• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

美しい隣人10(最終)話勝つ女

最終回。災害報道のさなかにL字+地震報道で中断という形での放送でした。
結局、絵里子の逆襲に迫力が足りず、マイヤーさんも元ダンナを不倫略奪したときから異様な独占欲と嫉妬心をもっていたということが明かされただけ。
拍子抜けっていうか、関西テレビ枠は広げた風呂敷たたむのヘタなんだよな~というのを思い出しちゃった。
でも、マイヤーさんは最後まで美しかった。絵里子のいいひとなんだけど・・・ってのも上手く出てたし、女優対決としては良かったと思います


あらすじ(公式から)
 沙希(仲間由紀恵)が本当の母親は自分だと駿(青山和也)に思い込ませていたことを知った絵里子(檀れい)は、怒りを抑えきれず、姿を消した沙希の居所を探し回る。

しかし、雅彦(高知東生)も、沙希の行方はわからないと言う。

以前のような朗らかさも消え、何かに取り憑かれたかのように沙希を探し続ける絵里子に、真由美(三浦理恵子)らは異様さを感じる。

ついに、心労で倒れてしまう絵里子。その代わりにと、理生(南圭介)が慎二(渡部篤郎)に、駿の面倒を見ることをかって出るが…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人9話零れたミルク

今回は冒頭とシメでコワーイ仲間さんが絡んでくるだけで、絵里子の家庭内の話がメイン。浮気したくせに被害者面の旦那とか、仲間さんの記憶に恐怖心でいっぱいになる絵里子さんなどが見せ場が多かったかな~。
絵里子さんが優等生らしく「私、悪いことしてないのに」って思うところとか、女性のキャラのかき分け方が上手いですよね。
で、あの時死んだ子どもがマイヤーさんの子どもだということが分かった上に、息子が「本当のママ=マイヤー」なんて言い出す。どうやって丸め込んだのかのかは、かなり謎ですが、マイヤーさんなら出来ちゃうかも??
次回最終回。どうオチをつけるのかが気になりますね。



あらすじ(公式から)
 絵里子(檀れい)の実家から駿(青山和也)が姿を消した。絵里子は沙希(仲間由紀恵)が連れ去ったと確信。東京にいた慎二(渡部篤郎)が急ぎ自宅に向かう。

 沙希は、駿と手をつなぎ幸せそうに眠っていた。沙希に出て行けとついに言い渡す慎二。しかし、呆然とたたずむ沙希が語り出したのは、駿と同い年の息子を事故で亡くしたという哀しい過去だった。怒りを忘れ、泣き出した沙希をやさしく受け止める慎二。

 そのとき、絵里子が自宅に帰ってきた。慎二の胸で泣く沙希に逆上し、駿を誘拐した沙希を警察に突き出すよう慎二に言う絵里子。突然、沙希が開き直ったように笑い出した。「ここは私の家よ!」と詰め寄る絵里子に、「あなたが捨てた家をもらっただけ」と平然と答える沙希。激怒した絵里子が沙希につかみかかると、ぶつかった拍子に部屋にあった大鏡が倒れてきて――。

 その夜、絵里子は誘拐事件だと警察に訴えるが、ただの痴情のもつれ、それどころかケガを負わせた側の人間として全く取り合ってもらえない。打ちのめされる絵里子。

 翌日、病院に沙希を見舞った慎二は、沙希にはっきりと訣別を言い渡す。あっさりと受け入れる沙希。だが別れ際、「やっぱり、誰かが幸福になると、どこかで誰かが不幸になってる」とつぶやく沙希に、ふと不気味なものを感じる。

 沙希は忽然と姿を消して一週間がたった。だが絵里子の平穏な生活は戻らず、夫の愛人にケガをさせたと好奇の目にさらされていた。沙希の忌まわしい思い出から一刻も早く逃れたい絵里子は、自宅を売却しようと決意する。
不動産屋に表示された絵里子宅の写真。「これ、私の家だったの。今でも私のものなんだけどね」そこには楽しげに話す沙希の姿があった。

