• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

雪の女王

せっかく好きだってボラが言ってるのに、兄のことで拒絶しようとするドック。泣いてるボラを見て、後ろからそっとついて行くシーンは悲しかった。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王 最終話 永遠のラップランド

映像は奇麗だったし、ドックもボラもキャラは悪くなかったし、設定もベタながらドラマチック。でも、二人とも、情感不足なんだよねえ。台詞が練りきれてないうえに、ストーリーの流れが悪くて、乗れなかった。ブチブチ切ってると思われる編集のせいもあるんじゃないかと思う。

ボラの手術は無理。でも、ドックがそばにいる。
あとは、二人で過ごす静かで穏やかな限られた時間。奇麗でしたね。ボラはひとりで静かに行きました。ありえないけど、ドラマとしてはOKだ。
その後、一人で留学を決めたドック。ラップランド経由で行くつもりなんだね。そんなドックに、ボラからのポケベルの郵便。一件だけのメッセージ。
数学が好きなのは、答えを見つける過程が幸せだったから。
無理やりまとめた感はありますが、ボラの「生きてる方が良い」という言葉は重みがあって良かったと思います。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王 15話

ボラは発病。
幸せにやっとなって、ドックが前を向いて頑張ってるのに、ツライなあ。また、ドックを苦しめるから、父親のもとに戻って入院し、ドックとは別れる決断を。
最後に嫁みたいなことしたくて料理を作るボラ。かわいいから、健気さも倍増されて見える。幸せなドック。
ボラの何気ない一言で、数学の難問を解いたドック。(そんな簡単な問題なのかよ!っていうツッコミはしないでね)これで認められて、早くボラをちゃんと迎えてやりたいドックは必死。
プロポーズしたけど、ボラは「こんな生活嫌なの」って嘘ついて拒絶。ボラも苦しいよなあ。
翌日から抗がん剤治療が始まります。お父さんの「助けてやってくれ」という懇願。テウンの「行かないでくれ」っていう寂しい電話。ボラは「間違ってた。一人に出来ない。言わなくちゃ」って駆け出そうとするんだけど、倒れてこん睡状態に。
次回、最終回です。本当に映像が奇麗で、それだけで感動できる作品です。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王 14話幸福の選択

ボラとテウンは覚悟を決めた。ボラ、家を追い出されちゃったみたいだが、体弱い娘を追い出すなんて有り得ん。ますます二人一緒になっちゃうじゃんねえ。ジョンギュのことを思い出すから、テウンの顔を見たくない。だから、縁を切るしかない。結局、ボラがテウンを好きだって点は認めちゃってるんだな。
スンリの所にお世話になることにしたボラ。バイトするとか言っちゃって、無理すんなヨ。と思ってたら、案の定、体調不良っぽい。でも、皆でスキー旅行に行ったり、結構楽しそうに頑張ってる。図書館デートも微笑ましい。お似合いです。先の暗さを感じられるからこそ、美しさも倍増って感じ。
そして、ボラ倒れちゃったよ~。やっぱ、病気の娘なんだからさー。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王 13話 運命の約束

ボラ父がドックの正体と、ボラとドックが愛し合ってるのを知ってしまいます。
ボラとドックは大学で偶然出会います。ボラは「父親に悪いと思うのに、会えると嬉しい。でも嬉しい自分は大嫌いだ。」ドックは「もうお前を忘れるから、会うこともない。諦める。だから泣くな」と約束します。最後に手をつないで送っていくドック。包容力があって良い役だよね。顔は好みじゃないし、演技もそれほどうまくない(声優があってないのか?)けど、持ち味を生かしてもらってて、凄くカッコよく見えるわ。
でも、父が大反対。呼び出して外国へ行けとか行っちゃった。でも、ボラが「自分が留学するから」って、やりなおすテウンの邪魔にならないようにしようとします。
出国前日、友人の計らいで教会で会って、「幸せが訪れますように」という花言葉のすずらんをおくりかえすボラ。キスもしちゃいました。
ボラ出国の日。テウンはポケベルをならしますが、メッセージは残しません。遊園地で想い出に浸るテウン。閉園まぎわになって、ボラが遊園地にやってきます。
「今、手を握ったら離さない。今より苦しむ。それでも良いのか」ってテウンの言葉に、ほほえむボラ。感動のシーンなんだろうけど、今までの悩みについて何も解決してないし、決心したきっかけが何かってのがないから萎える。脚本が酷いのか、カットしすぎなのか・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王

テウン=ドックがばれる展開。恋愛よりドキドキするわ。
ゴナにはばれた。ボラが「テウンに会いたい」と過去の同級生のところに来るが、テウンは十分苦しんだのだから、詮索するなとかばってくれました。でも、この人にテウンって呼ばれてるのを見かけちゃったよ。ていうか、ドック呼びを各方面に徹底しておかなかったのが悔やまれる。
で、ボラは酔っ払ってテウン呼び出し。「今日テウンに会った。」テウンは黙ってボラを送ります。次の日、ボラはドックを科学高校に呼び出し。思い出話をして、「何を言ったのか。兄をどうして止めなかったのか」と、テウンを問い詰めるボラ。テウンは「おまえみたいな友達はいらない」って言ったことを説明します。愛する人ができて、幸せになりたいと思ったのに、幸せにしてあげたかったのに。苦しむくらいなら、俺を憎め。(ま、わすれるよりは憎まれたいかなあ・・)うーん。テウンがそこまで罪悪感を感じる必要あるかね?
もう自分の人生をとりもどせと言われて、図書館通いを続けているテウン。教授が推薦して、論文発表の機会も得てます。質問によって考察が深まることを使って、人は人の助けが必要だけど、いつも一緒である必要もないってことを見せたのは良かったと思う。
でも、テウンが天才なんだと聞いたジムの友人は、「なんで隠し事してたんだ」と怒ってしまう。で、酔っ払って、訪ねてきたボラ父にテウンの事を話しちゃいます。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王 

雪の女王・・・吹きかえに違和感があるんだよなあ。でも、ボラのせつない恋心と、それに答えたくても答えられないドックのすれ違いは、綺麗に描かれてます。映像がきれい。湿気がある映像で、空気がきれいに見える。単なる美男美女効果だけではありません。ドックは気持ちを切るのが苦しそうだけど、手軽にジムの女の子を利用したりしないで、自分の道を邁進しようと頑張ってるのは好感持てる。ま、なんか気になって追いかけちゃったりすると、ボラも諦められなくて辛いだろうが、いまのところ追っかけてるのは見つかってない。で、周りは必死にボラのところに戻れと後押ししてます。
ゴナ先生が事情を疑っていて、調べてます。ドックがなぜボラに答えないのが不思議なのね。高校時代の友人にも会っちゃって秘密がばれました。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雪の女王9話

雪の女王9話・・・いやあ、自分でもびっくりするくらい泣いた。やっぱ若い人が亡くなる話は辛いね。また、ありえねーってくらい偶然なんだけど、その死に絡み取られて動けなくなっている人も辛い。実は兄の死は母のせいってことで、ドックが解放されないかと淡い期待を抱いていたんだが、そう甘くはなかった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雪の女王 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。