• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

四月のキス23・24(最終)話

やっと幸せになりかけたのに、病気。ジェソプは「自分が悪いことをしたから、ジョンウとチェオンを邪魔したからではないか??」と想いなやむ。「なんかの間違いだ」なんて気軽にいうジョンウ。アホ丸出し・・・。
で、ジナのこと気にしてるくせに「ジェソプのために」みたいな言い訳つくらないと動けないんだよね。やっぱジョンウ嫌い。ジュンウ父もジナに説教する前に息子に説教しろよ。

ジェソプは出張を理由に結婚式を延期。スンヨンとジェドンだけで結婚式をすることに。
チェオンは私の愛やジョンウの友情を踏みにじらないでといって説得。二人で闘病生活をすることに。ジナの兄から治療の可能性があると言われて、アメリカにいくことに。スンヨンが「ジェドンのために生きないとと思った」というのがきいたね。

結局、ジョンウは「自分だけを愛してくれた」ジナを運命だと感じて丸く収まった感じ。

しかし、治療に旅たとうとする瞬間、道路に飛び出した子どもを助けようとして、交通事故死するジェソプ。もう力技で収めたって感じですね。最後までひたすら献身するジェソプ。もっと笑顔が観たかったよ。
2年後、チェオンは小さな子と故郷へ。ジェソプの目を貰った子供たちなのね。ジェソプとの思い出がたくさんある場所。チェオンは、ジェソプがそばにいると感じながら幸せに生きている。



あらすじ(公式から)
23話
余命わずかと宣告されたジェソプは、チェウォンを死ぬ間際まで側におくべきか、チョンウに託すべきかと悩んだ末に、海外出張を理由に結婚式を延期する。
ジェソプの病状を知ったチョンウは、ジナを訪ねてプロポーズするとともに、ジェソプのために手を貸してくれと頼む。チョンウから真実を聞いたチェウォンは、人知れず旅立ったジェソプの後を追い、治療を受けようと説得するが…。
24話
チェウォンのためにも生きようと決心したジェソプのもとに、アメリカにいるジナの兄から治療に希望があるとの連絡が入る。チョンウとジナとともに海に旅行に出かけたジェソプとチェウォンはつかの間の幸せな時間を過ごし、チョンウも改めてジナに愛を告白する。
ジェソプの側にいたいと願うチェウォンは、2人だけの結婚式をあげようとするが、チェウォンを残すのがつらいジェソプは拒否する。数日後、ジェソプは治療のためにチェウォンと一緒に空港に向かうが…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

四月のキス21・22話

全24話。そろそろまとめに入らないとならない感じですね~。
チェウォンの気持が本当の意味でどうなのか??というのが大事だよね。
ジョンウはすでにジナとすれ違って、過去を思い出してるし・・・、でも、ジナの傷が深いからジョンウはジナとの結婚しようとする。ジナへの気持は嘘なのかな??二人で幸せそうにしてたよねえ。アレも現実じゃん??その時の気持は忘れちゃったの??怖いとか言ってさ~。愛か執着か分からないけど、すべてを捧げてくれてるジナに責任があるとか言ってかっこつけて。愛してあげないとジナは安定しないよ。
ジェソプは「自分の心に正直になれ」なんてジョンウに言うけど、不安みたいだね。それを「いい人ぶるな」みたいな言い方で非難するジョンウ。「俺はジナを愛してる」って言えば、ジェソプは気持よく結婚で居るのにね~。

ジェソプは自分がお金を用意したことをチェウォンが知ったことや、ジョンウの記憶が戻ったことを知ります。そして、それをチェオンのために隠してると知って「愛されなくてもいい。でも自分のせいでチョンウが正しい選択をしないのが怖い」と思う。
チェオンは「本当にジェソプが好きなの。幸せにしてあげたい。だから、記憶が戻ったことはかくして欲しい。あなたにはジナがいるし、私との思い出のせいで誰かを傷つけてほしくない。」とジョンウに言う。
でも、ジナの方が疲れちゃったみたい。っていうか、ジョンウがちゃんと愛情を示さないのが悪いよなあ。

