• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

花咲く春には 15・16(最終)話

凄い面白いというわけでもなく、かといって詰まらないわけでもない作品でした。キム・カプスさんの詐欺師っぷり、暗いのが好きなのにポジティブキャラのコンヨンさん、拗ねた顔が可愛いイ・ハナさんと、割と好きな人たちだったので、楽しめたかな?ライバルのジュンギが「違うけれど正義の人」だったのも、楽しめた所だと思います。
チェリが!と思ったらジョンドに助けられた。でも、建物を壊そうとされてハルモニが怪我しちゃった。チェリは番組出演に遅刻しそうになるもドクスが「ファンが待っている。約束は守らないと。君の歌に町の人は励まされるんだ」と説得して、なんとか駆けつけて唄いました。しかし、チェリは舞台度胸あるね。
ハルモニは手術成功で入院に。返ってきたチェリが「家族みたいな町の人が苦しんでる時に、笑顔は作れない。やっと町の良さが分かったのに」って残念がる。ジョンドの一番好きな場所を当ててあげる!とか、チェリはジョンドを励ましてくれます。ジョンド、自分に託された思いを噛みしめます。
ハラボジも怒ってる。「町の心配の種だったわが一家が、町に恩返しする時だ」と、理髪店地下の秘密部屋に連れてった。なんと、偽造のための道具が!法的手段だけじゃ無理だって。ジョンドは躊躇いながらも、ハラボジには抵抗できない。「自白を引き出す」のが目的と聞いて、覚悟を決めた。資金は、ハルモニが貯めた貯金を出してくれた。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 13・14話

辞表を提出したジョンド。寂しく悔しいけれど、必死に一人で耐えてます。「父さんを恨んだこともあるけど、父さんがいると嬉しかった。父さんが居たから検事になった。父さんを置いては行けない。今は父さんを助けるのが息子の役目だ。必ず連れ帰るよ」ってハラボジに説明。ムン刑事やヨンジュも、心配しながらも調査を手伝ってくれました。プソンが事前に教えた方が良いと思って、「ジョンドが辞めた」とドクスに伝えに行った。流石にドクスはショックを受けた。
チェリは、ジョンドに抱きしめられたことが気になって、歌に集中できずに怒られちゃった。で、夜になって、検事辞めたっていうジョンドに会いに。「夢を諦めちゃうの?」っていうチェリに、「諦めたんじゃない。父さんは逮捕を覚悟で卒業式に来てくれた事があった。父さんは無実だと信じている。何かを失っても守りたいものがある。何かを得れば何かを失うものだから、恨んじゃ駄目だ。」って話して聞かせます。叱られて元気ないチェリにしっかり気が付いてくれるジョンドが「自分を信じろ」って励ましてくれた。「君のおかげで元気が出てくる。俺は本当に幸せな奴だ」って言ってくれたジョンド。チェリ、ちょっと素直になったかなあ。「今日は私が見送りたい」とかカワイイこと言っちゃって!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 11・12話

全16話。3/4が終わったところです。詐欺事件は、初期からずっと見え隠れしては居たのですが、メインになることはずっとなく、この2話でぐっと話の中心になってきました。
ジュンギに、「証拠もなく父を疑うのか?」って言われたジョンド。「確証もなく疑うなんて、お前らしくない」っていうのは、正論だな。ジュンギは父に質問&内部調査を提案して、「経営していると思わぬことがあるもんだ」って言われちゃった。ちょうど、ヨンジュも、ジュンギ父のことや、ドクスがテハン建設に関係しているソウルホテルに勤め始めたことが気になっているけど、気のせいだって思いたいみたい。
チェリのコンサートには間に合わなかったけど、花束持って帰りを待ち構えていてくれたジョンド。チェリと歌った歌を口笛吹いてくれたりして、久しぶりに会えて、チェリ嬉しそうだし、感動して泣きそうになってるよ。ジョンドも、ご飯って言われて、ニコニコだし。「私のどこが好き?」っていうチェリに、「小さい頃、石あて遊びしたことない?大事なのは石選びなんだけど、俺が選ぶのはでこぼこなのなんだ。俺にとっては最高の石だったし、それで石あて名人になったよ。とにかく、俺にとっては最高なんだ」って、説明になってねー。チェリにストーカーはやめてねって言われても、嫌!って子供じゃないんだからさ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 9・10話

