締め付けられるような感じがないんです」なんて悩みも言ってしまいました。それでも、全然関係ない話題で、すぐにナムジュンの名前を出すくらい、ナムジュンが好きなように見えるけどねえ。
しかし、迷ってる時だからこそグァンハと距離を取りたいんだろうし、グァンハは「好きかどうか考えるまでもない」ってことなんだけど、それでもグァンハは希望を持つよなあ。

翌朝。ナムジュンのほうから謝罪してきました。ナムジュン、こういうところは大人というか、冷静と言うか、優しいんだよね。仕事の後、ガランの好きなホラー映画みて、ペアリング買って、一緒に焼酎を飲みに行こうって提案するナムジュン。

でも、帰宅するナムジュンの前にガランが・・・。元婚約者から結婚式の招待状が届いたんだって・・・。それで、ナムジュンを傷つけたと謝りに来たんだ。「友達として今日だけ付き合って」と泣かれてしまったナムジュン。優しいナムジュンは放っておけないよなあ。へジャンが取り返そうとしてることは知らないんだし・・・。

ナムジュンはガランにチャンと話して、デートは延期。ガランは一人でデートコースを回って一人で焼酎を飲んだ。ペアリングだけは買えなかった。ガラン、やっぱり寂しいし不安なんだよね・・・。
そんなガランに、グァンハは指輪を・・・。

今回のインタビューはグァンハ。ガランの心には、ナムジュンにも埋められない穴があると言っている。
高校時代のガラン。受験が近いのに成績が下がって、どうしても教育大にいきないガランはおお泣きしてしまいます。それを見たナムジュンが、要約ノートを貸してくれました。ガランは、シンヒョクにも相談に行って、一緒に大学の図書館で勉強して受験に備えることに。シンヒョクに言われて、「ナムジュンだって必要なノートなのに。いいやるだ」と思うガラン。受験が終わった後、「皆で食事しよう」ってナムジュンを誘うんだけど、そこにシンヒョクがやってきたらアッサリ「オッパと行く~」なガラン。
しかし、高校時代を演じるナムジュンは制服似合ってるね。弁護士役よりも、こっちのほうがしっくりくる感じ。髪型も爽やかでいい感じだ。



20話 愛の正体
ガランは指輪を断って、「私の傍にはナムジュンがいる」とまで行ったけど、グァンハは「ナムジュンを愛してる??」と・・・。ガランは返事に窮してしまった。

会いに来たナムジュン。「よりを戻そうって言われなかった??」なガランに「俺はお前を選んで、お前の全てが好きなんだから」と言ってくれる。グァンハのことも「傷つけたみたいで辛いだろう」と慰めてくれる。大人じゃん!!

ガランは、やっぱり「愛って何??」ってところから分かんないんだね。「ナムジュンが私を思ってくれるほど好きじゃない。これでよいのかな??」と思いつつ、歩み寄ってみようとします。

まずは、朝ナムジュンの家の前で待ってみる。ナムジュン嬉しそうだ。ガランはへジャンにも「譲る気はない。もっとナムジュンを好きになる」と言うんだけど、愛してる??ってのが引っかかる。

ガランの様子を見に来たグァンハ。それを見かけて隠れちゃったガラン。

ナムジュンと一緒に好きなものと嫌いな物を紙に書き出しあうことに。全然違う。雨が嫌いなナムジュンと、雨の音が好きなグァラン。無銭旅行なんて疲れる~なナムジュンに、足の指でものをつかむのが好きなの?時計の音も?と面白がるナムジュンだけど、ガランは「私たち違いすぎる」と思ってしまう。「なんで人を傷つけてまで、あんぱんを好きになるように努力しないといけないの?」って思い始めてしまいます。ナムジュンに相談してみようと思うガラン。