でもジェソプは知ってるから、隠されるのと疑ってしまう。「ジョンウを忘れるために結婚を急ぐのでは?」と言ってしまう。そんな想いをさせていたとチェウォンは反省。自分はジェソプを幸福にするのではなく、不幸にしているだけではないか??と想いに悩む。
一方、ジェソプも「幸せの青い鳥が飛び立とうとしてる決死捕まえられない」という占いの結果を見てしまい。やはりチェオンを失うのでは?と怯える。でも、「運命なんて信じない」で人生を切り開いてきたジェソプ。信じ切れなかった自分を反省してプロポーズ。
とりあへず、ジェソプとチェオンは収まるところにおさまったと思うけど、今度はジェソプ病気かよ~。

ジェドン夫婦妊娠。それに移植も出来るほど回復。でも子どもは諦めないと移植できないんだよね。生むって言ってるけど、無茶しないでほしい。


あらすじ(公式から)
21話
結婚を急ぐチェウォンに対しジェソプは、自分はチョンウを忘れるための手段ではないかと責めてしまい、チェウォンは改めてジェソプに今まで大きな傷を与えていたと実感する。チョンウはジェソプにジナと必ず結婚をすると宣言するが、チェウォンへの想いを断ち切れずにいた。
ジナはそんなチョンウの本心を感じ取って苦しむ。
チェウォンを傷つけたことを後悔したジェソプは、改めてプロポーズをするが…。
22話
チェウォン(スエ)はジェソプの兄夫婦との合同結婚式を提案し、ジェソプ(チョ・ハンソン)は幸せに包まれる。チェウォンがチョンウ(イ・ジョンジン)の記憶が戻ったことを知りつつも、あえて知らないふりをしていたと知ったジェソプは、チェウォンに深い愛を感じるとともに、チョンウの心情を思いやる。
ジナの父から結婚を認めると言われたチョンウはジナ(ソ・イヒョン)に会いにいくが、疲れ果てたジナは一方的にチョンウに別れを告げる。ジェソプはチェウォンとの結婚準備が進めるが、身体の異変に気がついて…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス19・20話

19話
ジョンウが当日遅刻なんてしてくるから、婚約破棄。まあ、過去をしっかり調べてなかった会長も「意外」っていうか遅いだろ!!って感じだけど・・・。
記憶が蘇り始めて、ジナのショックをフォローするよりも、潰れた美術教室へ向かうジョンウ。で、そこにある絵を見て感激とかしてるんだけど、「捨てられた絵=もうチョンアにとってはどうでもいい絵」ってことには気がつかずに、恋愛感情を蘇らせるのかよ・・・。
強引にも結婚しようとするジナに、ジョンウは答えられないんだよね~。そのくせ、別荘で一泊とか、既成事実は作っちゃうんだ・・・。「僕がどう考えてるか気にしたり不安にならないで。それだと生活していけないよ」とか行って、婚約指輪をプレゼント。
正直、ジョンウは長身のジナとの方が並んでて違和感ないからオススメします。
でも、記憶が戻ったことをジナが気がついてしまいます。

でも、ちゃんと筋を通さないで無断欠勤とかしたから、会長の怒りが増してしまいます。チェオンは、ジョンウのことを「私の片思いです」とか言うんだ・・・。過去形で話せよ!!今はジェソプを愛してるんじゃないのか???ジェソプの愛情の深さに、気持が戻ったんじゃないの??どっちにしろ、ジナとジョンウのためには過去形で話せよ!!