ジョンドがヨンジュを送ってるところを見ちゃったチェリ&ジュンギ。また、母の件で元気がないヨンジュをジョンドが励ましてる所だったから、誤解されちゃうよね。ジュンギは、ジョンドと別れたヨンジュに話しかけて「刑事続けて良いと父が言ったよ・・・」って話を。ヨンジュが別れ話をしそうで怖くて、遮っちゃったジュンギ。いい人なのに、ヨンジュはジョンドが好きな気持ちが膨らんでる。
チェリは不機嫌で、ジョンドからの電話にも「もう寝るから」って言って切っちゃった。でも、車見せたくてウキウキのジョンドはお構いなしで「プレゼント!」とか言ってる。チェリは「そんなの要らない。みじめにさせないで。一人じゃ何もできない馬鹿みたいじゃん」って拗ねちゃってる。落ち込んでるからといって、いつも明るく前向きに!って奴じゃなくて、一緒に愚痴ったり落ち込んだりしてあげるのが必要な時もあるよね。それに、他の女の疑い(まさに疑いだけど)まで出てきたらなあ。しかし、ジョンド、車はチェリのために買ったと言って、ハラボジにガッカリされてる。鍵もしっかりチェリに預けているし・・・。一途すぎる!ってまさしくそうだな。でも、チェリは免許なくて、ドクスに鍵を返しちゃった。ハラボジもドクスも、チェリの歌を応援してくれた。ジュンギ紹介のヨンジュンに会って、テストも受けた。でも、履歴書持ってこいって言われて、歌だけじゃダメなのか?って反発心が生まれちゃう。「私に親切にするのは、ヨンジュに嫉妬させたいの?人を好きになるってどんな気持ち?」って質問をジュンギに。「ジョンドが好きだって思ったけど?」というジュンギに「好きなのか、申し訳ないのか分からない」だってよ~。ジョンドからメール着たら笑顔になってるし、好きに決まってるでしょ?と思うけどね。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 7・8話

検事になったジョンドは、張り切って仕事を始めます。ジンス、ウンジュンというスタッフに支えられることになりました。被疑者との面談に緊張するジョンド。強気なんだか弱気なんだか、分からん人だ。チェリが歌と「合格おめでとう!」って声が入ったCDをプレゼントしてくれた。ニヤニヤすんな!これでリラックスして、始めての被疑者面談に。飲酒運転で捕まったんだけど、どうやら事情がありそう。和解金も高すぎるから、被害者にも事情を聞くというジョンド。被害者ときっかけとなった運転代行業の女性の関係を暴き、被害者側の弁護士の違法行為まで暴きました。案件も多いのに!って言われながらも、自分を曲げないのがジョンドらしい。
チェリ、ヨンジュに頼まれて、プソンを食事に連れてった。しかし、ヨンジュはムン刑事を連れて来てて、チェリとムン刑事を会わせたかったのね。チェリはまだまだ拗ねてます。ヨンジュは実母の関係もムン刑事に説明。チェリは二人もお母さんがいるヨンジュが羨ましい。ヨンジュは、プソンと自然に仲良くしているチェリが羨ましい。
ヨンジュは、ジュンギにもちゃんと話すことにしたのね。静かに聞いてくれて、辛かったでしょうって言ってくれるジュンギは、いい男だねえ。好きなのは君の心で、他のことは服みたいなものだから、何を着てても平気だよ。流石、言葉を使う職業だけに、説得力あるな。
ジョンドは、チェリのためにギターケースを買ってウッキウキ。路上で歌ってる所を訪ねてみたけど、歌ってる姿がかわいすぎて、ジョンドは見惚れちゃってます。そのせいで、ドギマギの二人です。チェリに引っ張られてライブに入り込んだり。音楽大好き!で元気なチェリを見てると、ジョンドも嬉しくなっちゃう。お母さんがよく歌ってくれたからっていうチェリと、帰り道で一緒に歌ったり。ところで、ジョンドの中の人ってミュージカル出身とか見たことあるんだけど、声はいいけど、音程がチト怪しかったような・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 5・6話

