• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

素直になれなくて 6話

イマイチ、この世界に乗り切れず、放置状態になってて、やっと見ました~。
うーん・・・。やっぱり乗れないなあ~。今回はリンダ不足だったしね。

色々と要素をブチ込み過ぎなんじゃないだろうか?そして、それらが一つのテーマに収斂してるようにも見えないのがな~。どれもこれも中途半端になってるし、「ここぞ」というときの台詞が本当に陳腐なんだよな~。


あらすじ(公式から)
ナカジ(瑛太)は、リンダ(玉山鉄二)のおかげで奥田(渡辺えり)が編集長を務める雑誌『IT』の連載ページの仕事を得る。それを受け、ナカジは、桐子(井川遥)にプレゼントを贈ろうと決める。

一方、ハル(上野樹里)は、松島(阪本奨悟)たちのグループに襲われ心身共に疲れ切っていたが、母・祥子(風吹ジュン)に心配をかけまいと、いままで通り仕事を続けることにする。ハルは、自分を助けてくれたドクター(ジェジュン)の優しさに応え、彼と付き合う決意をしていた。それを知ったドクターはもちろん、ハルが勤務する高校に通っているドクターの妹・ミンハ(木南晴夏)も大喜びだった。

そんなある日、ナカジは仕事の途中、ピーち(関めぐみ)の店へ顔を出す。ナカジは、流産してしまったピーちのことを心配して訪ねたのだ。すると、ナカジの携帯にハルから電話が入った。ハルのようすがおかしいことに気がついたナカジは、すぐに彼女のもとへかけつけた。

ハルが今回の事件に相当ショックを受けていることを知ったナカジは、気晴らしに彼女を動物園に連れて行く。ハルは、そんなナカジの優しさや、夢に向かって進もうとしている姿を見て、笑顔を取り戻していた。

そんな折、ハルのもとに、退学処分となった松島から電話が入る。ハルに謝りたいのだという。ハルは、もう一度やり直したい、という松島に、本気でそう思っているなら力になってもいいと思っている、と答えた。しかし、その話を知ったドクターは、クスリに手を出すような者は人間のクズだから相手にしてはいけない、とハルに釘を刺した。

同じころ、ナカジは、桐子に指輪をプレゼントする。ところが桐子は、それを受け取らず、いきなり別れ話を切り出す。夫に浮気がばれてしまったのだという。「もう、夢だとか恋だとか、そういうこと言ってられないの」「いまの生活、捨てられない」。桐子の言葉に、ナカジは大きなショックを受けていた。

その夜、コンビニでナカジに出会ったハルは、帰り道、彼の家に立ち寄る。そこでハルは、松島と話した件をナカジに打ち明けると、弟のシュウ(中村優一)がクスリに手を出した過去があることも告白した。ナカジは、ハルを励ますと、背中を向けて涙を拭いているハルに「ガンバレ」とメールした。そんなナカジに、「たまには口に出して言ってよ、ガンバレ」と返すハル。次の瞬間、ナカジはハルを抱きしめ…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

素直になれなくて 5話

なんか、ハマれないなあ~。主役カップルは「ちょっと友達」くらいの距離が似合ってる感じなんですよね。「素直になれなくて」くっつかない訳でもなく、今のところ恋愛感情がナカジにないから、進展しない状態。だから、恋愛がうまくいかないもどかしさとかも全然ないしなあ・・・。
だけど、ハルとナカジが最終的にくっつくことは恋愛ドラマだから、既定路線なわけですよね。だから、寄り道してドクターと付き合ったりしちゃうのは、単純に傷つく人が増えるだけな訳ですよ・・・。一応、傷ついたって構わない!って覚悟してドクターは頑張ってるんだし!という言い訳は用意されているけど、それは一度両想いになってしまったらチャラになる部分だしなあ。

ノーマルなナカジに恋しちゃってるリンダの健気さも泣けるけど、彼は最後まできづかれないままなのかなあ。


あらすじ(公式から)
ナカジ(瑛太)やハル(上野樹里)たちは、エモーションで飲んでいた。その席で、ドクター(ジェジュン)は、案内状作りに協力してくれたみんなに感謝の気持ちを伝えると、いきなりハルに向かって自分の思いを告白する。突然のことに困惑するハル。ドクターから、どう思うかと問われたナカジは、ハルはドクターのような人に守ってもらったほうがいい、と答えた。だが次の瞬間、ピーち(関めぐみ)は、そんなナカジの顔にドリンクを浴びせた。

