• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

薔薇のない花屋 11話

薔薇のない花屋うーん、「人生は素晴らしい」ということを伝えるのに、このドラマは成功しているとは思えませんでした。私は、ドラマが綺麗事を書くことに基本的に賛成派です。現実は甘くない。しかし、美しいものの残酷さや、現実の醜さを知っているからこそ、「美しい物語」に人は願いを込める。壊れやすいからこそ美しいとも言える。そういうことが伝われば、綺麗なだけでも問題ない。
しかし、こんなに雑なセリフ、雑なエピソード、雑な演技では、ダメだと思う。演出が「絵的美しさ」を追及しているのは分かったけど、全体として粗忽なドラマだったなと思います。
このドラマの一番気になった点。それは7年間の空白。7年積み上げたきた雫との生活で英治が何を学び、何を得たのか。それは愛され、愛を信じることだけではない。愛することの難しさ、誰かに親切にすることの難しさ。その上で、愛そうとする。こういうことが上手く考えられてないんですよね。7年を語るエピソードが必要だということではなく、セリフの選び方や現在のエピソードで示唆出来たんじゃないかと思う。
一点、こちらが誤読したまま中盤まできてしまったことがあります。英治の「俺はいいよ」病は、ルイの性格を模したものと思って途中まで見てた。そうじゃないんですよね。脚本的にそう思わせるようなラインが引かれてたと思うけど・・・。じゃあ、同じ「俺はいいよ」病のルイと英治は、拒絶されることの怖さを共有しているのかな?と思ったけど、結局ルイは「私は十分愛された」ということが最終回で語られた。この部分は、ちょっと複雑な構造になっている。
愛されて育ったから、他人から見ても不幸と思われるような状況でも常に幸せで、幸せを与えようとするルイ(与えようなんて考え方は子供過ぎるけどルイは子供だから)。一方で、愛されず、一瞬の幸福のあとは絶望だと思っていたから「幸せが怖く」て、幸せを譲ってしまい、結果的に幸福を与える英治。それが、雫誕生後に「譲るのではなくて与える」方法を、彼なりに模索していく。でも、結局「譲る」という従来のやり方を選ぶことが多くなってしまう。度をこした自己犠牲で自分を大事にしないままでは、まだ英治は愛を信じているとは言えないのではないか?しかし、彼は自分が愛を信じていると言い聞かせて生きる。7年の積み重ねで、愛が自分の血となり肉となり、確かに自分のものになっていく。これに気がつくきっかけが、院長による復讐で「愛を試された」ことというドラマの構造。つまり、あらかじめ無意識レベルで知っていることをハッキリと認識していく作業。
ラスト、英治は泣くことができました。幸せの場所から逃げようとしたとき、引きとめてくれる人(これは幸せに貪欲な女ミオ)ができた。これは大きな変化でしょう。しかし、英治の表情はまったく変わってない。笑顔一つとっても、全然違う表情になるはずなのに・・・。これは絶対に演出&役者のミスだと思うなあ
ま、傑作の喜多善男よりも、このドラマのほうがレビューは長いんですよね。喜多さんは「とにかく見て!」って感じなんだけど、こっちは「何が悪いんだろう?」って考えちゃうんで筆も進む。

では、最終話のストーリーに沿ってレビューを。↓

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 10話

オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」シュンの存在は、英治もミオも隠していたけど、直哉ルートで伝わっちゃってる。雫は英治に会いに。事実を知った院長は雫が英治に会うのを止めない。
ミオは英治が罪をかぶっていることでシュンを責めるが、それは違うだろう。ルリを殺したのも、そして罪をかぶることも、英治にとっては喜びな訳で。それをシュンは理解している。自分は光を求めて生きるけど、英治は真逆なんだと言う。それでも、花屋再会の支援もしてやるつもりのシュン。しかし、ルリの娘がいると聞いて、「俺の子供か」と色めき立つ。
英治に会いに行ったシュンに、「ルリちゃんも俺も、お前に家族を作ってやりたかった。」と英治。シュンは負担になるだけだと。女はいるというシュンに「それは愛じゃない。俺は知っている。ルリちゃんは愛してた」と。ココ、本当に英治の演技が残念。
菱田さんや先生が、血のつながりがないのを知っていると伝えに。でも、いつかは言うつもりだという。(本当の父親ではないってことを口に出来ないシーンの演技はひどかった。スケジュールきついんだろうけど、取りなおししてあげなよ)
英治が行くはずだったパン屋さんにシュンは貰われて、大学まで出して貰った。「僕はいいんだ」と言ってみせて、貰われる日に暴れて見せた。英治は「傷つけられる前に傷つける。それは繊細な子だから」という。が、そういう解釈こそが下品というか、分かった気になってて分かってないというか、英治の魅力を半減させている気がするな。仮に本当にそうであっても、それを人に話す人間って、節度がないよね。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 9話

オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」「俺たちは棘の生えた薔薇だから、自分を売り物にはしない」うーん!!なんか、本当に思考が浅い!!
雫と英治の出会いは綺麗だけど、ちょっとしたことが不用意なんだよなあ。転ぶ前に、「そこで待ってなさい」という言葉が出るのが8年の経験の重みを示すと思うんだけど、そういうのがないんだよねえ。
マスターは元○暴刑事だったのかよ。金を取り返してくれて、花屋は再会できる状況に。っていうか、こういう対応が可能なら、花屋を閉店する流れが必要だったのか。「捨ててしまう」ということを表現したかったのは分かるけど、そもそも「花屋」としての実体が希薄だったから、余計に浮いてしまったよなあ。
直哉は雫の実父を探すことで、英治に謝罪の気持ちを表したい。先生は同窓生なので、友人を探し始めます。
ユイカの名前がルリちゃんということが判明。シュンの代わりに「別れを伝える」役目をした英治。どうしても言えなかった英治。「わざと言わなかった」というのは当たりだろうね。出産によって死んだことで、英治は「俺が殺した」と思ってる。看取ったのも、俺が殺したと思うのも、恋人も俺だ!と主張したいからで、だから院長に憎まれることが幸せだ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 8話

冒頭の頭巾をかぶって雫を当てろって奴は、引っ張りすぎというか。もっとストレートにしたほうが感動したような気がしますね。そこで、変な捻りを入れすぎなような。
花屋はあっさりと閉店し、そして英治と雫の親子関係問題が、急激に広がりました。ま、内緒にしておくべきことじゃないってのは分かるので、これは妥当だったと思う。
で、雫の父親は予想どおり、施設時代の友人で互いを信頼している男。こいつが、医者になって院長の病院に、さらにミオの父親の手術も担当と、絡みまくり。こういう男性の存在は示唆されていたとはいえ、彼が院長に絡むっていうのは復讐の要素があると思われる。では、それに英治がどう関わっているのか?
ここにきて、菱田さんは説明役、そして血のつながりは無くても家族なんだという、野島作品の普遍的テーマを分かりやすく提示する役目に。ここを一歩踏み込んで、一緒に住まなくても、血が繋がってなくても、雫と英治は家族なんだというところに誘導できるのか?というのが焦点。それは、雫の二人の父親の間にもある感覚。
しかし、「人と人の関わりとは何か?愛情は意識して作りあげられるものなのか?」ということで、喜多善男とかなりテーマが被っている気がします。そして、役者陣、演出、セリフ、すべてにわたって喜多善男のスタイリッシュさ、薔薇のベタ感が対比していて面白い。個人的には乾いた喜多が好き
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 7話


オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」雫が実子ではないという線は、一話から可能性として提示されていて、それがほぼ明らかになった回。野島作品らしく、そういう衝撃の使い方は上手く、興味を引くことには成功している。しかし、韓国ドラマに慣れてしまうと、大して衝撃に感じなくなるから怖いっす。そして、この衝撃のために演技面に色々な矛盾が・・・。あと、戸籍はどうやったんだー。どうやって引き取ったんだー!!ってのは気になる。(他国のドラマだと、制度の問題とか分からないから、そんなものかって思うんだけどねえ・・・。拾った子供を自分の子供として戸籍登録みたいなのも、制度的には可能なんだって聞いたときはビックリした。生まれた時に同姓婚の問題などで、届け出しないケースがあって、その救済措置で、届け出が遅れるのがそれほど問題視されないそうです)雫の場合は学校に行き始めてるから、社会的な側面を整えないとまずいわけだしなあ。
英治がミオとの恋愛に向かうのは、雫が居なくなる予感があって、ミオに引き付けられていたのだろう。これは、学校という外の社会を雫が経験し始めることで、いつか起こることではある。「幸せの中にいると長く続くわけないと感じて怖くなる。居なくならないでください。」というのが、英治がミオに託すもの。ユイカが友人でしかないということで、ミオはおそらく初めて愛してくれた人。ただなあ。凄い恋愛なれしてる態度だったし、矛盾が拡大している感じ。あと、ここは、「居なくならないでほしいけど、居なくなると知っている」って感じでやって欲しかった。


≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 6話

オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」 盲目のふりがばれるという山場。あくまでも英治は「ミオを傷つけない。失わない」ための選択をする。しかし、彼のというかユイカのいう「一人信じる人を作って、その人には嘘をつかない。そうすれば眠れないなんてことはなくなる」という教えを、恋愛によって逸脱するということになる。で、これは愛ではなくて恋だから(院長は愛と言ってるけど、ユイカのいう人間愛との区別でこう表現します)、分かっていても欲求に流されるという流れ。
うーん、かなり苦しい展開です。この状態では「雫を守る」という愛に恋が勝ってしまっているという点。これは、「雫がミオを気に入っているので、ミオを守ることは雫を守ることでもある」という流れがあって、雫が傷つかないようにミオが嘘をついてた事を明かさないという方向でも補強はされているから、まあギリ許容できるか。
もう一点は、ユイカの言っているルールを破るほど、恋に溺れていく原動力はなんなのか?英治を縛ってきたルールでもあり、そこから旅立つキッカケがミオによってできたということなんだろうけど、ちょっと苦しい。ここにも「雫」の存在がネックになるハズで、そういうことに対する躊躇いがやっぱ欲しい。英治本人の中に、また恋をしたいという思いがなければ、こういう流れにはなって行かないハズ。何かに鬱屈してるとか、そういうミオとは別の問題が欲しい。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 薔薇のない花屋 | 19:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 5話

ずっと一緒さ 「人と人は鏡。優しさには優しさが帰ってくる。」というユイカ話を起点に、目の手術の資金を出すという英治の話がメイン。優しさは帰らない事もあるって部分はミオの策略で補強されているとはいえ、この7年の間で、帰らないこともあるって経験があるハズの英治が、そこをどう捉えているかという踏み込みが欲しかった。
ベースはミオのためにゼロになろうという話。ゼロは丸に見えるから好きと言う雫。3人だから、ゼロではないというオチ。
寺島マスターの頑張りや、直哉&ミオのパートでの直哉のすっとぼけた感じなどが息抜きとなって、何とか見れてるけれど、メインの部分が苦しくなってきた。
パンジーを届ける英治やら何やらの恋愛パーツが苦しい。香取君が棒演技をしている意図は分かるんだけど、この英治に適した棒演技は、もうちょっと表と中身の硬さが違う感じにしてないとダメだと思うんだよなあ(分かりにくいので文章追加:壁がある=感情が薄い=棒というのは分かる。でも、壁のこっち側と向こう側は違うってことを表現することで「壁」をつくるために、表が固い時には裏の柔らかさを、表が柔らかい時は裏の固さを滲ませるような演技がいいんじゃないかな?両方の要素を常に持たせることで、英治が意外と冗談言ったり会話が上手いなんていう要素も、表の明るさと裏の暗さみたいな感じで、「どっちが強く出るか」という問題として自然な感じに処理しやすくなると思う。今のぬぼーっとした感じだと、英治を構成する要素の中で、色々と取りこぼしちゃう要素があるのが残念な感じ。今のぼやけた感じなら、もっと踏み込んで、とぼけた味を目指すってのもありかなあ?恋愛絡みで意外と無神経に前に進む感じなんかも、クスクス笑いを取ろうとしていく方向ならば、「照れ隠し」みたいな要素が増えて、見やすくなるかも?野島脚本って、割と笑いの要素あると思うし・・・。)今は全体にもやもやした演技。棒演技にも色んなバリエーションがあるハズで、そこまでシッカリ考えてみてほしいな。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

薔薇のない花屋 4話

ずっと一緒さ 呪いのビデオならぬDVDというリングのネタを、竹内さん演じるミオにしかける探偵さんの直哉には、ちょっと笑った。
英治&転校生のネグレクトが明らかになったのですが、先生の前で話すのは英治らしくない気がするとか、いろいろと違和感があるパートでした。あんな訳しり顔の解説で、転校生が素直になるほど甘い問題じゃないと思うし、先生が英治にペラペラしゃべるのも不自然だしなあ。雫を仲介にするのとかも、気配りが足りない気がするし・・・。覆面して助け出すなんていうのもなあ。SOSを出した瞬間に助け損ねると、色んなことがダメになるっていうのは分かるんだけど、微妙だよねえ。「困ったら、薔薇の花を持って花屋に来て」とかも、英治らしくないというか、覆面する気持とそぐわないような・・・。子役が演技が上手かったから、かなり救われてたけど、このパーツは失敗だと思う。「大人になったら、自分が不当に扱われてたと知り、どうしようもない怒りが芽生える。心に棘が生えてしまう。恋はできても愛することは難しい。それは親に教わることだから、愛されないと」って、そういうことをペラペラしゃべるのも、なんか凄く嫌だわあ。野島ドラマの人物は、皆、ペラペラと良くしゃべるんですが、それだけに「しゃべることへの躊躇い」を出していかないと、もの凄く下品になるんですよね。気をつけてほしいかなあ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薔薇のない花屋 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。