 慎二は、絵里子とやり直せる望みをかけていた海外赴任の話が白紙になったことに絶望し、離婚を受け入れると絵里子に告げる。だが、絵里子は沙希の思うつぼにはなりたくないと拒否。

 結局、表面上は以前と同じように暮らし始めた絵里子一家。しかし、絵里子の心は沙希への恐怖と怒りに常に支配されていた。いつまた現れるかもしれない沙希の影におびえ、ときに思い出したように慎二の裏切りを激しく責め立てる絵里子。慎二はそんな絵里子との暮らしに疲れ、夫婦の関係は冷え切っていた。

 ある日、絵里子は加奈(鈴木砂羽)から沙希の本当の名字は“筧”だったと聞かされ、雅彦(高知東生)が沙希の夫だと直感。沙希は池で亡くなった男児の母親だったのだ。駿に執着した理由を察して同情するが、やはり沙希を許すことはできない。

 静かな爆弾を抱えながら暮らすような日々が過ぎ、ある日。絵里子に叱られた駿が「本当のママに会いたい」と言い出した。駿の真剣な様子に、ハッとなる絵里子。「駿、本当のママって誰だと思ってるの?」絵里子の耳に入ってきたのは、あの女の名前だった。怒りにうち震えんばかりの絵里子は、家を飛び出し、ついにある場所へ向かった…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人 8話

いやあ、反撃にでるかと想ったけど、絵里子さんの性格としては、打ちのめされて逃げるしかないのか~。
サキのやばさに気が付いた夫は「アメリカ赴任の話がある。あの人はヤバい。逃げよう」とか言うけど、「悪いのは俺じゃないサキさんだ~」というもんだから、「自分は被害者だと想ってるんでしょう??でも、あなたはサキさんを選んだ瞬間がある」と絵里子は拒否。
しかし、そんなことしてる間に、サキさんは完全に狂って瞬くんを奪いにかかってますよ~。



あらすじ(公式から)
沙希(仲間由紀恵)は自分が慎二(渡部篤郎)の浮気相手だと明かし、微笑みさえ浮かべながら、がく然とする絵里子(檀れい)を残して去っていった。夫の浮気に加え、沙希の裏切りと、自分を傷つけて楽しむこれまでと別人のような態度を目の当たりにし、出口のない絶望感に襲われる絵里子。

 慎二にも裏切られた思いで家を飛び出した絵里子は、幼稚園から強引に駿(青山和也)を連れ出し、行くあてもないまま車を走らせる。

 そんな折、慎二は上司からアメリカに新設する子会社に赴任しないかと打診される。絵里子と駿を連れて日本を離れ、すべてをやり直したいと考えた慎二。

 一方、翌朝、沙希は何食わぬ顔で真由美(三浦理恵子)の店を訪れ、絵里子と駿が家を出たきり戻らないと相談をもちかける。さらに、駿の泣き声が毎晩のように聞こえており、絵里子が駿を虐待しているのではと不安がってみせ、絵里子の行きそうな実家の場所を聞き出して・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人 7話夫を誘惑した本当の理由

篤朗ヨレヨレだよ。気の毒~。でも笑ってしまった。
さらに、元夫高知さんも、またしてもやられっぱなし・・・。マイヤーさん凄すぎです。
最後の「その顔が見たかったの」ニヤリもぞくぞくしましたね。仲間さんと壇さんの微妙で美しい表情をじっくりとたのしめます。



あらすじ(公式から)
 美津子(草笛光子)の退院祝いの席に現れた沙希(仲間由紀恵)。慎二(渡部篤郎)は浮気相手・エリコの正体が、絵里子(檀れい)の親しい隣人・沙希だと知って言葉を失う。が、沙希は何食わぬ顔でにこやかに会話を交わし、駿(青山和也)さえもが沙希に懐いていた。

