• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]
ハッピーエンドじゃなかったけど、納得のいく終わり方だったんじゃないかな~。ヨンジュはホジェといるとどうしても劣等感を持ってしまう。ホジェのようにキャリアアップするのが当然なんて考えられない。毎日を生きるだけで精いっぱいだ。でも、そんな自分に誇りを持ってもいる。
ホジェに「だれにも私を紹介しない。あなたの世界に私を入れようとしてない」と言ったのは当たっていて、「結局は遊びだ」というのもあたっている。予想外にホジェがヨンジュを好きになってしまったのも本当だけど、それは人生のハプニングとかイベントであって、ホジェの人生を変えるほどのものではなかった。
生き方が違うなら、いつかは別れるしかない。仕方のないことだったと思う。

自分の生き方を変えた人、理想と違う彼女を受け入れた彼、さまざまな結果だったけど、みんなが恋愛に対して臆病にならずに、頑張ろうとする姿は、とてもいい感じだったとおもいます。



あらすじ(公式から)
結婚に対する考えが食い違って以降、ヨンジュとホジェは平静を装うが、その間には明らかに距離が生まれていた。
2人で会っても、かつてのような関係にはなれない。
それでも真剣に向き合おうとするホジェに対し、ヨンジュはそれを避けていた。彼に別れを切り出されそうで怖かったのだ。
そんななか、ハンナは代行運転手の学生に恋をし、ナミは結婚に向けて順調にヨンソンとの愛を育んでいた。
そして、ヒョンジンはだんなに素直な気持ちを吐露し、スヨンも今まで隠していた本当の自分をジェウォンに伝え・・・。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| ロマンスハンター | 19:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンスハンター15話恋愛の目的

ラス前の回。仲直りをしたのはいいけど、またしてもヨンジュは自分がホジェに合わせようとしてしまうのを感じる。
ナミの結婚話を期に、結婚についてどう思うか?尋ねたら、今は勉強したいこともたくさんあるし、君を知るだけでも精いっぱい。結婚なんて考えたこともないといわれちゃう。ヨンジェは31歳。いつか結婚したいと夢見るきもちこそが、「今の恋愛を楽しむこと」の一部でもある。いつかわかれると思っていては、むなしいと感じる。
ライターさんの不倫、遊び人の彼女の新しい恋人が「彼女は経験がない」と信じ切っていること、恋したい気持ちが先走るのか運転代行の彼に一目ぼれしたアナ。
そして、ナミの元カレも、彼女の家が結婚に反対しており、なおかつ「自分の家族を馬鹿にするなら結婚できない」と別れそうになってます。
幸せなのは、あのADさんくらい。ずっと見ててくれた変わり者の優秀なPDさんと恋の予感が・・・。



あらすじ(公式から)
ホジェと仲直りしたヨンジュは自分の夢の実現よりも、彼と釣り合う女になろうと考えてしまうほど、ホジェに夢中になっていた。
そんななか、ナミの結婚が本決まりに。引っ越さなくてはいけなくなったヨンジュは、何気なくホジェに結婚についての話を切り出す。
将来的にホジェとの結婚を考えているヨンジュだったが、彼からは結婚について考えたことがないと言われ、寂しさを感じるのだった。
後日、ナミの結婚相手と食事をすることになったヨンジュはホジェも誘うが断られてしまい・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンスハンター14話あなたの勝負カード

恋愛体質だけに、「相手に良く思われたい」と自分を2番、相手を1番にしてしまうヨンジュ。ホジェとの喧嘩の仲で、普段発言してることと全然違うっていうのに気がつく。結局、男に頼ろうと言う気持ちがどこかにある。たとえば運転免許。自分で運転できればどこにでもいけるのに!変わってみようと思うヨンジュ。「話し合いたい」というメールにも、予定がある時は予定があると言う。
それだけのことだけど、「いつも一番」が当たり前だったホジェにとっては衝撃だた。自分なしでも楽しそうにやっている。それが気に食わない。それを口にすると「問題はあなたの側にあるの。いつも自分を一番にしないで」とお願い。ホジェなりに色々と考えて、元鞘に。
アナウンサーちゃんは、キスしてみたけどセックスは想像できなくて、結婚断っちゃいました~。
アシスタントの男性には、片思いしてくれてる女性が出来てますね~。


