• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

婚カツ!11(最終)話

なんだかなあ・・・。婚カツじゃなくて恋愛を始めたからって、それを「彼は変わった」商店街のために頑張ってるという話に持って行くのは無理がある。まったくストーリーとして成立してない気がするよ。そもそも、陳情に行くのにポロシャツで行くクニが信じられないよ。

イトカツをもっと早くから生かせれば良かったかもしれないなあ。北村さんはやっぱ面白い空気を上手く出せてる。

まあ、最終回だし上手いこと何でもうまくいくのはいいんだけどさ。商店街にとって大事なのは、本業で勝負できるようにすることなんじゃないのかと・・・。後継者問題とかさ・・・。

脚本というよりも、設定の段階でナニを書くが、どんなドラマを作りたいのかという部分を練りこんでなかったのが、散漫なドラマになってしまった原因のような・・・・。


あらすじ↓公式から
雨宮邦之(中居正広)は、ついに飛田春乃(上戸彩)に思いを告げた。そして、邦之は春乃を抱きしめる。そんな2人を小松成道(山田親太朗)が目撃したことで、周囲は本人たちよりも盛り上がっていく。まだ、邦之は春乃にプロポーズもしていないのに…。いずれにしても邦之は、これからは春乃を泣かせないと決めていた。また邦之の性格上、春乃もプロポーズは期待していない様子。 一方、商店街は地主の神宮寺(小林稔侍)から借地料未払いを理由に立ち退きを迫られようとしていた。邦之は伊藤勝(北村有起哉)と神宮寺のもとに行くのだが、聞く耳さえ持ってもらえない。 一方、二瓶匠(谷原章介)と桜田周五郎(橋爪功)は、商店街を救って欲しいと溝口静子区長(風吹ジュン)に頼む。しかし、すでに区の行政ではどうにもできないと言われてしまった。 周五郎は村瀬優子 (釈由美子)と会う。優子は周五郎に「周五郎のことが大好きな女性は見つかったのか」と問う。周五郎は、また優子にからかわれていると思うのだが…。 商店街の立ち退き問題は解決の糸口さえみえない…。そんな中、邦之たちは『縁結びの町さくら商店街』のスタート日を決定し、まい進していく。その陰で、邦之に抱きしめられて以来、デートもままならずにいる春乃は…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ! 10話

どうしても、この二人をくっつけなくちゃだめなんでしょうか?やっぱ月9としては、主人公二人はくっつかないとダメ?似合わないんだよねえ。

年の差婚をしたいという弟が、突然に結婚したいと言い出して・・・。それが、春乃のことを考えるキッカケになるんですが・・・。弟のキャラがほとんど書かれてないんだよなあ。兄弟の関係も、同年代のハズの春乃との関係(幼馴染になるなら、弟と春乃が自然なんだよね)なんかもゼロ。無理があるわ・・・。
追い打ちで、シゲが先に春乃を慰めて抱きしめてあげたのを見ちゃって、それで恋愛感情を意識するという定番パターン。このシーンの、それぞれはソコソコ感情移入できた。片思いする春乃も、迷うクニも悪くないんだよなあ。
でも、二人が好き同士ってのが、二人一緒のシーンで、空気として伝わってこない・・・。

商店街の皆さんは縁日をキッカケに元気になってきた。これを2話くらいに持ってきたら、もっと見やすかったかなあ??

住民を説得しないとトラブルという伊東を無視して、勝手に開発をするという建設会社。土地の所有者の神宮司さんが登場。借地権でみんな商売してるのかあ・・・。借地代も払ってないらしい。でも、ここに周五郎さんが関わってくれそう。どうやら、周五郎さんは富豪らしい。
伊東はもとの会社に戻ることに。「街並みを残そうとしてからだよね?組もうよ~」というクニだけど・・・。


あらすじ↓(公式から)
雨宮邦之(中居正広)は、飛田春乃(上戸彩)の自分への想いに悩み続けていた。そんな中、春乃は妹的存在でいることにしようと決め、それを邦之に打ち明けた。だが、その直後から商店街に寄り付かなくなってしまう。春乃が商店街や深澤酒店に顔を見せなくなって3日後。茂(佐藤隆太)は縁日の夜に邦之と春乃に何かがあったことを察する。問いただす茂に、邦之は春乃との出来事を打ち明ける。すると、茂が現在の春乃への気持ちを邦之に尋ねる。だが、邦之はまだ春乃の恋に戸惑い、答えることができない。

