• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

二度目のプロポーズ21・22(最終)話

21話
テウが堂々とアプローチしてくることで、ギョンスは「負けた~」って感じで酔っ払ってしまう。「おばちゃん可愛いから心配なんだよ。俺の趣味は変わってるよ~」なんて酔って寝言いうギョンス。年齢的にもピッタリのテウと、歳の差のあるギョンス。ギョンスは「年齢なんて数字にすぎんよ」なんて方言でいうのが可愛い。それをみて、ミヨンはやっとギョンスの気持に気が付いた感じですね。
しかし、ますますぎこちなくなってしまうよなあ。ミヨンは聞いてないふりをするんだけど、ギョンスはちゃんと告白しようとする。ミヨンは「一時の錯覚だよ。バツイチで子持ちで五歳も年上だし、借金もある。あなたまで苦しめないで欲しい」という。ギョンスは「それは違うよ。それに、状況はだんだん良くなってきてるじゃないか」って言う。でも、ホンネは「また傷つきたくない」なんだよね。
もっと自分の脳力を生かした仕事をすべきだなんて言われて、ギョンスは仕事を休んでしまいます。

商売の方は、地道な営業活動で頑張ってます。
コッピとタンビは、ミヨンに会いたくてたまらないけど、地方へ営業に出てしまってるので、代わりにギョンスが遊んであげます。仕事から戻ったミヨンも駆けつけます。別れる時が辛いね~。
二人の様子から、ミンソクの会社が大変だっていうことを知るミヨン。子供たちを引き取ろうと考え始めます。

大家さんと冷麺屋のスンシクさん。ちょっといい感じになったけど、死んだと思ってた元夫がスンシクさんを訪ねてきた。やっと料理を作ってあげるスンシクさん。この人。冷麺店を教えてくれた友人の関係者みたいだね。

ミンソクとヨンジョン。ヨンジュン妊娠か??手術したはずだったのに、失敗かよ。韓国ドラマでは多いっていうか、ミヨンに続いて二度目。このことがきっかけで、ミヨンが本当に妊娠して流産したってことに、ミンソクがやっと気が付きました。
ずっと体調が悪いのに辞表を出したら違約金が発生する。迷っているヨンジュンに、「家なんか売ってしまえばいい。仕事をやめよう」とミンソクは言います。で、ミンソク母と同居ということに。
ミンソクは出前の仕事をしてなんとか食いつないでます。

22(最終)話

店先でラーメンを啜る元夫の姿をみたミヨン。「別れたら幸せになってほしい」というミヨンに「余計なことを考えないためにやってるだけ」とごまかくヨンジュ。
ギョンスが「他では仕事がなくて~」ってもどってきたけど、ミヨンはヨンジュが心配でそれどころじゃない。
子供たちも心配だし、姑に「今なら子供たちを育てるだけの力がある」と訴えにいった。でも、どん底のときに子供たちまで取り上げていいのか?って思いもある。コッピも心配掛けたくなくて話さなかったんだもんね。この子は、ホント良い子だよな~。
しかし、ミンスクは「引越しを繰り返すことになるのは反対だ」と聞く耳持たないあ。原因はあんただろ~って感じ。でもコッピはお父さんのことも大事で、一生懸命慰めるんだよ。優しいなあ。

ミヨンが投資した開発は、他社に権利移譲されて再開されて、権利を持ってるミヨンにもお金が戻ってきそう。ミヨンは、ミンソクの事業パートナーにあって、「また二人で事業を始めてください」ってお金を渡します。「父親として恥ずかしくない人だって欲しい」と願う。

テウ、ハリウッドからオファーがあって渡米することに。「一緒にはいけないよね。分かってる。強引にはおせなくなった」といって握手を求めてくる。最後まで笑顔が素敵な人だったな。タイミングさえ会えば、彼とのほうが素敵な夫婦になった気がするけど、、オ・ジホとくっつけなきゃならないもんね。

ギュンスは自分の力を活かす弁護士に復帰。ミヨンは女社長として後援をたのまれるくらい成功しました。

冷麺屋さん、ずっと戸籍上の夫だった人と離婚手続をしました。意地を張って生きてきたことを反省し、「いい友だちに」と吹っ切れた様子。父に捨てられた形になったキョンヒも再会。なかなか受け入れられないけど、老体で必死に追いかけてくれたことで、少しは変わったかな。彼女も苦労したしね。