でも、ナムジュンは初めてのまともなデートだとおもって、ペアリングも買うぞ~とウキウキしてやってきてるんだよね。話し合いよりも楽しく過ごしたい。指輪選んでても気持ちが余所にいってるガラン。
ガランは「一緒だと楽しいし、会いたくなる。でも、それが全てかな?なんだか自分でも分からないんだけど・・・」と説明するけど、ナムジュンは「何が不満なのか分からない。好きならいいじゃん」なんだよね。ガランは「話し合いもできないなんて」と拗ねるけど、ナムジュンからしたら「デート楽しみにしてたのに」だよなあ。すれ違いです。

ガランはシンヒョクに相談しに行きます。「オッパを好きなときは幸せだったけど、今は辛い」っていうガラン。「拒まないで、心を閉ざさないで開いてごらん?自分の心に従って」って言われるんだけど、その「自分の心」が分からないんだよなあ。

ガランは、もう一度話し合いに来たナムジュンに「別れよう」って言ってしまいました。「自信がない。どのくらい好き??」と言うガランに、「夜寝るときも朝起きる時も、一番にお前を思い出すよ。努力する。お前を幸せにする」とナムジュン。「十分にしてくれた。でもそれが出来るのは一人しか居ない」とガラン。
うーん・・・。シンヒョクが好きだったら、「ナムジュンとの恋愛」を相談なんかできないよね??今でもシンヒョクが好きってことではないんだろうけど、シンヒョクを好きだった気持ちと違うから、ナムジュンへの気持ちが確信できないってこと??複雑すぎて、投げ出しちゃったって感じかなあ。
ナムジュンは、なんとシンヒョクに相談に行きました。ガランのことを誰よりも分かってる人だもんね。

シンヒョクは、グァンハには「相手を苦しめるのは愛じゃない」という話をしてて、つまりガランが悩んでしまう原因には「誰かを選ぶと誰かが傷つく」ってことがあると思ってるのかな?

ソニ、イ次長が心配で公園に呼び出した。このシーンが、ガランとナムジュンがキスしたシーンと揃えてあるのが面白かったけど、タイミング合わせるの大変そうだな~。

インタビューはシンヒョク。小学生時代。一緒におもちゃを買おうとしたガランとナムジュン。豚の貯金箱をコッソリ壊したんだけど、それを見かけたシンヒョクに諭されて、ガランは正直に話して叱られました。巻き込まれたナムジュンは怒ってガランと喧嘩したが、ボコボコにされた。ナムジュンは、シンヒョクに「どうしたらガランに言うことを聞かせられるの?あいつの弱点は??」と聞きに行きました。って、小学生のときも似たようなことやってんのね・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 17・18話

17話 信じきれない言葉
グァンハはナムジュンに「ガランを振り向かせる」と宣言。ナムジュンも負けてませんね~。一歩も引く気がない!って感じ。
ガランの方は「なんで誤解するの??」なスニに愚痴ってて、私に言っても無駄だよと言われて、ナムジュンと話をしようと決心します。でも、ナムジュンの家の前まで行っても、出てきてって電話がなかなかできないガラン。都合よく出てきてくれないかな~と思っている所に、ナムジュンが出てきてやったー!と思ったのに、一緒に出てきたのはへジャン・・・。帰ってしまったガランを目で追うナムジュンの表情を見て、へジャンは「追いかけて」と言ってくれました。単に、ナミに書類を持ってきたへジャンを送って行こうとしてただけなんだよね。

おっかけたナムジュンは自然にガランと手を繋いでくれて、「仕事以外では会わないで。ガランを信じる」と言ってくれます。ナムジュンに愛されてるってことは、ガランはよーく分かってると思うんだよね。ナムジュンも「焼餅やいてるんだ」と思えば、愛されてる気持ちで嬉しいだろうし、互いに焼餅やいてるんだからおあいこだもんね。ほっぺにキスしてナムジュンは爽やかに帰って行きましたね。

