• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

イケメン探偵クラブMIT 24(最終)話

終わりました。チャラチャラしてるのに、事件自体は陰気で、そのギャップがイラっとくる感じはありましたが、クーインが好みだったので見ました。小学生とかの設定だったらもっと見られたかなあ~。

「一人は弱い」ということが書いてあった日記に、「自分は弱いから捨てられた」という天魔星。でも天使先生は「関係ない。あなたはイエリンの子」という。きっと弱かったのはクーインの方だってすぐわかるよね。クーインや天魔星が誤解するのは分かるけど、大人は気がつけよ。天使先生って、どう考えてもチェリー先生より細かく気を配って、生徒のこと見てるし・・・・。
学長がアル中で酒を探してるのも怒るし、この人が愛情深いってなんで周囲は分からんかなあ~。子供はともかく、チェリー先生とか学長とか、いい大人の癖に・・・。呑気に酒なんか飲んでるから倒れるんだよ。馬鹿すぎ。

クーインの日記を見てなくチェリー先生。男どもは天魔星のほうが辛いっていうけど、愛情深く育てられたわけだし、授業料の高い私学に馬鹿なのに入れてるし、それほど苦労したってわけでもないよなあ。
クーインは天魔星に手を汚させるようなことはしてなくて、いつも危険な部分は自分が担当してたし、妹思いのやつなんだよね。天魔星も、天使先生よりもクーインを心配しろよ!!

でも、母を苦しめた父親への恨みは深い。それに、クーインの方は、学園内のすぐそばにいて人格障害にまでなってるのに、放っておいたんだもんな。それはある程度は当然なのに、学長は何にも出来ないし、愛を伝えることもできないバカ親父だし・・・。



あらすじ(公式から)
学園内を騒然とさせてきた事件の最終ゲームが始まった。次々と罠を仕掛けてくる黒幕は、チェリー先生の隙をつき、元学長をさらうことに成功。そして、天使先生、天魔星までもが監禁されてしまう。そして、すべての謎が明かされる罪深きパーティが開催されるのだった。天魔星の機転で犯行現場までの道筋を発見した 007は、黒幕の暴走を止めることができるだろうか!?
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT 22・23話

クーインも黒幕だけど、クーインが天魔星を誘導したってことにして、天魔星をかばう展開なのは興ざめだよ。だって、凄く積極的に事件を起こしてたよね。それを「悪いことする子じゃない。クーインをかばってる」って・・・。ええ??って感じ。トラブル起こしまくってたし、その中には「たまたま殺人に至らなかった」ということもあるし・・・。いまさら、「もうやめにしたい」って言い出したか許されるの???
クーインは学長に「息子と認めろ」とせまる。そりゃ、二人の密談見ちゃってるからねえ~。実父じゃなくても、交際相手の子供なら息子じゃね??って気もするけど・・・。天使先生が、自分の父親の問題を軽く考えてる感じなのも・・・。
だいたい、私立大学なんだから、学校の方針に納得して入学してるわけでしょ?それを、学生が「学校が悪い」ってのがなあ・・・。


あらすじ(公式から)
22話
チェリー先生の父親である学長の自殺騒動が起きる。この事件をきっかけに聖英大学の分校建設に絡む土地売買の計画が発覚する。学長の弱みをつかみ大金を要求する黒幕たち。事件を追うMITは、クーインが不審な行動をしていることに気づく。彼の部屋を調べると学長から奪った大金が…。不正事件とクーインと妹の父親捜し…全く接点のない2つの事件をMIT は追うことに。
23話
調査を進めるMITは、クーインら双子の父親の正体に近づていた。また、学長の不正をおさめた写真も入手する。一気に事件の核心に迫るものの、突然、臨時の召集会が開かれ、学長が失脚してしまう。新たに就任した学長代理は、MITメンバー全員に対して、厳しい制裁を加えるのだった。結成以来の最大の危機を迎えたMITは、秘密裏に調査を進めていくが…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| イケメン探偵倶楽部MIT | 17:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵クラブMIT20・21話

黒幕が天魔星じゃなかったとしても、黒幕のかなり近い位置にいて悪いことをたくさんしてる。それもゲームの犠牲者って、けが、死亡も含めて人生が狂うようなことになってるし、それで「君は悪い子じゃないよ」っってのは無理があるよね~。
もうちょっと、起きてる事件がお遊びの範囲ならいいんだけど。
天魔星はクーインの娘という推理をしてるんだけど、否定され続けることで恨みをましたという設定なんだけど、学力的に無理なのに入学許可されてるだけでも「特別措置」だよなあ。ま、子供だからすねてるんだろうけど・・・。