こどもたちはミヨンが引き取ったが、ちいさな部屋から再出発したミンスクにも定期的にあっている。ミヨンは大家さんと&ハルモニカップルや、キョンヒ親子とも一緒に楽しく過ごしてる。
そこに、かっこよく変身したギュンス登場~。みんなに後押しされて、強引に指輪をハメられて、やっとミヨンの心も動きました。ハッピーエンドでよかったです。



あらすじ(公式から)
21話
監督デビュー作が国際映画祭で高く評価されたテウ。彼の成功とミヨンへ対する思いを目の当たりに見せ付けられ落ち込むキョンスは、強くもないお酒をあおり酔っ払ってしまう。キョンスを部屋に運んだミヨンは、彼が自分のことを本気で愛しているのだと知って動揺するのだった。一方ミンソクとヨンジョン夫妻にも思いがけない出来事が・・・。
22話
かつての自分のように店先でラーメンをすすっていたミンソクの姿を見かけたミヨンは、今や会社経営に失敗したミンソクよりも、事業を軌道に乗せた自分の方が子供たちを育てるのにふさわしいのではと考え、コッピたちを引き取りたいと申し出る。果たしてミヨンの願いは叶えられるのか?そしてキョンスとミヨンの恋の行方は・・・?
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ19・20話

19話
ヨンジュンと一緒に番組をやることになって、硬くなってしまったミヨンですが、腹くくって頑張ります。

ハンスは元妻が息子シウンをつれて移住して再婚することになり、とっても寂しそう。酔いつぶれてると連絡あって迎えに行くミヨンと、二人きりはダメ~な感じで一緒に行くギュンス。家がわかんないので、ミヨンたちの部屋につれていくんだけど、ハンスとギュンスは張り合いまくりで面白い。

でも、輸入キムチに問題がある商品がでて、ミヨンの商品まで風評被害が広がっていく。こんな時、やはりこころ強いのは仲間が一緒だということだろうね~。
ミヨンは、マスコミのせいなんだから、記者を呼んで試食会を開こうと考えます。「事業家らしく見せるのも戦略」ってことでバッチリスーツで決め、マスコミ関係に配って回る。

元夫の方は、完全に会社がヤバい状況に・・・。子供たちは不安な上に、誕生日を忘れられてたコッピは学校で泣き出してしまいます。でも、ミヨンがちゃんとワカメスープを持って会いに来てくれました。良かったね。

20話
ミヨンのマスコミ直撃は好評を得て、段々と信頼を回復していきます。新商品開発に力をいれていくみんな。試食してもらって、いろんな意見を取り入れたり、美味しいお店を手伝ってヒントを貰ったりして、甘さと辛味のバランスを考えていきます。
で、冷麺店にも出来上がったものを持ていく。

ハンスは映画がスイス映画祭で受賞して、元気復活。その試写会によばれたミヨン。しっかり、そこでもじゃがいも鍋の宣伝。

ヨンジュンは、元彼のおかげでショーホストからコールセンターに移動。でも、彼女と夫の商品で大きなトラブルが起こったのも事実だしね~。さらに、主婦ターゲットの通販番組で、略奪愛したってのも問題らしい。これも、納得だな~。


あらすじ(公式から)
19話
TVショッピングでの放送当日。急にナビゲーターがヨンジョンに変更になったと知らされたミヨンは動揺するが、仕事と割り切って宣伝に務める。放送は大好評。順風満帆に思えたキムチ・ジャガイモ鍋事業だったが、輸入のキムチに混入されていた添加物や腐った白菜が社会問題に。安全なはずのミヨンたちの商品まで巻き添えを食ってしまう。
20話
ミヨンたちの懸命な訴えがマスコミに伝わり、キムチ・ジャガイモ鍋は良心的な商品だという記事が掲載される。ほっと胸を撫で下ろすミヨンだったが、売り上げが低迷してしまったのを挽回するため、ずっと先延ばしにしていた商品開発が急務に。一方、ヨンジョンは突然の人事異動で顧客サービスセンター係を命じられショックを受ける。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