翌朝、ナムジュンがちょっと遅れてきたのを家の前でまってるガランもかわいいぜ。

しかし、学校ではナムジュンとグァンハが恋人だという噂になってしまってます。それを知ったナムジュンは、学校にガランをたずねて、生徒たちに「俺がガランの恋人だよ~」って主張。(こどもだねえ・・・)
そして、校長先生にもちゃんと報告して、「ガランを見張ってて」だって。校長先生は、二人がくっつくと良いな~と思ってて、手間取ってたから何かしようかと思ってたみたい。確かに、この二人はお似合いだもんね。喧嘩するほど仲が良いの典型だし。

ナミが反対してる事を知らないナムジュンは、ナミとガランと一緒に帰ろうとしたり、家でお茶していきなと招待したり・・・。ガランは気まずくて仕方がない。気まずいからって逃げてちゃダメだというナムジュンは、行動力あって大人っぽいけどね・・・。ナミはいまだに「グァンハのほうが良いのに~」だしねえ・・・。
凹んでるガランの体調を心配して、ハグして「神様、ガランを病気にしないで」なんて言ってくれるナムジュン。ソニも、ガランを悪く言うなんて~と怒ってくれるし、ガランは愛されてるよね~。

グァンハは仕事にかこつけて、夜に呼び出したり、ちょっと嫌だな~。

シンヒョクに呼ばれて、教会にいったガラン。シンヒョクは、悩んでるガランに「思うままに生きていいんだよ」と自分の気持ちに正直になるようにいってくれます。
その後、グァンハと遊んでた生徒たちから呼びだされて、ガランは学校へ・・・。生徒と一緒にいてガランは元気です。
でも、シンヒョクに会いに行くと電話連絡受けてたナムジュンは、ガランが泣いてるんじゃないかと心配でたまらないのよ・・・。家まで会いに行ったら、グァンハに送られて来たガランがいて・・・・。心配してたぶん、ナムジュンの怒りも沸騰しちゃう。これは、仕方ないと思うんだよな~。いつものベンチで話し合い。ガランにとっては、グァンハのことは友達でしかないから、いちいち怒るナムジュンが分からないんだよね。辛いっていうガランに「ならやめちまえ」って立ち去ってしまうナムジュン。「このまま行ったらもう終わりだよ」ってガランが言っても、そのまま行ってしまいました。

ソニは、イ次長が勝手にドクジンに「つきあってるんだから割り込むな」宣言して、ドクジンも怒ってる様子を見るとソニを好きみたいだし、大変になってきたね。

今回は高校生時代のへジャンがインタビュー。高校生のときに、ガランが自分のプライドのせいでナムジュンを傷つけた話。夜の自習中に抜け出してトッポギ食べに出たガランとソニ、ナムジュンとドグジン。でも、ガランとソニだけ見つっちゃったのね。で、ナムジュンたちは帰りに見つかって叱られちゃったと・・・。ガランがちくった訳じゃないのに、ナムジュンが「ちくったんだろ」なんていうから、「あんただけ抜け駆けさせない」みたいに嘘を言ってしまったのね。意地っ張りで、ナムジュンについ強気に出てしまうガラン。

18話 死ぬ気で守る!
怒って立ち去ってしまったナムジュン。でも、二人とも相手に引きとめてほしいんだよね・・・。
ガランは「あのナムジュンがあんなに怒るなんて」と反省して、ナムジュンの家の前までいったけど、電話して呼び出す勇気が出ない。
ナムジュンの方も「守るっていったのに、こんな小さなことで怒って・・・」と反省してガランの家に・・・。電話して「話があるから家の前で・・・」と呼び出します。
でも、ガランは「ナムジュンの家の前で」と誤解してしまったのね・・・。これはなあ・・・。今まで殆どの話し会いがガランの家の前で行われて来たことを考えると、ガランの思いこみがいかんよな・・・。それだけ、いつもナムジュンの方がガランに譲ってくれてるってことに、気がついてないんだろうなあ・・・。
それぞれの家の前でじーっと待ちぼうけの二人。いいかげん頭来て「ふざけてるの?」と電話でまた喧嘩になってしまいました。

