• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

マーメイドストーリー 4(最終)話

面白かったです。それほど意外なオチではなかったけれど、誰が真犯人か?ドキドキしながら見れました。顔が怖いナムジン君も、そこを生かした優しさと怖さが出てた。


姉ナム・スヒョン逮捕。「殺しました。殺害方法は刑事さんが好きに作ってください。そのまま答えます。」供述だ曖昧なのを怪しんだカン刑事は、尋問で引っかけた。DNAが一致する家族の誰かを庇っている。そこへ、父が「私が犯人です」と電話してきた。父は、スインに「裁判になる前に、早く死にたい」と訴える。発作を起こして倒れた父の願いを聞き入れて、枕で窒息死させようとしたスイン。だが、ミナを殴った時の記憶が断片的に呼び戻され、発狂。ミンソクがやってきて、父を救い出した。しかし、こん睡状態から目が覚めず、一週間後に亡くなった。
スインは葬式でも動揺しまくり。刑事が見張っているので、ミンソクが「まだ俺たちを苦しめるのか」って迫った。
カン刑事は、犯人(爪の下の皮膚の持ち主)が父で、髪の毛が姉にしてはDNA一致確率が低いことに気がついた。髪の毛が姉のであれば、爪の下の皮膚は妹だろうと鑑識は言う。スインに捜査の手が及ぶ。しかし、スインは精神が不安定で、ミナの幻影を見るようになり、子供の世話も良く出来ず、ミンソクにも攻撃的になる。不安になったミンソクはカン刑事に問い詰めに行った。「絶対に私の妻ではない」というミンソクは、酔っ払ってスヒョンの家を訪ね、「スインに何があったのか?家庭の事情とは何か?」とスヒョンに問い詰める。不安を吐露するミンソクに「あなたは、その程度の人間なの?」ってスヒョンは責めた。「ミンソクが疑われたとき、一緒に戦って、信じてくれたスイン」を思い出したミンソク。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マーメイドストーリー | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マーメイドストーリー 3話

夢か!スインはミンソクに首絞められる悪夢を見た。ユン・ジョンヒ看護婦の言うことが気になって見舞いに行って、何を知っているのか?と問い詰めた。喧嘩して首を絞めてるのを見たという。「捜査の時に言わなかったのは、殺したのがミンソクさんだと思わなかったからでしょ!私たち夫婦を苦しめるのが目的なんでしょ。ひっかからないわ」ってスインは売り言葉残した。それを見ていたミンソクは「そういう事があった。そんな自分が恥ずかしくて言えなかっただけだ。」と当時のことを説明。ミンソクを侮辱しまくるソナを殴り首をしめたこと。ミンソクに似た20歳の時付き合っていた教授のことが出てきましたね・・・。スイン、「殺したいほど愛してたの?3年前も、信じてくれって言った」と、ミンソクを信じきれない部分がある。
カン刑事。ソン・ミナのヌード絵を見た。ナム・イルという昔の大学教授の描いた絵。ハ画家に事情聴取に・・・・。姿を消してだいぶ経つという。カン刑事は休暇を取って捜査するという。ナム・イルはスインの父。刑事は姉の絵画教室を訪ねた。ミナは父の教え子で、姉ジョンナンの後輩でもある。
スインは末期がんの父と再会。「もう、父さんなんかじゃない!」と叫んだ少女期の自分を思い出して、泣きじゃくるスインです。犯した罪に比べたら長生きしたという姉に、「一度のミスでお母さんも私たちも失って、可愛そう。」と父を許す気持ちになったスイン。そんなスインを、カン刑事が訪ねて来ました。ミナと家族の関係を知って、スインもミンソクも驚きます。あの家はナム・イルの家だった。どうしてミナはあそこに住んでいたのか?と聞くカン刑事に「家族が恋しくてあの家に住んだの。彼女があそこに居た理由はしらないわ」って怒ったスイン。ミンソクには、「両親は死んだ」と言っていたスインへの疑念が生まれた。それでも何も話さないスインに「お前が怖い」って言葉を残して、ミンソクは出ていちゃった。
帰ってきたミンソクに、スインは説明します。お父さんは、忘れなければ自分がなくなっってしまうような存在だったから、捨てることにした。もう少し待ってくれれば、ちゃんと話すわ・・・。ミンソク、「待つけど、お父さんには会えるうちに会いたい。」って言ってくれた。ミンソク、いい男だけに、犯人だったら嫌だなあ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マーメイドストーリー | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マーメイドストーリー 2話

