• 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

秋のコンチェルト33・34(最終)話

終わりました~。トォイエが好きな顔だったから最後まで見れた・・。ムーチェンがムカつく女だった上に、クァンシーがダメ男だった。

やっと、トォイエがいなければ、私たち親子は生きていけなかった」と口にしたムーチェン。いままで、「迷惑だ」みたいな態度ばかり取ってたから、ムカついてたけど、素直に感謝してくれて安心したよ。トォイエが報われなさすぎるからさ~。
チーシンをかばおうとするトォオイエだけど、チーシンがすべてを思い出してしまった。チーシンを守りたかったのに、トォオイエが助かったからって良かった~とは思えないよね。でも、「早く帰ってきて、このボタンをつけてくれ」っていうトォオイエはかっこよかった。
あと、6年前に去った理由を、トォイエから話させるのは・・・。トォイエ気の毒すぎ。恋愛の敗者に「ムーチェンはお前だけを愛してきた」なんていわせるなよ。一応「真実が人を救う」という裁判での流れがあるんだけど、それはムーチェンだってきいてたわけで、自分で言えよって感じ。
チーシンが自分の過ちを堂々と認めるのに対して、ムーチェンは勇気がなさすぎ。他人が伝えると「母親の願い」となってつたわるでしょ?本人が「自分の意思で決めた」ということと一緒に伝えるべきだと思うのね・・・。

母親との和解は単純に良かったなと思いました。父親と「いい思い出」だけを残してほしいと願う母の気持ち。でも、悪いのは不倫した父親で、それで自殺したという結果。
クァンシーは疑い・苦しめあうよりも、花に囲まれた田舎での生活がいいと思って、離婚に踏み切る。確かに、ムーチェンもシャオラーも村で暮らした方が幸せになれそうな気はする。
逃げてばっかり・・・というシャオラーの後押しで、やっと気持ちを伝えあうことができた二人。迷惑な二人だったよね~。

トォイエとイーチンが結局は上手くいったのも、まあ良かった。イーチンが実は普通の控えめな女性で、娘になろうと養母のまねをしてただけでよかった。イーチン、ナチュラルメイクだと綺麗だしね。



あらすじ(公式から)
33話 明かされる真実
トゥオイエの裁判が始まった。検察側は殺人未遂罪での厳罰を求める。ムーチェンはトゥオイエのために証言。クァンシーは検察側の証拠や証言の無効性を主張し、トゥオイエの自白の疑問点を指摘。真犯人はチーシンとの大胆な仮説を披露する。トゥオイエは狼狽し激しく否定する。だが、そこへ記憶を取り戻したチーシンが現れ、自分がファンを刺したと告白した。釈放されたトゥオイエから、クァンシーは6年前にムーチェンが去った本当の理由を聞く。
34話 幸せは、きっとすぐそこに
クァンシーは父親の死の真相、母が自分のためにうそをつき、憎まれ役に耐えてきたことを知る。ようやく母親と和解したクァンシー。母はムーチェンとのチャンスを捨てるなと励ます。一方、ムーチェンもトゥオイエから、正直な気持ちをクァンシーに伝えろと励まされていた。だがクァンシーは、ムーチェンの元へ離婚協議書を届けさせ、アメリカへ旅立とうとしていた。クァンシーが、シャオラーの親権も手放して離婚を申し出たことに、ムーチェンはショックを受ける。そして…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト31・32話

トォオイエを助けようとするムーチェンに、嫉妬するムーチェン。これは、一度はトォイエと結婚すると言ったムーチェンが悪い。両方共を傷つける結果になった。
「6年前去った理由」と言わずに去ったムーチェン。つまりトォイエのために去ったと思う状況だよね。
離婚を決意したクァンシー。でも、ムーチェンが去った理由を知る母が「愛する人のために嘘をつくこともある」という。この言い方から、母は父の死について嘘をついてきたのでは?と思い始めます。ま、子供が喪失の苦しみを母親のせいにしてたってだけの反抗で、いいかげん反抗期でもないでしょう・・・。

トォイエは、チーシンを守るために、自分がすべての罪をかぶろうとしてた。本当はチーシンがやったけど記憶がないみたいで「私が代わりに罪をかぶる」というチーシン。その言葉ですべてを悟ったトォオイエは、自首することを決意。チーシンが作ってくれたお守りをチーシンにつけて、「ずっと傍にいて守る」というトォイエ。ムーチェンを守っていた時もだけど、この人は与えるひとなんだよね。

ムーチェンは「あなたが殺人なんてするはずない」というけど、「俺のために傷ついたチーシンを守るためならなんでもする」という。ショック状態に陥ったチーシンを抱きしめて「大丈夫」と必死になだめるトォイエ。「俺が殺した。母さん、分かってくれ。大切な人を守るためだ」というしかない。