翌日、ガランは寒空でまってたせいで風邪でダウン。これを見て怒ったソニが、ナムジュンに文句を言いに行きます。ナミに反対されて苦しんでるってこともきいたナムジュンは、気がついてやれなかったことに反省~。
家にかけつけたナムジュンだけど、一歩遅い。グァンハがガランを病院に連れて行く後ろ姿をみるだけだった。
ナムジュンはそのまま部屋で待ってます。ベットを整えてあげたり、ナムジュンってやっぱり「何かしてあげたい」ってタイプなんだろうね。帰ってきたガランをハグして、「ごめん。俺はお前のものだよ。お前に惚れたって気がついた」とかいいます。いままで「ガランは俺のもの!」って感じだったから、凄い変化かも??お粥作ってあげて、眠ってるガランにキスして・・・。

ナムジュンは、ナミをなんとかしないと!!と考えます。怒れば、ガランにとばっちりがいく・・・。だから、「姉さんは分かってくれると信じてるよ~」とおだてる作戦。でも、へジャンとナムジュンが自然な関係になっているのを見て、ナミは「へジャンとくっつけよう」とか思い出してる・・・。

ナムジュンは「ガランを守るぜ!」って感じで、仕事で会うというグァンハにくっついていったり、一生懸命ですね。

デートしたいけどガランが風邪気味だから、家デートだ!とビデオをかりたナムジュン。泣いてるガランをだきしめるってという妄想は実現しなかったけど、ねてしまったガランの寝顔みつめるだけでしあわせそう。

でも、ナミに「復縁を考えてみて」といわれたへジャンが、動き始めます。あんなにナムジュンが思っているのに、ガランがグァンハと仲良くしてるのを見てイライラするのもあるんだろうね。「本当にナムジュンが好き??あなたにナムジュンは勿体ない。だから取り返す」とガランに告げました。

今回の証言はナミ。「あんなに苛められたガランがなんでいいのか??」といいつつ、高校生のときのエピソードを。
バスで席の取りあいをする二人。ナムジュンがエロ本を持っているのに気がついたガランは、それを取り上げてナムジュンに優位な立場に。帰宅のバスで、他校のへジャンに席を譲っているナムジュンをみたガランは、「これ返してあげる」とエロ本をみんなの前に出しちゃった!!へジャンが「無視しろ」と冷静にいってくれたので、ナムジュンはそれ以上の恥はかかないで済んだみたいだけど・・・。
っていうか、ガランは「へジャンにだけ優しいナムジュン」が嫌いなわけで、やっぱりナムジュンのこと気に入ってはいるんだよね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 15・16話

15話 罪の意識
キスされてうろたえて文句言おうとするガランだけど、それもふさがれるように何度もキスされてしまったよ。流石に、ケリをいれたガランだけど、ボコられても幸せそうなナムジュン。
初めてだったのに~なガランに、「前もそう言ってたね~(14話小学生エピ参考)」なんてからかうナムジュン。「どんどん好きになっちゃうよ」って、本当にすきなんだね~。

ドキマギして眠れないガラン。ソニもイ次長にほっぺにキスされて動揺してて、二人でお酒に逃避。電話してきたナムジュンに、酔って「キスした奴~。サイテーだ~」なんていうガランだけど、本当に可愛いねえ。ソニともキャーキャー言っちゃって・・。そんな可愛い騒ぎを電話越しに聞いてるナムジュンも幸せそう。

次の日、ガランは授業の準備&気持ちの整理に、白羊寺に出かけます。ソニから連絡受けたナムジュンは追いかけます。寝不足で駅の待合室で盛大に居眠りしてるガランを見つけたナムジュンは、ガランをおんぶして電車に乗せて、自分の肩を貸して眠らせてあげるの。席が一緒になったオバサンは、すっかり新婚夫婦だと勘違いして、お似合いね~とか言いまくってたけど、本当にお似合いだよね。