え?っていう小さな驚きを振りまきながら、誰もがあやしく見えつつも、状況は一応ちゃんと見せていくという、サスペンスの王道。なかなか上手い脚本です。


ソン・ミナ死亡事件を調べにきた刑事に「私も、ミンソクさんにも関わってほしくなかった」というスイン。ミンソクも、自転車の鍵のことも忘れてるし、夫にはミナの不利になりそうで会ってないと証言した。「まだ忘れてないんだ。」って死んだミナに嫉妬しちゃうスイン。ミンソクがデートに誘ってくれて、キスしてくれて・・・。スインはミンソクにいっぱい甘えてる感じですね。このナムジン君は声の良さが際立ってて、あったかく包み込むような人格を感じさせます。
カン刑事は離婚訴訟中なのねえ。使えない新人刑事は相変わらずです。関係者の監視&鍵の複製を作って、関係者の関与する場所の鍵のチェック。夫が訴訟で不利だったこと、ミンソクがハ画家とミナの密会場面を見てたということを掴みます。果物を一緒に食べていて殺しちゃって、車で運んで海に捨てたと推理。そこは、ミンソクの保健所の近く。
スインとミンソクは、ボリアム庵に山上りデートで日の出を見に。ミンソクは医大で初めて使った聴診器をプレゼントしてくれました。心臓の音は、凄く不思議で美しいからって、1周年のプレゼント。スインは、どうしもミナのことに拘ってるけど、「あれは憧れみたいなものなんだ。そんなこともあったな。スインに会わせてくれてありがとうって思うよ」って、ミンソクは優しいなあ。
刑事さんが訪ねてきたときに、スインの自転車(もとミンソクの自転車)の鍵をチェックしたら一致した。怪しまれてる・・・。最後に会ったのは展示会の日だというけど、展示会の夜にこっそりハ画家と会ってるミナを見てた時のことがあるので、署に来てほしいって言われちゃった。ミンソクに惚れている看護婦も、何か思う所がありそう。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マーメイドストーリー | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マーメイドストーリー 1話

マーメイドストーリー so-netアジアドラマチックtv HP
ナム・スイン(ソ・ヨンヒ)、イ・ミンソク(キム・ナムジン)、ソン・ミナ(イ・ジヒョン)、カン・ヒョンホ刑事(カン・シニル)。”人魚は恋をしたくて陸上に上がったけど、とても悲しくて海の泡になってしまった”という人魚姫の説明があり、そういう話になるのかな?キム・ナムジン君は、田舎が似合う。無骨なところと包容力が魅力ですね。ソ・ヨンヒさんも、ちょっとおばさんっぽいけど真面目で素朴な女性って感じにはハマってます。


ダイビングのインストラクターしているスインは、ずっと狙ってた家を借りることになった。前住人のソン・ミナは美術教師兼画家。非常識で強引な人で「引っ越し先の都合で出発が遅れたの。まだ片付いていないし、荷物は外に置いて、一部屋だけ片付けたから1週間そこで寝て」だってさ。不倫してるみたいで、訴えるとか訴えないとかの電話をしている。
翌日、ミナを訪ねてきた男ミンソク(保険医、ミナにプロポーズしてる)。一緒に出掛けようって、強引に展覧会に連れ出されちゃった。展覧会のハ作家はミナと出来てて、ミンソクの目を盗んであったりしてます。純粋なミンソクを選ぶっていいながら、ハ作家とべたべたしてるし・・・。ミンソクは、小学校の同級生で突拍子のないミナが魅力だって言ってるけど、浮気しているのを見ちゃったスインは気が気じゃない。打ち上げがあるってミナは残って、スインとミンソクは、ミナの車で一緒に帰ります。この時、ミンソクは自転車の鍵を無くしちゃいました。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マーメイドストーリー | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。