ハルが「ごめんなさい」とだけ言い残して店を出て行ってしまったことにショックを受けた
ドクターは、リンダ(玉山鉄二)とピーちをやけ酒に付き合わせる。一方、ナカジは、ハルとともに帰路についた。ナカジの部屋にいた桐子(井川遥)は、そんなふたりの姿をじっと見つめていた。

その夜、ナカジの父・亮介(吉川晃司)が倒れたと連絡が入る。実は亮介は、悪性の肺ガンに侵されていたのだ。

ナカジが病院にかけつけると、そこに祥子(風吹ジュン)の姿があった。亮介は、道で立ちくらみがして倒れた際に、通りかかった祥子が病院まで運んでくれた、と嘘をつく。が、祥子の名前と、彼女に臨時教師の娘がいることを知ったナカジは…。

あくる朝、ナカジのアパートにドクターがやってくる。そこでドクターは、ハルを振り向かせる、と宣言する。ナカジは、そんなドクターに、彼女がいることを打ち明けると、自分にとってはハルもドクターも大事な友だちだから、ドクターが本気なら、そしてハルが幸せになるのなら応援したいと告げる。

一方、リンダは、編集長の奥田(渡辺えり)がナカジに目を付けていることを危惧し、インターネットで購入した薬を飲んで彼女を抱く。ナカジは、そんなリンダのおかげでグラビアページの仕事を得る。

そんな折、ハルは、優等生の松島(阪本奨悟)が校内で薬の受け渡しをしている場面を目撃する。放課後、松島の後をこっそりつけたハルは、ビルの屋上で仲間と合流した松島に声をかけた。が、逆に男たちにつかまって脅されたハルは、一瞬の隙をついてツイッターで助けを求めようとした。

「タス」という2文字だけのハルのツイートを見たナカジとドクターは、異変を感じ、ハルを探す。そのとき、ナカジの携帯電話にピーちから電話が入った。ピーちは、腹部の激痛に襲われ、ビルの踊り場にうずくまってた。駆けつけたナカジは、急いで彼女を病院へと運んだ。

同じころ、ハルの居場所を突き止めたドクターは、ビルの屋上に駆け上がり、松島の仲間たちと対峙していた。ドクターは、ナイフで脅されてもひるまずに男たちに立ち向かい、必死にハルを守ろうとした。ハルが警察に電話したのを知った男たちは、逃げ出した。「ボク、合格ですか? ちゃんと、ハル、守れましたか?」。ケガをしてボロボロになりながら、そうつぶやいたドクターを、ハルは強く抱きしめ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

素直になれなくて4話

リンダ受難だね~。えりこの次のターゲットがナカジになったのは笑った。

しかし、ナルとナカジは「恋してる」感がないんだよなあ。リンダやドクターは切ない感情がある程度は表現されていると思うんだけど・・・。


あらすじ(公式から)
ナカジ(瑛太)と口論になったハル(上野樹里)は、雨の中、傘も差さずに自宅に戻る。するとハルの家の近くに、ドクター(ジェジュン)の姿があった。思わずドクターに抱きついてしまうハル。ドクターは、そんなハルを抱きしめ、好きだと告白する。ハルが泣いていたことに気づいたドクターは、持っていた花束と傘を彼女に手渡すと、元気を出して、と言い残して走り去る。

あくる日、ナカジは、父・亮介(吉川晃司)のアパートを訪ねる。だが、亮介は不在だった。隣人によれば、亮介はここ何日もアパートに帰っていないらしい。

そんな折、リンダ(玉山鉄二)から、スナナレ会のメンバーに飲み会の誘いが入る。ドクターが、リンダの父・泰敏(山田明郷)が経営する病院に医療機器を納入する契約をまとめたからおごってくれるのだという。

ナカジやハルたちは、いつもの店『ザ・エモーション』に集まった。その席でピーち(関めぐみ)は、妊娠したことを皆に告白し、シングルマザーになると宣言する。ナカジたちは、ピーちに協力を申し出る一方で、一番大切なのはピーちの人生なのだからよく考えた方がいいとアドバイスした。

やがてドクターたちは店内にあるゲームを始める。とり残されてしまったナカジとハルは、気まずいままだった。ふたりのようすがおかしいことに気づいたドクターは、ハルを泣かせた相手がナカジだと知り、彼に噛みついた。ハルが大事な人を傷つけたから許せなかった、とドクターに返すナカジ。ハルは、それを否定した。するとドクターは、何故ハルのことを信じてあげないのか、とナカジに掴みかかり…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

