• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

千秋太后78(最終)話

ヤン・ギュとキム・スクンは契丹軍に大打撃を与えて撤退に追い込むことに成功。しかし、戦場から脱出することができずに戦死してしまいました。死んでも敵を見据えて仁王立ちしていたカン・ジョの姿はカッコ良かった。

捕まったユ内官は裏切り者たちに接近し、自分も遅行性の毒の入った酒を飲んで見せて、一緒に死亡。この自分を捨てても裏切り者を成敗してくれたのは良かった。

平和が訪れた開京には顕宗や忠臣たちが戻ってきます。顕宗はそこで戦死者への追贈を発表するのですが、カン・ジョは謀反人だと反対が起こります。
政争をさけるために、カン・ジョの件はそのままに、大臣たちは降格処分、逃げた将軍は罷免と流罪ということで決着します。延興宮主は、顕宗から距離をおかれてしまいます。

納得できないスは「黄州小君を連れ帰って強い国を築く!」と言い出し、東女真の地へ。族長やトギョンが小君の引き渡しを拒否しましたが、トギョンに拒否され「帝国を築くとしても女真族の地に・・・」と言われて、どうにもなりませんでした。スは、本当に変わりませんね。確かに朝廷の弱腰たちに腹が立つのは分かりますが、時代は武力ではなく生産力・商売で国が強くなる時代になりつつあるんですよ。

スはカン・ジョの遺灰を川に流しに行きます。「歴史は貴方を謀反人として記すかも知れない。でも、その時は私も一緒にその汚名を着よう。」って、スの信念の強さを感じましたね。

8年後・・・。契丹が再び高麗に侵攻。カン・ガムチャンが見事に撃退。
「権力」から離れたスが小君と再会。「あなたは息子を失ったが、夢はうしなってない。いつか北方の地に帝国を築く」と小君は語る。
そして、スが顕宗と一緒に楽しく農作業をするシーンで終わり。国を作り、保つために・・・。

このドラマ、歴史的敗者であるスを主人公としながら、なぜ敗者になったのか?という部分もしっかりと書かれています。そのうえで、「強い国。武断の国」によって民を守ろうとしたスの信条にも十分に共感できる。そして、スが本当に願っていた「穏やかな生活」をラストに持ってくることで、気持ちよく終われたんじゃないかと思います。



あらすじ(公式から)
長きに渡る戦が終わり、これ以上人の命を犠牲にしたくないと考える顕宗は、戦時中に自分を裏切ったキム・シモンらに温情を施す。旧領を取り戻す夢を捨てきれないスは、黄州小君を連れ戻すため女真人の村を訪れる。ところがそこで見たのはトギョンを母と慕い、クム・ジュンと名付けられた小君の姿だった。その頃契丹の地で復讐を果たす機会を狙っていたユ・チュンジョンは、ついに決行の日を迎え…。


スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后77話

耶律ムギvsス。一話からつづく長い長い個人的戦い。凄い壮絶だったけど、かろうじてスの勝利。その後、身を寄せたところで歓迎され、娘を差し出されて、のちの王妃になります。

延興宮主たちはキム・ウォンスンの故郷・善州へ帰りますが、民に投石攻撃をうけ、ショックで気が狂ってしまいました。

契丹軍は補給路を襲撃されて撤退開始。ヤン・ギュは、北へと退き始めた聖宗の本陣を襲撃するという大胆な作戦を決行しておりました。寝返ったふりしたチュ内官も何かしてくれるかなあ~。

小君は、高麗に戻れば謀反人の子として殺される運命と言われ、スはあきらめるしかない状況に、先王妃が「私を娘に思ってください」というのは泣けたね。
その小君。女親族の厳しい儀式にも耐え、「キム・ジン」という名前を授けられ、女親族の王として「金」という国を建てる子だと称えられます。