チョンアは「ジェソプを復職させてくれれば、ジョンウとは何も無いと証明できる」とか言い出して、会長もそれを承認しちゃう。チョンアは「罪悪感」なのか「愛情」なのか、非常にややこしい感情を抱えているみたいですね。ジェソプに片思いしてるって言えばスッキリしたのにねえ・・・。
ジェソプは他社にスカウトされても、元会社のノウハウは売らないと断り続けてる。偉いよね~。これは、会長の探りだったんだけど、ジェソプの忠誠心を考えて、戻すこと考慮。

チョンアはひたすらジェソプに尽くしてる。にわか雨が降ってきたら、傘持って迎えに行ったり。何十年も尽くしてもらってきたことをお返ししてる感じだね。
ジェソプ復帰のとき、ジョンウの前で「結婚して」とプロポーズするチェオン。それは「ジナとジョンウの婚約を壊した罪悪感?」それとも「本当に好きだから?」

20話
チェオンがプロポーズ。ジェソプとチェオンは元の恋人に戻り、しあわせにデートしたりする。
ても、ジェソプもジナも信じきれない。そりゃ当たり前で、もっと心からジェソプを愛してるって態度で示さないとなあ。
なんとなく「未練ある」そぶりをチラチラさせてるんだよ。それでジナ怒ったら、「チェオンにあやまれ」ってジェエプおかしいよ。チェオンもジョンウに魅せつけたりするから、怪しまれるんだよね・・・。

で、ジョンウも「記憶が戻った」ってチェオンに思わせぶりなことしたり、ジェソプに話をするんだもん。苦しめるって分かってるんだから、ちゃんと説明して、「記憶は戻ったけど恋愛感情がない」ってことまで示さないと・・・。だいたい、「昔の記憶が戻ったら、記憶喪失だったときの記憶が消えた」という症例ではないわけで、「過去の恋愛感情」として思い出してるわけでしょ??現在はジナが好きで結婚したいんだよね?ちょっと反対されたから、楽なほうに逃げるの??
それって、ジェソプからジョンウに逃げたときのチェオンといっしょだよな。この二人は、結局は楽な方を選んじゃうんだよなあ。

ジナがショックを受けている。ジョンウ母は怒り、ジョンウ父は理解をする。「婚約式のことではなく、ジナより好きな人がいるんだろう?迷うのは分かる。」というけど、本当にそうか??面倒だから逃げてるだけじゃね??

会社がM&Aに会いそうになり、ジェソプは社長にその件を任されることに。
チェオンはジェソプと子供みたいなデートをするのが楽しいみたい。「待っててくれる人がいる乗って嬉しい。これからは私が一生あなたを待つ」とか言って嬉しそう。
でも、ジェソプにはなんか暗い影がつきまとうようになる。予言で何か悪いこと書かれてたみたいだしね。

あと、ホンヨンが本格的に病状が悪くなってきてるのよね~。写真をとったはいいけど、燃やしちゃうの。死んだあとは忘れてしあわせになってほしいというのは分かるけど・・・。



あらすじ(公式から)
19話
父に婚約式を中止させられて落ち込むジナ(ソ・イヒョン)は、チョンウ(イ・ジョンジン)と別荘に出かける。失望したジナの父は、チェウォン(スエ)を呼び出してチョンウとの関係を説明してくれと話す。
記憶が戻ったチョンウは、チェウォンを気にかけながらもジナとの結婚を決意するが、ジナの父の反対は揺るがない。さらに父がジェソプ(チョ・ハンソン)の復職を考えていると知ったジナは、チェウォンに今すべきことを考えて欲しいと言い残してアメリカ出張へ発つ。
20話
チェウォンは復職したジェソプにプロポーズし、チョンウは記憶が戻ったことを隠したまま2人を祝福する。アメリカから帰国したジナは、チョンウとチェウォンの関係を誤解して取り乱し、ジェソプもまたチェウォンの愛を信じきれずに悩む。
チョンウの記憶が戻ったことを感じ取ったチェウォンは、あえて気がつかないふりをするが、ジェソプはチョンウから事実を聞いて再び苦しみ始める。一方、ジナとチョンウの関係にも亀裂が入り始めて…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス15・16話

