• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

コールセンターの恋人 10(最終)話

最後は良かったですね~。
都倉も一年のワープで成長したみたいだし、アオキョーも寂しく放浪しているうちに、優しかった父の面影や、実は人生をやり直してた父のことを知った。
そして、アオキョーに励まされ、癒されて来た人たちの「より良く暮らしたい、幸せになりたい」という気持ちについて、熱弁する都倉。
ココまでの回数で、少しづつ成長する都倉を表現出来てればもっと良かったかな~ってのと、「アオキョーを頼りにしてる固定客さん」ってのを今までにチラチラ出しておければな~ってのは感じました。
でも、アオキョーのカワイイ個性と、都倉を演じる小泉孝太郎の毒のなさは、このドラマをほんわかしたものにしてたと思います。


あらすじ↓(公式から)
青山響子(ミムラ)が姿を消して1週間が経った。渉(小泉孝太郎)をはじめ、コールセンターの面々は響子の行方を気にかけながらも、新たに発売された商品のクレームに追われる日々を送っている。響子を敵視していた南極アイス(名取裕子)も、彼女がいなくなったことを知って、ショックを隠せない。
 そんな中、渉は、響子が下宿先に残したノートを手に入れる。そこには、5年間にわたるクレーム対応の記録が事細かに記されていた。彼女の熱心な仕事ぶりに改めて感銘を受けた渉は、なんとか響子の存在を世に知らしめようと考え、ブログを始めようと思い立つ。彼女の足跡をたどるようにクレーム対応を実践しながらブログを更新し、忙しい日々を送る渉。ブログは評判となり、出版のオファーまで舞い込んできた。
 ――――年後。渉の本『クレームの女王』はベストセラーとなり、あの『徹子の部屋』から出演依頼が。『徹子の部屋』が好きだった響子が番組を見てくれるかもしれないと思った渉は出演を決め、番組で響子に帰ってきてくれと訴える。
 一方、とあるラーメン屋で番組を見ていた響子は、店員から声をかけられた。なんと、その店は、響子の父親・研太郎が働いていた店だったのだ。研太郎は娘に会わす顔がないという気持ちから、響子に会いに行かずに、この店でまじめに働いていたのだという。その父が5年前に死んでいたことを知らされ、響子は強いショックを受ける。
 その頃、花形商事では、渉を本社に戻すことが決まった。南極アイスが人事にかけあった結果だった。しかし、渉はコールセンターで生きている手ごたえを見つけたと、その申し出をきっぱりと断った。
 そんな渉に、響子から電話がかかってくる。父の思い出を語る響子に、温かい言葉をかけ「生き続けてください」と励ます渉。その言葉に感動し、涙を流した響子は、コールセンターに帰ってきた。渉や響子は、気持ちも新たに、再びクレームと向かい会う日々を始めたのだった。(終)
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 9話

アオキョーの秘密は、子供の時父がクレーマー&恐喝をやっていて逮捕されということ。アイスさんの娘?とかも思ってたけど、違ったな~。
今回は、戸倉もヤクザ相手に凄く頑張ったし、アオキョーを庇ったり良かったよ。アイスさんもイザと言う時に協力してくれてカッコよかったし・・・。
次回、最終回!!


