• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

オトメン 12(最終)話

「読者が見たいのはハッピーエンド」と言ってたけど、「視聴者がみたいのは飛鳥とりょうの恋愛ドラマだ~」と言いたくなった。芸人のお笑シーンが邪魔だった。
りょうのすっとぼけぶりとかで、十分笑いの要素を出していけたんじゃないかと思うだけに・・・。
「オトメンの良さ」も殆どかけてなかったし・・・。岡田君と夏帆ちゃんの並びは凄く似合ってただけに、勿体ない!気がしました。二人が共演の映画「天然コケッコー」でも見て、口直しするか・・・。

あ、エンディングの映像はホントかっこよかったですよ!!


あらすじ(公式)
正宗飛鳥(岡田将生)は、母親の浄美(山本未來)が組んだお見合いで知り合った咲山入香(菅野莉央)にすっかり気に入られてしまった。入香は、飛鳥がオトメンであることを浄美に隠していることをネタにして、強引に話を進めていく。一方、銀百合学園ではアメリカの姉妹校との交換留学生が飛鳥に決定したというウワサで持ちきりになっていた。

そんな中、飛鳥は都塚りょう(夏帆)から転校することを告げられる。驚く飛鳥だが、転校は病気の福岡の祖父の看病をするために自分で決めたことだと話すりょうに何も言えない。橘充太(佐野和真)は告白するべきだと勧めるが、飛鳥はこんな時に気持ちを押し付けたくないと断る。帰宅後、飛鳥は浄美に自分には好きな人がいると告げるが、浄美はそんな飛鳥の訴えに耳を貸さない。

翌日、花沢夢子(柳原可奈子)から2年A組にりょうの転校が告げられた。学校に来るのは今日が最後と聞き、愕然とする飛鳥。放課後、お別れの挨拶に校内を回っていたりょうは小針田雅(桐谷美玲)や多武峰一(木村了)に、このまま飛鳥と離れ離れになっていいのかと問われる。

その夜、りょうは飛鳥を学校に呼び出した。一緒に校内を歩きながらこれまでの思い出を振り返る2人。そして、家庭科室にやってくるとりょうは…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 11話

火9枠に移ってきても、テイストは変わらず。
優柔不断っていうか、一応はラブコメがメインなんだろうに、二人のドキドキなエピがないんですよね・・・。くだらなくても良いから、「友情レベル」ではあっても、二人がドキドキするところを見たいなあ~。りょうと飛鳥のカップルは似合ってるだけに勿体ないと思う。

次回、最終回。なんとかまとめられるのか?



あらすじ(公式)
道の全国大会が近づき二連覇を狙う正宗飛鳥(岡田将生)には、雑誌の取材がくるなど騒がしくなっていた。橘充太(佐野和真)は進展をみせない飛鳥と都塚りょう(夏帆)がもどかしく、飛鳥に発破をかける。そんな中、飛鳥がオトメンではないかと疑いを持っている正宗浄美(山本未來)は、お見合いの話を勝手に進めていた。翌日、2年A組の生徒たちは花沢夢子(柳原可奈子)からアメリカの姉妹校と交換留学制度が始まることを聞かされる。

放課後、部活に行こうとする飛鳥をりょうが呼び止めた。思いつめた表情で話し始めるりょうだが、飛鳥が浄美に呼ばれているのを知ると話を中断させてしまう。飛鳥は浄美に言われるがまま、部活を休んでお見合いに行くことに。飛鳥の前にフィアンセだと紹介されたのは、ふりふりのワンピースを着て、頭に大きなリボンを付け、クマのぬいぐるみを抱えたかわいらしい少女・咲山入香(菅野莉央)だった。入香の格好に驚き言葉を失う飛鳥。ぬいぐるみやかわいいものに埋め尽くされている入香の部屋に来た飛鳥は、17歳でフィアンセなんて冗談みたいと笑う入香に安心する。そして、クレープを作ろうとして失敗したという入香にりょうの姿を重ね、一緒にクレープを作ろうと申し出た。

一方、磯野は学校で夢子とオバマ先生(ノッチ)が「一番は正宗だ」と話しているのを偶然聞いてしまい…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 10話

