• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

済衆院 11・12話

この2回は割りと単純な医療ドラマとしての側面が強かったですね。楽しめました。ドヤンとソンヤンも見ててほほえましいし。

ファンのどこがいいんだか・・・。顔が悪くても魅力があればいいけど、なんか卑屈なんだよね・・・。。苦手。



あらすじ(公式から)
11話 
医学生らによるファン・ジョンへの嫌がらせは続いていた。そんな折、アレン院長は回診時の報告係をファン・ジョンから医学知識の豊富なドヤンに代える。

アレンの要請により、済衆院にアメリカ人女医、ホートン(朝鮮名:好敦)が着任する。医学生らは当初、婦人科治療に嫌悪感を示すが、逆子の妊婦を帝王切開で救ったホートンの手術を目の当たりにし、生命誕生の感動を分かち合う。

ホートンは国王に直訴し、済衆院を解雇されていたソンナンを自らの助手として復帰させる。

医学堂で、治療に使うニトログリセリンの生成実験をすることになった。爆発する危険があるから注意しろというアレンの言葉に、日本の手先として密かに済衆院転覆を企む医学生、キム・ドンが反応する。

学生全員が交代で実験を進めたのだが、ファン・ジョンの当番が終わった直後、キム・ドンが実験室に潜入して爆発物を仕掛けた。次の当番であるドヤンが入室したとたん、大爆発が起こる。

12話
医学堂での化学実験中に爆発が起き、ドヤンが巻き込まれた。
ファン・ジョンは炎に包まれた実験室に飛び込み、彼を救出する。
だが医学生たちは、ファン・ジョンを爆破犯と決めつけ、袋叩きにするのだった。

夜、事故現場を見に行ったファン・ジョンは、何者かと遭遇するが逃げられてしまう。それは、日本の手先であるキム・ドンだった。爆発物を仕掛ける際にこじ開けた薬品棚を、証拠隠滅のため、直そうとしていたのだ。

ちょうどその頃、済衆院の薬品がたびたび盗まれていたため、同一犯の犯行と見て内部調査が始まった。だが実際には、ペク主事が薬品を横流ししていた。

キム・ドンは、ファン・ジョンに濡れ衣を着せるべく、犯行に使った金づちをファンの部屋に持ち込む。だが、掃除に来たナンランに目撃されてしまう。そこでキム・ドンは密告書を主事に送りつけ、ナンランを薬品を盗んだ犯人に仕立て上げて済衆院から追い出す。

一方、朝鮮では天然痘が流行していた。予防効果の高い牛痘ワクチンは、日本の病院が独占して手に入らない。そのため済衆院では膿疱粉で代用したが、思うような効果を得られずにいた。

アレン院長は、まだ生きている天然痘患者らが死体に交じって捨てられているのを目撃し、それらの患者を済衆院に受け入れることにする。さっそく、医学生が現場に派遣された。

死体の中から生存者を見つけたファン・ジョンは、その娘を背負って済衆院に戻ってきた。ところが、その場で理事や医学生に囲まれてしまう。ファン・ジョンの部屋から、爆破時の証拠品が見つかったというのだ。窮地に立たされたファン・ジョン。だが、背負っていた娘が顔をあげると、それは天然痘にかかったナンランだった。ナンランの証言により、キム・ドンが爆破犯であったことが明るみに出る。逃走するキム・ドンを、ファン・ジョンが追ったのだが…

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)10話

ソンナンのファンびいきが酷すぎる。ファンにもうちょっと人間的な魅力があるといいんだけど、能力があるってのも感じ無いし、妙に卑屈だしね~。
あと「同じ医学生なのに補欠だけが手術助手」ってのはダメでしょう。医学生が怒るのも分かる。