 呆然自失のまま散会し、自宅にひとり残された慎二に沙希から電話が入る。今すぐ家に来るよう慎二を誘う沙希。

 沙希は最初から絵里子の夫だと知っていて誘惑したと慎二に告白。「俺には理解できない」と混乱する慎二に、沙希は「家も引き払う」と、あっさりと別れを切り出してさらに慎二を驚かせる。

 一方、絵里子は慎二に浮気の真偽を確かめようとするが、慎二は絵里子を避けるかのように早々に赴任先の大阪に戻ると言い、ますますわだかまりを募らせる。

 そんな中、絵里子は隣家の様子をうかがう雅彦(高知東生)の姿に気づく。隼人の命日をなぜ覚えていたのか尋ねた雅彦は、隼人が亡くなった同じ日に、絵里子の息子が行方不明騒動を起こしていたと知る。沙希が何らかの企みをもって絵里子と家族に近づいたのではないかと察し、「気をつけて」とだけ絵里子に言って去る雅彦。

 その夜、絵里子は、慎二のマンションで見つけた女物の櫛のことを追及。ついに認める慎二。責め立てる絵里子。そんな2人の様子を隣家から沙希が涼しい表情で見下ろしていた。
口論もおさまらぬ中、美津子から駿を送っていくと連絡が入った。放心状態ながらも出迎えようと外に出た絵里子に、心配そうに声をかける沙希。しかし、まもなく到着した美津子の車から駿が真っ先に飛び込んだのは、絵里子ではなく沙希の胸の中だった。

 翌日、沙希を喫茶店に呼び出した雅彦(高知東生)は、慰謝料を渡して再度離婚を迫るが、沙希は相変わらず応じようとしない。ついに、沙希の素性を絵里子にばらすと揺さぶりをかける雅彦。しかし沙希は、「言えば?」と涼しい顔で開き直る。

 やがて喫茶店を出た沙希は、そのまま絵里子の家を訪れた。疲れ切っていた絵里子に「話があるの」と切り出す沙希。その告白は、絵里子をついに地獄の底へ陥れた。




クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人6話地獄の快気祝い

マイヤーさんのDVすごかったわ~。どうやら母親との間に問題があって、それがマイヤー&高智夫婦の問題の根源になっていた感じ。「お父さんは完璧であるべき。子供を守れない母親はサイテー」というのがマイヤーさんの信念みたい。マイヤーさん、だから自分も「殺しちゃっていいよ」とか言うんだろうね。しかし、高知さんって殴られても「カワイソ~」って思わせないものがあるな・・・。
あと、旦那焦りすぎ・・・。マイヤーさんは「あの家の妻に収まる」「ダメだったら死ぬ」という両方の計画を並行して進めてる感じかな~



あらすじ(公式から)
 沙希(仲間由紀恵)は夫の雅彦(高知東生)に会い、離婚を承諾してほしいと再び懇願されるが、頑として受け入れようとしない。雅彦は息子の隼人が亡くなった池の近くに沙希が住んでいることを突き止め、何かを企んでいるのではないか問い詰めるが、沙希は「隼人を忘れたくないだけ」と否定。しかし、沙希の激しい気性を知っている雅彦には、別の意図があるように思えてならない。

 一方、沙希と慎二(渡部篤郎)の関係はさらに深まっていった。まもなく赴任先の大阪から東京に戻ることが決まった慎二は、東京でも関係を続けることを沙希に約束する。

 そんな中、美津子(草笛光子)が退院の日を迎えた。帰宅の準備を手伝いにきた絵里子(檀れい)に、美津子は快気祝いに沙希を呼んでほしいと告げる。沙希をすっかり気に入っている様子の美津子。しかし、加奈(鈴木砂羽)から「沙希が現れてから絵里子が周囲とうまくいかなくなったのでは」と指摘された絵里子は、どこか気が乗らず、曖昧にうなずく。

 病院を出た絵里子は駿(青山和也)を迎えに幼稚園へ。ところがすでに駿は真由美(三浦理恵子)らに連れられて帰った後だという。慌てて真由美の店に向かうが、そこに駿の姿はなく、沙希が連れて帰ったと知らされる。絵里子は、連絡もなく勝手に駿を連れ帰るのは困ると沙希をとがめ、沙希は素直に謝るが、「ほんとに駿ちゃんがかわいくて」と言う沙希の言葉に見え隠れする駿への執着心に絵里子は当惑する。

