• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

獣医ドリトル 9(最終)話

バルザックの手術はとりあへず成功。兄は父に反発し、自分なりの獣医としての生き方を模索する。弟は獣医として生きるべきかどうかということを考える。
ドリトルは、金も受け取らずに病院つぶした父親への反発から「ビジネスとやる」という方針だし、親子問題を軸にして、この兄弟と一応はリンクしてる。弟君は、獣医の父が嫌でそのストレスを動物にあたることで発散してた。バルザックが怪我して始めて命を実感し、自首。
土門会長は、なんと唐突に父親が意識を取り戻して、和解。このへんはホント無理があった。
伝染病の犬のことは、本日五時までに受け入れ先を見つけるという「譲歩のようで無茶な条件」を突き付けらる花菱たち。でも、獣医師会の妨害で結局は受け入れ先が次々につぶされていき。安楽死処分となる。
全部にもう一度チェックをかけて、感染してないものだけを処分することにするドリトル。っていうか、ここには花菱先生を同席させて欲しかったな。結果は全滅。
理性では「感染症を広げないためにも殺処分するのも獣医師の仕事」と分かってても辛いよね。
こっちには、ちゃんと花菱先生が立ち会って、手伝ったのでホッとした。逃げる人じゃキャラ崩壊だもんね。ギリギリで、教授の研究費辞退や兄弟の説得もあって土門会長がギリギリで受け入れを認めてくれた。
アフリカは花菱が行くことにしたみたい。ま、内科的処置だから花菱向きの仕事なのね・・・。



あらすじ(公式から)
土門家の愛犬・バルザックを抱え、順平(菅田将暉)が鳥取動物病院に駆け込んでくる。
土門親子の揉め事に巻き込まれ、大怪我を負ったバルザックのオペは難易度の高いものだった。
鳥取(小栗旬)は、順平に手術費を払うよう父・土門総院長(國村隼)に確認をさせるが、土門はバルザックの安楽死を順平に勧める。父の言葉に落胆してしまう順平。
そこに、順平と土門の会話を聞いていた勇蔵(笠原秀幸)が鳥取動物病院にやってくるが…。

一方、花菱(成宮寛貴)は、感染症にかかった犬20匹を安楽死処分するという全日本獣医師会の決定から犬たちを救おうと奔走していた。
全日本獣医師会会長・土門が犬の安楽死執行まで花菱に与えた時間は、その日の夕方4時まで。
夕方4時までに感染症にかかった犬の受け入れ先を見つけられなければ、犬たちは安楽死処分されてしまうことになる。
花菱は必死に受け入れ先を当たり、交渉をするのだが…。

ペットの安楽死をめぐる土門一族との対決、動物虐待の意外な真犯人…数々の問題に鳥取はどう立ち向かうのか!?
そして、アフリカの野生保護獣医師チームから緊急の応援を要請されている鳥取とあすか(井上真央)との結末は!?
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル 8話

今回は安楽死問題なんだけど、女優さんのほうは拍子抜けするようなはなしでしたね。土門の長男の変調への流れになってるだけでした。
花菱先生の案件のほうが「これは安楽死しないとバッシング受けるんじゃ?」っていう問題だからこそ、今の花菱先生が信念を変えないことに感動しましたね。


あらすじ(公式から)
人気女優の三島ユイ(夏帆)は、1か月前に拾った愛猫ライムがなかなか上手に排泄出来ないと、鳥取(小栗旬)の元を訪れる。
そこで、念願のフランスで1年間仕事をすることになったから、ライムを安楽死させて欲しいと申し出るユイ。
あすか(井上真央)は、自分の都合で安楽死をさせるなんてと反発するが、その時、鳥取は…。

一方、オペができないことを生放送の番組で告白した花菱(成宮寛貴)は、世間からの非難が高まり、講演会のキャンセルが相次いでいた。
病院の客足もすっかり途絶えて落ち込む花菱をルミ(藤澤恵麻)は支えようと励ます。
その頃、花菱の元へ富沢教授(石坂浩二)が訪れ、ある犬たちの相談を持ちかけてきた。

そんなある日、土門総院長(國村隼)が意外な人物を引き連れて鳥取動物病院を訪ねてくる。
弱みを握られている鳥取を目障りに思っている土門は、ある事件をきっかけに、鳥取に獣医師免許取り消しを突きつける・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル 7話

やっぱり、花菱先生物語なのね。自分がどんな獣医になりたいのか、どんな獣医なのかと問いかけるのはドリトルなんだけど、ドリトル本人があまりにもブレがなさ過ぎて、ドラマ的に盛り上がらないというか、「お前に説教されたくね~」とか思ってしまう。


