• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)133・134(最終)話

終わりました~。長かった!!週5放送だから見られたって感じかな~。とにかく、キャラぞろいで面白かったです。
チョリン絡みの「女ネタで暴走」するイヘゴはちょっと嫌だったかな~。もっと「民のため+父の恨み」方面を見たかった。


133話
突厥の可汗、ムクチョルは、唐のイムンと渤海のコムが、目の前で意見を闘わせるよう求めた。

イムンが、新興国の渤海が対等に同盟を求めるのは、突厥を侮辱していると口火を切るが、コムは、天門嶺での大勝を引いて、国力の弱まった唐こそ突厥の属国になるべきだと返して、論戦に勝利、同盟を手に入れた。
寝食を忘れ、古の法を調べるテ・ジョヨンのもとを、皇后スギョンが訪れ、後継者は高句麗王朝の血を引く者であるべきだと訴えた。

危篤に陥ったソ・リンギのもとを訪れたイムン、突厥との同盟に成功したと嘘をつくしかなかった。しかし、ソ・リンギは、イムンの心づかいに気づいていた。自分がテ・ジョヨンに敗れたことを悟りながら、ソ・リンギは息を引き取った。
ソリンギは、このドラマの主人公の一人って感じですね。ジュンサンとの敵同士だけど武将として気持ちが通じ合ってるところとか、初回からずーっと関係を書いてきて、本当に面白いキャラだった。
イムンにも、いがみ合ってたのが嘘のように信頼されました。戦場で死にたかったのではないかと思うけど、戦場では死ねないほど強かったともいえると思います。

突厥の脅威が除かれ、テ・ジョヨンは今後10年間を国力勃興の期間と定め、各自に役割を与えた。更に、テ・ジョヨンは統治の基本となる国法を定めるべく、密かに民の思いを調べることをコムに命じた。定められた国法は、民中心の差別のない平等な国を謳いあげていた…。
スギョンも、とりあへずはジョヨンを信じて、後継者問題を任せることにしたみたいだね。

しかし、ムクチョルが万里の長城を越えて唐に進撃してしまう。援軍を頼まれたけど、渤海を属国扱いしてる。どうするんだよ?ってことになる。「援軍を出せば属国となり、突っぱねれば同盟国を失う」
ジョヨンは「援軍は少し出して、遼東の唐軍を叩くことで、二次的に支援する」ということにしました。


134(最終)話
突厥の援軍にコムが自ら名乗り出た。
唐と突厥の戦が長引いてこそ、渤海が国力を蓄え、領土を回復する機会が増えると分かった上での申し出だった。遠征計画が実行に移され、部隊が北へ東へと送られた。

テ・ジョヨンは、部下に全ての戦勝品を分け与えたのみならず、戦勝地域の王の地位も与えた。

唐の長安では、突厥に押される唐を救うためにはテ・ジョヨンに和睦を求めるしかないと、イムンが則天皇帝に涙ながらに上奏した。遠征部隊は目覚ましい成果を上げたが、トルバルとテ・ジョヨンの息子、ダンの向かった遼東でのみ、堅城の連続に苦戦していた。イムン率いる唐の使節団が渤海を訪れた…。しかーし、やっぱり「下にみてる」気持ちがあるのを見抜かれて、ジョヨンに捕まってしまうイムン。平身低頭で売るしてもらいました。

そして、世次問題・・・。コルサビウが「親子だとちゃんと認め合えば??」とコムに提案するのですが、「親子になってはココにいられなくなう」なコム。
結局は、自分は国を出るべきだと決心しました。最後の最後に「息子よ」と呼びかけたジョヨン。コムもやっと「父上」と呼べました。
うーん、こうするしかないのかな~。コムは有能だし、国の基盤を作るのに大活躍してくれた。でも、有能だからこそ困るんだよね。スギョンが「私がもっと早く子どもとして受け入れていれば」と後悔してたけど、やっぱり「契丹の王子」であるコムがいることで、派閥が出来ちゃうって側面はあるしね~。

最後は、広開土王の墓に「今後を見守ってください」と拝礼して終わりでした。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)132話

いつ果てるともなく思われたテ・ジョヨンとイ・ヘゴの一騎打ちは、最後にテ・ジョヨンが勝利をおさめた。イ・ヘゴは、テ・ジョヨンに、唐よりも高句麗よりも雄大な帝国を建てろと言って息絶えた。イ・ヘゴの亡骸に歩み寄ったチョリンは、一息で毒をあおってイ・ヘゴの後を追った。
いやあ、この二人の最後は、やはり感慨深いものがありました。

凱旋してきたテ・ジョヨンを大勢の民が出迎えた。民たちは、口々にテ・ジョヨンが王になってくれるように頼んだ。民が望むなら喜んで王になろうとテ・ジョヨン。テ・ジョヨンは正式に初代太王に即位し、国名を渤海と号した。即位式。132話ですから、本当に「やっと!!」という感じ。フクスドルやジュンサンに見せてあげたかったな~。ジョヨンの素晴らしい姿を!!

