• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

シティホール8・9話

グクが本気なのか魂胆があるのか分からないミレ。本気なのを知っているジョンドはさり気無くいいことしますね~。いい役だなあ。
ミレが「自分のお金」「自分と友人と知ってる人の利益」しか考えてないってのも、変に正義漢を振り回してない感じで、見やすいと思います。でも、小さな田舎町だから、「自分の知人」が直接「うちの村の人達」になっていく。お金のためだけじゃなくて、やっぱり心の根底では気の毒な人を見てたら放っておけない優しさがある。
でも、それだけで政治はやっていけない。ジョンドやグクがどれだけ支えられるのか?グクは政治的な交際相手との関係をどうしていくのか??なかなか面白いです。


あらすじ(公式から)
8話
職を失ったミレの前に突然現れて「会いたかった」と言い、旅行に誘うチョ・グク。
そして、夢ではないか胸をときめかせるミレ。
グクとミレは自転車に乗って渓谷でのキャンプをしに行き、幸せな時間を送る。
この男はなぜ旅行に来よう言ったのか?
グクの本心が気になるミレは、ドキドキしながら一夜を送ることになる。
一方、各政党では市長補欠選挙に出す候補者を探すのに血眼になっていて、グクが適任者と考える。
だが祖国はミレに出馬を勧める。
9話 
ジュファに頭にきたミレは市長選挙に出ると大口を叩く。
だが、本当にブミが自分を出馬登録して預託金1千万ウォンを払ったという話を聞いて当惑する。
ジョンドはミレが出馬登録したというニュースを聞いて、その背後にチョ・グクがいると確信し、グクにどんな魂胆かを問い詰める。
しかしグクは、妻の友達のことで大げさすぎると言い、ミレに対して別の感情を持っているのかを尋ねる。
その時、ジョンドに選挙管理委員会に来てほしいというミレの電話が来て、困った時ジョンドに頼るミレの態度にグクは気分を悪くする。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール6・7話

ミレが賞金欲しさに必死に頑張るのはわかるけど、下っ端の友人がクビになったりするし、そもそもミレって日頃から嘘をつきまくりだから信用ないよな~。キャラクタが素直で、行動にひょうきんさがあるから、見てられるって感じかな。
グクは、秘書が4年も前から養父の指示で自分の監視をしてたことをしらされ、ショックを受ける。さらに、政治家ならもっとしたたかに生きろと言われて、ミレを利用しようと考える。
しかし、ミレはグクを信じられない。ジョンドが協力してくれるようになるんだけど、政治をしたいわけじゃない。弱者として復讐したいミレは、長期戦になって周囲に迷惑がかかることを考えて、副市長と手を組むことにします。
グクが傷心なのもあって、ミレへの気持がハッキリしてきましたね。


あらすじ(公式から)
6話
ジュファはコ市長にミレを勧告して辞職させろと脅す。ミレはジュファと言い争いになり、市庁の外へ職員に抱えられて引きずり出される。
これに怒りを覚えたミレは単独デモを敢行し、一瞬にして社会運動家に変身する。
そして新聞社に電話をかけて涙の記者会見を開き、イワシ娘大会の賞金にまつわる疑惑を大々的に暴露してしまう。
ところが、翌日の新聞にはミレの件は何も載っていなかった。
一方、チョ・グクはそんなミレを政治的に利用しようと思いを巡らせ…
7話
チョ・グクは自分の目的はあらゆる不正を犯したコ市長を追い出して補欠選挙を行うことだとし、ミレに考えが同じかを問う。
ミレはグクが自分を利用していると思い、目的はお金だと言ってグクの提案を断る。
単独デモを続けるミレの前にジョンドが現れる。

だが、味方を得た喜びもつかの間。
利権が介入した専門デモ屋たちがマスコミを動員して押しかけてくる。
ジョンドは彼らを制止しようとして、争いが始まる。
その画面と共にイワシ娘大会関連者たちのニセのインタビューが入ったニュースが放送されて、ミレは窮地に立たされる。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール 5話

つくり話に会わせて、「キスしてるふり」をしながら、「このまま噂をばらまくなら、本気でキスしますよ」と脅すグク。完璧に迫力負けしてる・・・。秘書のスインさん、部下というよりも友人ってノリで、この件を知ってからかってきます。

ジョンドは「証人になる勇気がありますか?」といいながら、大会自体が税金の流用が目的で、自分もあなたも分かっていながら手を貸した。長いものに巻かれたんたという主張。

ミレは、この件でグクに相談。しかし、ググの彼女はくるし、「君はうそつきじゃないか・・・」とグクは厳しい。ググ彼女が「長官の肝いりがあった」というのを漏らしてしまい、ミレは???となる。でもグク彼女のところに押しかけるのはどうかと思う・・・。