あらすじ(公式から)
医学堂の入学式当日、ファン・ジョンは済衆院を出ていくことになっていた。
それを知ったソンナンは、ファン・ジョンを繰り上げ合格させるため、意を決して再び男装し、入学辞退を申し出る。
ところがドヤンの叔父に変装を見破られてしまった。
不正受験は重罪のため、捕盗庁に送られそうになるが、右営使・閔泳翊の裁定により無罪放免となり、ファン・ジョンの繰り上げ合格が決まる。
ソンナンは主に女性患者の診察を手伝うシャペロンとして、済衆院で働き始めた。
補欠で入ったファン・ジョンを、アレンが自分の助手として特別扱いすることに、他の医学生は不満を募らせる。
特にドヤンは、ファン・ジョンがソンナンと協力して手術を手伝う様子を目の当たりにし、激しく嫉妬するのだった。
ドヤンはオ主事に頼んで、財政難を理由にソンナンを解雇させる。
ファン・ジョンには、解雇の本当の理由は彼を補欠合格させたせいだと話し、これ以上、彼女に迷惑をかけたくなければソンナンから離れろと迫る。
ファン・ジョンは、恋心を封印することに決め、大切に保管していたノリゲ(飾り)をソンナンに返すのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)8・9話

二人が惹かれあうのは「医師になりたくても社会制度上なれない」という共通の悩みがあるからなんですねえ。
しかし、、ファンの手術は力任せって感じで臓器傷つけてそうだったし、不正をしてて失格になったはずなのに、
なんで繰り上げ合格の可能性があるの??なんかファン=正義とするために、いろいろと無茶をやりすぎなんだよね。だから萎える。
ドヤンが彼女のことを考えて尊重してるのは見て取れる。実際、解剖は全然できなくて、主席となるには実力不足って感じ。たまたま運がよかっただけって感じ。


あらすじ(公式から)
8話
西洋人を目の仇にする男たちは、安連院長の手術が失敗したと判断してファン・ジョンの手を杵で叩きつぶす。
ほぼ同時に患者が麻酔から覚め、手術は成功だったと判明する。
それでもファン・ジョンらに罪を許された男たちは、西洋人への偏見を捨て、西洋医学の力を認めるようになる。
その後、済衆院は患者であふれるようになった。

ソンナンの幼馴染スンヨンが、「女のくせに本を読む」という理由で夫に暴力を振るわれ、服毒自殺を図って済衆院に運び込まれる。連れ戻しにきた夫が、仲裁に入ったソンナンにまで手を挙げたため、ファン・ジョンが殴り飛ばした。

一方、済衆院の主事にドヤンの叔父と恩師が就任し、ファン・ジョンを追い出しにかかる。
医療助手を続けたければ、医学堂の試験に合格するよう要求する。

ソンナンの指導を受けつつ、試験科目に含まれている英語の勉強に励むファン・ジョン。
だが試験前夜、スンヨンの夫に濡れ衣を着せられて投獄されてしまう。
翌朝、スンヨンの証言により釈放されて試験会場に駆けつけるが、そこでは「本物のファン・ジョン」が待ち伏せしていた。
9話
医学生選抜試験の会場前で「本物のファン・ジョン」に待ち伏せされたファン・ジョンは、替え玉受験を申し出る。
合格したら「本物のファン・ジョン」を入学させる代わり、自分の罪は水に流してもらう約束をする。

かたやソンナンは、自分の力を試すべく、男装して試験に挑む。
だがドヤンには疑われ、ファン・ジョンにはばれてしまう。

豚を解剖する試験で窮地に立たされたファン・ジョンは、右手のギプスを自ら割り、痛みをこらえて豚の腹を切り開いた。
おかげで高得点を取るが、ドヤンの叔父が裏で動き、ファン・ジョンはぎりぎりで不合格になってしまう。

「本物のファン・ジョン」が、試験の結果にかかわらず自分を殺すつもりだったと知り激怒したファン・ジョンは、いっそのこと一緒に自首しようと言い出す。
不正受験にかかわった者のムチ打ち現場を目の当たりにした「本物のファン・ジョン」は、ほうほうのていで逃げ出すのだった。

男装したソンナンは首席で合格するが、入学式の前に辞退を申し出ればファン・ジョンが補欠合格できると知り、悩む。
もしも不正がばれれば、ソンナンにも厳罰が下されるからだ。

不合格となったファン・ジョンは、医療助手の座も奪われ、済衆院から追い出されそうになる。
オ主事らに泣きつくが、相手にされないのだった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)7話

なんかドヤンが気の毒、身を呈して守っても、ソンナンはすっかりファンジョンのとりこ。特に心があたたかいわけでもないし、熱心というよりも粘着で執念深いだけって感じで好きになれないキャラだな~。
西洋医学は絶対だ!と思っているところも、馬鹿っぽいし・・・。