あらすじ(公式から)
78話:因縁の対決
ヤユル・ムギ率いる部隊に囲まれた顕宗一行は、駆けつけたスに間一髪のところで助けられる。スは顕宗にカン・ジョが死んだことを伝え、彼は穆宗の殺害に関与していない旨を説明して顕宗の誤解を解く。一方ヤン・ギュらは、契丹軍に奇襲をかけ、兵糧を破壊し捕虜の救出することに成功する。同じ頃、イ・ヒョヌンとアン・ペに復讐を誓うユ・チュンジョンが契丹に到着し…。
79話:長き戦いの果て
熊の住む洞窟で5日間生き延びた黄州小君は、将来女真人を束ね、高麗や契丹を凌駕する大帝国を築く者として一族の長に育てられることになる。小君が女真人の後継者になったとは夢にも思わない千秋太后は、息子に会えない運命を呪い涙に暮れる。一方、退却中の聖宗が近くにいることを知ったヤン・ギュとキム・スックンは、彼の首を取るべく命をかけた最後の戦いに臨もうとしていた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后76話

テレ朝はカットの都合で総話数を変えてるので、この辺からあらすじと話数があわなくなりますね。
奇襲作戦は失敗。でも、テ・ドスはかっこよかったね。
カン・ジョはなんとか命を保ち、「その勇気に免じて、兵士百人きりができたら、助けてやる」と言われます。が、流石にここまで戦い尽くしてますから、死力を振り絞っても一斉攻撃で戦死してしまいました。

開京を焼き払って顕宗の追撃が再開されます。遅れて開京入りしたスは槍にもたれかかったまま息絶えたカン・ジョとご対面。このシーンは泣けました。

逃げる顕宗のほうは「私たちは足手まといになるので・・・」と言いながら、味方がどんどん離脱していく始末。皇帝を捕まえて降伏しようなんていう地主まで現れますが、カン・ガムチャンが抑えました。

契丹は軍を二分して追撃したので、皇帝から離れた宮主たちもピンチに!!スが窮地を救います。「私怨で延興宮主や大臣どもを見殺しにしたりはしない。でも、助ける気もない」と、さっそうと皇帝のもとへ去っていく将軍らしいスがかっこよかった。

顕宗が契丹軍に見つかりそうになり、内官が影武者になって顕宗を逃がそうとするのですが、忠州宮主が「これは皇帝ではありません!」とか言い出します。ホント、屑すぎです。スが弓で忠州宮主を一撃必殺。スッキリ。



あらすじ(公式から)
76話:敵地に散った大望
鎬京城の高麗軍は、カン・ジョを救出するため契丹に降伏するふりをして奇襲をしかけるが、タク・サジョンとチェ・サウィの裏切りにより作戦は失敗に終わり、テ・ドスが捕らえられてしまう。その頃、契丹軍が開京に攻めてくるという知らせを受けた顕宗は、やむをえず都を出て避難することを決める。一方、牢で再会したカン・ジョとテ・ドスはひそかにある計画を立て聖宗に降伏を申し出るが…。
77話:皇帝を救うために
カン・ジョの遺体を抱き、救ってやれなかったことを悔いるスは、悲しみに暮れながらも契丹に追われる顕宗を救うため急いで馬を走らせる。その頃、山中を進んでいた顕宗の元に契丹軍がすぐそこまで迫っていると知らせが届く。危機を脱するためやむなく契丹軍に使いを送るが、聖宗は使者を投獄してしまう。一方、二手に分かれて逃げていた延興宮主と元貞皇后も敵に囲まれ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后 75話絶体絶命

カン・ジョが捕まって、スが到着しても兵士の落胆は大きい。しかし、カン・ジョは「決死の覚悟で戦をせよ」と必死に訴えます。
とにかく、籠城でねばり、契丹軍は前線の城は諦めて開京へ。しかし、一つは確保してた城も高麗が奪い返し、補給線が断たれました。
でも、契丹の王様は「スからうけた侮辱をわすれねー」と冷静さを欠いてますね。
しかし、高麗側も奇襲作戦中にタク・サジョンとチェ・サウィが戦線離脱しちゃったり、一体感に欠けます。



あらすじ(公式から)
契丹に寝返ったヒョヌンらが高麗軍に嘘の情報を流し、高麗軍の戦力は分断される。カン・ジョの陣営は20万の軍勢を率いながらも敗戦を喫し、カン・ジョ本人は契丹の捕虜となってしまう。一方、カン・ジョに会うため通州に向かうスは、鎬京城に立ち寄って休息を取るが、そこで契丹軍が攻め入ってくる。応戦する構えを見せるスだったが、契丹軍を率いる聖宗とともに姿を現したのは、人質となったカン・ジョであった…。
鎬京城の高麗軍は、カン・ジョを救出するため契丹に降伏するふりをして奇襲をしかけるが、タク・サジョンとチェ・サウィの裏切りにより作戦は失敗に終わり、テ・ドスが捕らえられてしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后74話祖国のために