あらすじ↓(公式)
北海道の特産物を詰め込んだ「特選まるごと北海道・缶詰6点セット」が発売になった。売れ行き好調の中、渉(小泉孝太郎)にヤクザの男・土井(やべきょうすけ)からクレームの電話がかかってくる。土井は缶詰に髪の毛が入っていると訴え、兄貴分らしい男・西川(両國宏)とともにコールセンターまで乗り込んできた。「大人の解決」をしろと迫られ、ビビりまくったセンター長の酒巻(松重豊)は思わず5万円を差し出す。
 ところが、このやり取りを録音していた西川は、今度は本社を訪れ、中島局長(柴俊夫)を脅してきた。本社は大騒ぎになり、コールセンターの閉鎖も決まってしまう。渉も、ヤクザの事務所へと連れて行かれ、会長の大前田章介(伊吹吾郎)と対面するはめに。きちんとした対応を見せろとすごまれ、震え上がる渉。
 その頃、川辺(若林豪)は本社に情報収集へと向かっていた。かけつけた渉は、川辺の口から衝撃の事実を聞かされる。かつて、同じようなクレームの事件を起こし、刑事だった川辺に逮捕されたのが、青山響子(ミムラ)の父親だったというのだ!
 一方、響子は、缶詰に混入していた髪の毛がでっち上げだという証拠をつかんだ。事務所へ乗り込むという響子を前に、放っておけない渉も同行することに。そんな渉に対し、南極アイス(名取裕子)は「いざというときは、タイミングを見て電話しなさい」とアドバイスする。
 案の定、大前田たちは渉と響子の主張に耳を貸す気配はない。それどころか、西川によって渉は頬を叩かれて脅されてしまう。追い込まれた渉がアイスに電話をすると、つながった先は、なんと生放送中のスタジオ! 公衆の面前で大前田がはっきりと脅しの言葉を口にしたのを受けて、警察が事務所に乗り込みヤクザたちを逮捕。渉と響子は間一髪で助かったのだった。だが、今回の騒ぎで、クレーマーの娘であることがバレてしまった響子は、置手紙を残し、姿を消してしまう……

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人8話

都倉とアイスさんがキスしてる?ように見えた後に、妙に都倉を意識するアオキョウ。どうしちゃったの?やっぱ都倉が好きなの?って感じです。

今回は「ゴルフクラブとナビと指輪の浮気セット」なんだけど、しっかり浮気がばれるようになってるというアイスさんのセット売り。(でも、あの小麦粉をあそこまでハッキリ分かるようにこぼれさせるのは至難の業だと思う。指紋をつけておいて、そのあとに小麦粉をまぶすと指紋が検出されて暗証番号が分かるってのじゃダメだったのだろうか??これは演出家が悪いって気もするなあ。

ちゃんと愛妻に対して「指輪」を贈るつもりだった人が、会社を受取先にしてたのに、自宅に届いちゃって・・・というトラブル発生という話。


あらすじ↓(公式から)
「デキる男3点セット」が新発売!
そんな中、コールセンターに酒巻の元妻がやってきて!?

 今回の商品は、ゴルフクラブとポータブルナビと愛妻リングがひとつになった「デキる男3点セット」。南極アイス(名取裕子)が売れ残りの商品をひとまとめにしたこのセット、実は浮気お助けグッズとして役立つと、本社の中島局長(柴俊夫)も大喜びだ。ところが、この商品にはなぜか小麦粉10グラムまで付いていて、何か裏があるようで……
 一方、渉(小泉孝太郎)が働くコールセンターではオペレーターを募集することに。やってきたのは、センター長の酒巻(松重豊)の元妻・真由美(青田典子)。オペレーターとして元夫の働きを観察し、信頼できるならよりを戻そうと考えているという。それを聞いた川辺(若林豪)とゆみえ(中島ひろ子)は、なんとか酒巻を盛り立てようと奮闘するのだが……
 そんな矢先、3点セットを購入した男性客から、浮気がバレたというクレームの電話が次々とコールセンターにかかってくる。ポータブルナビは、妻がタッチパネルに小麦粉をまぶしておくことで、パスワードをつかんで浮気の事実を確認できる上、愛妻リングは出来の悪さから愛人の機嫌を損ねてしまうというシロモノ。はじめから南極アイスは、浮気が失敗するように、このセット販売を企画したのだった。
 さらに、このセットを買った男性客・小村(金田明夫)がゴルフクラブを片手にコールセンターに怒鳴り込んでくる。ビビッて何もできない酒巻に幻滅する真由美。響子(ミムラ)がトラブルを解決しようと購入履歴を調べていくと、小村は浮気のためではなく、妻と仕事のためにセットを買ったことがわかる。すると、渉はクレームの電話をかけてきていた女性が、小村の妻(犬山イヌコ)だと思い当たる。そこで、渉は電話を小村に渡し、2人はお互いの気持ちを知って誤解を解くことができた。だが、醜態をさらした酒巻は、真由美と復縁するチャンスを逃してしまったのだった……
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 7話