素直になれなくて 3話

あまり真面目に見る気になれないせいか、冒頭の「嫌い」とかいう前話からの続きのシーンで、どういう状況でこうなったんだっけ?って考えちゃった。勝手にパクとのデートをセッティングしちゃったからか・・・。
ハルは自分の考えだけが正しいって感じの子で、正直好きになれないんだよなあ。その考えも自分の頭で考えたことや経験でなくて、「世間で良いとされていること」をなぞってるだけ。それで安全地帯にいて、自分と違う人を批判してるように見える。だから、「戦場カメラマン」のような人とは合わないような気がするし、凄い無神経な女性で魅力も感じないし、ナカジとも似合って見えない。
だからといってドクターと付き合えば良いとも思わん。恋愛経験少ない女が、韓国男子特有のこっぱずかしいアプローチにふらっとくるのは分かるが、どうしたってナカジとハルがくっつくラストになるんだから、この超無神経な女に利用されるだけじゃ気の毒すぎるわ。ま、うわべの優しい女にコロッと行くドクターもアホだから自業自得か・・・。
ナカジの不倫相手の方は、リスクを承知で恋愛してる感じがあって、私は嫌いじゃないっすよ。生活の安定のために結婚してる不幸に酔ってる感じは嫌だし、かなり性格悪いけど、悪役としてはまっとうに悪役してる。
ハルはじつはナカジ父の子?みたいなのも匂わせてたけど、これは違うんじゃないかねえ・・・。
ってことで、キャラクタに魅力が全然ないんだよな~。見つづけるのが辛い。もう、もっと悪い奴バンバン出てきちゃってほしいくらい。性格悪いにしても中途半端なんだもん!!



あらすじ(公式から)
酒に酔ったまま帰路についたハル(上野樹里)は、仕事先に向かおうとしていたナカジ(瑛太)と駅で出会う。ハルに内緒でナカジがセッティングした、ドクター(ジェジュン)とのデートの帰りだった。ハルは、反対側のホームにいたナカジに向かって大嫌いだと叫ぶと、その場にしゃがみ込んで泣き始め、本当はナカジのことが好きなのに、とつぶやく。

同じころ、リンダ(玉山鉄二)は、奥田編集長(渡辺えり)の自宅マンションを訪れていた。奥田は、自分の雑誌でナカジを使ってもいい、などといってリンダを呼んだのだ。リンダを室内に招き入れ、抱きつく奥田。リンダは、覚悟を決めて奥田をベッドに押し倒す。

ハルに思いを寄せるドクターは、デートの後も彼女に電話する勇気がでなかった。
その姿を見た妹のミンハ(木南晴夏)は、代わりに電話をかけてあげようか、といってからかった。

不倫相手の子を身ごもってしまったピーち(関めぐみ)は、産婦人科を訪れる。だが、医師からお腹の子のエコー画像を見せられたピーちは、中絶をためらう。

そんなある夜、ナカジのアパートに桐子(井川遥)がやってくる。眠っているナカジの姿を見つめていた桐子は、ナカジの携帯電話にハルからのメールが届いていることに気づき…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

素直になれなくて 2話

ホーム越しの会話とか、ちょっと古いっすね~。さらに、ラストフレンズ意識してるのか?っていう、釣り要素もたくさんある。たくさんあるけど、におわせるばっかりかな。釣るならもっとガンガン釣っていけ!って気がしなくもない。
やたら濃い人間関係を求める韓国人ドクターと、取材目的のリンダがいることで、手軽につぶやくのが魅力のついったから「仲間」だとか「友達」とかいう話に進んでいく説明はなされてるのかなあ~。




tあらすじ(公式から)
コーヒーをこぼしてしまったナカジ(瑛太)のズボンをクリーニングしたハル(上野樹里)は、それを持って彼の部屋を訪ねた。が、ドアを開けて出てきたのは、以前ナカジとハルがカフェで会っているときに声をかけてきた女性・桐子(井川遥)だった。

光(関めぐみ)は、不倫相手の矢野(勝村政信)に会い、妊娠した可能性があることを伝える。しかし矢野は、本当に俺の子なのか、と冷たかった。光は、ショックを隠せなかった。

リンダ(玉山鉄二)は、編集長の奥田(渡辺えり)から、企画会議に出るよう指示される。編集部員たちは、そんなリンダに嫉妬し、奥田と寝たのではないか、などとあからさまに言い出す。

営業成績が上がらないドクター(ジェジュン)は、いつものように上司の峰原(田中哲司)にいびられていた。峰原は、会社の経費で落とそうとした領収書の束をドクターに突き返すと、契約が取れていないヤツは自腹だ、と言い放つ。