イワシ娘として駆りだされたミレとグク。イ局長は書類というか証拠を渡してくれてたから、それを市長にぶつけては?とグクに提案。
その後、イ局長は辞表を出してしまったことを知る。相談もなかった妻=議員はビックリするし、心配するし、可愛いな~。イ局長は「君には僕だけの女でいて欲しい都議選なんかにでないで」って妻に言う。どうも、不妊症だったことがきっかけで、奥さんはキャリアの道を突っ走ってるみたいなんだけど、イ局長はそんな妻を上手く癒せないのね・・・。

グクはイ・ジョンド元局長に興味をもったみたい。同期に色々きいてみる。

グクは市議会選にでる人材探しで議長の趣味に合わせて釣りをしてみたり、大変です。でも、議長はなかなか手ごわいですね。
その釣り場にはジョンドも来てて、一緒に酒を飲みあう。同期だったことしか思い出せないグクに、ジョンドは「狙いは次の市長選?早まってる。政策ではなく、人脈と金」という。グクは「誰なら共和党に寝返りそうですか?」と聞くけど、ジョンドは協力を断る。

ミレは「残りの賞金をください。あと、イ局長の復職を・・・」と市長に直訴。でも、イ局長の妻は「自分の夫」のことに口をだされたことで怒って、辞職勧告するとか言い出す。



あらすじ(公式から)
ミスコンも終わり再び秘書室に戻ったミレは、資料室へ行く途中、副市長室のドアの前で立ち止まる。
チョ・グクとのキス事件をどう解決しようかと思っていたからだ。
結局ミレはドアをノックすることもなく資料室へ向かう。
するとそこでチョ・グクに出会ってしまう。ミレが後頭部を叩き、胸倉をつかんだことを必死で謝ると、男は背を向けたまま黙って聞いていた。
だってその男はチョ・グクではなく、スインだったから。

一方、ミレはジョンドにミスコンの賞金2千万ウォンを受け取ったという虚偽の領収書と100万ウォンを差し出され…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール 4話

新しいミスコンという女性部長官の支持もあって、ミレは復活できました。
グクと同期の局長さん、特別な関係だったとかいうから、ミレは変な想像してるじゃん!!普通に仲の良いライバルだったということだろ。
本大会ではイワシさばきもあったし、長官の電話に市長がビビってミレがミス・いわしに!!でも落選した子が「副市長とも局長とも外泊した」と暴露。ミレが「副市長の大会準備を手伝ったのと、壁紙張りを局長としただけ」と説明。それでも迷惑かけるならと事態しかかかったところで倒れて、なし崩し的にミス・いわしに!!

しかし、ミレよ~。なぜか副市長と出来てるという噂を大きくして友達に話したしして、グクは完全に振り回されてます。



あらすじ(公式から)
イワシ娘大会の合宿中、ボランティア活動の一環でギョンヒおばあさんの家を修理をした日。
突然コ市長がやってきて、ミレはチョ・グクの股に顔をうずめるという奇怪な格好で見つかってしまう。
仕事よりも化粧に忙しい候補たちは、コ市長と写真を撮ると、プ議員の準備した会食に行ってしまった。
ミレは会食の後、戻って徹夜で仕上げる。

翌朝、グクは無断で合宿所を抜け出たことを問題にして、ミレの参加資格を剥奪して追い出す。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール3話

イワシ大会に来て「プログラムが普通すぎない?」とかいったら、じゃあグクがやってくれといわれて、困ったグクはミレを引きこんでプログラム作り。イワシ釣りやボランティアの壁紙張りなど、独特な物ばかりに・・・。
ミレは若い子に馬鹿にされるのが嫌で、「グクは恋人」という話をしちゃって、なんか困ったことになってるよ・・・・。ドンドン、誤解が広がるような状況になっていくし・・・。
ミレのボケボケっぷりは笑える感じで、面白いですね。声が可愛いから、嫌味がないんだろうな。
ググ、シングルファザーなのか??母親が引っ越してくるけど、故郷に戻るのを恥だと感じる母は夜中にこっそりと移ってくる。



あらすじ(公式から)
チョ・グクはBBにコ市長を追い出せと言われて混乱する。
一方、7年分の有給をすべて使ってイワシ娘大会に出場したミレは、最終候補15人と共に合宿を始める。
グラマラスな美女たちの嘲笑の中で、さっそうとプログラムをこなしていく年増のミレ。
BBの意味深長な話で動揺していたグクは、庁舎移転の件まで押しつけようとするコ市長の顔も見たくなくなり、考える時間を稼ごうとイワシ娘大会の合宿に参加する。

だが、もう1人の伏兵、ジョンドがいた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール 2話

副市長に「つばめ一匹じゃ何も変えられない」とイ局長に訴える。「責任者なんだからチャンとやて」という堅物さ・・・。
イ局長とミン議員はなんと夫婦なのか~。家庭内別居状態で二年が過ぎている。市長派議員として頑張るジェファと、市民のために地道に尽くそうとしてるイ局長では考え方が違う。ジェファの参加する裏兼ね作りのためのイワシ大会についても、冷徹な目を向けつつ、仕事として頑張ってる。
副市長が勝手にやれといったからって、「心や知識なんかも選考基準に」って言い出すイ局長。どうやって心なんて選考しようがないし面倒だよなあ。ググは「ミレが俺の代理。勝手にやれ」って会議からも逃げちゃう。
結局、選考にスピーチが加わったことで、故郷を愛するミレには有利な結果に!!

