• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃64・65話

王様すごくがんばった。でも首陽が「私を信じてないのだ。それが許せない」とか言い出す始末。そりゃ、信じられんよ。あんたは隠してるつもりでも野心が透けまくってるもん。ハン・ミョンフンは王妃との引き離しにかかるわ、姉の家族は追い落とすわ、ひで~。
とうとう、王は折れてしまいます。恵嬪を助けるために譲位すると言い出す。錦城、恵嬪の二人は死罪こそ免れたものの、結局流刑に。
首陽君の奥さんが「人の恨みをかってはなりません」と言ってたけど、おもいっきり恨まれただろうね。
これは世宗の兄もな~。長子相続ならなんで俺が王になれ無かったんだよって気持ちもあるんだろうね。王が王らしく気骨を見せたところなんから、よくやったと指示してやれば王権強化にもなるだろうにねえ。


あらすじ(公式から)
64話 決意
世宗の寵愛を受けた恵嬪が謀反を起こすはずがないと声を荒げる端宗。夜を徹して議論が続けられたが結論は出ず、ついに首陽が宮殿に呼ばれる。一方譲寧大君は端宗を廃位させるべきだと集まった王族らに迫っていた。互いの顔色を伺っていた官僚らは王位を守るために決断すべきと端宗に詰め寄るが、端宗はついに錦城、恵嬪を助けるためにみずから進んで首陽に譲位すると告げる。
65話 譲位
宮殿の周りは多くの兵士が取り囲み、不穏な空気に包まれていた。だがすでに端宗は気持ちの整理をつけており、譲位はあっさりと決まってしまう。しかし譲位することで助けられると思っていた錦城、恵嬪の二人は死罪こそ免れたものの、結局流刑に処されることとなる。こうしてついに首陽のもとに王印が届けられる。首陽の屋敷では皆が千歳を叫ぶが、妻ユン氏の胸中は複雑だった
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃62・63話

王がとうとう首陽が何を望んでいるのかはっきりと自覚します。恵嬪をたずねるという大胆な行為にもでたし、明にも王妃がみとめられ、足場が固まっている分、攻撃も激化。首陽君の妻は夫の野心にはんたいみたいなんだけどねえ。
姉の夫が謀反の罪をきせられる。これを認めれば、次は譲位、さらに殺されるであろうとハッキリと王妃に告げる王。王妃は「王の威厳をお見せください」と助言。
宮殿で臣下たちに自分の正統性をハッキリと宣言した王。かっこよかったけど、これは宣戦布告。味方が少なすぎなのよね。


あらすじ(公式から)
62話 浄業院の一夜
端宗は浄業院に送られた恵嬪に会いに行く。首陽は王みずからが罪人を訪ねることに激怒し、側で仕えるチョン内官を厳しく罰する。端宗はそのまま浄業院に泊まろうとするが、首陽はそれを許さず迎えを送る。一方王妃の顧命を得るため明を訪問した奏聞使の一行が戻って来ていた。首陽の妻ユン氏は王妃を訪ねて祝辞を述べるが、王妃は端宗の立場を考え気持ちが晴れなかった。
63話 首陽への疑心
義兄、寧陽尉が謀反を企てたという上書に端宗は激怒する。首陽は真相を確かめると端宗に約束するが、浄業院や錦城の屋敷を兵士に包囲させ、むしろ端宗を追い詰める。官僚たちも錦城、恵嬪の断罪を求めて座り込む。端宗は先王、文宗の殯宮だった思政殿に官僚たちを集め、厳しい口調で彼らを詰っていた。だがその頃、寧陽尉の屋敷にはホン・ユンソンらが乗り込んでいた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃59~61話

じわじわと追い込まれていく王。王妃は恵嬪を切り捨ててでも生き残り、親政をはじめたときに復讐すべきだと王を支えるが、心優しい王の心の傷は深い。
なんとか助けようと府院君は首陽を訪ねるけど、もう首陽はタイミングをはかってるだけみたいなんだよな~。不安で怖いのがよくわかる。


あらすじ(公式から)
59話 ホン・ユンソンの報告書
首陽から宮殿の腐敗を正せとの命を受けたホン・ユンソンは意気揚々とこの仕事に取り掛かる。彼が提出した事細かな報告書に、身に覚えのある官僚たちは気が気ではなかった。だが首陽の目的は別のところにあった。巫女を使って首陽を呪詛していた恵嬪がまずその対象となった。これを機に首陽は恵嬪と錦城の不穏な動きを徹底的に封じることを考えていたのだった。
60話 粛清、再び?
粛報告書に基づいた粛清が始まろうとしていた。大司憲は端宗に向かい、錦城、恵嬪らを謀反を企てた罪で極刑に処すようにと進言する。端宗は安平に続いて身内を殺さねばならないことに衝撃を受け、宮殿の門を閉ざしてしまう。官僚らは端宗に錦城、恵嬪の処刑を求めて座り込む。これを知った錦城は宮殿に赴いて、座り込む官僚たちに端宗の前で自害して見せると言い放つ。
61話 深まる溝
端宗はまたもや宮殿で兄弟が争い、血の雨が降ることに胸を痛めていた。それを回避するために、なんとしても錦城と恵嬪を守ろうとするのだが…。王妃は親政を執るまでの辛抱だと慰めるが、毎晩のように悪夢にうなされる端宗が不憫でならなかった。王妃の父、府院君は首陽を訪ね、娘を殺さぬようにと頼むのだが、首陽の顔色に娘の行く末を読み取りため息を漏らすしかなかった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃56~58話