一方、縁日の効果もあってか、商店主たちは縁結び商店街としての再開発に乗り気になってくる。だが、「川ちゃん酒場」の社長・川端(田窪一世)が、商店街の土地所有者を抱きこみ、独自の再開発に着手することになり・・・。そんなある夜、邦康(上田竜也)が婚約者(佐藤江梨子)を連れて「とんくに」に来た。お相手は、邦康より年上の女性。意外な相手と思う邦之と邦夫に、邦康はプロポーズに至った経緯を話す。真剣な邦康の様子に、邦之は春乃を思い起こす。次の日、意を決した邦之は、春乃が働くセレクトショップを訪ねるのだが・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ 9話

春乃とクニの恋愛モードになったけど、やっぱり似合ってないなあ・・・。っていうか、無理矢理でも「幼馴染」の空気を作るエピソードを挟むべきだよなあ。
今回かたられたボタンつけの過去も、クニ就職時では春乃は10歳で、近所の10歳の女の子にそんなこと頼むか?って感じ。たとえば、春乃が恋する季節になったころの話とかにすれば良いのにねえ・・・。
花火の方は、もっと幼いころで、近所のお兄ちゃんのお嫁さんになるって話は、良くあるかわいい初恋ではあるし、ラストの一緒に花火するところは綺麗なシーンになってたと思います。ちゃんと告白して、「でも優しいからだって分かってるよ」な春乃は可愛かった。

しかし、春乃とくっつけるならクニには真面目に婚カツさせて置くべきだったな。真面目に婚カツさせていく中で家族とかについて色々と考えて、春乃に気が付いていくとか、ベタに展開して行った方が良かったのではないか?


あらすじ↓(公式)
「飛田春乃(上戸彩)が好きなのは、雨宮邦之(中居正広)だ」と、深澤茂(佐藤隆太)に告げられた邦之は春乃が待つ待ち合わせの場所へと急ぐ。無事に会えた2人だったが、恋の進展は全くナシ。ところが、翌日から商店街の人々の関心は2人に寄せられる。茂が、邦之と春乃のデートをみんなに漏らしたのだ。こうなると、逆に意識してしまい邦之と春乃の関係はギクシャクしっぱなしに。

一方、区役所の「さくら地蔵商店街再開発計画」は、伊藤勝(北村有起哉)の指示で立ち退き同意書の取り付け段階に入る。そして、二瓶匠(谷原章介)が溝口静子区長(風吹ジュン)に渡した「婚活タウン」の企画書は、勝の手でもみ消されようとしていた。そんな事とは知らない邦之たち。邦康(上田竜也)が須見和彦(沼田爆)と青空美容室に行ったことをきっかけに、邦之は商店街で縁日を開くことを思いつく。それは、縁結びのさくら地蔵を中心としたイベントで・・・。

果たして、この企画が商店街を活性化に向かわせるのか?そして、ギクシャクしたままの邦之と春乃の恋の行方は!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ! 8話

役所をやめたクニ。
匠は「出会いの町」ってことで婚カツ事業での再開発を提案。でも、住民は「こんな甘い計画」って言われちゃう。クニは「おまえは商売の仕方を知らない。商店街の前に自分ちの店のこと考えろ。とんかつも上げられないくせに」っていわれて、苦手なとんかつを作ることに。
でもさあ・・・。まずいものはまずいって・・・。それを「良いとんかつ」なんて言って・・・。それこそ「甘い」よね。
あそこにいるクニ父親世代の商店街の皆が、クニ父の修業時代を思い出して「ガンバレば良い料理人になれるかも?」と思うようになるとか、なんか一ひねりが欲しいなあ。あと、クニが「とんかつ」をどう考えたかってのを、描写してほしかった。

頑張ってるのを見て、匠は区長に再チャレンジ。

春乃の恋を応援するシゲ。いいやつ。っていうか、やっぱ春乃とクニは年齢差がありすぎだし、「おさななじみ」としてのエピソードがないんだよねえ。年齢差があっても共通の扇子とか空気とかがあれば、「お似合いだなあ」ってみえるんだけど。シゲとの方が似合ってるっていうのが、恋愛ドラマとして致命的な気が・・・。