2度目のプロポーズ17・18話

17話
たしかにミヨンは綺麗なアジュンマですが、改めて考えると「なんで好きなの?」と思うね。放っておけなくて、気があって、いつの間にか気になってるってことなのかな。「アジュンマの夢」をドラマにしてるんだから、そこはあんまり追及しちゃならないんだろうな。二人でテンポよく言いあいしてるところが楽しいから、それでいいや。
コッピ、タンピは、家の電話からメールしてきます。ホッと一息のミヨン。
ミヨン達は、次は店を持って工場を作って販売しようと考えます。冷麺店とも協力して、いい関係でやっていけそう。キョンヒの経営経験が、上手く作用しそうですね。ホテルの時の仲間も工場を手伝ってくれることに・・。さらに、ホテルのメニューにも入れてもらえることになりました。

それなのに、キョンスは照れてミヨンの顔をまともに見られない。仕事にならんぞ~。
ミヨンが過労で倒れちゃって、慌てて病院に連れて行くキョンス。その病院で、キョンヒは亡くなったと思っていた父?に会います。こちらも大ショック。

キョンスの父が突然訪ねてきます。「いつまでブラブラしてる??」と問われて、「今の生活が好きだ」というキョンス。ギリギリで司法試験を通って、研修院もでたんだけど、超成績悪くて、コネ入社しかできそうにない。

ヨンジョンは姑との同居で疲れてますね~。「家族が欲しかった」といってたけど、夢の家族と現実は違うよね。
タンビはママを恋しがって泣くことも多いしね・・・。
その上、ヨンジュンを振った男が、社長として就任。めんどくさいことになりそうだ~。

ジョンフンの会社は、大量注文した商品の内容が違うことが判明。騙されたみたい・・・。通販の特集に出す予定だったから、大騒ぎに。

18話

もう消えたと思ってた映画監督のテウが帰国。やっぱり、年齢的にも空気感としても、彼の方がミヨンとお似合いな気がするな~。
でも、彼が刺激になってキョンスが頑張りだすのかな??二人が意識してるのをキョンヒが気がついて、応援してくれてるから、がんばれ~。

レトルトはスーパーでの試食で売り込み。キョンスのイケメン具合が主婦におお受け。
中国向けの味の開発の相談に冷麺店にいったキョンヒとミヨン。キョンヒは債権者たちに詰め寄られます。この冷麺店の子だろ?儲けを渡せ~と騒がれて、「婚外子だから関係ない」とキョンヒはキッパリ言う。
冷麺店の調理長は、薬味とスープの味を盗もうとしてた。ミヨンは「過ちは誰にでもある。見なかったことにする」という。それで調理長は自分から社長に謝罪しました。ミヨンは「いつも子供を見る目が優しい人。何か事情があったんだろうと思う」というんだけど、社長は「甘い」という。そういいながら、あっさりと自分で作って見せて、「同じ味が出せるなら任せる」という。でも、難しいんだろうね。ミヨンにもヒントをくれました。

ヨンジュ、子供の世話で会議に遅れたりして、目を付けられます。この社長、安くて大量に売れる食品をメインにしようとしてるみたいで、ミヨンの商品も対象になりました。確かに、リピートしてくれる客が大事ってのは分かるなあ。

ジョンフンの失敗は大きな損失を生みました。



あらすじ(公式から)
17話
店の宣伝のためチャリティーファッションショーに出演することになったミヨン。キョンスは綺麗なドレスを着てメイクアップしたミヨンのあまりの美しさに言葉を失い、妄想の世界へ・・・。そんななか売り上げが約束通り一千万ウォンを越し、ミヨンらは次はレトルト商品を作る工場を持とうと考える。そんななか、キョンスの元を父親が訪ねてきて・・・。
18話
3ヶ月ぶりに帰国してきたテウと再会したミヨン。相変わらず奔放なテウに呆れつつも、ミヨンは彼をサウナに連れて行く。サウナ店でもちゃっかりキムチ・ジャガイモ鍋の営業活動を忘れないミヨン。その頃、ミヨンを心配するキョンスはあらぬ妄想に心が乱れ気が気でない。一方、隠しカメラを設置するよう依頼されたユン厨房長は・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ15・16話

15話
キョンヒは逮捕されるも、お金は戻ってこない。冷麺店に押しかけて働いくミヨンとキョンス。とにかく強く生きてます。

冷麺店にやってくる老人。社長に恋してるみたいなんだけど、社長は彼を店に入れると怒るらしい。追い出される。ミヨンは放っておけなくて、外で待ってるハラボジに薬を渡したり、冷麺を持ち帰りにしてあげます。
でも、翌日ハラボジが亡くなったという連絡が。初恋の人って奴か~。詩人だったハラボジは、「30年ぶりに君の料理を食べられた」と遺書が残ってた。
勝手なことをしてを怒られたミヨンだけど、社長は許してくれた。
まかないのキムチ・ジャガイモ鍋の屋台をやってみようということになる・・・。