宰相にチャン・サネ、大将軍にコルサビウが任じられた。病をえて床についていたソ・リンギは、渤海建国の知らせを受けるが、未だ決着つかずと、イムンに最後の秘策を与え長安の則天皇帝のもとへ向かわせた。

あえて官位につかなかったミモサは、残された危険勢力である突厥が、唐と手を組む前に、渤海が同盟してしまうべきだと策を献じた…。
ジョヨンは、突厥への使者にコムを指名。確かに、前にも交渉役だったし、使者としてはいいんだと思う。でもな~。「能力があるものを使う」というジョヨンに対して、スギョンは「コムを後継者に??」と不安になるよね。スギョンには「高句麗の王室の血をひいてるのは私だ。私がいるからこそ、ジョヨンも王となれる」という自負もあるだろうし・・・。

コムの交渉は、そこにイムンもやってきて交渉を始めたために、泥沼状態っす。ガンバレ!コム!!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)131話

テ・ジョヨン軍の追撃に追い詰められたイ・ヘゴ。家臣たちが捨石となって、テ・ジョヨン軍に立ち向かう間に、イ・ヘゴは、未だ再起をあきらめず、シン・ホン、チョリンたちと共にほんの数騎で落ちて行った。

奮闘するイ・ヘゴの家臣たちを打ち破って、さらにイ・ヘゴを追うテ・ジョヨン。イ・ヘゴの軍師シン・ホンは一計を案じ、シン・ホンが囮になってテ・ジョヨン軍を引きつけている間に、イ・ヘゴたちは、すでに調べられて盲点となっている遼河城に隠れた。

テ・ジョヨンは、シン・ホンを捕縛したが、イ・ヘゴの行方を見失う。イ・ヘゴの居所をしゃべらぬシン・ホンに、テ・ジョヨンは処刑を命じた。処刑場に引き出され、彼方のイ・ヘゴに向かって最後の挨拶をするシン・ホン。しかし、すべてはテ・ジョヨンの策、シン・ホンが語りかけたその方向から、テ・ジョヨンはイ・ヘゴが遼河城に潜んでいることを見抜く…。
シンホン、ヘゴへの忠誠心だけは立派でした。彼にとっては、契丹も高句麗もどうでもよい。あの戦乱の中、助け出して見失った小さな赤子=ヘゴだけが全て。なんか、うっかり感動しそうになってしまったよ~。

遼河城に兵を進めたジョヨンは、一騎打ちを申し込んできたヘゴの挑戦を受けました。やはり、父やフクスドルを殺された恨みは、自分で晴らしたいみたいですね、

あ、ソリンギはイムンと再会してました~。悔しがってたけど、この二人もいつの間にか良い関係になってて、感動させてくれます。終わりが近いんですね~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)130話

捕虜交換のために川をはさんで対峙したテ・ジョヨン軍と唐軍。人質のテ・ジュンサンとチョリンの縄が解かれ、チョリンは川を渡った。しかし、テ・ジュンサンは近くの唐兵の腰の刀を奪うと一人で唐の軍勢に斬り込んでいった。一斉にテ・ジュンサンに斬りかかる唐兵たち、テ・ジョヨンも攻撃を命じる。乱戦の中、深手を負い、イ・ヘゴの剣に貫かれたテ・ジュンサン。最後に、必ず勝ってこの地に高句麗の栄光を復活させるよう、テ・ジョヨンに頼んで息を引き取った。
これは、高句麗軍を奮起させるジュンサンの決死のふるまい。シンホンやソリンギはそれを見抜いてたけど、武将たちは目の前に敵がいたら殺しちゃうよな~。

唐の大軍が押し寄せるが、テ・ジョヨンは決死の覚悟で、この谷に踏みとどまって反撃することを選んだ。テ・ジュンサンの死に奮起した兵たちの鬼神の働きで、戦いは日が暮れても続いた。