普通のミニドラマ16話なら終わったのに、まだまだ引き伸ばされるんですね。
チェオンのだとしらずに「良いね」といったジェソプ。「新鮮さがない」といったジョンウ。ジェソプは画のタッチだけでチェオンって分かるの?落としたのはジェソプなのに、「合格したと連絡があったのに、あとからわざと落としたの??」とジナに問い詰めるチェオン。酷すぎ。で、次は「ジェソプのせいだと思い込む。そんな事する人じゃないだろう~。誰かが手を回して落としたと考えて、チェオンを追加で合格にする。これは、ジェソプの不正じゃなくて、個人的感情を持ち込んだジョンウの不正だと思うけどね~。決済権をもってるのはジェソプなんだし、悪いことしてるとは思わないけど・・・。
一緒にいて、記憶がもどることをチェオンのために期待しながら、恐れてもいるジェソプが悲しい。チェオンのうきうき具合も腹立つしなあ・・・。

ジナとの結婚の許可が出て、おかげで昇進するジョンウ。実力じゃないのにね~。ジナが「父親の気に入るように」誘導した結果だと思うんだけど・・・。

チェオン父を救うために一度不正をしてしまっジェソプは、そのことを知る部下に脅されて、入札の便宜をはかるようにお願いされる。チェオンのために汚れていってしまうジェソプ。かなしいぜ。
噂が広まってしまい、厳しい立場に置かれてしまう。ジョンウは数日後には返してることもあって、黙っててくれた。でも、ジェソプはまじめだし「育ててくれた会長の恩に報いるために辞職する」といいだす。でも、それじゃ「問題ない」といったジョンウにも火の粉がふりかかるから、そりゃ止めます。
次長が全部ジェソプに押し付け、見逃したジョンウも追求を受けることになる。でも、用途を絶対に口にせず、一人で責任を被ろうとするジェソプ。
会長は、ジョンウとジナの結婚にも難色を示すが「友人をかばう人間味がすき」とかジナは言う。
結局、ジェソプだけが解雇。やっと、「原因は自分だ」と知るチェオン。ジェソプの本当の姿を見てなかったことに気がついても、もう遅いよな~。

そんな中、ジェドン兄さんとスンヨンの恋は、スンヨンの献身と旦那のチンピラぶりを見たお父さんが、段々と折れる気持になってきたみたい。



あらすじ(公式から)
15話
テジングループの公募を受けたチェウォンを、面接官のチョンウは不合格にするが、ジェソプが採用するように手をまわす。合格したチェウォンはチョンウと同じチームに配属されるが、ジナとの親しげな様子を目の当たりにして心を痛める。
一方、チェウォンを助けるために横領を働いたジェソプは部下に脅迫されて、苦しい立場に追い込まれる。そんな中、チョンウはジナの父である会長に後継者として認められて総括室長に昇格する。
16話
ジェソプ(チョ・ハンソン)が不正を働いているという噂を耳にしたジナの父は、チョンウ(イ・ジョンジン)に事実を調べるよう依頼する。まもなく社内にもジェソプに対する噂が広まり、チェウォン(スエ)の就職もジェソプのコネだったと囁かれ始める。
不正の噂が事実だったと知ったチョンウは、ジェソプをかばって嘘の報告をするが、数日後、ジェソプの不正が明らかになってしまう。スンミン(イ・スンミン)からジェソプが自分を救うために横領を働いたと聞いたチェウォンは衝撃を受けるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス13・14話

