• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い10話(最終話)


なんとか無事着地?互いの愛情を感じて修復。弱点を見つけて攻撃する。これを始めたのはノリ君な訳で、そこを律ちゃんが決して責めないで先に折れたことで、律ちゃんの暴走をノリ君を許すという部分についても、ギリギリお互い様って感じになったかなあ。律ちゃんの「子供を取られたくないという目的のためには何でも」という部分とかを引っ張りすぎ、彼女の誤解されやすさをそのまま放置したために、視聴者にも「律ちゃん最悪」と強く印象付けてしまったのは失敗だった。あとから種明かしにせず、律ちゃんの真意と世間やノリ君の理解のギャップを常に見せるべきだった。ノリ君に関しては、彼のダメな所をぼかし過ぎて、律ちゃんの対立項として弱かった。

律ちゃんは猪木の所を出た。週刊誌の記事になって、仕事も切られまくり。小さな仕事を受けまくって、明日の世話も行きとどかない。週一で母が上京してくれるけど・・・。
ノリ君はちょっと心配になってきた。母親は弁護士資格はく奪まで言いだした。警察まで持ち出したのが許せないっていうけど、二人の関係のことなのに、離婚裁判になった時を常に考えて準備しちゃうノリ君も悪いよな。二人のことに裁判という外部の思惑を持ち込んだのはノリ君だしなあ。
で、律ちゃんは昔助けた男の子所さんに「俺が父親」と言ってとHELPを。偽証の依頼ってムチャクチャだな。真偽よりも、とにかく嫌われて、この女の子供=明日のことも嫌になって、育てたいと思わなくなるという作戦なのか。自棄になってんなあ。しかし、ノリ君は当日の律ちゃんの行動から、これは嘘だと証明。「それに、律ちゃんはそんなことしない」だと。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 9話

このドラマ、何が問題なのかを考えてみる。結局、「勝つためには手段を選ばない」二人の態度を、前半の小競り合い状態で説得力のあるものに出来なかった点。後半にここまで激しい離婚戦争を起こすのであれば、前半の小競り合い&ちょっといい話で着地を繰り返すのではなく、外部に向かって「正義(クライアントのため)には手段を選ばず」という態度を徹底させて、シビアな側面を出しておくべきだった。
「ノリ君がいうように法廷で白黒つける」っていうのが律ちゃんの判断。確かに、一回のミス(浮気)未遂を許した律ちゃんと、一回のミス(中絶)未遂を許せないノリ君。ま、律ちゃんのやろうとしたことは大きすぎるから、原因となったノリ君の浮気よりも、律ちゃんがよりトンデモではあるんだよなあ。でも、ノリ君の対処も悪いんだよね。律ちゃんの気持を動かすことよりも、世間的・社会的な正当性=法の場での有利を先に考えちゃうからなあ。
ノリ君が牢屋に居る間に、差をつけられた仕事を取り戻すという律ちゃん。子連れで働きまくり。授乳弁護士として取材を受けたりして、地位を確立。そして告訴取り下げ。ま、接近禁止はとけてない。
怒ったノリ君は離婚裁判に突入。ここで、離婚と親権を主張するなんて、本当にノリ君って分かってないなあ。社会的な評判を味方につけた律ちゃんに、ノリ君は窮地。
一方、律ちゃんもほとんど寝ないで仕事しまくり。桜庭君のために、彼向きの面倒な事件まで引き受けてくれた律ちゃん。なのに、何も知らないで桜庭は「ノリ先生の証人に」だと。「罪をでっちあげるなんて、やり手かもしれないけど酷い。ノリ先生はそこまでは出来ない」という桜庭に「物事には表と裏がある。両方をみないあんたは薄っぺらい」と言い放った律ちゃん。桜庭は、ノリ先生を信じるだって。甘いねえ。結局、子どもの命を守るためとノリ君はあっさり。で、証人にはいかなかった桜庭。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 8話

ノリ君反逆か?と思いきや冗談なのかよ~。子煩悩一直線!律ちゃんはちょっと構われすぎてイライラ。実は裏があるのでは?と、思わずレコーダーをチェックしちゃう律ちゃん。子供だけ欲しいんじゃ?とか思っちゃうのね~。ノリ君はニコニコしてるけど、裏じゃやっぱり「子供を産んでもらった後、引き取って離婚して育てる」という計画なのね。
臨月になってばれた!律ちゃんは離婚届を置いて家出。疎遠になってた猪木の所に・・・。温かく迎え入れる猪木いいひとすぎ。
律子は、働かないと親権とれないって職場復帰。でも、みんなノリ君を信じちゃうよねえ。毎日通い詰めるノリ君だけど、これはストーカー行為!って攻撃する律ちゃん。
出産で感動し、過去は水に流したはずだけど、ストーカーで逮捕されるノリ君を助ける気にはならなかった律ちゃんです。
気持ちは分かるけど、やっぱり、もう一押し「信じられない」を後押しするエピソードが欲しいかなあ??
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 7話