ムーチェンの方は家政婦に「優しくなられたのはムーチェンのおかげ」とか言われて揺れてるけど、私生活のクァンシーはイーチェンといるときからとても優しかったよ。イーチェン無視すんなよ。メチャ優しい女性だったじゃないか。



あらすじ(公式から)
31話 家族の絆
クァンシーはムーチェンとやり直すことを期待していた。だがムーチェンがトゥオイエのために結婚指輪を質に入れ、それを最後まで打ち明けなかったことに傷つき、彼女を再び信じられなくなる。そこへ、トゥオイエがファンを刺して自首するとの連絡が入り、ムーチェンはクァンシーを置いて花田村へ向かってしまう。逮捕されたトゥオイエは罪をすべて認める。ムーチェンの願いを受けて、クァンシーはトゥオイエの弁護を引き受けることにするが、二人の関係は最悪の状態に…。
32話 殺人の記憶
離婚を決意したクァンシーに、母親のファン理事長は「愛する人を傷つけまいとして、人はうそをつくことがある」と諭す。その口ぶりから、クァンシーは父の死に初めて疑問を抱く。その一方、トゥオイエの裁判に向けて準備を始める。だがトゥオイエは非協力的で、何かを隠している様子。チーシンは事件の核心部分の記憶を失っていた。クァンシーはチーシンがカギを握っているとにらむ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト29・30話

ムーチェンが主人公だからって持ち上げられすぎ。私は「冬のソナタ」は今まで見た韓国ドラマの中でも一番ヒロインが苦手な作品なんで、台湾版「冬ソナ」というタイプのヒロイン像が苦手なのかなあ。

だって、村では実質的にトォイエが父親役だったじゃないか。「頼りたがらなかった」といっても、実際には頼り切ってたぞ。シャオラーは自分と遊んでるだけだと思ってた時だって、トォイエが面倒みてたんだぞ。村の人なら、みんな朝から晩まで働いてるのが普通だ。トォイエを頼って花田村にいったのに、頼ってなかったみたいな言い方はトォイエにひどすぎ。シングルマザーで頑張ったのは私と同じ!って姑が好意的に受け止めてるんだよなあ。
とにかく、トォイエが報われなさすぎて、脇役とはいえ、気の毒すぎる。妹みたいなチーシン救うために犯罪者になってしまうみたいだしさ・・・。

「6年前去ったのには理由がある。怒るのは分かるけど・・・」って思わせぶりなことばかりいうムーチェン。言うか、まったく言わないかどっちかにしなよ!!tって感じ。



あらすじ(公式から)
29話 妻への疑惑
ウー・リーフアの一件以来、距離が縮まりつつあったムーチェンとクァンシー。だがムーチェンは、トゥオイエの母親から、息子の窮地を救うために金を貸してくれと頼まれ、金を工面するために結婚指輪を質に入れてしまう。それを知ったクァンシーは怒り、ムーチェンの本心が読めずに困惑する。夫婦仲を案じた部下のゲリーの進言を入れて、クァンシーは離婚訴訟の依頼をしてきた顧客との面会にムーチェンを伴う。面会場所は海辺のリゾートホテル。そこに現れた顧客はチャン・アイリーだった。

30話 命がけの救出
アイリーはムーチェンを監禁。その間にクァンシーを誘惑しようとするが、その様子を写真誌の記者に撮られる。浮気スキャンダルになりかけたところに、ムーチェンが現れてクァンシーの名誉を守る。だがクァンシーと二人きりになると、ムーチェンはクァンシーとアイリーとの仲を疑って不満をぶちまける。本心を聞いたクァンシーは、自分も同じようにトゥオイエとの仲を誤解していただけかも、二人はまだやり直せるかもと口にする。一方、トゥオイエはチーシンを救うためファンに金を渡す。だがファンに殺されかかり、もみ合いに…。気づくとファンの首には燭台が刺さっていた。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト27・28話

ムーチェンが関係をきっても、シャオラーはトゥオイエに会いたいって電話してくる・・・。トォオイエ切なすぎる。子供は残酷だよね。パパとは認めなかったのに、ずっとアニキでいることは求めるなんて・・・。それもこれも、あいまいな態度で利用してきたのが悪いんだろうけど。
トォイエはチーシンを救出して、彼女とくっつくのかなあ。妹にしか見えないみたいだけど・・・。急に、彼女のキャラをいじって魅力的にしようという努力がみられますね。トォイエとイーチェンだけには幸せになってもらいたいので、もっと魅力的にするように頑張ってほしいです。

