• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

女人天下150(最終)話 天下を取った女人たち

最終回は二回に分けて放送されました。
まあ、ナンジョンの好き勝手ぶり!!あと、中殿に支配される王が気の毒だな~。
最後は駆け足で晩年が描かれました。「身分制度に逆らって自分らしく生きようとした」とか言ってたけど、「自分だけが大事」のようにしか見えない部分もあるからね。
150話!!凄い長かったけど、敬嬪と争ってる時が楽しかったな~。


あらすじ(公式から)
大王大妃は、ナンジョンに貞敬夫人の辞令を下す。ナンジョンは念願の身分を手に入れ涙する。一方、賜薬が下された巴陵君は、玉佩の片割れをタンチュに託して死んでいく。こうして、ついに天下を手に入れた文定王后たち。隆盛を極めた月日は流れ、文定王后は65歳で崩御し、朝廷ではウォンヒョンへの弾劾が始まった。都を追われたナンジョンとウォンヒョン。ふたりは手を取り合って辺境の地へ逃げ…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下149話 去る者

これ、次回で終わりとは思えない~。すごいバタバタとしてるよね。無理矢理伸ばしたというのは知ってたけど、途中の引き延ばしが長かったかなあ・・・。その割に、ナンジョンに都合の悪い部分はワープしてたりして・・・。
でも、女の怖さ(ナンジョンは小物だけど、中殿が怖い)の表現が派手で、そこだけは楽しめた。


あらすじ(公式から)
ナンジョンは大王大妃(文定王后)にユン・イムが王族と結託して謀反を企てていると告げ、ウォルヒャンを通して入手した密書を証拠として提示する。大王大妃は直ちにユン・イムを捕らえ、流刑に処す。自分の筆跡で書かれた手紙が証拠になったと聞いたユン・イムは、ようやくウォルヒャンとナンジョンが通じていたことに気づき、ウォルヒャンの口をふさぐよう使いの者に命じるが、時はすでに遅く、ウォルヒャンは義禁府へ連行され…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下148話 垂簾聴政

やっぱ仁宗はきのどくっすねえ・・・。
いやあ、ナンジョン、神経図太いね~。自分で殺しておいて、責められても平然。
「中殿様のためです~」というついでに、ライバルであり、自分を嫌ってる義兄を追いだしてしまうあたりも、なかなかっすねえ。


あらすじ(公式から)
大妃殿に押しかけ、仁宗を毒殺したのは大妃だと詰め寄る巴陵君。焦ったナンジョンは、慶源大君の即位を急ぐよう大妃に助言する。そして間もなく慶源大君は 12歳の若さで即位し、文定王后が垂簾聴政を行うことになった。ついに文定王后は天下を掌握する機会を得る。そんな時、都には仁宗毒殺の噂が瞬く間に広まり、もしそれが事実なら明宗(慶源大君)は王の正統性を失うことになる。ユン・イムはこれを好機としてウォンヒョンらを追放しようとするが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下147話 苦い薬

もうすぐ終わるんですよね~。すげーダラダラやってたと思ったら、ナンジョンが毒で人殺ししまくる処はスピードアップして、印象に残らないようにやって「勝った」ところだけを印象つけたいのかなあ~。
一度、手を汚したら、ドンドン汚しまくってますねえ~。靴屋のおっちゃんと和尚様が打ちひしがれてますが、何かというと知恵を貸して煽ってた気もするから同情はしないな~。


あらすじ(公式から)
ユン・イムが大妃たち親子を追い出そうと狙っていること知った仁宗は、自分の親不孝の処罰を請うため大妃殿の前に座り込む。以後、仁宗は大妃と大君を脅かさぬよう朝廷に命じ、自分自身も大妃に最大限の配慮をする。多忙な政事に加え王室内の緊張感から、もともと病弱な仁宗はさらに衰弱し、心配した中殿(仁聖王后)は自ら薬を煎じて仁宗を支える。これを聞いたナンジョンは内医院に向かい、中殿が煎じた薬に…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下146話 王世子の即位

中宗崩御。「外戚に振り回されるな」という父にしたがうように、王座に就く時期は自分が決める!という態度を貫く王世子。



あらすじ(公式から)
中宗が57歳で崩御し、ユン・イムは待ちに待った日が来たと色めき立つ。ところが、王世子は卒哭祭を終えるまで即位しないと宣言する。焦ったユン・イムは、小尹派が王世子を謀略にかけることを心配し、大妃(文定王后)に王世子の即位を手助けするよう脅す。それを飲まざる得ない大妃は涙ながらに王世子に即位を訴え、ついに即位式が執り行われる。しかし、王世子はすぐに喪服に着替え、食事もとらず亡き中宗の供養に明け暮れ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下第145話 燃え上がる東宮殿

唐突に10年後にワープ。この間が一番大変なんだと思うんだけどねえ。子供が命を落としやすい時期だし・・・。
まあ、朝廷を二分する争いの時までワープという感じかな~。一度、正妻に手をかけたことでナンジョンは人を殺すことに躊躇いがなくなったのか、放火犯にまでなっちまいましたよ・・・。


あらすじ(公式から)
10 年後。外戚が大尹派と小尹派に分かれて国政が乱れている状況を嘆いた巴陵君は、外戚を追放するよう中宗に進言する。中宗は悩んだ末、判府事を罷免し、ユン・ウォンヒョンを聖節使として明に派遣する。ウォンヒョンは自分が留守の間に中宗が崩御し、大尹派の勢力が増すことを心配するが、ナンジョンは大丈夫だと断言し、ウォンヒョンを送り出す。その直後、東宮殿に火災が起こり、王世子は炎の中に取り残され…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下144話 疑惑

ナンジョン命拾いしやがったよ~。まあ、一生「自分の手で殺した」苦しみを背負って悲惨な最期をとげればいいんだけどねえ。今まで、散々キルサン使って殺しやってた割に、自分でやるとなると弱腰でしたねえ。
今回も、中殿のパフォーマンスで助けられた感じです。


あらすじ(公式から)
正妻の突然の死にユン家は騒然とする。毒を飲んで自害したのが腑に落ちないウォンヒョンは、黒幕を暴き出すと言うが、ナンジョンは情夫の子を身ごもった罪悪感で自害したため、伏せるべきだと諭す。しかし、側女が正妻を毒殺した噂は瞬く間に広まり、判府事はこの機会にウォンヒョンと中殿を陥れようとして、中宗にナンジョンの尋問を訴える。これを聞いた中殿は自分の手でナンジョンを殺すと宣言し…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 女人天下 | 18:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

女人天下143話 毒入りの甘酒

ナンジョン、あれだけやっても自分の嫉妬心をあらわにするもんだから、ウォンヒョンに「正妻を信じる」なんて言われてしまいます。身の危険を感じた正妻は、子供のためにとナンジョンを外にだろうとするんだけど、これがいけなかった。警戒してたのに、毒を盛られてしまったよ~。


あらすじ(公式から)
正妻の部屋に泥棒が入った事件で、ウォンヒョンは正妻を気遣いつつも、正妻に情夫がいるというナンジョンの言葉を気にして疑心暗鬼になる。泥棒事件がナンジョンの仕業だと気づいた正妻はナンジョンを問い詰める。ナンジョンは言いがかりだと突っぱねるが、正妻はナンジョンに家から出ていくよう命じる。懐妊し、日ごと増していく正妻の権力に追い詰められたナンジョンは、再び毒薬を手にして正妻の元へ向かい…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 女人天下 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。