• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

スポットライト 16最終話最後は勝つ

私は、このドラマ好きでした。とにかく、真っすぐ生きてる人達のドラマ。色恋沙汰はないけれど、普通に「どうなるの???」とワクワクしながら見れました。キャップ、理想の上司すぎるけどカッコいいし、頑張りやのウジンには素直に「ガンバレ」って言いたくなったし・・・。ソ・イエジンさんのおかげもあるのか、爽やかなドラマでした。

経済特区に建設予定のカジノの運営会社が、権力者たちがその株で海外に資金を蓄えるためのダミー会社だと判明。権力者のリスト入手を、あと一歩のところで父オ・ソンファンに阻まれたテソクは、必ずやリストを入手すると誓う。

テソクとウジンは、ウジン父に呼ばれた。「いつか事実は明らかになる。それまでまて」という父に、「今、明らかにしないと根が深くなるだけだ」とウジン。テソクは「オ・ソンファンの名前があるからリストを渡せないのか?」と反発する。

ヨンファンの圧力で報道局長はクビ。上の許可がなければ報道は止められる・・・。ウジンは「意地だ。絶対になんとかする。」と頑張る。
中断されたソンファンの委託調査報告書を手に入れて、ソンファンに会いに行く。「特ダネはボツにされることを、経験して知ってきた。特ダネよりも、世に出すべきなのに出せないものを伝えるべき。伝わらない声を伝えることが大事だと知った。」と訴える。ソンファンも元は記者だから、「私も嘘を書くことは出来なかった。でも、あなたの思っているより大きなことです。やるべきことではない。外資系のダミー会社を通じて設けて、それで政治資金を作る。でも、国のためでもある。輸出を促進するために不正であっても国同士の取引をする。政治とは、全てを明らかにしたら出来ないことだ」と言い聞かせる。「不正か国益かは国民が判断すべき。それが民主主義だ。報告書を書きあげてくれないか?今すぐでなくても良い」と説得するウジン。
ウジン、真摯に語ることで、正義感の強い人には伝えてきたけど・・・。

ソンファン、当時のことを思い出す。こっそりと会合の席で録音を・・・。ヨンファン側は「テソクのおかげで、世間の目はソンファンに集中してくれた・・・」と語る。ソンファンは「あれは政府が介入してるのですね?」と誘導し。ヨンファンは「報告書のことは忘れて休養してくれ。現金ではなく、株で利益誘導する。不正献金がバレてしまった以上、今回はあなたが泥をかぶって防波堤になってくれなければ。」と言ってくる・・・。そして、逮捕されたのか。
その時のテープをウジンに託してくれた。「勝算が見えるまで少し待ってほしい」というソンファン。

ウジンはそのテープをテソクに。「迷わずに報道しよう」というテソク。ウジンは「待つと約束した」という。

3ヶ月後。ウジンは政治部に異動して頑張っている。テソクは記者ではなくなった。報道局からはずされて、番組制作のディレクターに・・・。
ソンファンから連絡が入る。テソク達と作戦を練ります。ソンファンの録音内容をぶつけて、反応を見ます。情報院が「どこまでばらまかれたか分からない。ウジンとテソクに圧力掛けて済む話じゃない」とヨンファンの問題から手を引く。で、ウジンは情報院と交渉して、インタビューで納得のいく回答があれば、リストを棄却すると交渉して、インタビューを取りつける。
選挙戦中のソンファンが、インタビューで「私は議員になる資格がない。」と語り始めた・・・。
その直後の政府とヨンファンのインタビューで、「悪いのはヨンファンなんですね?」と言ってヨンファンに「悪いのは政府」と言わせ、「じゃあ政府のせい?」と言って政府側の議員に「話を持ってきたのはヨンファン」と言わせて刺激しまくり。
ぼろが出まくりの二人・・・。アホすぎる・・・・。さらに、ソンファンが「証拠を出す」とか言い出したのもあって、賄賂の株を渡したことまで話してしまった。やったー!!