あらすじ↓(公式)
 雨宮邦之(中居正広)は、桜田周五郎(橋爪功)をかばったことで結婚の予定などないことが溝口静子区長(風吹ジュン)にバレ、区役所を辞めた。さらに邦之は邦夫(小日向文世)から『とんくに』で仕事をさせるつもりはないと言われてしまう。

 飛田春乃(上戸彩)の邦之への想いを知った深澤茂(佐藤隆太)は、その思いを成就させたいと3人で遊びに行こうと持ちかける。茂は約束の日に自分は行かず、邦之と春乃を2人きりにさせるつもり。そんな計画を茂は春乃に打ち明ける。

 茂の計画当日。そんな計画を知らない邦之は、二瓶匠(谷原章介)、桜田周五郎と伊藤勝(北村有起哉)に対抗するためのさくら地蔵商店街活性化案を住人に説明。その後、茂たちとの待ち合わせ場所に行こうと考えていた。だが、商店街を縁結びで活性化させようという邦之たちの案に住人たちへ反応は冷たい。挙句、とんかつも作れないとんかつ店の息子のくせにとまで言われた邦之は、作って見せると宣言して住人たちを招いた『とんくに』で、とんかつ作りを始める。だが、もとより邦之に料理の技術などなく苦戦。あきれ、見かねた邦夫の厳しい判定のもと、邦之は茂たちとの約束も忘れ、何度も作り直す羽目に…。

 一方、茂に応援され、邦之を待つ春乃。しかし、約束の時間はとっくに過ぎてしまって…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ! 7話

クニ→真琴は分かるなあ・・・。本当にいい感じだけど、真琴はクニを友人としか見れないみたいですね。春乃よりは似合ってるんだけど、楽しい空気の二人の関係はすごく良い。これを維持するには友人の方が良いのかもね。
で、婚カツ問題と商店街問題がイマイチしっくり絡んでこないなあ~。一応、真琴という幼馴染との関係がしっかり書かれてたことで、商店街を大事にしたいって気持ちが出たのは良いんだけど、結婚問題は相変わらず「イマイチ気が入ってない」状態のクニ。

周五郎さんが結婚してないってのがバレた。合コンで適当にあしらった人に告発された。常に前向きな周五郎さんに、いつも助けられてきたから、クニは心配。

そして、「それは俺の話です」と言い出した。周五郎さんはまじめに婚カツしてたけど、結婚も適当に考えてたから・・・ってクニ。
結婚問題は置いておいて、商店街問題にまじめに取り組むという・・・。


あらすじ↓(公式から)
雨宮邦之(中居正広)が、飛田春乃(上戸彩)の想い人…。春乃から「好きな人がいる」とプロポーズを断られた深澤茂(佐藤隆太)は、そんなことに思い当たる。茂は邦之と春乃の行動を注視し始める。
 
そんなとき、伊藤勝(北村有起哉)は、さくら地蔵商店街の商店主たちに立退き料を支払うことで再開発を一気に進めようとし始めた。邦之は、二瓶匠(谷原章介)たちと対抗策を練り始める。
 
一方、桜田周五郎(橋爪功)は、「スイーツ合コン」に参加。その会場で、周五郎は、及川知子(鷲尾真知子)という女性に気に入られるが、押しの強い知子に辟易。村瀬優子(釈由美子)に助けてもらったことで、知子の恨みを買ってしまう。
 
知子の仕業なのか、区役所のファックスは、溝口静子区長(風吹ジュン)に宛てた区役所への不正就職者を告発する怪文書を吐き出す。
 
「とんくに」や深澤酒店には、高倉真琴(りょう)がちょくちょく顔を出すようになっていた。真琴が婚活事業のアドバイスをしているからでもあるのだが、邦之との関係も急接近の雲行き。ふたりを見ている春乃の表情は微妙だった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ! 6話

せっかく、春乃が「クニが好き」と前回気がついたんだから、そっちを盛り上げればよいのにねえ。
商店街も問題だけど、親世代ってのがいないんだよなあ。年齢もバラバラなのに「幼馴染」って感じを出すためには、それぞれの家族の存在をもっと意識させて、「家族くるみ」みたいにすればよいんじゃないかなあ・・・。今でさえキャスト多すぎで話が散漫になってるとは思うんだけどね・・・。
区役所と商店街が絡みだしたんだけど、あんまりうまくいってないですねえ。
匠のエピソードも、今まで「幼馴染」ってのを出してなかったから、すごく唐突に感じてしまったし・・・。
脚本というよりも、キャラ設定や世界設定に問題があるんだと思うな~。