オトメン禁止令の話なんだけど、どっちかというとブリブリな教育実習生の話になってましたね。
彼女が「自分らしいままで良い」となるのは、まあ無理もない流れではあったし、オトメンたちは「男らしくない」訳じゃないんですよね。その辺をもっとガッツリ見せていくことで、「オトメンは単になよなよしてるんじゃねー」ってのを強調した方が良かった気がします。
あと、せっかく前回「飛鳥&りょう」の恋愛が発展するか?という流れだったのに、今回はほぼスルーだった。ドラマの流れとしてどうなんだろう??って感じがします。オトメンだけでなく、大和撫子には程遠い
りょうのほうも取り締まられるって流れだったら、もうちょっと広がった気がするな~。


あらすじ↓(公式から)
有名パティシエのケーキ屋へやって来た正宗飛鳥(岡田将生)、都塚りょう(夏帆)、橘充太(佐野和真)。美味しそうなケーキを前にはしゃぐ飛鳥だが、同じ頃、銀百合学園では正宗浄美(山本未來)がアメリカにある姉妹校の理事・スティーブと交換留学制度導入の契約を交わしていた。スティーブからアメリカの雑誌で日本の“オトメン”が取り上げられていると聞いた浄美は、教師を集めてオトメンを厳しく取り締まるように指導する。

翌日、銀百合学園に教育実習で萌松音羽(市川由衣)がやってきた。容姿のみならず仕草や話し方までかわいい音羽に男子生徒はすっかりメロメロだ。そんな中、学園に“オトメン禁止令”が出され、愕然とする飛鳥たち。その日から、音羽の言うがままとなった磯野(澤部佑)たちによる取り締まりが始まり、学園は殺伐とした雰囲気になる。

女の子らしさ全開の音羽の人気が急上昇する中、校長に呼び出された音羽。そこには浄美もいて…。ついに音羽のファンクラブが結成されるが、会員になっていないのは飛鳥、多武峰一(木村了)、有明大和(瀬戸康史)、充太だけと知った音羽は4人に接触を図る。それぞれがオトメンであることを見抜き、さらに飛鳥がりょうに好意を寄せていることを知った音羽は、磯野を上手く利用して飛鳥ら4人を合コンに誘い出す計画を立てる。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン~秋 9話

放送枠を火9にお引っ越ししての9話。
もっとゴールデン仕様にするのかと思っていたが、何事もなかったかのような「続き」なノリで、深夜っぽさは変わらず。
「オトメン」の面白さがイマイチ上手く活用できていないが、母親にばれそうになるなど少しだけ先の展開が気になる要素が付加された。
磯野のネタは使いまわしだし、芸人パートはいらないと思う。飛鳥が彼らと仲が良い感じじゃなく、「王子様」として完全に浮いてるので、「学園ドラマ」としての仲間の楽しさみたいなのが出にくい・・・。

あ、多武峰の漫才はちょっと笑った。パッチギなシーンでもイキイキしてたし、木村君は深夜時代より輝いてたかも。


あらすじ↓(公式から)
銀百合学園では、生徒たちがお笑いのてっぺんを目指して競い合う「銀-1グランプリ」の開催が近づいていた。「銀ワン」とは文化祭に代わる催しで、当日は一般客もやってきて盛大な盛り上がりを見せる一大イベントだ。2年A組は飲食店をやることになり、正宗飛鳥(岡田将生)は厨房責任者となった都塚りょう(夏帆)のサポートを申し出て、一緒に銀百合名物となるメニューを考えることに。

数日後、飛鳥はりょうと橘充太(佐野和真)を家庭科室に呼び、考案した“銀百合てっぺんバーグカレー”を提案。見た目やネーミングのみならず、味にもこだわったメニューにりょうと充太は大賛成。さっそく飛鳥による作り方レクチャーが始まった。

同じ頃、有明大和(瀬戸康史)と磯野(澤部佑)は剣道部の練習試合の書類を提出するため対戦校の銅蘭高校に来ていた。ヤンキーばかりの生徒に怯えながらも弱そうな生徒に声をかける磯野だが、いきなりヤンキーたちに追われることに。とっさに教室に逃げ込んだ2人はきれいな少女・美由紀(山下リオ)に救われた。それをきっかけに磯野と美由紀は付き合うことになる。