ウジンの手帳を見て、「テソクのバカヤロ~」とか書いてある。失敗した時や怒られた時に書いたんだろうね。9時のニュースのキャスター席で「どんなに失敗しても、隠された真実のために失敗や敗北を恐れない」とウジン。「絶対に恐れるなよ」とテソクが声をかけて、キューを出す。

いやあ、いいドラマだったなあ。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 15話報道の光と影

テソクの父とも知人の情報屋にはめられたテソク。謝礼を「チョ・サンミンの居場所を教えてもらった謝礼」とされ、メモリカードの出所についても追及される。スクープ欲しさに「批判キャンペーンをやる」とチョ弁護士にインタビューに答えるように脅し、結果的に自殺においやったたという脅迫容疑。一斉に各社が報道し始めます。

テソク父は情報屋に接触。「この程度に収めるのがやっとだった。すぐに解放される。単なる見せしめだ」と情報屋に言われる。

チョ弁護士は情報局に守られていたはずだということは、報道できない。じゃあどうするのか?ウジンは、チョ弁護士が局に来た時のエレベータの監視映像に情報局の人間が映っているのを取引材料にして、情報局に「テソクの解放とヨンファン建設との面会の場のセッティング」を依頼。ヨンファン専務と面会し「経済特別区は諦めるか、国民の金を使うなら表に出てやれ。あと、チョ弁護士の件は絶対に忘れない」と宣戦布告。
テソク釈放。「何をしたんだ?」なテソクに、「無実を証明しただけ。私が捕まったらキャップがしてくれることをした」とウジン。本当は怖いウジンの気持を理解し、「俺も怖いが、やらなければならない」と語るテソク。

国民の批判にさらされるGBS。さらに、税務局の監査が突然入る。徹底的に調査される記者たち。言論弾圧だ!と騒いでも、記者クラブもチョ弁護士の件でGBSに批判的だから、反論に同調してくれない。社長もかばいきれなくなって、テソクは自宅待機に。

テソク父は、「もうやめてくれ」とヨンファンに言うけど、逆に「先生の協力がないと困る。そのために恩赦にしたのだ」と言われてしまう。

ウジン達は、中断された調査報告書が、名義を変え、どこかの国の機関で継続されているはずだと、しらみつぶしに内容をチェック。メモリカードからは、経済特別区にはカジノも計画されていて、それは外資系の持ち株会社が親会社となってる。その会社の株を賄賂として与える。外資なのは、将来の金融危機に備えたもの。利益を政治家などで分配し、海外にプールするための組織なのでは?と類推。
テソクは自分をはめた情報屋に再接触。「何が正しいかは分からない。俺は単なる情報屋だ。だから、頼まれたものは探ってみる」と語る情報屋。彼が、持ち株会社の株所有者リストを発見してくれた。持参すると連絡が入るが、彼はリストにテソク父の名前があるのを発見。
リストが漏れたのでは?とヨンファン側が疑っているのを知ったテソク父が、先に情報屋に接触。「それを受け取ったら、テソクは命を狙われてしまう」というテソク父。情報屋も、結局はリストをテソク父に託す。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 14話生死をかけた戦い

チョ・サンミン弁護士は薬物による自殺だという報告がなされる。テソクが「お前のせいじゃない」というけれど、ウジンは「私が関わったことだ。最後までやりたい」とテソクに訴える。
チョ・サンミン弁護士がインタビューの生放送中にこっそりウジンに手渡したメモリーカード。中には経済特区に絡む政府とヨンファン建設の裏契約書のデータがあった。国家レベルの不正疑惑に、ウジンはテソクとスンチョルの3人だけで慎重に調査を進める。しかし、テソクの周囲にいるマスコミの友人が、実はヨンファンの派なったスパイだったりして、危ないなあ。

やがて、経済効果など期待できないソヘ島を政府が経済特区に指定し、ヨンファン建設が工事を独占する計画が判明。経済特区に指定される前に工事用の掘削機を購入してることが判明。島の調査報告書を担当したのが、父のオ・ソンファン議員だと知るテソク。その調査報告書が途中で中断されていることから、ウジンは「問題があると指摘されたためにもみ消し、そのために賄賂をヨンファンから受け取って、それが逮捕された賄賂事件の裏背景では?」と推理する。