 絵里子は真由美から聞いた慎二の浮気疑惑の真偽を確かめようと、慎二に会いに大阪へ。久しぶりの一家団欒に気持ちもほぐれ、慎二の裏切りは嘘ではないかと思う絵里子。しかしその夜、慎二のマンションで女物の櫛を見つけてしまう。それは、沙希がわざと残していった櫛だった。

 浮気の証拠を見つけてしまい、眠れない夜を過ごした絵里子は、翌日、加奈に会ってやり切れない思いをぶちまける。真実を問いただすと絵里子は感情を高ぶらせるが、慎二が東京に戻れば大阪の浮気相手とも別れるはずだと加奈になだめられ、思いとどまる。

 数日後、美津子の快気祝いが開かれることになった。絵里子にとって久しぶりの明るい出来事。慎二も大阪から戻り、美津子夫婦も揃って賑やかにテーブルについた時、チャイムが鳴る。美津子のリクエストで招かれた沙希が、絵里子からもらったワンピースを着て現れたのだ。慎二と“隣人”との初対面であった。絵里子や美津子と親しくしている隣人が、「エリコ」と名乗った自分の浮気相手だと知り、激しく動揺する慎二。そんな慎二の隣に、沙希は何食わぬ顔で座り、慎二にとって地獄のような快気祝いが始まった――。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人 5話

話が停滞してきた感じがしますね~。でも、マイヤーさんのやることがイチイチ怖くて楽しいです。
加奈が戻ってきたことで、真由美との関係も変化。幸せ100%だと思った絵里子が不倫されてるかも?ってだけで、いきなり歩み寄るというのも、女のいやらしさが出てきていい。
で、来週は一気に動く感じですね。マイヤーさんのキックも復活する模様ですね。


あらすじ(公式から)
未登録のメールアドレスから駿(青山和也)の写真を送りつけられた絵里子(檀れい)は、駿が誘拐されたのではないかと動揺。まもなく沙希(仲間由紀恵)が現れ、家に遊びに来た駿の寝顔を撮って送ったと告げられた絵里子は、安堵するものの、沙希に自分のアドレスを教えた記憶がなく釈然としない。

 一方、慎二(渡部篤郎)は一夜をともにした沙希のことが頭から離れなくなっていた。会いたい衝動が抑えきれず、会社から沙希に電話をかける慎二。

 その夜、大阪で再会した沙希と慎二。沙希は部屋が見たいとねだり、慎二のマンションへ。しかし、2人が仲睦まじくタクシーに乗り込む姿を、元隣人の加奈(鈴木砂羽)・彰宏(小林正寛)夫婦が目撃していた。はっきりと顔は見えなかったものの、明らかに絵里子ではない女だったことに動揺する加奈。

 慎二のマンションへ足を踏み入れた沙希は、慎二の目を盗み、洗面所の棚に自分の櫛を隠す。

 翌日、絵里子の家に女の声で「死ね!」とだけ言って切られる不気味な電話がかかってきた。憎しみのこもった女の声に脅え、再び鳴りだした電話に出ることができない絵里子。

 そんな折、加奈が家を訪ねてきた。絵里子は真由美が急に自分を避けるようになったこと、そして気味の悪いイタズラ電話に悩まされていることを打ち明ける。絵里子のあまりに疲弊した様子に、加奈は慎二の浮気疑惑を切り出すことができない。

 絵里子となぜ不仲になってしまったのか、真由美の言い分も聞いた加奈は、絵里子に「沙希さんは本当に信用できるのか」と問う。結局沙希が現れてから急に2人の仲がうまくいかなくなっているからだ。思い過ごしだと否定するものの、自分の中にも沙希への疑念が生じ始める絵里子。