練習試合当日、銅蘭高校を訪れた飛鳥たち。しかし剣道場はヤンキーな生徒たちが囲み、選手もかなり強面ばかりという雰囲気に動揺を隠せない。そんな中、試合が始まる。

試合終了後、磯野は美由紀に会っていた。病気の親の治療費が足らないという美由紀のためにお金を貸し、「銀ワン」に遊びに来るように誘う磯野。その後、銀百合学園剣道部では遠征費の10万円が無くなっていることが発覚する。

飛鳥とりょうは料理を、多武峰一(木村了)はなぜか出場することになった「銀ワン」のコントの練習に励みつつ、「銀ワン」当日を迎えた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン夏~8話

この枠でやるのはこれが最後かな?その割につまらない話だった。
「オトメン」というキャラクタの面白さを掘り下げられてない感じがするんですよね~。飛鳥さんも都塚さんもカワイイキャラクタだけに、もっと上手に使ってほしいな~。
火9に移動すると、少しは変わるかな?



あらすじ(公式から)
剣道場の隅で正宗飛鳥(岡田将生)、多武峰一(木村了)、有明大和(瀬戸康史)が苦い表情であるチラシを見ていた。チラシには最近連続で起きているひったくり犯の似顔絵がかかれており、それは磯野(澤部佑)にそっくりだったのだ。コーチとして来ていた刑事の都塚猛()もまた磯野に疑惑の目を向けるが、事情を知らない磯野だけは選手として期待されてると勘違い。張り切って稽古を続けていた。

稽古終了後、猛が飛鳥に“乙女心”を指導して欲しいと頼んできた。戸惑う飛鳥だが、女性心理を理解することで犯罪を未然に防ぎたいという猛の言葉に引き受けることにする。猛と共にレディースファッション店やぬいぐるみ店などを回る飛鳥。居心地が悪そうな猛に対し、飛鳥のテンションは上がる一方だ。ぬいぐるみ店では編みぐるみ教室が開催されていて参加することになった飛鳥と猛だが、講師の顔を見て飛鳥はあ然とする…!

その帰り道、猛は飛鳥に乙女心を知りたかった理由は仕事ではなく、今週末の都塚りょう(夏帆)の誕生日プレゼントを選ぶためだったと話す。りょうの誕生日を知らなかった飛鳥は思いをめぐらし…。その矢先、猛に

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 7話

オトメンってのは乙女なものが好きな男子であって、乙女になりたい男子じゃないようなきがするんだけど、このドラマ的には「乙女になりたい」男子も含まれてるのか?
お父さんも出てきて、漫画家として女装しまくり。なぜか「夢を壊さないため」男だとばれないようにしてた漫画家の男子も女装。
女装は面白いけど、作者のへの夢は壊れるわ!イケメン男子高校生のほうが、まだ夢が持てるような~。

このまま火9にいって大丈夫なのか!深夜だから許せるノリのドラマなだけに、ちょっと心配。


あらすじ↓(公式から)
本屋で少女マンガ「らぶちっく」を読み、胸をときめかせる正宗飛鳥(岡田将生)。

「らぶちっく」の作者でありながら正体を隠している橘充太(佐野和真)は、美術の授業で無意識に「らぶちっく」のイラストを書いて飛鳥に見られてしまうが、ファンだとごまかした。そんな中、「らぶちっく」が黒泉社漫画大賞に選ばれた。授賞式に欠席するわけにもいかず、充太は久利子(武井咲)に幸花ジュエルになりすますように提案する。

黒泉社では、少女漫画界のカリスマ・城之内ミラが漫画大賞のプレゼンターを依頼されていた。実は、ミラは飛鳥の父・主水乃介(鶴見辰吾)だった。受賞作「らぶちっく」の作者が高校生男子で正体を隠していると聞いた主水乃介は依頼を受けることにする。

漫画大賞授賞式。招待券を当てて会場に来ていた飛鳥と都塚りょう(夏帆)と会った充太は出版社勤務の叔父に入れてもらったとウソをつく。一方、控え室で待機していた久利子の元に黒川樹虎(市川知宏)がファンからの花を届けに来た。久利子がジュエルと誤解させたまま口外しないようにお願いする久利子に、樹虎は了承しながらも読者は正直であることを求めているのではないかと話す。樹虎の言葉に思いをめぐらす久利子。

会場では、充太が幼い頃から憧れていた城之内ミラと会えた興奮のあまり自分が漫画家になろうと決めたきっかけがミラであったことを熱く語る。充太の言葉を聞いてしまい驚く飛鳥。慌てる充太だが、さらに携帯に久利子からメールが届いた…!