あらすじ(公式から)
済衆院の開院初日。
「西洋人は子供を食う」というデマを信じた庶民が暴徒化し、院内になだれ込む。
安連院長(アレン)らは手術室にこもって難を逃れるが、助けに来たソンナンが暴徒に襲われかける。
ドヤンが救い出すが、危険な場所に来たことに怒りを爆発させる。

ケガをした暴徒の中に、重症の痔ろう患者がいた。手術しなければ死んでしまうのに、西洋人である安連院長を恐れて逃げ帰ってしまう。

日本側の作戦どおり、済衆院にはその後も患者が寄り付かず、日本公使は国王(高宗)に対し、院長をワタナベ医師に代えるよう提案する。

痔ろう患者の自宅を突き止めた安連院長は、危険を顧みず往診に出かける。
平和的に解決したいからと、捕盗庁による警備も武器の携行も断った。
だが、西洋人医師を見た患者の妻が悲鳴を上げるや、近所の男たちが駆けつけて安連一行を縛り上げてしまう。

男たちは、手術を許可する代わりに、もし失敗したら安連院長の片手を差し出すよう要求する。
ファン・ジョンは、済衆院の信用を勝ち取るためならと身代わりを申し出る。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)6話

ファン・ジョン=ヒーロー構図をなかなか受け入れられないんだよな~。悪役顔してるってのもそうだし、自分の中の「上手いこと生き抜くためにアレンに」という部分を認めないのとかも、好きになれない。アレンが素晴らしいのと同時に、生き抜くためにそこに行ったのにね・・・・。
ソンナンとドヤンの子供のことからの「謝るのが下手なドヤンが手紙を木のうろに隠す」とかいうのは微笑ましいのに、きっとファン・ジョンを好きになってしまって、ドヤンは悪役っぽくなっていくんだよな~。



あらすじ(公式から)
王妃の甥、閔泳翊を治療した縁から、アレンの診療所に国王(高宗)が視察に来た。

時を同じくして、ファン・ジョンはドヤンが差し向けたチョン捕校に捕らえられ、廃屋で銃殺されそうになる。
だが逆に、チョン捕校がチャクテに突き倒され、頭を強打して意識不明になってしまう。

「医者は患者を拒んではいけない」というアレンの教えに従い、チョン捕校を診療所まで運び込むファン・ジョン。
いったん心臓が止まるが、ファン・ジョンの機転により胸部に電気刺激を加え、蘇生に成功する。
ファン・ジョンに救われたことを知ったチョン捕校は、彼が白丁であることをドヤンに告げず、姿を消すのだった。

国王は、アレンに西洋式の病院を託すことに決める。
アレンは朝鮮名を安連(アルリョン)とし、病院名は高宗の意向で当初の「広恵院(クァンへウォン)」から「済衆院」に変更された。

甲申政変後、しばらく日本に引き上げていたワタナベ医師は、朝鮮に戻って済衆院の存在を知り、激怒する。
院長の座を奪い取るべく、庶民の間に「西洋人は子供を食う」というデマを流すのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン) 5話

これは主人公持ち上げていうか、あの男になんで惚れるんだよ~。ありえないでしょう~。あと、「手術に間違いはなかった」というんだけど、「自分を過信しすぎてる」という怒りもわかるんんだよね。ソンナンには、そっちにも共感してあげてほしいなあ。


あらすじ(公式から)
父を殺したのはファン・ジョンだと考えるドヤンは、殺人犯として彼を役人に引き渡そうとする。

心配したソンナンが先手を打って逃がしたが、ファン・ジョンは川を渡らずに戻ってきてしまう。
ドヤンの父が死んだのは、本当に自分のせいかもしれないと気になっていたからだ。
貸本屋で西洋医学の書を調べ、手術に過失がなかったかを検証する。

麻酔が死因かもしれないと考えたファン・ジョンは、ソンナンに報告し、自分の過失が明らかになれば出頭すると告げる。
ソンナンは、アレンに相談することを勧め、過失でなければ医療助手になるよう助言する。