クーインは彼なりに母を心配して、通話中の携帯を母のカバンに仕込んでおいた。それでもパンダ黒幕に襲われた天使先生。天魔星は「なぜ、私の存在を無視するの?」と迫る。お母さんは天使先生をかばってけがをした。自分を卑下するようになって、「妊娠した」とうそをついた。でも、妊娠したのは天使先生の方だった。ウソがばれるのが怖くて、天魔星を誘拐した。恩がある人だったから、断れなかった。天魔星は自分の母が悪い人ってのは辛いけど、「見捨てられるのは辛いって知ってるから一緒に逃げる」と言い出した。
これは、天魔星の気持ちを整理するために、007が仕組んだ誘拐劇だった。クーインには言っておけって気がする。
天魔星は学校を変わった。クーインは妹と一緒の学校がいいと言い出すけど、「あなたはあなたの道を進むべき」と天使先生は言う。なんと、足のけがは演技だったとわかる。

無能なのにすべてを押しつける学長が、ホント、問題の根源なんだろうね。分校問題で、天使先生はかなりの無理をさせられてるみたい。

007は天魔星に一緒に留学すると言い出す。でも、天魔星は残りの2枚のピースの場所を知らない。ゲームは続いてる。



あらすじ(公式から)
20話
007のケガを機に、彼と天魔星の関係は急速に接近。しかし、天使先生への謎の人物からの執拗なアプローチは続き、ついに天使先生は誘拐されてしまう。チェリー先生の指示のもと、迅速に対応をする MITメンバーだったが、007には、ある疑念が浮かんでいた。天使先生の居場所を突き止めたメンバーは現場に急行し、そこで衝撃の事実を目の当たりにしてしまう。
21話
一連の事件の黒幕の存在が明らかになる。黒幕の自供により、事件は終結したかのように思えたが、新たな犯罪者が登場し、再び天使先生を挑発するのだった。事件の背景には天使先生と息子クーインの秘密が隠されていた。クーインの双子の妹が素性を隠して聖英大学に所属していることが発覚する。007は双子の妹に関する自身の仮説が正しいことを直感するが…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT 19話

ディスクについた香水から黒幕だと疑われた天使先生。動機だったら「ゲームで根性のない人間を落とし、劣等生を落としこむ」ってところかな?なんていって、罪を認めてみせる。その上で「息子を危険にさらしたりしない」と理論だって説明。
チェリー先生はやっぱ頭悪すぎ。中学生以下って感じ。チェリー先生の新MITは、そもそも「精鋭計画」に反対するチェリー先生の意見で始まってるから、天使先生に反感があるから、疑っちゃうのかね。
問題は、分校設立の資金なんじゃないかと疑う。事件もみ消しで資金をもらってる点もある。けど、それってチェリー先生の父がやろうとしてることだよね??黒幕はチェリー先生の父親ってことなんじゃ?
とりあへず、学生時代に学長(チェリー先生の父親)と一緒にアメリカ留学して双子を生んでること。なくなった娘の身代わりのように、シャンティンを可愛がっていたが、彼女も妊娠してフランス留学を進められていたことなんかが分かります。
で、天魔星はこのゲームの黒幕と繋がっている。ってことは、いままでのウザキャラも、事件をかく乱するのが目的だったということ?単なるウザキャラにしか見えなかったけど・・・。たしかに、脚を引っ張るだけの存在だったのは確か。それを容認してるのは、メンバーが温いからなんだけどね・・・。


あらすじ(公式から)
天使先生のもとに謎の人物から脅迫めいた電話がかかってくる。しかし、MITのメンバーたちは、学園内で起きた一連の事件の黒幕に、天使先生が絡んでいるのではという疑惑を募らせていた。やがて、天使先生がかわいがっていたシャンティンという女子学生の存在が明らかになっていく。しかし、シャンティンは1年前に病死。MITは彼女のことを徹底的に調べ始める。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT18話

やっぱ、クーイン怪しいね。「母が関わってるのか知りたいんだ。協力したい」とかいて747に接近。
危機の中で、二人はキスしちゃったりして、いい感じになってますねえ・・・。でも、カップルとしてあんまり好きじゃないんだよなあ。「私が!私が!」となりつつ、迷惑ばっかりだもんね。最後に「ゲーム降りても良いか?」と実は黒幕と繋がってるように見えたからちょっと興味持った。
トラウマと向き合って、誘拐から天使先生に助けてもらったときの犯人は、チェン・ジンシンという幼稚園の警備員と言うことが分かる。



あらすじ(公式から)
007は頭脳をフル回転させて密室からの脱出を試みるが、幾重にも仕掛けられた罠に悪戦苦闘。187は今回の事件に自分の過去が関係していることを認め、封印していた辛い記憶を取り戻すため、過酷な試練に挑むのだった。やがて、忘れていた過去を取り戻した187は、事件の核心に迫っていく。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT 16・17話

