• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 11(最終)話

ぶちょおはやっぱり大人だよね。ホタルがどうすべきかってのは「自分で決めなきゃ意味ないよ」という。自分のことも「単に性格的な問題でキッチリしたいだけで、それだけが素晴らしいことではない」とキチンと分析で来ている。こんな人だから「一生懸命働いて、家では干物で充電する」というホタルを理解できるんだろうなあと思ったよ。
たった3ヶ月でも一人で頑張ってみて、ぶちょおが必要としてくれるときはチャンと支えたいというのもホタルらしかった。
最後は1年後の結婚式準備。ちゃんとキスもしたし、いい感じで終われてよかったね~。綾瀬さんの可愛さと、藤木さんのカッコよさが上手くバランス取れてて、楽しかったです。



あらすじ(公式から)
 高野部長(藤木直人)が会社を辞め、転職すると宣言。長いこと考えた末の決断だということを知ったホタル(綾瀬はるか)は自分のふがいなさにショックを受ける。
山田姐さん(板谷由夏)にも「これから先の二人の幸せをどう思い描いているのか」と訊かれ、考え込むホタル。
 一方、瀬乃(向井理)も小夏(木村多江)の店のオープン前にはSWを辞めニューヨークに行くと会社に報告。瀬乃は「一緒に来てほしい」とホタルに告げるのだが…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 10話

お父さん、可愛かったね。ああいう人をちゃんとそのまま認められるのはぶちょおの大人な所だよね。
で、今回は瀬野がウザかったな~。仕事を抜けだすとはいえ、ホタルがいなきゃ困る状況でもなかったし、家族の命がかかってるかもしれない状況なら飛びだすでしょ~。それもまたホタルらしいと思うけどなあ。
ホタルは、自分でちゃんと考えなさいと言われて、次回・最終回で答えを出します。まあ、3か月待つのも悪くはない気がするけどね。ぶちょおの希望に全て合わせることないんだって、この夏の騒動で学んだ気もするしねえ。


あらすじ(公式から)
 世界を旅する吟遊詩人、高野部長(藤木直人)の父・盆太郎(石坂浩二)が突然高野家に帰って来た。かつてホタル(綾瀬はるか)が酔っ払って契約書を交わし、高野家に住むキッカケとなった人物である。部長がホタルと結婚するにあたり「両家の顔合わせに出席してほしい」と連絡をしたので、相手の顔を見に帰って来たのだという。
 しかし部長は、母親が亡くなる時もフラフラと旅に出ていた盆太郎を「父親だと思ったことはない」と語り、ホタルは複雑な心境。
 そんな中、部長に子会社への異動話が持ち上がる。全く違う職種だと知った二ツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)は戸惑いを隠せない。一方、美香(臼田あさ美)の瀬乃(向井理)への思いを知ったホタルは、瀬乃を避けるようになり…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 9話

ぶちょお、しっかりしないとホタルとられちゃうよ~。でも、瀬野は「ぶちょおが好きなホタルが好き」なんだよねえ。揺らがないところがいい感じだと思ってる訳で・・・。
自分はぶちょおに何もできないというホタルのために、戻ってきてくれました。分かれたことで、ちゃんと分かったことがあって、良かったね。
やっとキスもしたし、可愛いラブラブも見れて満足。


あらすじ(公式から)
「少し距離をおきたい」と高野部長(藤木直人)が縁側のある家を出て行ってしまい、しょんぼりしているホタル(綾瀬はるか)。
そんなある日、美香(臼田あさ美)が小夏(木村多江)の店の試食会を開くと言い出す。山田姐さん(板谷由夏)に「後輩の仕事を見守るのも仕事」とアドバイスされたホタルは、黙って見守ることにしたが、いっぱいいっぱいの美香を気分転換させてあげようと会社の仲間との川釣りに誘う。メンバーのなかには瀬乃(向井理)の姿もあった。釣りの最中、瀬乃と二人きりになったホタルは、瀬乃から「部長のいない隙にキスしたらどうする?」と急接近され―――!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2  8話

なんか、すれ違ってるな~。瀬野や小夏のせいじゃなくて、互いの違いが原因になってきた感じ。でも「声を聞くと会いたくなるから香港から電話できなかった」ホタルはかわいいよね。
すでに一緒に住んで、ある意味で「慣れ切った」夫婦みたいな関係になってるから、一度はなれてみるのはいいことだと思う。そうじゃないと変われないこともあるんじゃないかな?