ヨンジュンは子育てなんてイキナリできないよねえ。ただでさえ不安定になってる子供たちだけに・・・。子供たちはママの店に会いに来て、疲れてるのを見て心配なんだけど、ママは笑ってくれる。

16話
スンシムに「半月で一千万ウォンを売り上げたらキムチ・ジャガイモ鍋店の援助をする」と条件を出されます。執行猶予となったキョンヒも店を訪ねてきて、彼女も一緒に働くことに・・・。
なかなか上手くいきません。地元のやくざが絡んできたりしますが、キョンスが撃退。しかし、警察沙汰に・・・。今後も大変そうだと思ったけど、ホテルの時に目をかけてくれた人は、なんとチョルチン派の組長さんだったのね~。話をつけてくれる上に、倶楽部の食堂への納入も依頼してくれる。ありがたいけど怖いなあ・・・。
でも、ネットで話題になったりして、慈善ファッションショーのモデルにならないか?なんて話まで来て、宣伝効果があがってきます。

店の厨房を預けられてる古株さんたちは、「実は身内で、彼女に店を任せる気持ちでは?」と不安になる。

ヨンジュはお手伝いさんを頼むんだけど、姑が「冷蔵庫のなかが腐ってた。子供も心配だし、一緒に住む」と言い出す。
二人で留守番してる時、タンビは「ママに会いたい」っておお泣きする。バスで店に行ってみるんだけど、タンビが酔ってしまって大変。倒れて病院に運び込まれる。ミヨンもヨンジュンたちも駆けつけるんだけど、ヨンジュンはタンビがアレルギーのあるものを使ってしまってた・・・。「食べたら吐くってちゃんと伝えたじゃない」と涙するミヨン。ずっとおなかをなでなでしてあげて、タンビもコッピも落ち着いたみたい。
やっぱり母親が必要なんだよ。ミヨンはおかゆを作って届けます。



あらすじ(公式から)
15話
冷麺屋のオーナー、スンシムに「キョンヒの紹介で来た」と告げたミヨンとキョンスだったが、スンシムは急に表情を硬くする。だが数々の仕事を経てたくましくなったミヨンは許可が出てないにもかかわらず強引に冷麺屋の手伝いを始めるのだった。一方、一人でコッピとタンビの面倒を見ることになったヨンジョンは子育ての大変さを痛感する。
16話
スンシムに「半月で一千万ウォンを売り上げたらキムチ・ジャガイモ鍋店の援助をする」と条件を出され、それを飲んだミヨン。早速ミヨンとキョンスはアパートの大家も巻き込んで開店の準備を始める。ついに開店に漕ぎ着けたミヨンたちだったが店は閑古鳥で前途多難。その頃、ヨンジョンの主婦ぶりに呆れたミンソクの母は同居すると宣言する。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ13・14話

13話
前回前の監督の彼はホテルをでていってしまったから、このまま退場なのかな?メイド仲間とも、シングルマザー同士で仲良くなったりして、順調になっていきます。

今回のメインは、ミヨンのホテルで結婚式というドタバタ劇。元夫vsギョンスで揉めるって感じになるのかな~。
一生懸命、ミヨンにばれないようにするギョンスはカワイイけどね。

結局は、ミヨンを見かけたミンソクの方から探して会いに来たから無駄だったけど。大がかりな式で、ミヨンまで会場に引っ張り出される。可哀そうすぎるよ~。
子供たちも出席。二人は「前にこっそり会いに来たのは内緒」と約束しあいます。遠くからでも子供たちが見れたのはミヨンにとってはいいことかな。

もう一人、ミヨンがどんな人間か調べに来てる偉そうな人がいますね。社長さん??だけど、大人しい愛人を探してる人で、愛人契約の話を持ちかけられたよ。きっぱり断ってたけど。