悪くはないけど良くもない。批判するほど熱心に見る気にはなれないが、まったりダラダラ見るには最適。
一話完結型なのだが、もうちょっとカタルシスや謎を強めれば、テレ朝お得意の刑事ものなみのものが出来そうなんだけど、ちょっと中途半端な気がしてしまう。
都倉のキャラは一向にお客様窓口として成長しないが、憎めないキャラではある。アオキョウの「何も残さずにひっそりと死にたい」というのも「らしい」。そのくせ、めっちゃ目立つというか独自すぎる性格なところも悪くない。
今回は、メモリーが消えて思い出が録画できなかった!という話を、彼女に振られてショックな都倉とからめて展開。携帯の彼女の動画は消しても心には残しておくという都倉に、「それは永遠に何度も再生するってことだ」なアオキョウ。アオキョウが探してる人への思いは「永遠」っぽいけど、都倉はそれほど彼女が好きだったようには思えないんだが・・・・。


あらすじ↓(公式から)
超高性能デジタルビデオカメラ「思い出残しま専科」が発売になり、南極アイス(名取裕子)は「思い出は金で買える」と強引なセールストークを展開する。だが、恋人の静香(樋場早紀)に振られた渉(小泉孝太郎)は、ショックのあまり仕事に打ち込めない。
 そんな中、この「思い出残しま専科」、撮影したはずの映像が録画されていないというクレームが次々とコールセンターに寄せられる。プライベートでこのビデオカメラを使い、同じトラブルに見舞われたアイスも、賠償金を払えとご立腹。結局、クレームを訴える客に“思い出賠償金”を払うことになってしまう。ところが、割り当てられた予算が少ないため、なるべく賠償金を払わないように応対しろと命令されたコールセンターの面々は、電話をかけてきた客に、あの手この手で辞退を勧めるはめに。
 渉の元にも、とある男性客から電話がかかってきた。電話の目的は、賠償金ではなく、ビデオカメラの返品だという。安請け合いした渉だったが、改めて連絡を取ったところ、電話に出た妻は返品するつもりがないと言う。これは一体どういうことなのか?
 そんな矢先、トラブルの原因が判明した。録画されていなかったという映像は、実はプレシャス・メモリーとして保存され、無事に見られることがわかったのだ。“思い出賠償金”に頭を悩ませていたセンター長の酒巻(松重豊)もホッと胸をなでおろす。
 一方、電話をかけてきた客に会いに行った渉は、電話の主・岡村正彦(保阪尚希)が難病を患っていたことを知る。そこで、渉は、正彦と妻の沙代(井上和香)がこれから生まれてくる子供のためにビデオカメラでメッセージを残すのを手伝うことに。メッセージも無事に録画でき、手術も無事に成功。感激する渉だった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 6話

ハンスがすごく素朴な良い人で、全体にほのぼのした話でしたね~。ダイエットDVDではなく、「運動して健康に!運動して美味しくご飯を食べよう!!」なDVDだったけど、怪しげな翻訳者が勝手に改変してた・・・。
一生懸命なアオキョウに触発される都倉も良かったし、皆でワイワイ踊っているのも微笑ましかった。それに、飽きっぽい消費者に合わせて次々と新商品を出すなかで、売れなかった教材を使ってくれてるというのも、ちょっと良い話ですよね。


