• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 7話

オッパーとユミさんのことを想って、身を引こうとするウンソ。テソクとつきあってみようかなとかいうから、ジュンソオッパーは哀しくなってしまう。スンホン君定番のはにかみ笑顔と、眉を潜めての瞬き+ため息です。夏の香りやローファームと演技はあまり変わりませんが、ま、カッコ良くはある。女性視聴者の気をひくには確実な仕草だよね。テソクもくっさいアプローチでウンソにせまります。かわいいけどウザい。ウザいけどかわいい。無邪気なのは宜しいが、図々しすぎ。
オッパーはもう辛抱たまらん!ので、打ち明けようとするし、ウンソにも「テミンを愛してない筈だ。(愛してるのは俺だろう)」と自信ありげに強気に出ます。いい男だから許される強気。(てか、いつのまにそんなに好きになってたのか。淡い兄妹愛じゃないと自覚しとったんか。1-6話を見直すべきか?)でも、そこに両親登場。ウンソにとっては、オンマ>オッパーなようで、オンマとのシーンは泣けます。シンエもこうなると可愛そう。魚目で苦手だけど、彼女の立場のなさったら究極。
オンマは「永遠にウンソを愛してあげて。妹として。」って、オッパーは前者はいいけど、後者はもう無理。でも、「お前をなくしたらおれは何もない」といいつつ、「一生傍に居たいから、兄妹として」って言っちゃったよ。気持ちを明かすなら最後まで突っ走る。抑えるなら何も言わない。どっちかにしろ。ヤケ酒のあいてはテソク。米国帰りだから、他に飲む人もいない。ウンソの可愛さを語るオッパー。危ないです。おバカなテソクは無邪気に聞いてます。
でさ、好きじゃないならユミとは別れなよ。努力はするけど好きじゃないって最悪だ。
廃校をでたウンソですが、寮に入れなくて戻ってきます。でもユミといるオッパーを見たので、別のところに行こうと・・・。送っていくというオッパーに後ろから抱きついて、兄弟に戻るのね・・・。これもヘギョがかわいいから許される。
さて、1-6話無料配信中だし、チェックしてきました。やっぱ、最近の2話くらいで急にラブラブなんだね。初めっから好きだったって奴か。何かあって好きになったとかじゃない二人。ちょっとした二人のシーンでも、無言で気持ちが通じてるとは思う。やっぱり、家に帰っておんぶしてもらったあたりかな。で、絵を描いたことで自覚するって感じか。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 最終話

ジュンソ、ユミが留学すると聞いて会いに来ました。あんなに大騒ぎしたけれど、「私は忘れるけど、たまにでよいから、私を思い出して」だって。うーん、やっぱり微妙に粘着なのは変わらないのね。
ウンソは廃校のジュンソの家に帰って二人で暮らしてるんだね。ジュンソがつきっきりでフォローしてるけど、写真撮ってと言っても、「他の人も写真は見るからいやだ」とか、ジュンソ兄ちゃんは結構わがままなのよ。ま、ジュンソの扱いかたを心得てるウンソに頼まれちゃうと、結局は言うこと聞いちゃうのがジュンソ。
喀血しちゃったウンソ。シーツをこそっと隠すんだけど、そりゃばれるわな。
テソクが見舞いに…。微妙に拗ねてるジュンソ。一番つらいのはウンソなのに、それでも笑顔で頑張ってるのに、ジュンソは頑張ってるウンソが可哀そうで笑えないし、いらだっちゃうんだよね。
テソクの、「僕も諦めるから、神様もウンソの事を諦めて、連れていかないで」という教会での祈りは、セリフも良かったですね。ウォンビンの演技はまだまだだけど。
ウンソは、死んだあとに写真をずっと持って置いて欲しいっていうんだけど、ジュンソは一人では逝かせないって方向に気持ちが傾いています。やっぱり、2度も手放してしまったから、もう手放せないって気持ちなのか。でも、写真を母親に渡したことで、ウンソはジュンソの気持ちに気が付いてしまいます。ウンソ必死の説得ですが、ジュンソは「絶対に嫌だ。お前なしで一人で生きるなんて、残酷すぎる」とポロポロ泣きます。「お兄ちゃんを殺したくない」とまで言われて、なんとか、もう考えないって約束をしてくれました。
花とウェディングドレスと、ライトアップまでジュンソは用意して、二人だけの結婚式。
死期を悟ったウンソは、海に連れて行ってとねだります。「残った人たちの心配しないよ。お兄ちゃんがいるから」ってウンソ、ジュンソも「心配しなくて良い」って言ってあげました。「人生、どの瞬間も互いを愛してた。」(って、エー、兄妹だと思ってた時は?兄妹愛ってのも含めての愛ってこと?)
昔みたいにおんぶしてもらって散歩。そのままウンソは逝ってしまいました。何度も何度もサランヘって話しかけるのが、凄く悲しかったです。「明日は何する?何食べる?散歩しようか?」って話しかけながら、何時間も散歩したみたい。
お葬式。二人の母、父、そしてジュンソ。皆、それぞれの思いを抱えて、支え合うことも出来ないのが、とても可愛そう。
ジュンソは僕のやり方で送ってあげたいからと言って、テソクに海への散骨をお願いしました。一人、二人の思い出の土地をめぐるジュンソ。「お前が呼んでくれるまで、ここで生きるよ。」と言ったはずなのに、なんと事故に会ってしまいました。これは、死んだんだよね?うーん。ウンソ、呼ぶの早っ!ってそういうことじゃないのか。
その後は回想シーン。ドラマ中は、この優柔不断野郎!って感じで好きに安れなかったジュンソですが、いい表情してるんですよね、スンホン君。ま、肩透かし食ったっていうか、「禁断の愛」っていうのが、あんまり書き切れてなかったので、がっくりでした。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋の童話 15話

