• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

おひとりさま 10(最終)話

全然、おひとりさまではなかったけど、ラブコメとしてはそこそこまとまってたと思います。真一が好きになる気持ちは??だったけど、両想いになって浮かれてる所なんかは可愛かったですね。「大人にならなきゃ」って思っていきなり島にいっちゃうのは、「そういうところが子どもなんだよ」って思ったけど、里美がそれで納得なら良いのかな。やっぱり里美のほうが大人ではあるんだね。


あらすじ(公式から)
ようやく真一(小池徹平)に自分の気持ちを伝えることができた里美(観月ありさ)。しかし、淑恵(真矢みき)は校長として教師同士の恋愛は承認できないと大反対。すると真一は、「それなら、僕が教師をやめれば済む話でしょう」と、初めて淑恵に反論する。
翌日、君香(松下奈緒)が、神坂先生と真剣にお付き合いしたいから、ケジメとして教師を辞める覚悟でいると、淑恵に辞表を出す。突然の爆弾発言に、驚く里美。すると真一は、「僕が交際しているのは、秋山先生です!」と勢いで言ってしまう。その場を何とか取り繕うとする里美。しかし真一は、「僕が教師を辞めます」とそのまま出て行ってしまう。 状況を考えない真一の態度に納得がいかない里美。真一は「僕は仕事なんかより、秋山先生の方がずっと大事ですから。反対されるなら駆け落ちでも何でもしましょう」と強気だ。
一方、職員の中では二人の関係が大問題に!「神坂先生には、それ相当の処分を」と教頭の井上(佐戸井けん太)らは怒り心頭。里美は、「私が、神坂先生とのお付き合いをやめる」と告げ、またしても里美と真一の関係がギクシャクしてしまう。

里美に対する気持ちに正直に突き進もうとする真一。
真一と付き合うことで色々な人に迷惑をかけると考えた里美。

そしてある日、里美は「今日限りで学校を辞めます」と告げて…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 9話

袴田くんと中村俊介。二人のあて馬男優をふって真一か~。
正直、中村俊介は理解もあるしいい人だし、大人だし、こっちのが良いよな~。真一は可愛いけどさ~。ま、仕事辞めずに自分が養う!ってノリでやれるって意味では、真一は悪くないんだろうけど・・・。
恋愛ドラマとしては、もっと盛りあがるエピソード入れてほしいよな~。


あらすじ(公式から)
10歳年下の同居人・真一(小池徹平)を好きになってしまった里美(観月ありさ)。真一から「好きになったかもしれない」と告白されるが、年齢や立場を気にし、自分の素直な気持ちを伝えることが出来ない。そんな里美の気持ちを知らない真一は、「自分がいると迷惑になるから…」と里美の部屋を出る。お互い想い合っているにも関わらず、すれ違う2人。ついに里美は、真一と君香(松下奈緒)がキスしているところを目撃してしまう…。

その夜、傷心の里美は元カレの省吾(袴田吉彦)と偶然にも再会。後日、省吾から「里美じゃなきゃダメだ」とプロポーズされる。さらに同じ頃、以前里美が見合いをした二階堂(中村俊介)からもプロポーズを受ける。5年分のモテ期が一気にきた…と困惑し気持ちが大きく揺れ動くが、どこかで真一のことが気になる里美。一方、里美の部屋を出た真一は、住む部屋が決まらず相変わらずのネットカフェ生活。淑恵(真矢みき)から「私の家で暮らしなさい」といわれるが、その優しさを素直に受け入れられないでいた。

そんなある日、真一は里美と省吾が抱き合っているところに遭遇。ショックを隠せない真一は、君香から「両親を紹介したいから自宅に来てほしい」と告げられ、里美への想いを断ち切ろうと君香の家へ向かうことに決める…。

いよいよ感動のクライマックス、クリスマスを間近に控え、里美と真一の恋の行方は!?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 8話

フツーのラブコメになってきて、見易くなったな。
真一が秋山先生をどうして好きになったのかってのはイマイチすっきりしないんだけど、好きだけど上手くやれないもどかしさは上手く見せられた気がします。秋山先生がしり込みしちゃうのも良く分かる。彼女、基本的になんでも自分のペースでやりたい人だから、自分から好きだというのはアリでも、向こうから言われると迷っちゃうんだろうね。
それでも、やっぱり一人は寂しくて・・・。
あ、今回、同級生が出てきたのは悪くないですね。やっぱ、会話の感じとかが校長先生と話すのとは違うし!!
次回は、あて馬俳優二人が登場!!!あて馬が二人なんて、ちょっと贅沢??


あらすじ(公式から)
おひとりさま生活に慣れ、久しく恋愛をせずに過ごしていた里美(観月ありさ)。ひょんなことから、10歳年下の真一(小池徹平)と同居をはじめ、次第に好意を抱くようになる。けれど、“歳の差”や“立場の違い”ばかりを考えてしまい、素直な想いを伝えらずにいた。しかし、ある夜、予想もしていなかったことが里美に起こる。なんと、「秋山先生を好きになったかもしれない…」と真一から告白されたのだ!