あらすじ(公式から)
ようやく鳥取動物病院での仕事も慣れてきた頃、薬の補充ミスをして鳥取(小栗旬)に怒られたあすか(井上真央)は落胆していた。

同じ頃、獣医を目指す高校生・広樹(早乙女太一)は、車道で倒れていた子猫を見つけるのだが、試験の時間が差し迫っていた。
広樹は、近くの鳥取動物病院の前に「猫の治療をお願いします。」と書いた手紙を置いて立ち去ってしまう。
病院の前にいる子猫と手紙を見つけたあすかは、鳥取に報告するが、保健所に連絡するように言うだけで取り合ってくれない。
鳥取の指示を無視して、治療費を肩代わりするからとあすかは猫を保護することに。

以前、ひょんな事で知り合った広樹と偶然再会するあすか。だが、会話をしているうちに広樹がその場で倒れてしまい、家まで送る事に。
その後、あすかは、ある出来事がきっかけで、鳥取から「借金をさえ返してもらえればそれでいい。ここから出て行け!」と言い放たれ、ショックで病院を立ち去る決意をする…。

一方、花菱(成宮寛貴)を訪ねた鳥取は、土門(國村隼)と花菱の間に不穏な空気を感じていた。
その矢先、ついに花菱は重大な決心をする事に!

そんなある日、広樹の祖母である絹江(白川由美)が広樹の愛犬・チロルを抱えて鳥取動物病院を訪れた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル 6話

主人公よりも、花菱先生の話が気になってしまうわ・・・。
ペットはそもそも野生動物を人間社会に適応させたもの。「野生動物とのライン」を越えてしまったものなわけですね。越えてしまった以上、助けてやらなきゃならないし、助けたいと思ってしまう。
でも「ラインを越える」ことはそもそも正しいことなのか?主人公が話の話は、難しい問題ではあると思います。
ただ、ドラマとしては花菱先生の自分との戦い、助けたい気持ちとどうしようもない自分の能力との戦い、そして「理想と現実」との戦いのほうが盛り上がっちゃうよな。
完全に、主役は花菱先生ですな。


あらすじ(公式から)
鳥取(小栗旬)は、富沢(石坂浩二)から町を荒らしている野生の猪の捕獲を強引に押し付けられる。鳥取はあすか(井上真央)に留守を頼んで捕獲に行くことに。
現地に着いた鳥取は、早速罠を仕掛け、見回りを行う。
しかし、なぜか地元の小学校教師・畑山(松下由樹)の生徒たちは、鳥取の先回りをして、猪の捕獲を邪魔していたことが発覚。
生徒たちを問い詰めると、町を荒らしている猪は、以前小学校に迷い込んだモモコだと言う。
そんな話をしている折、鳥取や生徒たちの前に猪が現れる。猟銃を構える猟友会。その時鳥取は…。

その頃、土門(國村隼)から「オペができない偽りのカリスマ」という夕刊紙の記事を見せられる花菱(成宮寛貴)。
土門は、花菱に「動物総合医療センター計画」に協力するなら記事をもみ消して、花菱を守ると持ちかけていた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル 5話

つまらなくはないけど、特に面白くはない。それが日9だと言えばそうなんだけど・・・。
人に愛されたかどうか不安な気持ちのなかで、ひたすらに信じようとする老女。
愛されなかったという絶望の中で、ペットを愛する気持ち、自分が生きて守るべきものがあるってことで生きていこうとする瞳。
二つの対比が上手くいってたと思います。
花菱先生のゆっくりとした成長が微笑ましい。これが、一番の見どころだったりします。


あらすじ(公式から)
深夜、玄関をノックする音を聞いたあすか(井上真央)。ドアを開けるとズブ濡れの女性・瞳(りょう)が、瀕死の猫を抱いて立っていた。
顔を合わせ、名前を呼び合う鳥取(小栗旬)と瞳にあすかは驚く。しかし、猫を鳥取に手渡した瞬間、瞳はその場に倒れこんでしまった。
あすかは、熱を出し倒れた瞳にしばらく鳥取病院にいることを勧める。
そのうちに、鳥取は学生時代に瞳と出会って、彼女に好意を持っていた事を知り、徐々に瞳から鳥取の過去が明かされていく…。

翌日、弥生(加藤治子)が庭に迷い込んだレース鳩の診察のため、鳥取病院を訪ねてきた。
そして、夫の鳩を50年間待っていると話す弥生を鳥取が怪訝に思っていると、弥生の息子・秋男(佐戸井けん太)が慌てて鳥取病院にやってくる。
自宅の庭で鳩に餌付けをして、近所に迷惑をかけている母に困っていると、秋男は弥生に内緒で鳩の駆除を鳥取に頼む。
鳥取は、鳩の駆除を引き受けることにするのだが、秋男は「母が「父の呪縛」からやっと解放される。」と呟き…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル4話