旅立とうとするチェリだけど、見送りにきた友達が、お父さんのくれたお金を狙ってますよ?トイレ行く間に荷物見ててってお願いしたら、勝手に消えてた。なのに、気がつかないで出発しちゃったよー。
チェリを追いかけたけど、間に合わなかったジョンド。がっくりです。(笑わない方が、この俳優さんは素敵です。ニヤニヤしてるシーンが多いけど、渋い顔してほしいなあ)授業中だったから、先生にも怒られて「たわけ者」ってあだ名まで付けられちゃった。でもジュンギが「愛は説明できないものです!」とか言ってくれたし、「同じことが起こっても、同じようにする」と後悔しないジョンドです。これで、ジュンギとも親しくなった。ジョンド、「水を好み、明るい場所で葉が開き、暗い場所では葉が閉じる」観葉植物を、チェリの代わりに育てようと購入。「枯れなかったらマンゴーは帰ってくる」って言い聞かせてます。
しかし、チェリは出発できてないのよね。お金を取り返しに友達のところへ。返したはずの闇金から売り飛ばすぞ!て追われていて、思わずそのお金を闇金に渡しちゃったのね。危ないからって止める友達はあちこち殴られた跡が。デビューを餌に騙すなんて!っていうチェリ。でも、父のお金を無くしちゃったから、ムン刑事には頼りたくない。自分で、交渉してやる!って向かっていきました。まずは、相手の事務所に宣戦布告!
ムン刑事やヨンジュの警察署に、ジョンド&ジュンギが研修に。ところで、ヨンジュはジョンドのことをずーっとクッパって呼んでますが、直す気ないのかねえ?チェリのことを教えてくれたお礼って、ジュンギとヨンジュを誘って3人で食事。気を利かせて先に帰ったジョンドを見つめるヨンギュが切ないねえ。ジュンギには隙がないから、私の入り込む余地がないわとか言って、ガードを緩めません。
ドクスは理容師の特訓中。でも、占い師のフリしてギドンをオーディションに合格させたり、まだまだいろいろとやってます。
研修所でジョンドが企画したサッカー大会。街のみんなも食事を用意して、応援にバスでやって来てくれた。成績に関係ないて不参加の仲間も、ジョンドの多少強引な誘いでサッカーをやって、結局は楽しみました。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 3・4話

チェリはママみたいに歌手になりたいんだ。仮の母親役プソンにも「どんな家に住むかより、誰と住むかよ」と言ったり、寂しい子なんだね。ジョンドはチェリが気になって仕方がない。洋服のクリーニングが終わったぞと連絡して、やっと会うことができました。でも、帰ってきたジョンドがヨンギュと話しているのを見たチェリは、なんとなく腹が立って、洋服だけ受け取ってさっさと帰っちゃう。「おごるから電話しろ。住むところないなら家に住め」っていうジョンドにも「私に気があるの?愛とか面倒なことはごめんよ」って冷めた女のフリをしちゃう。それでも、チェリに「マンゴー(って、なんてマンゴーってあだ名?)。体冷やすなよ~」って、好きにしても、優しいねえ。
父、キム・インチョルが面会希望しているという電話をかけさせて、遠出の口実を作った。ジョンドは疑ってヨンジュに確認してもらうけど、父が1枚上手です。白髪の神父に化けて、ターゲットの通う教会へ。チェリ&プソン母娘に寄付のお礼を言って、ターゲットの興味を引きました。さらに、スポーツクラブにはドクスも変装して一緒に行って、ターゲットと会話をして、少しづつ接近です。チェリはドクスに「どうして詐欺をするのか?」と聞いた。ドクスは「私は運命を受け入れた。息子は運命を変えていく男だ。息子と約束したからこれで辞める。人は居場所を作らないと生きていけないんだ。この仕事はその助けになると思う」と助言をくれます。詐欺の方は、ターゲットを呼び出して食事し、明日にはモーテルを売る代金の入金って約束をして、素早く終了。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 1・2話

http://www.kbsworld.ne.jp/drama/0209-04.htm
これは週4放送の枠でやってるので、全然追いつかないんですよね~。あれこれ、溜めこんでるので、少し頑張って消化します。主役はパク・ゴニョン(ミス・キムの10億作りで恋敵役。ダンサーの純情での相手役アッジョッシ)さんが、ちょっと丸顔で主演してます。あの、ちょっと暗い乾いた感じが魅力だと思うので、このキャラには何かちょっと違和感あるな。2007年作品ってことなので、年取って少し太ったのかな?
赤ん坊抱えて警察に登場したイ・ジョンド(パク・コニョン)。赤ちゃんのためにって生活苦から盗んだってことで、情状酌量を願った「人生、法ですべては裁けない」が信条だが、とても貧乏な検事希望(2次試験の結果待ち)です。彼は、父親が詐欺で前科4犯のために、なかなか弁護士事務所のバイトにも雇ってもらえません。理容店の祖父の店で相談を引き受け(弁護士法違反だけど、人生相談ってことで見逃してもらってる)、近所のハルモニの食堂で食べさせてもらって何とかやっている。近所の妹分ミソンはジョンドが好きだけど、食堂のの弟分ギドン(俳優志望)はミソンが好き。
権力が欲しいから検事希望というキム・ジュンギ (イ・ハン) は、お見合いだったのに、相手の女性が来ない。見合い相手のオ・ヨンジュ(パク・シヨン)は、熱血女刑事で囮捜査で売春業の男を逮捕してて遅刻した。互いに「結婚する気じゃない」ってことを確認しあって、あっさり別れたけど、ジュンギはヨンジュを気に入ったみたい。
チェロケースを抱えたムン・チェリ(イ・ハナ:恋愛時代の妹ジホ役だった。かわいい。)は、友人と待ち合わせ。詐欺して暮らしてる

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。