• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

特上カバチ! 10(最終)話

うーん・・・。依頼者が気軽に相談できる行政書士が良いという落ちにするのであれば、田村をもっと親しみやすいキャラクタにするべきだったかな~。なんていうか、雑談をしたくなるような人って居るじゃないですか??これは役者さんのキャラとかもあるんだろうけど、このドラマの田村は人の話を聞くのが上手いとは思えなかったもんな~。

このドラマは、堀北さんの頑張りでなんとか成立してたという印象です。以外とポンポンとした会話のキャッチボールや、キャラに合いそうもないと予想してたキツイ女を、的確にこなしてくれたと思います。法律的な処置の仕方も住吉が一番やってるので、ドラマの面白い所を攫って行った印象でした。
脇も遠藤さんとかもっと効果的に使えば良かったのにねえ。



あらすじ(公式から)
田村 (櫻井翔) と 美寿々 (堀北真希) が、詐欺罪で告発したレアメタル詐欺団が起訴猶予になり、全員釈放された。弁護にヤメ検・鷲塚 (竜雷太) がついたのだ。

実は、鷲塚は田村の父親で、検事時代に活躍したことから今も現役検事たちに強い影響力がある辣腕弁護士。大野 (中村雅俊) は、“闇社会の救世主” と呼ばれる鷲塚には太刀打ち出来ないと田村を制する。さらに 栄田 (高橋克実) からも、「 黒を白にするような弁護士と争ったら、うちなんて簡単に潰されるのがオチだ 」 と慰められる。

そんな矢先、田村は多重債務にあえぐ居酒屋の店主・水野 (中村靖日) の依頼を受ける。水野は、債務整理の相談をしようと広告で見た 「 多重債務者救済センター 」 を訪れたが、そこで 犬神弁護士 (坂口憲二) を紹介された。犬神からは、自分が街金に話をつけるので毎月の返済金を犬神の銀行口座に振り込むようにと指示され、毎月決められた額を支払っていた。にも関わらず、借金は減らず、再び取立て屋から電話がかかってくるようになったのだと言う。

田村と美寿々は、犬神が弁護士であるにも関わらず、紹介屋と手を組み、多重債務者を食い物にする 「 提携弁護士 」 の疑いがあると判断。早速、調査に乗り出すと、犬神は鷲塚が一番可愛がっている愛弟子であることが分かる。田村はますます父親への不信感を露にする。

そんな中、鷲塚から大野行政書士事務所に水野と犬神の件で、示談の条件を提示する電話が入る。しかし田村は、法律を金儲けの道具にする鷲塚を許せず、徹底抗戦の構えだ。

田村は、最大の敵・鷲塚を倒すため、検備沢弁護士 (浅野ゆう子) に協力を依頼。非弁提携禁止違反で地検に刑事告発することに。

弁護士に正面から戦いを挑む田村だが、これは一歩間違えれば大野行政書士事務所が潰されてしまう事にもなりかねない危険な行為だった。重森は、田村の行動に激怒するが、大野は田村の意思を酌み、見守ることに。

大野の看板をかけた大一番。理想の法律家とは何か?

行政書士補助者の田村は、父親であり、弁護士という大きな敵にどのような勝負を仕掛けるのか??
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上カバチ! 9話

あいかわらす田村はうざいなあ・・・。やっぱり法律家なんです!!ってところに、もうワンクッションあったら良かったのかな??他人に言われるんじゃなくて、自分で「法というものの強さと弱さ」について実感するとかのエピを盛れば良かったのかも・・・。
とにかく、櫻井君は声が薄いので、叫ばせるのは辞めてあげて・・・。


 あらすじ(公式から)
美寿々 (堀北真希) の引き留めも叶わず、大野行政書士事務所に辞表を提出した 田村 (櫻井翔) は、アルバイトに励む毎日。

ある日、田村と同じアパートに住む老婦人・文子 (大森暁美) が自殺を図る。意識が回復した文子に自殺未遂の理由を聞くと、老人ホームの頭金を入れるため、投資していた1千万円を解約したいと投資会社に依頼したら、9割を違約金として取られ、手元には100万円しか戻らないと言われたことを悲観しての行動だったと言う。

その投資会社は、晴子 (田丸麻紀) が紹介した 「 インペリアル・トラスト・アセットマネジメント (ITAM) 」 で、希少金属であるレアメタルへの投資を斡旋していた。晴子は田村に何とか文子の力になって欲しいと頼み込む。

田村がITAMを調べるとマスコミにも取り上げられている経済アナリスト・大河内 (江波杏子) が経営しており、その手口は投資詐欺の可能性があると判断。

一方その頃、美寿々も友人の依頼で、田村と同じく ITAM と大河内の調査を進めていた。

田村は、松郎 (渡辺いっけい)、晴子、文子と共に、文子の担当者・銭鳥 (田中幸太朗) に会いに行くが、悪徳営業部長の 金好 (村杉蝉之介) が4人の対応をすることに。田村は契約金に関する説明不十分を理由に、1千万円の全額返還を依頼するが、金好からは証拠がないなら営業妨害で訴えると切り返されてしまう。