鳥取が「助けられない」パターンだったので変化がありましたね。メスは握れなくても花菱との連携とかは良かったと思います。
親子関係というのが、もう一つの軸になっていくように思います。あすかの馬は今頃どうしてるかなあ~。ちょっとフォロー入れてほしい話。



あらすじ(公式から)
ウサギのミミを抱えた芽衣(石井萌々果)が鳥取(小栗旬)の病院にやってくる。
また子供が来たかと鳥取はあしらうのだが、あすか(井上真央)から、ミミはCMにも出ているペット界のスターで、芽衣の母親は大手広告会社に勤めていることを聞く鳥取。
金払いが良さそうだと急に態度が変わり、診療を引き受け検査をすると、ミミには緊急手術の必要性があることが判明し、芽衣の母親・月野(国仲涼子)に連絡することに。
すると月野は、電話口の鳥取にスポンサーの社長から預かっている大事なウサギに何かあったら契約が破棄されると騒ぎ出す始末。

一方、国際ドッグショーでグランプリ犬になったエリの飼い主・堀内(中村敦夫)がエリの体調が悪いと、花菱(成宮寛貴)の病院を訪れる。
最近、家の周りをうろつく野良犬に病気をうつされたと堀内は言うのだが…。
同じ頃、鳥取を信用できない月野がミミを連れて花菱の病院を訪れていた。ロビーで母親を待っている芽衣の前にエリを連れた堀内が現れ、動物の折り紙をプレゼントする。
堀内にはどうやら折り紙に思い入れがあるようで…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル3話

花菱先生がんばれ!って、主役以外の所でみちゃうようになってしまった。
ドリトルが名医なのは分かるし、ペットを飼うのにお金がいるということも、飼う側の覚悟の問題もわかるけどねえ・・・。なんか、もう少し味があるとドリトル先生かっこいい~ってなると思うんだけどなあ。脱落しかかってます。



あらすじ(公式から)
ケガをした捨て犬の治療の為、鳥取動物病院を訪れるマユ(大橋のぞみ)。
だが、ドリトル(小栗旬)は「家で飼えるよう親を説得して、30万円用意しろ。」と突き放してしまう。あすか(井上真央)は、鳥取を説得するが聞く耳を持たない。

その頃、日本最大チェーン・エンペラー動物病院の総院長・土門(國村隼)のところに、柴山農水大臣(佐々木勝彦)が孫の詩織(信太真妃)のペット(ハムスター)を連れてきた。
大臣は外遊から帰ってくる10日後までに、具合の悪いハムスターを元気な姿に戻して欲しいと頼む。土門は勇蔵(笠原秀幸)にハムスターの治療を任すのだが、危険な状態に陥ってしまう。
一刻も早くオペが必要になるが、土門では手に負えず富沢教授へ相談をするのだが…。
一方、花菱(成宮寛貴)のもとにゴムを誤飲したフェレットが運ばれる。手術ができない花菱は、飼い主の星奈(平愛梨)とフェレットを鳥取動物病院に連れて行き手術を依頼するが、モンスターペアレントの星奈の父・義満(段田安則)が現れ、さらなる事態を巻き起こしてしまう!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

獣医ドリトル2話

ペットロスの問題、かかわる人間の「俺は助けられなかった」という後悔、飼い主を失った猫、子供を失ったイルカなど、沢山の事例を絡めて描きました。カリスマ獣医師さんが、自分のペットの手術に失敗してからメスを持てなくなっていることなども絡めてあって、事例としては多い。それだけに、一つ一つの事柄に対する踏み込み方や描写の丁寧さに欠いているのは残念かなあ。
ドリトル先生にあんまり魅力を感じないので、見ててちょっと辛い。


あらすじ(公式から)
迷子のイルカが水族館で保護された。隔離プールで弱っているイルカを見つめながら新人飼育員・坂東大吾(増田貴久)は、ドリトル(小栗旬)に治療を依頼する。
だが、ドリトルは坂東に高額な治療費を請求し、お金が払えない様子に「獣医はビジネスだ」と言い放ち立ち去ってしまう。
多島あすか(井上真央)と水族館の表に出たドリトルの前に、テレビ番組の撮影帰りの花菱優(成宮寛貴)がいた。
ドリトルが花菱にも毒づいている時、激しいクラクションの音が鳴り響く。トラックの前に猫が飛び出し、樋口(蟹江敬三)が、間一髪で救出したのだった。

翌日、助けた猫・ベンガルの様子がおかしいと樋口は花菱の病院にやってきた。花菱はベンガルの異変に気づき、手術が必要だと言う。
しかし、手術のできない花菱はドリトルにベンガルの治療を依頼する。
また、同時に迷子のイルカを治療を引き受けた花菱は、ある理由でイルカの治療もドリトルに任せることになってしまう。
水族館に再び現れたドリトルは、治療への協力を坂東に要請するのだが、自信のない坂東は…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。