寺に行っても、ナムジュンはふざけてばかり。自分でも「お前といると子供にもどっちゃう」と言ってたけど、それが楽しいんだね。抱きしめて「大事にする。先輩にはなれないけど、近づくように努力する。どんどん好きになるよ。お前はどう??」って聞くナムジュン。
ガランの手にキスして、「マーキングした。唾付けたから他の男とデートしちゃダメ!」と行ってみたり、手をつないで「絶対に離さないからずっと一緒にいよう」っていったり、とにかく大好き~ってのを表現しまくりです。

でも、一緒に夕飯を食べてたら、ナミ夫婦とばったり。驚いたからって、テーブルの下に隠れてもな~。逃げ出したガランだけど、「私は絶対認めないっていったでしょう」っていうナミの言葉を聞いちゃったよ。

ナムジュン「俺はガランが好きだし、ガランも好きになったから認めてほしい」とナミに説明。喧嘩したくないナミは、表向きは「分かった」と言ったけど、反対なんだよね。

それに気がつかないナムジュンは、ガランに電話して「心配しなくていいよ」と慰めます。電話かける時も、間違い電話したふりして「指がガランの番号覚えちゃってるな~」とか、一々大好き発言するナムジュン。凄い長電話したり、まさに付き合い始め!って感じのウキウキ感ですね。
翌朝眠い目をこすりながらやってきたナムジュンは、ガランと二人のりで出勤!!それをみてしまったグァンハ・・・。
グァンハはシンヒョクのところにいって、告解をします。「友人に悪くて、何もできなかったけど、友人の大事な人を奪う」。シンヒョクが好きな人だから、及び腰になってたんだね。

で、ナミさんだけど、グァンハのほうがいい!といったり、二人での作業を断ったり、微妙な感じだな~。ガランがんばれ!

小学生エピ。友人は「ガランは小学校の時からナムジュンが好きだった」と証言。勉強してないのにテストだと泣いてるガランを見て、ナムジュンが答えを見せてくれた。それで、ガランはナムジュンに後光が差して見えるように!ま、教えてくれた答えは嘘だったんだけどね!!でも、それくらいで後光が差すなら、好きなんでしょ!という友人。不仲の発端も、ソニを無視してへジャンにベタベタって感じだから、ちょっと嫉妬してた部分もあるのかもね~。



16話 手強いライバル
シンヒョクに胸の内を告白したグァンハは、真っ向から勝負することを決心する。シンヒョクは「大事な人を苦しめないでくれれば、それで良い」とグァンハを後押ししました。

ナムジュンとガランはすっかりラブラブっすね~。忙しくて遊べないナムジュンは、ガランを引っ張って図書館へ。仕事してるナムジュンをぼんやり眺めるガランの顔も恋してるね~。前回の小学生エピでもあったけど、「頭良いナムジュン」に惚れる要素はあるからな~。ナムジュンも、ガランの手を握って「毎日こうだったらな~」とかさ~。ガランも自分からしっかり手を握ってたしね!!
家の前でも、「キスじゃなくてガランの顔をスキャンする」とかいって、じーっと見つめたり、抱きしめたりとラブラブっす。ドクジンに見られて照れるのも可愛い。

でもね。ナミさんは反対なんだよね。ナムジュンが今でもへジャンを心配したりするから、ますます「まだ別れさせられる」って思ってしまう見たい。
図書館の増築の件で、ナミ夫もいるグァンハのところに頼むことになったけど、それをガランの担当にしちゃったよ。それに、グァンハがガランをスキってことまでばらしちゃってさ~。

グァンハは嬉しくて早速学校に来て、アレコレとチェックしたりと一緒に過ごします。校長先生たちもいるから、携帯の電源を切ってしまったガラン。連絡がつかなくて、ナムジュンは心配で仕方ない。ナムジュン、基本的に束縛するタイプだもんね。
ソニに連絡したら、たまたまきてたイ次長が「グァンハと一緒だよ~」と言ってしまったから、ナムジュンは怒ってしまいます。義兄に愚痴るナムジュンだけど、それに調子を合わせて義兄がガランを批判したら、「ガランはそんな子じゃない!」だって・・・。