あの手、この手で投資会社を揺さぶる田村だったが、ある日、田村は金好と銭鳥に嵌められ…。

法律家として窮地に立たされる中、田村は投資詐欺から文子らを救うことが出来るのか?そして田村のピンチに大野行政書士事務所の仲間たちは… !?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上カバチ! 8話

田村の無神経な単純さや熱血さ・デリカシーの無さが失敗を生んで、ばっちり怒られることから始まるので、比較的スッキリしました。
美鈴がんばれ~とみられる回は面白い。


あらすじ(公式から)
ある朝の大野行政書士事務所。美寿々 (堀北真希) が出張で不在の為、田村 (櫻井翔) はその分も働こうと張り切っていた。そこへ美寿々を訪ねて一人の女性がやって来た。小津小百合 (市川由衣)、雨雲商会で働く会社員だ。小百合は同じ会社に勤める元彼・江口 (金子賢) からセクハラを受け上司に相談したところ、会社から内容証明が送られて来たと言う。内容証明には「これ以上の抗議は不法行為になるから警告する」とある。小百合は、ただ元彼のセクハラをやめさせて欲しかっただけなのに、内容証明が送られてきて不安になったのだ。しかし、そんな小百合の気持ちに全く気付かないゆとりの田村は、雨雲商会の行政書士が顔見知りの 村田 (山崎樹範) だから 「 話は早い 」 と安堵の表情。

田村は小百合と共に、村田との待ち合わせ場所である喫茶店へと向かう。顔見知りの二人は、小百合の思いを全く無視し話を進めていく。そして何の相談もなく、雨雲商会からの示談書にサインをさせてしまう。

翌日、出張を終え出勤してきた美寿々は、田村をいきなりひっぱたく。小百合から 「 示談書にサインしたのに、会社では変な噂が広まる一方 」 と泣きながら電話があったと言うのだ。どうやら、江口はまったく懲りていないようだ。

美寿々は、田村に女性の自己決定権について話をする。セクハラは被害者の主観で決まるのだ。つまり、セクハラはされたことより、された人、なのだ。ようやく事の重大さに気付いた田村だが、時既に遅し。

大野 (中村雅俊) も行政書士を頼って相談に来た依頼者を相手方の法律家に差し出した田村を法律家として言語道断と怒りを露にする。

田村は、自分が取り返しのつかない失敗をしたと気付き、どうにかして小百合を助けたいと決意を新たにする。そんな田村の思いを美寿々も感じ、小百合を助けるべく策を練ることに。

果たして、田村は小百合を救うことが出来るのか !? そして大野に人間失格と言われた田村の今後は、一体…?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上!カバチ 7話

やっぱり、堀北ちゃんメインの回は面白い。単純に法的やりとりが多くなるので、駆け引きがあるんですよね。彼女の「弁護士にならなきゃ出来ないことがある」という迷いが、良い方向に解決のヒントになってたり。
彼女メインで今後も行ったらどうかな??


あらすじ
ある朝、大野行政書士事務所に田村(櫻井翔)の昔の仕事仲間である山田(三宅弘城)から電話が入った。事務所にやって来た山田の話を聞くと、家賃を一日滞納したら、突然部屋の鍵が替えられていて自分の部屋に入れなくなったのだと言う。翌朝、不動産屋に電話すると、家賃の他に鍵の取り替え代金と違約金を請求され、困っている様子。
不景気が続く昨今、敷金・礼金なしのいわゆる「ゼロゼロ物件」は社会的弱者の味方。しかし、ごく稀に悪徳不動産業者が関わっている事があるという。山田の場合が、まさにこれだった。
しかも今回の相手は、過去に美寿々(堀北真希)と因縁のある阿功徳不動産の瀬古井(田中哲司)。瀬古井は、2年前に美寿々が廃業に追い込んだ極悪非道なサラ金会社の社長で、今は悪徳追い出し屋とつるみ、不動産会社の社長になっていたのだった。
美寿々は自らこの案件に乗り出し、田村と共に不動産会社を訪ねる。瀬古井は、法律を逆手に取り違法な手口を堂々と使っていた。そこで美寿々は、実力行使で徹底抗戦することに。違法な手口には違法な仕返しを、だ。

しかし、今度は瀬古井が追い出し屋を山田の元によこした。家賃保証業者による悪質な取り立て行為はエスカレートする一方。 そんな中、美寿々は検備沢(浅野ゆう子)から、「法で人を救いたければ、弁護士になるしかない」と言われ、心が揺れる。行政書士として出来る事の限界を突きつけられていたのだ。
田村と美寿々は、必死になって山田を救う術を探していた。そんな中、ついに田村が突破口を見つける。悪徳不動産業を潰す、その方法(カバチ)とは一体!?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上カバチ 6話