打ち上げの宴会で飲めないお酒を飲んだミヨン。大暴れしてしまいます。ギョンスがなんとかなだめて連れ帰りました。

14話

ミンスクは訪ねてきて「なんでこんな生活してるんだ」なんていうんだけど、あんたのせいじゃん。姦通罪で訴えて。ヨンジョンの財産奪うことだってできるんだぞ!!やってやれ!!
ヨンジュンもミヨンに気がついて、ミンスクが一人でミヨンと会っていたと問い詰めます。
この結婚式、新しいスパに浄水器を売り込む目的もあってのものだから、今後も顔を合わせる。
ココをやめて他のところへいけというミンスク。やっと見つけた職場なのに、「他にもあるだろ」なんていうの、酷すぎ。ギョンスが怒って喧嘩になってしまった。
ギョンスだけでなく、ミヨンも首になってしまいます。「辞めれば慰謝料払う」って言ってた手前、ミンスク慰謝料払えよ~。

ミンスクの浄水器事業も失敗すればいいのに~。

詐欺をしたキョンヒの居場所が分かった。友人たちと会いに行くんだけど、自動車工場の洗車係をしてるのを見ると、怒るに怒れないミヨン。友人たちが警察に連れて行くというのも、喜べない。
キョンヒは、苦労してるミヨンを呼びだして「ココに行って。知人の冷麺の店だけど、知り合いなの。粘ってみて。道が見つかると思う」という。

ミヨンはとにかく内職の仕事を始めます。さらに、金魚すくいのバイト。しかし、すぐにライバルが現れて、客はぐんとへる。別のものを考えようと励ますギュシク。

アメリカにいるミンスクの兄が交通事故にあったと連絡が・・・。ハルモニとミンスクが渡米する間、ヨンジュンが面倒みることになるけど、放送局の控室でまってろなんて、上手くいくわけないよ。タンビが勝手にウロチョロして、生放送が騒ぎになってしまいます。



あらすじ(公式から)
13話
結婚式を挙げるため、エバーグリーンホテルにやってきたミンソクとヨンジョン。二人の姿を見かけたキョンスは何とかミヨンの目に入らないよう画策するが、その努力もむなしくミンソクとミヨンは再会してしまう。翌日、ミンソクとヨンジョンの野外結婚式が大々的に行われ、ミヨンはその様子をそっと見守りながら昔を思い出し涙するのだった。
14話
目覚めたミヨンは自分の部屋で裸同然で眠るキョンスを見つけ大騒ぎ!ミヨンの居場所を突き止め訪れたミンソクは、ミヨンがキョンスと親しげにケンカしている様子を見て不愉快な気持ちになる。メイドを辞めろとミヨンに迫るミンソクとキョンスはホテル内で乱闘してしまい、ミヨンはようやくありついたホテルの職もクビになってしまう・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ11・12話

11話
ミヨンのホテルのルームキープ担当は、昔の同僚でシナリオライターになっていたテウだった!!
ソフトで優しいけどちょっといい加減って感じ。元夫より顔もいいよね~。
口うるさいミヨンは「キツツキのチャンさん」と呼ばれてた。びっくりしてシャワーの水をかけちゃっても「ありがとう。顔が洗えた」という。でも、リズムが崩れるから掃除はしてほしくないという。ミヨンが必死に「私にとっては掃除が大事なこと」と訴えて、「じゃあ、呼び出したときにいつでも徹底的にする」という条件で許してくれた。おかげで、研修からだけど仮就職!
しかし、いきなりテウのUSBメモリがないという大騒ぎに。掃除で捨てちゃったんじゃないか?ってことになります。夜中までかかってゴミを全部確認して見つけ出しました。
そんなミヨンにお茶をだして、「凄いゴミの匂いだから」って服を貸して、夕食につきあって、家まで送ってくれるテウ。それに既に「机の引き出しにあった」とうそまでついて、ミヨンをかばってくれてたんだね。
「離婚されたんだ。6歳の息子が一人。俺は自分の面倒も見られないから、母親と暮らしてる。本当につらくても、一日一日すごせば、生きていく力がわく」と身の上話をして励ましてくれるテウ。シナリオ作家で監督デビュー予定。「いじっぱりでキツツキなのは変わらないな~」って笑う。ミヨンは「あんたのあだ名はベタベタ君」と反撃。書類がコーヒーなんかでベタベタだったんだって。

ギョンスは何かと世話をやいて、安い家を探すのをネカフェで手伝ってくれたりする。資格もあって、能力もあって、好きで放浪生活してるから、こういう状況への対処法を知り尽くしてる。本当は、いいところの坊ちゃんなのか?。ホテルの関係者なのか?
補償金が足りない「二間続きの屋根裏部屋」を、ギョンスは一人で交渉してなんとか分割でOKとりました。
しかし、お隣さんとなれば、ちょっと遅いだけで心配になる。テウが飲酒運転で捕まりそうで、道を変えたり、ガス欠したりして、初日からミヨンはなかなか帰宅できない。心配が最高になったところで、男と帰ってきたから、怒っちゃうよね。それに、着替えてるし・・・。テウもギョンスも相手に反感バリバリ。