ジェソプの献身がまったくチェウォンに届かないっていうか、気がつかれてないのが悲しい。あれだけ尽くしてるし、それも「影からこっそり」とかじゃなくて、プライド捨てて真正面からぶつかってるのに、ガン無視。自分がうまくいかなくて耐えられないのに、ジェソプは上手くいかなくても耐えて頑張れる。それが気に食わない。ジェソプが我慢強く、愛が強いことを認めたくない。自分が親の誕生日まで忘れてたのが気まずい。で、逆キレ。有り得ん。子供の時から尽くされてきて、それが当たり前になってしまってるのか?やっと「無理なものは無理」と思い切ろうとしてるジェソプ。「君が望むなら分かれる」と言われてショック受けてやんの。
で、イザとなったら結局はジェソプに頼るんじゃん。「愛してたから助けて欲しい」って、この間「単なる執着と惰性だ」とか言ってたじゃん。断られて当たり前だよなあ。ジェソプ、家族に問題抱えてて、稼いでるけどお金には苦労してるんだしさ・・・。そんな人に頼むくらいなら、ジナの提案に乗れよって感じ。「ジナの援助を受ける理由がない」ってなら、「ジェソプの援助を受ける理由はもっとない」だろうが!!
それでも、自分からと分からないように手を貸すジェソプはお人好しすぎ。それも、犯罪まで犯してだよ??どこまで尽くすんだよって感じ。さらに、就職先の紹介までいたれり尽くせり。

そもそも、ジョンウにそんなに魅力ある??「一緒にいた時を思い出して」っていうけど、再会してから何度か会っただけじゃん?だったら、ジェソプとの20年以上に渡る思い出を大事にしなよ~。

ジョンウも「大事なことを忘れてる」って、それは「過去の恋愛」でしょ?今現在、ジナを大事に思い愛してることは「大事なこと」じゃないの??って感じ。
ジョンウの「チェウォンのために記憶を取り戻して保いい」という気持ちに、「記憶を取り戻しても、君ほど愛せるとは思えない。」というジョンウは正しいよね。どう考えても、愛情の深さ広さともにジェソプ>>>>>>>ジョンウだもん。「これからを大事に」って思ってくれて安心したよ。さっさとジナと結婚してください。

あと、ジェソプに経営能力があるとは思えないんだけどね~。ジナの引き立てて登っていくのは構わないけど、それを「能力」にドラマの中ですり替えて欲しくないな。

そんななか、スンヨンとジェドンの愛はホントに切なくていいよね。大変だけど、頑張ってほしい。ジェソプの「無理なものは無理」にたいして、「ジェドンにあってそう思わなくなった」とスンヨンが言ったのはほっとした。チェオンのためにやばいことに手を出したジェソプが、自分の居るうちになんとか二人を幸せにしたいと思って、色々と気遣うのも泣ける。こんないい人居ないよな~。


あらすじ(公式から)第13話
チェウォン(スエ)は、なんとかチョンウ(イ・ジョンジン)の記憶を取り戻そうとするが、チョンウから今のままがいいと言われてしまう。ジナ(ソ・イヒョン)はチョンウとの距離を縮めていきながらも、チェウォンの存在が気がかりでならない。
一方、ジェソプ(チョ・ハンソン)は、チェウォンの父の誕生日を祝いに訪れるが、チョンウのことで不安定なチェウォンは、ジェソプに冷たい言葉を投げかける。努力しても報われないと悟ったジェソプは、ついにチェウォンに別れを告げるが…。
14話
借金の保証人になっていたチェウォンの父のもとに家と店舗の差し押さえ通知が届き、チェウォンは金策に走りまわる。それを知ったジナは、チョンウを忘れることを条件にお金を貸すと提案するが、チェウォンはきっぱりと断わる。
困り果てたチェウォンは、プライドを捨ててジェソプに助けを求めるが、冷たく突き放される。しかし、内心は心配でならないジェソプは、チェウォンに内緒でお金を工面しスンミン(イ・スンミン)に渡すが…。

