• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

左目探偵EYE 8(最終)話

イマイチ、兄弟対決やら善悪の問題への取り組み方やらが浅かったな~。
愛之助を巻き込んだのは、過去を忘れていることへの羨望+過去を利用してのビル破壊ってことだったみたいだけど・・・。
ジャニーズさんはこの手のドラマを作ってますね。既にドラマ化されたものをほぼそのままリメイクした魔王やクイズショウは、そこそこ脚本がマトモなんですよね。これは原作ありですが、ドラマ化のセンスがイマイチだった感じです。脚本の要請で二人の対決を作っているのではなく、ファンが喜ぶシーンを作りたいってのが先行しちゃうからかな~。
 


あらすじ(公式から)
愛之助への復讐のため、連続傷害事件、バスジャックと犯行を重ねた池内は、立て篭もっている現場に愛之助を呼び出した。小学生を人質にしている池内を見た愛之助の脳裏に、小学1年生当時、夢人と一緒に起こした恐ろしい事件の記憶が甦る。
 記憶の封印を解かれ、その事実の重さに苦悩する愛之助。宮元の策略によって収監された地下の特別房に夢人が現れる。無関係な人間を苦しめてきたことを夢人に詰め寄る愛之助に対し、夢人は『愛之助の記憶が戻ったことで、犯罪計画が最終段階に入った』と告げ、姿を消す。何とか夢人の犯罪を食い止めようとする愛之助の左目に『消火栓の内側に隠された爆弾』『ビル群』などの映像が見える。危険を感じた愛之助は必死で助けを求めるがその声は届かず、身動きが取れない。そんな愛之助を助けに来たのは、黒晶(クリスタル ケイ)のアドバイスで宮元に盗聴器を仕掛けていた瞳と加藤。福地が使っていた手帳を加藤から手渡された愛之助は、瞳と共に地下の特別房からの脱出に成功する。捜査を開始した愛之助は死んだ福地が残した手帳に書かれていた、謎のキーワードを発見する。左目に映った『ビル群』『仕掛けられた爆弾』の映像に加え、『最終段階に入った夢人の犯罪計画』そこから導き出される衝撃の結末!
 愛之助は夢人の犯罪計画を阻止することはできるのか?夢人の計画の真の目的とは?あらゆる登場人物が激しく動き回り、それぞれの想いが交錯する…。愛之助と夢人の最終決戦の火蓋が切って落とされる!
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 7話

次回最終回。なんか風呂敷を広げた割に、あんまり盛り上がってないな~。今までの事件が、愛之助の過去を引き出すためのメッセージだったとか言われても~という感じ。
石原さとみちゃんのパートで何とかコメディ色を出そうとしてるけど、本筋が暗いのであんまり効果が出てません。
見ていてオルトロスの犬を思い出しました。こういう兄弟+暗いSFネタって、ジャニーズさんは好きなんですかな??


あらすじ(公式から)
奇跡的に命を取りとめた愛之助は、デパートの屋上から転落する際に夢人がつぶやいた『彫刻刀』という言葉が気にかかるが、転落後、夢人は姿を消したままだった。退院後、中学の保健室で瞳に会った愛之助は、危険を覚悟で、夢人に関する全ての情報を明かす。みるくが何者かに喉を斬られ、その凶器が彫刻刀だと知った愛之助は、今までのパターンから、この殺人未遂事件の手掛かりが連続爆破事件にあると推理する。
 爆弾が仕掛けられていた4つの物から、幼い頃に夢人と遊んだ場所を導き出した愛之助は左目がうずき、瞳に殴ってもらう。愛之助の左目には、“拉致される子供”“その犯人の男の目尻にある十字型の傷”“彫刻刀を握る手”などの映像が浮かび上がった。思い出の場所に重大なヒントが隠されていると考えた愛之助と瞳は共にその場所へ向かう。
 一方、その頃、特別房から黒晶(クリスタル ケイ)が夢人のパソコンと共に忽然と姿を消す。脱獄を果たした黒晶は驚くべき人物と接触をする。
 思い出の場所に辿り着いた愛之助と瞳が見付けたものは、幼い頃、愛之助が使っていた彫刻刀の箱だった。5本セットの箱の中には、固まった血痕らしきものがこびりついた彫刻刀が1本だけ残っていた――。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 6話

兄のことを告白した福地刑事がなくなってしまった。自分を責めて、兄を止める気持ちが消えてしまった愛之助。
しかし、ここは先生が「愛之助は凄い中学生だよ」といって、励ました。そして、ビルに仕掛けられた爆弾を探しに!!
自分が死ぬことも厭わずに、目に浮かんだ映像を元に、爆弾の配線を切って行く愛之助。それは、兄への信頼なのか何なのか・・・。そこに刑事としてかけつける兄。兄=犯罪プランナーとは言えないのが辛いなあ。
暗い話だけど、割とまとまってますよね。