あらすじ↓(公式から)
ダイエットDVD・ハンスの究極エクササイズ」が発売。デンマーク人インストラクターのハンス(ニコラス・ペタス)と踊ってダイエットする商品だ。ハンス本人が生出演した効果もあって、南極アイス(名取裕子)はDVDを売りまくる。商品を企画した渉(小泉孝太郎)は、このまま大ヒットになれば本社に復帰できると目を輝かせる。
 番組を見ていた原口真理(ギャル曽根)も、ダイエットを決意して商品を購入。いつも通っている定食屋の主人・山本一平(小林且弥)の気を引くためだった。
 一方、コールセンターにクレームの電話が。電話の主は、上の階の住人がエクササイズをする騒音を何とかしてくれと訴えるのだが……
 DVDは好調に売り上げを伸ばすが、ハンスのブローカー兼通訳の飯沼(近藤芳正)とハンスの仲がうまくいっていない様子。そこで、青山響子(ミムラ)は、デンマーク語を勉強し、ハンスの言葉の意味を拾っていく。すると、翻訳に誤りがあるという疑惑が浮かび上がる。
 あのクレーマーから再び電話がかかってきた。顧客データを調べると、電話の主がクレームを訴えていた相手は、ダイエット製品の常連客の真理だとわかるが、本当の問題は騒音ではなさそうだ。なぜこんなクレームが?
 そんな中、ハンスがいなくなり、スタジオは大騒ぎに。ハンスの代わりに踊らされた南極アイスもカンカンだ。そこで、渉と響子は辞書を片手にハンスのDVDを研究することに。その結果明らかになったのは、ハンスのエクササイズがダイエットではなく、健康でおいしくご飯を食べるためのもので、ハンスの言葉をねじ曲げて翻訳していたことがわかった。結局、DVDの発売は中止になった。
 その頃、山本の食堂にはダイエットを止め、定食を食べる真理の姿が。その姿を見ているのは、あのクレーム電話の主、山本。彼女の食べる姿を幸せそうに眺めるのだった。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 5話

アオキョウことミムラさんは、声が凄く良いんですね。あの声で「どうされました?」とか言われたら、やっぱり癒されるかも。都倉の気持が凄く分かったよ。

毎日、色んな事がある。違った味がする毎日だ!と言われて、「安心・安全」を売りにした水だけがすべてではないと気がつく都倉。
コールセンターがあるから、お客様も安心して商品が買えるのだ!!と主張して、大人しくなってた南極アイスさんもはじけます!南極アイスさんがいると、楽しいわあ~。


あらすじ↓(公式から)
ハワイ島の湧き水」が発売された。ところが、上層部からセールストークの行き過ぎを注意された南極アイス(名取裕子)は台本どおりに話せと命令されてしまう。代わりに商品にお墨付きを与えるのは、カリスマ女医・目黒百合子(東ちづる)。ライバルの登場に、心中穏やかではないアイスだった。
 「ハワイ島の湧き水」は、48時間以内の配送が売り。だが、大型台風の接近で配送ができなくなってしまう。しかし、本社の中島局長(柴俊夫)から、コールセンターの渉(小泉孝太郎)の元に、運送会社に圧力をかけて届けさせろとの命令が。運送会社では、新米運転手の木下順平(山崎樹範)が運転を買って出た。暴風雨の中、悪路に苦戦しながらなんとか商品を配達するが……
 翌日、百合子からコールセンターにクレームの電話がかかってくる。自宅に届けられたボトルがひしゃげていたというのだ。中身に問題はないと答える青山響子(ミムラ)の対応に腹を立てた百合子は、ブログで「ハワイ島の湧き水」の批判を展開する。そのせいで、響子の減棒が決まった。
 一方、渉は、センター長の酒巻(松重豊)の指示で、百合子に謝りに行くことに。だが百合子は代理の謝罪には応ずる気配がない。そこで、渉は商品を届けたドライバーを連れて再び謝罪に行こうとする。ドライバーの木下は、なんと渉の大学時代の同級生だった。必死に謝る木下にも冷たく接する百合子。それを横目に渉は何も言うことができない。自分のふがいなさに落ち込んだ渉を励ましたのは、電話で話した響子の言葉だった。
 そんな中、本社の企画会議に出席した渉は、お客様相談窓口をなくそうという中島局長や三上(中林大樹)に向かい、お客様相談窓口は必要だと主張した。その言葉に心動かされたアイスも、台本にしばられず、いつものセールストークを再開しようと決めたのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 4話

