• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

華麗なるスパイ 10(最終)話

なんだかな~。君塚さんどうしちゃったのよ~って感じ。
いくら馬鹿ドラマでも、40℃とかの気温上昇がちょっと打ち水したくらいですべて解決ってどういうことよ??とか、信じる心がどうだこうだとかまーったくドラマとして成立してないし・・・。
深キョンのコスプレだけが楽しかった。


あらすじ↓(公式から)
ドロシー(深田恭子)に撃たれた吉澤総理(渡哲也)は一命を取りとめ、救急車で病院に搬送された。ドロシーは警察に逮捕され、京介(長瀬智也)に「京介にも許せないことがあるでしょ」と言い残して連れて行かれた。そして、三九(杏)とともに秘密諜報部に行った京介は霧山(寺島進)が来栖(世界のナベアツ)、オサム(藤原一裕(ライセンス))、エリス(友近)に拘束されているのを見つける。来栖らはミスター匠(柄本明)からのメッセージを見ていた。その中で、ミスター匠は世界主要都市の上空で気温を上昇させるミサイルを発射して世界を灼熱地獄に変えると宣言する。
地球を救わなければと焦る京介と三九だが、京介は相棒のドロシーをなくし、身動きができない。ドロシーの大切さを実感した京介は、連れ戻すべく、三九とともに扮装して彼女の留置されている警察署に乗り込む。だがそのころ、吉澤総理が生きていると聞いたミスター匠は、息の根を止めるようにと改めて指令を出し…
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 9話

ミスター匠が標的にしてるのは総理だけ。秘密諜報部が相手にしてるのも匠だけ。
だったら、総理が辞めればよいじゃん・・・。すげー予算使ってまで秘密諜報部を存続させる必要ある?それほどの人物?って思ってしまうと、なーんも同調できねえ。
それに「仲間」って感じも、ドロシーとの間だけに出来てる感じで、本人も言うように、「オサムと話したことなかったし」程度の関係なんである。裏切られても、ふーん・・・ってなもんである。
ホント、もったいないドラマだよな~。


あらすじ(公式から)
ミスター匠(柄本明)からの電話をオサム(藤原一裕((ライセンス))が受けた翌日、霧山(寺島進)と吉澤総理(渡哲也)が会談する予定だったビジネスセンターに爆弾が仕掛けられる事件が起きた。会談の時間と場所はSPと秘密諜報部員しか知らないはずなのに、その情報が漏れていたことから、霧山はテロリストと繋がっているものが諜報部内にいるのではと疑い始める。せっかく出会った仲間を疑いたくない京介(長瀬智也)は霧山に反感を持つ。
 互いを探りあうことになってしまった秘密諜報部で、京介は来栖(世界のナベアツ)からオサムがあやしいと告げられる。二人でオサムの様子を探っていると、そのコソコソした様子を見たドロシー(深田恭子)は二人こそミスター匠のスパイなのではと疑う。
 一方、吉澤総理は秘密諜報部の存在が明るみになったことで、その進退が問題となっていた。マスコミの追及をかわして戻った首相官邸の執務室で吉澤総理はある人物に出会う…

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 8話

いちおうスパイものっぽくなっては来たけど、やっぱ細部がねえ。馬鹿ドラマほどディティールは大事だと思うんだよな~。
女の涙が武器になるって奴、あれ、もっと早い段階で仕込まないと、「身体検査しないのかよ?」って思うし、「しないなら、わざわざ涙として目に仕込んでおく必要性ないじゃん。瓶から直接たらせよ」ってことになってしまう。

あと、諜報部存続がどうたらってのはなあ。100%馬鹿組織なわけで、リアリティはゼロなんすよね。それを大真面目に議論することがおかしみになればよいけど、渡さんってそういう役者さんじゃないよね~。諜報部メンバーに一体感とかないから、仲間がどうとかいうのも「嘘言ってるな~」としか思えない。深キョンのカワイサ&フィクション性の高い空間でよりリアル感のある女優さんってのがあって、深キョンとの対峙シーンは何とかみられるレベルにはあると思うんだけどねえ。