ウンソ倒れた。ジュンソは駆け付けたけど、ウンソは手術、そのまま昏睡。医者はこのまま亡くなる可能性や、骨髄移植ができなくなる可能性を説明。ジュンソはショックすぎて病院から逃げ出しちゃうんだよね。テソクに「逃げるのか」って怒られてたけど、ほんとヘタレ。見舞いにも行かないで、黙々と絵を描いてます。
絵も燃やしちゃうし、ユミにも冷たく「ユミは知ってたんだから何にも変わらないだろ。渡米する。」ユミは「私から別れて言うのは申し訳なくて出来ない。だからあなたから振って・・・」うーん、面倒なカップルだ。
テソクは献身的に看病を。そこに、ユミが、ジュンソを説得してとお願いに・・・。ユミってほんとうに、ちょっと他人の視点で考えて見れないのか?
両母親の涙、そしてシンエのウンソのものを奪ったという罪悪感。奪った以上は病気も私のものでなければ?って思うシンエの気持ち。
ウンソ危篤状態に。テソクがジュンソを呼びに行くんだけど、完全におかしくなっちゃってて、眼の焦点あってないし。
やっと病院に行ったジュンソ。必死に語りかけてるうちに眠っちゃったんだね。でも、ウンソ「おはよう、お兄ちゃん。私、家に帰りたいわ」って目が覚めたよ。で、ジュンソの馬鹿は医者にも知らせず、テソクにも知らせず、連れ出しやがった。再会した海と学校に。そして、一晩ゆっくりジュンソの胸で眠ったウンソ。奇麗なシーンでしたね。でも、やっぱ勝手に退院はヤバいって・・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 14話

ウンソの闘病とそれを支えるテソク。
ジュンソは思い出の別荘で心の整理。あの木に会いに行ってたそがれちゃったり。
シネは悪態つきながらもウンソの願いを聞いてウンソの生みの母の手伝い。いい奴じゃん。そこに、骨髄移植のために母親にお願いにきたテソク。ウンソの病気を知ってしまいます。
ウンソも別荘に。間に合わなかったと思わせといて、ジュンソが車バックさせたの驚いた。何も知らないジュンソと最後のデート。「心で愛し合おう。そして、ユミとテソクを大事にしよう」って約束のキス。帰りにウンソは調子が悪くて、おんぶのお願い。
ジュンソの一家にウンソ母はウンソを助けてあげてとお願いに。ユミがショックを受けてテソクに確認に来ました。どうすれば?って言われたってなあ?好きにしろって言ったテソクGJ。
ウンソの病院に親たちが見舞い。静かな親子の時間。でも、ジュンソには何も言わないってことに。ユミはわざわざ病院に行って、「どうしたらいいの?」ってあんたの気持ちを考えて、遠慮するに決まってるジャン。治るから気にしないでってウンソは言ってるけど、骨髄提供者がいないんだよ。あんた調べなよ。
ウンソ危篤。それに耐えきれなくなってユミがジュンソに告白。病院にかけつけても会えない。「まだサランヘヨって言ってない。サランヘヨ!」

