• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

JIN2 2話

今回はイマイチだったかな。奥の医療という問題なんだけど、ドーナツを食べるというのは「玄米を食べて治るのは嫌だ」な咲母のためのもの。普通に玄米食って下さいじゃダメなのかよ??って気もするし・・・。そこは「医療とはいえ金がないと出来ない」という現実問題の部分で悩むようにはしてあったけど、そこら辺はもっと現代の医療問題みたいなのとからめてもよかったような。大沢さんがナレーションが上手いせいで、彼のモノローグに頼りがちなのも気になります。
野風がもどってきたことで、逆に咲を強く意識するようになる展開そのものは悪くなかったと思われます。


あらすじ(公式から)
“脚気に効く菓子”として、南方仁(大沢たかお)の考案した安道名津(あんドーナツ)が江戸で評判となったある日のこと。仁は、奥医師でもある西洋医学所の松本良順(奥田達士)から、「脚気の疑いがある皇女和宮(黒川智花)に、安道名津を献上してほしい」と頼まれる。あまりの光栄な出来事に、橘咲(綾瀬はるか)をはじめとする『仁友堂』の面々が大喜びする中、再び歴史を変えてしまうことに躊躇が生まれ、ひとり思い悩む仁…。
そんな折、仁は、長屋を追い出され職を探している野風(中谷美紀)と再会する。野風を気遣い、『仁友堂』で働くことを勧める仁。経営難の『仁友堂』を切り盛りしている咲もまた、野風を快く招き入れるのだった。
後日、安道名津の献上を決めた仁は、咲を伴い“お忍び”で澤村田之助(吉沢悠)の芝居を見にやってきた和宮のもとを訪問。無事に献上を済ませた仁は、和宮が安道名津を美味しそうに食べる様子を見てホッとするのだが、それも束の間、和宮が突然その場で倒れてしまい…!?
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN2 1話

http://www.tbs.co.jp/jin-final/
大沢さんなので、ナレーションで直接的に「俺は何のためにココに送られたのか?」というテーマが提示されても押し付けがましくないですね。
前回の連ドラでは消化不良に感じた部分もあったのですが、やっぱり咲ちゃんの可愛い健気さと先生の真面目さに再開できて嬉しいです。
初回2時間SPは長いかな~と思ったけど、まあ普通に楽しめました。
この時代から一瞬だけ未来にいったことのある少年が蘭方医。ずっと「医療で歴史を変えていいのか?」と悩んできた仁ですが、「救っても神が運命として命を奪うものもある。医療は命を万全に救うものではない」ということが提示されます
仁は過去にタイムワープしてますが、この江戸末期の中で自由にタイムワープ出来るわけでもない。江戸時代で刻まれている時は前にしか進まないんですよね。だから後悔したり悩んだりする。そこにこの設定の面白さがあります。
久坂が「お前は間違うな」と龍馬に託すのも、「時間の不可逆性」がテーマ。人は前にしか進めない。今のこの時にぴったりなテーマなのではなきかと思います。必死に生きる幕末らしい熱気が良かったです。
時を超え、南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸時代に迷い込んでから、2年ほど経ったある日のこと―。
落ち込む橘咲(綾瀬はるか)の様子が気になり、咲の実家を訪ねた仁は、咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)から、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。恭太郎によると、数日前、栄の身を心配する咲が橘家を訪れ、医師に診てもらうよう進言したのだが、縁談を破談にしてしまった咲をいまだ許していない栄は、咲が橘家の敷居を跨ぐことさえ認めず追い返してしまったというのだ。何とかして栄を助けたいと考えた仁は、甘いものが好物だという栄のため、とあるお菓子をこしらえて脚気治療を行おうとするのだが・・・。



あらすじ(公式から)
そんなある日、仁に助けを求め、京から坂本龍馬(内野聖陽)がやって来る。聞けば、勝海舟(小日向文世)の師である佐久間象山(市村正親)という人物が何者かに襲われ、ケガをして瀕死の状態に陥っているというのだ。時代に影響を与えている重要な人物を助けることで、「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、龍馬と共に京都入りする仁。そこには、生きているのが奇跡といえる程の重症を負った象山の姿があった。
仁の必死の治療の甲斐もあって、なんとか一命を取り止めた象山。その時、意識を取り戻した象山の口から、驚きの言葉が…!
その後、京都に留まり、長州と薩摩の戦いによって怪我をした人々の治療に専念する仁は、突然現れた新撰組によってどこかへ連れ去られてしまう。仁が連れて来られたのは、薩摩藩邸にいる西郷隆盛(藤本隆宏)のもとだった。西郷は、今すぐ腹を切って手術をしなければ、命の危険にかかわるほどの虫垂炎を患っており…!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN~仁 11(最終)話

うーん、続編を作りたいのか??