^、
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス11・12話

チェウォン、ホントに勝手な女だな~。ジョンウとチェウォンがカップルになってもまったく応援できない。それを見てしまったジェソプの気持ちばかりが気の毒に思えてしまう。
ジナは攻撃的になるんだけど、ジェソプは黙って耐えてるし・・・。「仕事の遅れ」を指摘されて、それを「嫉妬のせい」だと捉えるジェソプは図々しいな。たしかに嫉妬はしてるけど、言ってることは正論じゃん。こんなワガママなだけの男が「「温かい優しい人」という設定になってるのにイライラする。
チェウォンはやっと「ジョンウを愛してる」とジェソプに言うけど、ホント勝手だよなあ。で、それに追い打ちをかけるように、「チェウォンと早く結婚しろ」なんていうジョンウ。無神経すぎ。
で、ここで事故が起こっちゃうんですよね。これでジェソプは悪者にされちゃうんだもんな~。ひどい。
で、チョンウ記憶喪失。お決まりの展開キターってかんじですね。ジェソプだけが悪いわけじゃないのに、罪悪感とチェウォンの幸せをかんがえて、ジョンウの記憶を取り戻そうと努力する。ひやすら尽くす男、ジェソプ。



あらすじ(公式から)
第11話
旅に出たチョンウの後を追いかけたチェウォンは、愛を告白し、2人はつかの間の幸せな時間を過ごす。2人が一緒にいなくなったと知ったジナとジェソプは後を追うが、寄り添う2人の様子を見て、何も言えずに立ち去る。
嫉妬したジナは、チェウォンにチョンウと別れなければつらい思いをすると警告する。チェウォンがチョンウと結婚すると家族に宣言した直後、会社の行事で山登りに行ったチョンウとジェソプは口論になり、ジェソプに殴られたチョンウは山頂から転げ落ちる。
第12話
山頂から転落した衝撃でチョンウは、チェウォンを忘れてしまう。ジナからチョンウの症状を聞いたジェソプは、チェウォンのつらそうな姿に心を痛め、チョンウを病院に連れて行く。
部分記憶喪失症と診断されたチョンウに、ジェソプはチェウォンのことを思い出してくれてと頼むが、チョンウには実感がわかない。このまま記憶がないほうがお互いに都合がいいと言うジナに対し、チェウォンを想うジェソプはチョンウの記憶を取り戻そうとチェウォンに会わせるが…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス9・10話

チェウォンがジェソプを激しく拒否する理由が分からない。
そりゃ、彼の家は貧乏だし苦労もしてきた。だから、父親が「チャンスを掴んでほしい」と思うのは分かる。でも、チェウォンは「ジェソプは実力でも十分にやっていける男」って知ってる訳でしょ?一か月も通いつめて、誠意を見せてるのに、何がダメなの??
ジナとのことを誤解してるにしても、やりすぎじゃない?「嘘をついたジェソプが悪い」って責めてるけど、チェウォンを傷つけないための優しいウソじゃん??そんなに怒ることか??
結局、気楽なチョンウに走っているだけって感じがするんだよな~。「縁があるなら、こんなに無理しなくても愛し合えるはず」とか言ってるけどさ・・・。チョンウとは偶然がある=縁がある=運命の人とか思ってる訳?チョンウだって、「会いに行く」ために色々してて、縁があるわけじゃないんだよね。
チョンウにあんまり魅力がないのもね~。このコンビ「9回裏2アウト」では、とってもいい感じのカップルなのに、このドラマではまったく「似合ってない」んだよなあ。脚本って大事よね・・・。
で、チョンウの方も「もう近寄らない」とかいって、逃げ道にジナを利用しまくっておいて、ジナが社長の娘と聞いたら「裏切られた!!」って、え????って感じ。あんた、自分の力がそんなにあると思ってたんかい!仕事さぼりまくり、ジナにフォローしてもらわな帰ればプレゼン一つ出来ないくせに・・・。「自分が力があるから狙われた」とでも思ってるんですか???
ジェソプのほうは、明らかに報復で色々と嫌な思いしてるていうのにね~。