やはり、契丹との戦いに功績があるスは、こういう状況では強いね。富国強兵策も評判悪かったけど、「やってて良かった・・・」となった分けて。
でも、最前線のヒョヌンを呼び戻すってのは戦略的にどうなのよ?ってちょっと思った。でも、そのヒョヌンはちょっと形勢が悪いと、あっというまに契丹に寝返りやがって・・・。やっぱ、とっ捕まえて置くべきだわな。
王が延興宮主に対して気概を見せたのはいい傾向ですね・・・。


あらすじ(公式から)
忠州宮主の命令によりスに刀が向けられたその時、契丹が高麗を攻めてきたという知らせが届く。国を守るために力を合わせるべきだというスの言葉に忠州宮の執事と私兵たちは賛同し、スと共に開京に向かう。それを知った延興宮主は、カン・ジョの陣営にいるイ・ヒョヌンのもとに使者を送る。スがこちらへ向かっていると知らされたヒョヌンらは、穆宗暗殺に荷担したことが発覚するのを恐れ、契丹に寝返り…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后71~73話

カン・ジョ大暴れのせいで、大変なことに。スが謝罪して、何とか収めたけど、朝廷の批判は抑えきれず、カン公までが降格の憂き目にあってしまう。
宮中を出て地方の親戚を頼ろうとするスとソン。親子らしい情愛を育みながらの旅行になるのだが、豪族の集税率引き下げなどから、地方豪族には嫌われ惨めな思いもする。そこに、延興宮主の命令を受けたイ・ヒョヌンがやってきてソンを殺害。「民に侮辱されて自殺した」ということで処理されてしまう。皇后を守るために、それを受け入れるス。身を寄せたのは祖母の親戚だが、そこで監禁状態となってしまう。
朝廷は、皇帝の思うままには動かない。一度は延興宮主派のいうことを聞きながら、なんとか主導権を握る機会を探る王。延興宮主から送り込まれたジョンにも手を着けません。
契丹では、皇后がなくなる。コレを気に一気に高麗攻め。軍備縮小、豪族の収税軽減をやっていた高麗は劣勢に。将軍たちの活躍で、カン・ジョ復権。カン・ジョが付くまでの間も、北方の戦士たちは大健闘。攻城戦なので、守る側が有利というのもあるんだけどね。
スは自分を監禁してる宮主もスンの暗殺に加担してると勘付いて、騒ぎを起こして内官をカン・ジョのところへ向かわせたけど、今、それどころじゃないんだよなあ~。
黄州小君のほうも、素性をしられてヤバい立場ですね。契丹を頼ったけど、そっちでも断られ、女親族は女親族で「契丹と高麗の戦いに巻き込まれたくないんだよね~」ということで、存在自体が迷惑。さ迷うところが哀れを誘います。



あらすじ(公式から)
71話:新しい皇帝
大良院君の即位を機に、摂政の座を退き宮殿を去ろうとしていたス。だが、スと共に理想の国を作るという夢を捨てられないカン・ジョは宮殿に乗り込み、スをそばに置き摂政させるよう大良院君に詰め寄る。それを知ったスは彼の軽率な行動をいさめ、穆宗と共に都を後にする。一方、新皇帝となった顕宗は、スの影響力を一掃しようとする延興宮主と臣僚らによる執拗な干渉を受け、自身の非力さを痛感し…。
72話:つかのまの夢
宮殿を出て、ようやく安らかな生活を得られると思った穆宗は、延興宮主の命令を受けたイ・ヒョヌンらによって命を落としてしまう。その頃、宮殿では延興宮主らの思惑のまま、スの側近であったカン・ガムチャンは降格し、カン・ジョは官職を剥奪され軟禁される。そして、延興宮主は娘のジョンを顕宗に嫁がせることに成功して復権を目指す。一方、契丹では蕭太后が亡くなるや否や、聖宗が不穏な動きをみせ…。
73話:契丹襲来
蕭太后の呪縛から解き放たれた聖宗は、40万の大軍を率いて自ら高麗に向かう。高麗では和解か応戦かで臣僚らの意見が分かれるなか、顕宗は応戦することを決断し、軟禁されていたカン・ジョを総指揮官に任命する。送兵に遅れを取った高麗だったが、前線のヤン・ギュらの活躍により形勢は好転し、対する契丹は予想外の苦戦を強いられる。一方、忠州宮に軟禁されたスは何者かの陰謀を感じ取り、カン・ジョへ使いを出すが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后70話愛すれば愛するほど