ミレは秘書室所属になったのに、地味~ないわし大会ポスター回収作業なんてやってる。ググはミレと何かとぶつかることが多いが、彼女を利用する方法を考えてるみたいですね。
ググの母は飲み屋をやっていたが、ググは父には認知されてなかったのかな?金を渡されて、店を閉めて、この土地を離れた。今はチキン屋になっていて、ミレたちのたまり場。こんな感じで、接触が増えていく・・・。



あらすじ(公式から)
コ市長は秘密資金の陰謀が隠されたイワシ娘大会を副市長のチョ・グクに押しつけようとするが、グクは赴任してすぐに大きな大会など引き受けられないと突っぱねる。
ちょうど賞金2千万ウォンへの夢を抱いて、市長室にコーヒーを運んできたミレは、コ市長の前でグクが適任者だと追い込む。
泣く泣く大会総括を引き受けることになったグクは、文化観光局長のイ・ジョンドに適当に押しつけようと考えたが、ジョンドはことごとく、グクの確認を取るのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シティホール1話


シティーホール DVD-BOX1シティーホール DVD-BOX1
(2010/09/03)
キム・ソナ、チャ・スンウォン 他

商品詳細を見る


BSジャパン公式
kntv公式
【概要】
『パリの恋人』『プラハの恋人』『オンエアー』を手掛けた最強コンビ、シン・ウチョル監督とキム・ウンスク作家が復活!

『シティーホール』は、ある地方都市の下級公務員からスタートして最年少市長になるミレ役のキム・ソナと、大統領を夢見るチョ・グク役のチャ・スンウォンが引き起こす騒動の数々を描く。

『私の名前はキム・サムスン』のサムスン役、『ラブ・トレジャー 夜になれば』で文化財庁の職員役と、これまでも様々な30代の女性像や公務員役を熱演してきたキム・ソナが、今回はドラマ『シティーホール』で的外れで元気いっぱい、お茶目で愛らしい公務員を演じる。

副市長と国会議員チョ・グク役を務めるチャ・スンウォンは、2003年KBS『ボディガード』以降、6年ぶりのテレビ復帰作で、冷徹でカリスマ溢れるキャリア官僚を演じるとともに、キム・ソナとの共演で人間味たっぷりの魅力を披露。

【キャスト】
★シン・ミレ役:キム・ソナ
★チョ・グク役チャ・スンウォン
★イ・ジョンド役:イ・ヒョンチョル
★ミン・ジュファ役:チュ・サンミ


ミレは市庁勤務。議会で不用意なことをして友人の議員ジェファには叱られてしょんぼり・・・。他には9級公務員のブンミなどの友人がいるが、周囲には単なるお茶くみだと思われてる・・・。その上、別れた男の借金を払い続けて、壁紙貼りのバイトまでしてる。

市長が独自に運用できる予算が削られたので、イワシ娘大会で、泊まりがけの費用ごまかしや賄賂なんかで資金を集めるわけですね。

引退しても影響力のある元政治家秘書をやっていたのに、そんな時に送り込まれるググ。政治に興味がなく腐ったところだけど、故郷。行きたくない事情はあるみたいなんだけど、「そういう所から生まれてこそ、伝説的政治家になれる」と言われる・・・。
市庁建て替え費用を持って、「副市長」としていきなりやってきます。もっと堅物かと思いきや、チャ・スンウォンだから、普通にプライベートではダメダメなバツイチ男。

ミン・ジェファは「イワシ大会」と副市長に任せて、腐敗を彼のせいにして取り込んじゃおうと市長に提案。でも大会をしきる文化事業のイ局長は超真面目で、なかなか融通がきかない・・・。
壁紙貼りのバイトで出会ったミレとググ。脚立から落ちそうになったミレを支えようとして胸を触ってしまったよ~。



あらすじ(公式から)
地方の小都市のチョンガン里の公民館。
里長選挙の真っ最中、選挙に関心がないかのようにキムチジョンを口いっぱいにほおばる女がいた。
仁州市庁の市長秘書室勤務の10級公務員シン・ミレだ。

仁州市市議会の本会議場の一角では、ミレが腕を発揮してコーヒーを入れる中でコ・ブシル市長の裁量事業費の乱用を巡って与野党が攻防を繰り広げ、議会は修羅場となる。
コ市長はプ・ジョンハン国会議員の選挙資金を作るために市議会議員ジュファの提案でイワシ娘大会を企てる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シティホール | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。