大学っていう設定がアリエナイんだよな。中高生の話だと思ってみてるけど、みんな性格がお子様すぎるよなあ。
で、黒幕なんだけど、「クーインなのかな~」と漠然と思っていたけど、今回は彼がアカラサマにターゲットになりました。クーインは双子だけど、妹は生まれてすぐに死んだ?その失った妹のことは知らないのに、クーインは自分を責めながら求めていて、幼稚園時代に、女の子みたいな男子を「妹」と思いこんで仲良くなるの。でも、「自分のせいで死んだ」と思ってるから、その男の子をイジメちゃうのね。
でも、そのイジメは「父親がいないことで男の子がクーインをイジメた」ということに、天使先生によって処理されて、彼は海外へ一度行って、最近になって戻ってきた。黒幕の作ったゲームのレベル設定を手伝ったということ。ゲームは既に心に闇を抱えた生徒たちにばらまかれてるから、もう止めようがないという・・・。
で、つぎは187の幼児期の誘拐事件に絡んだ事件が発生。その時に助けたのは、当時MITだったチェリー先生だったらしい。
で、ここで疑問。187とクーインってそれほど年齢はなれてないよね?で、同じこの学園の幼稚園だったということだよね??で、187の誘拐を解決したってことは、当時、すでに天使先生はクーイン(幼稚園児)の母だったんだよね。学生だったということ?それとも、今のチェリー先生みたいな立場だったということ??カットされてるのか、ぼんやり見てるのが悪いのか、イマイチよく分からんのだよなあ。
あと、MITって無い方がいいんじゃないの?落ちこぼれの救済とかいってるけど、どっちかと言うと、MITってエリート集団として組織されてたものなんでしょ?かえって「もと落ちこぼれ」を刺激して、こんなゲームが始まってしまったような・・・。チェリー先生みたいな能天気な人も必要だろうけど、大学まで来て「落ちこぼれたくないの~」とかいうのも甘い!って気がするし・・・。



あらすじ(公式から)
16話
天使先生の圧力で、MITが解散に追い込まれ、チェリー先生はアフリカへ。007は天使先生に接近し、187も優雅にプレイボーイぶりを発揮していた。そんな折、天使先生の息子クーインをターゲットにする犯行声明が届く。天魔星と747は、クーインを助けるためにMITの活動を再開する。クーインには幼少時代のトラウマを思い出させるような事件が続発するのだった。

17話
チェリー先生帰国もつかの間、007と天魔星が何者かに拉致される。密室での脱出猶予時間は40時間。一方、187は犯人と思われる人物から、2人を助けるため無理難題の指令に振り回されていた。そして、187は、犯人が自分の幼少期の誘拐事件と同一人物かもしれないという疑念も浮かび上がってくる。当時の事件を調べる187とMITは、意外な人物にたどり着く。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT15話

007は「皆が分担してくれる。自分一人でやらなくちゃと思わなければ発作も減る」なんていって、天魔星のフォローは必要ないといいだしちゃいましたねえ。
今回は、天使先生も巻き込んだトラブル。優しいチェリー先生と対比で書かれているんだろうけど、単なる気楽な馬鹿なチェリー先生とは立場が違うよね。チェリー先生の父(学長)の要請でやってることなんだろうし、そこら辺をチェリー先生がどう自分なりに納得しているのかってのが謎。


あらすじ(公式から)
“正義ネット”の犯行はエスカレートする一方。MITのメンバーは結束して、事件解決に挑むが、やがて“正義ネット”の標的は教師にまで及んでしまう。一方、MITの恋の三角関係は続行中。天魔星は 747の優しさに心惹かれるが、007のことも忘れられない。007も天魔星の存在が無視できなくなってきていた。そんな時、007がいつもの発作で倒れてしまい…


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イケメン探偵倶楽部MIT 14話

意外にも暗い過去のあったチェリー先生。自分を助けて足をダメにしたMITの人に救われたから、自分もって思ったらしい。皆が「MITのおかげで救われたんだ。、未来が見えなくてもがいてるからMITという居場所をくれた」って言って説得した。でも、チェリー先生ってお気楽だし、あんまり生徒を救ってる感じじゃなかったから、はああ??という感じがした。そもそも、MITに誘って助けてあげるべき人がドンドン犯人になってたような気がしたし・・・。
で、今度の自作自演犯人は、天使先生が「精鋭計画に参加すること。父親に頼んで大学の用地の件で助けてくれれば分校に移す」という処理をします。これを息子は「賄賂だ」って思うみたいだけど、犯人のことを放置して後のフォローしないチェリー先生よりも、生徒の罪悪感を減らしつつ助けることになってるようにも思うな~。チェリー先生は「恨む気持ち」を消すように努力はしたけど・・・。
チェリー先生は精鋭計画そのものが危険だと思ってて、数々の犯罪もそのせいだと思ってるみたいなんだけど、本当にそうかなあ~。
DVDのゲームをしかけてるのが、精鋭計画の被害者ってこと??でもMITってみんなゲームを楽しんじゃってるよね。同罪って気がするんだけど・・・。



あらすじ(公式から)
学年トップの女子学生が何者かに襲われる。容疑者の学生を捕まえるも、犯人は個人的な恨みを晴らしてくれる“正義ネット”というサイトに依頼したとだけと告白するのだった。やがて、“正義ネット”の存在が全校生徒に知れ渡る。と同時に“正義ネット”はMITと関わりがあるということになっていた。007はネットを通じて、“正義ネット”への罠をしかけるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イケメン探偵倶楽部MIT | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。