あらすじ(公式から)
ホジェの家を出て、自宅に戻ることにしたヨンジュは去り際に、しばらく距離を置こうと彼に告げる。
一方、吹っ切れたハンナは“足長おじさん”との幸せな結婚生活がイメージできず、結局別れることにするのだった。
ヨンジュがそばにいないことに寂しさを感じるホジェ。
しかし、ヨンジュがいつもと変わらぬ笑顔を見せることに納得のいかない彼は、それを彼女にぶつける。
しかし、寂しいのはヨンジュも一緒だった。
彼女は、幸せだった時を思い出し、ホジェを本気で愛していることに気付くのだが・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンスハンター13話ハリネズミのジレンマ

全16話ですから、ここらで少し価値観の相違をハッキリさせて、喧嘩するというパターンかな。ヨンジュの性格とドラマの特徴的には「最後はスッキリ別れてシングルで頑張る」という道もあるのかなあ。
「母ではなく女であれ」と思っていても、ホジェってちょっと甘やかしたい感じがするんだよね。人に何かやってもらうのに慣れてる感じがあるのかな~。前回あたりまで、ヨンジュが「甘やかしてほしい」「特別扱いしてほしい」って感じだったけど、それが落ち着いたら、それはそれで問題がある。難しいっすな。
ハンナとヨンジュがなんだかんだと仲良しになってるのは面白いです。



あらすじ(公式から)
ホジェと同棲してから、食事の準備や掃除を積極的にするヨンジュ。
しかし、ホジェに女らしい一面を見せた結果、彼から「母親といるようだ」と言われショックを受ける。ヨンジュは番組内で「母ではなく女であれ」と言い続けていたからだ。
さらに、ホジェが内緒で見合いしていたことが分かり、これまでの不満を噴出させたヨンジュは、彼の元を去り、ハンナを訪ねるのだった。
結婚相手が金持ちというだけでは満たされない自分の気持ちと向き合っていたハンナとヨンジュは、バカ騒ぎし・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンス・ハンター12話新カースト制度

恋人と一緒に暮らすことになり、緊張を強いられるヨンジュ。既婚者の先輩が最初の3カ月は大変で、3年たてば平気になると言われて、3年も~???となる。
ナミの新しい漢方医の先生はいい人だけど、元カレに呼ばれると断ち切れないのは、「慣れた安心感」があるのもあるんだろうね。
そして、ハンナ。金持ちと結婚という望みをかなえたはずなのに、満たされない。恋愛結婚では、実家の金銭的格差が問題になることもある。ヨンジュもそれに悩まされてる。ホジェも、断り切れずに見合いしてるみたいだし、難しいね。


あらすじ(公式から)
ホジェと冷却期間を置くことになったヨンジュだったが、ある日、彼が自宅を訪ねてきた。
すると家が水漏れに遭ってしまい、工事が終わるまでの間、自宅を空けなければならなくなる。
泊めてくれる場所が見つからず困り果てていると、ホジェが同棲を提案。彼との生活に幸せを感じるヨンジュたったが、3日目にして、早くも気疲れしてしまう。
さらに、彼の家庭環境が自分とは雲泥の差であることがわかり、引け目を感じるのだった。
一方、結婚を決めたハンナだったが、なぜか心は満たされず・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンスハンター 11話コーヒーの温度

覚めたコーヒーでも平気なホジェ。インスタントは嫌なハンナ。相手のために温めなおそうとするヨンジュ。頭さえさえればよいシナリオライター。それぞれの人生観が現れている。
足長おじさんは、見勝手すぎる。ハンナの夢の王子様にはなれないな。