翌朝、里美と真一が出勤すると、生徒の保護者から「里美と真一が同じマンションに入っていくのを見た」という情報が寄せられる。さらに、生徒であるみなみ(大谷澪)・絵梨(小林さり)・理香(石井美絵子)らも里美と真一が同じ部屋にいるところを目撃してしまい大騒ぎになる。学校では教師同士の恋愛は固く禁止されており、教頭・井上(佐戸井けん太)からふたりは厳しく問い詰められる。

そんな中、里美と真一の間に何かあると感じた君香(松下奈緒)は、強引に真一とドライブに出かける。真一のことが気になってしょうがない里美。しかし、真一は朝になっても里美の自宅へは戻らなかった。そうして、真一は書き置きを残して里美の部屋を出て行ってしまう…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 7話

真一が秋山先生を好きになる経緯とかまったく分からないじゃんね~。
韓ドラで契約結婚・契約同居ものって山ほど見た。ワンパターンだろうがなんだろうが、一緒に生活するってのはメチャクチャに「美味しい状況」を作れるからこそ、量産されるんだよね~。
恋愛ドラマにしかしないなら、開き直ってベタなことでも何でもしてみればよいのにな~。


あらすじ(公式から)
同居生活を続ける里美(観月ありさ)と真一(小池徹平)。全く正反対のタイプの二人だったが、一緒に暮らしているうちに不思議と居心地の良い感覚を覚え始め、いつしか里美は真一のことが好きになっていた。
学校が三者面談に入ったある日、里美の母・文代(高林由紀子)が上京してくるという一本の電話が…。家を借りるお金が貯まるまでの居候とはいえ、真一も一人の男。文代に同棲していると勘違いされてはいけないと慌てるものの、時は遅く、文代は何も言わずに上京してきてしまい、文代と真一はタイミング悪く鉢合わせてしまう。

家事も料理も得意で素直な真一に、まるで息子が出来たようだと好意を示す文代。また、母親のいない真一も、本当の母親のように接してくれる文代に対し、いつも以上に明るい表情を見せる。その一方、里美は、日々三者面談に追われイライラしていた。そしてモンスターペアレンツと噂の、みなみ(大谷澪)の親との面談を間近に控え、そのイライラは最高潮、ついには文代に辛く当たってしまう。そんな中、里美は、淑恵(真矢みき)から真一に関するある秘密を打ち明けられて…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 6話

どうみても、秋山先生が惚れてるように見えないんだよな~。
観月さんって、コメディの印象が強いからなのか、美人なのに「恋愛」な空気がないように思う。もともと世話焼きタイプのキャラ付けになってるから、構うのも他の人と接してる時と特別かわらない気がするし・・・。
何が悪いんだか分からないけど、なかなか面白くならないな~。「結婚できない男」との違いはなんだろう?尾崎さんは次クールも書くんだよね~。


あらすじ(公式から)
以前、お見合いをした後援会副会長の息子・二階堂(中村俊介)から、「迷っている理由は他にある。新人教師の彼がほっとけないんじゃないか…」と言われたことをきっかけに、真一(小池徹平)のことが気になり出した里美(観月ありさ)。真一は、そんな里美の気持ちを知る由もない。

学園は11月も半ばに入り、期末テストの時期にさしかかる。教師としての経験が浅く、自分自身も勉強することの意義を見出せずにいる真一は、テストの作成にまったく乗り気がしない。そんな真一の面倒を見ることになった里美は、教師としてあるまじき真一の姿勢に憤りを感じて一喝し、衝突してしまう。そんな折、君香(松下奈緒)は気落ちする真一を親身になって励ましたことで、ふたりの仲は急接近!里美は、真一が君香をデートに誘ったと耳にして動揺する。

一方、教頭の井上(佐戸井けん太)らはというと、優等生の圭子(草刈麻有)を東京大学に合格させて学校の評判をあげようと、東大合格プロジェクトを立ち上げる。しかしある日、学校に謎の男(近藤公園)が現れ、男の話を聞いてしまった圭子が「受験をやめる」と理科室に立てこもってしまう。圭子をほっておけない里美は、彼女のために、ある告白をすることを決意し…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま5話

とにかく、君香がかわいらしくないので、まったく脅威にならないんだよな~。
かといって、二人の間にラブな空気が出てきているかというと、そっちもまったく・・・。相手に対する配慮とか秋山先生は言ってたけど、そういう配慮が見え隠れしたら、もうちょっと恋愛な空気になっていくと思うのに・・・。
韓国ドラマで契約結婚・契約恋愛・契約同居ものは沢山見てるせいか、厳しくなってるのかな~。