あらすじ
福地の追及に押し切られた愛之助は、ついに兄・夢人の秘密や、左目の不思議な能力のことを告白する。衝撃的な内容に、驚きを隠せない福地。連続無差別爆破事件が発生する中、典子(片平なぎさ)に呼び出された福地は、指定された場所へ向かう。
 左目に浮かんだ“N”がデパートのロゴマークだと気付いた愛之助は、瞳と合流し、一緒に駆けつける。しかし、現場に到着したものの、爆発物が何か特定できない。
 その頃、城西署の捜査本部に犯人を名乗る人物から、とあるデパートに爆弾を仕掛けた、との連絡が入る。次の爆発では5,000人が死ぬという犯人は、 500億円の身代金を要求。加藤から連絡を受けた愛之助は、犯人のターゲットとなったデパートが、自分たちのいるデパートだと推理し、瞳と共に爆弾を探し回るが見つけることはできない。爆発予告時間まで残り10分となった頃、愛之助は左目の映像をヒントに、遂に爆弾を発見する。瞳の身を案じた愛之助は瞳を残し単身、爆弾を抱え、人気の無い屋上への階段を駆け上がっていく――。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 5話

今回は、全体に暗さが増した話でしたね~。
マジックを使ったトリック事態は、特別に興味深いものでもなかったかなあ~。前の話との関連が薄めだったのも残念。転換点になる回なのかな~。
大家さんは、なんと兄の側の人間みたいなのよ~。愛之助、ちょっと気の毒。


あらすじ(公式から)
取り立て屋の谷田部が、土中から死体で発見された。ブルーヘブンのリーダーの押収物から、瞳の犯行の瞬間を捉えた写真を入手した福地や夢人(横山裕)らは瞳を拘束し、取調べを始める。『四角い箱に突き刺さる刃物』『谷田部の生命保険証書と受取欄にある妻の名前』などの映像を左目で見た愛之助は、今回の事件も兄・夢人の犯罪計画の一部だと確信する。取調べを受ける瞳は、事件発生当時の記憶を完全に失っており、益々警察から疑われることとなる。そんな中、死体安置所にあった谷田部の死体が突然消えるという事件が発生。福地は、犯罪プランナーに関する重要な情報を教えるいう黒晶(クリスタルケイ)の交換条件を受け、瞳を同じ特別房に入れるが、黒晶から瞳に信じられないことが告げられる。
 瞳の無実を信じる愛之助は、加藤と共に谷田部の家を訪ねる。佳子や息子の身体にあったアザや、室内の様子から、谷田部によるDVが行われていたと推理。愛之助は、佳子に谷田部殺しの動機があると気づくが、佳子は、事件当時、息子と一緒に、女性マジシャン・レディXのショーに行っていた、とアリバイを主張する。偶然、吉田(渡辺いっけい)からレディXのショーに誘われていた愛之助は、さっそく会場で捜査を開始するが――。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 4話

兄が警官→刑事になったことで、対決色がつよまりました。愛之助が乱闘するシーンもあって、カッコよさの強調だけでなく、暴力に近づいてしまう感じも上手く出てましたね。
兄=犯人と周囲にいえない(言おうとしたら相手が死んだから)状況も上手く使えているのではないかと思います。
さらに、今までの事件がバンドのヒットにつながっているという連続性も、一応保たれてます。


あらすじ(公式から)
 新聞配達のバイト中、愛之助の左目に、『演奏中のバンド』『“皆殺しも可”の文字』の映像が浮かぶ。
 愛之助のイラストを見た後輩・島田(森本慎太郎)によると、それは人気上昇中のブルーヘブンというバンドで、奇妙な噂が流れていることが分かる。実は、愛之助が解決した“小学生誘拐監禁事件”と“結婚式場殺人事件”のことを予告する曲が、事件発生の1ヶ月以上も前に発売されたブルーヘブンのCDの中に入っていたのだ。CDにはもう1曲あり、その中には“暴動”“皆殺し”といった歌詞が出てくる。島田にブルーヘブンのライブに誘われた愛之助は、もちろん OKした。
 ライブ当日、会場の表で偶然会った、加藤(岡田義徳)から、新しい相棒として刑事に昇進した夢人(横山裕)を紹介された愛之助は愕然とする。ファンの証の青いグッズを身に付けた愛之助らは、会場で出会った瞳(石原さとみ)と一緒に、ブルーヘブンのライブに参加する。観客はすぐに総立ちになり、タク(デーモン閣下)の歌により会場は興奮の坩堝と化した。
 ところが、会場内が熱気に包まれると同時に暴動が発生。巻き込まれた島田が瀕死の重傷を負う。突如起こった暴動の謎を解き明かすため、愛之助と瞳は捜査に乗り出す。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 3話