 数日後、絵里子と仲直りしようと店に招いた真由美は、慎二に女がいることを漏らしてしまう。激しいショックを受ける絵里子。
その夜、眠れずホタル舞う小川にひとり佇んでいた絵里子。そこへ沙希が現れた。「沙希さん、私を裏切ったりしないよね?」思わず、すがるように聞く絵里子。
「私を疑っているの?」そう言うと沙希は、絵里子をまっすぐ見つめ返し告げた。
「もし私が絵里子さんを裏切ることがあったら…殺しちゃってもいいから」
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人 4話

仲間さんのケリすばらしかったね。ロッキングチェアで後ろ体重の状態で、あのケリするの大変だと思うな~。素晴らしい身体能力。
さらに、姑をとりこむ技の素晴らしさ。絵里子が脇が甘すぎるってのもあるんだろうけどね。「本当は嫌いなんでしょ??」という追求は、なかなか的を射てるよねえ。ああいう、自分の悪意から目をそらすタイプの人間に、悪意を植えこんでいく感じは怖いなあ~とおもった。
その上、いじめっこヒロを撃退。怖かったね~。怖い、怖いよ~。これで駿くんもちゃんと見方にしたし、絵里子をいじめたいっていうより、絵里子になりたいって感じかな?


あらすじ(公式から)
満足できない女」

 沙希(仲間由紀恵)に離婚を申し入れていた夫は雅彦(高知東生)だった。雅彦はあらためて離婚して欲しいと懇願するが、沙希は「内縁の妻と別れ、子どもを堕ろすなら」と言う。あまりの要求に反論しようとした雅彦だったが、死んだ息子・隼人の苦しみを忘れたのかと突然激高し、割れたグラスで手から血を流していることにも気づかない沙希の異常さに、言葉を失う。

 翌日、美津子(草笛光子)を見舞いに病院を訪れた絵里子(檀れい)は、ケガの治療に来ていた沙希に会う。そのまま美津子の病室を訪ねた沙希は朗らかに会話を交わし、たちまち美津子の心をとらえてしまう。

 一方、スイミングスクールで会った真由美(三浦理恵子)が相変わらず目も合わせようとしないため、ついに理由を尋ねた絵里子。すると真由美は自分の離婚歴を勝手にバラしたと絵里子を責めるが、心当たりのない絵里子は戸惑うばかり。まさかその頃、プールの中で駿が新入生の比呂にいじめを受けていることなど気づくはずもなかった。

 その夜、大阪に現れた沙希はバーへ向かい、慎二(渡部篤郎)と再会する。沙希に惹かれていることを告白する慎二に、自分も同じ思いだと打ち明ける沙希。ついに一線を越える2人。別れ際、名前を教えてくれと言う慎二に沙希は、「エリコ」と告げて去る。

 大阪から戻った沙希は、病院に行くついでがあるからと、美津子の見舞いの代役を買って出る。美津子はかいがいしく世話を焼いてくれる沙希に心を許し、嫁である絵里子との間に心の壁を感じていると漏らす。絵里子が自分を怖がっているのではないかとたずねる美津子。だが、沙希が何も答えず曖昧に微笑んだため、美津子は絵里子が自分への不満を口にしていたのだと思いこむ。

 夕方、真由美の娘・未央(谷花音)を迎えに幼稚園へ行った沙希は、駿が比呂にいじめられていることを未央から聞いて知る。

 翌日、美津子の病室を訪ねた絵里子は、沙希の人懐こさを見習えと遠慮がちな態度を遠回しにたしなめられる。その夜、絵里子は沙希を自宅に招き、美津子との間にわだかまりがあると悩みを打ち明ける。「絵里子さん、本当は嫌いなんじゃない?美津子さんのことも、真由美さんのことも」何食わぬ顔で相談に乗り、絵里子にアドバイスをする沙希。そして絵里子の目の届かないところで、駿に「スイミングに行けるようにしてあげる」と告げる。

