• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

フリーター、家を買う 1話

http://www.fujitv.co.jp/ie-wo-kau/index.html
ものすごく、見るのが遅くなってしまいました~。日本ドラマの無い時期に、韓国ドラマを増やし過ぎたので時間がない。楽しみにしてたから、じっくり見たくて、ゆったりした時間がある時を探してたら、こんなことに・・・。

橋部脚本らしい、「こういうのあるよなあ~」と思わせる台詞が随所にあります。
「ふるいに掛けられた→ふるいあります?」とかのクスリ笑いなんかも「らしいなああ」と思いました。そして、男がダメな傾向にあり、お姉ちゃんも香里奈さんも女性は比較的しっかりもの。そこから、男性のプライドがズタズタにされ、成長しはじめる様をかくという「僕の生きる道」シリーズに近い構成。
河野圭太さんとは、僕の歩く道のセカンドD、不毛地帯なのでも組んでいますね。
しかし、もっと引いた演出しても良いような気がします。回想とかもしつこすぎる気が足ました。
あと、「死ねなくてごめんなさい」のところとか、お母さんの顔を写さないほうが衝撃的だと思うんですよね。浅野さんの顔が凄いだろうなってことは分かるし、それを絵で見せたい気持ちも分かるんですが、あそこはあえて背中だけで語らせる。聞いた主人公の顔も抑えずに背中だけで語らせていく。そういう、ある種の「引いた目線」「人物たちとの距離感」があったほうが、題材が生きると思います。河野Dはすばらしい絵をとれる人だと思うし、ドライな演出で映える人だと思うので、脚本のかく「近くに居る人。何処にでもいそうな人」という親密さと、演出のドライな部分で絶妙のバランスになっていくことを期待します。


あらすじ(公式から)
三流私大を卒業した武誠治(二宮和也)は、部品会社に就職したが、社風になじめず、たった3ヵ月で辞めてしまう。
中堅商社で経理畑ひと筋に働いてきた父・誠一(竹中直人)は、何故相談もなく勝手に辞めたのか、と誠治を怒鳴りつけた。専業主婦の母・寿美子(浅野温子)は、誠治が自分で決めたことだから、と言ってかばった。誠治は、その気になればすぐに就職できると軽く考えていた。
しかし、就職活動は思うようにいかなかった。誠治は、とりあえずアルバイトを始めたものの、人間関係が上手くいかないとすぐに辞めてしまい、バイトを転々とする日々を送っていた。誠治の姉で、開業医のもとに嫁いだ亜矢子(井川遥)は、自堕落な弟の行く末を案じていた。それでも寿美子だけは、誠治を信じて見守っていた。
 そんなある日、寿美子のようすがおかしくなる。寿美子は、食品が散乱したキッチンに座り込み、「ごめんなさい今日も死ねませんでした」と何度も繰り返していた。寿美子が重度のうつ病であることを知った亜矢子は、原因に心当たりはないのか、と誠治と誠一を問い詰める。すると誠一は、すべて誠治のせいだと言い出す。
 寿美子に心配をかけたことを悔やんだ誠治は、再就職することを決意し、その準備資金作りのために、大悦貞夫(大友康平)が経営する大悦土木でアルバイトを始める。そこで誠治は、大手ゼネコンの社員の千葉真奈美(香里奈)という女性と出会った。誠治は、自分がここのバイトに来たのは、就職活動や通院中の母親に付き添うために融通が利くからだ、と真奈美に話す。すると真奈美は、誰に言い訳しているのか、と言い放ち、自分はこの仕事がしたくてここに来ている、と告げる。
 誠治は、慣れない仕事のせいか、工事現場で思うように作業をすることができずにいた。そんな誠治の脳裏に、誠一や真奈美らの言葉が浮かんだ。そのとき誠治は、寿美子だけがいつも笑顔で自分を見守ってくれていたことに気づき…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| フリーター、家を買う | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。