手術に過失がなかったことを知ったファン・ジョンは、アレンの助手になりたいと申し出る。
アレンは拒んだが、閔泳翊を看病するファン・ジョンの姿に信頼感を抱き、助手として迎え入れた。
それを知ったドヤンは激怒し、チョン捕校にファン・ジョンの正体を突き止めるよう指示する。

閔泳翊のケガは治ったが、飲酒のせいで顔がマヒしてしまう。
アレンの電気治療により劇的に治るのだが、それはファン・ジョンら当時の朝鮮人にとって、電気の存在を初めて知る経験となった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)4話

ファン・ジョは自分が縫う技術があるかも?ってのと、「今助けないと」というあせりで、ドヤン父の手術をしてしまうんだけど、失敗。
ドヤン父は「俺のせいで、優しいあの子の気性を曲げてしまった」と心配しながら逝った。反発しつつも、父を守ろうとし、そのために兵を殺すこともしたドヤン。医療を目指す人間が人を殺すという矛盾まで抱えてしまいました。
また、「見よう見まねなら俺だって出来た。でも医師が必要だから俺は傷を負っていてもアレン先生を呼びに行ったのに」という恨みがファン・ジョに向かってしまう・・・。
個人的に、ヘジンちゃんにはドヤンのが似合ってると思うので、ファン・ジョとくっつく展開辞めてほしいなあ~。「身分差を乗り越えて」ってのにドラマとしては、「盛り上がり」と感じるんだろうけど・・・。


あらすじ(公式から)
甲申政変で斬りつけられた閔泳翊(王妃の甥)は、東洋医に代わり手術を施した西洋医アレンによって死を免れる。
その現場に刺客として送り込まれた日本人医師ワタナベを、不審に思ったファン・ジョンが牽制する。
ファン・ジョンは手術の一部始終を食い入るように観察した。

薬を届けに来たソンナンを、ファン・ジョンが家まで送ることになった。
彼は「西洋医学の始祖は賎民だった」という彼女の話に心躍らせる。

その頃、景祐宮では金玉均らが王に、朝廷の改編を提案していた。
重臣を急進開化派で固めるという案に、王と王妃は困惑する。

ドヤンの父は、景祐宮で急進開化派に斬られてしまう。
ドヤンが救出し、途中で会ったチャクテの力を借りてソンナンの家に運び込む。
再会したファン・ジョンとチャクテ。 ドヤンはすぐに、アレンを呼びに飛び出した。

息も絶え絶えの、ドヤンの父。ドヤンの叔父から懇願されたファン・ジョンは、見よう見まねで手術を試みる。
だが、努力もむなしく事切れてしまう。
アレンを連れて、戻ってきたドヤン。
父を殺したのはファン・ジョンだと怒りを爆発させる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)3話

急進開化派は、諸外国(特に日本)との緩やかな関係つくりで開化していこうという派閥に対して、急いで開化すべきという路線。日本から武器を買っての革命を考えている。でも、基本的にはトップは朝鮮人であるべきだという意識がある。ドヤンは、通訳官さんから嘘ついて金を借りて、それを急進派に渡して、「私が留学から帰ったら、私を医療機関のトップに据えてくれ」といって、彼らの仲間になる。

甲申政変が怒り、保守派のドヤン父は朝廷に参じようとするが、ドヤンは「生きてこそのあなたの主張です」といって、刀を持ち出して待て止めようとします。彼は改革に関しても、非常に複雑な諸外国との関係を考えながら、朝鮮を守る道を考えてるのかなあ。複雑だよね。



あらすじ(公式から)
銃傷を負いソンナンの家に運び込まれたファン・ジョン(ソグンゲ)は、医療宣教師アレンの手術で一命を取りとめる。
身元が割れるのを恐れて逃走するが、力尽きたところを物乞い集団に助けられる。

日本への医学留学を決意したドヤンは、急進開化派の金玉均に助力を請い、仲間として認められる。

1884年12月4日、金玉均らが日本の後押しを受けて反乱を起こし、反対勢力を一掃して王と王妃を景祐宮に隔離する(甲申政変)。

反乱により刀傷を負った閔泳翊(王妃の甥)を、ソンナンの父とファン・ジョンが運び出す。
西洋医アレンの到着を待つが、朝鮮人医師が治療を始めてしまう。

一方、ドヤンは保守派である父の身を案じ、景祐宮へ出向くのを止めようとするが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。