帰宅したガランは、ソニから話を聞いてさっそく電話。でもナムジュンはいきなり「携帯の電源切るな!!」だよ。ちゃんと仕事だって説明したら、ナムジュンは分かってくれて、「ちょっとだけ顔がみたいから、これから行くね」だとよ・・・。で、ちょっとだけだよね?ってすぐ隠れちゃったガランだけど、ナムジュンに「じゃあね」って言われたら寂しくなって様子見に来ちゃって可愛いね~。ナムジュンは「家まで散歩」って行って連れて行きながら、結局はもう一度ガランの家まで送ったり、可愛いねえ。

ナムジュン、「俺はガランを信じてますから」とかグァンハに言って。余裕っぽくふるまってるけどねえ・・・。

グァンハが生徒たちの話を聞きたいとかいって学校に来るけど、グァンハと遊んだこともある生徒たちは、彼が好きなんだよね~。そこに、ナミがグァンハとガランを煽りまくるから大変なことに・・・。「鍵を忘れてしまったので送ってくれない??」とグァンハに頼んで、グァンハをガランの家の近くに連れて行って、自然に「じゃあガランの家で打ち合わせ」となるように工作。その上で、ナムジュンに「仕事なのに自宅に招くなんてね~」と言ったりして、最悪だ・・・。
流石に我慢できないナムジュン。「もう我慢できない。担当を変えてもらえー」なんて怒鳴っちゃった。

社長ったらナムジュンに、「ガランさんを諦めては?私は私のやり方で彼女と付き合いますよ」って宣戦布告だー。

小学生エピ。今日の証言者は高校生時代のソニ。高三の時、ナムジュンはガランたちの学校に転校してきた。もの珍しさも手伝って、みんなに人気のナムジュン。その頃、ガランはしつこい男に告白されてて困ってたもんだから、ナムジュンと付き合ってるなんて嘘ついちゃって、ナムジュンは殴られちゃった~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 13・14話

13話 すれ違う気持ち
ナミにガランといるところを見られたナムジュンは交際を猛反対される。ナムジュンははっきり「好き」というけど、ガランは「違います」だって。ナミは「交際しないならいいんだけど」といいつつ、ナムジュンだけがホンキってのがちょっと腹立つみたいだね。まあ、姉としてはね~。溺愛してるし。
ガランも、ナミに否定されるとやっぱ凹むよなあ。ナムジュンが凄い心配して、フォローしてくれてるけど・・・。

ガランは「よいきっかけた。終わりにしよう」なんだけど、ナムジュンが簡単に諦めるはずもなく・・・。ガランの自転車を取り上げて、帰りに返すからデートしよ!と強引に約束。

しかし、ガランはグァンハとコンサートへ出かけてしまいます。でも「ずっと待ってる」というナムジュンが気になり彼の待つ公園へ向かう。しかしヘジャンと一緒にいるところを見てしまい・・・

ガランは馬鹿にされてると思って帰ってしまいます。ナムジュンは、ヘジャンから「もうちょっと自由に生きてみるわ」みたいな話をされてただけなんだけどねえ~。
ナムジュンの方も、へジャンからガランがグァンホと出かけたのを聞かされたし、ガランに電話しても拗ねてるしで、「もう俺だって家に帰ったよ!」と強がってしまいます。

次の日の朝、怒って自転車を突き返したナムジュン。ガランはもナムジュンの頭をたたいてイライラしてる。

でも、ガランは学校で、ヘジャンからナムジュンはずっと待ってたよと聞かされ、ナムジュンもグァンハから「会いに行ったよ」と聞かされます。

誤解があったと知ったナムジュンは、ちゃんとガランの家の前で帰りをまっててくれました。二人とも素直に謝って仲直り。なんか、ナムジュンが「分かってるよ」っていうのが、とっても良い感じだったよ。ガランが自分に嫉妬してるんだから、そりゃ嬉しいよね。

食堂でじゃれ合う二人は小学生みたいで可愛い。でも、そこはガランの好きなお店で、懐かしいと思ったシンヒョクとグァンハがやってきてしまった。じゃれてるのを見てビックリ!!