あらすじ(公式から)
すったもんだの末、“ロマンスハンター”続投が決まったヨンジュだったが、ホジェとの関係には不満を抱いていた。
付き合いたてにも関わらず、電話の回数も少なく、妙に冷めた態度だからだ。
2人の恋愛スタイルは決定的に違っていた。
一方、外見は冴えないが金持ちの“足長おじさん”から、次のデートで結婚を決めると言われたハンナは、また会うべきか悩む。しかし後日、彼女の気持ちを無視するかのように、“足長おじさん”は約束もなくハンナを訪ね、一方的に事務的なプロポーズをするのだった・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンス・ハンター10話女は女の未来だ

ホジェは、裏番組に引き抜かれたら聴取率で負けるってデータがあるなら、もっと早く出せよ・・・。そんなんじゃ女を馬鹿にしてる上司は屈服できないかもしれないけど・・・。
でも、「放送事故をいとわない姿勢が好ましい」と誘ってくれる相手は魅力だよね。ホジェも最後には「自分の力不足を認めたくなくて冷たくした」と謝ってくれた。ヨンジュも「今までの友人を裏切るってのはなあ・・・」と思うと断るきもちがあるのに、ホジェに「ダメ」って言われると「なんで?私のキャリアなのに??」と思う。
で、企画案が「理想的すぎて、現実的でない。私はただの恋愛コンサルタントで、恋愛は現実にめをむけるのがだいじだから」と断った。
結局、局長は社長が「評判いいね~宣伝にもなったし」といったことで、アッサリ態度を翻した。
アナウンサーちゃんは、プレゼント攻撃で陥落してたのに、実物にあってがっくり・・・。



あらすじ(公式から)
ヨンジュがスカウトを受け、さらにそれが“ロマンスハンター”の裏番組だと知ったホジェは、ヨンジュの意志を無視し、断るよう言うばかり。
ヨンジュはそんな彼の態度に腹を立てる。
そんななか、ホジェは局長に直接、ヨンジュの必要性を訴え、彼女の続投を説得しようとするが、聴取率はプロデューサーの責任と言われ話にならない。
そしてついに、ヨンジュは番組最後の日を迎えてしまうのだった。
ホジェとは関係なく、自分の意思でスカウトも断ったヨンジュは、その夜、自分の送別会へ。
するとそこに局長が現れ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロマンスハンター 9話指に刺さったトゲ

ヨンジュが放送事故を起こしたのは確かだけど、彼女は「放送より命が大事だと思ったから、同じ状況になったら同じことをする」という。そういう彼女を応援するリスナーも多いけど、「また放送事故が起こる」と怒る上層部は降板を要求。
みんな、番組に愛着もあるし、生活もあるし、「ヨンジュが辞めるなら辞める」とは言えない。言えない悔しさを抱えているんだけど、ヨンジュはやっぱり寂しい思いになる。特に、公私を分けるべきだとドライな対応をするホジェに、より深くい傷ついてしまう。局長とかけあう位しかできず、次のパーソナリティ探しまで初めてしまった。
最後の放送の後、たっぷりと慰めてくれたし、ヨンジュのキャリアなら大丈夫だと分かってくれてはいる。でも、手の差し伸べ方が下手くそだよね。



あらすじ(公式から)
ヨンジュが起こした放送事故を巡り、局長から彼女の降板か番組の終了か、決断を迫られることになった番組メンバー。
彼女たちを家族のように慕っていたヨンジュだったが、意外にも周囲の態度は冷たく、それはホジェでさえも例外ではなかった。
孤立したヨンジュは、ホジェに失望の言葉を浴びせるが、番組続投の期待もむなしく降板が決定する。
後任の恋愛コンサルタントも決まり、ヨンジュの出演も残すところわずかになったある日、彼女は別のラジオ局からスカウトを受けるのだが・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロマンスハンター | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。