あらすじ(公式から)
真一(小池徹平)との同居生活も慣れ始めてきた里美(観月ありさ)は、ある日、校長の淑恵(真矢みき)と教頭の井上(佐戸井けん太)から、後援会副会長の息子とお見合いをして欲しいと頼まれる。乗り気ではない里美は戸惑うが、来年度の寄付金に影響があるのでは?と心配する井上の強い後押しもあり、仕方なくお見合いを引き受ける。里美のお見合い話はあっという間に同僚や生徒たちに行き渡り、里美は注目の的に。しかし、里美はどこか複雑な様子だ。

一方、真一に興味を抱く君香(松下奈緒)は、カメラ選びを口実に、強引に真一をデートに誘う。

里美のお見合い当日。そわそわする里美の前に、お見合い相手・二階堂(中村俊介)が現れる。まともな男性との久しぶりのデートに、さすがの里美も緊張した面持ち。ホテルで食事を終えた里美は、偶然にも真一と君香に出くわしてしまう。気まずい様子の里美と真一であったが、「お茶でも一緒に…」という君香に4人でカフェに行くことに。そこで、偶然働いていた博之(橘慶太)から里美と真一が同居していると言い出して…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 4話

今回は、真一が教師として少しだけ成長する話。もっと生徒を絡めて学園ドラマ的な作りにしても良い気がするんですよね。その方が、「おひとりさま」の仕事の面での魅力が出せると思うんで・・・。
どうも見栄を張ってしまうところが仕事を増やす形になってて、そこが「少し抜けたところのある可愛らしさ」を意識してるんだろうと思うけど、あんまり魅力的に見えないのはどうしてだろう??


あらすじ(公式から)
真一(小池徹平)と同居することになったことで、これまで“おひとりさま”生活を満喫していた里美(観月ありさ)の暮らしは一転、真一にたしなめられてばかり。あまりにも無駄の多い生活に、しまいには節約術を教わる始末。そんなある日、聖華女子学院高等学校で再び事件が起こる。自然保護団体に寄付するために生徒から集めた募金が紛失したのだ!寄付金の管理を任されていた君香(松下奈緒)は、自分の責任であるから弁償すると言い出すが、校長・淑恵(真矢みき)は学校内で盗難が起こった可能性もあるとして、里美に調査を指示する。贈呈式を目前に控え、焦る里美。養護教諭のちひろ(鈴木亜美)の協力も得て、犯人探しが始まる。そして、疑いの眼差しは教師だけでなく生徒にも向けられる。真一は生徒の理香(石井美絵子)が、家計のためにやむなく質屋に預けていた時計を買い戻したことに気づき、動揺する。そのことが原因で里美と真一は言い合いになってしまい…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

おひとりさま 3話

尾崎将也脚本の「結婚できない男」と比べると、同じ脚本家なのに”ひとりでいる”この主人公に魅力が感じられない。そのために「一人の方が良いんじゃなくて、一人でやるしかない」ように見えてしまう。ドラマとして「一人より二人が良い」というメッセージを発して行きたいのは分かるし、そうじゃなきゃドラマにならないとも思える。しかし、そのために「一人の魅力なさ」を書いてはダメだろう。「二人の素晴らしさ」を書いていかないと・・・。
観月ありさは、元気でハツラツとしてて騒ぎの元という「ナースのお仕事」キャラがハマリ役で、これもその路線からは大きく外れてない。が、やはり「頑張ってる」姿が魅力的に見えないのはどうしてなんだろう?無理してるからだろうか?ちょっとダメな姿を生徒にも見せられるような余裕があっても良いような気がしないでもないけど・・・。

あと、あからさまに真一を狙ってる同僚教師。生徒相手に張り合いすぎ。性格悪く見えるぞ~。



あらすじ(公式から)
お金もない、住む場所もない…そんな真一(小池徹平)と、仕方なく同居する羽目になった里美(観月ありさ)。同居早々、真一に「キッチンは使ってないんですか?」と指摘され、「やろうと思えば出来るのよ。でも、時間がないから、しないだけ」と強がってしまう。それもそのはず、文房具と調味料の置く場所は一緒で、鍋つかみすらない始末。何でも一人でこなすように見えて、実は料理は大の苦手だったのだ。一方、真一は父子家庭で育ったために料理が得意。夕食はもちろん、学校へ持っていくお弁当も手作りだ。「あくまでお互い一人暮らしだから」という里美の言葉を受け、真一は自分の分だけ手料理を作り、それを横目に里美は出前の寿司を注文する。“おひとりさま”と“草食男子”、価値観の違う二人の、新たな生活が始まった。

そんなある日、学校で問題が起こる。男女平等の時代に、なんで女が料理を学ばなくてはいけないのかと、生徒の宮本絵梨(小林さり)が家庭科の授業をボイコットしたのだ!それを知った校長(真矢みき)は、働く女の代表ともいえる里美が料理を披露すれば料理に興味を持つのではないかと考え、生徒たちの前でオリジナル料理を披露して欲しいと頼む。校長の願いに困惑する里美であったが、料理が得意と嘘をついてしまった里美は、この依頼を断ることが出来ず、渋々料理を披露することになり…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| おひとりさま | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。