• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 10(最終)話

たのしかったな~。すごく良い青春ドラマでした
ヤンキーであることを良いことだとはせず、ただ「どうしていいかわかんない」「居場所がない」なかで作った居場所と捉えていた。普通にしてても居場所がある。そんなことに気がついた花は、普通になろうとするんだけど、大事なのはヤンキーかどうかじゃないんだな。「友達がいれば居場所がある」「友達のためにも喧嘩はしないほうがいいけど、友達の為に喧嘩師なキャナランと気もある」そんなバランスの取り方がうまかったと思います。
シャーペンの君=ハナと気がつかないままの告白も、ねーだろ!と思いつつも楽しくて良かったです。
あと、千葉くんの存在は大きかったですね。ヤンキーじゃない子が、いつも「ほのぼの」と元ヤンキー4人を「友達」として捉えてくれていた。ボケているようで、基本的には頭の良い子で「見るべきところは見ている」し、「言うべきことは言う」っていうのもヨカッタ。あんがい、頼りになる男でしたね・・・。



あらすじ(公式から)
大地 (成宮寛貴) は、花 (仲里依紗) に報復するため紋白高校にやってきたヤンキーの 長崎 (古川雄大) たちと、花を庇って乱闘。大地は退学処分を覚悟するが、担任の 堺 (皆川猿時) の指示で正式な処分が決まるまで自宅謹慎することになる。

一方、花は大地が退学処分にならないよう 千葉 (小柳友) や 凛風 (川口春奈) とクラスメイトたちに嘆願署名を募るが、反応は冷たく誰も署名に応じてくれない。自分がヤンキー時代に買った恨みのせいで大地がケンカに巻き込まれたとクラスメイトに話そうとする花を、和泉 (本郷奏多) は 「 大地の気持ちを無駄にするな 」 とたしなめる。大地の思いを組んで長崎の挑発に乗らない花。すると長崎は、和泉にケンカを仕掛け、和泉までも自宅謹慎となる。副会長の大地と和泉が暴力事件を起こしたことで、花、千葉、凛風の三人は堺から生徒会役員を改選することになるかもしれないと告げられる。そして花はある行動にでて…。

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 9話

今回は、最終回前の繋ぎの回って感じでしたね。ヤンキーだった自分と今の自分を変わらず愛してくれるおじいちゃん。表面的な行動ではなく、奥底にある暖かさを理解してくれる仲間。
「ヤンキーだと怖がらずに品川くんをもっと理解してもらいたい」というのは、花の「自分を理解してほしい」という気持ちの転化でもあるんだろうね。
しかし、あいかわらずボケボケの千葉くん。かわいいぜ。


あらすじ(公式から)
花 (仲里依紗) たちの努力?が実り始めているのか、花や 千葉 (小柳友) たちが行った生徒会支持率は生徒会発足当初の3%から大幅にアップし、約半数が支持するとの結果が出る。花はその結果に喜びつつも、支持していない人たちの原因は 大地 (成宮寛貴) にあると詰め寄る。大地は花から一方的に不支持の要因を自分だけのせいにされたことが不服で、花たちに意見箱を設置するよう提案。数日後、「 紋白高校が今まで実施していない文化祭を行って欲しい 」 との投書を発見する。大地と 和泉 (本郷奏多) は期末テストが近いこともあり、投書の意見を却下しようとするが、花は 「 支持率アップのために取り上げるべきだ 」 といい、大地と和泉は署名活動をさせられる。
 その後、大地ら生徒会の署名活動が実り、紋白高校では高校創立以降初めての文化祭が決定!花の提案で大地たち2年A組はオバケ屋敷をすることになる。

しかしその一方、大地は親友の 練馬 (鈴木亮平) から 長崎 (古川雄大) というヤンキーが報復するため “ハリケーン・アダ” を探し回っていると聞かされ、花に忠告するのが…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 8話

大地の進路問題。「期待されてない」「どうせ無理」とすねている大地。でも、あの両親は決して応援してくれないわけないんだよね。
それに大して、「自分の夢とは違う期待をされている」千葉くんをからめました。あのちょっと特殊な家で、優しすぎる千葉くんは母を守りたいという夢との間に迷うわけですね。「やりたい」といいさえすれば応援されるのがわかってるから、千葉くんから見たら大地は甘えてるように見える。
でも、千葉くんのほうも、「母親の影に隠れてる」みたいなことをいわれて、心を決めました。男二人、それぞれかっこよかったね。
しかし、千葉くんは誰に対してフレンドリーで優しくて、なかなかいい感じですよね。しかし、デカイ!あと、ちょい老け顔で、スーツ着たらそのまま20台後半サラリーマンあたりをこなせそう。演技も安定してて、今回も頑張ってました。


あらすじ(公式から)
幼い頃、父親・宙太 (古田新太) の仕事をしている姿に尊敬を抱き、父親と同じ医師になりたいと考えている 大地 (成宮寛貴)。だが、医学部に通う優秀な姉がいるため自分は家族から期待されていないと感じ続けていたため、進学したいという思いを周囲に言い出せず、進路希望について話し合う担任・堺 (皆川猿時) との三者面談をうやむやにしてしまう。