ミンソクは、「妊娠して流産した」というのが気になって、避妊手術したのになぜ?と病院へ。一緒に受けた人の奥さんが、浮気がばれるのを恐れて、検査資料を入れ替え、ミンソクは妊娠不可能と言われて、疑問になる。入れ替えられた人は「妊娠可能」だったみたいで、ミヨンが不倫してたわけじゃないけど、ミンソクは疑うよね。ミンソクのお金も受け取らず、姿を消してしまっているので、ますます疑う
気持ちになる。
心配でもあり、嫉妬もありで、ミヨンが気になるミンソク。

ヨンジョンは母から相続した土地を売り、ミンソクのために家を買った。これで、ミンソク母の態度が変わる。「子供たちの母になる」という態度のヨンジョンは、そうすることで立場を固めたいんだろうね。

12話

ミヨンが気になってるテウとギョンスが出会います。互いに「何者??」となります。
ミヨンは仕事を始めます。先輩たちは厳しいけれど、そんなことでめげてる場合じゃないもんね。昨日、一緒にいられたのを見て、テウとの仲を疑われて、ますます居心地は悪く・・・・

ギョンウの方は、大家さんに約束した「女性紹介」の相手探し。そして、どうやら上層部と知り合いらしく、ミヨンの就職とひきかえに、自分はスパで働くことになりました~。

テウの方は、気軽に「協賛品でもらったものだから」とか言って、携帯をくれたりする。「子供たちの声を聞けるから」って、離婚したばかりのミヨンの辛さが分かるんだろうね。コッピの声を聞いて涙するミヨン。コッピはハルモニにばれちゃならないのを理解できるから、携帯電話番号だけきいて、ばれないようにしてくれた。
原稿完成で盛り上がって、ミヨンとダンスしちゃったりして、怒られちゃうテウ。見かけたギョンウは、何かとテウと張り合うようになります。。喧嘩して、二人してミヨンに怒られます。「最後の職場で生活の場なの!!」というミヨンの怒りはごもっとも。
テウは「僕の誕生日。こんな日にひとりで食事したくない」って夕食に誘います。大衆食堂みたいな気取らないところで食事。そして「明日は君の誕生日。同期のときまとめて皆に祝われた」といってくれる。事情も聴いてくれて、「一人で怖くて、今考えたらあり得ないけど、慰謝料を投資しちゃった」と話すミヨンに。「そんなんじゃ駄目だよ。慰謝料狙いの男とかに取られてたよ」って、怒ってしまうテウ。心配して怒ってくれたって分かるからミヨンは声を出しておお泣きしてしまいます。泣いた方がいいと思うから、こういう率直な人はいいかもね。
でも、ギョンウは心配でたまらないみたい。

題名からすると、どっちかとくっつくんだよね。夫婦としてバランス取れてるし、ミヨンの世話が必要そうなのはテウ。でもそれってミンソクのときと同じ「つくす側」に自然になってしまうような気がするなあ。ギョンウなら、全く違う夫婦関係になりそうではある。

テウ、元妻に急に息子シフンの世話を頼まれます。原稿の締め切りもあって大変なんだけど、とにかく引き受けます。が、結局は、ミヨンが面倒みることになるけど、見失って探し回ることになったけど。すぐに見つかって、テウは「パパらしい」姿を見せます。
この日はミヨンの誕生日。コッピは、タンビを連れて、母のいるホテルに会いに行きます。でも、降りるバス停を間違って電話してくる。仲間が「もうすぐ退社時間だから、こっそりぬけだせといい、テウが車で連れて行ってくれます。子供たちに会えたのが、一番の誕生日プレゼントだね。
支えあって、子供との関係をきずくテウとミヨン。でも、タンビは、「ママがシフンに優しくする」のが嫌なのね。いつもそばにいない分、独り占めしたい。再婚となっても難しいかなあ。明日チェックアウトして、撮影で一年ほどいなくなるっていうし・・・。