結局は首陽が隠している野心を皆が嗅ぎとり、その力に惹きつけられていく。本人が何を言ってもバレバレなんですね。首陽はあとからケチがつかないようにとイロイロと考えているみたいだし、大義名分を探して待っているんだけど、それよりも世の中の流れが速い感じですね。ミョンフェが煽ってるのもあるけど・・・。
王妃は必死に王を守ろうとするが、譲位できなければ廃位→自殺に追い込まれると考える王は譲位という道を選びたい。オム内官みたいに守ろうとする人たちもいるんだけどね。
宮中から追い出された祖母の境遇の劣悪さ、身近で守ってくれている恵嬪も政争の中で必死に盾になってくれてるが命を落としかねない。やはり王はちょっと可哀想ですねえ。


あらすじ(公式から)
56話 信頼を取り戻す二人
端宗は自身が無力なため王宮が安定しないと考えていた。だが孝寧大君は首陽への不信感が今のような事態を引き起こしたのだと端宗を諭す。首陽の心を知った端宗はみずから首陽の家に出向き、二人は固く抱き合うのだった。王妃は二人が信頼を取り戻したことに、さらなる不安を感じていた。一方浄業院に送られた恵嬪はオム内官からこの話を聞かされ激怒するのだが…。
57話 首陽の本意
首陽のもとを訪れたクォン・ラムは首陽の本心を確かめようとする。クォン・ラムは首陽と運命をともにする覚悟だった。端宗は浄業院で恵嬪が喀血したと聞き、胸を痛めていた。その頃ハン・ミョンフェとクォン・ラムは夜を徹して語り合っていた。二人はどうすれば首陽を無事に王位に上げられるか思案していた。一方錦城、永豊はいまだ首陽への恨みを捨ててはいなかった。
58話 功臣ホン・ユンソンの処遇を巡って
癸酉靖難(ケユジョンナン)の功臣ホン・ユンソンがオム内官に暴行を働き、宮殿はまたも混乱する。王妃はこの事実に怒りをあらわにするが、端宗は事を荒立てるなと諌める。同じ頃、嬢寧の家には王族や官僚たちが集まっていた。譲寧はこの席で端宗の譲位について言及する。錦城と永豊は譲寧らの動きに緊張感を高めていた。首陽は王妃の顧命を得るため奏聞使を明に送ると言い出す。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃53~55話

結局は首陽を選んでしまった王。もう対抗する力を持てなくなりそうだなあ。王妃頑張ってくれ~。首陽は王座への気持を抑えるのに苦労しそうですね。周囲が煽りまくるし・・・。
ハン氏出産でますます野心がたかまります。
結局、助かるためには譲位しかないって感じになっていく王様。まだ幼いだけに気の毒ですね。


あらすじ(公式から)
53話 席藁待罪(ソッコテジェ)
首陽は髪を解き、みずから宮殿に向かう。だが宮殿の門は恵嬪の腹心オム内官の差し金で閉ざされたままだった。首陽の登庁を聞き動揺する端宗に恵嬪は首陽を辞職させるよう強要。さらに錦城と永豊は端宗に首陽を殺せと詰め寄る。そこにやって来た譲寧大君は端宗に首陽を取るか恵嬪を取るかと詰問し、さらに端宗を追い詰める。その頃ハン・ミョンフェは不敵な笑みを浮かべ…。
54話 恵嬪、浄業院へ送られる
ついに端宗は辞職上書を首陽に返し、同時に恵嬪は宮殿を追い出され、浄業院に送られることになる。首陽はこの一件で宮殿での力を圧倒的なものとした。だが涙を流して手を取り合う端宗と首陽の姿を王妃は冷たく見つめていた。端宗は王座の重みに耐えかね、首陽への譲位を口にする。譲寧大君からも王座に就くよう勧められた首陽は、固辞しつつも激しく動揺していた。
55話 譲位の王命
ハン氏は陣痛が始まり、難産の末にようやく男児を出産する。王妃は巷で王の孫が生まれたと噂されていることが無念でならなかった。だが端宗はこの噂で心を決め、同副承旨となったハン・ミョンフェを呼んで首陽へ譲位するとの王命を下す。端宗の決意を知った首陽は急ぎ登庁するが、端宗の気持ちは変わらなかった。首陽は自分が死ねば済むのかと端宗に詰め寄るが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃50~52話