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 13話

ウンソは余命の間だけ一緒にいてほしいとねだりますが、ジュンソに「本当に出来るのか?」って問われて、「お兄ちゃんはこうするしかないんだ」って言われてしまいます。ジュンソは余命のこと知らないとはいえ、なんでウンソがそんなこと言うのか、ちょっと考えてみなよ。ウンソの性格からして、おかしいって思いなよ。で、結局ウンソは倒れて病院に。
ジュンソは何も知らずに、テソクに「ウンソに何かあった?」と問い詰めに来ます。どうやら、テソクが何か悪いことしたって思ってるみたい。なんかなあ。そこに、病院から電話。ジュンソはテソクが癌の本見てるのを見て、ちょっと気には掛かってるけど、友達だっていわれちゃいました。でも、一晩考えて、ユミに数カ月だけ時間をくれと願います。ユミは「分ったから、永遠に行ってしまって」って泣くもんだから、ジュンソも行けないんだよなあ。
テソクはジュンソに黙っていることを約束し、ウンソの看病をする許可を取り付けます。謝りながらも、テソクに頼るしかないウンソ。家族にも黙って、就職したからソウルに移ると嘘を言って、病院に入る準備をします。どうしてこんなに健気なんだろうねえ、ウンソ。シンエとも最後だからって一緒に帰ろうとするウンソ。ママのことをお願いって、言い残すウンソ。うーん。優しい子だ。最後にってジュンソ母のところに泊まりたいって頼んで、一泊しました。ごめんなさいっていうウンソに、あなたを思うと幸せになるわっていう母。この母に育てられたから、ウンソは優しいんだよね。
ジュンソは酒浸りの日々。そこにテソクがウンソを連れてお別れに。二人で話そうと言うジュンソ。止めるユミを制して、テソクがその場を作ってあげたよ。でも、病気のことは言わないんだ、テソク。でも、気がつかないジュンソが悪いって気もする。明らかにやつれているんだけど、ジュンソ気がつかないのか?ソウルで働くからって言い訳信じるのか?もう待たない。だから先に行くっていうウンソ。ウンソは「テソクと二人で逃げる」ってジュンソに嘘をつきます。で、ここまで追い込んどいて、「俺の気持ちは分かってるよね」っていうジュンソ。残酷だ。ウンソがテソクと生きるのは嫌なんだな。自分は好き勝手やっておいて。それで、その我がままを受け入れてあげるウンソ。「分かってるけど、出来ないでしょ」って言ってあげるウンソ、大人。後悔してるって言っちゃうジュンソ、子供。
ジュンソはその後も酒浸りなんだけど、ユミの病院からの留守電で手が治ってるってのを知ってしまいます。ジュンソは家族の集まりに酔っ払いでやってきて、ユミを拒絶。ユミの涙も効果はないみたい。でも、ユミへの怒りよりも、ウンソとの仲は無理なんだって悟っちゃったみたい。「ウンソのところには行かない。一人になりたい」って旅に出ました。「ウンソは終えたのに、僕だけひきづっている。だから旅に出て心の整理をしていくる。ちゃんと帰ってくる。」それがジュンソの決断みたいだけど、どうなんだろうねえ。穏やかな愛情をユミとの間につむいでいけるだろうか?ムリ。
辛い治療をつづけるウンソに、テソクはお守りとしてって言って指輪をプレゼント。でも辛い時にウンソが呼ぶのはオッパーなのだ。可愛そう。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 12話