実際、ソンファンを出迎えたのはヨンファン建設常務。

チョン政治部長の指示で、経済特別区をもちあげるような報道をしたスンチャン。深層リポートに移ったテソクは、報道されてからそれを知って、「あれはまやかしだ」と報道部長に今までの取材結果をぶつける。
またヨンファンという部長に「国家が関わっている」というテソク。「国の政策を邪魔すると逆に非難される」という部長に「報道すれば国民が味方になる。記者たちにも報道することの許可を取る」とテソク。
社長からも報道局に圧力がかかってくる。

迷うテソクだけど、社員が入社時に語る抱負を皆の分読んで「初心に戻ってやりぬこう」と決意。「無駄な計画だし、利益は外資に流れる」と社員たちに説明する。それを見た社会部長は、「また父親が関わってる」と気がつく。ウジンに「また父親か」という社会部長。ウジンに仕事上の問題で聞きたいのであればと言って、「父が関わっていると知っていて不正を暴き、その結果検察が動いた」と説明してくれる。

ウジン、バイクに襲われて資料を盗まれちゃう。ま、取材テープは既にできてるから痛手ではないし、盗んだのはどうせヨンファンだから、スクープを抜かれる可能性は低い。
テソクに「外れてほしい。こういうのは違う。家族を傷つけて苦しんでいるじゃないですか」というウジン。しかし、テソクは「苦しいのは、仲間が危険な目に合っているからだ」という。

父関係の知人に、メモリカードの購入者の調査を頼んだテソク。彼に「お父さんは出所したよ。電話する勇気がないと言って、駐車場で待っている」と言われて、会いに行くテソク。「恨んでいない」という父に「私も恨んではいない。仕事をするだけだ」なテソク。

報道しないのは記者の気持を踏みにじることだと言って、社員証と記者たちの署名とともに取材テープを報道局長に提出。社員が深手を負っても、国民に伝える義務がある」というテソクに、自分の社員証もハズして「いつまで守ってやれるか分からない」と辞職覚悟で許可を出してくれる報道局長。

報道がされると、ヨンファンはテソクに追い込みをかけてきた。メモリカードの購入者を調べたと連絡をもらったテソク。メモリカードを持っていることを確認したら、そこに検察が・・・。チェ・サンミン弁護士脅迫の容疑で逮捕!!メモリカードが証拠になっちゃうのか??怖いなあ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 13話託されたメモリー

やっとチョ・サンミン弁護士を見つけたウジンだったが、2人とも国家情報院に拘束されてしまう。国の混乱を避けるためだという情報院に、ウジンはすぐに解放しなければ、チョ・サンミン取材中の記者行方不明のニュースが流れると迫る。

一方GBS放送では、テソクとミョンウンで「深層リポート」の初回の番組収録が始まろうとしていた。

だが、テソクは消息不明のウジンを心配して落ち着かない。そこにウジンから電話が・・・。放送中なのに、中座するテソク。ウジンは「居場所は分からない。インタビューが取れる。準備を・・・。」と連絡。

局長にも情報院から連絡が入り、夜のニューススポットライトでの緊急生放送という形で、インタビューの準備が緊急で始まります。番組全体の構成のやり直し、チョ・サンミン事件の取材の整理、素材の用意などなど・・・。政治部も、官邸に連絡とったりしながら準備が進みます。
生放送ってことで、情報院は質問を制限し、それ以外は答えないことを求める。違反したら処分もある。
無事の放送を終了。チョさんは「ウジンが勇気をくれた・・・」と語る。しかし、放送中にチョさんはこっそりとデータの入ったメモリをウジンに渡していた・・・。
チョ・サンミンさん、テソクの顔に見覚えがあるみたい。「何処かで会ったような???」だそうです。