その時、ソ・リンギの待つ手薄な唐の本陣に敵軍襲来の知らせが入る…。コムが連れてきた靺鞨軍です。挟まれちゃった彼らは、四方八方に逃げていくしかありませんでした。でも、やっぱりコムと対峙するヘゴ&チョリンってのは見てて辛いな~。

ジョヨンは、当然「ヘゴを生かしてはおけない」と猛追撃。チョリンは、ヘゴに「どこかで二人静かに暮らしたい」などと言って諦めるように言うし、シンホンも「今は逃げて一から再起を狙いましょう」というけど、ヘゴは決着をつけたいみたいだね~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)129話

冷たくなったクムランを背負ったままコルサビウが本陣に戻ってきた。すぐに反撃する!なコルサビウだけど、ミモサに「冷静になれ」と言われた。クムランの遺体に静かに「お前は、血と肉を分けた肉親だと思ってきた。お前の死を無駄にはしない。かならず大業をなす」と語るミモサ。それをそっと聞いているコルサビウ。二人の男に愛されて、愛されるに足る女性でした。

囚われのテ・ジュンサンは、ソ・リンギの前に引き出され降伏をすすめられるが、息子の大業のためなら死も厭わないと答えた。
ヘゴが「父の敵」ジュンサンを殺そうとします。ま、誤解なんだけどね~。今更、ジュンサンに真実を聞いても、もう後戻りできないよな~。

テ・ジョヨン軍の士気は著しく下がっていた。その上、頼みの綱の靺鞨族も唐を恐れて援軍を断ってきた。

チョリンはコムを呼び出し、自分が時間を稼ぐので靺鞨族を説得してくるよう命じた。そして、テ・ジョヨンに、イ・へゴと内通した罪で自分を捕虜として拘束し、テ・ジュンサンとの捕虜交換を申し込み、コムが援軍を連れてくるまで時間を稼ぐよう願い出た。
「ジョヨンが勝利すれば二度と会うことはない。それを願っている」とスギョンに別れの言葉を語るチョリン。契丹の族長の娘として、部下でもあるヘゴを制御しきれなかったことに、責任も感じてるんだろうな~。

人質として柱に縛られたチョリンを見てイ・ヘゴの心は揺れ、交渉の使者として訪れたミモザたちを牢に放り込んだ。唐軍の軍議では、ソ・リンギが、目の前で処刑してテ・ジョヨン軍を奮起させるくらいなら、テ・ジュンサンは解放したほうがいいと提案した。

捕虜の交換は、両軍の境である川をはさんで行われることとなった…。

コムは、「契丹は、ジョヨンを裏切って唐についたために滅びた。靺鞨も同じ道を行こうとしている。もし、ジョヨンが負ければ私の首を!」と必死の説得。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)128話

ヘゴと共に契丹陣内に忍び込んだシン・ホンは、内通者を得て、罠の位置を記した地図と内通の約束を手に入れていた。
契丹に疑念を抱くミモサは、クムランに契丹陣営を見張るように命じる。日が暮れ、出掛けようするクムランに行くなというコルサビウ。しかし、クムランは軍師の命を守り、契丹陣に向かった。クムランは、「私にとっての男はミモサ様だけ」とか言ってるけど、ミモサは「お前は自分の気持ちに気がついてないのだな」と見抜いてますよ。

クムランは、潜んできたシン・ホンたちの会話を聞き、契丹陣内での裏切りを知る。コムとチョリンに知らせに走るクムラン。そこにイ・ヘゴ率いる唐軍が攻めかかり、コムとチョリンはテ・ジョヨンの本陣に向かう。追い詰められたテ・ジョヨンは、陣営を立て直すべく谷向うの峰に向かうこととなり、敵を食い止めるために父テ・ジュンサンがその場に残ることを申し出た。
「私はお前の父が。父が息子を守らなければ。お前は、お前たちの子=民を守れ」ってジュンサンかっこいい。