吉田さんを相手にした「結婚関係を脅かした裁判」か「離婚」だと言われたノリ君。裁判で抵抗することばかりで、愛を伝えることをしてないんだから、そりゃ抉れるわな。
でも、引っ越しだって荷物を実家に帰そうとしたり、か弱いフリして調停に行ったり、律ちゃんは強くて、戦略家。このやり取りは面白かった。ノリ君ダメダメだけど笑えるな。でも、能力で負けてると思う。
法律なんかよりも、私の法律よ!っていうのは律ちゃんの可愛いところが出てたと思う。妊娠発覚しても、正直に言うきっかけがつかめない律ちゃん。中絶するって言いながらも迷ってて、仕事が入ったと呼び戻されてうれしそう。
一応、律ちゃんのことばかりのIDレコーダーを武器に、浮気なんかしないと説得。落ち着いたか?と思ったら、これからもよろしくと言った律ちゃんに「ゴメンこうむる」だと??



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 6話

松子(田中好子さん)と梅子(根岸さん)の上手さが光りました。上手い女優さん二人のおかげで、今回「担当弁護士としてくさいセリフを言う」役目を担った稲垣さんの下手さが際立ってしまったような。可哀想だけど、二人がうますぎるんだよね。
あと、律ちゃんはカワイイです。手紙を隠したのは、仕事のパートナーとしてどうなのか!という部分はありますけど、まあギリギリちゃんとやってくれたので。
案件が情に訴えるというのは、私は良いと思うんですよね。なんでも裁判するより、現実的だし、関係者が幸せになれそうだ。
で、ノリ君浮気問題が本格化。これに関しては全面的にノリ君の姑息さに笑わせてもらいました。馬鹿だな~って感じで。ただ、判断を迷うところとかは、もうちょいスピードアップしてると、頭フル回転!って感じになるかな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 5話

あの時計は、学生時代の彼女の吉田さんとのお揃いなのね。ま、先生がプレゼントしてくれたものなんだけど。薄倖の女性がハマりすぎの吉田さん。次週に持ち越しで、ちょっと引っ張りすぎだけど、魔性の女っぶりで、先が気になる展開にはなったかなあ?
猪木の元妻との話は、普通に泣けました。猪木があったかくて優しい。傷つけちゃったことに傷つく優しさが愛おしい。夫婦じゃないけど家族でしょって泣きじゃくる猪木に泣いた。そして、現実の厳しさをちゃんと踏まえつつ、猪木の味方になってあげる律ちゃんは普通に良い弁護士だなあ。
ノリ君、今日は細かすぎる性格が笑いになってたと思う。律ちゃんの豪快さも笑えたしさ。それを踏まえた上で、家族なんだから気を使わなくて甘えたら?という律ちゃん。そして、甘えている自分に気がつかないノリ君。ま、なかなか良いコンビっすよ。
正直、ノリ君は家事をやる奥さんだったら、自分のやり方と違うって毎日起こりそうだもん。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 4話

コメディ要素を薄くして、普通に良い話にまとめたのは良かったのでは無いでしょうか?弁護士としての立場の違いを明確に出せてた。しかし、相変わらず法律ではなく、情に訴えての解決なので、そろそろしっかり法律使ってほしいような気もする。
律子が被害者の行動を「めんどくさい逆恨みの晴らし方」って言ったのがキャラにハマってて面白かった。律子には理解できないよなあ。あと、居ない間にゴミ屋敷に逆戻りとかも笑えました。
このまま律ちゃん主導でストーリーを展開して、ノリ君はトラブルメーカー的役割にしちゃったほうが、スッキリするかもなあ。
で、先週からひっぱった、元彼女登場が来週。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

佐々木夫妻の仁義なき戦い 3話

佐々木夫妻の仁義なき戦い (出演 稲垣吾郎、小雪) 
 うむむ・・・。見逃しそうになった。
やっぱ、ノリ君のキャラクタがイマイチなんだよねえ。典型的ツンデレ女の律ちゃん先生に対して、理詰めで攻め立てる人情派っていう矛盾もある人格を一つの個性として統合しきれてないんですよね。脚本の問題なのか演出の問題なのか・・・。
たとえば、この離婚騒動。ノリ君主導で起こっている割に、ノリ君側の感情の機微が少ないんですよねえ。「徹底的に議論して、とことん付き合う」って部分が、もうちょっと表現されていて、その結論として離婚に行きあたってしまうという形にして欲しかったかなあ。
結末にしても、ノリ君側は「居ないと寂しい!」ってことだけではなく、「ずぼらに見えるけど、居ないと結構困る」って側面を見せてほしかったかな?事務所の経営とか、家事でもこれだけは律ちゃんがやっているとか・・・。ま、根本の不満「相手のために時間を使ったり、我慢している」って部分に、再度焦点を当てるのは後半かな?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 佐々木夫妻の仁義なき戦い | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。