テソクは「心配掛けて。今度いなくなったら、捜索願を出すぞ」とウジンを笑う。
課題をこなせなかった=放送に間にあわなかったということで、キャスターはやっぱりミョンウン。ウジンは記者に専念することになるんだね。「テストだからと思わずに取材した点は褒める」と言ってくれるテソク。
っていうか、まだ重い課題が・・・。テソクにメモリを渡すウジン。珍しく相談してるな・・・。でも内容がありきたりのもので、何かデータを隠してる気がするってことで、テソクの知り合いのハッカーに相談。
テソクは「危険を察知して、手元に置けないと思ったんだろう」と推理。
二人で外出したのを見たソンチョルが、誤解しちゃう・・・。

チョ・サンミンさん、自殺未遂で重体に・・・。自分が引っ張りだしたからだ・・・と思って、情報院に行こうとするウジン。「情報院の監視下にあったはず。カードを渡したせいかもしれない。お前も危ない。勝手に動くな」と命令。で、ハッカーのところに。政府とヨンファン建設に関する裏契約書だった・・・。経済特別区を使った不正・・・。裏金問題の告発も、そっちに目をそらして経済特別区の問題をごまかすためか?とにかく危ないからって、深層リポートのためってことで内勤に専念するようにいわれるウジン。デリケートな問題だからと言って、テソクが情報院への取材をかけます。しかし、父オ・ソンファン議員の名前を出されてしまう・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 12話真相の深層

新番組「深層リポート」の進行役を決める4回の選考テストで、ウジンとミョンウンの勝負は互角のまま。最終テストは行方不明のチョ・サンミン弁護士の取材リポートだ。チョ・サンミンは有名な法律事務所で顧問弁護士を務めていたが、ある企業の不正資金問題を告発した後に姿を消していた。存在するのは人を介して公表された一部の資料だけ。

ひとりずつつけて取材。ウジンにはスンチョルが、ミョンウンにはスンチャンがつくことに。ソクチャンたちは、真相リポートの取材チームに。

ウジンは真相に迫るには本人に話を聞くしかないと、チョ・サンミンを探し始める。
競争する中で、ウジンの力を認めてくれるようになるミョンウンは、過去に調べておいた情報を手掛かりに始めます。
根を詰める二人をさりげなく気遣うキャップ。

テソクは、キャスターを引き受けろと言われるが固辞。与えられた社会部の仕事を全うしたいというテソク。なら、キャップの仕事はやめてキャスターをって言い出す局長。

真相リポート二人がとられるし、キャップ首になりそうだから、新人の鍛えまくるキャップ。副キャップに「いつでもキャップをやれるな」とかいうテソク。辞めさせられるの覚悟。

ミョンウンは現実的な路線で企画書を早めに提出。
一方、ウジンは本人を探すと粘る。捕まらなかった場合を考えて、第2案の素材を集めながら、チョ弁護士の教会に通いつめて粘りまくり。押したり引いたり、泣きついたり。で、釣り堀という情報をゲット。

見つけた!!「隠れていても危険だ。顔を出した方が、一般の目があるから安全だ。もう少し勇気を出してくれないか。GPSが安全は責任をとる。あなたの意図を正確に伝えるには、直接話すしかない」という。でも、「家族がいるんだ」なチョ弁護士。

しかし、そこに国家情報院が・・・。ウジンも一緒に強制連行される。情報公開は、情報院の許可がいると言われてしまう。記者を拘束するのか?と反発しまくるウジン。三日後に会見をするから、三日間は協力しろと言われる。自宅には「局からですが、忙しくて帰れない」と連絡。
テソクはスンチョルが第2案で作ったのテープを見てて、ウジンに電話。でも、ウジンが出ない。連絡が取れない・・・。編集をスンチョルに任せたことで「大事な編集なのに」と怒ってるテソク。
翌日。放送当日になっても連絡とれない。逃げ出したか?な局長。とにかくミョンウン司会で準備し始めます。テソクは「警察に連絡しても無駄」と言って、とにかく編集テープを仕上げろとスンチョルに指示。
ウジンは、解放しないと監禁されたと報道すると粘るけど、まったく相手にしてくれない。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 11話ジャーナリスト対決