重森さんはかっこよかったけど、田村は本当に青臭すぎだよなあ。田村メインの感動話だと、演技力が足りないことが気になってしまうかな~


あらすじ(公式から)
ある日の昼休み。大野行政書士事務所では、田村 (櫻井翔) がせっせと 「 キッチン・ミヤシタ 」 のチラシを配っていた。親子丼が名物のこの店、開業してまだ三ケ月というのに、既にお客が減りヤバイ状態らしい。実は、田村が行政書士補助者として初めて1人で開業申請した店で、依頼が終わってからも店主の 宮下大作 (石原良純) と親しくし、足繁く店に通っているのだった。

その日の夜、田村が店で夕食をとっていると、客の1人が親子丼を食べながら 「 変な味がする 」 と言い出した。ただのクレーマーかと思っていたのだが、翌朝、田村が腹痛で倒れてしまう。栄田 (高橋克実) に連れられ、病院に行くと 「 食中毒 」 との診断が…。まさか、親子丼が原因 !?

その頃、「 キッチン・ミヤシタ 」 には保健所による食品衛生法の立ち入り検査が行われていた。田村が宮下とその妻・緑 (山下容莉枝) に話を聞くと、スーパーの見切り品の地鶏を使っていた事が判明。赤字続きの末にやってしまったようだ。

そんな中、ついに保健所から 「 1週間の営業禁止命令 」 を命じられる。

それから一週間後。店は、被害者たちからの苦情処理に追われ、騒然となっていた。責任を問われた宮下は、被害者には治療費と別に慰謝料として1人につき10万を支払うと宣言。たまたま居合わせた田村と 美寿々 (堀北真希) は、宮下に示談金が高すぎると提言するが、脱サラしたばかりで、サラリーマン根性が抜け切れない甘ちゃんの宮下は耳を貸さない。さらに調子に乗る被害者たちは、慰謝料として200万円を請求する。その要求に、ついに美寿々がキレた !!

大野行政書士事務所に、栄田の顧客で、零細興業を営む 富田 (大地康雄) がやって来た。食中毒で入院させられ、仕事が出来なかった間の損害賠償を請求したいと言うのだが、何と相手は 「 キッチン・ミヤシタ 」 だったのだ。

重森 (遠藤憲一) は、富田の依頼を田村に任命。依頼を受けた以上は、依頼者の利益を最優先に考えるのが当然で、相手側である 「 キッチン・ミヤシタ 」 の情報を一番持つ田村が適任だと言うのだ。

田村は不本意ながらも富田の元を訪れる。しかし曖昧な折衷案を出し、富田の怒りを買うことに。依頼者から 「 私情を捨てて、プロの仕事をしてくれ 」 と言われる有様だ。

人生の岐路に立つ田村。行政書士補助者として友人と依頼人のどちらを選ぶのか…。必死に自分の道を探した田村は、ついにある決断を下す。その決断とは… !?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上!カバチ 5話

話としてはそこそこまとまってたし、バレンタインらしく可愛い恋愛も絡めてた。でも、せっかくだから、堀北ちゃんの過去とか大先生の過去をもうちょっと深く掘り下げてほしかったかな~。
正直、ストーリーのワンパターン化が始まってる気がします。


あらすじ(公式から)
ある晩、合コン帰りにばったり出くわした 田村 (櫻井翔) と 美寿々 (堀北真希) は、大野 (中村雅俊) が 女子高校生 (菊里ひかり) にお金を手渡しする場面に遭遇。美寿々は大野に抗議しようとするが、以前にも同じような光景を見たことのある田村はそれを阻止。触れない問題だと言い、美寿々に呆れられる。

そんな中、大野は娘の誕生日にレストランを予約していたが 「 約束があるから 」 とあっさりと振られてしまったことを 検備沢 (浅野ゆう子) に相談。「 彼氏が出来たんじゃない? 」 と言われた大野は不安でたまらない。

大野は、事務所の面々に娘の交友関係を調べるように指示。田村は美寿々と 栄田 (高橋克実) と共に娘のデートを尾行することに…。

そんな中、栄田が娘の彼・甲斐 (太賀) には未成年とは思えない多額の借金があることを突き止める。大野は何としても娘から甲斐を引き離そうとするのだが…。

一方、田村は甲斐の借金は実は彼の父・正太郎 (山崎銀之丞) が借りたものであること。正太郎は息子の勤務先の経理担当者を騙して、給料を全額横取りした事を知る。

みかねた田村が正太郎の元を訪ねるが、正太郎は未成年の法的弱みを知り尽くしたなかなかの曲者で、田村は何も出来ずに退散する羽目に。

未成年の息子名義で借金しまくる父に対する究極の秘策はあるのか?