スはすっかり政治への意欲を失って、息子のスンと心穏やかな日々を暮らすことを望んでいるようなのだえすが、カン・ジョが一人で反対中。
たしかに、う延興宮主が、娘のジョンを利用して野望を果たそうと大良院君に接触してるのはアレだと思うけど、それはカン公とかと一緒に阻止することもできる。
大良院君は、軍事に力を入れなさそうな気もするけど、北方の大切さはちゃんと説明すれば分かるだけの賢さもあると思う。なにより、スの妹の血が流れているひとなのに・・・。
トギョンも辛いね・・・。既に女親族の村に居るのがばれちゃったし、どうするんだろう??



あらすじ(公式から)
チヤンの真意を問いただしたスは、愛なく近づき利用したという彼の言葉を聞き、ついに手にした剣で彼の胸を突き刺す。スと共に理想の国を作ることを目指すカン・ジョは、スに摂政を続けるよう懇願するが、スは自分にはもうその資格がないと言ってそれを拒む。そして、新たに皇帝として大良院君が開京に迎えいれられた日、復権とスへの復讐を願う延興宮主が、娘のジョンを利用して野望を果たそうと大良院君に接触し…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

千秋太后68・69話

サガムン、サルイラが~。特に、自分の息子を犠牲にして、小君に化けさせるという行動に出たサガムンには泣けた。「何処に居ても一緒だ。」という台詞に、死んでも一緒にいるからという、当時の死生観のようなものも感じられました。
それを知らされて、サガムンからの手紙を読むトギョンにも泣けた。登場時の怖いだけの女が、こんな脆さを持ち合わせているなんて・・・。それでも「小君こそが希望」というサガムン・・・。過酷な人生ですな。
これで、チャンの野望は果てたけど、小君が密かに生きていると分かって、かちほこってましたね。
チャンの殺害は、ス本人がやりました。「狙いだけで近付いてきた」ということを、最後まで否定しなかったチャン。そうすることで、スを強い皇后として守った部分もあるね。それも「将来の小君の時代に、母親が立派だったという名声が必要」という計算もあるんだろうけど・・・。

で、カン・ジョは少し冷静になってくれよ~って感じ。スは宮中を出て黄州に帰ろうと決意。このチャンスにしっかり台頭してくる延興宮主・・・。娘のジョンと大良院君の結婚を狙ってるみたいだね。



あらすじ(公式から)
68話夢の跡
とらわれの身となり連行されたス。チヤンに共に手を携え強大な国を作ろうと諭されるが、高麗を滅ぼす反逆者と共には生きられないとスは拒絶する。そして、追手から穆宗一行を助け出したカン・ジョは、捕えられたスの救出に成功する。勢いを得たカン・ジョの攻撃が功を奏し形勢は逆転、サガムンは倒れ、サイルラは黄州小君に見せかけたサリャンを連れて逃亡する。反乱軍は壊滅状態に陥って、ついにチヤンは捕らえられ…。
69話決意
黄州小君が死んだと知らされたスは、悲しみと自責の念に打ちひしがれる。チヤンは獄中で喪失感に苦みながらも息子の生存を信じて静かに耐える。宮殿では反乱を招いたスの退陣を求める声が強まる。だが、カン・ジョだけは激しく反発してスを守ろうとするが、スは引き際をわきまえ潔く宮殿を出ようと決める。そして大良院君のもとへ宮殿からの迎えが着く頃、最後までチヤンの愛を信じたいスは、ある決意を胸にチヤンのもとへ向かい…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。