テソクと報道局長のおかげで誤報問題も収賄疑惑も解決したウジンは、テソクの励ましもあり、元気を取り戻してGBS放送に復帰。ウジンはさっそくスンチョルを連れて大規模なデモの取材へ。
しかし、政治部に取材が移って、1週間で撤収命令。せっかく取材したのに~。

週末に不定期で放送していた「深層リポート」のコーナーが、1時間のレギュラー番組への昇格が決定する。皆、張り切って取材に・・・。
番組進行役は記者から選ぶことになる。候補はウジンとミョンウン。2人にさまざまな選考テストを受けさせて決めることに。

養子縁組したことで優先入居権を得たのでは?な家族の取材。切り口は「もともと養子をとるつもりだった」という同じもの。でも、子供のインタビューをとったミョンウンのがずっと良い。
考え込んでるウジンに、父が「自分を客観的に見て、楽しんでやりなさい」とアドバイス。
次は記者本人も映像に入れろという指示。ミョンウンは「感情を抑えられるかというテスト」と理解して冷静にリポート。ウジンは「客観性のために感情を隠す。その理屈は分かるけど、ちょっと違うと感じる。スタンスが必要だ。自分の感情を含めて表明するキャスターが良い。」とテソクに。「客観性には個人のスタンスも大事だ。」と指導してくれる。自信がないというウジンに、「自転車って、いつの間にか上手く乗れるようになるだろ?前に進んで見ることが大事だ」といい言葉を・・・。
ミョンウンの方も、「気合を入れてベストを尽くせ」と言ってくれる。
次は新聞からニュースをピックアップしての番組の構成作り。キューシート作成が課題。数字が取れそうなのはミョンウンだけど、ちょっとタイトルが派手で史劇的すぎる。ウジンのは現実的な路線だけど、提出がギリギリすぎた。でもウジンの勝ち。

次は自転車通勤の取材という和みネタ。原稿は副キャップが作っていて、リポートの仕方は自由。体当たりリポートのウジン。ミョンウンのは自転車と自動車を対比させて分かりやすい。

最後のテストは部長が課題を提出。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 10話語れない真実

ヨンファン建設による不正受注疑惑の報道で、ウジンは便法行為をつい「違法行為」と言ってしまい、誤報として大問題に。
さらには学生時代の先輩シム・ジェホから受け取ったバッグが関係者からのワイロ受け取りと新聞に載る。責任を感じたウジンはテソクの制止も聞かず、処分決定を待たずに報道局長に辞表を提出してしまう。部長は「無冠の帝王と言葉がある。社会のためになりたいという思いが一瞬でも曇ったら記者はダメになる。」とウジンに声をかける。
テソクは辞表の受理保留を頼み、ウジンの潔白を証明するために身を隠したシム・ジェホを探し始める。
ソクチャンは心配するけど、「今、心配してもどうしようもない。仕事に集中しろ」と副キャップ。ソンチャンは同僚に「同僚をがせねたで攻撃されてだまってられるか。反撃すべし」と訴えてる。でも、テソクには「証拠もなしに信じるのか?シム・ジェホをさがさないと」と言われてしまう。ソンチャンはシム・ジェホ探しに奔走。テソクもネットワークを使って探してます。シム・ジェホの姉に接触中。

ウジンは心配する父に「ごめんなさい」というけど、「来年退職艇だったし」と庇ってくれる。
さらに、ニューシティ計画に投資してた庶民に「全財産をつぎ込んだぞ」と集団で文句を言いに来られる。ショックで「すみません」というだけのウジン。自分の誤報が与えた影響の大きさに「大変なことをした」と自責感でいっぱいになる。母は「悪いのは社会で、あなたは一生懸命やってる」と慰めてくれるけど、ウジンには自分のミスが分かってるからねえ。

実際にニューシティ計画の担当地区を歩いてみるウジン。そこに住む人々の生活を見て、取材して・・・。
テソクの電話を無視してるウジンだけど、「話をしよう。辞表で済む問題じゃない」と何度も電話やメールをし続けてる。