あらすじ↓公式から
 少子化対策課の雨宮邦之(中居正広)は、深澤茂(佐藤隆太)の店を婚活バーにすることで、さくら地蔵商店街の発展につなげようとする。その裏には、伊藤勝(北村有起哉)率いる都市開発化のさくら地蔵商店街再開発事業の本格化があった。さらに、溝口静子区長(風吹ジュン)の命令で、二瓶匠(谷原章介)も都市開発化の手伝いに借り出されてしまった。地元出身ということで白羽の矢を立てられた匠は区長には逆らえず、邦之たちとの間に溝が出来る。

 一方、プロポーズの件でギクシャクしていた飛田春乃(上戸彩)と茂は、邦夫(小日向文世)の計らいで元の関係に戻る。茂は春乃に好きな人がいるからとプロポーズを断られたのだが、その相手が誰なのかは謎のまま。邦之の話に感化され婚活を始める気持ちになった友人、茂木秀郎(風間俊介)を連れてきた邦康(上田竜也)にも春乃の好きな相手は分からない。

 そんな中、茂の店で桜田周五郎(橋爪功)の提案した、猫好き合コンが開催されることになる。一方、勝を中心とする都市開発課は、さくら地蔵商店街の人々を集め、再開発計画の説明会を始めた。邦之たちと匠の間に広がろうとする溝は埋まるのか? そして、春乃が想いをよせる人とは?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ! 5話

匠&周五郎の伊藤・尾行とか、ホントどうでもいいけど、なんか笑える。ってか、橋爪さんの調査力、なんだかちょと京都迷宮案内みたいじゃないか。

クニはやっぱり真琴とお似合いだと思うんだよなあ~。
真琴を通して、「守り守られる家族」というものを感じるクニ。でも、クニが「自分の家族」にそれを広げていく展開を、もうちょっと上手い流れで作ってくれたら良いんだけどね。

ドラマは春乃とくっつくように動いてるからなあ。それぞれ、兄弟みたいに励まし合いながら、それぞれの結婚相手を探すってのじゃダメ??なのかね。

春乃は、プロポーズされたことで「好きな人がいる」と自覚する。シゲいいやつなんだよねえ・・・。


あらすじ↓(公式から)
雨宮邦之(中居正広)は、少子化対策課で打ち出した婚活事業の視察と自らの婚活を兼ねて、高倉真琴(りょう)が主催する陶芸合コンに参加。しかし、これといった相手に恵まれない邦之の話し相手は、自然と真琴になってしまう。邦之は、区長(風吹ジュン)を騙すことに真琴も協力してくれたことを思い出して何かお礼がしたいと言う。すると、真琴は邦之にあることをお願いする。

 一方、飛田春乃(上戸彩)も区長を騙すために邦之の婚約者を装った。しかし、春乃の行動を勘違いした深澤茂(佐藤隆太)があせってプロポーズしたのだった。返事を保留した春乃、茂ともに悩みが続く状態になってしまう。

 そして二瓶匠(谷原章介)は都市開発部の伊藤勝(北村有起哉)が進めようとしている『さくら地蔵商店街再開発事業素案』を懸念。匠は桜田周五郎(橋爪功)を誘って勝の動向を探り始めた。


日曜日、邦之は真琴と、彼女の子供たちを連れて遊園地に出かける。この時、初めて真琴がバツイチで2人の子持ちだと知った邦之だが、幸せそうな母子たちに感動を覚えた。

 邦之は真琴家族を連れて『とんくに』へ。ちょうど茂への返事を春乃に促していた邦夫(小日向文世)もビックリ。真琴たちが帰ると、邦之も茂にキチンと答えるよう春乃に告げる。ついに決心した春乃は茂のもとへ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

婚カツ 4話

演出は割と面白いんですけどねえ・・・。
クニが「出あいなんだから」みたいな感じで婚カツを語ってたけど、クニの実感としては、まだそこまで言ってないというか、一生懸命な女性陣の受け売りでしかないですよね。
クニの方が、一生懸命に相手にアピールするって回の後でも良かったような・・・。
区長にばれそうになって・・・・という展開はお約束ながらも、クニが周りに愛されるイイヤツってのはよく出てたと思います。
この「イイヤツ」ってのを、もうちょっとエピソードで見せても良いのかなあ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。