その夜、ハルは、近所のコンビでナカジに出会う。ハルは、電話もしないで突然部屋を訪ねてしまったことをナカジに詫びた。ナカジと一緒に帰路についたハルは、励まされて嬉しかった、と彼に伝えた。ハルは、仕事のことで悩んでいたとき、マジックペンで「ガンバレ!」と書いた缶コーヒーをナカジからもらったからだった。そんなハルに、ナカジは、プリントした写真を手渡す。それは、ふたりが最初に出会ったとき、ナカジが撮影したハルの写真だった。帰宅したハルは、光に電話をする。光は電話にでなかったが、ハルは、ナカジと話していると心地良いだけでなく、ドキドキする気持ちになる、と彼女の留守電に向かってしゃべった。

そんな折、思わぬ事件が起きる。『ピーち』というアカウントでツイッターに参加したばかりの光が、「実は私、これから死ぬところ」と書き込んで手首を切ったのだ。それに気づいたナカジやハルらは、連絡を取り合って光の家に向かい、リンダの知り合いがいるという病院に彼女を運ぶが…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

素直になれなくて hard to say Ilove you 1話

公式

いかにもフジテレビらしい恋愛ドラマって感じですね。映像といい会話といい、ちょっと古い感じはあるかな~。まあ、北川脚本だよね。小道具をどんなに今っぽくしても、古臭さは変わらないな。

脇キャラに重めのトラウマがてんこもり。この手のグループでは「裏ではすごいストレス抱えたオチャラケキャラ」ってのが定番だけど、それが韓国人のジェジュンってひとなのかな?文化が違うからちょっとずれたことする感じが、話を転がす役目になってくる感じ。歌手だからか、演技はアレだけど発音は比較的聞きやすいっすね。
エイタも上野さんもいつものキャラだし、二人の会話のリズムなんかも「何度も見た」感じがあって、恋愛初期のドキドキ感とかが共有出来ない感じはあるかな~。



あらすじ(公式から)
ナカジ(瑛太)とハル(上野樹里)は、ツイッターを通して知り合った。ナカジこと中島圭介は、戦場カメラマンだった父・亮介(吉川晃司)に憧れて同じ道を歩もうとしていた。が、駆け出しゆえに、いまはまだ成人雑誌のグラビア撮影やアシスタントの仕事をしながら生計を立てていた。ハルこと水野月子は、私立高校の非常勤講師。なかなか素直になれないタイプのハルは、いままで男性と付き合った経験もなかった。

ツイッターでのやり取りを通じてナカジに好感を抱いていたハルは、初めて彼に会う機会を得る。何人かのフォロワーとともに、渋谷で会うことになったのだ。ひとりでは不安だったハルは、高校時代からの親友で、子ども服店で働いている西村光(関めぐみ)に頼みこんで一緒に行く約束を取り付ける。

約束の店を訪れたハルと光は、そこでドクターことパク・ソンス(ジェジュン)、リンダこと市原薫(玉山鉄二)と出会う。ドクターは、韓国からやってきて日本の大学に入り、医師になったのだという。リンダは、雑誌の編集者だった。光は、そんなふたりにキャビンアテンダントをしている、と嘘をつく。

ほどなく、店にナカジがやってくる。その顔を見たハルは驚いた。昼間、カフェでハルがコーヒーを倒してしまい、ズボンを汚してしまった相手がナカジだったのだ。その際、慌ててズボンを拭こうとしたハルは、ナカジからチカン呼ばわりされていた。

気まずいまま何となく盛り上がれないでいるナカジ、ハルとは対照的に、ドクター、光、リンダは、2次会に行こうと盛り上がる。ナカジとハルは、ともに2次会をパスして帰ることにした。が、実はふたりは同じ駅を利用する、近所同士だった。

ドクター、光、リンダはカラオケ店に入った。そのとき、ドクターの携帯電話が鳴った。担当患者が急変したから病院に戻る、というドクター。残された光は、リンダをホテルに誘った。

電車を降りたハルは、ナカジに別れを告げてコンビニに立ち寄る。ナカジは、ハルを家まで送り届けるため、外で待っていた。ハルは、そんなナカジに、チカン呼ばわりしたことを謝ってほしいと言い出す。さらにハルは、汚してしまったズボンをクリーニングして返す、といってナカジの持っていた紙袋を取ろうとした。だが、引っ張り合いになった拍子に転んでしまい、足を擦りむいてしまうハル。ナカジは、ハルをアパートに連れて行き、手当てをした。そのときナカジは、ハルのふとした表情に心惹かれ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 素直になれなくて | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。