ヨンジュンの上司が「ヨンジュンのために挙式してあげてほしい」と頼む。でも、子供たちが納得しないでしょう~。時間かけないと・・・。それに、予定してるのがミヨンのホテルなんだよな~。



あらすじ(公式から)
11話
シナリオライター、テウの部屋を見事にピカピカにしたミヨンはメイドとしてホテルに採用される。キョンスと隣同士で安いアパートの一室も借りることになり、希望に燃えるミヨン。そんななか、テウが部屋から大事なUSBメモリーがなくなったと言って大騒ぎ。「ミヨンはうっかり捨てたのかもしれない」と必死にゴミ捨て場を漁るのだが・・・。
12話
ミヨンと同じホテルの従業員になったキョンスはミヨンが女たらしのテウに騙されるのが心配でならない。そんなキョンスに対しミヨンは「私には固く誓った目標がある。巻き込まないで」と一蹴。そんななかミヨンはテウから食事に誘われ、明日が自分の誕生日だったことを思い出す。誕生日の当日、ミヨンの携帯に思いがけない連絡が・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ9・10話

9話
ミヨンは、なんとかキョンヒを探そうとするけど、なかなかうまくいきません。
ジェウォンが親身になってくれるけど、回収は難しそう。

ミンソクの再出発のラブラブとか見ててもムカつくシーンが多いですね。

その上、子供たちを連れていくなんて・・・。悪いのはどう考えてもミンソクじゃん。主婦だったミヨンが、切羽詰まった気持ちになったからだまされたわけで・・・。「養育するのはミヨンだけど、親権だけでもないと絆が・・・」とかいうミンソクに流されたのが失敗だったな。でも、ミンソクたちに取られるよりは、ハルモニのところの方が、子供にとっては安定できるかもね。ハルモニは、ミンソクのこともしっかりと叱ってくれたし、ミヨンの母心も分かってくれてはいるみたいだし・・・。
ハルモニは、キョンスのせいで転んだミヨンを支えてるのを見て、ちょっと誤解したみたいなのが心配かな。

喧嘩してるタンビを必死に守るコッピが可愛いね。で、キョンスが「家が二つあるのはいいぞ~」って言って、励ましてあげます。コッピは察しが良くて、健気で、「オンマが世界で一番好き。私がタンビのママになる」という。
ミヨンは「生活力が戻ったら子供たちを返すと約束して」とハルモニにお願い。コッピがキョンスから教えてもらった「コインには裏もある(悪いことのうらにいいこともある)」って、コインを渡してくれるの。

引っ越しの日、茫然としてるミヨンが放っておけなくて、あとをつけるキョンス。自殺でもするのでは?って思って、思わず飛び出しちゃいます。
キョンスもいつまでも先輩のところに居候ってわけに行かなくて、次の放浪を始める予定。

10話
ミヨンは、子供たちを育てるにあたっての、事細かなお願いのメモを残して、ミンスクにも居場所を言わずに家をでた。
キョンスに誘われて、サウナの清掃員として住み込み勤務をはじめます。キョンスは保安員。ミヨンは初めての仕事なので、戸惑ってばかり。

その上妊娠か?ミンソクは「手術したから子供はできない」って言ってたけど、手術失敗か??
さらに、ジェウォン妻に疑われて殴られて、流産してしまう。誰も知らないまま、こんなことに・・・。体冷やすなって言われたのに、氷風呂の掃除とか無茶してるよ~。心配そうに見てるキョンスが、さりげなく助けてくれるけど、大丈夫か~。

ジェウォン妻がくちをすべらせて、居場所がミンソクにばれてしまう。ミンソクには流産のことを話すけど、信じてもらえない。金を渡そうとするミンソクに、ミヨンは腹を立てて、「もう、あんたとは終わり」とキッパリ。

騒ぎが起きたり、病院行ったりしたせいで、首になってしまったミヨン。でも、店員さんが次の職場を紹介してくれたり、何とかなるか・・・。キョンス、怒って一緒に辞めて、地方までくっついてきちゃったよ。

ルームメイドの仕事は、経験ないということで、問題児の長期滞在者の掃除をしてみることが面接代わりに・・・。でも、相手は旧知の男だった?