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 6話

なんか、もう一ひねりが欲しくなってきたな~。
都塚さんが「頑張ってる」というのも、初回のダメダメに比べたら良くなってるってのがないと、「頑張ってなかった」ということになっちゃうんだよね。そういうチョッとした所を丁寧に詰めていくと、バカバカしい所が上手くバカバカしく機能するんだけどな~。
でも、和服のみなさんは可愛かったです。


あらすじ↓(公式から)
銀百合学園の伝統行事である、女らしさを競う「やまとなでしこコンテスト」が近づいてきた。2年A組では代表出場者を決める投票が行われ、結果に満足気にうなずく正宗飛鳥(岡田将生)。圧倒的な強さで2年代表に選ばれたのは都塚りょう(夏帆)だった。

りょうに付き添い“なでしコン”実行委員会にやって来た飛鳥と橘充太(佐野和真)は、実行委員である黒川樹虎(市川知宏)からコンテストの詳細を知らされる。種目は着付け、お茶、お華、料理の4種目で、りょうの苦手なものばかりだ。そして出場者にはサポートをする男子生徒の介添人が必要と聞いた飛鳥はりょうに手伝いを申し出る。りょうを支え、立派な大和撫子にすることを心に誓う飛鳥。そこへ3年代表に選ばれた小針田雅(桐谷美玲)がやって来た。過去2年、優勝している雅は余裕の笑みを浮かべりょうに正々堂々と勝負しようと声をかける。

開催10日前になり、各学年の代表者が掲示板に張り出された。有明大和(瀬戸康史)は1年代表の欄に自分の名前を見つけ驚き尻込みするが、久利子(武井咲)の口車に乗せられてやる気を出す。まるで興味を示さなかった多武峰一(木村了)だったが、介添人に飛鳥の名前を見つけ雅に介添人になると申し出る。

そして、コンテスト当日。ステージにはりょう、雅、大和の出場者、飛鳥や多武峰の介添人が顔をそろえ、いよいよ第一種目・着付けがスタートする…!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 5話

「海の家」編がまだ続きます。
おとなりのホスト系海の家との対決。海らしい競技でフツーに対決させつつ、各キャラを上手く見せてると思います。しかし、捻り一切ないな~。もうチョット、「オトメン」であることの特色を、もっと強く出しても良いと思うんだけどなあ


あらすじ↓(公式から)
海の家「政」の手伝いで海へ来ていた正宗飛鳥(岡田将生)が早朝稽古をしていると、走りこみをしていた有明大和(瀬戸康史)が来た。飛鳥は強い男になりたいと努力する大和を励ます。

まったく客が入らない「政」のため橘充太(佐野和真)と飛鳥は浜辺の女の子に声をかけては店に誘う。しかし、店はボロくメニューがヤキソバしかないことで来たお客もすぐ帰ってしまう。充太の部屋でマンガ『らぶちっく』の原稿をチェックしていた久利子(武井咲)は、風に飛ばされた原稿を拾いに行くが、通りかかった黒川樹虎(市川知宏)が表紙を拾っていたことに気付かなかった。

その夜、隣接する海の家「シードラゴン」に店の権利を売るように勧められていたマサ(神保悟志)を見た飛鳥は、力になろうと新メニューを考える。かわいいフラッペの試作品を作って都塚りょう(夏帆)に差し出す飛鳥。そこへ…。

翌日、さっそくフラッペをメニューに加えるべく飛鳥と大和と充太は果物屋に行くが、果物は「シードラゴン」に買い占められた後だった。果物を譲ってもらおうと「シードラゴン」にむかった飛鳥たち。すると1人のホスト・ジュンが大和をバカにするように話しかけてきた。それでもヘラヘラと笑っている大和を見た飛鳥は、「シードラゴン」で働かないかという誘いを「勝負で勝ったら」という条件で引き受ける…!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。