一方、千葉 (小柳友) も、宇宙に関わる勉強がしたいと “理系” への進学を考えていたが、母・エリコ (水野真紀) から法律事務所を営む父と同じ弁護士になるよう “文系” へ進路変更され、堺からもう一度三者面談をし直すよう促される。
自分の目指したいものを周囲に言い出す自信が持てず苛立つ大地と、親からの期待に応えるため自分の希望する進路変更するべきか悩む千葉。お互いに抱えている悩みに気付いた大地と千葉は、ふとしたことから激しい言い争いになる。
ふてくされた大地に 花 (仲里依紗) は…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 7話

千葉君と花って、ほんわか具合が似ててほのぼのするよね。千葉君、つっこみもできるし、凛風さんともいいコンビぶり。
他の生徒たちも、割とのんびりしてて、穏やかでいい子たちって感じで、ダメな花のことも応援できるし、ホント可愛い子たちだな~と思う。
そんななか、一人敏感で凛風の恋心の心配なんかしてる副会長。苦労性よねえ~。



あらすじ(公式から)
大地 (成宮寛貴) たち2年A組は、実力テストに備えて “クラス合宿” を行うことになった。合宿先の温泉地に到着した一同は早速テストを受けるが、花 (仲里依紗) だけが担任の 堺 (皆川猿時) の補習授業を受けることになる。補習のない大地は、千葉 (小柳友) や 凛風 (川口春奈) の目から逃れ、一人で自由時間を過ごそうと外出。すると、通りがかった神社の境内で、父親を待つ幼い少年・壮太 (田中理勇) と出会う。一人でいる壮太が気になり声をかける大地。すると、壮太を探しにやって来た母親・律子 (坂井真紀) に紋白高校の生徒だと気づかれ、なぜか慌てて立ち去られてしまう。

その夜、大地は花から 「 “頭の良くなる足湯” に行こう 」 と誘われるも、「 一人で行け 」 とそっけない態度。夜中、寝付けない大地が外出すると、高校入試の際に出逢って以来、ずっと想い続けていた女の子と遭遇。大地は思い切って声をかけ、翌日の自由時間に逢う約束を取り付ける。

翌朝、すっかり気分を良くして勉強にも意欲を見せる大地が授業を受けようとすると、そこには壮太が紛れ込んでいた。なんと壮太は堺の息子だったのだ!
担任の堺の家族の騒動にも巻き込まれる大地と花。大地の想い人との約束を守ることが出来るのか?花の誘いは… !?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん6話

ちょっとほろ苦い話でしたね。期間限定なうえに勉強もできる和泉はともかく、必死に勉強してついてきてた宮城さんは、やっぱりバイトしながら卒業まで行くのは辛いかもしれない。それでも、自分のために頑張ってくれた人がいるということで一つの区切りをつけて、旅立っていった。彼女が本当に「いかにもよい子」な爽やかさを持っていて、大地や花に比べて大人な部分があるからこそ、「頑張ってみよう」という気持ちになっていくのが素直に伝わってきました。
そして、和泉のサンキューも良かったね。


あらすじ(公式から)
相変わらず成績の悪い 大地 (成宮寛貴) と 花 (仲里依紗) は、隣のクラスの 宮城純 (石橋杏奈) と一緒に追試を受ける。大地は無事パスするも、花と純は再追試となってしまい一緒に勉強することに。ところが、純は校則で禁止されているアルバイトをしていることが発覚し、追試は取りやめられ、停学処分を受ける。

同じ頃、A組では三者面談が実施されることになるが、大地と 和泉 (本郷奏多) だけが面談希望日を未提出。痺れを切らした担任の 堺 (皆川猿時) から突然、家庭訪問を受けた大地は、和泉がまだ面談希望日を出しておらず、そのうえ最近の動向がおかしいと堺から相談される。和泉のことが気になり動向を追っていた大地は、和泉がアルバイトをしている姿を目撃してしまう。
純の一件もあり、大地たち生徒会は生徒会顧問の堺からアルバイト禁止を徹底的に強化する 「 生活指導強化週週間 」 の呼びかけを率先して行うよう促される。大地にアルバイトをしていることを知られている和泉は 「 生徒会に迷惑をかけられない 」 と大地に辞表を預け…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 5話

恋の話。おせっかいでしかないんだけど、まあ花ちゃんらしいかな?ヤンキー君の初恋の君は花なんだろうけど、気がついてね~。次回はこの二人の恋愛がクローズアップされるのかな~。
何気にめっちゃデカイ星矢くんのボケキャラが可愛いというか、いい味出してますよね。唯一の一般人でありながら、怖がらずに自然に接しているところがいいです。


あらすじ(公式から)
生徒会長に 花 (仲里依紗)、副会長に 大地 (成宮寛貴) と 和泉 (本郷奏多)、会計に 千葉 (小柳友)、書記に 凛風 (川口春奈) が就任し、始動した紋白高校の新生生徒会。だが、学年一成績の悪い生徒会長・花とヤンキーの大地&凛風がいる生徒会では当然、生徒たちからの期待は薄く、支持率は早くもナント3%。花は生徒会の初仕事として紋白高校の紹介 VTR を作ろうと思い立つ。