首陽はとにかく謹慎し、その間に親政をねらう王妃。だが、朝廷内には首陽派ばかり・・・。
だからこそ、一つ大きな決断を首陽がすれば変わってしまう状況。この緊迫感の中で親政を既成事実化していくのに必死な王妃。なかなか頑張ってますが、老練な朝廷と渡り合うのは大変ですね。


あらすじ(公式から)
50話 追い詰められた首陽
恵嬪の息子、永豊君は錦城大君とともに、首陽を罷免しろと端宗に詰め寄る。これを知らされた首陽は自宅に籠もってしまう。端宗は首陽に宮殿に戻るよう促すが、首陽はこれに答えず、謹慎生活を続けていた。ハン・ミョンフェからこのことを知らされたハン氏は急ぎ本家に戻る。王妃はこの機に乗じて首陽から実権を奪い、端宗に親政をさせるつもりでいるのだが。
51話 辞職上書
首陽を排除しようと考える王妃は端宗を促して、恵嬪、淑嬪への朝夕の挨拶を敢行する。長引く首陽の謹慎で宮殿内には不安と不信感が高まっていた。王族や官僚たちの間にも新たな勢力争いが始まり、首陽は遠からず辞職するとの噂が公然と流されていた。その渦中で自分を信頼しない端宗に失望した首陽はついに辞職上書を書き上げ、都承旨シン・スクチュに託すのだった。
52話 混乱する王宮の行方は
辞職上書を受け取った端宗は首陽に会いに行こうとするが、王妃や恵嬪に止められる。宮殿内では首陽排除の雰囲気が漂い始め、恵嬪、錦城大君もこの機会を逃してはならないと端宗に迫る。端宗は首陽を助ける道がないと涙を流すのだが…。水面下で宮殿の動向を探るハン氏も、首陽の今の状況には為すすべがなかった。その中で、突然登庁すると言い出した首陽の姿は…?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃48・49話

王妃が聡明ですね。恵嬪を留めることで、内命婦と宮中(内官)の力で王を守ろうとする。内命婦のことに官僚は口を出せない。慣例とか行っても、そもそも3・4世代目の王朝だしね。
その上で、首陽は「王妃を迎えたら退職する約束だったはず」と迫っていく。まあ、確かにそんな約束もしたわな・・・。でも、そうすると首陽のおかげで昇進した人たちが黙ってない。そもそもが「文宗時代には官職も得られなかった人」たちが集まってる訳だから、疑心暗鬼にもなるよな。


あらすじ(公式から)
48話 王妃の画策
ハン氏の明晰さに驚くハン・ミョンフェ。彼はハン氏の言葉に力を得、今後に希望を見出す。だが首陽の夫人ユン氏はそんなハン氏の行き過ぎた行動を憂慮していた。王妃は端宗と首陽の対立は避けられないと考え、端宗に力をつけさせようと躍起になっていた。王妃を迎えたことで平穏に戻ると思われた宮殿内の勢力争いは水面下で進み続け、誰もが疑心暗鬼になっていた。
49話 恵嬪と錦城大君
ハン・ミョンフェの仲間たちの不満は日ごとに増して行き、再決起も辞さない勢いとなっていた。一方恵嬪を宮殿から追い出せという官僚の直訴に対し、首陽は内命婦に任せよと命じる。内命婦を取りまとめる王妃は恵嬪を使って首陽から力を奪い、端宗を守ろうと考えていた。恵嬪と錦城は王妃を迎えたら官職を退くという首陽の約束を持ち出して、首陽を追い詰めるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

王と妃46・47話

王妃がついに入宮。首陽は「権力への欲望を抑えてきた辛さ」を妻に吐露する。
王妃は幼いながらも、道理と筋をちゃんと通して、大人には礼を尽くしながら、内命婦をしっかりと制圧。王にとっては妻というよりも母だけど、包容力があり、王子として甘やかすのではなく王にしようと働きかける。
これが、首陽は気に入らないんですね。「お守りするのは私の役目」みたいなのがあるみたい。



あらすじ(公式から)
46話 才知ある王妃
一夜明け、首陽が大殿に向かうと、端宗と王妃は喪服で出迎える。先王に挨拶するためという王妃の堂々とした態度に、首陽は感歎し、それに従う。婚礼が終わると首陽は新たな人事を発表する。だがハン・ミョンフェは相変らず冷遇されたままだった。ユン氏に妊娠を告げたハン氏は姉である桂陽君夫人のもとで出産の準備に入る。だが、子どもの将来を思うその表情は暗かった。
47話 王座を巡る新たな陰謀の種
ハン・ミョンフェは首陽こそ王座に就くべきだと主張する。今やらなければ、いずれ端宗に殺されるというのがハン・ミョンフェの考えだった。その頃、錦城は首陽を倒す計略を練っていた。宮殿ではソン・ヒョンスが娘を訪ねていた。毅然とした王妃の姿に父ソン・ヒョンスは不安の涙を流す。ハン氏はハン・ミョンフェと会い、今後のことについて新たな策を練るのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。