 スイミングスクール当日。教室に現れた沙希は比呂を物陰に連れ込むと「比呂くんは絶対に溺れる。水の中で死んだ子と同じ顔してる」と脅し、プールに近づくなと警告。
数日後、「比呂君がスイミングをやめた」と大喜びで報告しにきた駿を、沙希は木登りに連れ出す。小さい体を包み込み、愛おしむように駿にほおずりする沙希。
「駿君が欲しくなっちゃったな」

 それからまもなく、絵里子の携帯電話に見覚えのないアドレスからメールが届いた。添付された写真には死んだように眠る駿の顔が。血相を変えて寝室に飛び込んだ絵里子、しかし昼寝をしていたはずの駿の姿は消えていた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

美しい隣人 3話

夫=マイヤーさん=高知って意外だったわ~。高知さんが二世とか、マイヤーというのが嘘なのか、どうなんだろうね。浮気してて、別居状態で二人で暮らしてるのに息子が死亡。夫は浮気相手と子供作ったとか知ったら、そりゃ荒れるよね~。
あと、理生くんは予知能力とかあるのかな?事故前から沙希親子をじーっとみてたよね・・・。
ちょっと展開が遅いけど、おもしろい。


あらすじ(公式から)
 深夜、絵里子(檀れい)を家に招き入れた沙希(仲間由紀恵)は、バーで知り合った妻のある男性を好きになったと打ち明ける。それが慎二(渡部篤郎)のことだとは夢にも思わない絵里子は、沙希がその男性に思いを寄せているだけで、まだ一線を越えていないと聞き、沙希の恋を応援する。

 ほどなく、酒に酔って眠ってしまった絵里子。沙希は絵里子宅に侵入、部屋を物色し寝室で眠っていた駿(青山和也)に近づく。首を絞めようとするかのように喉元に手を当てたそのとき、寝ぼけた駿が「ママ…」と沙希に向かって両腕を差し出した。思わず手を止めた沙希は、駿を強く抱きしめる。

 翌日、沙希は真由美(三浦理恵子)の店に現れ、アメリカにいる夫が浮気をしていると相談を持ちかける。真由美が自分の離婚歴を打ち明けてアドバイスしようとすると、「うん、知ってる」と沙希。沙希の巧みな誘導により、真由美は離婚歴をバラしたのは絵里子だと思い込み、絵里子への不信感を露わにする。

 一方、絵里子は美津子(草笛光子)の病院で、池で出会った男・筧雅彦(高知東生)と偶然再会。雅彦の妻が妊娠したことを聞く。

 スーパーで出会った真由美のいつもと違うよそよそしい態度が気にかかりながらも、沙希を車に乗せて自宅へ帰る絵里子。その車中、絵里子は「事故で亡くなった子のご両親に会った」と雅彦の話を切り出す。そして雅彦の妻が妊娠したことを告げると、沙希は急に黙り込み、「早すぎない?たった1年で…」と非難するかのような言葉をもらす。

 沙希はにこやかな表情で自宅に帰っていくが、その直後、沙希の家から物を叩き割るような激しい音が。驚いた絵里子が様子を見に行くと、沙希は誤って花瓶を割ってしまっただけだという。だが家の中は、わざと床や壁に叩きつけたような無残に破壊された物が散乱。その中に転がっているカメラのディスプレイに、小さな男の子の写真がスライドショーのように流れ…。

 翌日、慎二が日帰り出張で東京に戻ってきた。駿を囲み、久々の一家団らんを味わう慎二と絵里子。そのとき、慎二の携帯電話に沙希から着信が入った。 絵里子に悟られないよう慌てて電話に出る慎二。その姿を面白がるように窓から眺めながら、沙希は来週の再会を約束。そんな折、沙希の家に法律事務所からの封書郵便物が届く。

 数日後、都心のオフィス街の法律事務所に沙希の姿があった。「主人は私と離婚したいということなんですね」と切り出した沙希は、夫と直接会うことが交渉の条件だと弁護士に主張。それから数日が経ったある日、喫茶店にやって来た沙希の前に姿を現したのは…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 美しき隣人 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。