そんな矢先、花と大地は同じクラスの 工藤 (田村健太郎) と サオリ (夏目鈴) が仲睦まじくしている姿を目撃する。クラスではまったく話している姿を見たことがない工藤とサオリの親密な様子に驚く二人。ところが、工藤が他の女生徒たちから“地味で冴えない男”と評されたため、サオリは周囲の目を気にして工藤につれない態度をとり始める。工藤が落ち込む姿を見た花は二人を仲直りさせようと 『 ベストカップルコンテスト 』 なるイベントを開くことを生徒会で提案。またしても嫌がる大地を巻き込み、工藤にサオリを誘ってコンテストにエントリーするよう誘うのだが…。

一方、品川家では大地の父・宙太 (古田新太) がキャバクラに行ったことに腹を立てた母・聖 (堀ちえみ) が家出してしまい、大地は家族にも振り回される羽目に…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 4話

だんだんと仲間が増えてきて、五人になりました。星矢をのぞくと4人がヤンキーもしくは元ヤンキーという生徒会。すごすぎる。でも「トップとってやる」思考の持主はリンカ位か?
他にすることがなくてつまんない。だからトップをとってみたり、仲間をみつけてつるんでみたり。ヤンキーはなぜつるんで喧嘩するのか?というのが、分かりやすく説明されてたんじゃないかと思います。
ハナは「別に見つからなくても友達と一緒に探して行けばいいんじゃないの??」という態度。でも、勉強はもうちょっとしろよ~。


あらすじ(公式から)
大地 (成宮寛貴) の通う紋白高校では、いよいよ生徒会役員選挙に突入。生徒会長に立候補している 花 (仲里依紗) は大地を強引に推薦人とした。大地は花から、“候補者を推薦した者は選挙運動員となり、候補者の支援活動に努める事” という紋白高校の選挙規約を突きつけられ、花の選挙運動に参加するよう強要される。花の選挙運動員としてクラスメイトの 千葉 (小柳友) と、花を慕いA組に転入してきた 凛風 (川口春奈) も自主的に加わり、選挙に向けて気合の入る花。だが、そんな花に、同じく生徒会長に立候補しているクラスメイトの 和泉 (本郷奏多) は冷ややかな態度で宣戦布告してくる。しかも和泉はヤンキーに対して並々ならぬ嫌悪を抱いているようで、何かと大地に挑戦的な態度。
学年で成績最下位なうえ、ヤンキーの大地と凛風を選挙運動員に引き連れている花と、学年一の秀才で眉目秀麗な和泉。当然、生徒たちの間での人気は圧倒的に和泉に集中する。
だが、そんな中、大地は和泉の意外な一面を目撃してしまい…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 3話

「変わった」メガネちゃんだけど、友達を大事にすることも知ってるし、「留年で置いていかれる」経験から離れた友が寂しいことも分かる。でも、彼女の居場所は家族の所なんじゃないかな?と、自分の経験から思う訳ですね。でも、人の居場所ってのは、そんなもんじゃないと分かってくる。
ヤンキー君のほうも、「居場所のなかった高校」に居場所を見つけつつも、「昔からの友人の隣だって俺の居場所だ」ということを知っている。変な遠慮なんかしないでいい。それぞれに、目の前の道を進んでいけば、道が離れることはあるかもしれないけど、「ヤンキーじゃなくなっていく自分」を受け入れて応援してくれるダチはやっぱりダチ。だから、ピンチだったら助けに行くと・・・。
非情に分かりやすい話だけど、キャラクタがみんな一生懸命で可愛くかけてますね。
で、次回からは、あの優等生が大暴れするんですかね~。
しかし、星矢をやってる小柳友くん、生徒集会の中にいると「デカさ」がひときわ際立つね~。デカイな~。


あらすじ(公式から)
大地 (成宮寛貴) と 花 (仲里依紗) の働きかけで、不登校だった 千葉 (小柳友) がようやく登校するようになった。だがその矢先、2年A組に紋白高校の生徒ではない見ず知らずのヤンキー娘・姫路凛風 (川口春奈) が乱入。凛風は花を目当てにやって来たらしいのだが、花は 「 そんな人、知りません 」 と素っ気ない態度。さらには、教室から出て行くよう一蹴する。

その夜、大地は酔っ払って帰宅した父・宙太 (古田新太) を出迎えると、花の祖父・辰夫 (伊東四朗) と凛風の姿が !! どうやら宙太と辰夫が出かけたキャバクラで凛風がバイトをしており、泊まる場所がないと言う凛風を二人が連れて来てしまったらしい。宙太は 聖 (堀ちえみ) に、「 凛風は大地の友達だ 」 とごまかし、嫌がる大地をよそに凛風を家に泊める。すると深夜、大地の部屋にしのびこんだ凛風は、大地にある事実を告げて…。

一方、紋白高校では生徒会の新旧交代の時期を迎え、生徒会長選挙の立候補を募り始めていた。大地は花から自分が生徒会長に立候補するための推薦人になって欲しいと言われる。当然、嫌がる大地だったが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。