ウジンはとにかく一か月の停職。スンチョルは「調べもしないで」って怒るけど、脇が甘かったのは確かだしなあ。まあ仕方ない。
ウジンはスンチョルと酒飲んで「なんで記者になった?」と聞く。12個の理由を挙げて、「先輩じゃなくても怒った。真実をあきらかにしなきゃ。記者なんだし」というスンチョル。

シム・ジェ歩に呼び出されたテソク。彼も学生時代は報道を志してたし、どう利用されるのか分かってなかったから、ショックを受けてるんだね。まずは事実確認をと言うテソク。しっかり隠し撮りしてる・・・・。
全部話した後に「放送してよいか?」と交渉。ウジンがどれほど傷ついたか、裏切られたと知った時の気持をかんがえてくれと訴える。了承してくれた。

シム・ジェホはウジンを呼び出して謝罪。ウジンは「謝罪してほしいわけじゃない。どうしようもなかったのだと信じたい」と語る。ジェホも「辞表を出したそうだな。お前は俺のように弱い人間になるな」と励ます。

しかし局長が放送に反対。ヨンファンの横やりでGBSはつぶれるかもしれない。「冷静に判断できないのか?ウジンのせいか?特別な関係なのか?」とかいう。テソクは「あの記事はでっちあげだ。国民の知る権利のためだ」ときっぱり。
社長が「自信がないならやめなさい。人を殴れば自分も殴られる。恨めば恨まれる。責めれば責められる。怒れば怒られる。仏教の考え方だ。ヨンファン建設の社長とは同窓だよね?」と部長に。
部長は、ヨンファン建設側と直接交渉することにして、テソクをともなって面会。インタビュー記事の封筒を差し出して「お願いします。この首をかけて約束する」な局長、テープを断ったうえで接待ゴルフのお誘い。テソクは???です。
ヨンファンは、スポンサーに復帰し、提訴も取り下げてくれた。ウジンのわいろ問題も訂正記事が出る。つまり真実はちゃんと明らかになる。GBSではないけど・・・。
局長は「ウジンの報道についてニュースで謝罪しろ」とテソクに指示。社会部のメンバーは反発する。特にスンチョルは「こんなのは卑怯だ。」というが、「力のない正義は無意味だ。真実を知りたければ、一分の隙もなく正確に報道するしかないんだ」とテソク。たしかに、この件ではウジンにミスがある。
スンチョルは「ウジン先輩はキャップの言葉を聞いたらガッカリすると思う。弱者の正義は?無能な人の正義は?」とテソクに言うけど、「自戒の意味を込めてテソクが謝罪する」っていうのと「弱者の正義を守る」っていうのは別次元の話だよね。ウジンは、「自分のミスの意味」を理解してるから、テソクの言ってることが分かってる。やっぱりスンチョルはまだまだ見習い記者なんだな。「おまえの狭い視野だけで考えるな」とテソク。

翌日、テソクはウジンに呼び出された。新聞の訂正記事を感謝するウジンに、「会社も局長もお前をまもっている。解決したんだからもういいだろう」とテソク。「社会に対する憎しみや、人に対する不信感。何より記者という職業への疑問。分かる。しかし乗り越えろ。記者として成長しろ」と俺が迷った時に読んだ本だって、一冊の本を渡す。「時間はあげるけど、あまり長く悩むと自分に負けてしまうぞ」とテソクはいい上司っすね。
本の一説に赤線が引いてある。「信じて一歩を踏み出せ。上から下まで全てを見ようとするな。ただ、ひやすら進め」

ウジンは、スンチョルを呼び出して、ニューシティ計画に投資した庶民たちの取材をさせる。専門家にも取材。企画は全部ウジンがやってる。訓練だと言ってリポートをやらせるけど、へたくそ過ぎる。