ジュンソとユミは、いつまでジュンソはウンソを見ているのか?って事で喧嘩。ジュンソは「そばにいるだけじゃ不満なのか!」って怒っちゃいます。心まではどうにもならない。それは分かってたことなハズなのに、一つ得たらもっと望んじゃうものだよねえ。2ヶ月後、学期が終わったら渡米して、もう韓国には戻ってこない。それだけが、与えられる全てだというジュンソ。
ウンソは白血病の宣告を受けて、思わずジュンソのところに行っちゃうけど、偶然ジュンソとユミが一緒にいるのを見て、声をかけずに帰ってしまいます。
ジュンソ母のところに逃げ込んだウンソ。具合悪いってのはすぐバレちゃう。風邪ってごまかして、優しくしてもらうウンソ。彼女、もうジュンソ母の娘としてこの家にいればよいのに。
ウンソは自分の家に帰って、産みの母から、同じ病気だった父の事も聞きだします。この父親がダメ親父だった話から、「やっぱ、罰があたったんだ」っていう意識になっちゃうウンソ。
手術うけるお金がないウンソ。安静にしてないと駄目だって言われるけど、そういうわけにも行きません。さらに、テソクにホテルを解雇されちゃいます。テソクは彼なりに考えてやってるんだろうけど、お金で買うっていうのに、今のウンソは泣きながら「だったら頂戴」。だって、本当に必要だから。
家に帰ったウンソをなぐりまくる駄目兄。怪我するのがヤバいので、ウンソは逃げてジュンソの所に。渡米するまでの2か月、たまに会ってはダメかと聞くウンソ。でも、自分で「駄目だよね」って言っちゃうウンソ。ウンソは一生の別れのつもりで「ウンソはここで幸せに暮らしてると心の隅においておいて」とお願いします。悩んでるのはジュンソだけど、悲しいのはウンソなんだよね。ジュンソにイマイチ同情出来ないのは、より辛いウンソ以上に苦しんでるってことがあると思う。
ユミの腕は好転するけど、それでジュンソを縛ってる彼女は、「もう治らない」って報告しちゃいます。ウンソを思って泣いてるジュンソと、ジュンソの服を借りたウンソを見かけちゃったしね。で、そう聞いたらユミを抱きしめちゃうのがジュンソ。こやつは・・・。
テソクはウンソが落して行った薬を発見。ガンってことに気がつきます。ウンソに「チャンスをくれ」と頼みます。好きな理由を3つあげてってのに「理由がない」って答えたウンソ。ウンソは愛するのには理由がないって考えだから、愛されてるって感じたと思う。でも「理由がないからダメ」って突っぱねます。それでも、「何も欲しがらないから、病気を治すのを手伝わせてほしい」と願うテソク。広い愛だよねえ。でも、テソクは、治ったら「やっぱ愛してくれ」って言うタイプだと思うよ。
ウンソはテソクの治療の援助を拒みます。仕方なくジュンソに相談に来たテソク。ウンソに何かあったとすぐ気が付くジュンソだけど、テソクは言いだせなかった。
ウンソはどんどん悪化して、覚悟を決めたみたい。もう一度ジュンソに会いに。「アメリカに行かないで、私と半年だけ一緒に暮らしてくれない?」とお願いします。最後の半年だけを彼女にあげてくれないかなあ?駄目かなあ?どれでジュンソはユミに返すから・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 11話