あらすじ(公式から)
9話
ミヨンは事態収拾の糸口を見つけようとするが失敗する。
公園でコッピとタンビがケンカしていた場面に出くわしたキョンスは、ミヨン夫婦が離婚したことを知り、自分の経験を語って彼らを明るく励ます。
一方、ハネムーン先でミヨンが全財産を失ったと聞かされたミンソクはあきれ果てる。旅行から戻ったミンソクは、マンションを売れと言う。 すべてを知ったミンソクの母は、ミヨンには責任能力がないと言ってコッピとタンビを実家へ連れて行ってしまう。
10話
マンションを出たミヨンはキョンスに誘われてサウナの従業員として住み込みで働くことに。
そこへ偶然、ミンソクのビジネスパートナー、ジェウォン夫婦が遊びにやってくる。専業主婦だったミヨンがサウナで働く姿にショックを受けたジェウォンは、旧知の仲であるミヨンを放ってはおけず、金を渡そうとする。
しかしそれがあらぬ誤解を生み・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

二度目のプロポーズ7・8話

7話
「行ったら私とは終わり」そう言われても駆け出してしまったミンソク。ヨンジュンを抱きしめてるのを会社関係にも見られてしまった。人目もはばからず、傍に寄りそうミンソク。

ミヨンは怒るよねえ。携帯もつながらないのに、子供たちの前では平気な顔しないとならないし、大変だ。思わず泣き出しちゃったミヨンを、ギョンスが気軽に助けてくれる。
ミヨンは、友人に「まじめな人の浮気ほど怖い。これから大変だけど、辛くても優しくして。責めないで。責めるほど恋愛に暴走する」と忠告される。
が、責める間もないくらい、ミンソク暴走。「離れられない。俺についてきてくれ」とかヨンジュに言ってるし・・・。

姑がやってくる。本当の親子みたいに仲の良い嫁姑。「早く帰るように」って
電話しても通じない・・・。
とりあへず姑送りだした後、ミンソクは「理性的に話し合おう」という。「あんたの方こそ、理性的になれ」だけど、「もう決心したし、絶対に変わらない。離婚しよう」だってさ・・・。すべてをお前にやるからって言われてもなあ・・・。「心の整理ができたら連絡くれ」っていいだす。ミヨンがすがってもでて行こうとするが、娘に泣かれていったんはとどまった。

しかし、恋煩いで具合が悪くなってしまうミンソク。ミヨンは、旧友のジェウォンに助けを求める。ストレスで肝炎だって・・・。
で、ヨンジュは愛人のくせに病院に駆けつけるなよ・・・。

8話
ミヨン、ショックだよねえ。正直、元気で前向きなミヨンの方が福がよってきそう。ヨンジュンって、常に表情が暗いから、不幸を呼び込みそう。こんなんで「売れっ子ショッパー」というのが信じられない。
「何の打算もないひと。心から頼れる」とかヨンジュンは言ってるけど、妻をカンタンに捨てる男を「頼れるひと」というのが見る目ないよなあ。
憂さ晴らしにひとりカラオケのミヨンを見かけるギョンス。なんとなく、放っておけないみたいですね。

ミヨンは、倒れるほどならって折れた。「子供は育てる。あなたが出て行って、養育費は一括でちょうだい」とだけ告げた。毎月生活費貰って、関係が続くのが嫌なのかな??

すぐに団地の噂になるが、反対するアヨンに対して、ミヨンは「立派に生きて見せる」と言うしかない。子供たちには「忙しいから泊まり込んで、週末だけ帰ってくる」と説明。

あっという間に金と書類を用意してきたミンソク。子供たちのこと、今後の生活のめどをどうするのか?など話さないの?「君が育てても親権はほしい。いい父親でいたい」とか、ひどすぎるよなあ。

ミヨン、友人の会社の投資話にのってしまいます。みんな夫の浮気に耐えて生きている。あなただけじゃないの。でも、友人キョンヒだから3人で一株を回してくれるっていうんで、融資まで受けたけど、危なっかしいなあと思ったら、やっぱり大ごとに。会社は倒産。一銭もなくなってしまった。一緒に出資したアヨンは夫がいるからまだいいけどさあ・・・。
思わずミンソクを頼るミヨンだけど、ミンソクはヨンジュンと旅行へ行ってしまう。


あらすじ(公式から)
7話
ミンソクがヨンジョンの母の葬儀を手伝いに行ってしまい、ミヨンは苦悩していた。そこに姑のマ・ヤンスンが遊びにやって来て……。
8話
もはやミンソクの心は完全にミヨンから離れてしまった。ミヨンは開放してあげるから、着の身着のまま出て行けとミンソクに告げ……。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 二度目のプロポーズ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。