テソクに見つかって「ヨンファンについては取材しないってことになってる」と言われちゃう。ウジンと相談するヨンチョルは「ウジン先輩が戻ってやればいいじゃん・・・」とブツブツ。しっかりテソクに見つかった。
「取材したくて仕方ないんだろ?分かってるよ」なテソク。テソクもとおってきた道だからねえ。
「俺が取り上げてやる。お前がリポートしろ」というけど、ウジンは「誤報で被害にあった住民に顔向けできない」という。ウジンはやっぱり自分の問題を分かってる。それが嬉しいテソク。ヨンファンに触れずにニューシティ計画を主導した政府の無計画さをターゲットにして報道。
ウジンの企画ってこともさりげなく主張する社会部長。これで「早く呼び戻せ」ということに。皆も出迎えてくれる。

テソクは「牛肉問題の反対運動(ろうそく集会ってやるですね)を社会部で扱う」と。衝突もある危険な現場だけど、ウジンは早速に取材の立候補。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スポットライト 9話特ダネの代償

テソクとウジンは、「ニューシティー計画」における大手建設会社ヨンファ建設による不正受注疑惑の調査を内密に続行。
ウジンの家までおしかけてきて怪我することになった。「悪い予感がする」といって、単独行動を禁止。

ヨンファン建設の常務イ・ジェミョンはウジンを止めるために策を講じる。GBS放送のスポンサーである親会社ヨンファングループから圧力をかける。テソクは、イ常務に「記者に暴行を加えましたね?その件も報道されることになりますよ?」と抗議。
一方、ウジンの学生時代の先輩だった社員のシム・ジェホを彼女のもとに差し向ける。慕っていた先輩との思わぬ再会にウジンは胸をときめかせ、彼からのプレゼントを受け取ってしまう。あー、これがやばい。

さらに、ウジンの父の会社に圧力が・・・。でも、「仕事がんばれ」というだけの父。
別件でミョンウンがヨンファングループに取材すると、それが断られる。
ウジンには脅迫電話が、「録音してますよ」と言って対抗する。

スンチュルに頼んで、地元にヨンファンが大量に転居してることを掴んだウジン。「これくらいなら報道できるのでは??」ということになるが、議員の事件との関連を示す証拠がないと上部は判断。テソクは「特ダネだ。情報をつかんだことは知られている。先制攻撃しないと」と主張するが・・・。
議員とのつながりに触れずに報道しようという判断になる。特ダネだ!!

しかし、ウジンの家に宅配で鶏の死がいが送られてきたり、脅迫は激化。「違法行為ではなく便法行為」というべきだった」ということで、言論仲裁委員会に提訴され、さらに放送通信委員会から警告。ヨンファンからは提訴しそうな動き。こっちの動きをみられてる。テソクは続報で対抗するというか、新聞各紙は誤報だと攻撃。キャップも責任を追及される。処分は免れない状況。

さらに、ウジンがシムから受け取ったプレゼントを賄賂だと言われてしまう。ウジンを批判する先輩に、ウジン同期のソンチャンがかみついてくれてる。ソンチャンいいやつ。

愕然としたウジンをテソクがキャッチ。シム先輩に連絡付かないと言って涙目のウジンは「信じてください」と訴える。
そこに、兄から「どういうことだ?父さんは圧力で会社を辞めたんだぞ?」と連絡が入る。
スンチョルに「特ダネのせいで愛する人が傷つくときに報道するか?」なウジン。「僕はしないです。」なスンチョル。ウジンは「私は家族も会社も考えなかった。」凹んでる。

監査室の査問委員会。ウジンはかばんを受け取ったか?ということだけを突っ込まれる。テソクが「僕の管理不足」というけど、ウジンは「私が報告しなかった」と主張する。
テソクには、「悔しい気持は分かるが、疑いもしなかったおまえのわきが甘い。知り合いでも信じてはならない。たとえ、親の言葉でも・・・」と怒られる。テソクは、親を取材対象にしたこともあるんだよね。上層部には「記者も人間でミスをする。」と庇ってくれてるんだけど・・・。
ウジンは「記者失格だ。これ以上は出来ない。辞表を提出する」と言ってしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポットライト | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。