あらすじ↓(公式から)
エリス(友近)、オサム(藤原一裕(ライセンス))、ジョセフィーヌ(KIKI)、源一(高田純次)、泉(伊藤かずえ)の待つ秘密諜報部に細菌テロが計画されているとの情報が入る。捕らえられた京介(長瀬智也)、ドロシー(深田恭子)、霧山(寺島進)の三人も島が台風の暴風圏に入る前に脱出しなければいけない。その時刻は迫る。
一方首相官邸では、吉澤総理(渡哲也)が幹事長から秘密諜報部の存在が野党に漏れたことを聞かされる。追求を避けるため、すぐに諜報部を解体するようにという幹事長と秘書官らに、情報を漏らしたのは幹事長たちではと疑う吉澤総理。
 牢獄に戻された京介と霧山はミスター匠(柄本明)の前に突き出される。ミスター匠は京介に、自分に協力し、吉澤総理を暗殺するよう再度言うが、従うそぶりを見せない京介にロシアンルーレットをしようと銃を出す。霧山は京介を止めようとするが、匠の味方になるなら死んだ方がましだと京介はそのゲームを受ける。京介はこめかみに銃を当てるが、恐怖にかられ、撃つことができない。撃てないなら吉澤総理を殺せと言うミスター匠の声に京介は銃の引き金を引く…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 7話

はじめて、ちょっとストーリーに興味が出たわ~。
テロは総理の自作自演で、それを理由に軍事大国にしようとしてる。匠がやったというのは、総理の工作だってことらしい。ミクが話してたけど、嘘っぽいなあ。だって、その割に、テロはひたすら隠ぺいされて来たわけだから・・・。
ま、たぶん、この辺はグダグダで終わると思う。
大吉・花子の漫才をする深キョンが可愛かったからいいのだ!!


あらすじ↓(公式)
 三九(杏)が帰ってこないことと、京介(長瀬智也)が出て行ったことを不審に思った平原源一(高田純次)と泉(伊藤かずえ)は霧山(寺島進)に事情を聞くため、秘密諜報部を訪れる。源一と泉は霧山から三九がテロリストに連れ去られたかもしれないと聞く。霧山は三九を救い出すことを二人に約束し、ミスター匠(柄本明)のアジトを探し始める。
 霧山は京介を呼び戻すため、あるミッションを開始する。そのかいあって、京介は定食屋に戻り、源一と泉に連れられて再び秘密諜報部にやって来る。
 一方、ミスター匠のアジトでは、三九の前にミスター匠が現れ、京介がきっと来ると言う。そのことからミスター匠のねらいが京介を誘き出すことであることに気づく三九。
 三九の捜索に協力を求め、ミスター匠との過去を聞きだすべく、京介とドロシー(深田恭子)は吉澤総理(渡哲也)のもとを訪れる。そこで京介はある決意を語り始め…、吉澤総理はミスター匠との過去を明かす…

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ6話

人情ものとはいえ、今回は「だましだまされ」という形になって、すこしはスパイである必然性があったかな~。ベタベタな話だけど、ドロシーの純情がめっちゃ可愛かったしね。
来週はお休みです。
あらすじ↓(公式から)
秘密諜報部に中国の情報局からナオミ・リー(純名里沙)という女性のエージェントがやってきた。中国で起きたテロの実行犯が日本に潜伏しているらしい。京介(長瀬智也)とドロシー(深田恭子)はナオミとともに、修道女と神父に扮装して、テロリストが潜伏していると言われる教会に潜入する。3人は聞き込みをするが、手がかりはつかめない。そんな中、京介は潜入した教会で、子供のころに面倒を見てくれた宇野神父(品川徹)に再会する。
 ナオミにせがまれて京介は秘密諜報部の内部を案内し、次第に打ち解けた二人は一緒に京介の住む定食屋に向かう。源一(高田純次)や泉(伊藤かずえ)に歓待され、喜ぶナオミ。京介と二人きりになったときにナオミは中国に置いてきた子供の話をする。その子に自分の過去を、ナオミに母を重ね合わせる京介…
 一方、秘密諜報部では、テロリストが見つからないことからナオミの真意を探ろうと霧山(寺島進)が動き…

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 6話


深キョンのウェイトレスコスプレ面白かったねえ~。あと、エレベータが上にいったりとか、見てる方が慣れたのか、やるほうに余裕が出たのか、ちょっと笑ってしまいました。
意味なく長瀬君を信頼して「一人の男に守られてる」とかいう総理。何か因縁があるのは分かるけど、それって他のスパイに対して失礼だよな~。一国の総理がそんなこというのかよ!って感じ。
馬鹿ドラマといえど、人情部分は丁寧にやらないと、粗が目立つ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 09:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 4話