正直、ムーチェンとクァンシーは周囲をあれだけ傷つけておいて、だらだらとひどい関係を続けているのが感じ悪いんで、まったく感動しません。すきにやってろって感じ。
あと、やっぱりムーチェンって無神経だよね。代わりに謝罪にいっても、自分が満足するだけで、相手は傷つくだけでしょ。「福祉士が来る」って言ってるのに、同じ経験があるってだけで「共感できる」って話をして、「自分は助けてもらったわ~」なんていって、ホント無神経。
それで、刺激して彼女を加害者に変えてしまったじゃないか。それなのに、皆が感謝し、かばうんだよねえ。クァンシーの母あたりが、この子の無神経さをしっかり怒ってしつけてほしいよ。
クァンシーの行動も、裕福で仕事に困らない人間だから出来ることって感じで、それほど感動しない。


あらすじ(公式から)
27話 レイプ事件の傷跡
クァンシーはリーの性的暴行の証拠となるDVDを自身が所持していたことを知るが、リーの代理人だった立場上、動きが取れない。ムーチェンはクァンシーを助けるため、夫に代わってウー・リーフアに謝罪し、彼女の力になろうとするが拒絶される。一方、トゥオイエは、家出したチーシンがファンに捕らえられていたことを知る。
28話 罠に堕ちたチーシン
ウー・リーフアはリーを殺そうとする。止めに入ったムーチェンは、クァンシーをかばって刺される。クァンシーは良心に背いてリーの弁護をしたことについて、ウー・リーフアに謝罪。弁護士生命を危うくすることを覚悟の上で、証拠DVDを警察に提出する。病院からの帰り道、二人は公園で傷ついたひな鳥を助ける。6年前と同じ状況が繰り返され、6年たっても実は何も変わっていなかったのかも…と口にするムーチェン。一方、トゥオイエはチーシンを救おうとファンと直談判。だが、百万元の大金を要求される。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト25・26話

イーチャンがイイ子すぎる。イーチェンに助けられて温かい気持ちでいたことの時を簡単に突き放すクァンシーが信じられない。「ちゃんと向き合って、自分のことを考えて」と言ってくれる。友人であり恋人であり、素晴らしい人。この人を逃しても、「愛してる」ってことが全てを超越するのかねえ・・・。
ムーチェンの方も「好きだ」ということを認めないまま、「トォイエのため」とかいって結婚するとか、他人のせいにするなよ。無駄にトォオイエを傷つけてさあ・・・。「物事のいい面を見て。シャオラーに父が出来る」って、だったら「もっと早くトォイエと結婚すれば?」って感じ。いい面が沢山あるのに、それを見ようとしなかった」じゃん・・・。快く送り出してあげるなんて、トォイエはいい男過ぎる。イーチェンみたいな素適な人を見つけてほしいよ。友達には戻れないと言われてショック受ける資格なんて、ムーチェンにはないだろ!!ホント、主人公が好きになれないわあ・・・。



あらすじ(公式から)
25話 強いられた結婚
イーチエンは、クァンシーにムーチェンと向き合うことを勧めて去っていく。シャオラーを奪われたくないムーチェンは、逮捕されたトゥオイエを救い、シャオラーに家庭を与え、クァンシーに機会を与えるためにと、クァンシーとの結婚を決意する。だがクァンシーはトゥオイエとの関係を疑って、ムーチェンに冷たく当たる。釈放されたトゥオイエはムーチェンの結婚を知り、深く傷ついて別れを告げる。
26話 仮面夫婦
クァンシーと暮らし始めたムーチェン。だが二人の関係はギクシャクしたまま。ファン理事長もクァンシーのこの結婚に不満で、シャオラーを孫と認めない。そんな中、性的暴行事件の被害女性で原告のウー・リーフアが自殺未遂を図る。被告リー・ワンツァイの代理人を務めていたクァンシーは、犯行の模様を撮影した証拠DVDの隠滅を図ったとマスコミに書き立てられ窮地に。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト23・24話

感動的なのかもしれないけど、結婚式当日に放りだすのはイーチェンに対して失礼すぎると思うわ。イーチェンは優しいからしないだろうけど、復讐されても仕方ないのはクァンシーの方だろ??
そういう状況を予測しないで、フラフラと思い出の場所に行くムーチェンにも同情できません。トォオイエとやっていくんじゃなかったのか??ま、クァンシーは「裏切られた」という意識でムーチェンを見てるから、すんなり恋愛にはならないみたいだけどさあ。
ムーチェンも、受け入れるならば、トォイエの真摯な気持ちを裏切らないようにして欲しいっす・・・。
憎んでるからとか、シャオラーとトォイエのためとかいって、本当は「結婚したいからする」なんじゃん??そこを奇麗に飾ろうとするなよ~って感じがするなあ。
イーチェンの方は「彼を失うのが怖かったから」と自分の非を認めてるけど、クァンシーを苦しめたくなかったのも本当だと思うんだよね。今のクァンシーがあるのはイーチェンの支えがあったからだとおもうんだけどねえ。