「医療とは何か?」「生きるとは何か?」と問う原点として、「人間は不死ではない」という現実があるわけです。すべての人が死ぬ以上、「生命を続かせる」ということが医療なのであればすべての医療行為は最終的に敗北となるわけです。延命が医療なのだとすると、危険な治療は「3ヶ月持ったはずの命を失った」という医療とは正反対の行為になってしまう。
それが、未来の手術失敗と、それによる仁のやる気喪失という形になっている。

それは、「人を助けてもいずれ死ぬ」ということは、「一人の人間が死んでも歴史は変わらないのかもしれない」という命題とリンクしている。
仁先生は、それらのすべての問題を「未来が助かるんだからいいじゃん」と言って考えることを拒否してきた。つまり、ドラマとしてもあんまり突っ込んで考えてこなかったわけですよね。くいたりなさを感じたなあ。

最後の最後に、「未来が死ぬとは限らない」という逃げ道を発見して、医術を施すことに立ち戻りました。それは、江戸の人々の「生きたい」という思いの強さが生んだもの。仁先生が何かをしたのではない。仁は時代に受け入れられずに消えていく可能性もあったけど、人々が彼を生かした。
仁先生は「過去であり未来であるミキのことで右往左往せずに、目の前のことだけに集中する」という結論をだして、ミキから卒業していきました。仁先生の罪悪感は、咲が肩代わりしてくれる。ホント、仁は甘やかされてるな~。

咲が「雪も氷もすべて水」なんていって、「もしかしたら少し違うけどミキの本質は変わらずに生きているかも」ということを示唆します。それにすがることで自己正当化する仁。それは確かめようがないことなんだから、好きに納得すればよいと思うけど、なんかいいわけじみて聞こえるな・・・。咲が仁を励ますためにいうのは分かるんだけどさあ・・・。
この結論に落とすなら、もうちょっと前ふりをしておいてもよかった気がするけどね~。

結局は、生きるか死ぬかの決断を仁に任せた野風。彼女にとっては「仁先生が自分を愛してくれないなら死んでもかまわない」なんですよね。未来とはやっぱり性格が違うんだな~と思った。恋が終わることで、一人立ちしていったシーンは良かったです。中谷さんは花魁よりは地味な和服のほうが似合うな。花魁にしては年とりすぎだしな・・・。

一方で、自分の決断で看護士として生きることを決めた咲。彼女は、ある意味で未来に似た女の子なんだろうな。だから、仁先生が野風よりも咲に気持ちが揺れるのは納得できた。



あらすじ(公式から)
突如、刺客に襲われた龍馬(内野聖陽)を助けようとした仁(大沢たかお)は、そのまま龍馬とともに崖から落ちてしまった。ところが、仁が目を覚ました時、龍馬の姿はどこにもなかった。タイムスリップしてしまった時の記憶が鮮明に蘇る…あの日、運ばれてきた身元不明の患者は、龍馬だったのか--?勝海舟(小日向文世)らも捜索に奔走するが、龍馬の居場所は依然としてわからぬままであった。

そんなある日、仁のところへやってきた佐分利(桐谷健太)は、自分が乳の岩(乳がん)について調べたという資料を仁に渡し、「もし乳の岩かもしれない患者がいるのなら、調べさせてほしい」と訴える。佐分利の熱意に動かされ、仁はふたたび野風(中谷美紀)を診ることを決意。しかし、野風の身請け話の行方が恋人・未来(中谷美紀)の存在に関わると考える仁は、明らかに乳がんの兆候が見える野風に対し「悪性かどうかはわからない」と言葉を濁し、手術に踏み切ることができず--!?

一方、咲(綾瀬はるか)も縁談の話が着々と進み、ついに結納の日を迎えるのだが
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN~仁 10話

咲、野風のそれぞれの恋愛にひと段落がついたかな~。
どうしようもないからこそ、みっともないまでに色々な手を尽くして、仁に振り向いてもらおうとする野風。だが、身分ではなく、ただ恋が実らないということだけが結果としてふりかかる。
一方、恋が実らないということを、嫌というほど思い知っている咲。咲は「傍で医術を学ぶこと」で良しとしようとする。咲が仁を好きな気持ちの中には、医師である仁への尊敬があるから。しかし、「ミキのために野風の乳がんを見逃す」という仁を見て、咲は自分の恋に区切りをつけました。
「愛しているだけで何でも赦されるわけではない。」ということを、二人の女性が示しています。一方で、仁は「愛しているから」と言ってミキのために誰かを犠牲にしようとする。そのことを「歴史を変えること」に対する躊躇いとして、すり替えていく。その辺りが、セコイっていうか弱いっていうか・・・。現代の仁は逃避タイプな人間で、仁らしい行動なのかもしれないけどね~。
咲は「それほど愛しているということです」とか納得してたけど、ドラマとしてはそこを掘り下げて終わらないとな~。次回のタイムワープ問題で、そこが描かれるかな??