ジュンソと別れたウンソ体調悪いです。
ユミが自殺未遂したことを知ったテソクはウンソを呼び出したんだけど、ウンソ倒れちゃったよ。テソクはちゃんとジュンソに連絡して、病院に来いって言ったよ。エライ
かいがいしくユミの世話をしてたジュンソは、ユミのために「行けない」って言っちゃうんだよ。これは、テソク怒るよな。お前が守るというから諦めたのに、なんでなんだよ!
で、ジュンソがやっと行こうとしたら、ユミがまた嫌らしく「いってらっしゃい。待ってるから」とか言うんだ。そう言われたら行けないじゃん。
二人が別れたと知ったジュンソ母がウンソを訪ねてきます。ウンソは「私たち錯覚してたの。大丈夫」って、健気すぎる。ウンソは育ての親のもとに。
ジュンソの所には父親が訪ねてきます。今でも、ウンソに気持ちがあるジュンソ。「愛してるから一緒になりたかった。つらくなくなる方法を教えてくれ。このまま、辛いままだったら、どうすれば良いのか。」と、父親に心情を吐露します。ジュンソ馬鹿だなあと思うけど、ジュンソの泣きそうな顔見てると、やっぱ気の毒になる。
で、時は少し流れ・・・。テソクはウンソと結婚するつもりで、ソウルで家族の説得に頑張ってます。でも、ウンソは拒否。
どうしてウンソの働くホテルでジュンソの展覧会とか開くかなあ?ユミが決めたって、ジュンソも情けない。で、ユミよ。「あなたが抜けがらみたいで確認したかった」って言ってるけど、あんたが「抜けがらでもいいから」って言ったんじゃん。
ま、やっぱ会っちゃうよね。で、「ユミさんみたいには私は出来ない。だから、逃げる資格ない。錯覚だったんだ」ってウンソは言うんだ。まるで、自分にいい聞かすみたいに。でも、ジュンソは「あれは錯覚じゃない」って半泣き。ウンソは「テソクと結婚するの」と諦めさせようと、嘘までついて頑張ってます。ウンソは苦労しただけ大人。ジュンソ、「言いたいことは沢山あるけど、言っちゃいけないことばかりだから、何も言えない」だってさあ。ウンソが小指だけでちょっとだけジュンソに触れて泣くシーン。エロイっすやっぱウンソの健気さには泣けます。
展覧会に来たテソク。「ジュンソは純粋に愛してるのか?」と問い詰めます。当然、テソクは怒るわな。ウンソに無理やり着替えさせて、二人でいる所をジュンソに見せつけます。ジュンソ怒ってウンソだけ連れ出しちゃったよ。テソク気の毒すぎる。
で、二人で話してるところを、ユミ母とユミに見られて怒鳴られちゃった。テソクが救いに来てくれたけど、ジュンソは思わずユミに怒鳴っちゃった。
そうこうするうちに、とうとう鼻血ですよ。ウンソ悲劇へまっしぐら。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋の童話 10話

「どうしようもない、抑えられない。結婚する。」ウンソもジュンソもそう宣言。でも、認められるわけないよね。
ウンソの生みの親は「育ての親の家に行って、幸せに暮らしてほしい。ジュンソへの気持ちは、離れたから罹った心の病だから、愛ではない」と諦めるように説得します。
ジュンソは、「僕のことだけ考えて、心配せずに、幸せになろう」だって。不安がるウンソに、「君の罪を許す」っていう子供時のいつもの会話が効いてました。苦しみながらも、ウンソとジュンソは廃校で仲良くくらしてます。でも、周りの人は、次々と不幸になる
まず、ジュンソの母親が倒れちゃった。ウンソを責めない母親は素晴らしい。ジュンソ父はウンソに留学を進めるけど、ジュンソがやってきて、父親と喧嘩に。
次はテソク。「本当に俺を愛してなかったか?」と質問するが、「一度もなかった」とウンソ。また女遊びの日々に戻って、客室係りのウンソに見せつけてます。しかし、ウォンビンは新人だからか、演技ダメだねえ。スンホンが引く演技だから、押す演技で良いと思うけど、押しかたが下手というか、芯がない感じ。
ユミはジュンソの気持ちを理解して別れると言いにきた。でも、自殺未遂。ここでジュンソはユミを突き放せないんだよ。心配する気持ちは分かるけど、余計に傷つけるしダメだろ。ユミも「あなたに悪い。」って言いながら、ジュンソが罪悪感持つような話ばっかりしてて、それも嫌。少なくとも、自殺未遂の結果は、あんたが自分で選んだことの結果だ。
さらに、勝手に居なくなるという暴挙。ジュンソはウンソとの約束を後回しにして(行けないかも、待たないでと連絡はしたみたい)、探しに出てしまいます。見つかったら、ワザとらしく海に入っていくユミ。ええ加減にせんか。捨てられたら死ぬと大騒ぎ。哀れでもよいから一緒にいて欲しい。それで、ジュンソは「もう、どこにもいかない」って言っちゃったよ。ええー。違うだろうよ。「一緒にはいるけど、ウンソと二人で!」くらいの事を言ってやれ!馬鹿なジュンソ。ウンソは一人でずーっと待ってます。
次の日、ウンソも最後を覚悟してジュンソに会います。ユミはウンソに「ごめんなさい。こんなつもりは・・・」いやあ、そんなつもりだっただろう。ウンソは健気に「お兄ちゃんは貴女から離れない」だってよー。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。