小学生エピは、ガランがスカートをはいたこと。シンヒョクが好きで、シンヒョクと教会に行く日にスカートをはいたガラン。からかわれたり、スカートめくりされて泣きだしてしまった。そこに颯爽とあらわれるシンヒョク。これはかっこいいなあ~。



14話キス!!
ナムジュンといるところをシンヒョクに見られ、ガランは激しく動揺する。偶然会ったなんていっても、ナムジュンは怒れないんだよ「可哀そうに。今夜は眠れないな。お前がおれのものだったら、気を紛らわしてあげれるのに。そうでないのがもどかしいよ」とかいって、うう!!シンヒョク相手の時は嫉妬よりも、ガランのきもちを思って胸をいためてくれるんだよな~。

翌日、眠れなかっただろうガランを心配して、車で送迎して、朝ごはんまでかってきてくれるナムジュン。いままで、ガランには小学生みたいな面ばかり見せてたけど、こうやって気遣いしてくれる様子は、ちょっと大人っぽくて、ガランもドキドキしちゃいます。ナムジュンの方も、可哀そうなガランを放っておけなくて、好きな気持ちが大きく育ちましたね。帰りの車で寝ちゃたガランのために、そのまま駐車して待ってくれたり、シートを倒してくれたりしてさあ。ガランも妙に触れてくるナムジュンのことを、好きになったら面倒なのに~って、自覚ないけど好きになってしまってるね。

ソニが元気ないままだと聞いたナムジュンは、ソニと話に行きます。気持ちに答えられなかったことを謝り、理解して赦してくれたことを感謝する。ソニにとっては辛いかもしれないけど、ソニならナムジュンの優しさが素直に理解できそうだね。

グァンハと食事に行ったガランは偶然ナムジュンと鉢合わせに。「友達と行く」って言ってたから、気まずいガラン。ナムジュンも妙に暗いし、気になって仕方ない。そわそわしてるガランを見かねたソニが、ナムジュンを呼び出してくれた。
一生懸命「グァンハは友達だから」って説明するガラン。ナムジュンが好きだってバレバレ。ナムジュンが凄い嬉しそうな笑顔で「俺の事好きだろう」なんて言われて、あわあわするガラン。逃げ出したガランを追いかけて抱きしめただけでなく、ぎゃーぎゃーいうのをふさぐようにキスしました。本当に、何度も何度もしてて、可愛くて仕方ない!って感じでしたね。

小学校エピソードは、ネズミを捕る!と勝負したガランとナムジュン。ネズミ嫌いのナムジュンを驚かせようとぬいぐるみを用意してたガランと、さらに驚かせようと気絶したふりしたナムジュン。ビックリしたガランが顔を覗き込んだ時に、ナムジュンが起き上がって、偶然のファーストキス!笑った・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

あんぱん 11・12話

11話 二人の付き合い方
へジャンの結婚が破綻したことによって、ナムジュンは驚きを隠せない。ショックをうけるナムジュンに、ガランはヨリを戻したいのでは、と心配するが「同情してるだけ」と、それを否定し、ガランと付き合うと言い張る。ガランもなんだかんだいって、へジャンが心配なんだね。学校でぼんやりしてるへジャンは寂しそうで、上手く周囲に溶け込めない子供だったんだろうな~という感じ。ナムジュンはそういうへジャンを放っておけないんだろうね。

暗いながらも、ガランといると笑顔も出るナムジュン。でも、へジャンからナムジュンに電話が・・・。快く送り出してあげるガランはいい子だな~。これを理解してくれるってのが、ナムジュンにとっては一番心強いことかもねえ。
へジャンは「向こうの要求が大きすぎて辞めた。同情的にみられるのが嫌だ」なんてナムジュンに愚痴るんだよ~。なんだかな~。