果たして田村と美寿々は甲斐を守る事が出来るのか… !!

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上!カバチ 4話

今回は、堀北さんと栄田さんが上手く回したのでテンポも良かった気がします。法律として追い込んでいく部分もあったし、この方向で続けてほしいですね。


あらすじ(公式から)
ある夜、田村 (櫻井翔) が帰宅すると、大家の 晴子 (田丸麻紀) が困っている人がいるから話を聞いて欲しいとやって来た。現れたのは 吉田香織 (清水美沙)。夫が経営する饅頭屋が倒産し、現在夫とは別居中だ。

香織が今日、自分の銀行口座から現金を引き出そうとすると、口座が差し押さえられていたと言う。口座凍結の理由に覚えがなく、当面の生活費にも困った香織は途方に暮れていた。

翌日、田村は 栄田 (高橋克実) にどうにか香織を助けられないかと相談する。最初は断った栄田だったが、香織に会うなり態度が豹変。どうやら恋に落ちてしまったようで…。

香織は、銀行に口座の差し押さえを依頼した金融会社に行き、自分がサラ金の連帯保証人になっていることを知る。借用証書を見せられるが、香織は書類にサインをした覚えがないと言う。債務者の名前は別居中の夫、吉田学 (近藤芳正) になっているため、夫が香織の名前を勝手に使用した可能性が高い。

大野 (中村雅俊) は、この案件を 美寿々 (堀北真希) に依頼。田村と栄田が補助でつくことになる。早速、サラ金に調査に行くことになった田村は、栄田からあるモノを用意するよう命じられる。それを使えば借用書の偽造を見破ることが出来るのだ。

さらに、借用書の文字を調べる為、田村と美寿々は栄田の案内の元、筆跡鑑定人・元堀 (酒井敏也) を訪れる。

偽造が明らかになったがその証拠は依然、掴めぬまま。田村ら3人は、香織の夫・吉田のアパートを訪れる。吉田は、自分の名前は書いたが、妻の名前は誰の書いた字か記憶にないと白を切る…。

ある日、ようやく偽造の手がかりを見つけた田村は、一軒のスナックにたどり着く。そこで美寿々がキャバ嬢になりすまし潜入捜査を行うことに。

果たして田村と美寿々は、借用証偽造の証拠をつかみ、香織の生活を守ることが出来るのか?そして、栄田の恋の行方は…?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特上!カバチ 3話

最終的なおとしどころが、法律ではなく人情で訴えて・・・ということだと、面白みがおちてしまいますね。あの子役の子が絶妙に可愛かったのが、ドラマを救ったかなあ。しかし、櫻井くんは致命的に声がスカスカなので、熱弁させると下手くそさが際立ってしまう。堀北さんとの掛け合いはダイブ良くなってるので、熱弁は極力回避する脚本にしてあげれば・・・。ジャニーズは、山Pの必殺「極力しゃべらない戦法」を生みだしてるんだし、出来ないことをやらせないように企画をたてられないのだろうか??
堀北さんは、可愛い顔だけど、あの性格っていうキャラは上手く演じてますよね。ハマってきた。背景もかなり書かれて、キャラとしても立体感が出てきました。


あらすじ(公式から)
大野行政書士事務所で働き始めた行政書士・住吉美寿々(堀北真希)は、補助者の田村(櫻井翔)をこき使う。ある夜、田村が美寿々から命じられた作業をしているとコピー機が故障してしまう。男手一つで子供を育てているという枯草(石黒賢)が、娘を連れて修理に来るのだが、帰る頃になって娘が高熱を出している事に気づく。しかし、枯草は一度の家賃滞納を理由に家を立ち退かされ、会社からも突然の解雇通告をされ生活に窮していた。寝る家も、どこかに泊まる金もないと言うのだ。田村は自分のアパートに二人を泊まらせることにする。
その頃、美寿々のマンションに友人の岡本桂(木南晴夏)が涙ながらにやって来た。桂は枯草と同じナイトー事務機器で働く派遣社員で、派遣契約が切れたままズルズルと働かされていると相談される。

どうやら二人が勤めるナイトー事務機器には、大手銀行から出向してきた取締役・黒川隆(神保悟志)が、非常な派遣切りをし、多くの派遣社員が路頭に迷っているようなのだ。
偶然にも枯草と桂が同じ会社に勤めていることから、美寿々はナイトー事務機器の件を担当することに。田村も自分が担当すると一歩も譲らないが、大野(中村雅俊)は、田村が補助者として美寿々をサポートする形で、二人で依頼を担当する。二人は枯草と桂を会社から守ることが出来るのだろうか!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特上カバチ!! | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。