スンニョンとジェドンのささやかな恋愛は、見てて気持ちがいいよね。相手>>>自分の二人だからすれ違ってしまうのが切ない。



あらすじ(公式から)
第9話
チョンウの腎臓が適合し、ショックを受けるジェソプに、チョンウは手術が済んだらチェウォンへの気持ちを整理すると言う。手術が成功し、ジェソプはチェウォンの家を訪ねるが、冷たく突き放されてしまう。
チェウォンを呼び出したジナは、これまでのいきさつを話し、誤解を解くとともに、好きな人ができたと告白する。チョンウがチェウォンを避け、ジナの気持ちを受け入れようとする一方で、チェウォンはジェソプに別れを告げるが…。
第10話
チョンウ(イ・ジョンジン)への想いを伝えようとするチェウォン(スエ)の前にジナ(ソ・イヒョン)が現れる。ジナの愛する人がチョンウだと知り、言葉を飲み込むチェウォン。チェウォンを想いながらも、交通事故の自責の念にとらわれるチョンウは距離を置こうとする。
チョンウとジナが交際しているという噂を聞いたジェソプ(チョ・ハンソン)は、チョンウにジナが会長の娘だと忠告する。ジナが自分を騙していたと知ったチョンウは、ジナを突き放し、傷ついたジナはチェウォンに、チョンウに近づかないでくれと頼むが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス7・8話

チェウォン、ジェソプはジナをはっきり断ってるのに、なんでジェソプを拒絶する。で、それで傷つけといて、ジェソプがちょっとジナを頼りたくなったら、それを批判。ハッキリ言って「上手いことジェソプが悪いことにして別れたい」ようにしか見えんわ。
で、都合よく事故に会う上に、事故の相手がジョンウ。「加害者だから」を言い訳に、ドンドンと恩を売りまくるジョンウ。どうなんよ??仕事をちゃんとやってなくて上司が怒られると、「悪いのは俺」ってわざわざジェソプにいいにいく。上司は部下の管理も仕事。あんたは、その上司に怒られればいいの。友達だからって飛び越えるなよ。で、休むと言い出して「プロジェクトは投げ出すのか??」と怒られて、一応残ったけど・・・。イライラするわ~。いつの間にか「ジョンウは虚弱体質」みたいなことになってて、移植するというジョンウを母が止めようとする。
で、なぜかジナもジョンウが好きなのよね。中の上くらいの家庭環境だから「がっついてない」のがいいんだろうけど、ジョンウだって「チェウォンにはがっつきまくり」で、ジェソプといっしょだしね。

とにかく、私はジェソプ>>>その他でみてるからだろうか???イライラするんだよね。だって、チェウォンもジョンウも、我儘・傲慢すぎて呆れてしまうんだもん。

免疫疾患で肝臓移植の必要のあるスンヨンと、お兄ちゃんの恋愛の方がずっと純粋に見えるよね。



あらすじ(公式から)
7話
ジェソプ(チョ・ハンソン)が「辞表を取り下げろ」というチャン会長の自分への言葉を伝えなかったと知ったチョンウ(イ・ジョンジン)は、会社に戻りジェソプに宣戦布告する。
チェウォン(スエ)は、ジナ(ソ・イヒョン)が会長の娘でジェソプと結婚する相手だと知ってショックを受け、ジナとジェソプを拒絶する。
チョンウを愛し始めたジナはチョンウの心がチェウォンにだけ向いていることに傷つき、ジェソプに早くチェウォンと結婚して欲しいと頼む。
自暴自棄になったジェソプはジナの部屋を訪ねるが、そこにチェウォンが現れ…。
8話
ジェソプと口論になったチェウォンは、チョンウが運転する車に飛び出して轢かれてしまう。数日後、チェウォンは意識を取り戻すももの、腎臓移植を受けないと命が助からないと宣告される。自責の念に苦しむチョンウは、自分の腎臓を移植しようとして家族の猛反対を受ける。
チョンウの母から移植をやめさせてくれと頼まれたジナは、一緒に出張に行く機会を作ってチョンウを説得するが、チョンウの意思は固く、突き放される。一方、ジェソプも移植の検査を受けようと病院を訪れるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。