あらすじ(公式から)
23話 よみがえる記憶
結婚式前夜、クァンシーは今に生きる覚悟を決める。だが直後、シャオラーに贈ったバングルの中からSDカードを発見。データを開くと、ムーチェンと共に写った自らの写真が…。そこから一気に記憶がよみがえる。翌日、ムーチェンが教会で式の準備をしていると、クァンシーが現れ、外へ誘い出す。向かった先は、6年前クァンシーがムーチェンを引きとめようと追って走り、ツァイに刺された場所だった。自分を捨てたムーチェンをなじるクァンシー。イーチエンとの婚約も破棄し、シャオラーを引き取ると宣言する。
24話 復しゅうに燃える心
イーチエンはクァンシーに過去を隠し続けた理由を説明する。だがクァンシーは情報操作によって人生を操られたと感じて反発。自分が受けたのと同じ苦しみをムーチェンに味わわせると言い放つ。一方、シャオラーを奪われることを恐れるムーチェンに、トゥオイエはプロポーズ。結婚して経済的にも安定すれば、親権を奪われる心配もなくなると説かれて、ムーチェンも同意する。しかしトゥオイエはクァンシーの通報によって、密造酒の製造所持の容疑で逮捕されてしまう。そしてクァンシーはシャオラーと共に暮らしたいなら、自分と結婚しろと迫る。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト21・22話

トォイエの愛を受け入れたムーチェン。あの幸運の飲み物のふたネタは感動だった。良かったね~と思うけど、ドラマ的にはこの後色々あって、結局はクァンシーの方へ行っちゃうんだろうなあという予感がするんで、残酷だなあとも思う。
イーチェンも凄くいい子。ムーチェンのいうことに従ってるのに、罪悪感持ってしまってるし、悪者にされちゃうんだろうなあ。


あらすじ(公式から)
21話 涙の別れ
クァンシーが台北へ帰る日、トゥオイエはムーチェンへ愛を告白。ムーチェンは受け入れる。トゥオイエを慕い続けていたチーシンは、それにショックを受け、トゥオイエの幸せを祈りつつ家を出る。一方、涙ながらにクァンシーを見送ったシャオラーも、クァンシー恋しさに独りで台北へ向かう。インシュリン注射を打たないまま、シャオラーが姿を消したことで、ムーチェンは不安にかられ、自分を責める。

22話 シャオラー出生の秘密
北に着いたシャオラーは、クァンシーの母親・ファンと偶然に出会う。糖尿病の影響で倒れたシャオラーは大ケガを負い、ファンがイーチエンの病院に運び込む。一方、ムーチェンとトゥオイエも台北に駆けつけ、クァンシーと共にシャオラーを捜していたが、イーチエンからの連絡を受けて病院へ。そこでムーチェンはファンと再会することになる。シャオラーの輸血をめぐって、イーチエンはクァンシーとシャオラーが父と子であることに気づく。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋のコンチェルト19・20話

ムーチェンを好きになれない自分は、このドラマを完走できる自信がなくなってきた。思わせぶりな表情したり、思い出すようなことをしたりするなら、いっそのこと「思い出して」って言えばいいのにって思う。
なんか、トォイエとイーチェンが気の毒すぎるんだよ~。


あらすじ(公式から)
19話 土壌汚染の真相
クァンシーとムーチェンは、グローバルが役人と結託して環境汚染をもみ消した証拠をつかむ。偶然訪れた聖徳堂で、ムーチェンはクァンシーから記憶が欠落した寂しさやむなしさを聞かされ、複雑な思いに。クァンシーは花田村に戻ると、ハー会長と直談判。村の土地を村民に返すことと、補償の約束を取り付ける。手術前のクァンシーの性格に戻りつつあることに、会長は不審と不快感を抱く。村の存続を祝う祝賀会のあと、クァンシーはムーチェンが聖徳大学で働いていたことを知る。

20話 記憶のかけら
クァンシーは記憶の中に残っている女性が、ムーチェンでないかと考えるが、ムーチェンは否定。過去にこだわるのは意味がないとクァンシーに忠告する。イーチエンが花田村を訪ねてくる。クァンシーの前では、クァンシーとムーチェンの過去を知らないふうを装っていたが、翌朝、6年前になぜクァンシーを捨てたのかとムーチェンを問い詰める。ムーチェンはイーチエンの誤解をあえて訂正せず、過去を蒸し返すまいとする。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋のコンチェルト | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。