あらすじ(公式から)
高野部長(藤木直人)から「君のご両親に結婚の挨拶をしたい」と言われたホタル(綾瀬はるか)は、まず姉のアゲハ(堀内敬子)に結婚することを報告。
具体的に「結婚」が進むことで、小夏(木村多江)からは「面倒なことが増える」、山田姐さん(板谷由夏)には「部長のために、最低限のことはやったほうがいいんじゃない?」と言われてしまう。
「部長のために!」と、まるで仕事をしている時のようにテキパキと進めていたホタルだったが・・・

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 7話

やっぱり、縁側いいよね~。あの縁側での会話があれば、二人は大丈夫!って思えるから、ほんわか出来るんですよねえ。
子夏や瀬野にドキドキしちゃう気持ちも分からなくはないけど、やっぱりお似合いのお二人です・・・。


あらすじ(公式から)
 高野部長(藤木直人)に自分からプロポーズしたホタル(綾瀬はるか)だったが、瀬乃(向井理)に告白され、話しかけられるだけでドキドキしてしまう。
 ある日、美香(臼田あさ美)たちがパワースポットに行くという話で盛り上がっていた。ホタルは「ぶちょうとの結婚に向けて、頑張り続けるパワーをつけるため」と一緒に行くことにしたのだが…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 6話

ぶちょおとホタルに駆け引きなんて似合わないよね~。ストレートに「結婚したい」というホタルは可愛かった。
でも、瀬野は「干物男」として相性も悪くなさそうだし、ちょっとときめくのも分かるかな。実際に、夫婦になったら家が凄い汚れまくったりしそうだから、「違う二人」なぶちょおとホタルが良いと思うんだけどね・・・。
今回もくだらない言い合いや、ごろごろで楽しく見ました。



あらすじ(公式から)
「結婚はやめよう」と部長(藤木直人)に言われてしまったホタル(綾瀬はるか)。
 同居は変わらず・・・の関係に「ま、いっか」なホタルだったが、山田姐さん(板谷由夏)に「結婚をやめるってことは他の男のモノになってもかまわないってことなんだから」と言われてしまう。「部長をハラハラさせて、もう一回プロポーズさせろ」と高度な恋愛技術を吹き込む山田姐さんに、ホタルは「ぶちょおをほっておく」と決意する。
 一方、契約更新の時が迫っている瀬乃(向井理)は、そんなホタルの変化を感じ取っていた―――。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 5話

結婚するとなったら、色々考えなきゃならない。今のところ上手くいってる同居生活だけど、結婚退職するのか?とかいう問題も出てくるんですよね。
一生懸命に仕事して、後輩たちも出来てという立場になったホタルは、結局は仕事をすることを選びます。味噌汁を一生懸命に作ろうとしてくれただけでぶちょおは満足見たいだし、それでも「まずいもんはまずい」んだよね~。
で、考えて「結婚辞める」とぶちょおは言いだします。結婚したら、同じ部署ではいられないとかそういう問題もあるのかな?結婚するといっても、二人はすでに「長年連れ添った夫婦」みたいなもんなんで、どっちでもいいんじゃないの~って気もしますが・・・・。



あらすじ(公式から)
 瀬乃(向井理)から突然、ホタル(綾瀬はるか)への想いを打ち明けられた高野部長(藤木直人)は、相変わらず家でゴロゴロする“干物女”ホタルを前に「この女に惚れる男がいるなんて…」と複雑な気分。
 一方、瀬乃は、契約社員としての期間更新の時が迫っていた。ホタルを意識しながらも、契約期間が切れたら辞めてしばらく家でゴロゴロするつもりだとホタルに話す。「雨宮も部長と結婚して専業主婦になれば、働かなくてもビールが飲める」という瀬乃の言葉を聞いて、ホタルは「私は専業主婦に向いていると思う!」と部長に告げる。
 「ビバ、専業主婦」を目指すことに決めたホタルに、部長は主婦力を問う「朝食作り」を命じるのだが、朝4時55分に家を出るという部長の朝ごはん作りは、ホタルにとって高いハードルとなり・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ホタルノヒカリ2 4話

向井君が持ち味をだしてきて、いいポジションにつけてきましたね。あて馬と言えばあて馬なんだけど、1のときのぶちょおの「見守りポジション」だから、美味しんだよねえ。
それでも、互いが互いを想いあっていて、それでもなんとなくすれ違ってしまって。相手のことを信じてるけど、嫌な気持ちは消えなくて・・・。そんな恋愛の王道を主役二人が演じていて、とっても楽しいです。結局は、「縁側でビール」という最強シーンが全てを丸く収めてくれるしね!


あらすじ(公式から)高野部長(藤木直人)とホタル(綾瀬はるか)が家でくつろいでいるところに、瀬乃(向井理)と美香(臼田あさ美)が訪ねてきた。大慌ての2人はとりあえず瀬乃たちを家にあげ、「結婚を前提に同居をしている」と説明する。
 驚く瀬乃と美香だったが「ぜんぜんラブラブな感じがないけど本当に付き合っているのか?」と疑われてしまう。
 “ラブラブ”を目指して頑張ることに決めたホタルのもとに、小夏(木村多江)の娘・千夏(石井萌々果)から「夏休みの思い出作りのために、部長さんを貸して欲しい」と連絡が入る。母親である小夏が忙しいため、箱根への一泊旅行に部長とふたりで行きたいという千夏のリクエストに答えるホタルだったが、その旅行には小夏も行っていることがわかり―――。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ホタルノヒカリ2 | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。