南極アイスさんの出番が少ないと、とっても寂しいぜ!!
でも、都倉がちょっと成長してきたか?変化してきたか?ってのがやっと見えたので、そこは良かったです。

あらすじ↓(公式より)
今回の商品は、「ウルトラ多機能デジタルカメラ・プロ気分」。南極アイス(名取裕子)のセールストークに乗せられ、ゆみえ(中島ひろ子)は思わずカメラを購入。渉(小泉孝太郎)は、代金を払うのに必死なゆみえに、当直を代わってくれるよう頼まれる。その上、ゆみえの子供たちの面倒まで見させられるはめに。
 そんな矢先、青山響子(ミムラ)の元に、商品を購入した客たちから心霊写真が写るというクレームが寄せられる。渉と響子が試し撮りすると、写真にはたしかに霊らしきものが。それを見てゾッとした渉は、ゆみえの子供たちが大切にしているという写真を見せられて、さらに震え上がる。そこには、漁に出て死んだはずのゆみえの夫の姿が小人のように小さく写っていたのだ。
 心霊写真の噂で売れ行きが伸び始めたデジタルカメラだが、コールセンターにかかってきた電話で、心霊写真の原因がカメラの操作上のトラブルにあることが判明。しかし、南極アイスは、心霊写真の噂に乗じて一気に商品を売りまくる。
 一方、心霊写真が操作トラブルだと聞いたゆみえの子供たちは、それでも自分たちの父親が写っていると信じて譲らない。響子から、目に見える事実よりも、信じる気持ちが大切だと言われた渉は、ゆみえの写真に写った霊の正体を突き止めるために、写真が撮られた場所を訪れる。
 現地で試し撮りをした渉は、この場所で写真を撮ると、はるか遠くに立っている人の姿がまるで小人のように写りこむという事実に気づく。ゆみえの心霊写真の正体も、父親の霊ではなく、遠くにたまたま立っていた漁師の姿が偶然写った結果だったのだ。
 ゆみえの子供たちの気持ちを大切にしたいと思った渉は響子と協力して、子供たちがもう一度父親の霊と写真に写れるように奮闘する。努力のかいあって、ゆみえと子供たちの間には、父親(の格好を真似た渉)の姿が見事に写ったのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コールセンターの恋人 3話

南極アイスさんが、あんなだけど「プロ」な仕事ぶりを見せる話。細かい問題は色々あるんだけど、でも、私はこういうべたな話嫌いじゃないっすよ~。
ミムラさん演じるアオキョーの魅力も少しづつ紐解かれていく感じで悪くない。


あらすじ↓(公式から)
機能満載の懐中電灯「ヒカルくん・スーパーDX」が発売。ヒカルくんシリーズは南極アイス(名取裕子)の出世のきっかけとなった大ヒット商品だが、今では売れ行きがふるわない。なんとか商品を売ろうとするアイスは突然、買い換えキャンペーンを実施しようとする。
 一方、コールセンターの都倉渉(小泉孝太郎)に、買ったばかりのヒカルくんの灯りがつかないというクレームの電話がかかってくる。青山響子(ミムラ)の調べで、電話をかけてきたのは村松妙子(倍賞美津子)という62歳の女性で、彼女が購入したヒカルくんが16年前の旧型だとわかった。
 購入履歴によれば妙子は、同じ商品を3回返品するなど、いろいろと問題がある客のようだ。手を引こうという渉をよそに、響子は推理を進め、電話をかけてきた妙子がどこか薄暗い場所で身動きが取れなくなっているのだ、と考える。
 そんな矢先、コールセンターに妙子の娘から電話がかかってきた。彼女によると、妙子は認知症で、誤って注文した商品をキャンセルしたいという。しかも、昨晩から妙子の行方がわからないようだ。一体どこに行ったのか?
 そこで渉と響子は、妙子が持っている懐中電灯を使えるようにする方法を探そうと、コールセンターの倉庫から16年前の説明書を見つけ出す。妙子に連絡を取った渉は、説明書の指示にしたがって、手回し充電の方法を教える。さらに、サーチライト機能を活用することで、妙子の家族は彼女を発見することができた。夜空に輝くサーチライトを見た南極アイスも、「買い換えキャンペーン」をやめ、「一人一個キャンペーン」を始めることを決めたのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コールセンターの恋人 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。