あらすじ(公式)
忘れかけていた頭痛に襲われ、突如意識を失ってしまった仁(大沢たかお)。その数日後、目を覚ました仁は”自分がタイムスリップしてしまった時のこと”を思い返し、正体不明のあの患者についても考えるのだが…その謎は解けぬままだった。

そんな中、野風(中谷美紀)の身請けの話が決まる。野風の強い希望によって最後の診察をすることになった仁は、咲(綾瀬はるか)と共に吉原へと向かうのだが、そこには身請け先の藩医も同席していた。仁は、診察の途中で野風の体に”ある異変”を感じるが、現代に残してきた恋人・未来(中谷美紀)の身を案ずるあまり、その事実を伝えることが出来ない。
そして、仁を想う気持ちが日に日に強くなっていく咲もまた、自分に縁談の話がきている事実を仁に打ち明けられずにいた。咲は、自分の気持ちをある人物に相談することを決意して--!?

そんな矢先、仁と龍馬、二人の運命を揺るがす衝撃の出来事が起こる!!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| JIN~仁 | 18:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

JIN~仁 9話

「火消しの心意気」に重ねて、仁の心意気を見せた回。
しかし、「好きな女をころしちまったから、死ぬまで火消しをやらなきゃな」という一言では、「ミキを助けられなかった」という仁先生のテーマを深めるには軽すぎる気がする。とってつけたような設定だった。
お金もかけてるし、脚本も悪くないし、役者もそつなくこなしてるけど、傑作だとは感じない。なんとなく「守り」の作りだからなのかな~。そこが「手堅く良く出来てる」っていう良い所でもあるんだろうし、今のドラマ界ではそれも貴重なことなのかもしれないけど・・・。
坂の上の雲と比べると物事に関する思考の深さが違う気がする。そりゃあ、坂の上には司馬先生の原作があるんだから、違って当たり前なのかもしれないけど・・・。

そんななか、看護師として着々と成長している咲ちゃんは、なんか見てて微笑ましいです。彼女は頑張ってはいるけど、自分の未熟さも分かっていて、それを自然に受け入れて前を見ていますよね。仁先生からしたら娘みたいなものなのかもしれないけど、仁先生よりも大人な気もします。


あらすじ(公式から)
突如、野風(中谷美紀)にやってきた身請け話。女郎という身分が故、身請け話を断ることができないことを知りながらも、野風の仁(大沢たかお)に対する気持ちは日に日に強くなっていくばかりだった。
一方、仁は、佐分利(桐谷健太)らが作った新たな医療器具に感心していたのだが、その医療器具を見たある一人の爺は、鼻で笑い、仁の医療を真っ向から否定する。その爺とは火消し「を組」の親分・新門辰五郎(中村敦夫)であった。その素性を知らず、辰五郎にひるむことなく意見した仁は、次に火事があった時、火事場で治療することを約束してしまう。

ある日、野風からの手紙を受け取った仁は、一緒にいた龍馬(内野聖陽)と共に吉原へ向かう。野風のもとへと向かう仁に、咲(綾瀬はるか)は切なさを募らせていた。“相談がある”とのことで仁を呼び出した野風だったが、それは単なる口実であり、吉原を訪れた仁たちを待っていたのは、野風をはじめとする花魁たちによる宴であった。酔いつぶれる龍馬をよそに、ついに野風と二人きりになった仁は、野風が顔ばかりでなくその心までも未来(中谷美紀)と似ていることに気付き--!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| JIN~仁 | 18:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN~仁 8話

普通に良い話でしたね~。それぞれの器で精いっぱい生きることの美しさ。
みんなが一生懸命生きている。その気持ち良さ。
次回は、タイムスリップしてきたことの意味がクローズアップされるのかな~。