深キョンかわいいわあ~。水着も見られて満足!です。
長瀬君は、プールに飛び込むときの大胆な姿が力強くて良かった。
話は相変わらず。人情シーンを思い切って亡くしてしまった方が楽しいのになあ。


あらすじ↓(公式から)
名門男子高の教師が女子高生にクロスボウで襲われ、重傷を負うという事件が起きた。襲われた教師がある生徒の名を聞かれたことから、次のターゲットはその生徒らしい。吉澤総理(渡哲也)は自ら、秘密諜報部にこの事件を調べるように指令を出した。京介(長瀬智也)らはあまり大きな事件でもないのに、総理直々に指令が出たことに違和感を覚えるが、霧山(寺島進)は何も疑わずに仕事に取り掛かるよう言う。
 京介とドロシー(深田恭子)は役人に扮して学校の職員室に潜入し、夏休みに学校に来ているのは水泳部だけだということをつきとめる。評判のイケメン学園の水泳部への潜入にドロシーは喜び、京介とともに水泳コーチになって学校を訪れる。来栖(世界のナベアツ)は学校周辺の監視につく。
熱血コーチに扮した京介とドロシーが水泳部の練習に付き合っていると、徹(増田貴久)という他の生徒になじまない部のエースの存在に気づく。徹の姿に何か感じ取った京介はオサム(藤原一裕(ライセンス))に彼のことを調べるように言うが、霧山がそれに強く反対する。
 帰宅した京介が、源一(高田純次)、泉(伊藤かずえ)、三九(杏)とともに夕食をとっていると、三九から京介の潜入している学校に吉澤総理の愛人の子がいるかもしれないと聞く。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 3話

ユナちゃんは日本語上手だねえ~。韓国人が発音しにくいという「た行」もこなしてました。
コント部分がアッサリしてきて、見やすくなりました。いままで、フリ→オチのフリが長すぎたんだな~。それがダラダラした間延び感になってたんだ。
人情部分が緩すぎるってのは、もう仕方ないと思う。強引なんだよね。序盤で「演じること」について、もっと色んな話をふっておくべきなんだろうけど、それが出来てないからなあ。くだらない会話の中に、そこあたりを上手く盛り込めばコント部分も意味を持ってくるんだけど・・・。ホント君塚さんらしくない。
あ、でも、三久の両親が全身ピンクの林屋ペー・パー子状態で現場を見に来たのは、不覚にも笑ってしまった。


あらすじ↓公式から
 ミスター匠(柄本明)のスパイが日韓合作ドラマの脚本を盗んだという情報が秘密諜報部に入った。この日韓の文化交流の一環として計画されたドラマの撮影現場には、吉澤総理(渡哲也)の夫人、はる(高林由紀子)が表敬訪問するらしい。テロリストの狙いはこのはる夫人であることは間違いない。
 秘密諜報部の霧山部長(寺島進)は訪問を中止するよう総理に言うが、韓流ドラマファンのはる夫人を止めることができない。テロを阻止するため、このドラマの撮影現場に潜入するべく、京介(長瀬智也)、来栖(世界のナベアツ)、オサム(藤原一裕(ライセンス))は韓国人女優シン・ユナ(Ara)演じる主人公の友人役オーディションに臨む。詐欺師の演技力で見事役を勝ち取った京介は女優のユナとその付き人のチェ・スヒョン(ヘリョン)、ボディガードのハン(アンドレ)と出会う。
 ミスター匠の暗号メールを解読したオサムはキング・ジョーという韓国人スナイパーが入国したことをつきとめる。とすると、この韓国から入国した三人のうち、誰かがテロリストということになる。
 京介はエリス(友近)からメイク道具に紛らわせて持ち込める口紅型武器、「ルージュ・バズーカ」を渡され、マネージャーに扮した来栖とともに撮影に参加する。一方、三九(杏)もユナへの取材のため、撮影現場に向かっていた。霧山とドロシー(深田恭子)は、若い女性であるユナとスヒョンもスナイパーである可能性は否めないとして、京介にユナを誘い出すように指令を出すが…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。