誘拐事件が今回の事件にも関連してるのは良かったね。兄の狙いもハッキリしてきて、対決関係も深まってきました。


あらすじ(公式から)
愛之助の左目に、『狭山瞳』の文字が映る。それは結婚式の招待リストに書かれたものだった。「まさか瞳先生が…」驚いた愛之助は、瞳(石原さとみ)が出席する結婚式の情報を聞き出す。御曹司と結ばれた友人の結婚式であること、その式には現職の大臣・鷲尾弘明(升毅)が出席することを知る。瞳の身を案じる愛之助は、その結婚式に潜入することを決意する。
結婚式当日、式場は、鷲尾に脅迫状が届けられていたことから、厳重な警備体制が敷かれていた。警官として会場の警備に当たっている夢人(横山裕)を発見した愛之助は、事件が起きることを予感し、精肉業者の荒井健吾(魔裟斗)が運転する保冷トラックの荷台に隠れて会場内への潜入に成功する。
一方、福地(佐野史郎)は、黒晶(クリスタル ケイ)から『結婚式』『平康三(深水三章)死刑囚』という意味不明な2つのキーワードを聞かされる。
 まもなく、控室にいた新郎が何者かに刺されるという事件が発生。現場に駆けつけた愛之助は、救急車を呼びに行く夢人を追いかける。
 会場に来た福地は、現場に残されたボイスレコーダーを発見。その内容は驚くべきものであった。凶器として使用されたであろう鋭利な刃物の特定を急がせる福地だったが、厳重な警備の中、会場内に持ち込むことは不可能であり、捜査は暗礁に乗り上げる。そんな中、愛之助は、左目映像をヒントに、あることに気が付く。しかし、そんな愛之助をあざ笑うかのように、第2の事件が起こる!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 2話

話がつながって面白くなってきましたね。
事件が起こったあとに解決するんじゃなくて、現在進行形の事件の中にぶちこまれてしまった主人公なので、解決してすっきり!とはならない。
でも、漫画っぽさが悪くないです。


あらすじ(公式から)
連続誘拐事件は、まだ終わっていなかった。愛之助(山田涼介)の目の前で、同級生の海藤正樹(中山優馬)が拉致される。愛之助は左目に映った『奇妙な絵』の他、『神谷』と書かれた表札、『オブジェ』『Mは死ぬ?』の文字などの映像から、夢人(横山裕)の犯罪計画により、正樹の命が危険だと判断。瞳(石原さとみ)とともに、正樹を探しに向かう。
 一方、福地(佐野史郎)は、黒晶(クリスタル ケイ)からパソコンのロックを解いたとの連絡を受け、刑務所へ駆けつけるが――。 訪問介護へルパーの正樹の母・早苗(渡辺典子)は、苦労しながらも、900万円という多額な身代金を用意することができた。そこに、誘拐犯から連絡が入り、身代金の運搬役に愛之助が指名された。戸惑う愛之助。犯人の指示に翻弄されながらも、友人の命を救うために必死に走り回る愛之助。体力も限界に近付いたころ、最後に指定された場所で、愛之助が目にしたものとは――。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

左目探偵EYE 1話

公式
ブラッディ・マンデイと土曜日はふたつ続けて似たようなノリのドラマ。どっちかだけ見ようと思って悩んでたんだけど、ブラマンはS1をとびとびでしか見なかったので、こっちにしました~。
なんか、戦隊ものによくある構図・画質ですよね~。そういうノリで見るドラマなんだな~と理解。
石原さとみちゃんは、パズルと殆ど変らないキャラですね。愛之助君は、キャラがつかみにくいな~。やっぱりスペシャルも見るべきだろうか???



あらすじ(公式から)
 新聞配達のアルバイトをしていた愛之助は、袋を背負って走り抜ける大型犬と接触し、転倒。その衝撃で、左目に、『3つの四角形』『飛び立つ鳩』『袋を背負う犬』『少女の顔』などの映像を見る。3ヶ月振りに見えた左目映像に、兄・夢人の新たな犯罪計画が動き始めたことを予感した愛之助は、再び夢人の犯罪計画を阻止するため、事件の調査に乗り出す。そんな中、目撃した大型犬が乳児を人質にした誘拐事件の身代金の受け渡しに使われたことを知った愛之助は『飛び立つ鳩』と『少女』の映像が気になり、新たな手掛かりを得るために、養護教諭の狭山瞳に殴ってもらい、左目映像を見る。
 そこで浮かび上がったのは、『連続誘拐 ― Mは死ぬ?』などの映像だった。慌てて顔見知りの刑事・加藤隆(岡田義徳)に連絡を取った愛之助は、少女が第二の誘拐事件の人質になったことを知る――。
 一方、警視庁の捜査官・福地裕也(佐野史郎)は、夢人の犯罪計画が記録されているパソコンを解析するため、今は刑務所の特別房に収容されている天才ハッカーに接触していた。
愛之助と夢人、皮肉な運命に翻弄される兄弟の対決が3ヶ月の沈黙を破り、遂に幕を開けた! 夢人の真の目的とは?! 愛之助は夢人の計画を阻止し、誘拐された少女を助け出すことができるのか? そして、衝撃の結末が・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 左目探偵EYE | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。