快く送り出したハズなのに、やっぱり凹み気味のガラン。グァンハと本屋で遊んだりして、とにかく時間をつぶしたけど、帰ってきた所でばったり。ご近所さんだからな~。

その後、ナムジュンはガランを呼び出して、「嫉妬したからグァンハと遊んだの??ガランと別れる気はないよ。へジャンのことは理解してくれるよね。俺も、お前のことを理解するようにする」って言う。シンヒョクから電話がかかってきた時も「行って来い」って行かせたけど、なんがか切なそうだねえ。
ガランは、シンヒョクに「会っても平気なように訓練してる。それがオッパにとっても良いことだと思うから」なんていって、健気なんだよな~。

ソニは本当に良い子。ナムジュンとガランが付き合ってるって知って、自分のせいで隠さなきゃならないんだ!!と心配して「もうナムジュン好きじゃない」とか言い始めます。
さらに、イ次長と二人を食事に招いて、「イ次長と付き合う」とか言いだしちゃう。ガランは気がついて、男どもを追い出して、二人で話します。ガランもソニもわんわん泣きながら、相手のことばっかり気を使ってて、いい子たちだなあ。

でも、ソニはナムジュンを忘れるための時間が必要で家でしちゃいました。

小学生エピソードは、ガランがどんなにソニを大事にしてたのか。ソニが靴投げしたのがナムジュンに当たってしまった。それを「私がやった」といったガラン。先生に言いつけてやる~と言われて、何でもナムジュンに服従する日々。ソニが「本当は私なの~」と言っても、頑として聞かない。うーん。こんな仲だと、別れるっていうんだろうなあ。




12話 存在の大きさ
ソニが家出。おお泣きしながら、ナムジュンに「どうしてくれるのよ~」なガランをなだめつつ、ナムジュンは一緒に探します。ソニの行動は読まれてて、行き場のなくなったソニはグァンハにヘルプ電話してサウナに行ってもらいます。でも、グァンハがそっとガランに電話して、ソニは家に帰ってきました。

ガランは、ナムジュンとは付き合わない。っていうか、付き合ってもないし」とか言う。ソニは、二人をくっつけようと必死です。まずはナムジュンを呼び出して、「初恋ってだけで、よく考えたらナムジュンカッコよくもないし・・・」とか無理しちゃって・・・。そしてナムジュンを家に連れて行って「付き合いなさい。そうしなかったらまた家出してやる~」です。しぶしぶ言うこと聞きながらも、ガランはナムジュンに「後で相談だ!!」です。

ガランはやっぱり付き合えないの一点張り。ナムジュンの「ソニの気持ちを汲んでやるべきだ」という意見に耳を傾けません。ソニが辛いのを我慢してるのが分かるからな~。

ナムジュンは「三日間葬式でソウルに行く間、俺がどんな存在かをよく考えてほしい」って言い残します。まあ、「旅立つから最後に会いに来い」って言われただけですっ飛んでくるのを見ても、ガランにとってナムジュンは大切な人なんだと思うんだよな~。ナムジュンが立ち去ろうとすると、何度も追いかけて「付き合わないからね」って念押ししてたのも、離れたくないからだろうし・・・。
やっぱり、いなくなるとナムジュンのことを思い出してばかりのガラン。

でも、シンヒョクのミサに誘われて、一人じゃ無理だ~と、社長と一緒に出ました。自分の揺れる気持ちも全部ばれていて、凹むガラン。ナムジュンの方も、へジャンのことを知っている周囲からあれこれ聞かれて凹んでました。

電話で長話をする二人。電話デートは初めてだよね?やっぱり、離れると気持ちも募るんだな~。

ソウルから戻ってくるナムジュンは、ガランに迎えに来てっておねだり。仕方ないな~とお迎えにいくガラン。でもへジャンがナミになんか情報与えてるし~。しっかり見つかってしまった・・・・。

小学生エピは、ぴんぽんダッシュ。ナムジュンがしてるのを見て興味がわいたガランは、一緒にいたずらをした。ある日、ガランひとりでやったときに見つかってしまった。叱られてるのを見たナミは「あんな子と遊んじゃダメ」とガランを軽蔑してた~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あんぱん | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。