谷を渡るテ・ジョヨンたち。コルサビウはその時間をかせぐために、必死に谷を守っていますが陥落。そこに、クムランが戻ってきた。「早く戻れとご命令されました」って健気っすね。
で、二人で崖から川に飛び込んで窮地を脱する二人。しかし、絵になる二人ですな~。
何とか逃げ隠れた二人ですが、追手が迫り決死の覚悟で脱出を図ることに。「死んでもお前を忘れたくない」といってキスするコルサビウ。いやあ、良いシーンでした。
しかし、またしてもイムンに囲まれる二人。足を怪我してたクムランは「私をおぶって逃げて」と提案。これ、自分がコルサビウを守る盾になるのを分かってたんだろうな~。猛ダッシュのコルサビウだけど、クムランは彼の背中で絶命してました。「結婚しよう」とかいってたコルサビウなのに・・・。切ないな~。
クムランとコルサビウは、いつも背中合わせで敵に対峙して庇い合いながら、戦場を共にしてた感じですね。闘う中で愛が生まれるという王道でした。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)127話

唐軍が動き始めたという合図の火矢が放たれた。

契丹の陣では、コムがチョリンに、戦は自分に任せて撤退するように言うが、チョリンは引かなかった。
テ・ジョヨンは、イ・ヘゴは自分のいる本陣を攻めてくると予想するが、姿を現したのはチョ・インサとソル・ゲドゥだった。

イ・ヘゴは、チョリンをもう一度説得したいと考え、契丹兵の守る裏道に向かっていた。イ・ヘゴが攻めてきたことを知ったコムは、再びチョリンに後方に引くように勧めるが、チョリンは契丹の希望のために戦うと言った。
対峙するイ・ヘゴ軍と契丹軍。チョリンは白旗を掲げるように命じる。それを見て契丹陣に向かったイ・ヘゴ軍に、かねて用意の罠が襲い掛かった。そこに斬りかかっていく契丹兵。白旗は計略だった。戦いの最中、イ・ヘゴはチョリンに連れ戻しに来たと言うが、チョリンは裏切り者のイ・ヘゴを許せないと答える。思わず剣を取り落とすイ・ヘゴ。その目前でチョリンが唐兵に追い詰められるが、コムが守る。結局、ヘゴ達は退却を余儀なくされる。

ジョヨンは、チョ・インサとソル・ゲドゥの軍と対峙。フクスドルの無念を晴らす!とばかりにジョヨン大暴れ。

大敗を喫したヘゴたち。しかし、ソリンギが兵糧をもってきました~。で「三日で落とせ」と命令。ヘゴはは、チョリンの部下であるマゴを仲間に引き入れることに。シンホンの口八丁に、ころっといくマゴ・・・。

また、ヘゴはチョリンに会いに行って最後の説得を試みる。しつこいな~。そこに、ジョヨンが来たので、思わずヘゴを隠すチョリン。様子が変だと思うジョヨンに、ヘゴが襲いかかるタイミングをはかっている・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)126話

イムン率いる馬兵は、テ・ジョヨン軍に追いつき、出兵準備を進めていた。イ・ヘゴ率いる唐軍本隊も昼夜を問わぬ強行軍でそれを追っていた。
テ・ジョヨンは、家臣たちに、国を建てるためには、唐軍の攻撃を防ぐのみならず、ここで全滅させなければならないと告げた。
軍師ミモサは、かねて用意の策として、天恵の要塞、天門嶺の地形を利用して罠を仕掛け、防御壁を作ることを提案する。しかし、そのためには工事が終わるまで時間を稼ぐ策が必要だった。テ・ジュサンが、民を率いて天門嶺を上ることになり、時間を稼ぐためには、決死隊を編成して峰の入り口を塞ぐことになった。
その死地にコルサビウとクムランが自ら志願、クムランを道連れにしたくないコルサビウは一人で残ると言うが、テ・ジョヨンの判断で二人組んで残ることになる…。一緒に残るといいはったクムランに、「お前女の顔になってるぞ。決して敵を通すなよ」と厳しい言葉をかけるミモサ。心では「生きて帰れ」と思ってるのにね。クムランの気持が切ないし、そんなクムランをそっと守ろうとするコルサビウも切ないねえ。ミモサは、「これからは、クムランの主人はお前だ」とクムランをコルサビウに託しました。

コルサビウとクムランは伏兵による奇襲攻撃で緒戦で勝利。必死の防戦です。怪我をしたクムランを治療して「私が先に死んだら、傷を見て私を思い出せ」とかいうコルサビウ。かっこいいから、こういうことを言っても決まります。
ジョヨンたちは民の中から技術者を選抜し、罠を作成中。

ヘゴの率いる本隊がきて総攻撃開始。ジョヨンは、コルサビウを呼び戻して、山の中の道に兵を配備。ジョヨンは「冬まで耐えて敵の兵糧切れを待つ」とか言ってます。でも、ソリンギの応援が来ちゃうからな~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。