あらすじ(公式から)
大きな支えとなってくれた洪庵(武田鉄矢)を亡くし、今まで以上に強く生きることを決心した仁(大沢たかお)は『仁友堂』という病院を開院し、より薬効の強いペニシリンを作るために咲(綾瀬はるか)と日々実験を繰り返していた。しかし、従来のものより薬効の強いペニシリンを作るには莫大な金が必要であり、援助を濱口(石丸謙二郎)に依頼するも、その答えはとても期待できるようなものではなかった。

それを聞いた龍馬(内野聖陽)は、なぜか仁を吉原に連れて行く。半分呆れながらも、護衛の恭太郎(小出恵介)と共に3人で吉原を訪れると、野風(中谷美紀)が一人の武士らしき男に詰め寄っていた。男がその場を去ったのち、人だかりの中に仁の姿を見つけた野風は、病に苦しむ花魁・初音(水沢エレナ)を診察してほしいと懇願する。

初音は客の子を孕み、中絶したことによって敗血症を引き起こしていた。瀕死の状態に陥る初音がうわ言で人気女形・澤村田之助(吉沢悠)の名前をつぶやいているのを知った恭太郎は、自らの感情を抑え、田之助に金の援助を求めてはどうかと仁に提案して--!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN~仁 7話

医学所との対立問題が尾を引いていて、ペニシリンが調達できないという事態に・・・。
その時、JINが頼ろうとしたのは漢方だった。でも、あれだけハッキリ恨まれていれば、話を聞いてもらえるわけもなく・・・。
龍馬が「開国も攘夷も国を思うのは一緒だから、一つにして見せる」というのを知って、自分も漢方と西洋医学の垣根のない病院をと思うのだけど・・・。今後は、漢方の知識を勉強しながらってことになるのかな???

緒方先生の「よりよい未来のために」という言葉が、仁の「ミキを助けられる未来に」という思いと重なってたり、なかなか上手い構成でしたね。
でも、仁は江戸に来ても寂しくはなかったろう。というか、現代でのほうが「ミキの喪失」という事実によって、より寂しかったんじゃないかな~。そこら辺ももっと見たい気がするんだけど、バランスが難しいかな~。


あらすじ(公式)
佐分利(桐谷健太)が発端となって起きた西洋医学所を揺るがす騒動は、仁(大沢たかお)が自ら医学所を去るという形で収まったかに見えた。しかし、西洋医学所には依然として仁のことをよく思わぬ医師たちが存在し、仁の医術を支持する洪庵(武田鉄矢)たちにもその影響は及んでいた。

ある日、茶屋の娘・茜(橋本真実)が誤って油をかぶり、大怪我を負ったことを知った仁は、咲(綾瀬はるか)と共に茜の家へ急行する。「治すには皮膚移植をするしかない」と判断した仁は、必要となる大量のペニシリン生産を洪庵に依頼。快く引き受ける洪庵だったが、「その手術を自分の知人にも見せたい」と、仁に申し出る。
そして、洪庵とその知人である濱口(石丸謙二郎)が見守る中、茜の皮膚移植の手術が始まった。手術は順調に進み、その医術を目の当たりにした濱口も驚きを隠せない。しかしこの後、仁たちを待ち受けていたのは、予想もしない出来事だった-。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN~仁6話

医術という技術が急速に進むことの弊害を書くかと思ったけど、どちらかというと「人間の欲」をテーマにした話になった。
医療の進歩も人の欲によって進んでいくもので、仁が江戸でやっていることも「助けたい」という欲の結果なわけだけど、それでもどこかで「夢の中の出来事」としか感じられない仁。彼は、自分の技術で混乱した世界を正そうとします。そのなかで、技術よりも精神が大事だと言いきってたところは良かったですね。

そんな仁も、殺されそうになって怖くて、「私は生きている」と思う訳だけど・・・。でも、夢の中でも怖い思いした時って、めっちゃ怖くないですか??どうですか??


あらすじ(公式から)
江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療に一石を投じた仁(大沢たかお)。その神懸り的な医術は、江戸の町に次々と広まり、南方大名神という護符まで出回るほどの大評判となっていた。そんな噂を聞き入れてか、仁は医学館の奥医師との対面を申し込まれる。
医学館の奥医師である多紀(相島一之)と対面した仁は、多紀からその素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬(内野聖陽)や恭太郎(小出恵介)も一緒になって、仁の素性をうまくはぐらかそうとするが、医学館の仁への不信感はますます強いものになるばかり。

そんな時、同席していた医学館の福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、その場に倒れこんでしまう。福田を診察し、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判断した仁は急遽、医学館の面面が見つめる中で緊急手術を行うことに…。

さらに、佐分利(桐谷健太)が、西洋医学所を揺るがす事件を引き起こしていたことも発覚して…!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。